今年(2019年)に見た映画・DVDのリストです。
今年は英語圏以外の作品をできるだけ見ようと思っています。
12月6日現在
<英語圏>(128)
アメリカ(103)イギリス(18)カナダ(4)ニュージーランド(2)オーストラリア(1)南アフリカ(1)
<英語圏以外>(130)
日本(49)フランス(17)韓国(12)イラン(5)スペイン(5)フィンランド(5)インド(5)ドイツ(4)スウェーデン(4)イタリア(3)メキシコ(3)ブラジル(2)ロシア(2)
台湾(1)香港(1)中国(1)タイ(1)トルコ(1)アルゼンチン(1)チリ(1)ポーランド(1)ハンガリー(1)レバノン(1)北マケドニア(1)コンゴ(1)イスラエル(1)その他(1)
忘れないための覚書です。

2018年に見た映画・DVDリスト

ボヘミアン・ラプソディー 2018年 ブライアン・シンガー イギリス(アメリカ) うちの奥さんと2度目の鑑賞。またも泣けました。 1月1日 
「キングスマン :
ゴールデンサークル」
2017年 マシュー・ヴォーン  イギリス  「キングスマン」の続編ですが、少々グロすぎ  1月1日
「裁き」  2014年 ティタニヤ・タームハネー インド  インド映画の新たな世界を見せてくれる徹底したリアリズムの新鮮な法廷ドラマ。
ヴェネチア国際映画祭新人監督賞、オリゾンティ部門作品賞
1月2日 
「リメンバー・ミー」  2017年 リー・アンクリッチ  メキシコ(アメリカ) アカデミー長編アニメ賞、歌曲賞  1月4日
「裸足の季節」 2015年 デニス・ガムゼ・
エルギュベン
トルコ(フランス) フランス系トルコ人女性監督のデビュー&出世作
タイトルは「裸足の脱出」の方が正しいかも・・・でも素晴らしい作品です!
セザール賞脚本、新人作品、編集、音楽賞 
1月4日
あの子を探して 1999年 チャン・イーモウ  中国  ヴェネチア国際映画祭金獅子賞  1月5日 
「ペレ 伝説の誕生」  2016年 ジェフリー・ジンバリスト
マイケル・ジンバリスト 
ブラジル(アメリカ) ペレが17歳で世界を驚かせた1958年ワールドカップ・スウェーデン大会
そこまでのペレの伝記映画
駄作が多い「サッカー映画」にしては上出来。
ドキュメンタリー出身の監督でなかなかリアル
しかし、人物の描き方が極端すぎる演出過多が残念。
でも、ブラジルのサッカー・スタイル「ジンガ」にテーマを絞ったのは良い選択
代表チームのリフティング・リレーも楽しいし、マンゴーでの練習シーンも魅力的
1月6日 
「ファウンダー 
ハンバーガー帝国の秘密」
2016年 ジョン・リー・ハンコック  アメリカ  マイケル・キートン主演「マクドナルド誕生秘話」アメリカ的でブラックなお話・・・  1月8日
神々と男たち」  2010年 グザヴィエ・ボーヴォワ  フランス  「白鳥の湖」も映像も修道士の心も、すべてが美しい映画
イスラム教もキリスト教もわからない。そんな人でも感動できるはずです。
1月9日
「恋人たちの食卓」 (10) 1994年 アン・リー  台湾  アン・リー監督の出世作 1月10日
眠れぬ夜のために」  1984年 ジョン・ランディス  アメリカ  「トワイライト・ゾーン」の事故により失意にあった彼のために多くの仲間が協力した作品 1月13日 
「人生はシネマティック!」  2016年 ロネ・シェルフィグ  イギリス
(デンマーク)
第二次大戦中、ダンケルクのエピソードを映画化しようと奮闘する映画人の物語 1月14日
「ありがとう、トニ・エルドマン」 2016年 マーレン・アデ  ドイツ  やり手のキャリア・ウーマンの娘と彼女が心配な悪ふざけ好きの父親の感動コメディ映画  1月15日
「桜桃の味」 1997年 アッバス・キアロスタミ  イラン  カンヌ国際映画祭パルムドール  1月16日 
オー・ブラザー! 2000年 ジョエル・コーエン  アメリカ  カントリー音楽版のブルース・ブラザース
ギリシャ神話「オデュッセイア」を1930年代大不況のアメリカへ 
1月20日 
「その土曜日、7時58分」  2007年 シドニー・ルメット  アメリカ  巨匠シドニー・ルメットの遺作ともなった究極の悲劇的サスペンス映画  1月23日
「風が吹くまま」 1999年 アッバス・キアロスタミ  イラン  田舎の村の葬式で行われる儀式を撮影に来たTVクルー
ところが死にそうだったお婆ちゃんがなかなか死なず、撮影クルーはイライラ・・・
1月24日
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」 2005年 ジョン・マッデン  アメリカ  天才数学者の娘が父の机から取り出したノート、そこに書かれていた証明の作者は? 1月25日
タクシー運転手~
約束は海を越えて
」 
2017年 チャン・フン  韓国  光州事件に書き込まれ、世界的スクープを運ぶことになったタクシー運転手
事実に基づく社会派娯楽アクション・コメディー悲劇映画の傑作です! 
1月27日 
「SPLIT」        (20) 2017年 M・ナイト・シャマラン(脚)  アメリカ(インド)  多重人格ものとマーベルの融合キャラクターの「ビースト」VS虐待犠牲者の少女  1月29日
「サーミの血」 2016年 アマンダ・シェーネル  スウェーデン  1930年代スウェーデン北部に住むラップ人(サーミ)への差別と虐待
そこから自由を求めて旅立とうとする少女の悲劇の物語 
1月30日
ローグ・ワン」  2016年 ギャレス・エドワーズ  アメリカ  「スター・ウォ―ズ」シリーズ中久々の傑作!キャラクター設定といい素晴らしい!  2月1日
「アンブレイカブル」 2000年 M・ナイト・シャマラン(脚)  アメリカ 「SPLIT」へとつながり、今年公開の「ミスター・ガラス」へとつながる作品ということで再見 2月3日 
「ザ・スクエア 
思いやりの聖域」 
2017年 リューベン・オストルンド  スウェーデン  カンヌ国際映画祭パルムドール・芸術貢献賞 
芸術とは?優しさとは?なんとも気分が悪くなる映画です。それでもいいならお薦めです!
2月4日 
「ジャッキー/
ファーストレディ最後の使命」 
2016年 パブロ・ラライン  アメリカ(チリ) ヴェネチア国際映画祭脚本賞
ジョン・F・ケネディ暗殺後、妻ジャッキーが挑んだ最後のミッションとは?
2月5日 
「歌謡曲だよ、人生は」 2007年 矢口史靖、蛭子能収ほか  日本  「僕は泣いちっち」「ラブ・ユー東京」「小指の思い出」「逢いたくて逢いたくて」・・・12作
矢口作品はさすがの出来映え!蛭子作品が凄い! 
2月6日 
私はあなたのニグロではない
(ドキュメンタリー)
2016年 ラウル・ペック  アメリカ  マーティン・ルーサー・キング牧師、マルコムX、メドガ―・エヴァーズ最後の日々
ジェームズ・ボールドウィンの言葉と映像・映画・音楽によって描いた歴史ドキュメント 
2月7日 
「友だちのうちはどこ?」  1987年 アッバス・キアロスタミ  イラン キアロスタミ監督初期の代表作品 2月10日
「そして人生はつづく」  1992年 アッバス・キアロスタミ  イラン  1990年にイランを襲った大地震の後、「友だちのうちはどこ?」の撮影地を訪問
被災地のドキュメンタリーであり、生き残った人々へのエール
2月12日
「3月のライオン」(前編) (30) 2017年 大友啓史  日本  アニメの大ファンなので、心配してみましたが、なかなか良かった!
