「イージー・ライダー Easy Rider 」 1969年

- デニス・ホッパー Dennis Hopper 、ラズロ・コバックス Laszlo Kovacs -

<不滅の傑作「イージー・ライダー」>
 映画「イージー・ライダー」は1969年の公開当時、予想を遙かに越える大ヒットを記録しました。世界中で多くの若者に受け入れられたわけですが、それに対し「ヒットは時代の流れが生んだ偶然の産物である」という批判も多かったようです。
 しかし、その批判がまったくの誤りであったことは、21世紀になった今、改めてこの作品を見れば明らかです。映像的な質、音楽性の高さ、俳優達の演技、編集の巧みさ、どれをとっても一級品です。そして、時代性を反映したストーリーも驚くほど古くささを感じさせません。それは、アメリカという国の本質が、実は当時も今もほとんど変わっていないからかもしれません。
 ジャック・ニコルソン演じるアル中のドロップ・アウト弁護士は、映画の中でこう言っています。
「アメリカ人は自由を証明するためなら殺人も平気だ。個人の自由についてはいくらでもしゃべるが、自由な奴を見るのは怖いんだ・・・」
 このセリフ、まさに21世紀初めのアメリカにぴったりの言葉です。それだからこそ、この映画の価値は未だ高いのです。

<「イージー・ライダー」誕生秘話>
 「イージー・ライダー」は、なぜこうも時代性を超越した作品に成り得たのか?もちろん、それは偶然の産物ではありませんが、そこにはいくつかの「ツキ」があったのも確かなようです。
 先ずこの映画の基本構想は、「馬をオートバイに乗り換えたガンマンの物語」だということをご存じでしょうか。主人公の一人デニス・ホッパー演じるビリーは、当然あの有名なガンマン、ビリー・ザ・キッドから来ています。そして、ピーター・フォンダ演じるキャプテン・アメリカの本名は、ワイアットなのです。(もちろん、ワイアット・アープから来ています)
 そして、この「オートバイ西部劇」という発想は当時、若者たちの間で「オートバイものの青春映画」がヒットしていたことから来ています。「ヘルス・エンジェルス」や「ダーティー・ライダー」などの作品が、インディーズ系の小さな映画会社によって作られ着実にヒットしていました。
 主役でもあり製作者でもあるピーター・フォンダと監督兼脚本家兼主役のデニス・ホッパーは、アイデアが固まるとさっそく製作のための資金集めにかかります。現在のように巨額な費用を必要とはしなかったこともあり、資金は二人の友人から借りることでなんとかメドがつきました。
 その友人とは、当時人気絶頂だったテレビ番組「ザ・モンキーズ」の製作者バート・シュナイダーと演出担当のボブ・ラフェルソンでした。ボブ・ラフェルソンと言えば、この後ジャック・ニコルソンと「イージー・ライダー」の続編とも言える「ファイブ・イージー・ピーセス」を作ることになる監督です。(ちなみに、ジャック・ニコルソンはモンキーズの映画「Head !恋の合い言葉」の脚本を書いているそうです。
 こうして、「イージー・ライダー」は当時の流行のおこぼれをいただく形で映画化が可能になったというわけです。

<混沌から始まった撮影>
 この映画の撮影は、意外なことにラスト・シーン近く、ニューオーリンズのカーニバルのシーンから始まっています。年に一度のカーニバルですから、当然その日程に撮影も合わせる必要があったのでしょう。
 しかし、この時の撮影は画面上のLSDによるトリップ以上に大混乱の連続だったようです。監督はデニス・ホッパーと決まってはいたものの、正式なカメラマンもなく、脚本も完成していなかったことでスタッフ全員が演出家になったように口だしして、収拾がつかない状況になったのです。改めてこの映画を見ると、このシーンだけがまったく別の作品に見えるのはそのせいもあるのです。しかし、それがまたトリップ状態を見事に映像化したようにも見えるのですから、確かにこの作品は好運に恵まれていたのかもしれません。もし、この映画の撮影が、ストーリーどうりに頭から始まっていたら、まったく違う作品になっていた可能性もありそうです。
 なおこの部分には、娼婦の役としてカレン・ブラックが出演しています。彼女はこの後「エアポート75」や「ナッシュビル」などで主役に抜擢され、大物女優へと成長しています。
 結局、この時点で撮影はいったん中断し、根本的な建て直しをすることになりました。共同脚本家として、ベテラン脚本家のテリー・サザーンが迎えられ、脚本が完璧に仕上げられました。さらに正式なカメラマンとして、当時その才能を認められようとしていたラズロ・コバックスが参加。いよいよ本格的に撮影が再開されることになりました。

