ポップの世紀 Pop Culture of 20th Century

- 20世紀ポップカルチャー史 -

(音楽、映画、美術、科学、哲学、文学、政治・・・etc.)

<安保法案の改正に反対します!>
「英雄気取りの愚か者」安倍総理の自己満足のために、日本が戦争に向かう・・・
そんな馬鹿なことが起きようとしています。
ナチス・ドイツの登場も、当初はまさかこんな奴らが政権をとるはずはない・・・
共産党の進出を抑え、ユダヤ人の富の独占を抑えるには、必要悪として認めてもいいか・・・
そんな無責任な心が生み出し、育てたことは歴史が証明しています。
最も愚かな存在、それは自分に酔って、英雄だと思い込んでいる人間です。
ヒトラーも、麻原も、ポルポトも、みんな自分に酔っていたからこそ、平気で人を殺せた。
それとどう違うか?


<このサイトについて>
 世界中のあらゆる場所、あらゆる出来事が互いにリンクしあうようになった20世紀。
ポピュラー音楽や映画などの大衆文化は、時代の先端を行くように「激動の時代」20世紀とともに誕生、進化を続けました。
 1950年代のロックの登場と映画におけるヌーヴェル・ヴァーグとニューシネマの登場、ポップ・アートの誕生などの動きは、
これら大衆文化の力をさらに強め、その影響力は国境を越え、政治の壁をも突き崩すほどになってゆきました。
その意味で、20世紀は大衆文化が世界を動かした「ポップの世紀」であったとも言えるでしょう。

 このサイトでは20世紀に誕生・発展したポピュラー音楽や映画、小説などの代表作ならびにその作者たちを紹介、解説。
さらに、それらに影響を与えた政治家や宗教家、科学の歴史なども取り上げています。
個々の作品やアーティストの人生から見える「時代性」を積み上げることで「20世紀」の全体像を浮かび上がらせればと思います。
 といっても、このサイトはそれぞれの作品をより深く理解するための解説であり、補助テキストにすぎません。
是非、それぞれのオリジナルを味わってみてください。
 もうひとつ、このサイトの究極の目標は、読んで楽しく学んでためになる「20世紀の歴史資料集」を作ることです。
どこかで誰かが、社会科、現代史の授業に資料として使ってくれればと思います。
ポップ・カルチャーにおける「松岡正剛」的なサイトにしたいと思います。無理か?


1899  1900 1901 1902 1903 1904 1905 1906 1907 1908 1909 1910 1911 1912 1913 1914 1915 1916 1917 1918 1919
  1920 1921 1922 1923 1924 1925 1926 1927 1928 1929 1930 1931 1932 1933 1934 1935 1936 1937 1938 1939
  1940 1941 1942 1943 1944 1945 1946 1947 1948 1949 1950 1951 1952 1953 1954 1955 1956 1957 1958 1959
  1960 1961 1962 1963 1964 1965 1966 1967 1968 1969 1970 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977 1978 1979
  1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999
  2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011


<人名索引>このサイトで取り上げ、ページを作った人物、作品を一覧にしました。それぞれかなり詳細に記してあります。
<国・地域別作品>このサイトで取り上げている人物・作品が生まれた土地を地域別に区分けしてみました。現在75の国・地域があります。
人名索引(総合) 国・地域別索引
五十音順でジャンルに関係なく並べてあります
(音楽・映画・文学・科学・スポーツ・政治・・・)
国や地域別の出身アーティストや作品

総合(オールジャンル)
タイトル 内容
20世紀を変えた大事件 20世紀を変えた重要な事件(政治、革命、宗教、差別問題、暗殺事件など)について解説
「ニッポン戦後サブカルチャー史」(NHKEテレ放送の番組に捧げます!)
20世紀事件簿(日本編) 20世紀を代表する日本における大事件
(下山事件、三億円事件、帝銀事件、金大中事件、ロッキード事件、リクルート事件、地下鉄サリン事件浅間山荘事件・・・)
20世紀を動かした英雄たち 20世紀のポップ・カルチャーに大きな影響を与えた異人たちの伝記
政治家、画家、作家、科学者、宗教家、スポーツなどの人物列伝です
20世紀ポップカルチャー史
(1900〜1949年)
20世紀前半(1900年〜1949年)ポップ・カルチャーの歴史をジャンルの枠を越えて紹介しています。(音楽、映画、小説、写真、美術など)
年号から検索できます


