2020年以降の代表作(洋画編)

- 2020年~ -


2020年 2021年 2022年

 作品名  
 監督(出身国) 
スタッフ・出演者
<あらすじ> 
コメント 
2020年
「愛してるって言っておくね」If Anything Happenea I Love You (N)(アニメ)
(監)ウィル・マコーマック、マイケル・ゴヴィア(アメリカ) 
アカデミー賞短編アニメ賞
学校で起きた銃乱射事件で犠牲になった子供の親の苦悩を映像化 
「アナザー・ラウンド」 Another Round / Druk
(監)(脚)トマス・ヴィンターベア(デンマーク) 
(製)シシ・グラウム・ヨアンセン、キャスパー・ディシン(脚)トビアス・リンホルム(撮)シュトゥルラ・ヴラント・グロヴレン(PD)サビーヌ・ヴィード
(衣)エレン・レンス、マノン・ラスムッセン(編)アンネ・オーステルード、ヤヌス・ビレスコフ=ヤンセン
(出)マッツ・ミケルセン、トマス・ボー・レンセン、マグヌス・ミラン、ラース・ランゼ、マリア・ボネヴィー、ヘリーヌ・ラインゴー・ノイマン
挿入曲「Cissy Strut」(ザ・ミーターズ
アカデミー国際長編映画賞
血中濃度0.05%の時、人間は最大の能力を発揮できる。という理論を試すために実験を開始。仕事中のみ飲酒することにした高校教師4人組。
実際、授業は上手く行くようになりますが、しだいに酒量が増え、いつしか常に酩酊状態になり悲劇も起きることになります。
とはいえ、その飲酒メンタルは日本とは雲泥の差!高校生が卒業式で酔っぱらうって・・・文化の違いに驚きです。
思えば、昔、胃炎になるほど飲んでいた時代があり、その頃の思いでは強烈でした。音楽だって違って聞こえてきたかもしれない。
それって、改めて考えると実に贅沢で幸福な瞬間でした。そのためには、自己責任で飲酒はあり?その延長で薬物もあり?となるのも事実。
この作品はそんな問題をギリギリでクリアして、ラストはマッツの見事なダンスで締めくくります。
コロナ禍の今では考えられないエンディングですが、なおさら幸福そうに見えます。コロナを乗り越えて、人生に乾杯!したくなる作品。今こそ必要かも?
あの夜、マイアミでOne Night In Miami 
(監)レジーナ・キング(アメリカ)
(製)ジェス・ウー・カルダー、キース・カルダー、ジョディ・クレイン(原戯)(脚)ケンプ・パワーズ(撮)タミー・レイカー
(編)テリク・アンワル(音)テレンス・ブランチャード
(出)キングスレイ・ベン=アディル、イーライ・ゴリー、レスリー・オドムJr.、アルディス・ホッジ、ランス・レディック、ボー・ブリッジス 
<あらすじ>
カシアス・クレイがソニー・リストンを倒して世界チャンピオンになった夜。会場があるマイアミにアリの友人が集合した。 
サム・クック(歌手)、ジム・ブラウン(アメフトのスター、俳優)、マルコムX(社会活動家)
4人はクレイの勝利を祝うはずが、黒人解放運動への関わりついて激論を戦わし始めます。 
実際にあった一晩の出来事を舞台劇とした書いたのは「ソウルフル・ワールド」の脚本家でもあるケンプ・パワーズ。
監督は女優として活躍してきたレジーナ・キングで初監督ながら見事な作品に仕上げました。
「俳優ジム・ブラウン」誕生秘話。「モハメド・アリ」誕生秘話。「A Chang Gonna Come」誕生秘話。「マルコムX」暗殺秘話。
公民権運動の行方を左右したと同時に、その後の彼らの運命を変えた一晩の物語。
黒人音楽、黒人文化ファンにはたまらない作品です!必見。 
アメリカン・ユートピアDavid Byrne's American Utopia  
(監)(製)スパイク・リー(アメリカ)
(製)デヴィッド・バーン(製総)ジェフ・スコール、デヴィッド・リンド他(撮)エレン・クラス(編)アダム・ガフ(振)アニー=B・パーソン
(出)デヴィッド・バーン 
2018年発表のアルバム「アメリカン・ユートピア」を基にしたコンサートを撮影した作品。
監督はスパイク・リーですが、ジャネイル・モネーのカバーが彼をやる気にさせたのでしょうか?
