北欧が生んだオフビートの巨匠


- アキ・カウリスマキ Aki Kaurismaki -
<アキ・カウリスマキ>
 アキ・カウリスマキ Aki Kaurismaki は、北欧フィンランド1957年4月4日生まれ。ヘルシンキ大学を卒業後、映画評論を始めますが、すぐに脚本を書き始め、映画製作に関わり始めます。
 1983年の初長編作品「罪と罰」が評価され、1986年の「パラダイスの夕暮れ」は東京、カンヌの国際映画祭に出品され、世界的に評価されます。
 1990年の「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・ハリウッド」は日本でまさかの大ヒットとなります。彼は日本映画特に小津安二郎の大ファンであることも知られていて、日本文化や小津安二郎作品からの影響も大きいことも知られています。
 当初は、独特のオフビート・スタイルが有名でしたが、2010年代の作品はよりオーソドックスな映画スタイルをとるようになり、カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭で連続して賞を獲得。オフ・ビートという括りから解き放たれ、いよいよ巨匠の仲間入りをした感じですが、そこでまさかの引退宣言!
 まだまだ若いので次の作品を撮る日も来るのではないでしょうか?
 それにしてもこのサイトでは引退するまで取り上げていませんでした。遅れて申し訳ありませんでした。

<オフビートと音楽>
 彼独特の世界は、映像だけでなくそこで使用されているダサい音楽によっても表現されています。その多くは彼が生まれ育ったフィンランドの音楽とそこで昔から聞かれてきたポップス、洋楽のようですが、そのダサさが映像と見事にリンクしています。いったいどこから持ってきたのか?という珍曲も多いのですが、ここでは使用されている曲も調べて見ました。(正直、フィンランド語のスペルは混沌としていて読み取れていない可能性もありますので、ご容赦下さい!)


「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ Leningrad Cowboys Go America」 1989年
(監)(脚)アキ・カウリスマキ(製)クラウス・ヘイデマン(脚)サッケ・ヤルヴェンパー、マト・バルトネン
(撮)ティモ・サルモネン(編)ライヤ・タルヴィオ(音)マウリ・スメン
(出)マティ・ペロンパー、カリ・ヴァーナネン、サッケ・ヤルヴェンパー、ジム・ジャームッシュ
レニングラード・カウボーイズ
<あらすじ>
 シベリア奥地のツンドラ地帯に住むロシア音楽のバンド「レニングラード・カウボーイズ」、彼らを率いるマネージャーに連れられてアメリカへと渡ります。目的なメキシコで行われる結婚式での演奏でした。しかし、その前に彼らは、アメリカ南部へのライブ・ツアーを開始し、南下しながらアメリカの音楽から様々な影響を受け成長して行きます。ところがマネージャーはバンドの稼ぎを飲み代に使いこみ、ツアーは悲惨なものとなります。
<音楽について>
 「ブルース・ブラザース」のパロディーでもあるバンドのツアー映画で、同じように南部へと演奏旅行を行います。
 そのため、演奏する曲も初めはロシア民謡で、それが旅と共にアメリカ音楽の影響を受けつつロックンロール、メキシカン、ロックへと変化して行きます。
 演奏もだんだん上手くなって行きますが、そもそも下手糞ではなく上手いのです。
<登場する店>
「Lonesome Cafe」(メンフィス)、「Earl's Bar」(ニューオーリンズ)、「Rock A Bye Club」(Forked Islandルイジアナ州)、「Club Zivago」(ヒューストン)
「Joe's Place」「Frank's Oldies But Goodies」(ヒューストン)、「Cafe Rendezvous」(サンアントニオ)、「Plaza Lounge」(デルリオ)
<ブレイク作>
 独特のトボケタ雰囲気が世界を魅了し、アキ・カウリスマキの存在を世界に知らしめた代表作。
 今でもカウリスマキと言えば、この作品のイメージが浮かびます。しかし、ここから彼の作品を時代を追ってみて行くと、彼の作品はこの作品で象徴された独特の世界観が少しずつ洗練され、独特の世界観を保ちつつもしっかりした映画のスタイルに進化して行くことに気づかされるはずです。
 改めて、この作品から彼の作品群を見直すとそのことがよくわかると思います。その向かう先は、国境を越えてよりミニマルな小津安二郎的映画だったのかもしれません。  
曲名  コメント
「コサック・ソング Cossack Song」  ザ・ロシア民謡
「SAKKIJARVEN POLKKA」  東ヨーロッパ発の大衆音楽ポルカのナンバー
「Rock'n Roll is Here to Stay」  フィラデルフィア出身のロックンロール・グループ、ダニー&ザ・ジュニアーズ
1958年全米ポップチャート19位のヒット曲 
「テキーラ Tequila」  ロサンゼルスのロックンロール・バンド、ザ・チャンプス The Champs のインストヒット
ヒスパニック・ムードのスタンダード曲
「That's All Right Mama」 ブルース歌手アーサー・クルーダップの曲
1954年にエルヴィス・プレスリーがシングル曲として発表し、記念すべきデビューヒット 
「Ballad of Leningrad Cowboys」  レニングラード・カウボーイズのテーマ
「KUMA MITA HAH」   
「ワイルドで行こう Born to be Wild」  カナダ、トロント出身のロックバンド、ステッペンウルフ1968年の大ヒット曲
映画「イージー・ライダー」のテーマ曲としても有名
「Chasing the Light」   
「Desconsolado」   


「レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う Leningrad Cowboys Meet Moses」 1994年
(監)(製)(脚)アキ・カウリスマキ(原)サッケ・ヤロベンパー(撮)ティモ・サルミネン
(音楽・監修)マウリ・スメン
(出)マッティ・ペロンパー、アンドレ・ウィルム、レニングラード・カウボーイズ
<あらすじ>
 前作の続編でメキシコから始まる彼らの旅は、ニューヨークからニューファンドランド、フランス、フランクフルト(独)、ライプツィヒ(独)、ドレスデン(独)、チェコ、ポーランドへと続きます。途中、悪のマネージャー、ウラジミール大佐がモーゼの生まれ変わりと宣言して登場し、宗教的な色合いを帯びる・・・ことはありませんが。
 最後は無事にシベリアのどこかの故郷にたどり着きます。 
<渾沌・混迷の旅は続く>
 1作目が「ブルース・ブラザース」のパロディだったのに対し、こちらは「旧約聖書」の「出エジプト記」!なので、日本人には笑えないどころか、意味不明な場面の連発です。使用されている曲も、メジャーな曲が少なく、かなり残念な作品になってしまいました。 
曲名  作曲者など 
「Rosita」  (作曲)M.Helminen 
「Nolo Tenge Dinares」  (作曲)Mauri Sumen
「Kasatchok」  トラディショナル
「Kili Watch」  (作曲)G.Derse(編曲)Mauri Sumen
「Wedding March」  (作曲)E.Melartin(編曲)Mauri Sumen
「Matuscka」  (作曲)B.Granfelt(編曲)Mauri Sumen 
「Lonely Moon」  (作曲)Pedro de Punta(編曲)Mauri Sumen
「I Woke Up This Morning Last Night」  (作曲)レニングラード・カウボーイズ,M.Helminen
「Rivers of Babylon」  ジャマイカのレゲエバンド、メロディアンズがオリジナルで1978年ボニーMがカバーし大ヒット
「Uralin Pihiaja」  トラディショナル(編)Lカウボーイズ
「The Sunbeam and The Goblin」  (作曲)R.Helisma 
「Pathetique」 (交響曲第6番「悲愴」) (作曲)チャイコフスキー(素晴らしいピアノソロ演奏でどうぞ!)
「U.S.Border」  (作曲)Tokela& J.Marjaranta


「愛しのタチアナ Take Care of Your Scarf, Tatiana」 1994年
(監)(製)(脚)アキ・カウリスマキ
(脚)サッケ・ジャルヴァンパ
(撮)ティモ・サルミネン
(出)カティ・オウティネン(タチアナ)、マッティ・ペロンパー、マト・ヴァルトネン、キルシ・テュッキゥシュライネン、エリナ・サロ、イルマ・ジュニエイネン
<あらすじ>
 マザコン気味の裁縫職人のヴァルトと自動車修理工のレイノはある日、修理が終わった車に乗って旅に出ます。途中二人はロシアとエストニアの二人の女性を乗せることになり、二人を港町まで送ることになりました。
 コーヒー中毒のヴァルトとウォッカ中毒のレイノは、車に取り付けられたレコード・プレイヤーでフィンランドで人気のロック・バンド、レネゲーズなどのロックをかけながら旅を続けます。4人の間にはほとんど会話はなく、ただただ黙々と旅を続け、ついに港に到着し、女性二人は船に乗りますが・・・。 
曲名  演奏 作曲など 
「If I Had Someone To Dream of」  ザ・レネゲーズ The Renegades  (曲)Lindskog-Feichtinger
1960年代前半英国出身のロックバンド。なぜかフィンランドでスターとなった!
「Sabina」  Veikko Tuomi Karu-Jauhiainen-Lasanen
「Old Scars」  The Blazers (曲)H.Konno
1960年代初めに活動していたエレキ・インスト・ロックバンド
「Kunkylma On」  Viktor Vassel  (曲)Venalainen Kansansavelma
「Hold Me Close」  ザ・レネゲーズ The Renegades  (曲)Brown-Gibson-Johnson-Mallett
「Think It Over」  ザ・リーガルズ The Regals (曲)B・B・キング B.B.King 
フィンランドのロックバンドによるブルースの大御所のカバー
「Bad Bad Baby」  ザ・レネゲーズ The Renegades  (曲)Brown-Gibson-Johnson-Mallett 
「Tanssi,Anjuska」  Veikko Lavi & Pertti Husu (曲)Kemppi-Husu
「Muista Minua」  ザ・エスクワイヤズ
The Esquires 
(曲)Pedrode Punta-The Esqires
1960年代から1970年代にかけて活躍したカナダのロックバンド
交響曲第6番「悲愴」6.Sinfonia   (曲)チャイコフスキー 
「I've Been Unkind」  ザ・レネゲーズ The Renegades (曲)Brown-Gibson-Johnson-Mallett  
「Girls Girls Girls」  ザ・レネゲーズ The Renegades  (曲)リーバイ&ストーラー Leiber-Stoller 
「Mustanmeren Vallssi」  Georg Ots  (曲)Feldsman-Salonen-Borg
「Koyha Laulaja」  Herry Theel  (曲)Karki-Kullervo-Johnsson 