俳優陣の演技が将棋の駒の動きを補い、リアリティーをもたらしています。 
2月13日 
マルクス・エンゲルス 2017年 ラウル・ペック  独・仏・ベルギー
(ハイチ) 
マルクスとエンゲルスが出会い、「共産党宣言」を生み出すまでの実録ドラマ
生誕200年を迎え、今再び共産主義に脚光が当たり始めているのかもしれません
2月14日
「アクアマン」 2018年 ジェームズ・ワン  アメリカ
(マレーシア)
マーベル・シリーズが生んだ新たな快作!
「ブラック・パンサー」「天空の城ラピュタ」「崖の上のポニョ」「アーサー王伝説」・・・ 
2月16日 
「3月のライオン」(後編)  2017年 大友啓史  日本 アニメで見ていない部分が多く、楽しかっただけでなく充分感動させられました。
山寺での決勝は背景だけで感動!それぞれの俳優さんがみな素敵でした!
2月18日
「ハートビート」  2015年 マイケル・ダミアン  アメリカ  ダンス、バレー、ヒップホップダンスのコラボという新機軸
アメリカのトップクラスのダンサーが集結していて、ダンス・シーンだけでも見ごたえ大!
2月19日 
デヴィッド・リンチ:
アート・ライフ」 
2016年 ジョン・グエン
リック・バーンズ
オリヴィア・ニアガード
=ホルム 
アメリカ デヴィッド・リンチ監督の生い立ちから「イレイサー・ヘッド」でデビューするまでの人生
芸術に人生を捧げた男は、実に危ない男でしたが、そのギリギリを生きたからこそ・・・
2月20日
オリーブの林をぬけて」  1994年  アッバス・キアロスタミ  イラン  「友だちのうちはどこ」「そして人生はつづく」に続く同じ地域を舞台にした作品 
映画製作の現場とリアルなラブ・ストーリーが合体
2月21日
「ウェイバック -
脱出6500km -」
2010年  ピーター・ウィア―  アメリカ
(オーストラリア) 
シベリアのソ連の収容所から脱走し、バイカル湖、砂漠、ヒマラヤ山脈を越えてインドへ
1940年に実際にあった実録冒険脱走劇の映画化
オーストラリアが生んだ巨匠ピーター・ウィアー最後の作品かもしれません。
2月23日
「ピッチパーフェクト2」  2015年  エリザベス・バンクス  アメリカ  大学のアカペラグループを主役にした青春コメディ「ピッチパーフェクト」の続編  2月24日 
「深夜食堂」  2014年  松岡錠司  日本  大好きなテレビ・シリーズの映画版第一作。やっぱりしみじみと良いです
ゲストは、田中裕子、筒井道隆、多部未華子、高岡早紀、柄本時生ほか 
2月25日 
「レディ・バード」    (40) 2017年  グレタ・ガーウィグ  アメリカ  サクラメントを舞台にした普通の少女の普通の家庭の物語
監督は「20センチュリー・ウーマン」のアビー役の女性! 
2月26日 
「ウィンストン・チャーチル/
ヒトラーから世界を救った男」
2017年  ジョー・ライト  イギリス  アカデミー主演男優賞(ゲイリー・オールドマン)・メイクアップ賞
「ダンケルク」の裏話でもあるチャーチルの伝記映画
2月28日
「抱擁のかけら」 2009年 ペドロ・アルモドバル スペイン  ペドロ・アルモドバルとペネロペのコンビによる「愛と嫉妬による映画内映画」  3月1日
「YAMAKASI」  2001年 アリエル・ゼトゥン フランス
(チュニジア)
リュック・ベッソン製作・脚本でパルクール・グループのYAMAKASI主演
リアル・アクションだからこそ魅力的なアクション娯楽作品、久々の再見
3月2日
「ターザン Reborn」  2016年  デヴィッド・イエーツ  アメリカ  CGをたっぷりと使ったターザン映画のリメイク 3月2日
「昼顔」 1967年 ルイス・ブニュエル  フランス  ヴェネチア国際映画祭サンマルコ金獅子賞、イタリア批評家賞、国際批評家賞
カトリーヌ・ドヌーヴの美しさが輝く巨匠ブニュエルの代表作
3月3日
「さよなら渓谷」  2013年 大森立嗣  日本  吉田修一による同名小説の映画化
レイプ犯が被害者と暮らすという不思議な状況・・・ 
3月4日
「ラストミッション」 2014年 マックG  アメリカ  ケヴィン・コスナー&リュック・ベッソンのコメディー・アクション  3月5日 
「太陽に灼かれて」  1994年  ニキータ・ミハルコフ ロシア  カンヌ国際映画祭審査員グランプリ、アカデミー外国語映画賞 3月7日
カメラを止めるな」  2018年  上田慎一郎  日本  2018年の日本映画を代表する大ヒット作品  3月8日 
「アメリカ アメリカ」  (50) 1963年 エリア・カザン  アメリカ  エリア・カザンの伯父をモデルにしたアメリカ移民たちの物語 
トルコで迫害されアメリカに渡ったアルメニア系移民の苦難
3月10日 
「たかが世界の終わり」  2016年 グザヴィエ・ドラン  フランス(カナダ)  「マミー」の監督が再び名作を撮りました。カンヌ国際映画祭グランプリ  3月12日 
「現金に体を張れ」 1956年 スタンリー・キューブリック アメリカ  85分に凝縮された巨額強盗事件の顛末
さすがはキューブリック、実に無駄がなく淡々とドラマが展開した見飽きません 
3月13日 
「インフェルノ」 2016年  ロン・ハワード  アメリカ  フィレンツェ、ヴェネチア、イスタンブールを巡るラングドン教授シリーズ第三弾
新婚旅行で旅した場所が次々に登場するのにビックリ! 
3月15日 
「ジュラシック・ワールド/
炎の王国」
2018年  J・A・パヨナ  アメリカ(スペイン)  ジュラシック・ワールド3部作の2作目
ラストでまさかのリアル・ジュラシック・ワールド誕生
3作目はどうやってお話を回収するのか?楽しみですが、心配でもあります。大丈夫? 
3月16日 
オルランド 1992年  サリー・ポッター  イギリス  時もジェンダーも超越したコスチューム・プレイの傑作  3月18日 
「ファントム・スレッド」 2017年  ポール・トーマス・アンダーソン  アメリカ  ダニエル・デイ=ルイスも凄いがレスリー・マンヴィルの演技もクール!
オートクチュールの映画ですが、衣装だけでなく音楽、映像すべてが美しい! 
3月20日
「オールド・ボーイ」  2003年  パク・チャヌク  韓国  カンヌ国際映画祭グランプリ
見ていなくてすみませんでした。確かに名作です。 
3月23日
「心が叫びたがってるんだ」 2015年  長井龍雪 日本 心に悩みを抱えた高校生たちがオリジナル・ミュージカルに心の叫びをぶつけるアニメ
これぞ青春です。絵もいいし、音楽もいい、なかなかの感動作(2017年に実写化)
3月24日
「悪い男」 2001年 キム・ギドク  韓国  実に暴力的な映画です。映画だからこそ描ける究極の悪。それを愛と思えるか?
こんな映画を作れる韓国という国も凄い。 
3月25日
「殺人の記憶」    (60) 2003年  ポン・ジュノ  韓国  未解決連続殺人事件を描いた韓国版「ゾディアック」 3月26日
「打ち上げ花火、下から見るか?
