2000年
<2000年の出来事>
<南北アメリカ>
アメリカの株式が高騰、ピークに達する
マイクロソフト社が独占状態にあるとして法廷闘争始まる
<ヨーロッパ>
ウラジミール・プーチンがロシアの大統領に就任(3月)
ロシア原子力潜水艦事故発生。乗組員118人は全員死亡
オーストリアケーブルカー火災事故(トンネル内の火災で日本人ツアー客10人含む155人が死亡)
フランス・パリ郊外で第一回「Japan Expo」開催
フランスで超音速旅客機コンコルドが墜落
<アジア>
朝鮮半島の分断後55年で初の南北首脳会談

<日本>
筑波大学名誉教授の白川英樹にノーベル化学賞

 1月 オウム真理教が教団名を「アレフ」に改称(のちのAleph)
 2月 大阪府知事選に太田房江女史当選
     グリコ・森永事件時効
     東京株式市場で「YAHOO!JAPAN」が一株1億6000万円突破
 3月 北海道・有珠山が噴火
 4月 介護保険制度スタート
     小渕恵三首相が脳梗塞で入院し内閣総辞職。森喜朗内閣成立
     都営12号線が大江戸線と改称
 5月 ストーカー規制法公布
 6月 雪印集団食中毒事件
 7月 三宅島・雄山が噴火し、全島避難
     2000円札発行
 9月 Googleが日本語での検索サービス開始
10月 長野県知事選挙で田中康夫が当選
     DDI,KDD,IDOが合併し、KDDI誕生
11月 少年法改正により、刑罰対象年齢が16歳から14歳に変更
     日本赤軍最高幹部、重信房子が逮捕される
     ライブドアが無料でインターネットサービス・ブロバイダー事業開始
12月 BSデジタル放送スタート
     フランスの大型スーパー「カルフール」が千葉・幕張に国内1号店オープン

<流行語>
「最高でも金、最低でも金」(柔道の金メダリスト、谷亮子の言葉)
「IT革命」
「めっちゃ悔しい!」(シドニーオリンピック競泳400m個人メドレーで金メダルを逃した田島寧子の言葉)
「おっはー」(子供向けテレビ番組「おはスタ」での香取慎吾=慎吾ママの言葉)
「ジコチュー」(自己中心的の略)

<2000年問題>
二桁数字で認証するコンピュータには99年までしか組み込まれていないため、2000年を1900年と誤認し、コンピュータネットワークに重大な不具合が生じる恐れがある。そのための準備が様々な分野で行われ、ほとんどトラブルは起こらなかった。
介護保険制度スタート(4月1日)
沖縄サミット開催(7月21日)
<世田谷一家4人惨殺事件>
 12月31日、東京世田谷区で一家四人が刃物でメッタ刺しにされ惨殺されていた事件。被害者宅には遺体の他にも指紋、血痕、毛髪、靴跡、大便など様々な証拠を残しており、パソコンを夜中使用していたことも明らかになったが、犯人を特定することができていない。血液型からは日本人ではなく韓国、中国などアジア系の可能性も高いとわかったが、すでに海外に逃亡している可能性も高かった。
 なぜ全員を残虐な方法で殺害したのか?犯行の目的が何か(金、立ち退きトラブル、怨恨、仕事のトラブル・・・)?犯人はどこへ行ったのか?証拠も多いが、それ以上に謎が多い事件でもある。
<佐賀・バスジャック事件>
2000年5月3日17歳の少年が佐賀発福岡行きの西鉄高速バスを刃渡り40cmの牛刀を使って乗っ取り女性一人を刺殺。翌日になり機動隊が突入して逮捕。彼は麻原や酒鬼薔薇に憧れ、自分も同じような事件を起こそうと思ったのが理由だった。もともと成績優秀で経済的にも恵まれていたが、学校でいじめの対象になっていた。そのため、引きこもり、家庭内暴力、犯罪オタクとなり、犯罪者に憧れるようになり、ついには精神病院に入院。入院中に外泊許可を得た直後に犯行を行った。
2ちゃんねるで犯罪予告がなされた。
<新潟少女監禁事件>
1990年11月に新潟県三条市で下校途中の9歳の女の子が誘拐され、この年1月に犯人が逮捕され少女も解放された。犯人は9年2か月にわたり彼女を2階の部屋に監禁し続けていた。この犯人が過去にも女児を誘拐しており、再犯が予測されていた。こうした再犯に走る人物にどう対処すべきかが大きな問題となった。
<人を殺す経験がしたかった>
愛知県豊川市で65歳の主婦が首を刺されて死亡。犯人の高校三年生が自首。「人を殺す経験がしたかった」と自供。
成績優秀な普通の少年の犯行は衝撃だった。

<ヒット商品>
BSデジタル放送開始
<プレステ2 PlayStation2>
次世代型ゲーム機として大きな話題となり発売初日に70万台を売った。音楽、映画などデジタル・エンタテイメントの配信にも対応した機能が話題となった。
<iモード>
1999年2月発売の携帯端末「iモード」の契約数が1000万台突破。パソコン・プロバイダー最大手ニフティを抜いて国内最大のネット接続業者となった。
「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」

<物故者>
アンディ・フグ(格闘家)
チャールズ・M・シュルツ(漫画家、ピーナッツ作者)
荒井注(コメディアン)
小田切秀雄(文芸評論家)
小渕恵三(第84代内閣総理大臣)
如月小春(劇作家・演出家)
ジャンボ鶴田(プロレスラー)
杉浦茂(漫画家)
竹下登(第74代内閣総理大臣)
田中小実昌(作家)
徳間康快(実業家・映画プロデューサー)
浪越徳次郎(指圧師)
真鍋博(イラストレーター)
丸木俊(画家)
<音楽>
<日本人アーティスト、韓国でライブ>
チァゲ&飛鳥が韓国ソウルで日本語でライブを開催。1999年ごろから日本人歌手が日本語で歌うことが許されるようになっていて、これが最初の大型コンサートとなった。(ただし、興業的には失敗に終わり、ここからチャゲ&飛鳥は危機に向かうことになります
声優・水木奈々が歌手デビュー
「TSUNAMI」サザンオールスターズ(CDシングル歴代売上ナンバー1)
「桜坂」福山雅治
「SEASONS」浜崎あゆみ
「らいおんハート」SMAP
「図鑑」くるり(プロデュースはジム・オルーク)
「房総与太郎路薫狼琉」氣志團
「罪と罰」椎名林檎
「あなたのキスを教えましょう」小柳ゆき
「LOVEマシーン」モーニング娘
「夜明け」天童よしみ

<物故者>
どんと(1月28日)ボ・ガンボスのヴォーカル
青江三奈(7月2日)
井上大輔(5月30日)元ブルーコメッツ

<映画>
この年の洋画についてはここから!
「トラフィック」(スティーブン・ソダーバーグ)
「EUREKA ユリイカ」(青山真司)
「ホワイトアウト」(若松節朗)
「グリーンマイル」(フランク・ダラボン)
この年の邦画についてはここから!

<物故者>
吉村公三郎(監督)
工藤栄一(監督)(9月23日)
田中澄江(脚本家)(3月1日)
山村聰(俳優)(5月26日)
滝沢修(俳優・演出家)
ミヤコ蝶々(喜劇俳優)

<演劇・舞台>
唐組「夜壺」(唐十郎作・演出)
第七病棟「雨の塔」(唐十郎作、石橋蓮司・第七病棟演出部演出)
黒テント「メザスヒカリノサキニアルモノ若しくはパラダイス」(松本大洋作、斉藤晴彦演出)
大人計画「キレイ-神様と待ち合わせした女-」(松尾スズキ作・演出)
阿佐ヶ谷スパイダース「イヌの日」(長塚圭史作・演出)
NYLON100℃「ナイス・エイジ」(ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出)
珍しいキノコ舞踏団「フリル(ミニ)」(伊藤千枝振付・演出)

<テレビ>
フジテレビ「ビューティフル・ライフ」北川悦吏子(脚)木村拓哉、常盤貴子(出)
「リミットもしも、わが子が・・・」野沢尚(脚)安田成美、田中美佐子(出)
NHK連続ドラマ「私の青空」内館牧子(脚)田畑智子(出)
NHK「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」
テレビ朝日「仮面ライダー・クウガ」(平成ライダー始まる、主演はオダギリ・ジョー)
TBS「池袋ウエストゲートパーク」
NHK教育「真剣10代しゃべり場」
テレビ朝日「TRICK」(堤幸彦)放送開始

<文学、出版>
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」J・K・ローリング
この年の文学についてはここから!
<乙武洋匡「五体不満足」>
乙武洋匡「五体不満足」が300万部を超える大ヒット。先天性四肢切断という障害を不幸ではないといいきる生き方の姿勢が支持された。「心のバリアフリー」を訴える主張は単なるブームとはならず海外にもその人気が広がった。
「話を聞かない男、地図が読めない女」A&B・ピーズ
<書籍のネット通販本格化>
アマゾン・ドット・コムがオープン!
松岡正剛の書評サイト「千夜千冊」スタート
月刊宝島が週刊化
「SPA!」にて倉田真由美「だめんず・うぉ〜か〜」連載開始
Yoshiが自身のサイトで「Deep Love」連載開始
「Olive」「太陽」「アサヒグラフ」休刊
<文芸ベストセラー>(トーハン調べ)
(1)「人生の目的」五木寛之(2)「命」柳美里(3)「永遠の仔」(上下)天童荒太(4)「朗読者」ベルンハルト・シュリンク(5)「神の子どもたちはみな踊る」村上春樹(6)「長崎ぶらぶら節」なかにし礼(7)「ああ言えばこう嫁X行く」阿川佐和子/檀ふみ(8)「かりそめ」渡辺淳一(9)「新宿鮫 風化水脈」大沢在昌(10)「秋田殺人事件」内田康夫
<その他のベストセラー・話題の書>
「だから、あなたも生きぬいて」大平光代
「話を聞かない男、地図が読めない女」アラン&バーバラ・ビーズ
「ハリー・ポッターと賢者の石」J・K・ロ−リング
「巨泉人生の選択」大橋巨泉
「プラトニック・セックス」飯島愛
「亡国のイージス」福井晴敏(日本推理作家協会賞)

<漫画>
「NANA」矢沢あい
「ハチミツとクローバー」羽海野チカ

<美術>
京都国立博物館で「没後200年 若冲」開催(伊藤若冲ブーム始まる)
イギリス・ロンドンに「テイト・ギャラリー・オブ・モダン・アート」開館
海洋堂主催「ワンダーフェスティバル」に村上隆が出品
<物故者>
ジョージ・シーガル(6月9日)

<ファッション>
ミュール・厚底がブーム
網タイツや柄タイツ、カラータイツなどブーム
ユニクロ化現象(ファストファッションの時代へ)
この年のファッションについてはここから!

<スポーツ>
この年のスポーツについてはここから!
第27回オリンピック・シドニー大会開催(9月15日から)
高橋尚子がマラソンで金メダル獲得
サッカーアジアカップ(レバノン大会)で、日本代表が2大会ぶり2度目の優勝
 2001年 
<2001年の出来事>
21世紀始まりの年
アメリカを中心とした連合諸国がアフガニスタンの空爆開始

<アメリカ>
ジョージ・ウォーカー・ブッシュがアメリカ合衆国大統領に就任(史上最大の接戦を制しての勝利)
地球温暖化防止条約「京都議定書」にアメリカが不支持を表明
<9・11同時多発テロ事件>
 ニューヨーク国際貿易センターやペンタゴンなどにイスラム過激派によって乗っ取られたと思われるジェット旅客機が突入。大惨事となる。
炭疽菌テロ事件発生(米国の大手メディアや議員らに炭疽菌入り郵便物が送り付けられる)
電子百科事典プロジェクト「Wikipedia」スタート
アップル社が「iTunes」、「Mac OS X」をリリース

<ヨーロッパ>
アイルランド共和国軍(IRA)が武装解除に同意し、アイルランド問題解決へ

<アジア>
インド西部で大地震(2万人が死亡)
アフガニスタンでタリバンがバーミヤンの大仏を破壊
世界貿易機構(WTO)が中国の加盟を承認

<日本>
野依良治がノーベル化学賞受賞
コロンビア邦人副社長誘拐事件(コロンビアの矢崎総業子会社副社長がコロンビア革命軍に誘拐)

 1月 中央省庁再編成実施
 2月 田中長野県知事が脱ダム宣言
     「えひめ丸事故」アメリカの潜水艦が日本の宇和島水産高校の研修船と衝突、9人が行方不明
 4月 第1次小泉純一郎内閣発足
     情報公開法施行
 5月 ハンセン病国家賠償請求訴訟で熊本地裁が国に賠償の支払いを命令
 7月 ハンセン病訴訟、熊本地裁で初の和解
     東京・お台場に日本科学未来館開館
 8月 小泉総理大臣が靖国神社を参拝
 9月 東京・新宿歌舞伎町雑居ビル火災で44人死亡
10月 テロ対策特別措置法成立
11月 JR東日本がICカード乗車券{SUICA」サービス提供開始
12月 皇太子妃雅子が敬宮愛子を出産