<ラズロ・コバックス:ハンガリーからの亡命者>
 ラズロ・コバックスは、ハンガリーから政治亡命してきたカメラマンです。それも、ハンガリーの民主化を収めるためにソ連が軍隊を侵攻させたハンガリー動乱を記録フィルムに残すため命がけで撮影を敢行し、それを国外に持ち出した人物です。(この時、いっしょに撮影を行い、ともにアメリカへと亡命したのが「未知との遭遇」や「ディア・ハンター」などで有名なヴィルモス・ジグモントです)
 亡命当初、彼は英語もしゃべれず、当然カメラマンとし組合に入ることもできなかったため、フィルムを現像する作業場の仕事でかろうじて生活していたといいます。その後も、出張カメラマンや保険会社での写真現像の仕事をしていましたが、少しずつ映画の仕事が回ってくるようになります。幸いなことに、その頃映画界ではメジャーとは別に低予算娯楽映画を専門とする会社が次々に誕生、それまでのハリウッド映画とは違う若者向けの作品を作り、それぞれがヒットを飛ばしていました。そのため、どの会社も優秀なカメラマンを求めていたのです。それらの会社の多くは、ホラー映画やオートバイ映画、サーフィン映画などを中心に作品作りを行っていましたが、その中から現れ、後に多くの有名監督たちを輩出することになったのが、ロジャー・コーマンの作品群だったわけです。

<ラズロ・コバックス:「イージー・ライダー」への参加>
 ラズロ・コバックスもやはり当時オートバイものの映画を何本も撮っていましたが、どれもがくだらない作品だったために、「もう、くだらないオートバイものは撮りたくない」そう思っていたそうです。そのため、最初「イージー・ライダー」の企画を聞かされた時、彼はその映画のカメラマンの仕事をあっさりと断ってしまったそうです。しかし、そんな彼の気持ちをデニス・ホッパーはあっという間に変えてしまいました。デニス・ホッパーは映画に出てくるビリーの衣装と同じ格好で彼の事務所に現れると、完成した脚本を部屋中にばらまき、ストーリーを語りだしました。それを聞いたラズロ・コバックスは、その勢いとストーリーの新しさに圧倒されすぐに仕事を受けると答えたそうです。
 改めて「イージー・ライダー」を見てみると、その撮影の素晴らしさに驚かされるでしょう。風景の美しさは当然のこと、2台のバイクがさっそうと走る姿も実はかなり計算されています。

<ラズロ・コバックス:新しい映画には新しいカメラを>
 この映画でとられたオール・ロケによる撮影は、その後のニューシネマ・ブームの基本となり、未だロード・ムービーの基準になっています。もともとこの手法がとられたのは、スタジオを借りてセットを作る予算がなかったからという現実的な理由からでしたが、それを逆手にとってドラマをよりリアルなものに感じさせたのは、ドキュメンタリー映画で鍛えた彼の優秀なカメラワークがあったからこそです。
 ハンガリーというヨーロッパ文化圏から来た彼は、もともとアメリカ映画をほとんど見たことがなかったといいます。そんな彼に新しい映画手法を確立する役割が回ってきたのは、必然だったのかもしれません。
「古いぶどう酒は古い革袋に、新しいぶどう酒は新しい革袋に」そう言ったのはイエス・キリストですが、神は新しい映画のために新しい男を用意されたのでしょう。
 「イージー・ライダー」の後、彼は白黒映画の名作「ペーパー・ムーン」(1973年・ピーター・ボグダノビッチ)、「ニューヨーク・ニューヨーク」(1978年・マーティン・スコセッシ)、「ゴースト・バスターズ」(1984年・アイヴァン・ライトマン)などの撮影を担当。アメリカを代表するカメラマンのひとりになります。