横から見るか?」
2017年  新房昭之  日本  岩井俊二の出世作のアニメ版 
アニメだから出来たことも多かったはず。オリジナル版も見てみたいです。
3月27日
「新婚道中記」 1936年  レオ・マッケリー  アメリカ  アカデミー監督賞
離婚危機の夫婦を描いたスクリューボール・コメディー
3月29日 
「ちはやふる - 結び -」 2017年  小泉徳宏  日本  「ちはやふる」シリーズ完結篇(これで終われるの?
と思ったら最後に高速でエンディングが)
3月30日 
ザ・ビートルズ
Eight Days A Week」 
2016年 ロン・ハワード  イギリス(アメリカ)  ザ・ビートルズの結成からツアー休止までを中心に描かれたドキュメンタリー
多くの人がこの世を去った今、ラストの屋上ライブのメンバーを見ていて泣けてきました。
3月31日
「スノーピアサー」  2013年  ポン・ジュノ  韓国  凍り付いた世界で生き残った人類が住む列車の中で起きた革命と彼らの未来は?  4月1日 
「忍びの国」 2017年 中村義洋 日本 喜劇、悲劇どっち?おまけに主演の大野君が怪物君と同じいつものキャラ。残念です  4月2日 
「十年」 2015年  クオック・ジョンほか  香港 2025年の香港を描いた近未来SFの傑作オムニバス作品 
半端ない政治的反中国的作品です。よくぞ作った!
4月3日 
「ホビット 思いがけない冒険」  2012年  ピーター・ジャクソン  アメリカ(ニュージーランド)  J・R・R・トールキン「ホビットの冒険」映画化3部作の1作目
「ロード・オブ・ザ・リング」へとつながる壮大な物語を再見
4月5日
「殺されたミンジュ」  2014年 キム・ギドク  韓国  製作・脚本・撮影・編集もキム・ギドク
貧富の差が広がる韓国を舞台にした寓話に満ちたサスペンス映画。
4月7日
「人生スイッチ」   (70) 2014年 ダミアン・ジフロン  アルゼンチン  ブラック・コメディのオムニバスで笑えるサスペンスの連続  4月9日
「ホビット 竜に奪われた王国」 2013年  ピーター・ジャクソン  アメリカ(ニュージーランド)  「ホビットの冒険」シリーズ3部作の2作目  4月10日
「母なる証明」  2009年  ポン・ジュノ  韓国  殺人犯として逮捕された知的障害の息子を守るため、自ら捜査を始めた母親 4月11日 
「スイス・アーミー・マン」
Swiss Army Man
2016年 ダニエル・シュナイナート
ダニエル・クワン 
スウェーデン
アメリカ 
不思議な能力を持つ死体との旅。ドラマは予想していなかった方向へと向かいます。
不条理コメディから不気味なサイコものへ、そして感動友情ドラマへ
4月14日 
「アベンジャーズ/
インフィニティ―・ ウォー」
2018年  アンソニー・ルッソ
ジョー・ルッソ 
アメリカ  アベンジャ―・シリーズの総決算へ。過去作品も見ないと興味は半減かな?
オールスター大集合スペシャル企画の最終回前作品。文句なしに面白いわ! 
4月15日
「チェンジリング」 2008年  クリント・イーストウッド  アメリカ  誘拐された子供が帰って来たのに違う子供!それを押し付ける警察
誘拐サスペンスと警察の不正との闘い。
二つのドラマを描いたイーストウッドらしい2倍映画 
4月16日 
永遠のジャンゴ」  2017年  エチエンヌ・コマール  フランス ロマ族のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトのフランスからの脱出劇を描いた伝記映画
ジプシー音楽とジャズの融合に加え、迫害されたジプシーに捧げるレクイエムも聴きどころ
4月17日 
「ホビット 決戦のゆくえ」 2014年 ピーター・ジャクソン  アメリカ(ニュージーランド)  「ホビットの冒険」シリーズ最終作
「ロード・オブ・ザ・リング」への布石も色々あります。続きが見たくなります。
4月17日
「ノクターナル・アニマルズ」  2016年  トム・フォード  アメリカ  ヴェネチア国際映画祭審査員大賞
過去、現在、小説、3つの物語が交互に展開し影響を与え合う素晴らしくよく出来た傑作!
4月18日 
「ルパン三世 
ルパンVS複製人間」
1978年  吉川惣司  日本  ルパン三世の映画化第一作
改めて見ると、ルパンらしさ満載です。音楽、映像、キャラクター、物語・・・
モンキー・パンチさんのご冥福をお祈りします。
4月19日
「アントマン&ワスプ」 (80) 2018年 ペイトン・リード アメリカ アベンジャ―ズ・シリーズ「アントマン」の第二作
シリーズでは珍しいコメディ作品。でも「エンドゲーム」との関りがありそう・・・
4月20日 
「シングルマン」  2009年  トム・フォード  アメリカ コリン・ファースがヴェネチア国際映画祭男優賞受賞
トム・フォードのデビュー作ですが、すでにスタイルが完成
4月22日
「ショーン・オブ・ザ・デッド」 2004年  エドガー・ライト  イギリス  ジョージ・A・ロメロ監督の映画の古典ゾンビ第二弾「ドーン・オブ・ザ・デッド」のパロディ
イギリスならではのブラックなコメディ。
ゾンビになってもやることが変わらない人間が笑えます。
4月23日 
「トラッシュ!
-この街が輝く日まで -」
2014年  スティーブン・ダルドリー  ブラジル(イギリス) ブラジルを舞台に腐敗した政治家、警察と戦う3人の少年たちを描いたサスペンスドラマ 4月24日 
アベンジャーズ/エンドゲーム 2019年  アンソニー・ルッソ
ジョー・ルッソ 
アメリカ アベンジャ―ズ・シリーズ最終作
期待が大きく心配でしたが、十分にこたえてくれました!
過去作品を見た上でお楽しみ下さい!
4月26日 
「アベンジャーズ」 2012年  ジョス・ウェドン アメリカ アベンジャーズ・シリーズの記念すべき第一作 4月27日
ブラックパンサー」  2018年  ライアン・クーグラー アメリカ  アベンジャーズのメンバーでもあるブラックパンサーの単独作品
アフリカ系アメリカ人によるブラック映画の歴史的名作
4月29日 
ゴーギャン 
タヒチ、楽園への旅」
2017年 エデゥアルド・デリュック フランス  ポール・ゴーギャン、タヒチへの旅とそこでの創作の秘密に迫る伝記映画  4月29日 
ロープ 戦場の生命線 2015年 フェルナンド・レオン・デ・アラノア スペイン(アメリカ) ボスニアの紛争地帯で水を守る国際NGOの日常を描いた名作  4月30日 
「タバコ・ロード」  1941年 ジョン・フォード  アメリカ  舞台劇として有名な喜劇?のジョン・フォードによる映画化  5月2日
「謎の天才画家/
ヒエロニムス・ボス」 (90)
2016年  ホセ・ルイス・ロペス=リナレス  スペイン  ヒエロニムス・ボスの傑作「悦楽の園」に謎に迫るドキュメンタリー映画  5月3日 
「女は二度決断する」 2017年 ファティ・アキン  ドイツ  カンヌ国際映画祭女優賞、ゴールデングローブ外国語映画賞
夫と子供を爆弾テロで殺された女性が決断したこととは? 
5月4日
「アベンジャーズ 
エイジ・オブ・ウルトロン」
2015年  ジェス・ウェドン  アメリカ  「アベンジャーズ」シリーズ第二作
「アベンジャーズ エンドゲーム」への布石もいろいろあり、もう一度見る意味あり!