<流行語>
「ヤだねったら、ヤだね」(氷川きよしの歌う『箱根八里の半次郎』からの引用)
「ドメスティック・バイオレンス」(DV家庭内暴力のこと)
「塩爺」(政治家、塩谷正十郎の愛称)
「ブロードバンド」(大容量通信のこと)

<池田小学校事件>
 6月8日午前10時15分、宅間守(37歳)が大阪府池田市池田小学校に刃渡り15cmの出刃包丁を持って乱入。教室で小学校二年生7人と小学校一年生1人を殺害。
「自殺しても周囲が喜ぶだけだし、自分の絶望的な苦しみを多くの人間に味あわせたい。エリート校の子供をたくさん殺せば確実に死刑になる。そうした事件を起こし、父親や別れた妻を苦しめてやりたい・・・」
 逮捕後、法廷でも謝罪の言葉はいっさいなく、遺族を罵倒したり、裁判長にも一言言わせろと迫るなど、反抗的な態度をとり続けた最悪の殺人犯として死刑を宣告され、2004年死刑が執行された。
 多くの猟奇的な殺人事件の犯人は不幸な少年時代を過ごしているが、宅間もまた父親からの暴力に耐える少年時代を過ごしていた。その後、学校、就職、結婚などでことごとく挫折。最後にたどり着いたのが、他人を道連れにしてこの世を去ることでした。

<ヒット商品>
アップル社が「iPod」発売
マイクロソフト社が「Windows XP」発売
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが大阪に開園
東京・浦安に東京ディズニーシー開園
日本語版を含む13の非英語版ウィキペディアが発足
プラズマテレビ
ベイブレード
任天堂「ニンテンドー ゲームキューブ」、「ゲームボーイ・アドバンス」
「ファイナルファンタジーX」
「甲虫王者ムシキング」

<物故者>
トーベ・ヤンソン(児童文学者)
バルテュス(スイスの画家)

小池聰行(「オリコン」創業者)
小松崎茂(画家)
マルセ太郎(ヴォードビリアン)
山田風太郎(作家)
<音楽>
ピチカート・ファイヴ解散
EXILEが「Your eyes only」でデビュー
「明日があるさ」ウルフルズ
「Can You Keep A Secret?」、「Traveling」宇多田ヒカル
「M」浜崎あゆみ
「PIECES OF A DREAM」CHEMISTRY
「恋愛レボリューション21」モーニング娘。
「アゲハ蝶」ポルノグラフィティ
「One」RIP SLIME
「天体観測」BUMP OF CHICKEN
「Lifetime Respact」三木道三
「TEAM ROCK」くるり
「LOVEBEAT」砂原良徳
「Point」CORNELIUS
「色彩のブルース」EGO-WRAPPIN'
<物故者>
ヤニス・クセナキス(2月4日)
ジョン・フィリップス(3月18日)元ママス&パパス
ペリー・コモ(5月12日)
アリーヤ(8月25日)
アイザック・スターン(9月22日)
ジョージ・ハリソン(11月29日)
ジルベール・ベコー(12月18日)

<映画>
この年の洋画についてはここから!
「ロード・オブ・ザ・リング」(ピーター・ジャクソン)
「アメリ」(ジャン=ピエール・ジュネ)
「千と千尋の神隠し」(宮崎駿
「陰陽師 〜おんみょうじ〜」(滝田洋二郎)
「A.I.」(スティーヴン・スピルバーグ)
「ハンニバル」(リドリー・スコット)
この年の邦画についてはここから!
<物故者>
ジャック・レモン(6月27日)
相米慎二(監督)

<演劇・舞台>
KOKAMI@network「恋愛戯曲」(鴻上尚史作・演出)
大人計画「エロスの果て」(松尾スズキ作・演出)
大人計画「キラークイーン666」(宮藤官九郎作・演出)
NYLON100℃「すべての犬は天国へ行く」(ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出)
唐組「闇の左手」(唐十郎作・演出)
唐組「水中花」(唐十郎作・演出)
M・O・P「黒いハンカチーフ」(マキノノゾミ作・演出)
空中庭園「バルコン」(ジャン・ジュネ作、渡邊守章訳・演出)
歌舞伎座「野田版 研辰の討たれ」(木村綿花作、平田兼三郎脚色、野田秀樹脚本・演出)
阿佐ヶ谷スパイダース「日本の女」(長塚圭史作・演出)
青年団「冒険王」(平田オリザ作・演出)

<テレビ>
フジテレビ「Black Room」(「世にも奇妙な物語」)石井克人(脚)(演)木村拓哉(出)
フジテレビ「HERO」放送開始
テレビ朝日「M−1グランプリ」放送開始
NHKBS「週刊ブックレビュー」
新司会者に上田紀行(文化人類学者)、星野知子(俳優・エッセイスト)、高泉淳子(女優・劇作家・演出家)が登場

<アニメ>
原恵一「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!大人帝国の逆襲」(映画)

<文学、出版>
「チーズはどこへ消えた?」S・ジョンソン
この年の文学についてはここから!
書籍付録の規制緩和が行われ、ここから女性ファッション誌の付録ブームが始まります。
「LEON」創刊
「FOCUS」「週刊宝石」休刊
<文芸ベストセラー>(トーハン調べ)
(1)「十二番目の天使」オブ・マンディーノ(2)「模倣犯」宮部みゆき(3)「精霊流し」さだまさし(4)「金田一少年の事件簿」(9巻)天樹征丸(5)「生きることばあなたへ」瀬戸内寂聴(6)「天国への階段」(上下)白川道(7)「『自分の木』の下で」大江健三郎/大江ゆかり(画)(8)「魂」柳美里(9)「シャトゥ・ルージュ」渡辺淳一(10)「指揮官たちの特攻 幸福は花びらのごとく」城山三郎
<その他のベストセラー・話題の書>
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」J・K・ローリング
「チーズはどこへ消えた?」スペンサー・ジョンソン
「仕事ができる人 できない人」堀場雅夫
「金持ち父さん 貧乏父さん」ロバート・キヨサキ
「バトルロワイヤル」高見広春
「プロジェクトXリーダーたちの言葉」今井彰

<漫画>
「バトル・ロワイアル」高見広春
「のだめカンタービレ」二ノ宮知子

<美術>
第26回木村伊兵衛写真賞で女性3名が同時受賞(長島友里枝、蜷川実花、HIROMIX)
東京都現代美術館「村上隆展 召喚するかドアを開けるか回復するか全滅するか」

<ファッション>
股上が浅いローライズ・ジーンズ
この年のファッションについてはここから!

<スポーツ>
この年のスポーツについてはここから!
シアトル・マリナーズに入団したイチローがMVPと新人王をダブル受賞
2002年
<2002年の出来事>
EU共通通貨「ユーロ」スタート(欧州12カ国が参加)
持続可能な開発に関する世界首脳会議(地球サミット2002)が開幕(南アフリカのヨハネスブルグ)
イラクの大量破壊兵器査察完全実施を求める国連安保理での決議採択

<アメリカ>
ブッシュ大統領が一般教書演説でイラン、イラク、北朝鮮を「悪の枢軸」と非難

<中南米>
アルゼンチンが経済危機に追い込まれデフォルトを宣言

<ヨーロッパ>
モスクワ劇場占拠事件で強行突入、人質100人以上が死亡

<中東・アフリカ>
チャドで約600 - 700万年前の人類の祖先としては最古となる猿人化石発見

<アジア>
バリ島のナイトクラブで爆弾テロ事件発生(190人以上が死亡する大惨事)
中国国際航空129便墜落事故(128名死亡)
東ティモール独立(21世紀初の独立国誕生)
バリ島で爆弾テロ事件発生(190人以上が死亡)
盧武鉉(ノ・ムヒョン)韓国大統領に就任

<日本>
 1月 田中真紀子外務大臣が更迭される
 3月 鈴木宗男衆院議員が収賄容疑で自民党を離党し逮捕される
 4月 学校の週5日制スタート(ゆとり教育の始り)
 6月 東京千代田区で路上喫煙禁止条例可決
 5月 サッカー日本代表がワールドカップで初めてベスト16進出(日韓大会)
 7月 長野県議会が田中康夫知事不信任決議案を可決
 8月 住民基本台帳ネットワーク・システム(住基ネット)開始
     健康増進法公布
     ソニーが「ベータマックス」規格のビデオ・テープレコーダーの生産終了を発表
 9月 小泉総理大臣が初の訪朝、日朝首脳会談実現
     ノーベル賞に日本人二人選ばれる(物理学賞に小柴昌俊、化学賞に田中耕一)
10月 北朝鮮拉致被害者が5人帰国
12月 三井住友フィナンシャル・グループ設立

<流行語>
「タマちゃん」(野生のアゴヒゲアザラシ・タマちゃん、多摩川など首都圏周辺の川に出現)
「貸し剥がし」(金融機関による悪質な取り立てが批判される)
「真珠夫人」(昼の不倫ドラマから)
「ベッカム様」(デヴィッド・ベッカム人気は凄かった)
「内部告発」(様々な企業や組織において内部告発が重要な役割を果たす時代)
「食肉偽装」(肉のブランドを偽る行為、他の食品でも同様の事件発生)
「プチ整形」(韓国では当たり前の整形が日本でも広まる)

<CM>
「どうするアイフル」

<ヒット商品>
バウリンガル(タカラ発売の犬と会話できる?玩具)
「写メール」(J−フォン)
「Suica」(JR東日本)
ヌーブラ(バンドのないシリコン製ブラジャー)
マイクロソフト社による家庭用ゲーム機「Xbox」発売
「ワールドサッカー ウイニングイレブン6」
ファイル共有ソフト「Winny」公開

<物故者>
イヴァン・イリイチ(哲学者)
スティーブン・J・グールド(進化論研究者)(5月20日)
ルー・テーズ(プロレスラー)(「鉄人」と呼ばれたバックドロップを得意とするハンガリー系レスラー)

鮎川哲也(作家)
家永三郎(歴史学者)(11月29日)
草柳大蔵(ノンフィクション作家)
笹沢佐保(作家)
ナンシー関(コラムニスト、消しゴム版画作家)
古山高麗雄(作家)
半村良(作家)
山本夏彦(作家)
<音楽>
「ワダツミの木」元ちとせ
「大きな古時計」平井堅
「きよしのズンドコ節」氷川きよし
「カナシミブルー」Kinki Kids
「美しき燃える森」東京スカパラダイスオーケストラ
「亜麻色の髪の乙女」島谷ひとみ
「Way of Difference」GLAY
「Life goes on」Dragon Ash
<物故者>
ペギー・リー(1月21日)
レイ・ブラウン(7月2日)
ライオネル・ハンプトン(8月31日)
マル・ウォルドロン(12月2日)
ジョー・ストラマー(12月22日)
ジョン・エントウィッスル(ザ・フーのべーシスト)

<映画>
この年の洋画についてはここから!
「ギャング・オブ・ニューヨーク」(マーティン・スコセッシ)
「ボーリング・フォー・コロンバイン」(マイケル・ムーア)
「戦場のピアニスト」(ロマン・ポランスキー)
「めぐりあう時間たち」(スティーブン・ダルドリー)
「エルミタージュ幻想」(アレクサンドル・ソクーロフ)
「ハリー・ポッターと賢者の石」「ハリー・ポッターと秘密の部屋」(クリス・コロンバス)
この年の邦画についてはここから!
「美しい夏 キリシマ」(黒木和雄)
<物故者>
ビリー・ワイルダー(3月23日)
ロッド・スタイガー(7月9日)
ジェームス・コバーン(11月18日)
ジョージ・ロイ・ヒル(12月27日)
清川虹子(俳優)
室田日出男(俳優)
戸川京子(俳優)

<演劇・舞台>
大人計画「紀ノ國屋プロレス」(岩松了・宮藤官九郎・松尾スズキ作、とびだせボーイズ構成)
唐組「赤い靴」(唐十郎作・唐、久保井研演出)
唐組「糸女郎」(唐十郎作・演出)
大人計画「春子ブックセンター」(宮藤官九郎作・演出)
燐光群「屋根裏」(坂手洋二作・演出)
田中眠独舞「脱臼童體」(土方巽定礎、田中眠構成・演出)
流山児★事務所「殺人狂時代」(鐘下辰男作・流山児祥演出)
阿佐ヶ谷スパイダース「ポルノ」(長塚圭史作・演出)
空飛ぶ雲の上団五郎一座「アチャラカ再誕生」(いとうせいこう、井上ひさし、ケラリーノS、筒井康隆、別役実脚本)
黒テント「隠し砦の肝っ玉」(山元清多作・演出)

