苦難の人生が生んだクイーン・オブ・ソウル

映画「リスペクト」
映画「アメイジング・グレイス」

- アレサ・フランクリン Aretha Franklin -

<貴婦人OR肝っ玉かあさん>
 R&B界最高のリズム・ギタリスト、マット・マーフィーを尻にひく、映画「ブルース・ブラザース」でのあのパワフルなかみさん役を見た人にとって、アレサ・フランクリンのイメージは、まさに「ソウル界の肝っ玉かあさん」といった感じに違いないでしょう。しかし、実際の彼女は、少なくとも過去においては、まったく対照的な物静かで常に憂いをたたえた女性であったようです。それこそ、「レディー・ソウル(ソウルの貴婦人)」という呼び名にぴったりだったのでしょう。もしかすると、それは、今でも変わらないかもしれません。

<アメリカの文化とゴスペル>
 僕は中学生の頃、海外ホームステイというやつで、アメリカ西海岸に行ったことがあります。その時、LAとサンフランシスコの間にある田舎町にしばらく滞在しました。時は、1974年春のことです。
 滞在先のファミリーは、ある日曜日、僕を教会に連れていってくれました。実は、僕が育った家庭も、クリスチャン・ホームで、専門的にいうとプロテスタントの長老派に属しています。それは、質実剛健で地味なドイツ系の流れ(ルター派)であり、禁欲を重んじる日本人向けの宗派と言えるのかもしれません。
 しかし、その時、僕が連れていってもらった教会は、それとは別のタイプ、バプテスト派と呼ばれる宗派でした。そうあの「ブルース・ブラザース」で、ジェームス・ブラウンが牧師を勤めていた教会の雰囲気です。(正確に言うとあれは、バプテスト派ではなくホーリネス派という分派でしょう)もちろん、あんなに凄い礼拝のわけはなかったのですが、それでも普段から慣れている教会の礼拝とはまったく違い、そこには神への感謝と生きる喜びが満ちあふれていました。アメリカと日本、宗教が違うのは当たり前の話しですが、同じキリスト教でもあそこまで違うということに、僕はずいぶんと驚かされました。

<アレサと偉大なる父>
 アレサの父親、クラレンス・L・フランクリン氏は、まさにそのバプテスト派の牧師でした。しかし、彼は単に自分の教会で礼拝を行うだけでなく、地方への遊説も行っていて、毎回数千ドルの献金を集める売れっ子牧師でした。それだけではありません。彼の説教を録音したLPは、なんと70種類以上も発売され、どれもかなりの売れ行きだったというのです。
 そんな偉大な父親の元で育ったにも関わらず、彼女の少女時代はけっして幸福ではなかったようです。五人の子供を産んだ彼女の母親は、彼女が6歳の時に家を出て、10歳の時にはこの世を去っていました。そのうえ、多忙な父親はほとんど家を空けていたため、子供たちは雇い人たちの手で育てられたも同然でした。そして、そんな寂しい少女時代の彼女の唯一の楽しみが、教会の聖歌隊で歌うことだったのです。
 この幼少期に彼女は何者かによって性的虐待を受け妊娠することになります。そして、この時に受けた心の傷はその後長く彼女のトラウマとして残ることになります。

<天才少女歌手のデビュー>
 こうして、彼女は12歳で早くも教会の聖歌隊のソロをとるようになり、レコードへの吹き込みも行いました。その後、彼女は父親に本格的に歌手としてデビューすることを認めてもらい、「ビリー・ホリデイ以来最高の歌手」という鳴り物入りでコロンビア・レコードと専属契約を結びました。
 デビュー作品は、1960年の"Today I Sing The Blues"で、その後10枚のアルバムを発表しました。しかし、彼女をヒット・パレード向きのポップなアーティストにしようとしたコロンビア・レコードの方針が裏目に出て、まったく彼女のアルバムは売れませんでした。父親譲りのソウルフルなヴォーカルは、型にはまったポップ路線には不向きだったのです。

<アトランティックからの再出発>
 コロンビアのやり方に失望したアレサは、契約が切れた時点で、以前から彼女と契約したがっていたアトランティックと契約をかわしました。ジェリー・ウェクスラー率いるアトランティックは、当時サザンソウルを中心とするブラック・ミュージックの最高峰として、飛ぶ鳥を落とす勢いの人気レーベルでした。そのうえこの時期は、オーティス・レディングがあの名作の数々をMG'sらとともに発表し始める黄金時代の始まりでもあり、アレサはその勢いとともに、ソウルの最前線に再び飛び込むことができました。

