「アカデミー賞〜オスカーをめぐるエピソード〜」
川本三郎(著)
2004年 中公文庫
アカデミー賞をめぐる逸話とデータ集

「異人たちのハリウッド」
川本三郎、デイブ・スペクター、四方田犬彦・・・(著)
1995年 洋泉社
人種と映画俳優、映画との関わりを徹底研究、面白い!

「イタリア映画を読む」
柳澤一博(著)
2003年 フィルムアート社

「インディーズ監督10人の肖像・・もうひとつのハリウッド・ドリーム」
Maverick Film Makers In Recent American Cinema
ジェフ・アンドリュー Geoff Andrew
1998年 (株)キネマ旬報社
鹿田昌美(訳)

「ウディ・アレンのすべて」
井上一馬(著)
1997年 河出書房新社

「映画史への招待」
四方田犬彦(著)
1998年 岩波書店

「映画の戦後」
川本三郎(著)
2015年 七つ森書館

「映画の見方がわかる本」
「2001年宇宙の旅」から「未知との遭遇」まで
町山智浩(著)
2002年 洋泉社

「映画で覚えるクラシック名曲」
山崎まどか(著)
2005年 学習研究社

「映画で見る20世紀」
筈見有弘(監)(文)
須賀隆、小林弘利(文)
1995年 朝日ソノラマ

「映画の夢、夢のスター」
山田宏一(著)
2011年 幻戯書房

「お楽しみはこれからだ」
「お楽しみはこれからだPART 2」

和田誠(絵・文)
1975年・1976年 文芸春秋

完本「小津安二郎の芸術」
佐藤忠男(著)
2000年 朝日文庫

「海外の映画作家たち 創作の秘密」
田山力哉(著)
1971年 ダヴィッド社

「キメ手はロック」映画101選
大森さわこ(著)
1999年 ON BOOKS(音楽之友社)
ロック関連の音楽を使った映画に的を絞った本

「キネマ旬報ベスト・テン80回全史」
青木真弥(編)
2007年 キネマ旬報社

「<逆引き>世界映画史!」シネレッスン7
濱口幸一その他(著)
フィルムアート社

「銀幕の昭和 スタアがいた時代」
(著)井上理砂子、板倉宏臣、中澤まゆみ
(編)筒井清忠
2000年 清流出版

「銀の街から」
(著)沢木耕太郎
2015年 朝日新聞出版

「銀の森へ」
(著)沢木耕太郎
2015年 朝日新聞出版

「クリント・イーストウッド」
(アメリカ映画史を再生する男)
(著)中条省平
2007年 ちくま文庫

「黒澤明の世界」
(著)佐藤忠男
1996年 朝日文庫

「現代映画作家を知る17の方法」Cine Lesson 1
(編集)濱口幸一、村尾静二
1997年 フィルム・アート社

「何が映画を走らせるのか?」
(著)山田宏一
2005年 草思社

「日本映画の模索-講座日本の映画-(6)」
岩波書店

「最後のサヨナラサヨナラサヨナラ」
(著)淀川長治
1999年 集英社

「サム・ペキンパー」
ガーナー・シモンズ著 鈴木玲子他訳
1996年 河出書房新社

「サントラ音盤大図鑑」
The Illustreted Guide To Original Sound Track Discs
(編集)岩橋順一郎
1999年 洋泉社
サントラ盤とその作曲家たちの評伝集(かなりマニアック)