<テレビ>
「私立探偵 濱マイク」緒方明、石井聰互、青山真治、利重剛、中島哲也、行定勲(演)永瀬正敏(出)
NHK朝の連続テレビ小説「まんてん」笠浦友愛(演)宮地真緒(出)
フジテレビ『トリビアの泉』(タモリ
TBS「木更津キャッツアイ」放送開始
NHK教育テレビ「ピタゴラスイッチ」
NHKBS「週刊ブックレビュー」新司会者に藤沢周(作家)登場

<アニメ>
新海誠「ほしのこえ」(映画)
テレビ東京「あずまんが大王」
今敏「千年女優」)(映画)
TBS「機動戦士ガンダムSEED」

<文学、出版>
「ハリー・ポッターと賢者の石」J・K・ローリング
この年の文学についてはここから!
「老いてこそ人生」「生き方上手」など、高齢者の生き方を指南する本のブーム。
「Hot-Dog PRESS」「mc Sister」休刊
<文芸ベストセラー>(トーハン調べ)
(1)「老いてこそ人生」石原慎太郎(2)「青空のむこう」アレックス・シアラー(3)「運命の足音」五木寛之(4)「模倣犯」(上下)宮部みゆき(5)「海辺のカフカ」(上下)村上春樹(6)「肩ごしの恋人」唯川恵(7)「あかね空」山本一力(8)「リトルターン」ブルック・ニューマン(9)「インストール」綿矢ちさ(10)「中央構造帯」内田康夫
<その他のベストセラー・話題の書>
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」(上下)J・K・ローリング
「生き方上手」日野原重明(120万部突破
「声に出して読みたい日本語」斉藤孝
「世界がもし100人の村だったら」池田香代子
「盲導犬クイールの一生」石黒謙吾/秋元良平(写真)

<美術>
第1回アサヒ・アート・フェスティバル開催
<ファッション>
おしゃれ眼鏡
ソフトモヒカンが流行(デヴィッド・ベッカム)
B系 ブラック系ストリートスタイル
ボヘミアンルック
この年のファッションについてはここから!

<スポーツ>
この年のスポーツについてはここから!
第17回ワールドカップ・サッカー・日韓大会
ソルトレイクシティ冬季五輪開幕
 2003年 
<2003年の出来事>
国際ヒトゲノム計画によってヒトゲノム解読の全作業を完了
<南北アメリカ>
イラク戦争開戦(3月19日)アメリカ、英国などに対し、攻撃反対のヨーロッパは反発
アメリカ東部で大停電発生
サッダーム・フセイン、イラク元大統領を拘束(12月13日)
スペースシャトル・コロンビア号が帰還の際に空中分解、宇宙飛行士7名全員死亡(2月)
iTunes Music Storeが開始(20万曲を用意、楽曲の価格は1曲一律1ドル)
マイケル・ジャクソンが性的虐待の容疑で逮捕される(2005年無罪判決)
アメリカで音楽・エンターテイメントを中心としたSNS「My Space」創立
アーノルド・シュワルツェネッガーがカリフォルニア州知事に当選
同性愛者であることをカミングアウトしたジーン・ロビンソン神父がアメリカ聖公会主教に就任

<ヨーロッパ>
ユーゴスラビア連邦共和国がセルビア・モンテネグロに改称

<アジア>
イラク・バグダッドが陥落しフセイン政権が崩壊
韓国で地下鉄放火事件が発生(192人が死亡)
北朝鮮が核拡散防止条約からの脱退を宣言(1月)
中国・北京で脱北者が日本人学校に逃げこみ亡命申請(2月)
中国で新型肺炎SARSが大流行(死者700人超)
中国が初の有人宇宙船「神舟5号」の打ち上げに成功
中国共産党総書記・国家主席に胡錦濤就任

<日本>
住民基本台帳ネットワークシステムが本格稼働
岐阜県でパナウェーブ研究所と名乗る白装束の集団がワゴン車などを林道に停めて占拠
プロスキーヤーの三浦雄一郎、世界最高齢(70歳)でのエベレスト登頂

 1月 小泉総理大臣が靖国神社参拝(海外からの反発強まる)
 2月 作家の中島らもが大麻取締法違反で逮捕
 3月 大和銀行とあさひ銀行が合併し「りそな銀行」誕生
 4月 東京・表参道の同潤会アパートが閉鎖
     日本郵政公社発足
     六本木ヒルズオープン
 5月 個人情報保護関連5法案成立
     村上隆作品「Miss Ko2」NYのオークション・クリスティーズで56万7500ドルで落札
 6月 戦後はじめて有事法制が成立(有事関連三法)
     韓国大統領・盧武鉉来日し天皇と会見
     産業再生機構が業務開始
     早稲田大学生などによるサークル「スーパーフリー」メンバーが逮捕される
     福岡一家4人殺人事件
     出会い系サイト規制法公布
 7月 小学生4人が監禁されたプチエンジェル事件発生
 8月 インターネット電話サービス「Skype」リリース
     沖縄・那覇で沖縄都市モノレール線開業
 9月 自民党総裁選挙で小泉純一郎が再選
     自由党が民主党に合流
     ビッグイシュー日本「The Big Issue Japan」創刊
10月 日本生まれのトキが絶滅
     東海道新幹線品川駅開業
     東京・六本木に森美術館開館
11月 土井たか子が社民党党首を辞任。後任に福島瑞穂
     イラク北部で日本大使館の公用車が襲撃され日本人外交官死亡
12月 地上デジタルテレビ放送が東京、大阪、名古屋で開始

<流行語>
「毒まんじゅう」(政治における追い落としの仕掛けの比喩)
「なんでだろう〜」(テツandトモのネタ)
「バカの壁」(東京大学名誉教授・養老孟司の著書)

<ヒット商品>
iPod
暴君ハバネロ(激辛ブームが生んだお菓子)

<物故者>
イリヤ・プリゴジン(5月28日化学者)
ボブ・ホープ(俳優・司会)(7月29日)
エドワード・サイード(批評家)(9月25日)
モーリス・ブランショ(作家)
生島治郎(作家)
&ロ愛子(霊能者)
黒岩重吾(作家)
都築道夫(作家)
<音楽>
ノラ・ジョーンズが第45回グラミー賞の主要4部門を含む8部門で受賞
「世界に一つだけの花」SMAP
「さくら (独唱)」森山直太朗
中島みゆき「地上の星」が超ロングセラーヒット
「もらい泣き」一青窈
「Choo Choo Train」EXILE
「涙そうそう」夏川りみ
「YUTA」SAKE ROCK
「恋するふたり」大瀧詠一
「スウィート・ドーナッツ」Perfume(中田ヤスタカのプロデュース)
大塚愛がメジャー・デビュー
<物故者>
モーリス・ギブ(1月12日)ビージーズ
ジョージ川口(ドラマー)

<映画>
この年の洋画についてはここから!
「フォッグ・オブ・ウォー」(ドキュメンタリー)
「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」(ゴア・ヴァービンスキー)
この年の邦画についてはここから!
「座頭市」(北野武
「アカルイミライ」(黒沢清)
「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」(本広克行)
<物故者>
レスリー・チャン(俳優)(4月1日自殺)
深作欣二(監督)(1月12)
水木洋子(脚本家)(4月8日)
グレゴリー・ペック(俳優)(6月12日)
キャサリン・ヘップバーン(俳優)(6月29日)
ジョン・シュレシンジャー(監督)(7月26日)
チャールズ・ブロンソン(俳優)(8月30日)
レニ・リーフェンシュタール(監督)(9月8日)
エリア・カザン(監督)(9月28日)
アラン・ベイツ(俳優)(12月27日)
天本英世(俳優)
古尾谷雅人(俳優)自殺
名古屋章(俳優)

<演劇・舞台>
管孝行「戦後演劇 - 新劇が乗り越えられたか」
遊園地再生事業団「トーキョー・ボディ」(宮沢章夫作・演出)
大人計画「ぼくの前世はヒットラー」(宮藤官九郎作・演出)
イッセー尾形一人芝居「とまらない生活2003」(森田雄三作・演出)
NODA・MAP「オイル」(野田秀樹作・演出)
黒テント「絶対飛行機」(佐藤信作・演出)
唐組「泥人魚」(唐十郎作・演出)
歌舞伎座「野田版 鼠小僧」(野田秀樹作・演出)
宇宙堂「りぼん」(渡辺えり子作・演出)
新転位21「ジロさんの憂鬱」(山崎哲作・演出)

<テレビ>
「センセイの鞄」川上弘美(原)筒井ともみ(脚)久世光彦(演)小泉今日子、柄本明(出)
「白い巨塔」井上由美子(脚)唐沢寿明、江口洋介(出)
「てるてる家族」石原さとみ、上野樹里(出)
「のだめカンタービレ」上野樹里(出)
NHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」
NHK「英語でしゃべらナイト」放送開始
NHKBS2「冬のソナタ」放送開始
NHK教育教育「ドレミテレビ」(UA出演)
NHKBS「週刊ブックレビュー」新司会者に三船優子(ピアニスト)登場

<アニメ>
宮崎駿「千と千尋の神隠し」が第75回アカデミー賞長編アニメ映画賞を受賞
今敏「東京ゴッドファーザー」(映画)

<文学・出版>
J・M・クッツェーがノーベル文学賞受賞
この年の文学についてはここから!
ケータイ発の小説「Deep Love」がヒット。
「セカチュー・ブーム」が始まり、翌年まで続く。
雑誌「スコラ」休刊
<文芸ベストセラー>(トーハン調べ)
(1)「世界の中心で、愛をさけぶ」片山恭一(2)「半落ち」横山秀夫(3)「Deep Love」Yoshi(4)「キャッチャー・イン・ザ・ライ」J・D・サリンジャー(村上春樹訳)(5)「13か月と13週と13日と満月の夜」アレックス・シアラー(6)「ブレイブ・ストーリー」(上下)宮部みゆき(7)「冬のソナタ」(上下)キム・ウユ/ユン・ウギョン(8)「よく見る者」(上下)シドニィ・シェルダン(9)「誰か - somebody」宮部みゆき(10)「エ・アロールそれがどうしたの」渡辺淳一
<その他のベストセラー・話題の書>
「バカの壁」養老孟司
「トリビアの泉〜へえの本〜」フジテレビ
「開放区」木村拓哉
「ダイエット SHINGO」香取慎吾
「嘘つき男と泣き虫女」アラン&バーバラ・ビーズ
「博士の愛した数式」小川洋子

<漫画>
小畑健(画)、大場つぐみ(原)「DEATH NOTE」
あずまきよひこ「よつばと!」(月刊コミック電撃大王)
岡崎京子「ヘルター・スケルター」
谷川流「涼宮ハルヒの憂鬱1」(全11巻)
浅野いにお「虹が原 ホログラフ」

<ファッション>
レッグウォーマー
背中見せファッション
ユニセックス化
この年のファッションについてはここから!

