「デッド・マン・ウォーキング Dead Man Walking」 1995年

- ティム・ロビンス Tim Robbins、スーザン・サランドン Susan Sarandon -

<デッド・マン・ウォーキング>
 「デッド・マン・ウォーキング
 これほど作品の内容を的確に表しているタイトルも珍しいかもしれません。
 「デッド・ボディー Dead Body(死体)」ではなく「デッド・マン Dead Man(死にゆく人)」の歩み。それは、日々の生活そのものが死へと近づく過程でもある死刑囚という特殊な人々の人生の曖昧さをイメージさせます。生きてはいても、心の痛みを感じることはできても、回りからはもはや死人同然に見られる死刑囚の人生とは、いったいどんなものなのでしょうか?

<死刑制度の是非だけでなく>
 今までも、死刑制度の是非を問う映画はありましたが、この映画は単に死刑制度が反人道的であると否定するために作られた作品ではありません。死刑囚が犯した罪が、どれだけ被害者やその家族を苦しめたか、それがいかに重い罪であるのかを改めて追求することにあえて重きを置いています。そして、それだけ罪が重いにも関わらず、それでもなお神ならぬ人が死をもって罪を償わせるということが、許されるのであろうか?と問いかけているのです。
 この作品は、殺した側、殺された側、どちらの側をも、時に厳しく、時に優しく見つめることによって、死刑制度というものを観客が理解できる近さにまで引き寄せることに見事に成功しています。だからこそ、重苦しい内容でありながら、観客はラスト・シーンに至るまでぐいぐいと引き込まれてしまうのです。

<事実のもつ重み>
 さらにこの作品を重みのあるものにしているのは、主人公の修道女ヘレン・プリジーン女史が実在の人物であり、ストーリーの下敷きになっている事件が、彼女の本に書かれた実際の出来事だからです。弁護士や検事のように格好良い仕事でもなく、お金になるわけでもない、死刑囚のためのスピリチュアル・アドバイザーという地味な仕事にいったい救いはあるのでしょうか?それは、魂を救う行為の困難さとその価値の高さを知らなければ、絶対に出来ない仕事ではないでしょうか。そして、そのことを十分に理解できたからこそ、この作品で主人公を演じることになるスーザン・サランドンは映画化を思い立ち、夫でもあるティム・ロビンスにそのことを進言したのでしょう。しかし、アメリカの映画界にとって、これほど映画化に向かない地味で重い内容は無かったかも知れません。(最近のアメリカの戦争行為を見れば明らかです)

<ショーン・ペンの存在感>
 スーザン・サランドンとティム・ロビンス監督の貢献は、言うまでもないことですが、もうひとりのの主人公である死刑囚を演じたショーン・ペンの名演技ぬきに、この作品を語ることはできないでしょう。数々の問題発言で、ハリウッドから嫌われている彼は、「アイ・アム・サム I am Sam」とこの作品でともにアカデミー主演男優賞を逃しています。さらにイラク戦争に対して、いち早く反対の声をあげたことで、ある映画のプロデューサーに主役の座を降ろされるという事件がありました。いろいろな意味で、彼は21世紀のマーロン・ブランド的存在になろうとしているのかもしれません。(彼は監督としても一流なので、それ以上の存在になれる可能性もあります)
 「ハリウッドよ、早く彼にアカデミー賞を与えないと、後悔することになりますよ・・・」と思っていたら、その後、2003年彼はクリント・イーストウッド監督作品「ミスティック・リバー」でアカデミー主演男優賞を受賞しました。

<素晴らしい女優、スーザン>
 アメリカで放映されていたイラク戦争に反対するCMに堂々と登場し、アカデミー賞の授賞式でも、観客に向かって高々とピース・サインを示していたスーザン・サランドンさん、あなたはまるで映画界のヘレン・プリジーンのように光り輝いていました。
 僕が初めてあなたを見たのは、ロバート・レッドフォード主演でジョージ・ロイ・ヒル監督の隠れた名作のひとつ「華麗なるヒコーキ野郎」でした。飛行機の翼の上でキャー・キャーと黄色い声で泣き叫ぶあなたは、今のあなたからは考えられないひどい役柄でした。
 カルト・ロック・ムービー「ロッキー・ホラー・ショー」でも主役だったわけですが、これもまた今のあなたからは考えられない情けない役柄でした。それでも、確かにあなたには存在感があり、少しずつステップ・アップして行ったのです。
 旦那様ティム・ロビンスとの共演作「さよならゲーム」におけるあなたはいよいよ魅力全開でした。あなたのファンにとって、この作品はナンバー1かもしれません。
 しかし、なんと言ってもレディース・バイオレンス映画の傑作「テルマ&ルイーズ」を忘れるわけにはいかないでしょう。女性を主人公にした映画としては、間違いなく歴代ベスト10に入るであろうこの作品でついにあなたは自分自身に最も近い役柄と出会ったのかも知れません。あなたは、まさに自らの手でキャリアを築き上げてきた「叩き上げの名女優」となりました。この作品「デッド・マン・ウォーキング」であなたがアカデミー主演女優賞を取ったのは、当然の結果だったと言えるでしょう。