5月5日 
「マイティー・ソー/
ダーク・ワールド」 
2013年  アラン・テイラー  アメリカ  「マイティー・ソー」シリーズ第二作  5月6日
「エンドレス・ポエトリー」  2016年  アレハンドロ・ホドロフスキー  チリ(フランス)  チリが生んだ詩人、映像作家であり元祖カルト・ムービー「エル・トポ」の作者
その青春時代を映画化した美しく怪しい映像詩 
5月7日
「マジェスティック」  2001年  フランク・ダラボン  アメリカ  「赤狩り」を背景に描かれた感動の社会派人間ドラマ  5月8日
「ゴッホ 最期の手紙」  2017年  ドロタ・コビエラ  イギリス(ポーランド)  不遇の天才画家ゴッホの死の謎に迫った伝記映画
実写映画をゴッホ風の絵画アニメーションに作り直した映像が素晴らしい!
「動くゴッホ作品」 
5月9日 
「名もなきアフリカの地で」  2001年  カロリーヌ・リンク  ドイツ  アカデミー外国語映画賞受賞
ナチスから逃れてアフリカに渡ったユダヤ人一家の物語 
5月10日
「マイティ・ソー/バトルロイヤル」  2017年  タイカ・ワイティティ  アメリカ(ニュージーランド) 改めて見ると「サノス編」へとしっかりつながっていたんですね。
布石がいろいろとあり、感心しました。「新アスガルド」がどこかとか・・・
5月11日 
「闇の列車、光の旅」  2009年  キャリー・ジョージ・フクナガ  メキシコ(アメリカ)  エルサルバドルからアメリカへと向かう不法移民の旅 5月13日 
「ザ・フォール/落下の王国」
(100)
2006年 ターセム・シン  米・英(インド)  重傷で動けなくなったスタントマンの青年が入院中の少女におとぎ話を話し始めます。
しかし、それは 自分が自殺するための薬を持ってこさせるためでした。
イマジネーションの美しき映像化!これぞ映画です!
5月14日
「SCOOP!」  2016年 大根仁  日本  中年パパラッチと新人記者の奮闘  5月15日 
「悪の法則」  2013年  リドリー・スコット  アメリカ 脚本がコーマック・マッカーシー「悪の道に一度入ったら、二度と後戻りはきかない」
痛いほどわかりました。それにしてもキャメロン・ディアスが怖すぎる!
5月16日 
ブラジルから来た少年 1978年 フランクリン・J・シャフナー  イギリス(アメリカ) ナチスの残党が世界各地で94人の男の殺害を支持します。94人の共通点は?
実に面白い作品です!日本未公開だったなんて!
5月17日
フォロウィング 1998年  クリストファー・ノーラン  イギリス  クリストファー・ノーランのデビュー作にして「メメント」の原点  5月19日 
「キャプテン・アメリカ
/ザ・ファースト・アベンジャ―」 
2011年 ジョー・ジョンストン  アメリカ  アベンジャ―ズ・シリーズの原点であり、「エンドゲーム」の始まり
その意味で大事な作品であることを再確認しました。出来は今一ですが・・・ 
5月20日 
「ミケランジェロ・プロジェクト」 2013年  ジョージ・クルーニー  アメリカ  ミケランジェロの「聖母子像」などの美術品をナチスから取り戻す実録映画  5月21日 
「天国の口、終わりの楽園。」  2001年 アルフォンソ・キュアロン メキシコ  アルフォンソ・キュアロン監督の出世作 5月23日
キングコング 骸骨島の巨神 2017年  ジョーダン・ヴォート=ロバーツ  アメリカ 「キングコング」のリメイクであり、「ゴジラ」シリーズへとつながる作品
予想以上の面白さです。これなら「ゴジラ」も面白いはず・・・
5月24日 
「ビューティフル・デイ」 2017年  リン・ラムジー  イギリス  21世紀の「タクシー・ドライバー」&「レオン」&「美女と野獣」
これは傑作ですよ!久々の驚きでした!ホアキン・フェニックスが凄い演技です!
5月25日 
「ウインド・リバー」    (110) 2017年  テイラー・シェリダン  アメリカ  これまた掘り出し物の名作です!監督・脚本のテイラー・シェリダンは今後も要チェック! 5月26日 
「終電車」 1980年  フランソワ・トリュフォー  フランス  見逃していました!思っていたのとは違い舞台劇への愛に溢れた群像劇 
今も観てもまったく古くない!名作です。
5月27日 
「花筐/HANAGATAMI」 2017年 大林宣彦  日本  檀一雄「花筐」をもとにした作品ですが、まるで寺山修司や唐十郎の映像版のようです。
美しく情熱的で若々しい世界観に驚き!この若返りは長谷部かベンジャミン・バトンか?
5月29日
「BPM」 2017年  ロバン・カンピヨ  フランス  カンヌ国際映画祭グランプリ
エイズ患者のために闘ったボランティア団体「ACU-UP」を描いた作品 
5月31日
「キャプテン・アメリカ/
ウインター・ソルジャー」
2014年 アンソニー・ルッソ
ジョー・ルッソ 
アメリカ  「アベンジャ―ズ」シリーズの連作の一つ
キャプテン・アメリカ、ファルコン、ウインター・ソルジャー、ブラック・ウィドウの関係
6月2日 
「希望の国」  2012年  園子温  日本  東日本大震災における原発による被害を描いた架空の街の物語 6月3日 
「ミスター・ガラス」  2018年  M・ナイト・シャマラン  アメリカ  「アンブレイカブル」「スプリット」に次ぐ完結篇?いやあでも、その終わり方はどうなの?
なかなか見事な失敗作だと思います。
6月3日
「夕陽の群盗」 1972年  ロバート・ベントン  アメリカ  「クレイマー・クレイマー」でアカデミー監督を受賞するR・ベントンのデビュー作 6月4日 
「ぼくのおじさん」 2016年  山下敦弘  日本  原作は北杜夫、哲学者のおじさんと僕のハワイ珍道中 6月5日 
「美女と野獣」  2017年 ビル・コンドン  アメリカ  ディズニーらしいリメイク作品、「千と千尋の神隠し」を思わせる展開 6月7日
お茶漬の味」    (120) 1952年 小津安二郎  日本  これぞオズという作品。時代を切り取った作品であり、芸術的な構図が凄い! 6月8日 
「ワイルド・スピード」 2001年  ロブ・コーエン  アメリカ  大ヒットシリーズの一作目、車好きにはたまらないのでしょう。友情&カーアクション 6月10日 
「テレフォン」 1977年  ドン・シーゲル  アメリカ  ドン・シーゲルによるサスペンス映画の隠れた傑作 6月11日 
止められるか、俺たちを」  2018年 白石和彌 日本  若松孝二監督の撮影現場を描いた60年代末へのオマージュ
でも最高の青春映画でもあります。 かつて存在したユートピアへの愛に溢れた作品
6月11日 
「俳優 亀岡拓次」  2015年  横浜聡子  日本  安田顕の魅力全開のカメレオン俳優の日常
映画作りのへのオマージュでもあり、映画ファンにはたまらないはずです。
6月12日
「ワイルド・スピードX2」  2003年 ジョン・シングルトン  アメリカ  「ワイルド・スピード」の続編、予算アップにより、車も衣装も良くなっています。 6月16日 
「チャッピー」 2015年 ニール・ブロムカンプ  南アフリカ  「第九地区」「エリジウム」とだんだん質が低下してきているような・・・
突っ込みどころ満載
6月17日 
修道士は沈黙する 2016年 ロベルト・アンドー イタリア  G8財務大臣会議で起きた死亡事件をめぐるサスペンス映画
被害者の告解を受けていた修道士だけが、その死の真相を知っていました 
6月18日 
「早春」 1956年  小津安二郎  日本  小津監督には珍しい不倫を描いた作品。残念ながら時代錯誤に見えてしまいます。 6月19日 
サニー/32」  2017年  白石和彌  日本  トンデモ暴力アイドル映画、どう展開するのか、まったく先が読めません! 6月20日 
ラブレス」      (130 2017年 アンドレイ・ズビャギンツェフ  ロシア  カンヌ国際映画祭審査員賞
救いのない映画を撮らせたら世界一!本当に子どもがかわいそう!