<アトランティックでの成功>
 アレサを高く評価していたジェリー・ウェクスラーは、彼女のためにマッスル・ショールズのフェーム・スタジオ所属の一流ミュージシャンたちやメンフィスのホーン・セクションを、わざわざニューヨークまで呼び寄せ、今までにない時間と環境を与えました。アトランティックの本拠地である南部での録音にはなじめなかった彼女も、こうした気配りに、その才能をしだいに発揮し始め、効果がすぐに現れました。まず最初のシングル「貴方だけ愛して」がいきなりトップ10入りのヒットとなったのをきっかけに、「チェイン・オブ・フール」「シンク」(映画「ブルース・ブラザース」で再演)、「愛する貴方を失くして」など、ヒットを連発しました。この当時の彼女は、アトランティック・レーベルとともに、まさに絶好調で、文句なしにソウル界最高の女性ヴォーカリストでした。

<不幸との闘いと神の救い>
 しかし、レディー・ソウルと呼ばれるほどの大成功をおさめながら、彼女はけっして幸福ではありませんでした。彼女のマネージャーも勤めていた夫、テッド・ホワイトは、平気で暴力を振るう男で、結局結婚生活は失敗に終わりました。さらにこの時期彼女はマーティン・ルーサー・キング牧師と共に公民権運動にも深く関わり、それにより精神的にも苦しむようになります。運動がキング牧師の死や時代の変化によって停滞する中、彼女はアルコールに溺れ、自分を見失ってしまいます。そんな状況から彼女を復活させたのは、かつて彼女に心の平安をもたらしてくれていた信仰でした。彼女はアルコール依存から脱却し、再び歌手として活動するため、教会でゴスペルに挑戦することにします。それが、1972年にロサンゼルスで行われた教会でのライブです。(映画「アメイジング・グレイス」はその記録映画です)
 しかし、心の平安を得たと思ったのも束の間でした。彼女の心の支えでもあった父親のC.L.フランクリン牧師が、1979年に強盗に撃たれ、昏睡状態に陥ってしまいます。度重なる不幸の影響のせいか、彼女の音楽活動は、しだいにその輝きを失って行きました。それに追い打ちをかけるように、ディスコ・ブームによって、ソウルの時代はいっきに終焉をむかえてしまいましす。時代からも見放されてしまった彼女は、再びゴスペルの世界へと戻って行くことになります。
 1987年の二枚組アルバム「ワン・ロード、ワン・フェイス、ワン・バプティスト」は、そんな時代の彼女の傑作ゴスペル・アルバムと言われています。

<女王復活なるか?>
 90年代も終わりになり、彼女は再び元気を取り戻したようです。1998年発表のアルバム「ア・ローズ・イズ・スティル・ア・ローズ」では、久しぶりに女王の貫禄を感じさせてくれ、あの「ブルース・ブラザース」の続編「ブルース・ブラザース2000」を見る限り、彼女の貫禄はいよいよ女王のそれに見えます。でも、やはり人は見かけによらないものなのでしょうか?
<追記>(2014年5月)
 オバマ大統領就任式に出席した彼女の貫禄はさすが、帽子がまた素敵でした。歌手としてもまだまだ活躍を継続中。
<追記>(2018年)
 2018年8月16日、膵臓癌により、この世を去りました。ご冥福をお祈りします。
 さらば「クイーン・オブ・ソウル」!

<締めのお言葉>
「傷つくのを恐れることは、実際に傷つくよりもつらいものだと、おまえの心に言ってやるがよい。夢を追求している時は、心は決して傷つかない。それは、追求の一瞬一瞬が神との出会いであり、永遠との出会いだからだ」 パウロ・コエーリョ「アルケミスト」より

<参考資料>
「ロック伝説」ティモシー・ホワイト著(音楽之友社)
「アトランティック・レコード物語」ドロシー・ウェイド&ジャスティン・ピカーディー著(早川書房)
「リズム&ブルースの死」ネルソン・ジョージ著(早川書房)