<スポーツ>
この年のスポーツについてはここから!
第65代横綱貴乃花が引退、朝青龍が横綱昇進
2004年
<2004年の出来事>
<アメリカ>
アメリカのテネットCIA長官が辞任(イラクで大量破壊兵器が発見されなかった責任をとった)
SNS「Facebook」運営開始

<ヨーロッパ>
ロシア北オセチアでチェチェン独立派による学校の占拠事件発生
イスラエル軍がハマースの指導者アフマド・ヤースィーンを殺害
スペイン・マドリッドで列車爆破テロ事件(191人が死亡)

<中東・アフリカ>
イラク暫定政権発足(アラウィ首相就任)
原油価格1バレル50ドルに高騰

<アジア>
北京でブタから鳥インフルエンザが検出
インドネシア・スマトラ沖地震(マグニチュード9.0)
(スリランカ、インド、タイなどで津波による被害発生、死者は22万人)
中国で江沢民が党中央軍事委員会主席の座を胡錦濤に譲る

<日本>
中国人活動家が尖閣諸島に上陸。沖縄県警が逮捕
横田めぐみさんの遺骨がDNA鑑定でニセモノと判定される
オウム真理教元教祖の麻原彰晃に一審(東京地方裁判所)で求刑通り死刑判決
バグダッドで日本人記者ら3名が襲撃により死亡
営団地下鉄が民営化され、東京メトロになる

 1月 山口県の養鶏場で鳥インフルエンザ発生が確認される
 2月 自衛隊イラク派遣開始(サマワ入り)
     カネボウが産業再生機構により再建
     SNS「miki」「Gree」運営開始
 3月 改正労働者派遣法施行
     九州新幹線部分開通
     元巨人軍長嶋茂雄が脳梗塞で入院
     田中真紀子元外相がプライバシー侵害で「週刊文春」を出版差し止め
 4月 イラク日本人人質事件発生(自己責任論が強まり、人質が批判されることに・・・)
     福岡地裁が小泉首相の靖国参拝に違憲判決
     日本航空(JAL)と日本エアシステム(JAS)が統合
 5月 小泉総理が訪朝し日朝首脳会談開催(拉致被害者家族5人が帰国することで合意)
     ファイル共有ソフト「Winny」開発者が逮捕される(2011年無罪判決)
     吉祥寺バウスシアターで「爆音で聴く映画の夜」開催(映画評論家の樋口泰人による)
 6月 有事関連7法案成立
     長崎県佐世保市で小学6年生が同級生をカッターナイフで刺殺
 7月 参議院議員選挙で民主党が躍進
     「性同一障害特例法」(条件を満たせば性別の変更を申し立てることが可能になった)
 8月 関西電力美浜原発で蒸気爆発事故発生(5人死亡)
10月 新潟県中越地震発生(23日)M7死者68人
12月 「オレオレ詐欺」の呼称を警察が「振り込め詐欺」に変更

<流行語>
「チョー気持ちいい」(北島康介が金メダルを獲っての言葉)
「気合だー!」(レスリング、浜口父の言葉)
「セカチュー」(小説、映画で大ヒットした「世界の中心で、愛を叫ぶ」)
「…残念!!」(ギター侍のネタ)

<ヒット商品>
デジタルカメラ
「ニンテンドーDS」
「プレイステーション・ポータブル」
「モンスターハンター」
初めての日本語版ボーカロイド「MEIKO」発売
アサヒ飲料が三ツ矢サイダーをリニューアルし、経営不振からV字回復

<物故者>
PLO(パレスチナ解放機構)のアラファト議長死去(11月11日)
ジャック・デリダ(10月8日思想家)
スーザン・ソンタグ(作家12月28日)
フランソワーズ・サガン(作家9月24日)
ヘルムート・ニュートン(写真家)
ロナルド・レーガン(第40代アメリカ大統領)

綱野善彦(歴史学者)
いかりや長介(コメディアン・俳優)
金田一晴彦(国語学者)
種村季弘(作家・独文学者)
中島らも(作家・劇作家)
野沢尚(脚本家)自殺
水上勉(作家)
横山光輝(漫画家)
<音楽>
「Jupiter」平原綾香
「花」ORANGE RANGE
「瞳をとじて」平井堅
「マツケンサンバU」松平健
「正夢」スピッツ
「やさしいキスをして」Dream Come True
「かたちあるもの」柴咲コウ
「栄光の架橋」ゆず
「新人クレバ」KREVA
<物故者>
レイ・チャールズ(6月10日)
ジェリー・ゴールドスミス(7月11日映画音楽作曲家)
エルマー・バーンスタイン(8月18日)

<映画>
この年の洋画についてはここから!
「華氏911」(ドキュメンタリー)(マイケル・ムーア)
「21g」(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ)
「ファインディング・ニモ」(アンドリュー・スタントン)
この年の邦画についてはここから!
「誰も知らない」(是枝裕和)
「世界の中心で、愛を叫ぶ」(行定勲)
「下妻物語」(中島哲也)
「半落ち」(佐々部清)
<物故者>
ピーター・ユスティノフ(3月28日)
マーロン・ブランド(7月1日)
フィリップ・ド・ブロカ(11月26日)
芦屋雁之助(俳優・演出家)
三橋達也(俳優)

<演劇・舞台>
チェルフィッチュ「三月の5日間」(岡田利規作・演出)
阿佐ヶ谷スパイダース「はたらくおとこ」(長塚圭史作・演出)
唐組「津波」(唐十郎作・演出)
遊園地再生事業団リーディング公演「トーキョー/不在/ハムレット」(宮沢章夫作・演出)
新転位・21「エイリアンの手紙」(山崎哲作・演出)
くじら企画「サラサーテの盤」(大竹野正典作・演出)
大人計画「轟天VS港カヲルードラゴンロック!女たちよ、俺を愛してきれいになれ」(宮藤官九郎作・演出)
東京デスロック「ソラリス」(スタニスワフ・レム原作、多田淳之介脚本・演出)

<テレビ>
「理由」宮部みゆき(原)大林宣彦
NHK大河ドラマ「新撰組!」(脚)三谷幸喜(出)香取慎吾、山本耕史、藤原竜也、堺雅人、オダギリ・ジョー
TBS「オレンジデイズ」(脚)北川悦吏子(出)妻夫木聡、柴咲コウ、
NHKBS「週刊ブックレビュー」新司会者に長田渚左(ノンフィクション作家)登場

<アニメ>
テレビ朝日「プリキュア」放送開始
押井守「イノセンス」(映画)
宮崎駿「ハウルの動く城」(映画)
大友克洋「スチームボーイ」(映画)
日本テレビ「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」(原)士郎正宗(監)神山健治

<文学・出版>
この年の文学についてはここから!
書店員が選ぶ文学賞「本屋大賞」始まる
2ちゃんねるに投稿された「電車男」(中野独人)が大人気、同年に書籍化
青山ブックセンター全店閉鎖
「噂の眞相」休刊
「蹴りたい背中」綿矢りさ
グランド・フィナーレ阿部和重(芥川賞)
<文芸ベストセラー>(トーハン調べ)
(1)「世界の中心で、愛をさけぶ」片山恭一(2)「蹴りたい背中」綿矢りさ(3)「いま、会いにゆきます」市川拓司(4)「蛇にピアス」金原ひとみ(5)「冬のソナタ」(上・下)キム・クマ/ユン・ウンギョン(6)「Deep Love」Yoshi(7)「ダ・ヴィンチ・コード」(上・下)ダン・ブラウン(8)「アフター・ダーク」村上春樹(9)「博士の愛した数式」小川洋子(10)「インストール」綿矢りさ
<その他のベストセラー・話題の書>
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」(上・下)J・K・ローリング
「ドラゴン・クエスト[空と海と大地と呪われし姫君」
「上司は思いつきでものを言う」橋本治
「13歳のハローワーク」村上龍/はまのゆか(絵)
「人のセックスを笑うな」山崎ナオコーラ
「邂逅の森」熊谷達也
<漫画>
美水かがみ「らき☆すた」
今日マチ子「センネン画報」ブログで連載開始
よしながふみ「大奥」連載開始
中村光「荒川アンダー・ザ・ブリッジ」

<美術>
ヴェネチア・ビエンナーレ「おたく:人格=空間=都市」展が開催

<ファッション>
セレブファッション流行
ロリータファッション
この年のファッションについてはここから!

<スポーツ>
アテネ五輪開幕
イチローが年間最多安打259で大リーグ新記録樹立(84年ぶり)
日本プロ野球初のストライキ実施
楽天とライブドアがプロ野球へ参入申請
この年のスポーツについてはここから!
2005年
<2005年の出来事>
<南北アメリカ>
ニューオーリンズにハリケーン「カトリーナ」上陸。48万人が避難し、死者1200名超(8月)
スペース・シャトル・ディスカバリーに野口聡一が搭乗
<ヨーロッパ>
ロンドンの地下鉄・バスで同時爆破テロ発生し55名死亡(7月)
北アイルランドのIRA(アイルランド共和軍)が武装解除(アイルランドに平和が訪れる!)
フランスで警官に追われ2名の少年が死亡。「失業問題」「人種差別」とサルコジ内相による若者への「くず」で各地で暴動が勃発
新ローマ法王にコンクラーベによりベネディクト16世決定
アンゲラ・メンゲルがドイツ初の女性首相に就任
<アジア>
インドネシアのバリ島で同時爆破テロ発生し22名死亡
スマトラ島沖地震が発生(M8.7死者1,000人)
パキスタンで大地震発生し、数万人が死亡
中国で鳥インフルエンザが人に感染し2名が死亡
中国全土で反日活動が活発化

<日本>
イラクで日本人が次々にテログループにより人質となる
ペイオフの全面解禁実施(預金の全額保護が廃止となる)
耐震強度偽装問題が発覚。姉歯建築士逮捕
全国の小中学校のうち142校でアスベストの危険性が明らかになる
日本の人口が戦後初めて減少
知床半島の世界自然遺産への登録

 1月 日本経団連が憲法改正を求める報告書を提出
 2月 ライブドアとフジテレビによるニッポン放送株式の争奪戦始まる
 3月 島根県議会が「竹島の日」条例を決議、韓国各地で反対運動激化
     日本国際博覧会(愛知万博)「愛・地球博」が開幕
 4月 首相の靖国参拝により中国で反日デモが拡大
     兵庫県尼崎市JR福知山線で脱線事故死者73名の大惨事となる
 6月 対馬沖で韓国の漁船を海上保安庁が拿捕
 8月 参議院にて郵政民営化法案が否決され小泉首相が衆議院解散を宣言
     アフガニスタン・カンダハールで日本人2名殺害される
 9月 衆議院議員選挙で自民党が圧勝、第3次小泉内閣発足
10月 郵政民営化法案可決
     障害者自立支援法可決
11月 歌舞伎がユネスコの無形文化遺産に登録
12月 そごう・西武百貨店がセブン&アイ・ホールディングスに統合
     早稲田大学の学生がビラ撒きで逮捕される

<流行語>
「想定内(外)」
「クールビズ」
「ちょい不良(ワル)オヤジ」
「萌え〜」(オタク文化が表舞台に登場)
「小泉劇場」

<ヒット商品>
動画共有サイト「YouTube」が開設され、初めて動画が投稿される
2ちゃんねるまとめサイトがスタート
グルメ・サイト「食べログ」サービス開始
カプコン「モンスター・ハンターポータブル」発売
iTunes MusicStore
EZ「着うたフル」
家庭用シュレッダー
軽くヤバい (CM:スリムス(サッポロビール))
「脳を鍛える大人のDSトレーニング」

<物故者>
アーサー・ミラー(2月10日)
クロード・シモン(作家)
ソール・ベロー(4月5日)
ピーター・ドラッカー(11月11日)
ヨハネ・パウロ4世(4月2日)
ローザ・パークス(10月24日)
石津謙介(5月24日)VAN創業者
倉橋由美子(作家)
小森和子(評論家)(1月8日)
阪田寛夫(作家)
杉浦日向子(漫画家・江戸風俗研究家)
貴乃花利彰(日本相撲協会事業部長)
丹下健三(建築家)
中尊寺ゆつこ(漫画家)
長新太(絵本作家)
中内功(ダイエー創業者)
永島慎二(漫画家 6月10日)
阪田寛夫(詩人・児童文学者)
ポール牧(コメディアン)
<音楽>
「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」サンボマスター
「粉雪」レミオロメン
「BOHBO No.5」サザンオールスターズ
「ラブ・パレード」ORANGE RANGE
「ここにしか咲かない花」コブクロ
「さくら」ケツメイシ
「四次元 Four Dimensions」Mr.Children
「SCREAM」GLAY×EXILE
「Sweet Spot」ゆらゆら帝国
「chatmochy has come」チャットモンチーがメジャー・デビュー
AKB48デビュー公演開催
<物故者>
ロバート(ボブ)・モーグ(8月21日)シンセサイザー発明者
高田渡(フォーク歌手)

<映画>
この年の洋画についてはここから!
「ミルコのひかり」(クリスティアーノ・ボルトーネ)
「ツォツィ」(プレスリー・チュエニヤハエ)
「パッチギ!」(井筒和幸)
「NANA」(大谷健太郎)
「電車男」(村上正典)
「チャーリーとチョコレート工場」(ティム・バートン)
この年の邦画についてはここから!
<物故者>
ロバート・ワイズ(9月14日)
岡本喜八(2月18日)
野村芳太郎(4月8日)
石井輝男(8月12日)
藤井悠(俳優)

<演劇・舞台>
岡田利規「三月の5日間」、宮藤官九郎「鈍獣」が第49回岸田戯曲賞受賞
ARICAの安藤朋子(元・転形劇場)がカイロ国際実験演劇祭でベスト・ソロ・パフォーマンス賞受賞
遊園地再生事業団・ニブロール「トーキョー/不在/ハムレット」(宮沢章夫作・演出)
阿佐ヶ谷スパイダース「悪魔の唄」(長塚圭史作・演出)
珍しいキノコ舞踏団「家まで歩いていく」(伊藤千枝構成・振付・演出)
ポツドール「愛の渦」(三浦大輔作・演出)
黒テント「ロベルト・ズッコ」(ベルナール=マリ・コルテス作、佐藤信上演出)
新国立劇場「その河をこえて五月」(平田オリザ、金明和作、李・平田演出)
燐光群「上演されなかった三人姉妹」(坂手洋二作・演出)
大人計画「七人の恋人」(宮藤官九郎作・演出)

<テレビ>
TBS「タイガー&ドラゴン」(脚)宮藤官九郎(出)長瀬智也、岡田准一、西田敏行
TBS「ドラゴン桜」(原)三田紀房(出)阿部寛、長谷川京子、山下智彦
フジテレビ「優しい時間」(原)(脚)倉本聰(出)寺尾聡、二宮和也
「ウルトラマン・マックス」(監)三池崇史、金子修介ほか
NHK「クライマーズ・ハイ」(原)横山秀夫(脚)大森寿美男(出)佐藤浩市、大森南朋
NHK「ハゲタカ」(演)大友啓史(出)大森南朋
フジテレビ「トリビアの泉」(「トリビア」と共に「ヘェー」もブレイク)
テレビ朝日「仮面ライダー響鬼」
フジテレビ「電車男」(出)伊藤淳史、伊東美咲

<アニメ>
BS-1「AIR」

<文学・出版>
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」ジョナサン・サフラン・フォア
「わたしを離さないで」カズオ・イシグロ
この年の文学についてはここから!
<文芸ベストセラー>(トーハン調べ)
(1)「もっと、生きたい・・・」Yoshi(2)「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」リリー・フランキー(3)「恋バナ」(青・赤)Yoshi(4)「野ブタ。をプロデュース」白岩玄(5)「ハッピーバースデー」青木和雄/吉富多美(6)「ダ・ヴィンチ・コード」(上・下)ダン・ブラウン(7)いま、会いにゆきます」市川拓司(8)「半島を出よ」(上・下)村上龍(9)「対岸の彼女」角田光代(10)「東京タワー」江國香織
<その他のベストセラー・話題の書>
「頭がいい人、悪い人の話し方」樋口祐一
「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」山田真哉
「震災時帰宅支援マップ首都圏版」
「生協の白石さん」白石昌則/東農大の学生
「NHKスペシャル新シルクロード」
「電車男」中野独人
「三月の5日間」岡田利規

<ファッション>
ファーがブレイク
高級ジーンズ人気
この年のファッションについてはここから!