6月21日
「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」  2006年 ジャスティン・リン  アメリカ(台湾)  シリーズ3作目で東京が舞台。なかなか楽しめますね。日本生まれのドリフトが見どころ! 6月22日 
「赤目四十八瀧心中未遂」 2003年 荒戸源次郎  日本  ド関西をバックにした映画で、時代も越えた熱い作品。寺島しのぶ初主演で滝が美しい! 6月23日
「KUBO/クボ 
二本の弦の秘密」 
2016年 トラヴィス・ナイト  アメリカ  日本を舞台にしたストップモーション・アニメ、黒澤&宮崎の世界が見事に映像化! 6月24日
あなたになら言える秘密のこと 2005年  イザベル・コイシェ  スペイン  ほとんど情報なしで見ました。
サラ・ポーリー主演で期待を上まわる素晴らしい作品でした!
6月25日 
「ウォールフラワー」 2012年  スティーブン・チョボスキー  アメリカ  高校を舞台にした青春映画の快作!
音楽がいい!特にデヴィッド・ボウィの「ヒーローズ」が最高です!
6月26日
「国際市場で逢いましょう」 2014年 ユン・ジェギュン  韓国  朝鮮戦争から現代への韓国の歴史を背景にした大河ドラマ
史実を織り交ぜながら感動へと展開するよくできた作品です!
6月28日 
「冷たい熱帯魚」 2011年  園子温  日本  埼玉愛犬家連続殺人事件をもとにしたホラー映画
でんでんの怖さが凄すぎる!怖さを越えた向こう側の作品に冷えました。
6月29日 
「ハングリー・ラビット」 2011年 ロジャー・ドナルドソン  アメリカ  ニコラス・ケイジ主演のサスペンス・ドラマ、犯罪者への復讐を行う秘密組織のお話 6月29日 
「アサインメント」  1997年  クリスチャン・デュゲイ  カナダ  ジャッカルを追うために選ばれたそっくりさんの過酷な訓練と闘いの日々
なかなかよくできた作品です
6月30日
「結婚演出家」     (140) 2006年  マルコ・ベロッキオ  イタリア  初マルコ・ベロッキオでした!さすがです。面白かった!実に映画的な仕掛け満載です。 7月1日 
「ワイルドスピードMAX」 2009年  ジャスティン・リン  アメリカ(台湾)  「ワイルドスピード」シリーズ第4作 7月1日 
死ぬまでにしたい10のこと」  2003年 イザベル・コヘット  カナダ(スペイン) イザベル・コヘットの出世作、ペドロ・アルモドバルが製作総指揮 7月2日 
「赤い河」 1948年 ハワード・ホークス  アメリカ  ハワード・ホークス&ジョン・ウェインによる西部劇の傑作  7月3日
「ロスト・バケーション」 2016年  ジャウマ・コレット=セラ  アメリカ  「ジョーズ」へのオマージュもありのなかなか見ごたえのあるシャーク・アタックもの 7月3日 
「ハード・コア」 2018年  山下敦宏  日本  山田孝之と山下監督のコンビ作品で、途中までは面白かったのですが・・・
何かもの足りなかった
7月4日 
「ワイルド・スピード
MEGA MAX」 
2011年  ジャスティン・リン  アメリカ  「ワイルド・スピード」シリーズ第5作 7月6日 
影の軍隊 1969年  ジャン=ピエール・メルビル  フランス  第二次世界大戦下フランスで行われていたレジスタンスによるもう一つの戦闘
フィルムノワール&リアリズム・スタイルで描かれた傑作!
7月7日
「シビル・ウォー/
キャプテン・アメリカ 」
2016年 アンソニー&ジョー・ルッソ  アメリカ 改めて見直しました。発見がいろいろとありました。よく出来てるわ! 7月8日
「レインメーカー」 1997年  フランシス・F・コッポラ  アメリカ  マット・デイモンが若い。さすがのコッポラ作品です。 7月9日
「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」
(150)
1989年 アキ・カウリスマキ  フィンランド  フィンランドが生んだ巨匠?アキ・カウリスマキの世界的な出世作
究極のオフビート音楽ロード・ムービー
7月10日 
「ラースと、その彼女」 2007年 クレイグ・ギレスピー アメリカ  見逃していました。名作でした!
アメリカ映画なのに、犯罪も悪者も出てこない異色の映画
7月10日
「レニングラード・カウボーイズ、
モーゼに会う」
1994年 アキ・カウリスマキ  フィンランド  「ゴー・アメリカ」の続編ですが、「ブルース・ブラザース」から「旧約聖書」へ
そのおかげで意味不明過ぎて面白くなくなってしまった!
7月12日 
「アリー/スター誕生」  2018年  ブラッドリー・クーパー  アメリカ  意外に主役はブラッドリー・クーパーでした。
その分、ガガ様が魅力的に描かれていたかも。
とにかく曲がどれも素晴らしいし、歌が上手い!ミュージカル以上に音楽映画です
7月13日
「音量を上げろタコ!
なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」
2018年  三木聡  日本  偶然ですが、この作品も「スター誕生」のリメイクじゃないですか? 7月14日 
「アラバマ物語」  1962年 ロバート・マリガン  アメリカ  人種差別と闘う法廷ものの時を越えた名作です!  7月15日 
ボーダーライン:
ソルジャーズ・デイ
2018年 ステファノ・ソッリマ  アメリカ(イタリア)  2016年の1作目をも上回る出来映えです!  7月16日 
「砂漠でサーモン・フィッシング」  2011年 ラッセ・ハルストレム  イギリス  小説「イエメンで鮭釣りを」の映画化 7月17日
「天気の子」 2019年 新海誠  日本  「君の名は」ではなく初期のピュアな時代に戻った作品
ラッドウィンプスの音楽が良い!
結末は賛否両論必至ですが、僕は良かったと思います。
7月19日
「ライフ」 2017年 ダニエル・エスピノーサ  アメリカ(スウェーデン)  地球外生命体VS宇宙飛行士チーム 7月21日
「菊とギロチン」      (160) 2018年 瀬々敬久  日本  大正時代アナーキストたちと女相撲力士たちの戦いの日々 7月22日 
「ビッグ・アイズ」 2014年 ティム・バートン  アメリカ  モダンアート界の実話を映画化 7月22日
「万引き家族」  2018年 是枝裕和  日本  タイトルは「万引き家族」ですが、「シン・家族」の方が正しいかも? 7月24日
「プリシラ」  1994年 ステファン・エリオット オーストラリア  ドラッグ・クイーンによるオーストラリア縦断の旅
サイケデリックなデザインの衣装が凄い!アカデミー衣装デザイン賞受賞
7月25日 
「ペット」 2016年 クリス・ルノー
ヤーロウ・チェイニー
アメリカ  動物ものアニメ
まあまあ楽しいです。
7月26日
「blank13」  2017年 斎藤工  日本  斎藤工初監督作品ですが、なかなかの快作ですよ。俳優が地味に豪華です。 7月27日 
「未来のミライ」  2018年 細田守  日本  現代の子育てに使えるヴァーチャル体験映像?的な作品です 7月29日 
「ゾンビランド」 2009年 ルーベン・フライシャー  アメリカ  青春ゾンビコメディーの快作 7月30日 
「日の名残り」  1993年 ジェームズ・アイヴォリー  イギリス  カズオ・イシグロ原作の映画化、第二次世界大戦直前の歴史も学べます 7月31日 
「マイティ・ハート/愛と絆」 2007年 マイケル・ウィンターボトム  アメリカ  パキスタンで起きた記者の誘拐事件をリアルに映画化した作品 7月31日 
「心と体と」        (170)  2017年 イルディコー・エニェディ ハンガリー  ベルリン国際映画祭金熊賞、同じ夢を見ていることがわかった二人が恋に落ちる・・・
ヨーロッパ映画賞女優賞受賞のアレクサンドラ・ボルベーイが可愛すぎるやろ!