<画期的な音楽>
 この映画が時代を越えて見られる作品となりえたのは、ラズロ・コバックスの撮影によるところ大ですが、音楽の存在も忘れるわけには行きません。
 この作品以前、ほとんどの映画は映画音楽専門の作曲家が、それぞれの作品のために書き下ろしたものが使われていました。それに対し、この作品では既存の曲から場面にあったものを選び出し、一曲ずつ作者に使用許可を求めるという新しい方法をとったのです。(唯一、ラスト・シーンでロジャー・マッギンが歌っている「イージー・ライダーのバラード」だけは、ピーター・フォンダがボブ・ディランに歌詞を依頼して書いてもらった曲です)この方法が可能になったのは、新しい映画に使うに相応しい新しい音楽がこの時期すでに現れていたからでもあります。
 「ワイルドでゆこう」「ザ・プレッシャー」(ステッペン・ウルフ)、「イフ・シックス・ワズ・ナイン」(ジミ・ヘンドリックス)「イッツ・オールライト・マ」「イージー・ライダーのバラード」(ロジャー・マッギン)「ザ・ウェイト」(ザ・バンド)などの曲がこうして選ばれ歴史に残ることになりました。
 後にザ・バンドのロビー・ロバートソンは、「この映画の音楽をザ・バンドに任せてくれれば、もっと素晴らしいものになったはずだ」と言いましたが、当時のザ・バンドの勢いと「ザ・ウェイト」の素晴らしさから考えれば、そうかもしれません。ただし、この時はまだザ・バンドは無名に近い存在でした。彼らが伝説のバンドとなるのは、この映画の「ザ・ウェイト」からと言えるかもしれません。

<役者たちのはまり具合の妙>
 俳優たちの名演というより、その配役の妙もまたこの映画の成功の一因でしょう。特に今考えるとまさに夢の共演と言えるデニス・ホッパーとジャック・ニコルソンの対決はそれだけでも見応えがありますが、主人公キャプテン・アメリカことピーター・フォンダのクールな演技がまた実に格好いい!
 それとヒッピーのコミューンのリーダー役として登場するルーク・アスキューも、なかなか良い味を出しています。その後、彼はニューシネマ系の西部劇ものになくてはならない脇役俳優となり、本当に西部の荒野に根を張ることになります。
 もうひとり面白い俳優が出ています。運転手つきのリムジンを持っているということで出演を依頼されることになったフィル・スペクターです。オープニング近くの空港でのシーンに登場する麻薬の仲買人として登場する彼はまさにはまり役です。きっと衣装も自前のものなのでしょう。ちょっと笑えます。

<流れる川のように>
 「イージー・ライダー」は、数々の偶然が重なることで生まれた好運な作品なのかもしれません。それは60年代末の激動があったからこそ生まれた隙間文化の集大成でもありました。ロックがそうだったように、あらゆる文化は隙間文化から生まれています。初めは岩の割れ目から流れ出していた小さな水の流れが、しだいに小川となり、川となり、ついには巨大な大河となって海にそそぐのです。(まさに「イージー・ライダーのバラード」の歌詞にある「流れる川のように・・・」です)
 「イージー・ライダー」は、そんな流れにおける巨大な滝として未だに瀑音ならぬ爆音を響かせているのです。

