2020年以降の代表作(日本映画) 


- 2020年~-
作品名  監督 スタッフ・出演者・コメント
2020年
「泣きたい私は猫をかぶる」
(アニメ)
佐藤順一
柴山智隆
(制)スタジオ・コロリド(企)ツイン・エンジン(脚)岡田磨里(キャラD)池田由美(音)窪田ミナ(演)清水勇司(編)西山茂(作画)加藤ふみ、横田匡史、村山正直、永江彰浩他(美監)竹田悠介、益城貴昌(色計)田中美穂
(主題歌)「花に亡霊」ヨルシカ
(出)志田未来、花江夏樹、寿美菜子、山寺宏一、浪川大輔、小木博明、小野賢章
 母親が家を出て、その後、新しい母親を迎えた複雑な家庭の少女ムゲが、クラスメートの日之出に近ずくため、猫に変身。毎日、日之出家に行っていた。しかし、猫に変身するために必要な仮面をくれた猫店主は、ムゲを猫にしてしまい、彼女が持つ人間の仮面と寿命を奪うつもりでした。
 ある日、家でしてしまった彼女は、もう猫のままでいいと思うようになり、人間の仮面を渡してしまいます。でもやはり人間に戻って日之出に会いたい…そう思った彼女ですが、いつの間にか彼女は猫から戻れなくなりつつありました。
 「千と千尋の神隠し」「平成狸合戦ぽんぽこ」「猫の恩返し」「転校生」「ペンギンハイウェイ」様々な映画の要素が混ぜ込んである。
邦画の歴史と代表作へ   トップページヘ