「知っておきたい映画監督 100 日本映画編」
キネマ旬報社・編
2009年 キネマ旬報社

「知っておきたい映画監督 100 洋画編」
キネマ旬報社・編
2009年 キネマ旬報社

「シネマの極道 映画プロデューサー一代」
日下部五朗
2012年 新潮文庫

「弘兼憲史の人生を学べる名画座」
弘兼憲史(著)
主婦と生活社 2004年

「世紀のブルース・リー」
中村頼永著
ベースボールマガジン社

「世界映画俳優全史(男優編)」
猪俣勝人著
1975年 現代教養文庫

「世界映画名作全史」現代編
猪俣勝人著
1975年 現代教養文庫

「世界の映画作家 23- ディレクターズ・カンパニーの3人-」
P・ボグダノビッチ、F・F・コッポラ、ウィリアム・フリードキン
1975年 キネマ旬報社

「世界の名作シネマを読みなおす」
セシル・ベッルジュ著 藤野邦夫訳
2007年 いそっぷ社

「タルコフスキー」
ミシェル・エスティーヴ編 鈴木靖爾訳
1993年 国文社

「中国映画の100年」(中国電影百年)
佐藤忠男著
2006年 ニ玄社

「20世紀の映画監督名鑑」
世界の名監督のキャリアがわかる便利な本
共同通信社 出版本部編集部
1999年 共同通信社

「日本映画 五十年史 1941〜1991」
塩田長和(著)
1991年 藤原書店

「日本の映画作家たち 創作の秘密」
田山力哉(著)
1975年 ダヴィッド社

「拝啓渥美清様」
読売新聞社社会部
2000年 中央公論者

「原節子のすべて」
(編)若杉良作
 2012年 新潮社

「ハリウッド100年史講義 - 夢の工場かた夢の王国へ-」
北野圭介著
2006年 平凡社新書

「ハリウッド・ビジネス」
ミドリ・モール著 「キネマ旬報ベスト・テン80回全史」
青木真弥(編)
2001年 文芸春秋

「人びとのかたち」
塩野七生(著)
1997年 新潮文庫

「キネ旬ムック フィルムメーカーズ(2)北野たけし
淀川長治(編)
1998年 キネマ旬報社

「キネ旬ムック フィルムメーカーズ(16)リドリー・スコット
(編)風間賢二
2001年 キネマ旬報社

「フランス映画史の誘惑」
中条省平(著)
2003年 集英社新書
フランス映画の歴史は映画の歴史でもあります!

「ブルース・リー駆け抜けた日々」
上野彰郎(著)
AIRYUDO

「ブレードランナーの未来世紀」
映画の見方がわかる本、80年代アメリカ映画カルトムービー編
町山智浩著
2006年 洋泉社

「マカロニ・マエストロ列伝」
二階堂卓也著
2005年 洋泉社

「レッドパージ・ハリウッド
赤狩り体制に挑んだブラックリスト映画人列伝」

上島春彦著
作品社

「ロック・ムービー・クロニクル」
(監修)山崎智之
2004年 (株)音楽出版社

「傍役グラフィティ」現代アメリカ映画傍役事典
川本三郎、真淵哲(著)
1977年 ブロンズ社

「私はいかにしてハリウッドで100本の映画をつくり、しかも10セントも損をしなかったか」
ロジャー・コーマン自伝
ロジャー・コーマン、ジム・ジェローム著 石上三登志、菅野彰子(訳)
1992年 早川書房

「ワールド・シネマ・ヒストリー」
アンドレア・グローネマイヤー著 豊原正智、犬伏雅一、大橋勝(訳)
2004年 晃洋書房



「ウォーホル画集」
キナストン・マクシャイン Kynaston McShine(編・著)
東野芳明(監修・訳)
岩佐鉄男、篠田達美(訳)
1990年 リブロポート
アンディー・ウォーホルの作品と伝記決定版!

「現代アートの巨匠 先駆者たちの<作品・ことば・人生>」
 2013年
美術手帖(編)

「ジャクスン・ポロック」
エリザベス・フランク Elizabeth Frank (著)
石崎浩一郎、谷川薫(訳)
芸術出版社・アベヴィル・プレス

「スヌーピーの50年 A Golden Celebration」
チャールズ・M・シュルツ Charls M. Schulz
三川基好(訳)
2004年 朝日文庫

「20世紀の美術」
末永照和(監修)
2000年 美術出版社

「バルテュス、自身を語る」
バルテュス、アラン・ヴィルコンドレ(著)
鳥取絹子(訳)
 2001年 河出出版

「バルテュスの優雅な生活」
節子・クロソフスカ・ドーラ、夏目典子(著)
 2005年 新潮社

「ハーレムの熱い日々」
吉田ルイ子(撮影・著)
1979年 講談社
音楽本ではないが、ブラック・イズ・ビューティフルの時代を
知るのに最適の本
「ビート・トゥ・ポップ from BEAT to POP」
和久井光司(編集)
大鷹俊一、鈴木カツ、萩原健太・・・(著)
1997年 音楽之友社
ビート文化とアートの関連をいろいろな角度からとらえた本