<デッド・マン・ウォーキングの音楽>
 この映画と同じタイトルをもつCDがあります。しかし、その正確な英語タイトルは「Dead Man Walking / Music From and Inspired by The Motion Picture」となっており、「オリジナル・サウンドトラック」とはなっていません。どうしてかというと、このアルバムに収められた12曲のうち、映画に使用されているのは、わずか4曲にすぎないのです。その意味で、このアルバムは「デッド・マン・ウォーキング / イメージ作品集」というべきなのです。
 監督のティム・ロビンスは、基本的にこの作品に音楽は多くは必要ないと考えていました。それは、主人公のヘレン・プリジーン女史が所属するキリスト教の一派、ベネディクト派が讃美歌も含め音楽を一切使用しない宗派だからであり、音楽によって安易にドラマチックに盛り上げることを良しとしない監督の考え方からでもあったのでしょう。
 そこで、この映画の音楽を担当したティム・ロビンスの兄、デヴィッド・ロビンスは、アメリカそしてこの映画の舞台となったルイジアナという土地をイメージさせる音楽をあえて避けることを考えました。それは、「地上の音楽」ではなく「天上の音楽」でなければならなかったのです。

<天上の音楽>
 こうして選ばれたのが、パキスタンが生んだカッワーリーの歌い手、ヌスラット・ファテ・アリ・ハーンでした。彼のソウルフルな歌声は、20世紀の音楽において最も天上に近い存在かもしれないだけに、その選択は当然だったかもしれません。そして、彼と共演したのが、パール・ジャムのエディー・ヴェダーで、プロデューサーとしてはライ・クーダーが当たりました。なんとも豪華な組み合わせです。このチームによる2曲が映画のテーマ曲的に用いられ、エンド・タイトルには大御所ブルース・スプリングスティーンの「デッド・マン・ウォーキン Dead Man Walkin'」が使われました。(もう一曲はカントリー界の大御所ジョニー・キャッシュ Johnny Cashの作品です)

<ティム・ロビンスの音楽センス
 このアルバムは、ロビンス兄弟の音楽センスが無ければ生まれなかった作品と言えそうですが、それもそのはず彼の父親は、1961年に「漕げよマイケル」の大ヒットを飛ばしたフォーク・グループ、ハイウェイ・メン The Highwaymanのメンバーだったのだそうです。

<参加ミュージシャンたち>
 さらに監督のティム・ロビンスは自らの作品に自信を持ったのでしょう。未編集のフィルムと作品のために集めた資料を、彼が気に入っている「言葉を大切にするアーティスト」たちに送り、その感想を音楽にしてほしいと依頼したのです。そして、その答えとして送られてきた作品の数々を集められたのがこのアルバムなのです。
 こうして、前述の作品以外に収められたアーティストたちは、スザンヌ・ヴェガ Suzanne Vaga、ライル・ラヴェット Lyle Lovetto、トム・ウェイツ Tom Waits、ミッシェル・ショックト Michelle Shocked、そしてパティ・スミス Patti Smithなどのメンバーになりました。
 「アメリカの良心」の結集と言ってしまうと、どうも嫌みに聞こえてしまいますが、これこそ21世紀に入り、世界で最も危険な国になってしまったアメリカという国に必要とされる作品に思えます。この映画が訴えている問題は、死刑制度だけの問題では済まないのですから・・・。

「デッド・マン・ウォーキング Dead Man Walking」 1995年公開
(監)(脚)ティム・ロビンス Tim Robbins
(製)ジョン・キリック Jon Kilik、ティム・ロビンス、ラッド・シモンズ Rudd Simmons
(撮)ロジャー・A・ディーキンス Roger A. Deakins
(音)デヴィッド・ロビンス David Robbins
(原)シスター・ヘレン・プリジーン Sister Helen Prejean
(出)スーザン・サランドン Susan Sarandon、ショーン・ペン Sean Penn