8月1日 
「東京暮色」 1957年 小津安二郎  日本  家族の崩壊を描いた重い内容で、失敗作と言われた作品ですが・・・  8月3日 
「はなしかわって」 2011年 ハル・ハートリー  アメリカ  ハル・ハートリーらしいオフ・ビート・コメディ 8月4日
「キャプテン・マーベル」 2019年 アンナ・ボーデン
アイアン・フレック 
アメリカ  「アベンジャーズ・エンドゲーム」前の作品なので見ておいた方が良い。
でも単独で十分に楽しめます。ニック・フューリーが主役ともいえる作品。
8月5日 
ニューヨーク、アイ・ラブ・ユー 2008年 ブレット・ラトナー他  アメリカ ニューヨークの街を背景に様々な愛の物語が展開するオムニバス作品  8月7日 
「鉄コン筋クリート」 2006年 マイケル・アリアス  日本  やっぱり傑作です。哲学的、暴力的、魅惑の世界観がめくるめく展開。
鼠こと鈴木が殺されるシーンのカッコ良さ。サイケデリックな黒と白の葛藤の場面。
それにアジカンの「ある街の群青」と声優陣の豪華さ!田中眠、蒼井優、二宮、麦人・・・
8月9日 
「パリ、ジュテーム」 2006年 ガス・ヴァン・サント他  フランス  パリを舞台にした恋の物語のオムニバス作品 8月12日 
「夜明告げるルーのうた」 2017年 湯浅政明  日本  ポニョ+サマーウォ―ズ+トトロでもオリジナリティー半端なし!
これは超掘り出し物の傑作アニメです。
8月13日
「サバービコン仮面を被った街」 2017年 ジョージ・クルーニー  アメリカ  コーエン兄弟&ヒッチコックのブラック・ユーモア・サスペンスの掘り出し物  8月14日 
ガンジスに還る」  2016年 シュバシシュ・ブティアニ  インド  ガンジス河のほとりバラナシにある「解脱の家」を舞台にした父と息子の物語 8月15日 
「夜は短し歩けよ乙女」 (180) 2017年 湯浅政明  日本  「千と千尋の神隠し」の酒屋版かと思いきや古本、演劇の要素も加わります。
リアルに迫らなくてもアニメは面白くできることを証明し続ける作家です。
8月17日 
「ワールド・オブ・ライズ」 2008年 リドリー・スコット  アメリカ  イスラム過激派のリーダーの居場所を突き止めるCIAとヨルダン諜報部の作戦
最先端デジタルのアメリカもローテクテロ集団には勝てないというお話
8月19日 
ウィズネイルと僕」  1988年 ブルース・ロビンソン  イギリス  1960年代末の英国を描いたカルト・ムービー。酒と麻薬と同性愛、ロックの日々 8月20日 
「繕い裁つ人」  2014年 三島有紀子  日本  さすがに出てくるドレスなど衣装が素敵です。中谷さんはもう少し楽に演じていいのでは?
三浦貴大はどうも合わない。綾野剛ならよかったかも・・・。(「カーネイション」のせいか)
着るものを扱っているので、着るものが人に与える効果は分る気がします。
8月21日
「判決、ふたつの希望」 2017年 ジアド・ドゥエイリ  レバノン  歴史、民族、宗教的に混沌とした中東のレバノンを舞台にし社会派の傑作
水漏れ工事が国を二分する政治的対立へと発展して行く裁判劇、その判決は?
8月25日 
「クリード 炎の宿敵」 2018年 スティーヴン・ケイプルJr  アメリカ アポロの息子とアポロを殺したロシアのボクサー、ドラゴの息子との対戦
結果は見えているのに、それをドラマとして盛り上げるスタローンの手腕はさすが! 
8月27日 
ベロニカとの記憶 2017年 リテーシュ・バトラ(インド)  イギリス ジュリアン・バーンズのブッカー賞受賞作「終わりの感覚」を映画化
原作にかなり忠実で地味ながら奥の深い作品に仕上がりました
8月28日
「グッバイ・サマー」  2015年 ミシェル・ゴンドリー  フランス  監督自身の青春時代をもとにした自伝的作品 8月29日 
「ニシノユキヒコの恋と冒険」 2014年 井口奈己  日本 川上弘美原作の小説を映画化。女性たちの夢を映像化した女性による映画
竹野内豊が本領発揮。豪華な女優陣も楽しい!
8月31日 
「スパイダーマン:
スパイダーバース」
2018年 ボブ・ペルシケッティ
ピーター・ラムジー
ロドニー・ロスマン 
アメリカ  マーベルのスパイダーマン・シリーズ
本家ピーター・パーカーが殺されるという意外な展開から始まる
コミックを意識した画面デザインがやたらにカッコイイ!
9月2日 
「武曲 MUKOKU」     (190) 2017年 熊切和嘉  日本  藤沢周「武曲」の映画化。スポコン映画とは一線を画す寺山修司的武道映画 9月3日 
「ファースト・マン」 2018年 デミアン・チャゼル  アメリカ  ニール・アームストロングがアポロ11号で月面に立つまでを描くドキュメントタッチの作品 9月4日
「デューン/砂の惑星」  1984年 デヴィッド・リンチ  アメリカ 4時間の大作が2時間ちょっとに縮めては・・・わけがわからないのは当然です。
原作を読んでから見ましょう。でも、特撮が、デザインが残念過ぎました。
9月6日 
ジャンゴ 繋がれざる者 2012年 クエンティン・タランティーノ  アメリカ  マカロニ・ウエスタンへのオマージュ満載の西部劇
今時、ここまで痛快な娯楽アクション映画は珍しい!
9月7日
「バッド・エデュケーション」  2004年 ペドロ・アルモドバル  スペイン  ペドロ・アルモドバル半自伝的作品、さすがによくできてます! 9月9日 
「8人の女たち」 2002年 フランソワ・オゾン  フランス  名探偵コナンをお洒落にブラックに下手なミュージカル仕立てにしたサスペンス映画
8人の女優がベルリン国際映画祭銀熊賞受賞
9月11日
「インドシナ」  1992年 レジス・ヴァルニエ  フランス 独立直前のベトナムを舞台にした大河ラブ・ロマンス&社会派&ファンタジー!  9月12日 
「横道世之介」 2012年 沖田修一  日本  吉田修一原作の小説を映画化、1980年代東京が舞台の青春ドラマの名作です!
なんともいえないノスタルジックで可笑しくてほろ苦い独自の世界観、続編も見たい!
9月13日 
シェフ 
三ツ星フードトラック始めました
2014年 ジョン・ファブロー  アメリカ  アベンジャーズ・シリーズの俳優・監督によるハートフル・コメディ
料理は美味しそうですが、音楽がまた良い!
9月15日
「バッド・ジーニアス 
危険な天才たち」
2017年 ナタウット・プーンピリヤ タイ 大学受験でのカンニング大作戦をサスペンスタッチで描いたシリアスな作品
タイもこんな社会になってしまったか・・・シリル満点でよく出来ています!