<スポーツ>
この年のスポーツについてはここから!
シカゴ・ホワイトソックスが1917年以来のワールド・シリーズ制覇
2006年
<2006年の出来事>
冥王星が惑星から矮惑星に降格となる

<アメリカ>
アメリカの大手電力会社エンロンで巨額の不正経理発覚
アメリカで不法移民規制法案へのデモに100万人が参加(ヒスパニック系が中心)
ブッシュ大統領の支持率が31%に下落
イラクでテロリスト、アダム・ムサブ・ザルカウィーをアメリカ軍が空爆で殺害

<中東・アフリカ>
イランがウランの濃縮に成功
イラク高等法廷がサダム・フセイン元大統領に死刑判決
パレスチナ評議会選挙でハマスが圧勝
イスラエルの戦車部隊がレバノンのヒズボラに攻撃開始

<アジア>
北朝鮮が核実験(10月)
フィリピンのレイテ島で大規模な土砂崩れ(2000名が死亡)
タイで軍事クーデター、タクシン政権崩壊

<時代を変えた発明>
アメリカで「Twitter」サービス開始
京都大学の山中伸弥教授らが「IPS細胞」の作製に成功

<日本>
三菱東京UFJ銀行発足
安倍晋三新総理が訪中し胡錦濤国家主席と会談
米国産牛肉輸入禁止(BSE問題)
地上デジタルテレビの「ワンセグ」が開始
「ワールドベースボール・クラシック」で日本が初の世界一に輝く
トリノ・オリンピックのフィギャー・スケートで荒川静香が金メダル獲得

 1月 ライブドアの堀江社長らが証券取引法違反で逮捕される
 2月 ファイル交換ソフト「Winny」により、自衛隊の情報が流失
 3月 青森・六ケ所村再処理工場試運転開始
 4月 横田めぐみさんの母親がブッシュ大統領に面会し支援を訴える
 5月 日米安保協議で普天間基地移設が決定
 6月 ニッポン放送株売買の証券取引違反容疑で村上ファンドの代表、村上世彰逮捕
 7月 北朝鮮が日本海に向けミサイルを発射、日本政府が経済制裁を発動
 8月 終戦記念日に小泉総理大臣が靖国神社参拝
 9月 秋篠宮紀子が男子「悠仁」を出産
     最高裁にてオウム真理教、松本智津夫被告の死刑判決
     小泉純一郎が総理を退任、後任に安倍晋三
12月 改正教育基本法が成立
     在日特権を許さない市民の会(在特会)設立

<流行語>
「イナバウアー」(荒川静香)
「ハンカチ王子」(斉藤佑樹)
「ライブドア・ショック」(堀江社長の逮捕から)
「メタボ」
「格差社会」(株式投資などによる一攫千金社会が生み出す富の偏りが生んだ社会の不平等)
「エロカッコイイ」(倖田來美)

<ヒット商品>
ニコニコ動画(仮)が開設される
モバイル・ナンバー・ポータビリティ
デジタル一眼レフ
「Wii」
ゲームを中心としたソーシャルネットワーク「モバゲータウン」(DeNA)が開設

<物故者>
アウグスト・ピノチェト(政治家)(12月10日)
アーメット・アーティガン(アトランティック・レコード創業者)(12月14日)
ウィリアム・スタイロン(作家)(11月1日)
サッダーム・フセイン元イラク大統領の死刑執行(12月30日)
ジョー・ローゼンタール(写真家)
スタニスワフ・レム(SF作家)(3月27日)
ナム・ジュン・パイク(現代美術作家)(1月29日)

青島幸男(コメディアン・政治家)(12月12日)
加藤芳郎(漫画家)
木下順二(劇作家)
久世光彦(脚本家・作家)(3月2日)
小島信夫(作家)
小林久三(作家)
灰谷健次郎(作家)(11月23日)
橋本龍太郎(第82-83代内閣総理大臣)
はらたいら(漫画家)
吉村昭(作家)
米澤嘉博(漫画評論家・コミケ生みの親)
<音楽>
「宙船」TOKIO(中島みゆき作曲)
「A Perfect Sky」Bonnie Pink
「箒星」Mr.Children
「Real Face」KAT-TUN
「純恋歌」湘南乃風
「I Believe」綾香
「Duirty Old Man - さらば夏よ - 」サザンオールスターズ
<物故者>
ルー・ロウルズ(1月6日)
ウィルソン・ピケット(1月19日)
レイ・バレット(2月17日)
デズモンド・デッカー(5月25日)
ビリー・プレストン(6月6日)
ポール・モーリア(作曲家)
ルース・ブラウン(11月17日)
アニタ・オデイ(11月23日)
ジェームス・ブラウン(12月25日)
伊福部昭(1月8日)
岩城宏之(6月13日)

<映画>
この年の洋画についてはここから!
「ドリーム・ガールズ」(ビヨンセ、ジェニファー・ハドソン)
「グッドシェパード」(ロバート・デニーロ)
「エル・カンタンテ」(マーク・アンソニー、エクトル・ラボー)
この年の邦画についてはここから!
「DEATH NOTE デスノート the Last name」(金子修介)
「THE 有頂天ホテル」(三谷幸喜)
<物故者>(この年から急に大物の映画関係者が亡くなり始めます)
リチャード・フライシャー(監督)(3月24日)
アリダ・ヴァリ(俳優)(4月22日)
ダニエル・シュミット(監督)(8月5日)
グレン・フォード(俳優)(8月30日)
ジャック・パランス(俳優)(11月10日)
スヴェン・ニクヴィスト(スウェーデンのカメラマン)
レナード・シュレーダー(脚本家)
ロバート・アルトマン(監督)(11月20日)
フィリップ・ノワレ(俳優)(11月23日)
ピーター・ボイル(俳優)(12月12日)
黒木和雄(監督)(4月12日)
実相寺昭雄(監督)
田村高広(俳優)(5月16日)
今村昌平(監督)(5月30日)
マコ岩松(日系俳優)(7月21日)
丹波哲郎(俳優)(9月24日)
田中登(監督)(10月4日)
岸田今日子(俳優)(12月17日)

<演劇・舞台>
新宿梁山泊「風のほこり」(唐十郎作、金守珍演出)
シティ・ボーイズ・ミックス「マンドラゴラの降る沼」
唐組「紙芝居の絵の町で」(唐十郎作・演出)
遊園地再生事業団「モーター・サイクル・ドン・キホーテ」(宮沢章夫作・演出)
劇団、本谷有希子「密室彼女」(乙一原案、本谷有希子脚本・演出)
コンドルズ「ELDORADO New Best of CONDORS」(近藤良平構成・振付)
新・転位21「嗤う女 - 和歌山カレー毒物混入事件 - 」(山崎哲作・演出)
NODA・MAP「ロープ」(野田秀樹作・演出)

<テレビ>
フジテレビ「のだめカンタービレ」(原)二ノ宮智子(出)上野樹里、玉木宏、瑛太
NHK「ドキュメント72時間」放送開始(定点観測ドキュメンタリーという新しいスタイル)
フジテレビ「ザ・ヒットパレード・芸能界を変えた男・渡辺晋物語」
テレビ朝日「下北サンデーズ」(原)石田衣良(出)上戸彩、佐々木蔵ノ介、古田新太
テレビ朝日「時効警察」(脚)三木聡(出)オダギリ・ジョー、麻生久美子、光石研、ふせえり

<アニメ>
細田守「時をかける少女」(映画)(筒井康隆原作)
「コードギアス 反逆のルルーシュ」
今敏「パプリカ」(映画)筒井康隆(原)
マイケル・アリアス「鉄コン筋クリート」松本大洋(原)

<文学、出版>
この年の文学についてはここから!
この年も「東京タワー」のブームは続きましたが、もうひとつ 「国家の品格」藤原真彦、「美しい国へ」安倍晋三など、日本論が話題になった年でもありました。
<文芸ベストセラー>(トーハン調べ)
(1)「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」リリー・フランキー(2)「陰日向に咲く」劇団ひとり(3)「恋空〜切ない恋物語〜」(上・下)美嘉(4)「容疑者Xの献身」東野圭吾(5)「天使がくれたもの」Chaco(6)「翼の折れた天使たち」(空・海)Yoshi(7)「明日の記憶」萩原浩(8)「DEATH NOTE」西尾維新(9)「名もなき毒」宮部みゆき(10)「Line ライン」Chaco
<その他のベストセラー・話題の書>
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」(上・下)J・K・ローリング
「えんぴつで奥の細道」大迫閑歩
「超バカの壁」養老孟司
「国家の品格」藤原真彦
「美しい国へ」安倍晋三
「虹ヶ原ホログラフ」浅野いにお
「食品の裏側 みんな大好きな食品添加物」安倍司
「ロック母」角田光代(川端康成文学賞)
<漫画>
「黒執事」枢やな
「デトロイト・メタル・シティ」若杉公徳

<ファッション>
タレントコラボブラントが続々誕生
スパッツ系ボトム人気
かごバッグ人気
カチューシャがブーム
この年のファッションについてはここから!

<スポーツ>
この年のスポーツについてはここから!
トリノ冬季五輪開幕
FIFAワールドカップ・ドイツ大会開催
2007年
<2007年の出来事>
機密情報を公開するウェブサイト「WikiLeaks」の存在が明らかとなる
<南北アメリカ>
米軍のイラクへの派兵を増強
バージニア工科大学乱射事件(アメリカ)32名が死亡(犯人は韓国人留学生)
低信用住宅融資が破綻し金融システム不安発生し、世界的株安(サブプライムローン問題)
カリフォルニアで巨大山火事発生(被害総額は10億ドルに達した)
アップル社がスマートフォン「iPhone」発表
<ヨーロッパ>
ニコラ・サルコジ国民運動連合党首が決戦投票でフランス大統領に当選
ロシアでプーチン政権に対する反体制運動が激化
<アフリカ>
ケニアで反政府暴動が激化
スーダンで内乱、飢饉により多数の難民が生まれる
<アジア>
パキスタンでベナジル・ブット元首相の暗殺を狙い爆弾テロ事件(136人死亡)
ミャンマーで軍事政権に抵抗するデモが激化
ミャンマーの首都ヤンゴンで日本人ジャーナリスト長井健司が射殺される
ネパールが王政を廃止し共和制に移行
韓国大統領選挙でハンナラ党の李明博が当選