<この年の映画>

フルCG映画「トイ・ストーリー」公開(CGの映像技術が一般化)

「愛のめぐりあい」(監)ミケランジェロ・アントニオーニ、ヴィム・ヴェンダース(出)ジョン・マルコビッチ、ソフィー・マルソー(ヴェネチア映画祭国際評論家賞
「明日を夢見て」(監)ジュゼッペ・トルナトーレ(出)セルジオ・カステッリ(ヴェネチア映画祭審査員特別賞
「アポロ13 Apollo 13」 (音)James Honor (ロン・ハワード監督の傑作実録宇宙ドラマ)(出)トム・ハンクス
「アンダーグラウンド」(監)エミール・クストリッツァ(原)デュシャン・コバチェヴィッチ(カンヌ映画祭パルム・ドール受賞)
「いつか晴れた日に Sense and Sensibility」(監)アン・リー(脚)(主)エマ・トンプソン
「英国万歳!」(監)ニコラス・ハイトナー(主)ナイジェル・ホーソーン、ヘレン・ミレン(カンヌ映画祭主演女優賞受賞)
「キャリントン」(監)クリストファー・ハンプトン(主)エマ・トンプソン、ジョナサン・プライス(カンヌ映画祭審査員特別賞、主演男優賞受賞)
「クロッシング・ガード」(監)(製)(脚)ショーン・ペン(撮)ヴィルモス・シグモンド(出)ジャック・ニコルソン、デヴィッド・モース、石橋凌
「シクロ」(監)トラン・アン・ユン(出)レ・ヴァン・ロック、トニー・レオン(ヴェネチア映画祭金獅子賞
「上海ルージュ」(監)チャン・イーモウ(主)コン・リー(カンヌ映画祭フランス映画高等技術委員会賞受賞)
「白い風船」(監)ジャファル・パナヒ(脚)アッバス・キアロスタミカンヌ映画祭カメラ・ドール(新人賞)、国際批評家連盟賞受賞)
「スモーク」(監)ウェイン・ワン(脚)ポール・オースター(撮)アダム・ホランダー(出)ハーヴェイ・カイテル、ウィリアム・ハート、ストッカード・チャニング
「セブン」(監)デヴィッド・フィンチャー(脚)アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー(出)ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン
「大地と自由」(監)ケン・ローチ(脚)ジム・アレン(スペイン内戦を描いた作品、カンヌ映画祭国際批評家連盟賞受賞)
デッドマン・ウォーキングDead Man Walking」 Bruce SpringsteenN.F.アリ・ハーンその他
(ティム・ロビンス初監督作、映画も音楽も最高級!スーザン・サランドンがアカデミー主演女優賞受賞)
「トイ・ストーリーToy Story」 (監)ジョン・ラセター(音)Randy Newman (初の全編CG映画)
「憎しみ La Haine」 (監)(脚)(編)マチュー・カソヴィッツ(主)ヴァン・サン・カッセル(アイザック・ヘイズ、ボブ・マーリー、ZAPなど、カンヌ映画祭監督賞受賞)
「ブレイブ・ハートBraveheart」(監)(製)(主)メル・ギブソン(音)James Honor アカデミー作曲賞アカデミー作品賞、監督賞受賞
「ポカホンタス/ Colors Of The Wind」 (音)アラン・メンケン アカデミー歌曲賞、ミュージカル音楽賞
星の王子さまを探して / サン=テグジュペリ 魂の軌跡 Saint-EX」
(ブルーノ・ガンツ主演サン=テグジュペリの謎の死に迫る)
「マディソン郡の橋」(監)(出)クリント・イーストウッド(原)ロバート・ジェームス・ウォラー(脚)リチャード・ラグラヴェニーズ(出)メリル・ストリープ
「誘惑のアフロディーテ Mighty Aphrodite」(監)ウディ・アレン(ミラ・ソルヴィーノがアカデミー助演女優賞受賞)
「ユージャル・サスペクツ The Usual Suspects」(監)ブライアン・シンガー(ケヴィン・スペイシーがアカデミー助演男優賞
「ユリシーズの瞳」(監)(脚)テオ・アンゲロプロス(主)ハーヴェイ・カイテル(カンヌ映画祭グランプリ、国際批評家連盟賞受賞)
リービング・ラスベガス Leaving Las Vegas」 (監)(脚)(音)マイク・フィッギス
(出)ニコラス・ケイジ、エリザベス・シュー、スティング、ジュリアン・レノン、ルー・ロウルズなど(ニコラス・ケイジがアカデミー主演男優賞受賞)