音楽
ロック世代のポピュラー音楽史 20世紀後半(1950年〜1999年)ポピュラー音楽の歴史を年代記として各年ごとに紹介、解説しています
年号から検索できます
「音魂大全」この部分は洋泉社さんにより書籍化されています。
良かったら、読んでみて下さい!
読み応えあります。枕にもなります!
<お薦め本>
「ロックの美術館」(ロックとアートの出会い!)
20世紀ポップカルチャー史
(1900〜1949年)
20世紀前半の音楽の歴史はここから
ポップ音楽(1900〜1949年)(ジャズ、タンゴ、サンバ、クラシック、ブルース、現代音楽、R&Bなど)
20世紀ミュージシャン名鑑 20世紀に活躍したミュージシャンたちの波乱に富んだ人生を紹介
アーティストの名前から検索できます
ジャンル別検索ページへ
(ジャンル別にアーティストを分類)
レジェンド・ミュージシャンたち
(情報不足ながら取り上げたいアーティストです)
黒人音楽の進化史 ブルースが生まれるまでの黒人音楽史、ロックへとつながるルーツ音楽の進化の歴史
イギリス発祥のトラッドの歴史も取り上げています。
黒人音楽を生んだ背景(社会、政治、文学、映画など関連ページ)
ジャンル別の音楽史
その他音楽のジャンル別に歴史を調べるにはこちらから!
(ジャズ、ロック、レゲエ、ブルース、ソウル、パンク・・・)
ジャズ・スタンダード名曲集 ジャズ系のミュージシャンたちにカバーされ続ける歴史的名曲の数々
そのオリジナルは、いかなる曲なのか?
音楽に関するランキング 音楽に関するランキング(20世紀ベスト・ギタリスト、ベーシスト、ドラマー、ギター・リフ)
サンプリング・ネタ・ベスト10を追記しました!(2012年10月)
音楽についての名言集 「音楽」についての名言を集めてみました
邦楽、歌謡曲、J−ポップ・・・
日本における大衆音楽のルーツ 700年ごろから、20世紀初めごろまで
日本最古の管弦楽団から、雅楽、お経、三味線、筝、浄瑠璃、歌舞伎、能楽、民謡・・・
昭和歌謡の歴史(前編) 1910年代から1930年まで、明治から大正へ歌謡曲黎明期にヒットした曲は、どんな曲だったか?(エロ艶歌、民謡、「東京行進曲」・・・)
昭和歌謡の歴史(後編) 1930年から1945年以後の戦後歌謡へ、昭和歌謡激動の戦中史
混乱の時代にヒットした曲とは?(大陸歌謡、ネェ歌謡、軍歌、ブルースなど)
昭和歌謡名曲集>  昭和歌謡の名曲を集めてみました。関わったスタッフと歌詞、曲が生まれた逸話などを紹介
昭和歌謡から平成J−ポップへ
1945年から1999年まで歌謡曲の歴史とJーポップ
ヒット曲の歴史を年表形式で振り返ります
1945年〜1950年代(進駐軍クラブから歌謡曲へ)
(戦後進駐軍ジャズから始まった歌謡曲の歴史)
1950年代〜1960年代(歌謡曲を変えた人々)
(洋楽系歌謡曲の時代への転換期)
1960年代末〜(J−ロックを築いた風都市の住人たち)
(J−ロック草創期を築いたはっぴいえんどなど、「風都市」周辺のミュージシャンたち)
1970年代(はっぴいえんどから始まったニューミュージックの時代)


映画・テレビ
20世紀の映画史と代表作
(〜1945年〜2000年)