<静かなる怒り>
 このページを作るにあたって、久しぶりにこの作品を見てみました。すると、見ているうちに、昔僕の部屋の壁にこの映画のポスターがはってあったことを思い出しました。最初にこの映画を見たのはテレビででした。たぶん僕は中学生だったと思います。1970年代前半、テレビでは次々とニューシネマの名作が放映されていました。「俺たちに明日はない」「真夜中のカウボーイ」「バニシング・ポイント」「アリスのレストラン」「明日に向かって撃て」「いちご白書」などなど。ちょっと中学生には難しかったかもしれませんが、ポスターまではっていたぐらいですから、どの作品よりも心に深く残っていたのかも知れません。
 特にこの映画のラスト・シーンは、「俺たちに明日はない」や「バニシング・ポイント」ほどのインパクトはなかったものの、かえって「説明できない静かな怒り」を僕の心に植え付けたような気がしています。そして、その「静かな怒り」は未だに僕の心の中に潜んでいるようです。そうでなければ、こうして今こんな文章を書いてはいないし、このサイトも生まれていなかったような気が改めてしました。
 いい親父になっても、未だに僕のモットーは「ワイルドで行こう!」なのです。


「イージー・ライダー Easy Rider」 1969年公開
(監督) デニス・ホッパー Dennis Hopper
(製作) ピーター・フォンダ Peter Fonda
(脚本) ピーター・フォンダ、デニス・ホッパー、テリー・サザーン Terry Southern
(撮影) ラズロ・コバックス Laszlo Kovacs
(出演) ピーター・フォンダ、デニス・ホッパー
      ジャック・ニコルソン Jack Nicholson
      カレン・ブラック Karen Black
      ルーク・アスキュー Luke Askew
      アントニオ・メンドーサ、ロバート・ウォーカー・Jr
<あらすじ>
 キャプテン・アメリカことワイアット(ピーター・フォンダ)とビリー(デニス・ホッパー)は、スタント・ショーのバイク乗りとして生活していたが、先の見えないつまらない生活に嫌気がさし、コカインの密売で大金を手にします。二人は、その金をバイクのタンクに隠すと放浪の旅に出発し、マルディグラで盛り上がるニューオーリンズの街を目指します。途中、彼らは可笑しな弁護士(ジャック・ニコルソン)といっしょに旅をしたりしながら、保守的な風土の土地、南部へと深く入ってゆきます。しかし、そんな彼らに対する偏見に満ちた周りの目は次第に厳しさをましてゆきます。そしてついに彼らの旅は悲劇的な結末を迎えることになります。



ニューシネマ・ブームが世界へ「イージー・ライダー」「明日に向かって撃て!」「真夜中のカウボーイ」「アリスのレストラン」・・・

明日に向かって撃て!Butch Cassidy and The Sundance Kid」(監)ジョージ・ロイ・ヒル (音)Burt Bacharach アカデミー歌曲、作曲賞
(出)ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード(「雨にぬれても」はなんと言ってもバカラックの永遠不滅の代表作)
「ADALEN31」(監)ボー・ウイデルベルイ(カンヌ映画祭グランプリ受賞)
「アリスのレストラン Alice's Restaurant」(監)アーサー・ペン(原)(音)アーロ・ガスリー
(60年代末という時代を象徴する小さなコミューンの物語)

「アントニオ・ダス・モルテス」(監)(脚)クラウベル・ローシャ(カンヌ映画祭監督賞受賞)
「わたしたちはブラジルの大衆に新しい種類の映画を提供したいと考えている、たとえ技術的には不完全でドラマとして不調和であり詩的な叛逆性に満ち政治的には混乱しているように映ろうとも、激情的で哀しみに満ちた - ちょうど歓喜というよりは遥かに悲哀に満ちているブラジルの謝肉祭のような映画を作りたいと望んでいるのである。」
クラウベル・ローシャ

