2018FIFAワールドカップ・ロシア大会

<6月15日~7月15日>


<予選リーグ>
グループA 
ウルグアイ  エジプト  サウジアラビア  ロシア 
FIFAランク14位
(監)オスカル・タバレス
(F)スアレス、カバーニ
45位
エクトル・フーペル
(F)サラー 
67位
ファン・アントニオ・ピッツィ
(F)アルハサウィ(M)オタイフ
70位
スタニスラフ・チュルチェソフ
(F)スモロフ 
<ロシアVSサウジアラビア>6月14日(ロシアが5-0で大勝!)
 大会参加国のFIFAランク最下位と下から番目の国の闘い。開幕戦ということで見ちゃいました。ロシアが最初から最後まで圧倒的に押しまくりまさかの5点!
 ドーピング検査が必要かも?と思えるほど圧倒的でした。サウジが可愛そう・・・。
 チェリシェフ2点、ガジンスキー、ジュバ、ゴロビンがゴール。
 身長差を生かし、ボールを蹴り込んでの有意差が生かされ、最後はすべてが上手くいった結果。
 開催国が強くないと盛り上がらないといけないので良かったのかもしれませんが、プーチン大統領のドヤ顔は嫌だな!

<ウルグアイVSエジプト>6月15日(ウルグアイが1-0でからくも勝利)
 サラーという亡霊におびえるウルグアイが焦ってしまったのか、1点が遠い試合になりました。
 どの大会でも現れるスーパー・ゴールキーパーにエルシャーラウィ―が名乗りを上げるのか?
 スアレスが焦った末にまた何かをやらかすのか?
 そんな雰囲気が漂っていた後半44分でしたが、やはりウルグアイは勝負強かった。
 結局出場しなかったサラーの悲し気な表情が可哀想でした。
 でも、まだ予選リーグ突破の可能性は十分にエジプトにも残されているので、サラーの活躍を期待したい!
グループB 
ポルトガル  スペイン  イラン  モロッコ 
4位
フェルナンド・サントス
(F)C・ロナウド、アンドレシウバ
(M)モウチーニョ(D)ペペ 
10位
フレン・ロペテギ
(F)イスコ、ジエゴコスタ、シルバ
(M)イニエスタ、チゴ、ブスケツ
(D)S・ラモス、ピケ 
37位
カルロス・ケイロス
(F)アズムン 
41位
エルベ・ルナール
(F)ブタイブ 
<イランVSモロッコ>6月16日(オウンゴールで1-0イランの勝利)
 素晴らしい試合だったようですが、見逃してしまいました。残念。
 熱闘の末、最後まで守り切ったイランがかろうじてオウンゴールで勝利。
 2010年南アフリカ大会で日本がデンマークに勝利して以来、16連敗していたアジア勢がやっと勝利。
 サウジアラビアの0-5敗戦のショックをやわらげてくれたとも言えます。

<ポルトガルVSスペイン>6月16日(3-3での引き分け)
 これぞワールドカップという豪華な試合は、演出家がいるかのような出来過ぎともいえる引き分け。
 スペインのパスサッカーが冴え、ポルトガルを上回ったものの、クリスチャーノ・ロナウドがこの力で対抗し、いきなりのハットトリック。
 ディエゴ・コスタの2ゴールで勝ったと思ったスペインは余裕のパス回しだったのですが・・・。
 予選リーグ最大の強豪対決がこれだけ素晴らしい試合になったことで、大会の盛り上がりが期待できそうです。
 それにしてもナチョ・フェルナンデスのシュート回転の地をはうような3点目のシュートは大会最高ゴールがもう出たかって感じですね。
 本当に素晴らしいシュートでした。
グループC 
フランス  ペルー  デンマーク  オーストラリア 
7位
ディディエ・デシャン
(F)レマル、グリーズマン
(M)ポグバ、トリン、カンテ 
11位
リカルド・ガレカ
(F)ゲレーロ
12位
オーゲ・ハレイデ
(F)シスト、ルゲンセン
(M)エリクセン 
36位
ベルト・ファン・マルクワイク
(F)ユリッチ
(M)クルーズ、リギッチ、レッキー
<フランスVSオーストラリア>6月16日(2-1フランスの勝利)
 オーストラリアが良く守り、大健闘。しかし、若がえったフランス代表が一枚上手でした。
 グリーズマンは当然ですが、ポグバの上がりからのシュートはさすがでした。
 ビデオ・アシスタントレフリーによるグリーズマンのPK判定は、相手チームも納得できて良かったし、ポグバのゴール判定も早くていいですね。
 判定に対するハイテクの導入は上手くいっているようです。
 それにしても、フランス代表のメンバーはアフリカ系がほとんどで、白人は4人ぐらいしかいません。フランス大会の優勝メンバー以上に移民選手比率が高まっているようです。
 おまけに若い選手が多く、勢いに乗るとどんどん強くなって行く可能性があり、ダークホースとなる気がします。
 オーストラリアも、高さはやはり脅威です。この後の対戦相手はフランスより格下なので、まだ十分に勝ち残る可能性があります。