9月16日
「パワー・ゲーム」     (200) 2013年 ロバート・ルケティック  アメリカ  最新テクノロジーを巡る産業スパイ・ドラマ、「バッド・ジーニアス」と似ているかも! 9月17日 
運び屋 2018年 クリント・イーストウッド  アメリカ  麻薬の運び屋として逮捕された90歳の老人のお話
さすがはイーストウッド作品です。ロードムービーでもあります。
9月18日
「ニュースの真相」 2015年 ジェームズ・ヴァンダービルト  オーストラリア/アメリカ 2004年ブッシュ大統領の空軍での兵役逃れなど軍歴詐称疑惑記事
その調査・報道を行ったCBSのチームの苦闘を描いたドラマ、面白くなさすぎるけど感動
9月20日 
「太陽」 2015年 入江悠  日本  ウィルス感染により人類の多くが死滅。秀逸なアイデアによる近未来SFの快作。
夜しか外に出られない優れた知能を持つノックスがキュリオを支配する世界。
9月21日
「ビフォア・ザ・レイン」  1994年 ミルチョ・マンチェフスキー  北マケドニア/英・仏  マケドニアで起きていた民族紛争と三つの愛の物語を描いた名作
「言葉」「顔」「写真」の3部構成でラストにそれがつながる構成が見事。風景も美しい! 
9月23日 
「シャッター・アイランド」 2009年 マーティン・スコセッシ  アメリカ  サイコ・サスペンスと思いきやしっかりとした落ちがある構成
風景よし俳優よし美術よし・・・最後まで注意深く見ましょうね。
9月24日 
「茶の味」 2003年 石井克人  日本  今見ると物凄いオールスター・キャストです!まさにいい味を出している素敵な映画です。 9月25日 
If もしも .... 1969年 リンゼイ・アンダーソン  イギリス  1969年カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作をデジタル・リマスターで再見
映画公開の3か月後にはパリで五月暴動が発生。同時代を描いただけではない傑作! 
9月26日 
「十三人の刺客」  1963年 工藤栄一  日本  2010年にリメイクもされた時代劇の名作。
役者よし、カメラもよし、今見ても見ごたえあり!
9月28日 
八月の鯨 1987年 リンゼイ・アンダーソン  イギリス  海辺の別荘で暮らす二人の老女による会話劇 9月30日 
「ハン・ソロ」       (210) 2018年 ロン・ハワード  アメリカ  ハン・ソロの生い立ちとチューバッカとの出会いなど、楽しめます。 10月1日 
1987、ある闘いの真実 2017年 チャン・ジュナン  韓国  韓国における民主化運動が最も盛り上がった年。その原点となった事件を描いた傑作!  10月2日 
「ミルカ」 2013年 ラケーシュ・オームプラカーシュ・メーラ  インド  実在の400mのメダリスト、ミルカ・シンの伝記映画
インドとパキスタンの分離独立の悲劇が生んだ亡命者が英雄になるまでの物語
10月4日 
「バウンド」 1996年 ウォシャウスキー兄弟
(姉妹) 
アメリカ  ウォシャウスキー兄弟の出世作
レズビアン・カップルによるマフィアからの現金奪取作戦を見事なハードボイルドタッチで!
10月6日
人間失格 
太宰治と3人の女たち
2019年 蜷川実花  日本  太宰治「ヴィヨンの妻」「斜陽」「人間失格」の誕生秘話
三人の女優の魅力で迫る太宰作品に秘密、蜷川実花ワールドが少々きついかも・・・ 
10月8日 
預言者」  2009年 ジャック・オーディアール  フランス  コルシカ派閥、アラブ派閥、イタリア派閥の刑務所内の縄張り争い
カンヌ国際映画祭グランプリ受賞の「預言者」と呼ばれた男の物語 
10月9日
「ミス・ペレグリンと奇妙な子供たち」 2016年 ティム・バートン  アメリカ ティム・バートンお得意のダーク・ファンタジー、納得の面白さです。 10月10日
「哭声/コクソン」  2016年 ナ・ホンジン  韓国  サイコ・サスペンスからオカルト・ホラーへと変化する2度恐い映画です。見ごたえあり! 10月11日
ジョーカー 2019年 トッド・フィリップス  アメリカ  凄い映画です!初めて「タクシー・ドライバー」を見た時の衝撃に近い作品です。
改めてこの作品についてはページを作ります。ホアキン最高!音楽も良かった!
先ずは見ましょう!映画史に残る作品です。
10月12日 
「ノッティングヒルの恋人」 1999年 ロジャー・ミッシェル  イギリス  ジュリア・ロバーツが最も魅力的だった時期の名作ラブ・ストーリー
エルヴィス・コステロの「シー」が最高!
10月13日
「スターリンの葬送狂騒曲」(220) 2017年 アーマンド・イアヌッチ  仏・英・ベルギー・カナダ 1953年スターリンの突然死をきっかけに始まったソ連の権力闘争
勝ち残るのは・・・もちろんロシアでは上映禁止
10月14日
「わたしは、幸福(フェリシテ)」 2017年 アラン・ゴミス コンゴ(仏、セネガル、ベルギー、独他)  コンゴ共和国を舞台に女性シンガーの生き様と首都キンシャサのリアルを描いた作品
ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員特別賞) 
10月16日 
「フロリダ・プロジェクト 
真夏の魔法」 
2017年 ショーン・ベイカー アメリカ  ディズニー・ワールドの隣にあるモーテルに住む少女と母親の物語
美しい色の街は厳しく寂しい世界。楽しい過ごす親子には夢の裏側の現実が迫ります。
リアルなアメリカの姿を描きますが、ラストには世界最大の夢の世界が…皮肉
10月19日 
「闇の子供たち」 2008年 阪本順治 日本 タイで行われている児童買春、臓器売買の実態に迫った闇の映画
まさか主人公までもが闇の人間だったとは!重過ぎる内容の作品をよくぞ撮りました! 
10月21日
「レイクサイド・マーダー・ケース」 2004年 青山真治  日本  お受験合宿に集まった3組の親子、そこで殺人が・・・さすがは東野圭吾作品です。
ひねりが効いていて、芝居合戦のようでいて、ラストにも仕掛けが・・・
10月22日 
「白い沈黙」  2014年 アトム・エゴヤン  カナダ  誘拐された娘を探す父親。彼は妻からも警察からも疑いをかけられていました。
しかし、娘は8年後に生きていることがわかります。なかなかよくできています。
10月22日
グリーンブック」  2018年 ピーター・ ファレリー アメリカ  アカデミー作品、助演男優、脚本賞
社会派音楽ロードムービーの快作。ヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ二人が見事!
10月23日 
「夕凪の街 桜の国」  2007年 佐々部清  日本  広島の原爆被爆者家族の現在までの長い苦しみを描いた感動作
こうの史代のマンガを実写映画化
10月25日
「運命は踊る」  2017年 サミュエル・マオズ  イスラエル 運命のいたずらが起こす不条理ともいえる息子の死、イスラエル、日本ではリスクが違う? 10月27日
「手紙は憶えている」 2015年 アトム・エゴヤン  カナダ  90歳を前にした認知症の殺し屋、アウシュビッツの生き残りがナチの残党に復讐する。
毎朝、記憶を失う主人公は友人が書いた手紙だけを頼りにターゲットを探す旅に出ます。
10月28日 
「ボルグ/マッケンロー
氷の男と炎の男」(230)
2017年 ヤヌス・メッツ  スウェーデン、デンマーク、フィンランド  1980年ウィンブルドン決勝をクライマックスとした伝説の試合までを描いた作品
二人の対照的な英雄が実は似ていたというのが意外で面白かった! 