21世紀以降の代表作(洋画)
作品タイトルからの検索>(作品名を五十音順で並べました。内容、スタッフについても)
映画音楽の作曲家を紹介
<映画に使用されているクラシック音楽と作曲家
監督、俳優、脚本家など
音楽系映画やライブ映像作品
<映画、演劇についての専門用語名言集
<2013年発表のオールタイム・ベスト100
映画の誕生と発展の歴史
(1889年〜1945年)
映画が誕生した19世紀末から、その発展と進化の歴史を代表作とともに追います。
ハリウッドの誕生と映画の黄金時代、「ヘイズ・コード」から第二次世界大戦まで
20世紀邦画史 日本映画の歴史を年表形式で映画の日本伝来から追っています
ここから代表的な作品についてのページへ
監督、俳優などに関するページ
特撮ヒーロー・ドラマ史 1950年代以降テレビの黄金時代とともに生まれた特撮ヒーロー・ドラマの歴史
ウルトラマン」、「仮面ライダー」、「秘密戦隊ゴレンジャー」など
海外テレビ・ドラマ史 20世紀後半にに日本で公開されていた海外テレビドラマの歴史
刑事コロンボ」、「ER緊急救命室」、「マッシュ」など
近代マジックの英雄たち 近代マジックの黄金時代を築いたマジシャンたちを特集
ロベール・ウーダン、フーディーニなど
 

文学・漫画・アニメ・美術・哲学・ファッション
20世紀文学大全集 20世紀文学の年代記(小説を中心に20世紀の名作文学を紹介します)
作家名からの検索 作品名からの検索
村上春樹に関するページにはここから
文学に関する名言集>(文学、作家について、小説家になるために必要なことなど!)
お薦め文学コーナー>(ページはありませんが、お薦めしたい作品を紹介したミニ・コーナー)
マンガの歴史年表 日本発マンガアニメの歴史を年表と解説で紹介しています
(宮武骸骨、岡本一平から赤塚不二夫へ「攻殻機動隊」まで)
20世紀美術歴史年表 20世紀の美術作品を年表形式で並べてみました
作家たちについても、取り上げています(ピカソ、ウォーホル、ベーコン、モネ、カンジンスキー・・・)
20世紀ファッション史 20世紀に活躍したアーティストたちの多くはそれぞれ独自のファッションを身に着けていました
そんな時代を彩ったファッションの歴史を年表形式で振り返ります
心を震わせる芸術の秘密 このサイトの目指す場所
「芸術の秘密に迫りたい!」
20世紀哲学・思想史 20世紀の哲学者、思想家たちは、どんなことを思い悩んでいたのか?
ニーチェからサルトル、フーコー、ハイデガー、ヴィトゲンシュタイン、レヴィ=ストロース、ドラッカーなど
年号、人物名から検索することができます
<世界の味のページ> 
世界の料理・食材・スパイス 
世界のビールとその歴史
コーヒー文化源流への旅


科学・SF
20世紀科学史 <20世紀科学の冒険史>
20世紀の科学が発見、発明したものとは何か?それは人類の文化、肉体、精神をどう変えたのか?
科学の歴史をわかりやすく解説します
<20世紀科学史年表>
20世紀SF史 20世紀を代表する文学ジャンルといえるサイエンス・フィクションの歴史
映画、テレビ、アニメなど様々なジャンルの代表的SF作品


スポーツ・アウトドア
スポーツ関連のページ(総合)
(ジャンルごとのページやヒーローの紹介・名言集など)
20世紀スポーツの歴史年表 オリンピック、ワールドカップ・サッカー、野球、ボクシングなど
大自然の探究者たち
(海、山、冒険に命を賭けた人々)
海、山など大自然に挑んだ冒険家たちの物語
人物名から検索できます
サッカー関連のページ サッカーに関連するページ
(2010年ワールドカップ・サッカー南アフリカ大会、その他各大会の結果、ヨハン・クライフイビチャ・オシムなど)
究極の格闘技・ボクシングの歴史 ボクシングの歴史、英雄たち、ボクシング映画の名作・・・
ジャック・デンプシー、ロッキー・マルシアノ、ジェイク・ラモッタ・・・
ボクシングに関する名言集、モハメド・アリ白井義男矢尾板貞雄ファイティング原田