<日本>
新潟県中越沖地震
赤ちゃんポストの設置を認可
43年ぶりとなる全国学力調査実施
「ミートホープ食肉偽装」「赤福製造日偽装」など、食品の偽装問題が多発

 1月 元たけし軍団のタレント東国原英夫が宮崎県知事に就任
     東京・六本木に国立新美術館開館
 2月 社会保険庁による公的年金加入記録不備が発覚
     第1回「東京マラソン」開催
 3月 各地の空港で液体物の持ち込みが制限
     東京・六本木の防衛庁跡地に「東京ミッドタウン」オープン
     千葉・市川でイギリス人女性が殺害される事件発生
 4月 長崎市長伊藤一長が銃撃され死亡
 5月 「国民投票法」成立
 6月 社会保険庁改革関連法、公務員制度改革関連法、年金時効撤廃特例法成立
 7月 久間章生防衛相、原爆投下を容認する発言により引責辞任
     滝川高校いじめ自殺事件(「学校裏サイト」によるいじめが問題になる)
 9月 安倍晋三首相、病気を理由に辞任し、福田康夫内閣発足
     月探査衛星「かぐや」打ち上げ成功
10月 日本郵政グループ発足
     気象庁が緊急地震速報スタート
     英会話学校NOVAが経営破綻
11月 外国人の入国審査で指紋採取・顔写真撮影を義務化
     京都大学、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の作成に成功したと発表
12月 東京・日比谷公園に年越し派遣村が設置

<流行語>
「ハニカミ王子」(プロゴルファー、石川遼の愛称、〜王子ブーム)
「そんなの関係ねぇ」(芸人、小島よしおのネタ)
「どんだけぇ〜」(オネエ言葉から広がった言葉、メイクアップ・アーティストのIKKOなどが多様してブレイク)
「猛暑日」(地球温暖化により、35℃以上の日が増加、「猛暑日」という名前が誕生した)
「ネットカフェ難民」(ホテルよりも安く寝泊まりできる場所として、24時間営業のネット・カフェの利用が急増)

<ヒット商品>
キャラクター・ボーカル・シリーズの第一弾「初音ミク」が発表
手軽にネット放送が行える動画共有ウェブサービス「Ustream」が開設
音声ファイル共有サービス「SoundCloud」設立
「ニコニコ生放送」スタート
∞プチプチ
ビリーズブートキャンプ
NTTドコモがパケット定額制サービス
Googleが携帯電話専用検索エンジン提供開始

<物故者>
カート・ヴォネガット(作家)(4月11日)
カール・ゴッチ(プロレスラー、「原爆固め」といえばこの人、プロレスの神様でした)
シドニィ・シェルダン(作家)
ジャンフランコ・フェレ(ファッション・デザイナー)(6月17日)
ジャン・ボードリヤール(思想家)
デヴィッド・ハルバースタム(ノンフィクション作家)(4月23日)
ノーマン・メイラー(作家)(11月10日)
ボリス・エリツィン(ロシア連邦初代大統領)
マルセル・マルソー(パントマイマー)(9月22日)
モーリス・ベジャール(ダンス振付)(11月22日)
今村仁司(哲学者、批評家)
大田省吾(劇作家・演出家)
小田実(作家・社会活動家)(7月30日)
河合隼雄(心理学者)(7月15日)
鴨志田穣(カメラマン)(3月20日)(あたしんちのパパ)
黒川紀章(建築家)(10月12日)
城山三郎(作家)(3月22日)
内藤ルネ(イラストレーター)
西村寿行(作家)
増田通二(元パルコ会長)
宮澤喜一(第78代内閣総理大臣)
三好京三(作家)
山口小夜子(ファッションモデル)(8月14日)
横山ノック(タレント・元大阪府知事)
渡辺和博(編集者・漫画家)
<音楽>
東京・渋谷のCISCO RECORDSが実店舗を閉店
「千の風になって」秋川雅史
「蕾(つぼみ)」コブクロ
「Love so sweet」嵐
「Flavor Of Life」宇多田ヒカル
「花の名」Bump of Chicken
「愛唄」GReeeeN
「SUPER LOVE SONGS」B'z
「旅立ちの唄」Mr.Children
「おしりかじり虫」おしりかじり虫
「ポリリズム」Perfume
「911FANTASIA」七尾旅人
「GO TO THE FUTURE」サカナクション
「空洞です」ゆらゆら帝国
「PRETAPORTER」大橋トリオ
<物故者>
アリス・コルトレーン(ジョン・コルトレーンの妻だったジャズ・ピアニスト)
ジョー・ザヴィヌル(ジャズ・キーボーディスト)
マイケル・ブレッカー(1月13日)
デニー・ドハーティ(1月19日)元ママス&パパス
ルーサー・イングラム(3月19日)
マーク・セント・ジョン(4月5日)(キッスのギタリスト)
マックス・ローチ(8月16日)(ジャズ・ドラマー)
ルチアーノ・パバロッティ(9月6日)(テノール歌手)
カール・ハインツ・シュトックハウゼン(12月5日)
オスカー・ピーターソン(12月23日)
成毛滋(ギタリスト)(3月29日)
坂井泉水(5月27日)ZARD
阿久悠(8月1日)作詞家
井沢八郎(歌手)

<映画>
この年の洋画についてはここから!
大いなる陰謀」(ロバート・レッドフォード)
イントゥ・トゥ・ザ・ワイルド」(ショーン・ペン)
この年の邦画についてはここから!
「恋空」(今井夏木)
<物故者>
エドワード・ヤン(監督)
スチュワート・ローゼンバーグ(監督)(3月15日)
ジャン=クロード・ブリアリ(俳優)(5月30日)
ラズロ・コバックス(カメラマン)(7月22日)
ミケランジェロ・アントニオーニ(監督)(7月30日)
イングマール・ベルイマン(監督)(7月30日)
デボラ・カー(俳優)(10月16日)
石立鉄男(俳優)
植木等(俳優・コメディアン)(3月27日)
熊井啓(監督)(5月23日)
谷口千吉(監督)

<演劇・舞台>
モダンスイマーズ「回転する夜(蓮菜竜太作・演出)
大人計画「ドブの輝き」(松尾スズキ、宮藤官九郎作・演出)
劇団 本谷有希子「ファイナルファンタジックスーパーンノーフラット」(本谷有希子作・演出)
維新派「nostaigia」(松本雄吉作・演出)
遊園地再生事業団「ニュータウン入口」(宮沢章夫作・演出)
新・転位21「僕と僕-神戸児童連続殺傷事件-」(山崎哲作・演出)
虚構の劇団「監視カメラが忘れたカメラ」(鴻上尚史作・演出)
NYLON100℃「わが闇」(ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出)

<テレビ>
爆問学問「爆笑問題のニッポンの教養」放送開始
「セクシー・ボイス・アンド・ロボ」佐藤東弥(演)松山ケンイチ、大後寿々花(出)
「SP警視庁警備部警護課第四係」金城一紀(脚)本広克弘(演)岡田准一、堤真一(出)
連続テレビ小説「ちりとてちん」(脚)藤本有紀(出)貫地谷しほり、和久井映見、松重豊
NHK「ハゲタカ」(原)真山仁(脚)林宏司(出)大森南朋、柴田恭兵
日本テレビ「ハケンの品格」(脚)中園ミホ(出)篠原涼子、大泉洋、加藤あい
TBS「華麗なる一族」(原)山崎豊子(脚)橋本裕志(出)木村拓哉、鈴木京香、北大路欣也
フジテレビ「ガリレオ」(原)東野圭吾(出)福山雅治、柴咲コウ
フジテレビ「SP」(脚)金城一紀(出)岡田准一、堤真一
フジテレビ「ライアーゲーム」(脚)古谷和尚(出)戸田恵梨香、松田翔太

<アニメ>
新海誠「秒速5センチメートル」(映画)
庵野秀明「エヴァンゲリヲン新劇場版:序」

<文学、出版>
ハリー・ポッター・シリーズ完結編発売
この年の文学についてはここから!
ネット小説を中心にヤング向けの本が上位を独占した年でした。
そんな中、草思社が倒産(「声に出して読みたい日本語」などの出版社)
「ホームレス中学生」「陰日向に咲く」など、お笑い芸人本もブームになり、「芸人の時代」を象徴
<文芸ベストセラー>(トーハン調べ)
(1)「恋空〜切ない恋物語〜」(上・下)美嘉(2)「赤い糸」(上・下)メイ(3)「君空"Koizora"another story」美嘉(4)一瞬の風になれ」(1・2・3)佐藤多佳子(5)「もしもキミが。」凛(6)「求めない」加島祥造(7)「純愛」稲森遥香(8)「陰日向に咲く」劇団ひとり(9)「夜明けの街で」東野圭吾(10)「楽園」(上・下)宮部みゆき
<その他のベストセラー・話題の書>
「女性の品格 装いから生き方まで」坂東眞理子
「ホームレス中学生」田村裕
「鈍感力」渡辺淳一
「日本人のしきたり」飯倉晴武(編著)
「ローマ人の物語」(全5巻)塩野七生

<ファッション>
デコラティブ ブーム
「AneCan」、「GRACE」創刊
この年のファッションについてはここから!

<スポーツ>
この年のスポーツについてはここから!
2008年 
<2008年の出来事>
クラスター爆弾に関する禁止条約が締結される
<アメリカ>
<リーマン・ショック>(9月)
アメリカの大手投資銀行リーマン・ブラザースの破綻により「リーマン・ショック」始まる
世界的な金融危機がここから広がることになります
<オバマ大統領誕生>(11月)
 民主党バラク・オバマが共和党ジョン・マケイン候補に圧勝しアメリカ大統領に当選
 黒人初の大統領が誕生

アメリカFDAがクローンによる家畜の肉に安全上の問題はないと発表
アメリカの北イリノイ大学で乱射事件発生(6人死亡)
アメリカ大統領選挙共和党候補にジョン・マケインが決定

<中南米>
キューバのフィデル・カストロ議長が引退、実弟のラウル・カストロが後継に選出される

<ヨーロッパ>
ドミートリー・メドヴェージェフがロシア連邦新大統領に就任、プーチンとの双頭の鷲体制始まる
グルジアがロシアに対して独立を宣言、ロシアとの戦闘状態に入る

<中東・アフリカ>
イスラエルがガザ地区への空爆を行い軍隊を侵攻させる

<アジア>
中国・四川大地震発生(約7万人が死亡)
中国・ウイグル自治区で爆破テロ事件
チベット仏教の最高指導者ダライラマ14世が日本、アメリカ訪問
アフガニスタン、カンダハルで80名以上が死亡する爆弾テロ事件発生
インド、ムンバイで同時多発テロ事件発生、330名が死傷(イスラム過激派組織による犯行)
スリランカ共和国で爆破テロ事件多発「タニル・イーラム解放のトラ」
台湾総選挙で国民党党首の馬英九が当選

<日本>
連続幼女誘拐殺人犯の宮崎勤への死刑執行
日本人としては史上最多の4人(アメリカ国籍1人含む)がノーベル賞受賞
0系新幹線がさよなら運転
シーシェパードによる捕鯨船攻撃が激化(2名が第二勇新丸に乗り込み拘束される)

 1月 中国産冷凍餃子で中毒事件相次ぐ
     大阪府知事選挙で弁護士でタレントの橋下徹が当選
 2月 ロス疑惑の三浦和義被告がサイパンで逮捕
 4月 後期高齢者医療制度開始(メタボ検診が義務化)
     Twitter日本語版が開設
 5月 北海道、東北地方などでタバコ購入に「taspo」が必要になる
 6月 東京・秋葉原で無差別通り魔殺人事件発生(8日)
     国会でアイヌ民族が先住民族とされる
     後部座席でのシートベルト着用義務付け
 7月 第34回主要国首脳会議が北海道洞爺湖で開催される(洞爺湖サミット)
     「iPhone3G」の国内販売開始
     大阪の飲食店「くいだおれ」閉店(「くいだおれ人形」は移転)
 9月 麻生太郎新首相誕生
10月 国土交通省の外局、観光庁発足
11月 航空自衛隊が5年間の活動を終えてイラクから撤収
12月 九州で日中韓による初のサミット開催

<流行語>
「アラフォー」(天海裕希主演のテレビ・ドラマ「Around 40」で一般化した40代前後世代の呼び名)
「グー!」(芸人エド・はるみのネタ)
「ゲリラ豪雨」(都市部の気候が熱帯化し、局地的な豪雨による事故が多発)

<ヒット商品>
BD(ブルーレイ・ディスク)レコーダー

<物故者>
アーサー・C・クラーク(3月19日)(SF作家)
アラン=ロブ・グリエ(作家・映画監督)(2月18日)
アルバート・ホフマン(4月29日)LSDの開発者
アレクサンドル・ソルジェニーツィン(8月3日)(ノーベル賞受賞作家)
イブ・サン=ローラン(6月1日)(ファッション・デザイナー)
サー・エドモンド・ヒラリー(1月11日)(登山家)
トーマス・M・ディッシュ(7月4日)(SF作家)
スハルト第二代インドネシア大統領(1月27日)
ハロルド・ビンター(劇作家)
ボビー・フィッシャー(1月17日)(チェス・プレーヤー)
マイケル・クライトン(11月4日)(「ER」「ジュラシック・パーク」「アンドロメダ病原体」などの作者)
マハリシュ・マヘシュ・ヨギ(2月5日)(思想家)
ミラ・ショーン(9月4日)(ファッション・デザイナー)
ライアル・ワトソン(6月25日)(ノンフィクション作家・生物学者)
ロバート・ラウシェンバーグ(5月12日)(現代美術家)