「ライカでグッドバイ」
青木冨美子(著)
沢田教一(写真)
1985年 文春文庫
ヴェトナム、カンボジアを駆け抜けた侍カメラマンの生涯

「かわいいの帝国 モードとメディアの女の子たち」
古賀令子(著)
 2009年 青土社

「ファッションの歴史(下)」
J・アンダーソン・ブラック、マッジ・ガーランド(共著)
山内沙織(訳)
1985年 (株)パルコ出版

「ファションの20世紀 都市・消費・性」
柏木博(著)
2007年(初版1998年) NHK出版



「オン・ボクシング On Boxing」
(著)ジョイス・キャロル・オーツ Joyce Carol Oates
(訳)北代美和子
1987年 中央公論社

「『黄金のバンタム』を破った男」

(著)百田尚樹
2010年 PHP文芸文庫

「カーボン・アスリート Carbon Athlete 美しい義足に描く夢」
(著)山中俊治 Shunji Yamanaka
2012年 白水社

「近代オリンピックのヒーローとヒロイン」
池井優(著)
2016年 慶應義塾大学出版局

「国立競技場の100年 明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ」
後藤健生 Takeo Goto(著)
2013年 ミネルヴァ書房

孤高の守護神 ゴールキーパー進化論 The Outsider A History of the Goalkeeper」
ジョナサン・ウィルソン Jonathan Wilson(著)
実川元子(訳)
 2012年 白水社

「サッカーを考える本」
井上ひさし(選)二宮清純、後藤健生、金子達仁、今福龍太など(著)
1998年 光文社

「サッカーと独裁者 アフリカ13か国の紛争地帯を行く」
<Africa United>How Football Explains Africa
スティーヴ・ブルームフィールド Steve Bloomfield(著)
実川元子(訳)
2010年 白水社

「史上最高の投手はだれか Who's the Best Pitcher in History」
佐山和夫 Kazuo Sayama(著)
1984年 潮出版社

「新・サッカーへの招待」
大住良之(著)
1998年 岩波新書
サッカーとはなんぞや?からサッカーの未来まで、基本の書

「人種とスポーツ 黒人は本当に「速く」「強い」のか」
(著)川島浩平
2012年 中公新書

「スポーツの世界地図」
アラン・トムリンソン(著)
阿部生雄ほか(監訳)
2012年 丸善出版

「世界サッカー紀行 2002」
後藤健生(著)
2002年 文芸春秋

「漂泊 V」
金子達仁(著)
2001年

「ピンポンさん 異端と自己研鑚のDNA」
(著)城島充
2007年 講談社 

「モウリーニョの流儀 Mourinho contro Itaria 勝利をもたらす知将の哲学と戦略」
(訳)片野道郎
 2009年 河出書房新社

「モハメド・アリとその時代」
Redenption Song / Muhammed Ali and the Spirit of the Sixties
マイク・マークシー Mike Marquesee (著) 藤永康政(訳)
1999年 未来社
モハメド・アリだけでなく60年代全体をカバーする名著!

「野球とニューヨーク 黒い球運を生んだ移民都市」
(著)佐山和夫 Kazuo Sayama
2011年 中央公論新社

「ヨハン・クライフ スペクタクルがフットボールを変える」
ミゲル・アンヘル・サントス Miguel Angel Santos(著)
松岡義行(訳)
2002年 中央公論新社

「ワールドカップ 1930 - 2002」
後藤健生(著)
2001年 中央公論文庫

「熱狂、幻滅、そして希望 2002 FIFA World Cupレポート」
村上龍(著)
2002年 光文社 

「越境フットボーラー The football players across the border」
佐藤俊(著)
2012年 角川書店

思想・哲学関連の書籍

「生命・宇宙・人類」
(著)埴谷雄高
1996年 角川春樹事務所

「街場の現代思想」
(著)内田樹
2004年 NTT出版

音楽関連本   小説、エッセイへ   歴史、伝記  トップページへ