著者のこだわり
「ポップの世紀」の歴史 このサイトの歴史 「このサイトの歴史」を書いてみました。サイトの誕生から現在まで、このサイトがどういう流れで変化し、コーナーが増えていったのかなど短いながらも10年の歴史を振り返ってみました。
21世紀のための作品集 総合 21世紀を変えるためのヒントとなる作品、アーティストを紹介(映画、文学、哲学など)
音楽や映画に世界は変えられません。
しかし、人々に世界の本質を知らせ、考えるきっかけを与えることはできると思います。
作者のエッセイ集
(旅、海、音楽など)
作者によるオリジナルのエッセイ集
(旅日記、海の冒険、音楽についてなど)
小樽都通り商店街フラッシュモブ映像(著者も踊っています!)
様々なジャンルの名言集 総合 様々なジャンルに及ぶ名言の数々をとりあえずストックしておく場所です


その他の検索方法
人以外について検索 総合 事件、レーベル、フェスティバルなどについて検索できます
参考書籍リスト 書籍 このサイトの参考資料となった書籍をジャンル別に紹介しています

いらっしゃいませ、あなたは 番目の読者です。
このサイトは2000年6月2日に開設しました。

掲示板BBS、作者の独り言 作者の日常の出来事、新しいページの紹介を書いています。
もちろん、読者からの感想もお待ちしています!
音楽、映画についてなど、自由にお書き込み下さい。
リンク集 音楽、映画、芸術全般、旅などのサイトをご紹介しています
自己紹介 作者のちょっとした自己紹介です
メール 作者へのメールにご利用下さい
最新ページ
最新ページ2015年8月30日追加した新しいページは
「黒人解放運動に関わった英雄たち」(「ハーレムの闘う本屋」に合わせて、アフロ・アメリカ文化に興味のある方向けのページを作ってみました)
「ハーレムの闘う本屋」ルイス・ミショーの生涯(黒人解放運動における情報発信拠点となった伝説的本屋とその店主の物語を描いた感動作です!)
小説「遊動亭円木」(辻原登が描く落語の世界、異色の落語ファンタジー小説の傑作です)
「地球を変えた植物たちの物語」(科学)(「腐海の森」が地球上に存在した?葉っぱはなぜ生まれた?植物の最新理論をご紹介します)
オスカー・ニーマイヤー(ブラジルを代表する建築家で、彼の作品展が現在、東京都現代美術館で開催中です!是非ご覧ください!)
「J・D・サリンジャーの謎に迫る!」Part1&Part2(究極の伝記本より、サリンジャーの様々な謎に迫ります)