<デンマークVSペルー>6月17日(1-0デンマークが辛うじて勝利)
 ペルーが押し気味でPKのチャンスもありながら、デンマークのパワーと堅い守備に破れました。
 GKシュマイケルの鉄壁の守備にPKをふかしてしまったクエバが可愛そうでした。
 ペルーの方が上だっただけに、痛い敗戦。これで残りが厳しくなりました。フランスに勝たないとペルーの予選リーグ突破はないでしょう。
グループD 
アルゼンチン  クロアチア  アイスランド  ナイジェリア 
5位
ホルヘ・サンパオリ
(F)アグエロ、メッシ
(M)ディマリア、マスチェラーノ 
20位
ズラトコ・ダリッチ
(F)カリニッチ
(M)モドリッチ、マンジュキッチ 
22位
ヘイミル・ハルグリムソン
(F)ボドバルソン、フィンボガソン
48位
ゲルノ・トロール
(F)モーゼス、イヘアナチョ
<アルゼンチンVSアイスランド>6月16日(1-1引き分け)
 メッシ頼みのアルゼンチンというのは簡単ですが、メッシを中心とした攻撃は世界最高峰のパスワークと正確なシュートによる破壊力を持っています。
 しかし、それを「動く壁」となってアイスランドが防ぎ切りました。
 前半は、逆に高さとパワーを生かした攻撃により、決定機はアイスランドの方が多かった気がします。
 後半は、アイスランドは守りに入ったこともあり、防戦一方になりました。普通ならここから壁が崩壊しそうなものです。
 「壁の崩壊」を救ったのは、壁の向こうからバイキング・クラップで支えたアイスランド・サポーターです。
 もちろんメッシのPKを止めたキーパーも素晴らしかった!
 これで、このグループは一気に渾沌としてきそうです。

<クロアチアVSナイジェリア>6月17日(2-0クロアチアの勝利)
 この試合は見逃しました。
 クロアチアはやはり強かったようです。やはりモドリッチですね。
 アイスランドとクロアチア、どちらが勝ち残るか?
 このグループも混戦になりそう。
グループE 
ブラジル  スイス  コスタリカ  セルビア 
2位
チッチ
(F)ネイマール、ジェズス、コウチーニョ
(M)フェルナンジーニョ、パウリーニョ
(D)マルセロ、チアゴシウバ
6位
ウラジミール・ぺトコビッチ
(F)セフェロビッチ
(M)シャキリ、ジェマイリ
23位
オスカル・ラミレス
(F)ウレーニャ
(M)ルイス、ボラニョス
34位
ムラデン・クルスタイッチ
(F)ミトロビッチ
(M)コスティッチ、タディッチ
<セルビアVSコスタリカ>(1-0セルビアが逃げ切り勝利)
 セルビアの攻撃をGKナバスを中心に守り、カウンターによりミトロビッチのFKからコラロフのシュートにより、後半56分にセルビアが先制。
 ここからコスタリカは積極的に反撃に出ますが、セルビアが逃げ切りに成功。

<ブラジルVSスイス>(1-1ブラジルがまだギアが入らず、引き分け)
 コウチーニョの見事なシュートで先制したところからしばらくは、ブラジルが圧倒している感じだったのですが、2点目が入らなかったことで流れはスイスへ。
 後半にコーナーキックからツバ―のヘディング・シュートで追いつきました。
 ブラジルはゾーンで守り人数も多かったのに、結局、フリーを作ってしまい守備の弱さを露呈してしまいました。
 それでも失点を上まわる得点があればいいのですが、アルゼンチンがメッシ頼みなようにブラジルもネイマール頼みだと厳しいことになりそう。
グループF 
ドイツ  メキシコ  スウェーデン  韓国 
1位
ヨアヒム・レーブ
(F)ベルナー
(M)ドレクスラー、エジル、ミュラー
クロース、ケディラ
(D)フンメルス、ボアテング 
15位
ファン・カルロス・オソリオ
(F)ロサーノ、エルネンデス
(M)クアルダード
24位
ヤンネ・アンディション
(F)トイボネン、ベリ
(M)ラーション、フォルスベリ
57位
シン・テヨン
(F)ソンフンミン、ファン・ヒチャン
<メキシコVSドイツ>(1-0でメキシコが見事に勝利)
 優勝候補筆頭のドイツがまさかの敗戦。
 この試合も見ごたえのある素晴らしい試合でした。けっしてドイツが悪かったのではなく、メキシコがスピード、パスワーク、決定力で上回った試合でした。
 ドイツが前回優勝メンバー中心のベテラン中心であるのに対し、メキシコはオリッピックで活躍してきた若いメンバーが入り、より早く、よりタフになっています。
 決勝点を決めたのは若きエースのロサノでした。
 ジャイアント・キリングと言えないプラン通りのメキシコの勝利でした。
 メキシコはいよいよベスト4まで行けそうな気配。
グループG 
ベルギー  イングランド  チュニジア  パナマ 
3位
ロベルト・マルティネス
(F)ルカク
(M)アザール、メルテンス 
12位
ガレス・サウスゲイト
(F)スターリング、ケイン
(M)ヤング、ダイアー 
21位
ナビル・マールル
(F)ハズリ
(M)スリティ、ハウイ 
55位
エルナン・ダリオ・ゴメス
(F)ペレス、ガブリエル・トーレス

グループH 
ポーランド  コロンビア  セネガル  日本 
8位
アダム・ナバウカ
(F)レバンドフスキ
(M)グロシツキ、ジェリンスキ
16位
ホセ・ペケルマン
(F)ファルカオ
(M)ムリエル、ハメス・ロドリゲス
クアドラード 
27位
アリューシセ
(F)ケイタ、ソウ、マネ
61位
西野朗
(F)岡崎、大迫
(M)香川、本田、乾、柴崎、武藤、原口
(D)槙野、吉田、昌子、長友、酒井