赤塚不二夫(8月2日)(漫画家)
飯島愛(タレント)自殺
石井桃子(児童文学者)
上田哲(政治家)
内田勝(元少年マガジン編集者)
小川国夫(作家)
加藤周一(作家・医師)
筑紫哲也(11月7日)(キャスター)
寺内大吉(作家)
氷室冴子(作家)
水野春朗(映画評論家)
三浦和義(ロス疑惑の被疑者)自殺
渡辺武雄(演出家)
<音楽>
「キセキ」GReeeeN
「そばにいるね」青山テルマ feat.Soulja
「HANABI」Mr.Childeren
「海雪」ジェロ
「ずっと一緒さ」山下達郎
「love the world」Perfume
「ももいろパンチ」ももいろクローバーZ
<物故者>
ボ・ディドリー(6月2日)
アイザック・ヘイズ(8月10日)
ジェリー・ウェクスラー(8月15日)
ドリヴァル・カイミ(8月16日)
ミリアム・マケバ(11月10日)
ミッチ・ミッチェル(11月13日)ジミ・ヘンのバック・バンド・ドラマ―
フレディ・ハバード(12月29日)
川内康範(4月6日)
服部正(8月2日)
デイブ平尾(11月10日)ゴールデン・カップスのリーダー
遠藤実(12月6日)

<映画>
この年の洋画についてはここから!
「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳 別れの手紙」(スティーブン・ソダーバーグ)
「フロストXニクソン」(ロン・ハワード)
「ベンジャミン・バトン数奇な運命」(デヴィッド・フィンチャー)
「キャデラック・レコード」(チェス・レコードの物語)
この年の邦画についてはここから!
崖の上のポニョ」(宮崎駿)
「トウキョウソナタ」(黒沢清)
「ぐるりのこと。」(橋口亮輔)
「容疑者Xの献身」(西谷弘)
「20世紀少年」(堤幸彦)
<物故者>
ヒース・レジャー(俳優)(1月22日)
アンソニー・ミンゲラ(監督)(3月18日)
ポール・スコフィールド(俳優)(3月19日)
リチャード・ウィドマーク(俳優)(3月24日)
ジュールス・ダッシン(監督)(3月31日)
チャールトン・ヘストン(俳優)(4月5日)
シドニー・ポラック(監督)(5月26日)
ポール・ニューマン(俳優)(9月26日)
市川崑(監督)(2月13日)
三村晴彦(監督)(8月2日)
市川準(監督)(9月19日)
緒方拳(俳優)(10月5日)
土本典昭(監督)
峰岸徹(俳優)

<演劇・舞台>
文学座・青年団「パイドラの愛」(サラ・ケイン作、添田園子訳、松井周演出)
唐組「夕坂童子」(唐十郎作・演出)
モダンスイマーズ「夜光ホテル」(蓮菜竜太作・演出)
M・O・P「阿片と拳銃」(マキノノゾミ作・演出)
NYLON100℃「シャープさんフラットさん」(ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出)
PARCO劇場「幸せ最高ありがとうマジで!」(本谷有希子作・演出)
唐組「ジャガーの眼008」(唐十郎作・演出)
平成中村座「隅田川続俤 法界坊」(串田和美作・演出)
多田淳之介・フランケンズ「トランス」(鴻上尚史作、多田淳之介演出)
新・転位21「シャケと軍手- 秋田児童連続殺人事件-」(山崎哲作・演出)

<テレビ>
NHKが「NHKオンデマンド・サービス」開始
「ありふれた奇跡」山田太一(脚)井川比佐志、加瀬亮、仲間由紀恵(出)
テレビ朝日「未来講師めぐる」(脚)宮藤官九郎(出)深田恭子、武田真治
テレビ東京「週刊真木よう子」(脚)大根仁、三木聡、長塚圭史・・・(出)真木よう子

<アニメ>
宮崎駿「崖の下のポニョ」(映画)
フジテレビ「墓場鬼太郎」(原)水木しげる

<文学、出版>
この年の文学についてはここから!
この年は、東野圭吾、そして「ハリー・ポッター」最終巻の年でした。
映画化もされた「ゴールデン・スランバー」も大ヒット。
売れる本と売れない本の格差が拡大した年でもあります。
「主婦の友」「ロードショー」「ダカーポ」「月刊プレイボーイ」「流行通信」(休刊)
<文芸ベストセラー>(トーハン調べ)
(1)「流星の絆」東野圭吾(2)「聖女の救済」東野圭吾(3)「ガリレオの苦悩」東野圭吾(4)「犬と私の10の約束」川口晴(5)「のぼうの城」和田竜(6)「L change the World」M(7)「食堂かたつむり」小川糸(8)ゴールデン・スランバー」伊坂幸太郎(9)「私の男」桜庭一樹(10)「おそろし 三島屋変調百物語事始」宮部みゆき
<その他のベストセラー・話題の書>
「ハリー・ポッターと死の秘宝」(上・下)J・K・ローリング
「夢をかなえるゾウ」水野敬也
「B型自分の説明書」(他の血液型も)Jamais Jamais
「親の品格」坂東眞理子
「悩む力」姜尚中
「おひとりさまの老後」上野千鶴子
「脳を活かす勉強法」茂木健一郎

<漫画>
「宇宙兄弟」小山宙哉
「ちはやふる」末次由紀
「聖☆おにいさん」中村光
「BILLY BAT」浦沢直樹
「モテキ」久保ミツロウ

<ファッション>
サングラス代わりに「だて眼鏡」ブーム
この年のファッションについてはここから!

<スポーツ>
この年のスポーツについてはここから!
北京五輪開幕
2009年 
<2009年の出来事>
バラク・オバマ大統領がノーベル平和賞受賞(核兵器廃絶の演説への評価)
世界経済フォーラム(ダボス会議)開催
国際通貨基金(IMF)が世界全体の経済成長率が0.5%になると予測(第二次大戦後最悪)
新型インフルエンザ流行し、世界保険機構(WHO)が「パンデミック(世界的大流行)」と発表(6月)
コペンハーゲン開催の気候変動枠組条約締約会議(COP15)で合意形成ならず

<アメリカ>
バラク・オバマが第44代アメリカ合衆国大統領に就任(アフロ・アメリカン初の大統領)
ハドソン川にUSエアウェイズのエアバスが着水、無事155人全員が救助される
アメリカとロシアの人工衛星が衝突
アメリカの医療保険制度改革法案が可決される

<ヨーロッパ>
ドイツでヴィネンデン銃乱射事件(15名死亡)
オリエント急行が廃止となる

<中東・アフリカ>
ジンバブエがハイパー・インフレにより、1兆ジンバブエ・ドル紙幣を発行
エチオピアの440万年前の地層からラミダス猿人の化石が発見される

<アジア>
中国でウイグル族による暴動が発生
インドの集中豪雨で洪水発生し270名以上が死亡

<日本>
日経平均株価の終値がバブル崩壊後最安値の7054円98銭に落ち込む
ソマリアの海賊対策のため、海上自衛隊をアフリカに派遣
北朝鮮のミサイル実験多発し、誤報の発生で国内も混乱
新型インフルエンザにより、様々な行事が中止になる(死者が発生)
急激な寒さで北海道トムラウシ山でトレッキング客が多数遭難(10名死亡)
日本人宇宙飛行士若田光一が宇宙での137日の滞在を終えて帰還
日本初の宇宙ステーション補給機(HTV)の初号機が国際宇宙ステーション(ISS)への接続成功

 1月 株券の電子化完了
 2月 中川昭一郎財務大臣が酩酊状態での会見を行い辞任
 3月 定額給付金が全国民に支給される
     千葉県知事に森田健作当選
     将棋の中原誠十六世永世名人が現役引退
 4月 名古屋市長選で民主党出身の河村たかし当選
 5月 裁判員制度スタート
 6月 改正薬事法施行により、コンビニでも一般医薬品の販売が可能になる
     渋谷宮下公園の命名権をナイキが取得し「宮下ナイキパーク」となる(反対運動により中止)
 7月 失業率が5.7%に上昇
     トカラ列島、奄美大島で皆既日食
     AKB48第一回総選挙開催(1位は前田敦子)
     「NAVERまとめ」サービス開始
 8月 第45回総選挙で民主党が圧勝し政権交代
     俳優の押尾学が麻薬取締法違反で逮捕、歌手の酒井法子が覚せい剤取締法で逮捕
 9月 民主・社民・国民の3党による鳩山由紀夫内閣成立。15年ぶりの非自民政権誕生
10月 Amazonが電子書籍リーダー「Kindle」を日本で発売開始
11月 佐賀県玄界原子力発電所でプルサーマル発電の試運転が開始
     厚生労働省が日本の貧困率15.7%が先進国中最大であると発表
12月 「原爆症救済法」成立
<流行語>
「政権交代」(15年ぶりに自民党が政権を失ったことから)
「子供店長」(トヨタ自動車CMに起用された加藤清史郎)
「事業仕分け」(政治における無駄をなくすために行われることになった仕分け作業)
「学級(学校)崩壊」(制御不能の児童と制御能力不足の教師)
「草食男子」(肉食男子から草食男子へ)
「ファストファッション」(H&M日本上陸)

<ヒット商品>
990円ジーンズ
LED電球
「龍が如く3」
「デュエル・マスターズ」「遊戯王」「バトルスピリッツ」などカードゲーム人気続く
ニンテンドーDS用ソフト「ラブプラス」
Twitterで複数のつぶやきを一つの画面にまとめる「Together」サービス開始

<物故者>
アンドリュー・ワイエス(画家)(1月16日)
ウォルター・クロンカイト(テレビ・キャスター)(7月17日)
クロード・レヴィ=ストロース(文化人類学者)(10月30日?)
コラソン・アキノ(第11代フィリピン大統領)(8月11日)
J・G・バラード(SF作家)(4月19日)
ジョン・アップダイク(作家)(1月27日)
ビナ・バウシュ(振付師、舞踏家)(6月30日)
フィリップ・ホセ・ファーマー(SF作家)(2月25日)
マース・カニングハム(振付師)(7月26日)
ミルヴィナ・ディーン(タイタニック号最後の生存者)
ロバート・マクナマラ(政治家、実業家)(7月6日)映画「フォッグ・オブ・ウォー
金大中(第15代韓国大統領)(8月18日)

伊藤計劃(SF作家)(3月19日)「虐殺器官」「ハーモニー」
栗津潔(グラフィックデザイナー)
栗本薫(作家)
庄野潤三(作家)(9月21日)
田口タキ(6月19日)小林多喜二の元恋人
田中文雄(作家・映画プロデューサー)
平岡正明(評論家)(7月9日)
平山郁夫(日本画家)(12月2日)
福田繁雄(グラフィックデザイナー)
<音楽>
「マイガール」嵐
「愛のままで…」秋元順子
「春夏秋冬」Hilrhyme
「浪曲一代」氷川きよし
「Stand by U」東方神起
「イチブトゼンブ」B'z
「弱虫サンタ」羞恥心
「明日が来るなら」JUJU with JAYED
「女々しくて」ゴールデンボンバー
「Here are OKAMOTO'S」KAMOTO'S
初音ミク初ライブ
<物故者>
マイケル・ジャクソン(6月25日)
ジョー・キューバ(2月15日)
モーリス・ジャール(3月29日)
ココ・テイラー(6月3日)
レス・ポール(8月13日)
ラリー・ネクテル(8月20日)
大口広司(1月25日)テンプターズのドラマー、俳優
忌野清志郎(5月2日)
アベフトシ(7月22日)ミシェルガン・エレファントのギタリスト
加藤和彦(10月17日)
喜納昌永(12月24日)(喜納昌吉の父)
三木たかし(作曲家)
南田洋子(俳優)

<映画>
この年の洋画についてはここから!
「イングロリアス・バスターズ」(クウェンティン・タランティーノ)
「インビクタス 負けざる者たち」(クリント・イーストウッド)
「NINE」(ロブ・マーシャル、ダニエル・デイ=ルイス)
この年の邦画についてはここから!
「おくりびと」(滝田洋二郎)がアカデミー外国語映画賞受賞
マイケル・ジャクソン THIS IS IT」(ケニー・オルテガ)
<物故者>
パトリック・マクグーハン(俳優・監督)(1月13日)
リカルド・モンタルバン(俳優)(1月14日)
デヴィッド・キャラダイン(俳優)(6月3日)
カール・マルデン(俳優)(7月1日)
パトリック・スウェイジ(俳優)(9月14日)
ファラ・フォーセット(俳優)(「チェーリーズ・エンジェルス」)
ヘンリー・ギブソン(俳優)(9月14日)
ジェニファー・ジョーンズ(俳優)(12月17日)
ダン・オバノン(監督・脚本)(12月17日)
大原麗子(俳優)
斎藤耕一(監督)
長谷部安春(監督)(6月14日)
松林宗恵(監督)
森繁久彌(俳優・コメディアン)
山田辰夫(俳優)