伝記映画「リスペクト」は彼女の人生が彼女が生み出した曲と分かちがたく結びついていることを丹念に描いています。
その波乱の人生の前半生を見た後は、ドキュメンタリー映画「アメイジング・グレイス」をご覧ください。
感動も倍増し、涙なしには見られないはずです。是非、2本セットでご覧ください。
「リスペクト Respect」 2021年 
(監)リーズル・トミー(アメリカ)
(製)スコット・バーンスタイン、ジョナサン・グリックマン、ハーヴィー・メイソンJr、ステイシー・シェア(原案)カーリー・ワーリ(原案)(脚)トレイシー・スコット・ウィルソン
(撮)クレイマー・モーゲンソン(編)アヴリル・ボークス(PD)アイナ・メイヒュー(美)マーク・ディロン(衣)クリント・ロマス(音)クリス・バワーズ
(出)ジェニファー・ハドソン、スカイ・ダコタ・パーマー(アレサ・フランクリン)、フォレスト・ウィテカー(C・L・フランクリン)、タイタス・バージェス(ジェームス・クリーブランド
マーロン・ウェイランド(テッド・ホワイト)、マーク・マロン(ジェリー・ウェクスラー)、オードラ・マクドナルド(バーバラ)、ヘザー・へドリー(クララ・ウォード
キンバリー・スコット(アレサの祖母)、ヘイリー・キルゴア(キャロリン・フランクリン)、セイゴン・セングロー(エルマ・フランクリン)、リロイ・フランクリン(セシル・フランクリン)
アルバート・ジョーンズ(二人目の夫)、テイト・ドノバン(ジョン・ハモンド)、ミック・ワトフォード(リック・ホール)、スカイ・ダコタ・ターナー(アレサの幼少期)
ギルバート・グレン・ブラウン(マーティン・ルーサー・キング牧師)、メアリー・J・ブライジ(ダイナ・ワシントン)、ジョー・ネゼヴィッチ(トム・ダウド
ジョン・ジョルジオ(チップス・モーマン)、デヴィッド・シンプソン(スプーナー・オールダム)、ボー・シェイア(ジョー・アーノルド)、ロドリック・D・コリンズ(スモーキー・ロビンソン
ヴァンス・テイラー(アート・テイタム)、ケルヴィン・ヘアー(サム・クック)、デリック・ジェームス(キング・カーティス)、M・ジェール・ヴィノット(シドニー・ポラック
ジェームズ・ハモンド(アーメット・アーティガン)、セルマ・R・ミッチェル(エラ・フィッツジェラルド
本人のテレビ映像としてアンジェラ・デイヴィス
ミュージシャンの伝記映画が名作になるかどうかの鍵は、ライブ・パフォーマンスもしくはスタジオ録音シーンが魅力的かどうかにかかっていると思います。
歌われている曲がそのアーティストの人生を表現していると、さらに名作の可能性が高まるはずです。
クイーンの伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」は、それらのすべてにおいて素晴らしい場面がありました。
そして、この映画もまたそうした条件を見事にクリアしています。
彼女の音楽にとって、人生にとっての原点だった教会の場面から始り、苦難の人生の後に辿りついた教会でのライブで終わるという構成も見事です。
男たちによってもたらされた数々の不幸をしつこく描くことはせず、そこは音楽で語らせようという選択も良かったと思います。
音楽ファンにとってたまらないのは、マッスル・ショールズのフェイム・スタジオで行われたスタジオ・セッションシーンでしょう。
60年代黒人音楽においてモータウンと並ぶ存在だったスタックス・サウンドの多くを生み出した伝説のスタジオ。
それが見事に再現され、そこでのセッションも再現されているんですから、鳥肌ものです。
DVDの特典映像には、オルガン奏者スプーナー・オールダム本人が登場し、当時の再現について指導しています。
他にもオープニングのホーム・パーティーから、様々なアーティストや有名人たちが登場するので眼と耳が離せません。
上記の出演者リストには、赤字でそうして有名人の名前を示していますので、参考にしてください。
父親のC・L・フランクリン、ゴスペル歌手クララ・ウォード、ジェームス・クリーブランド牧師、監督のシドニー・ポラックは、映画「アメイジング・グレイス」にも登場。
この作品をみたら、次に是非「アメイジング・グレイス」もみて下さい!間違いなく泣けるはずです。
この作品は、「クイーン・オブ・ソウル」誕生の歴史を描いていると同時にアメリカの公民権運動の歴史も描いています。
エンドロールの映像には、クリントン、ブッシュ、オバマの大統領と彼女が写し出され、その存在の大きさがわかります。
「クイーン・オブ・ソウル」は、「クイーン・オブ・アメリカ」的存在にまでなっていたのです。
「Jersey Shuffle」   
「This Bitter Earth」   
「Cain of Fools」   
「My Baby Likes To Be-Bop (And I Like To Be-Bop Too)」  
「Groovin' The Blues(Take 1)」   
「Think」  ブルース・ブラザース」でも有名な大ヒット曲 
「When The Saints Go Marching In」   
「Rufus」   
「My One And Only Love」   
「I'll Be Seeing You」   
「Nature Boy」   
「Puffin' On Down The Track」   
「We're Marching To Zion」  ゴスペル 
「Hey Joe」  ジミ・ヘンドリックスのデビュー・シングル(ラジオから)
「Take My Hand , Precious Lord」  ゴスペル 
「Ain't That Just Like A Woman」   
「Anyway You Wannta」   
「Blues To Elvin」   
「How Far Am I From Canaau」   
「I Never Loved A Man (The Way I Love You)」   
「Spanish Harlem」   
「Respect」  オーティス・レディングのオリジナル・ヴァージョン。
ラジオから聴こえます。
この後、アレサがカバー・ヴァージョンを生み出し場面も見どころ。
「To Be Young Gifted And Black」  公民権運動を象徴する名曲。
アレサが子供たちに歌わせます。
「What A Friend We Have In Jesus」  ゴスペル 
「There Is A Fountain Filled With Blood」  ゴスペル 
「Do Right Woman,Do Right Man」  アレサの代表的ヒット曲 
「I Say A Little Prayer」  ディオンヌ・ワーウィック&バート・バカラックの代表曲
「Go Where My Baby Lives」   
「Dr. Feelgood」  映画ではカットされている曲
「Lonely Teardrops」  ジャッキー・ウィルソンの大ヒット曲
「Give Me Jesus」  ゴスペル
「Precious Memories」   
「Ain't No Way(You Make Me Feel Like A)Natural Woman」   
「Think」   
「Sweet Sweet Baby(Since You've Been Gone)」   
「Honey」   
「Amazing Grace」  アメリカのもうひとつの国家的存在の名曲 
「Drink At The Ritz」   
「Here I Am」   