多様な国籍のメンバーからなるバンドが、コードレスの楽器を使いダンスのように動きながら演奏する「演奏するミュージカル」!
デヴィッド・バーン、トーキングヘッズのヒット曲集なのにそれぞれ新たな輝きをもって演奏されます。
ストップ・メイキング・センス」のようにメンバーが増えて行き複雑化する演出も再現。 
より進化した作品を見てジョナサン・デミも天国で喜んでいることでしょう。
脳にある神経繊維の複雑さは大人になるほど減少し、単純化するというのが医学的事実。
しかし、人間はそれを人間と人間による関係性によって補うことが可能。人間こそが一番面白い!
しばらくご無沙汰でしたが、やはり同時代の英雄と思っていたデヴィッド・バーンは本物だった!感無量です。
ボブ・ディラン、ビートルズ、ボブ・マーリーのような世界を変えた天才ではないかもしれませんが、僕の世代のナンバー1。 
「アンモナイトの目覚め」Ammonite  
(監)(脚)フランシス・リー(イギリス)
(製)イアン・カニング、エミール・シャーマン他(製総)サイモン・ギリス、メアリー・バーク他(撮)ステファーヌ・フォンテーヌ
(PD)サラ・フィンリー(衣)マイケル・オコナー(編)クリス・ワイアット(音)ダスティン・オハロラン、フォルカー・バーテルマン
(出)ケイト・ウィンスレット、シアーシャ・ローナン、ジェマ・ジョーンズ、ジェームズ・マッカードル、アレック・セカレアヌ 
<あらすじ>
アンモナイトなど化石の発掘と販売で暮らすメアリー・アニングは、うつ病の療養でやってきたシャーロットの世話を頼まれます。
仕方なく世話をやくメアリーは、風邪をひいて寝込んだシャーロットの看病をするうちに心が乱れ始めます。
いつしか二人は愛し合うようになり始めます。  
新旧美女俳優が愛し合うとLGBT作品。主人公が化石発掘の専門家というのが味噌!
ドラマチックさはないものの、良質の作品。 
とはいえ、ケイト・ウィンスレットはまるで女装した男性に見え、体つきもがっちり。作品のために体を大きくしたのかも?
彼女ならやりそうです。それに比べ、シアーシャ・ローナンの病弱そうなこと・・・ 
「息がつまりそう」 Choked 
(監)(製)アヌラーグ・カシャップ(インド)
(製)ダルフ・ジャガシア他(脚)ニヒト・ブハヴェ(撮)シルヴェスター・フォンセカ(編)コナルク・サクセナ(音)アチータ・アロラ
(出)サイヤミ・ケール、ラジシュリ・ラシュパンデ、アムルータ・スバーシュ、ロシャン・マシュー、トゥシャール・ダルヴィ
<あらすじ>
歌手になるチャンスに声が出なくなったサミーは働かない夫に代わり銀行で地道に働いていました。
そんなある日、夜中に台所の排水管から丸められた札束があふれだしてきました。
それは上の階に住む議員秘書が密かに隠したお金でした。
彼女はそのお金が入れられる夜中のタイミングを知り、そのお金を取り出し続けます。
金まわりが良くなった妻を不審に思った夫は、彼女の浮気を疑い始めます。
ちょうどその頃、モディ首相が不正な資金を使えなくするためと称して、500ルピーと1000ルピーの札を新札に交換し使えなくすると発表。
慌てた人々が手持ちのお金を新札に変えようと銀行に殺到し始め、銀行は大混乱となり、その状況を利用して儲けようとする者や強盗まで現れます。 
殺人どころか暴力なし、セックスなし、お笑いなし、警察もなし、悪い人もなし・・・ラスト近くにいきなり強盗団が登場しますが
それでもサスペンス・シーンの連続で、ライブ感覚のジャズタッチの音楽も新鮮!ちょっと「死刑台のエレベーター」を思わせます。
上の階に住む政治家秘書の不正なお金が排水溝をたどって下の階へ。このお金の流れがまず象徴的。
モディ首相による新札への交換が10年に一度あるのも初耳でインドならでは?