「アンドレイ・ルブリョフ第一部、第二部」(監)アンドレイ・タルコフスキーカンヌ映画祭国際批評家賞受賞)
「if もしも・・・」(監)リンゼイ・アンダーソン(出)マルコム・マクダウェル(カンヌ映画祭パルムドール受賞
「イージー・ライダー Easy Rider」(監)(脚)デニス・ホッパー(製)(脚)ピーター・フォンダ
(選曲)デニス・ホッパー、ピーター・フォンダ(カンヌ映画祭新人監督賞受賞)
「L・B・ジョーンズの解放」(監)ウィリアム・ワイラー(原)ジェシー・ヒル・フォード(脚)スターリング・シリファント(出)リー・J・コップ、アンソニー・ザーブ
「エル・トポ」(監)(脚)(音)(主)アレハンドロ・ホドロフスキー(製)アレン・クライン(異色の西部劇、カルト・ムービーの代表作)
「砂丘 Zabriskie Point」(監)(脚)ミケランジェロ・アントニオーニ(ピンク・フロイドなどの音楽が使用されています)
「サテリコン」(監)(脚)フェデリコ・フェリーニ(製)アルベルト・グリマルディ(原)ベトロニオ・アルビトロ(出)マーティン・ポッター、ハイラム・ケラー
「サボテンの花 Cactus Flower」(監)ジーン・サックス(出)ウォルター・マッソー(ゴールディ・ホーンがアカデミー助演女優賞受賞)
「地獄に堕ちた勇者ども」(監)(脚)ルキノ・ヴィスコンティ(脚)ニコラ・ダバルッコほか(出)ダーク・ボガート、イングリッド・チューリン、ヘルムート・バーガー
「ジョンとメリーJohn and Mary」(監)ピーター・イエーツ(音)Quincy Jones(ニューシネマ系青春映画の名作、D.ホフマン&ミア・ファロー)
(音)Mikis Theodorakis (K.ガブラス監督の政治映画の傑作!音楽も凄い!カンヌ映画祭審査員賞、ジャンルイ・トランティニャンが主演男優賞受賞)
1000日のアン Anne of The Thousand Days」(監)チャールズ・ジャロット(出)リチャード・バートン、ジュヌビエーブ・ビジョルド
「チップス先生さようならGoodbye,Mr.Chips」(監)ハーバート・ロス(音)レスリー・ブリッカス、ジョン・ウィリアムス(学園ミュージカル)
「裸足のイサドラ」(監)カレル・ライス(ヴァネッサ・レッドグレイプがカンヌ映画祭主演女優賞
「ハロー・ドーリーHello,Dolly !」(監)ジーン・ケリー(音)レニー・ヘイトン、ライオネル・ニューマン(出)バーブラ・ストライサンド(アカデミー・ミュージカル音楽賞受賞作)
「ひとりぼっちの青春They Shoot Horses,Don't They?」(監)シドニー・ポラック(出)ジェーン・フォンダ、マイケル・サラゼン(音)John Green,Alvert Woodberry (耐久ダンス大会を題材にしたニューシネマ青春残酷物語、ギグ・ヤングがアカデミー助演男優賞受賞)
ピロスマニ(監)(脚)ゲオルギー・シャンゲラーヤ(撮)コンスタンチン・アブリチャン(出)アフタンジル・ワルジ、アッラ・ミンチン
「真夜中のカウボーイ Midnight Cowboy」(監)ジョン・シュレシンジャー(出)ダスティン・ホフマン、ジョン・ボイト(アカデミー作品賞、監督賞受賞)
「ミス・ブロディの青春 The Prime of Ms.Jean Brodie」(監)ロナルド・ニーム(マギー・スミスがアカデミー主演男優賞
「勇気ある追跡 True Grit」(監)ヘンリー・ハサウェイ(出)ジョン・ウェイン
(ジョン・ウェインがアカデミー主演男優賞受賞)
ワイルド・バンチThe Wild Bunch」 (音)Jerry Fielding (サム・ペキンパーの最高傑作!)