「アメイジング・グレイス Amazing Grace」 2018年(1972年) 
(製)アラン・エリオット(アメリカ)
(製)ジョー・ボイド、ロブ・ジョンソン他(撮)シドニー・ポラック(編)ジェフ・ブッチャーマン(音M)ジミー・ダグラス
(出)アレサ・フランクリン、ジェームス・クリーブランド、アレクサンダー・ハミルトン(指揮) 
(Gu)コーネル・デュプリー(Dr)ケニー・ルーパー(Pc)ポンチョ・モラレス(Og)ベルナルド・パーディー(Bs)チャック・レイニー
サザン・カリフォルニア・コミュニティー聖歌隊
1972年ロサンゼルスの教会で行われたゴスペル・コンサートの記録映像。
ポップ・チャートで活躍していたアレサ・フランクリンがその古巣ゴスペルでの実力を記録するため映画として撮影。
監督は、「愛と哀しみの果て」などの巨匠シドニー・ポラックで自身がカメラを持って撮影、支持しています。
しかし、映像と音声のシンクロが機材トラブルのせいか不可能とわかり、お蔵入りになってしまいました。
デジタル技術の進化により、その問題点がクリアされて、40年近くたっての初公開となりました。
観客席の後ろにはミック・ジャガーとチャーリー・ワッツの姿も見えます。
「On Our Way」  Traditional   
「Wholy Holy」  マーヴィン・ゲイ Marvin Gaye
Renaldo Benson
AL Cleveland
歴史的名盤「What's Goin' On」収録
「What A Friend We Hacve In Jesus」  Trad.(編)アレサ・フランクリン  
「How I Got Over」  クララ・ウォード Clara Ward  アレサの目標とするゴスペル・シンガー 
「Precious Memories」  Trad.(編)アレサ・フランクリン  
「You've Got A Friend」 キャロル・キング Calole King  歴史的名盤「つづれ織り」収録
ダニー・ハサウェイのライブでの名唱も有名
「Amazing Grace」  Trad.(編)アレサ・フランクリン   
「My Sweet Lord」  ジョージ・ハリソン George Harrison  歴史的名盤「All Things Must Pass」収録
ハレ・クリシュナの曲ではない? 
「Many Don't You Weep」  Inez Andrews   
「Climbing Higher Mountains」  Trad.(編)アレサ・フランクリン   
「Old Lnad Mark」  AM Bunner  映画「ブルース・ブラザース」
教会で神からの啓示を受ける曲 
「Niver Grow Old」  Trad. (編)アレサ・フランクリン  

ジャンル別索引へ   アーティスト名索引へ   トップページへ