「浮き雲 Drifting Clouds」 1996年
(監)(製)(脚)アキ・カウリスマキ
(撮)ティモ・サルミネン、エリヤ・ダンメリ
(音)シェリー・フィッシャー
(出)カティ・オウティネン、カリ・ヴァーナネン、エリナ・サロ、サカリ・クオスマネン
<あらすじ>
 不況の為、解雇されてしまった電車の運転手ラウリ、買収され経営者が代わったために解雇されたレストランの給仕長イロナの夫妻は、次の仕事が見つからず苦悩の日々が続きます。しかし、勤めていたレストランの元のオーナーと再会し、新たなレストランのための出資を得られることになりました。こうして、以前のレストラン・スタッフが再結集し、新たなレストランがオープンすることになります。 
曲名  演奏  作曲など
「Pathetique」  Pjotor Tshaikovski   
「Lonsome Traveller」  シェリー・フィッシャー Shelley Fisher  (曲)Shelley Fisher
「Ulla's Song」  シェリー・フィッシャー Shelley Fisher  (曲)Shelley Fisher 
「Milonga」、「La Feria」
「Su Cara」 
Ensemble Antero Jakoila  (曲)Antero Jakoila
「Volt」  Arto "Mamba" Koskinen
Rauli "Badding" Somerjoki
(曲)Rauli Somerjoki
「Kuumat Tuulet」  T.Wesslin (曲)R.Lehtinen(詞)Tuula Valkama
「Ero」  Heikki Valpola (曲)Heikki Valpola
「Rosalinda」    (曲)Georg Friedrich Handel
「Sa Et Kyynelta Naa」  Clavi Virla (曲)Olavi Vinta,Jaako Salo
「Myrskyn Keskella」 Badding Rockers  (曲)Marko Haavisto 
「Human Rights For Snakes」  Melrose  (曲)Ismo Alanko & Melrose
「Kuihtuu Kesainen Mae」  Rauli "Badding" Somerjoki   
「Syyspihajan Alla」  Henry Theel  (曲)A.Koskimae,V.Virmajoki 
「Pilvet Karkae,Niin Miankin」  Rauli "Badding" Somerjoki   (曲)J.Uhelenius,J.Laine

「過去のない男 The Man Without A Past」 2002年
(監)(製)(脚)アキ・カウリスマキ
(撮)ティム・サルミネン
(出)マルク・ベルトラ、カティ・オウティネン、アンニッキ・タハティ
カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ、女優賞受賞、全米批評家協会外国語映画賞
<あらすじ>
 列車に乗ってヘルシンキの街に来た男。彼は真夜中、公園で暴漢に襲われます。かろうじて死なずに済んだものの、彼は過去の記憶を失っていました。彼は身分証もなく、自分の名前も思い出せない状態でしたが、コンテナに住む見知らぬ住人が彼を救ってくれました。救世軍からスープが配られる日、彼は救世軍で働くイルマという女性と知り合います。 