<演劇・舞台>
モモンガ・コンプレックス「初めまして、おひさしぶり」(白神ももこ作・演出)
黒テント「イスメネ・控室・地下鉄-終わらない終わりについての三章-」(佐藤信作・出演俳優陣演出)
6人の演出家による連続上演「キレなかった14歳??りたーんず」(「少年B」、「アントン、猫、クリ」・・・)
唐組「黒手帳に頬紅を」(唐十郎作・演出)
水族館劇場「メランコリア 死の舞踏」(桃山邑作・演出)
クロムモリブデン「空耳タワー」(青木秀樹作・演出)
劇団、本谷有希子「来来来来来」(本谷有希子作・演出)
維新派「ろじー式- とおくから、呼び声が、きこえる-」(松本雄吉作・演出)
庭劇団ペニノ「太陽と下着の見える町」(タニノクロウ作・構成・演出)

<テレビ>
NHK「火の魚」(脚)渡辺あや(演)黒崎博(出)原田芳雄、尾野真千子
テレビ東京「空から日本を見てみよう」放送開始
NHK「ブラタモリ」放送開始
TBS「JIN- 仁-」(原)村上もとか(脚)森下圭子(出)大沢たかお、中谷美紀
フジテレビ「ありふれた奇跡」(脚)山田太一(出)仲間由紀恵、加瀬亮
テレビ東京「湯けむりスナイパー」(脚)大根仁(出)遠藤憲一、伊藤裕子
TBS「深夜食堂」(原)安倍夜郎(演)山下淳弘ほか(出)小林薫、松重豊、安藤玉枝
フォックスTV「glee グリー」(脚)ライアン・マーフィーほか(出)ディアナ・アグロン、クリス・コルファー
アメリカにて放送開始(2015年まで)で、日本では2012年から放送開始
NHKBS「週刊ブックレビュー」新司会者に中江有里(女優・脚本家)、梯久美子(ノンフィクション作家)登場

<アニメ>
TBS「けいおん」放送開始しブームとなる
フジテレビ「東のエデン」
「つみきのいえ」(加藤久仁生)がアカデミー短編アニメ賞受賞
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(摩砂雪、鶴巻和哉)
細田守「サマーウォーズ」(映画)

<文学、出版>
この年の文学についてはここから!
この年はまさに「1Q84」の年、翌年の三巻の出版まで話題が続くことになります。
人間の暗部を描く湊かなえと人間の優しさを描く天童荒太がこの年のもう一つの象徴的存在か?
<文芸ベストセラー>(トーハン調べ)
(1)「1Q84(1、2)」村上春樹(1、2で200万部突破の大ヒット)
(2)「告白」湊かなえ(3)「悼む人」天童荒太(4)「新参者」東野圭吾(5)「利休にたずねよ」山本兼一(6)「パラドックス13」東野圭吾(7)「偽物語」西尾維新(8)「新装版 天地人(上中下)」火坂雅志(9)「終の住処」磯崎憲一郎(10)「化物語(上)」西尾維新
<その他のベストセラー・話題の書>
「読めそうで読めない間違いやすい漢字」山口宗和
「日本人の知らない日本語」蛇蔵&海野凪子
「オバマ演説集 対訳生声CD付」CNNエクスプレス
「しがみつかない生き方『ふつうの幸せ』を手に入れる10のルール」香山リカ
「差別と日本人」野中広務/辛淑玉
<漫画>
「進撃の巨人」諫山創
「惡の華」押見修造
「テルマエ・ロマエ1」ヤマザキマリ(全6巻)

(出版業界の危機続く)出版社57社がここ5年間で破綻
「諸君!」「月刊現代」「読売ウイークリー」「ラピタ」「STUDIO VOICE」「marie claire」休刊
<ファッション>
ファストファッション
派手スニーカーが人気
この年のファッションについてはここから!

<スポーツ>
プロゴルファー石川遼がゴルフツアー史上最年少(18歳2ヶ月)の賞金王
この年のスポーツについてはここから!
2010年 
<2010年の出来事>
<アメリカ>
イラク駐留米軍戦闘部隊の撤退完了(8月)
メキシコ湾で石油採掘施設が爆発し世界最悪の原油流出事故となる
アップル社がタブレット型コンピューター「iPad」発表
画像共有アプリ「Instagram」サービス開始

<中南米>
ハイチでマグニチュード7.0の大地震発生、死者は30万人を超える大惨事となった
チリでマグニチュード8.8の大地震発生、死者800人を超える
落盤事故で閉じ込められていたチリの鉱山従業員33人が69日ぶりに無事救出される

<ヨーロッパ>
<ギリシャ危機>
9月の政権交代により、ギリシャの財政危機が明らかとなり、ギリシャ国債が大幅値下げ
国際的な経済危機の引き金となる可能性が指摘されることになる
ギリシャの経済状況について映画監督テオ・アンゲロプロスの言葉
「いまは、戦争と比べても最悪の時代だ。・・・・
長く清掃社会は、ギリシャも含め、本当の繁栄を手にしたと信じてきた。だが、突如それは違うと気づいた・・・。問題はファイナンス(金融)が政治にも倫理にも美学にも、我々の全てに影響を与えていることだ。これを取り払わなくてはならない。扉を開こう。それが唯一の解決策だ」


アイスランド・エイヤフィアトラヨークトルの噴火によりヨーロッパの空港が大混乱
イギリスでデヴィッド・キャメロン内閣成立

<中東・アフリカ>
アフガニスタンでの戦闘に関する米軍の内部情報がウィキリークスにより公開される

<アジア>
中国青海省で大地震発生し、数千人が死亡

<日本>
 1月 社会保険庁が廃止され日本年金機構発足
     日本航空が会社更生法適用を申請
 3月 ワシントン条約締約国会議でクロマグロの国際商業取引禁止案提出(結果は否決)
 5月 「iPod」発売開始
 6月 鳩山由紀夫総理大臣辞任し、菅直人内閣成立
     経済産業省に「クールジャパン室」設置
 7月 参議院選挙で自民党が勝利し、与党が過半数割れし「ねじれ国会」となる
     ルイ・シホヨス監督「ザ・コーブ」公開により、日本の捕鯨が世界的批判の対象に
 8月 渋谷店HMV閉店(レコード、CD時代の終焉)
 9月 尖閣諸島中国漁船衝突事件発生
11月 北朝鮮が韓国・延坪島をロケット砲で攻撃
12月 東北新幹線が新青森まで延伸

<幸せな若者たち>
「内閣府の『国民の生活に関する世論調査』によれば、2010年の時点で20代男子の65.9%、20代女子の75.2%が現在の生活に『満足』していると答えている。こんなに格差社会だ、若者は不幸だと言われながらも、今の20代の約7割は生活に満足しているのだ。特に男の子に関しては、過去の40年間で15%近くも満足度が上昇している」
これはなぜなのでしょうか?
「『今日よりも明日がよくならない』と思う時、人は『今が幸せ』と答えるのである。これで高度成長期やバブル期に、若者の生活満足度が低かった理由が説明できる。彼らは、『今日よりも明日がよくなる』と信じることができた。自分の生活もどんどんよくなっていくという希望があった。だからこそ、『今は不幸』だけど、いつか幸せになるという『希望』を持つことができた。・・・しかし、もはや今の若者は素朴に『今日よりも明日がよくなる』とは信じることができない。自分たちの目の前に広がるのは、ただの『終わりなき日常』だ。だからこそ、『今は幸せ』と言うことができる。・・・」
「絶望の国の幸福な若者たち」古市憲寿

<物故者>
浅倉久志(翻訳家)
荒川修作(美術家)
井上ひさし(作家・劇作家)
梅棹忠夫(民俗学者)
大森実(ジャーナリスト)
大野一雄(舞踏家)
今敏(アニメーション映画監督)
佐野洋子(作家)
清水一行(作家)
立松和平(作家)
つかこうへい(劇作家・演出家)
星野哲郎(作詞家)
三浦哲郎(作家)
村崎百郎(ライター)
森敦(数学者)
山元清多(劇作家)
ラッシャー木村(プロレスラー)
<音楽>
「ヘビーローテーション」AKB48
「神曲たち」AKB48
「トイレの神様」植村花菜
「Mr.」KARA
「Gee」少女時代
「Okay」稲葉浩志
「ありがとう」いきものがかり
「マニフェスト」RHYMSTER
「在日ファンク」在日ファンク
「友だちを殺してまで。」神聖かまってちゃん」
<物故者>
キャプテン・ビーフハート(12月17日)
マルコム・マクラーレン(プロデューサー)
浅川マキ(シンガーソングライター)(1月17日)
石井好子(シャンソン歌手)

<映画>
この年の洋画についてはここから!
この年の邦画についてはここから!
<物故者>
アーサー・ペン(監督)
エリック・ロメール(監督)(1月11日)
クロード・シャブロル(監督)
デニス・ホッパー(俳優・監督)
井上梅次(監督)
池部良(俳優)
北林谷栄(俳優)
木村威夫(美術監督)
佐藤慶(俳優)
藤田まこと(俳優)
高峰秀子(俳優)
谷啓(ジャズ・ミュージシャン、俳優)
野沢那智(俳優・声優)

<演劇・舞台>
阿佐ヶ谷スパイダース「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」(長塚圭史作・演出)
地点「あたしちゃん、行き先を言って」(太田省吾作、三浦基構成・演出)
唐組「百人町」(唐十郎作・演出)
遊園地再生事業団「ジャパニーズ・スリーピング/世界で一番眠い場所」(宮沢章夫作・演出)
平田オリザ・石黒浩研究室アンドロイド演劇「さようなら」(平田オリザ構成・演出)
サンプル「自慢の息子」(松井周作・演出)
木ノ下歌舞伎「俊寛」(近松門左衛門作、木ノ下祐一演出)
マレビトの会「HIROSHIMA-HAPCHEON:二つの都市をめぐる展覧会」(松田正隆作・演出)
NYLON100℃「微菌」(ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出)

<テレビ>
NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」
「チェイス国税査察官」坂元祐二(脚)ARATA、江口洋介(出)
「モリのアサガオ」郷田マモラ(脚)伊藤淳史、ARATA
NHK教育「スコラ 坂本龍一 音楽の学校」放送開始
NHK「龍馬伝」(脚)福田靖(出)福山雅治、香川照之
NHK「セカンド・バージン」(脚)大石静(出)鈴木京香、長谷川博己、深田恭子
テレビ朝日「熱海の捜査官」(脚)三木聡(出)オダギリ・ジョー、栗山千明、田中哲司
日本テレビ「霊能力者 小田霧響子の嘘」(脚)渡辺雄介(出)石原さとみ、谷原章介
TBS「SPEC?警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿?」(脚)西荻弓絵(出)戸田恵梨香、加瀬亮
TBS「新参者」(原)東野圭吾(脚)真野勝成、牧野圭祐(出)阿部寛
テレビ東京「モテキ」(脚)大根仁(原)久保ミツロウ(出)森山未來、長澤まさみ、満島ひかり
フジテレビ「ストロベリー・ナイト」(パイロット版)(原)誉田哲也(出)竹内結子、西島秀俊、武田鉄矢

<文学・出版>
この年の文学についてはここから!
「もしドラ」の大ヒットにより、経済学者ドラッカーに注目が集まる。本人の本も売れ、経済学全体がちょっとしたブームに。
「ハーバード白熱教室」のヒットにより、哲学者マイケル・サンデルの本もベストセラーに。
<文芸ベストセラー>(トーハン調べ)
(1)「1Q84(3)」村上春樹(2)「くじけないで」柴田トヨ(3)「天地明察」沖方丁(4)「母-オモニ-」姜尚中(5)「1Q84(1,2)」(6)「神様のカルテ」夏川草介(7)「親鸞(上・下)」五木寛之(8)「神様のカルテ」(2)夏川草介(9)「猫物語(黒)」西尾維新(10)「新参者」東野圭吾
<その他のベストセラー・話題の書>
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」岩崎夏海(100万部突破の大ヒット)
「体脂肪計 タニタの社員食堂」タニタ
「伝える力」池上彰
「これからの『正義』の話をしよう」マイケル・サンデル
「マネジメント「エッセンシャル版」基本と原則」P・F・ドラッカー
「ゲゲゲの女房」武良布枝
「ヘブン」川上未映子

<ファッション>
この年のファッションについてはここから!

<スポーツ>
この年のスポーツについてはここから!
バンクーバー五輪開催
ワールドカップ・サッカー南アフリカ大会開催

2011年へ   トップページへ