「KAMIKAZE TAXI」(監)(脚)原田眞人(撮)阪本善尚(音)川崎真弘(出)役所広司、高橋和也、片岡礼子
「ガメラ 大怪獣空中決戦」(監)金子修介(脚)伊藤和典(出伊原剛志、中山忍、小野寺昭
「攻殻機動隊 Ghost in the Shell」(監)押井守
「午後の遺言状」(監)新藤兼人(製)新藤次郎(撮)三宅義行(出)杉村春子、乙羽信子、観世榮夫、津川雅彦(モスクワ映画祭批評家賞
「写楽」(監)(脚)篠田正浩(脚)皆川博子、堺正俊、片倉美登(プ)原正人(出)真田広之、岩下志麻、葉月里緒菜
「東京兄妹」(監)市川準(脚)藤田昌裕、猪股敏郎、鈴木秀行(出)緒形直人、栗田麗、手塚とおる
「TOKYO FIST 東京フィスト」(監)(プ)(脚)(撮)(美)塚本真也(出)藤井かほり、塚本真也、六平直政
「マークスの山」(監)(脚)崔洋一(原)高村薫(脚)丸山昇一(出)中井貴一、萩原聖人、名取裕子
「渚のシンンドバッド」(監)橋口亮輔(撮)上野彰吾(出)岡田義徳、草野康太、山口耕史(ロッテルダム映画祭グランプリ
「幻の光」(監)是枝裕和(原)宮本輝(脚)荻田芳久(撮)中堀正夫(出)江角マキコ、内藤剛志、浅野忠信(ヴェネチア映画祭オゼロ・ドゥ・オロ賞シカゴ国際映画祭ゴールド・ヒューゴ賞バンクーバー映画祭グランプリ
「深い河」(監)(脚)熊井啓(原)遠藤周作(撮)栃沢正夫(出)奥田瑛ニ、秋吉久美子、井川比佐志
「Love Letter」(監)(脚)岩井俊二(撮)篠田昇(音)REMEDIOS(出)中山美穂、豊川悦司、酒井美紀

ルイ・マル(監督)死去(63歳)
入江たか子(俳優)死去(83歳)
金子信雄(俳優)死去(71歳)
川谷拓三(俳優)死去(54歳)
神代辰巳(監督)死去(67歳)
山田康雄(俳優、声優)死去(62歳)

<この年の出来事>

世界貿易機構(WTO)設立
第21回主要先進国首脳会議(ハリファックス・サミット)
第4回国連世界女性会議(北京)
国連核実験停止決議、しかし核実験は止まらず
<アメリカ>
モスクワで米ロ首脳会議
ヴェトナムとアメリカが国交樹立
<ヨーロッパ>
フランスが南太平洋、ムルロア環礁で地下核実験を強行
ボスニア和平協定調印
サハリン大地震、死者2040人に達する
ロシアのチェチェンで紛争続く
ドイツのファンタジー文学作家、ミヒャエル・エンデ死去
フランスの映画監督、ルイ・マル死去
<アフリカ・中東>
PLOとイスラエル、パレスチナ自治拡大協定調印
イスラエル、ラビン首相暗殺される
ブルンジで内戦始まる
ルワンダで難民が虐殺される
<アジア>
フランスに続き、中国も地下核実験実施
ミャンマーの民主化運動指導者、スー・チー女史釈放される
ヴェトナム、ASEANに正式加盟
朝鮮半島エネルギー開発機構KEDO発足
<日本>
阪神淡路大震災
円高が加速し1ドル80円台へ
沖縄で米兵3人による少女暴行事件発生
地下鉄サリン事件、オウム真理教の強制捜査
高速増殖炉「もんじゅ」でナトリウム漏れ事故発生
コスモ信用金庫、兵庫銀行など経営破綻
大和銀行ニューヨーク支店の巨額損失明らかになる
景気低迷による最悪の就職難
野茂英雄、大リーグで新人王獲得、日本人の大リーグ進出のきっかけとなる

<芸術、文化、商品関連>
「ストーン・ダイアリー」キャロル・シールズ著(ピューリツァー賞受賞)
「父の遺産」フィリップ・ロス著(全米図書賞)
インドで「ムトゥ 踊るマハラジャ」公開、後に世界的ヒットとなる
「アンダーグラウンド」(村上春樹著)
ウインドウズ95日本語版発売
<この年の音楽>この年の音楽については、ここから!
   
1995年のページへ   20世紀映画劇場へ   トップページへ