「ル・アーブルの靴みがき Le Havre」 2011年
(製)(脚)アキ・カウリスマキ
(撮)ティモ・サルミネン
(美)ヴァウター・ズーン
(衣)フレッド・カンビエ
(編)ティモ・リンナサロ
(出)アンドレ・ウィルム、カティ・オウティネン、ジャン=ピエール・ダルッサン、ブロンダン・ミゲル、ジャン=ピエール・レオ 
<あらすじ>
 北フランスの港町ル・アーブルで靴みがきをしているマルセルは妻アルレッティとつつましく幸福な暮らしをしていました。ところが、彼女が突然倒れ、病院で余命が短いことを告げられます。そんなある日、彼はある日港でアフリカから来た不法難民の少年と出会います。警察に追われている彼を家で匿うことにします。
 隣近所の人々の協力もあり、なんとか彼を匿いますが、そのままではいつかばれてしまうため、彼を母親が待つイギリスに渡らせることにします。ところがそのためには大金が必要とされるため、彼は友人の歌手リトル・ボブにチャリティー・ライブの依頼をすることに・・・
港の水の中から現れたのに水に濡れていない難民の少年はキリストなのかも?
「木に返事を期待することこそ、「映画」なのかもしれません」
映画のラストに登場する桜の木は監督の小津監督へのオマージュであり、そんな主張の表現でしょう。
デビュー当時ほど、カウリスマキ節的な演出が抑えられ、よりシンプルに物語を進めていて、わかりやすい人情コメディ映画に仕上がっています。
いよいよカウリスマキも巨匠の仲間入りです。もちろん僕はそれでいいと思います。
いつまでもオフ・ビートを貫かなくていい。時代とともに年齢と共に変化していいと思います。  
曲名 演奏  作曲など 
「Apotheosis」  Swedish Radio Symphony Orchestra  Einojuhani Rautavaara 
「Matelot」  ザ・レネゲーズ The Renegades (曲)Brown-Gibson-Johnson-Mallett 
「Musettina」  Erkki Friman (曲)Erik Lindstrom 
「ボレロ Bolero」  Antero Jakoila  (曲)Antero Jakoila 
「Pour Un Seul Amour」  ダミア Damia  (曲)M.Aubret/Gabaroche(1928年)
「Chansons Gitanes」  ダミア Damia  (曲)Paroles de Simon Gantillon/Musique d'Andre Cadou
「Jambaar」  Hasse Walli & Asamaan (曲)H.Wall/M.Niang 
「La Nostalgique」  Alain Chapelain  Danis Burel(1993年) 
「Chanson Du Pave」  Alain Chapelain  Alain Chapelain
「Petit Prelude Fugue Er Mi Mineur BWV555」  Damien Calais  Johann Sebastian Bach 
「Statesboro Blues」  ブラインド・ウィリー・マクテル
Blind Willie McTell
(曲)Blind Willie McTell
ブルース界の大御所
「Sheila 'N' Willy」  リトル・ボブ Little Bob (曲)Roberto Piazza/Olivier Durand(1977年)
「Maailmanpyora」  Aaro Kurkela  (曲)Erik Lindstorm 
「Cuesta Abajo」  カルロス・ガルデル Carlos Gardel  (曲)Gardel /LePora
「Libero」  リトル・ボブ Little Bob  (曲)Roberto Piazza


「希望のかなた The Other Side of Hope」 2017年
(監)(製)(脚)アキ・カウリスマキ
(撮)ティモ・サルミネン
(出)シェルワン・ハジ、サカリ・クオスマネン、シーモン・フセイン・アル=バズーン、カイヤ・パカリネン、ニロズ・ハジ、イルッカ・コイブラ
ベルリン国際映画祭監督賞
<あらすじ>
 混乱するシリアから逃れフィンランドに来た難民のカーリド。彼は旅の途中で唯一の親族である妹のミリアムとはぐれてしいました。彼はなんとか妹を見つけ、フィンランドに呼び寄せようと難民申請を行いますが、認められず、仕方なく難民収容施設から脱走します。
 偶然、出会ったレストランのオーナー、ヴィクストロムにより、彼はレストランで働けることになります。 
 デビュー時の作品とは異なり、政治的な主張を収めた内容のオーソドックスな作品に到達。「北欧のケン・ローチ」とも言える作風です。
 ただし、彼の場合は現代の映画でありながらどこかノスタルジックでチャップリンの作品を見ているようにも思えます。やはり彼ならではの世界です。
 しっかりとした「物語」と彼ならではの「ヴォイス(作風)」が完成されたとも言えます。
 引退宣言をしてしまったのも、そんな達成感のなせる業なのかもしれません。
 でも、そもそも彼は「ロック」の世界から生まれた映画監督です。もう一度「パンク」に戻るとか、さらに「ブルース」に戻るとか、新たな世界を目指すのでは? 

現代映画史と代表作へ   トップページヘ