岡本一平(漫画家)(岡本太郎の父親であり、日本の漫画界の草分け的存在、その破天荒な生き方は息子に匹敵)
「世界の料理・食材・スパイス」(料理のページを作りました。ただし、自慢じゃないのですが、僕はグルメではありませんので・・・)
女子ワールドカップ・サッカーカナダ大会(1次リーグからの結果をまとめながら、なでしこジャパンの戦いを振り返ります!)
宮沢賢治のページにも追記しました。
小説「かもめのジョナサン完成版」(2014年発表の完成版について追記)
「女子サッカー強豪国はなぜ強いのか?」(緊急企画)(なでしこジャパンの活躍を記念して、女子サッカーについての独自の調査研究結果を発表します)
小説「また会う日まで」(アメリカを代表する大御所作家ジョン・アービングの自伝的大作小説と著者について)
角川映画の歴史(角川春樹率いる角川映画が日本映画界にもたらした大いなる変革の功罪について)
映画「ファントム・オブ・パラダイス」(もっと評価されるべきブライアン・デ・パルマ初期の傑作。70年代が生んだロック・オペラの代表作)
「ウルトラマンと仲間たち」(ウルトラ・シリーズのページを作ってみました)
ウディ・ガスリー(ボブ・ディランの師、元祖プロテスト・フォーク・シンガー&ライターのページを大幅改定しました)
ドキュメンタリー映画「ファッションが教えてくれること」(「プラダを着た悪魔」のモデルとなった「ヴォーグ」編集長アナ・ウィンターのドキュメント)
「サッカーの歴史年表」(女子ワールドカップ開催と男子二次リーグ開催を前に作ってみました。それにしてもFIFAの今後はどうなるのでしょうか?)
オーティス・レディング(ソウル界の神様、早すぎた死までの幸福なるミュージシャン人生を振り返ります)
映画「狩人の夜」(やっと見ることができました。伝説的な作品。今見てもまったく古くない不思議な魅力を持つ傑作です)
ローリング・ストーンズ(前編、後編)(遅ればせながら、大好きなストーンズの本格的なページを作りました)
「ビートニク」(ビートニクのページを大幅改定、ケルアック、ギンズバーグ、バロウズについて記述追加)
「2011年」(東日本大震災関連の事件を中心に2011年という年を特集しました。これからも忘れる事のないように・・・まだ震災は終わっていませんから)
市川準(大幅改訂版)(今は亡き、名監督市川準の作品や彼の言葉について、大幅に追記しました。偉大な監督だった・・・惜しい)
映画「マイ・バック・ページ」(川本三郎の原作のページに山下敦弘監督による映画版について追加しました)
「スポーツの歴史年表」大幅改訂完了(野球、サッカー、ラグビー、オリンピック、その他様々なスポーツを取り上げています)
西加奈子(「サラバ!」で直木賞を受賞。一気にブレイクした女性作家。すっかりファンになってしまいました!???)
映画「風と共に去りぬ」(映画史に残る超大作を生み出したのは誰か?ハリウッド黄金時代が生んだ傑作に改めて迫ります)
唐十郎(俳優、演出家、劇作家)(紅テントから世界を撃った60年代アングラ演劇のヒーロー登場!)
小説「11日間」(行方不明になったアメリカ海軍の特殊部隊SEAL隊員とその母親の11日間を追った小説)
アンディ・ウォーホル(改訂版)(テレビで「メン・イン・ブラック3」を見ていたら、アンディ出てました!まさか宇宙人だったとは!)
アマリア・ロドリゲス(歌手)(ポルトガルが生んだ「ファドの女王」、今まで取り上げていませんでした。遅くなってすいません!)
バルテュス(画家)(スイスが生んだワン・アンド・オンリーの画家。21世紀まで生きた伝説の男の人生に迫ります)
レッドツェッペリン(大幅改訂版)、映画&ノンフィクション「ライト・スタッフ」(トム・ウルフ)、「ビールの歴史」、小説「チボの狂宴」(バルガス=リョサ)
<ビートルズ特集>「ビートルズ解散」リンゴ・スタージョージ・ハリスン
映画「さらば、愛の言葉よ」(83歳の巨匠ゴダールが生み出した3D映画の新たな世界!)
荻村伊智朗(世界一の卓球選手からスポーツ外交の先駆者となった男)、西岡善信(時代劇映画を中心に日本の美を画面に与え続けた美術監督))
トマ・ピケティ「21世紀の資本」(来日記念ということで緊急アップします。このサイトでは初の経済学者登場!なぜ取り上げたのかは読めばわかる!かな)
Devo(テクノ・パンク・バンド)、本田省三、女優京マチ子(「グランプリ女優」)
小説「ベルカ、吠えないのか?」(古川日出夫)、映画「トゥモロー・ワールド」(映画「ゼロ・グラヴィティ」のアルフォンソ・キュアロン)

<今後の予定>
小説「終わりの感覚」、映画「ジャージー・ボーイズ」(フォーシーズンズ)、小説「ダブリン市民」(ジェームス・ジョイス)
イヴ・サンローラン
(ファッション・デザイナー)、安井かずみと加藤和彦、ベラ・チャスラフスカと「プラハの春」、「ロックの美術館」・・・
続々準備中です!
最近追記したページ  2015年2月26日映画「狼たちの午後」(「アティカ!アティカ!」連呼の意味について追記しました。)
2015年1月5日「サラリーマン軍団の大いなる誤算 なぜ日本は負け戦を挑んだのか?」半藤一利、加藤陽子出演の「プライム・ニュース」より