10月29日
「ザ・ウォーカー」 2010年 アレン&アルバート・ヒューズ  アメリカ  世界滅亡後のアメリカが舞台のロード・ムービー
世界を支配するための書物を運び西へと旅する男の物語 
10月30日
「空中庭園」 2005年 豊田利晃  日本  角田光代が家族とは?を描いた小説の映画化。監督が覚せい剤所持で逮捕
確かにぶっ飛んだ部分はありますが・・・テンション高めの恐くて可笑しなホームドラマ
10月31日
「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」  2014年 タイカ・ワイティティ  ニュージーランド  ヴァンパイアの暮らしをドキュメンタリー・タッチで描いたコメディ映画 11月3日 
「海炭市叙景」  2010年 熊切和嘉  日本  函館(海炭市)を舞台に様々な登場人物が織りなす悲しい人物絵巻
佐藤泰史原作の短編を映画化した実にしみじみとした映画です。ジム・オルークの音楽!
11月4日 
「ル・アーブルの靴みがき」  2011年 アキ・カウリスマキ フィンランド  フランスの港町ル・アーブルを舞台にした靴みがきと難民との人情コメディ
独特の世界観で展開する社会派の作品 
11月5日
「11.25 自決の日 
三島由紀夫と若者たち」 
2011年 若松孝二  日本  三島由紀夫の自決までの日々を追った若松監督、井浦新入魂の一作
あの当時の僕は何もわかってはいなかったと認識を新たにしました。
11月7日 
「ときめきに死す」 1984年 森田芳光  日本  森田監督と沢田研二によるクールな暗殺ドラマ 11月8日
グッバイ・ゴダール!」  2017年 ミシェル・アザナヴィシウス  フランス  1960年代フランスの巨匠ゴダールが革命にのめり込み、過去の作品を否定。
新たな作品作りに挑み出したゴダールを彼の妻の視点から描いています。
11月9日
「22年目の記憶」 2014年 イ・ヘジュン 韓国 1972年開催予定だった南北首脳会談に向けて準備された金日成の影武者
売れない役者とその息子の悲劇の人生を描く韓国映画らしい悲劇&喜劇
11月11日 
「オーシャンズ8」    (240) 2018年 ゲイリー・ロス アメリカ 「オーシャン」シリーズ、オーシャンの妹とその仲間の女性たちによる宝石泥棒作戦
シリーズの女性版リメイクは「ゴーストバスターズ」に続いて大成功!
11月12日 
「きみの鳥はうたえる」 2018年 三宅唱  日本  佐藤泰志原作による函館シリーズ4作目
これもまた名作です。原作がいいからいい才能が集まるのか?
11月14日 
「ヴェノム」  2018年 ルーベン・フライシャー  アメリカ  マーベルではスパイダーマンの敵だったヴィランの活躍を描いたダーク・ヒーローもの 11月15日
「愛しタチアナ」  1994年 アキ・カウリスマキ フィンランド フィンランド製ロード・ムービーの小品。のどかでノスタルジックでとぼけた作品
ラストは衝撃的です!え!そういうことだったの?
11月16日 
「夕陽のガンマン」  1965年 セルジオ・レオーネ  イタリア  西部劇、アクション映画の教科書的マカロニ・ウエスタンの代表作
イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、ジャン・マリア・ボロンテの三つ巴
ラストは夕陽に向かう老ガンマンに対し、イーストウッドは日差しの中を進みます!
11月18日
「浮き雲」  1996年 アキ・カウリスマキ  フィンランド アキ・カウリスマキの代表作
不幸に見舞われながらもがんばる夫婦の真面目な生き方がなにか日本的
11月19日
「ミッドナイト・ガイズ」 2012年 フィッシャー・スティーブンス  アメリカ A・パチーノ、C・ウォーケン、A・アーキン3人のおやじたちによる犯罪アクションコメディ
「ブルース・ブラザース」から「明日に向かって撃て」途中「ER」 
11月20日
「ライ麦畑の反逆児
ひとりぼっちのサリンジャー」 
2017年 ダニー・ストロング  アメリカ  サリンジャーが作家としてデビュー、兵士としてヨーロッパへ、「ライ麦畑でつかまえて」執筆
そして、執筆しながらの隠遁生活までを描いた伝記映画、充分に見ごたえありです。
11月21日
「バーニング」(劇場版)  2018年 イ・チャンドン  韓国  村上春樹「納屋を燃やす」の映画化、韓国の鬼才が見事に映像化!
美しい映像に素晴らしい俳優たちの演技、怪しい音楽・・・
11月23日
「移動都市/モータルエンジン」  2018年 クリスチャン・リバーズ  ニュージーランド  「ハウル」「ナウシカ」「ラピュタ」「紅の豚」&「スターウァーズ」
突っ込みどころ満載の冒険アクション映画、細部のこだわりも楽しいマニアック娯楽映画 
11月24日
「ジュリアン」      (250) 2017年 グザヴィエ・ルグラン フランス 血も殺人もないのに恐怖に満ちた異色のリアリズム・サスペンス映画の傑作
ヴェネチア国際映画祭監督賞
11月25日
「シャイニング」  1980年 スタンリー・キューブリック  イギリス 精神疾患による父親のDVを閉鎖空間を背景に描いたサイコ・サスペンスの傑作
まさかの!ラジ―賞最悪監督賞、納得の主演女優賞受賞!
11月26日
「トイ・ストーリー4」 2019年  ジョシュ・クーリー  アメリカ  「トイ・ストーリー」シリーズ最新作。まさかのラストで、いよいよ掟を破ってしまった!
今後どうなるのか?心配で、楽しみです。
11月28日
「天国でまた会おう」 2017年  アルベール・デュボンテル フランス セザール賞監督賞など5部門受賞のヒット作 11月29日
「ドロップ・ゾーン」 1994年  ジョン・バダム  アメリカ  スカイ・ダイビングによる強盗団と刑事、スカイ・ダイビングシーンが見どころの犯罪アクション 12月 1日
「プライド 栄光への絆」 2004年  ピーター・バーグ  アメリカ  テキサスの小さな町オデッサのバーミアン高校アメフト部の州大会での活躍
ノンフィクション「Friday Night Light」の映画化です。これは傑作だと思います。音楽、編集も良い!
12月 2日
「モンスーン・ウェディング」  2001年  ミーラ・ナーイル  インド  ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞の名作
現代インドの結婚式を舞台とした群像劇
12月 3日
「アトミック・ブロンド」  2017年  デヴィッド・リーチ アメリカ  東西の壁が崩壊する前のベルリンを舞台にしたスパイアクション
シャーリーズ・セロンの魅力と格闘技が素晴らしい!選曲もよし!
12月 4日
「ヘイル・シーザー」  2016年  ジョエル&イーサン・コーエン アメリカ 1950年代のハリウッドを舞台にしたコメディ映画
ミュージカル、西部劇、歴史劇などそれぞれの映画撮影現場も楽しい映画愛に満ちた作品
12月 5日
「ブラック・クランズマン」  2018年  スパイク・リー  アメリカ KKKに潜入した黒人警官による実録社会派サスペンス・コメディ映画
それぞれが真面目にやるほど笑えるという奇跡のバランスをもつ奇跡の作品
12月 6日
「パンク侍、斬られて候」 2004年 石井岳龍  日本  原作は町田康、石井監督のためにあるような題材 12月 8日
「アイリッシュマン」 2019年  マーティン・スコセッシ  アメリカ  アイルランド系ギャングの視点からジミー・ホッファなど歴史上の人物を交え歴史を描いた大作
「ゴッドファーザー」と並行した世界をリアリズムで描いています。
12月 9日
           

トップページヘ