男はつらいよ(監)(脚)山田洋次(脚)森崎東(出)渥美清、倍賞千恵子(超ロングラン・シリーズの始まり)
「続 男はつらいよ」(監)(脚)山田洋次(脚)森崎東(出)渥美清、佐藤オリエ
「かげろう」(監)(脚)新藤兼人(脚)関功(出)乙羽信子、富山真沙子、伊丹十三
「少年」(監)大島渚(脚)田村孟(製)中島正幸、山口卓治(出)渡辺文雄、阿部哲夫、小山明子
「新宿泥棒日記」(監)大島渚(脚)田村孟(製)中島正幸(出)横尾忠則、田辺茂一、唐十郎
「心中天網島」(監)(企)(脚)篠田正浩(原)近松門左衛門(脚)富岡多恵子、武満徹(出)岩下志麻、中村吉右衛門
「長靴をはいた猫」(監)矢吹公郎(原)シャルル・ペロー(アニメ作品)(モスクワ映画祭入賞
「橋のない川」(監)(製)今井正(原)住井すえ(脚)八木保太郎(出)北林谷栄、伊藤雄一郎、長山藍子(読売ホールから自主上映公開始まる)
「風林火山」(監)稲垣浩(脚)橋本忍ほか(出)三船敏郎、中村錦之助、佐久間良子
「私が棄てた女」(監)浦山桐郎(原)遠藤周作(脚)山内久(出)河原崎長一郎、小林トシエ、浅丘ルリ子

黒澤明、木下恵介、市川崑、小林正樹が独立プロダクション「四騎の会」を設立
成瀬巳喜男(監督)死去(64歳)
市川雷蔵(俳優)肝臓癌にて死去(37歳)



生物化学兵器違法宣言議決
<アメリカ>
ニクソン、アメリカ大統領に就任
アポロ11号、月面着陸に成功
全米各地でヴェトナム反戦行動(ピース・ナウ)が高まりを見せる
インディアンによるアルカトラス島占拠事件発生(米)
ブラック・パンサーによるシカゴ警察襲撃事件発生
チャールズ・マンソンによるシャロン・テート殺害事件発生
NYのゲイ・バー「ストーン・ウォール」でゲイによる暴動が勃発
(70年代に始まるゲイ革命のきっかけとなる)
<ヨーロッパ>
超音速旅客機コンコルドが音速を突破
ド・ゴール大統領退陣、ポンピドー政権へ(仏)
ジョン&ヨーコ、オランダで「ベッド・イン」を行う
<アフリカ>
リヴィアでクーデター、カダフィーによる軍事独裁政権始まる
<アジア>
南ヴェトナム臨時革命政府設立
北ヴェトナムの指導者、ホーチミン死去
中ソ国境衝突事件
<日本>
東大安田講堂事件(機動隊が学生を排除)
東名高速道路、全面開通
人工甘味料チクロの使用が禁止される
ボウリングの一大ブーム

<芸術、文化、商品関連>
「薔薇と革命」P・H・ニュービー著(ブッカー賞受賞)
「異境」イエールジ・コジンスキー著(全米図書賞)
映画「イージー・ライダー」「明日に向かって撃て」「アリスのレストラン」公開
(ニューシネマ・ブーム到来)
オリヴェッティ社のタイプライター「ヴァレンタイン」発売(イタリア)
池袋パルコオープン
カリフォルニアに「GAP」誕生
<音楽関連(海外)>
ウッドストック・コンサート開催、40万人を動員する
イギリス、ワイト島フェスティバル開催
オルタモントでのストーンズのコンサートで、黒人青年が惨殺される
チェス兄弟がR&Bレーベルの老舗チェス/チェッカーを売却。
ビルボードの黒人音楽ランキング、「リズム&ブルース」から「ホット・ソウル・シングルズ」に変わる
ジャマイカで、U.ロイが初めてDJスタイルのレコードをつくる。
ザイールのリンガラ・ポップを代表するバンド、ザイコ・ランガ・ランガが結成される
カエターノ・ヴェローゾ、ジルベルト・ジルがブラジルの軍事政権を逃れ亡命
この年の音楽については、ここから!

  1969年のページへ   20世紀映画劇場へ   トップページヘ