この監督らしく登場人物が皆何を考えているのかわからないので感情移入が困難ですが、その分予測不能なので面白い。
この監督の作品にしては、予想外のハッピー・エンドです。
「#生きている」#Alive (N) 
(監)(脚)チョ・イルヒョン(韓国)
(脚)マット・ネイラー(撮)ソン・ウォンホ
(出)ユ・アイン、パク・シネ、チョン・ベス、イ・ヒョヌク 
ゾンビに囲まれ、部屋に立てこもる青年と迎えのマンションに住む女性
SNSやデジタル機器を使うことで生き延びつことができるか?
設定とスリリングな展開は飽きさせません。ゾンビは韓国のお家芸になりつつあるのか?
コロナ禍の世界を思わせる設定がまた実に今風です。  
「一秒先の彼女」 消失的情人節 My Missing Valentine 
(監)(脚)チェン・ユーシュン(台湾)
(撮)チョウ・イーシェン(音)ルー・ルーミン(出)リウ・グアンティン、リー・ペイユー、ダンカン・チョウ、ヘイ・ジャアジャア、リン・メイシウ
(エンド・テーマ曲)「I Started A Joke」(曲)(詞)(演奏)ビージーズ 
<あらすじ>
郵便局で働くヤン・シャオチーは常に人より早く動く女性ですが、そのために恋人もできずにいました。
そんな彼女にやっと恋人ができ、バレンタインデーにデートの約束をしました。
ところが、当日、目を覚ました彼女はバレンタインデーが終わっていることに気づきます。
そして、恋人との連絡もとれず、近所の写真屋のショー・ウィンドーに自分の写真が飾ってあることを発見します。
いったいその写真は、どこで誰が撮ったのか?彼女はその謎を解こうとし始めます。
台湾のアカデミー賞(金馬奨) 作品賞、監督賞など5部門受賞
なかなかよくできた謎解きファンタジー・ラブ・ストーリー。
街の動きを止めた場面の演出もじつにこだわっていて楽しめます。
バスが走る海岸の風景も美しく面白い場所で新鮮です。
「イン・ザ・ハイツ」 In The Heights  
(監)ジョン・M・チュウ(アメリカ/中国系)
(製)(原案)(作詞・作曲)リン=マヌエル・ミランダ(製)スコット・サンダーズ他(製総)デヴィッド・ニックセイ他(撮)アリス・ブルックス
(原戯)(脚)キアラ・アレグリア・ヒューディーズ(PD)ネルソン・コーツ(編)マイロン・カースタイン(振)クリストファー・スコット
(出)アンソニー・ラモス、コーリー・ホーキンズ、レスリー・グレイス、ネリッサ・バレラ、オルガ・メレディス、ジミー・スミッツ 
<あらすじ>
ニューヨーク北部のヒスパニック系の街ワシントン・ハイツに住むウスナビは父と過ごした故郷ドミニカでの日々を懐かしむ毎日。
ついには父から受け継いだ店を売り、故国へ帰国しようと決心します。そして彼は憧れの女性ヴァネッサをデートに誘います。
ヴァネッサはファッション・デザイナーになる夢を追い、街を出ようとしていました。
そんなハイツに住む人々の日々に突然大停電が起きます。 
トニー賞作品賞など4部門受賞の傑作を映画化した作品。
監督は中国系移民のジョン・M・チュウ。アメリカの移民問題を描いた社会派のミュージカルでもあります。
音楽は、サルサ&ヒップホップとNYらしいサウンドで素晴らしい!
「ザ・ニューヨーク」ムービーの一作です。  
「AK vs AK」 AKvsAK 
(監)(脚)ヴィクラマディティヤ・モトワニ(インド)
(脚)アヌラーグ・カシャプ(音)アロカナンダ・ダースグプタ
(出)アニル・カプール、アヌラーグ・カシャプ、ソナム・カプール、ヨギタ・ビハーニ 
<あらすじ>
大物監督アヌラーグ・カシャプと大物俳優アニル・カプールが舞台上で大喧嘩。ネット上で批判された監督は、復讐作戦を考えます。
彼はアニルの娘を誘拐し、その捜索を行うアニルを撮影することを要求。それを映画にするため撮影します。
途中、アニルが警察に誘拐を件を通報しても、アヌラーグは映画撮影のリハーサルだとしてしまいます。
娘が縄で縛られている姿を見せられたアニルは必至で捜索を開始します。
ところが、途中からアヌラーグの脚本から別の方向へ向かい、彼の両親も誘拐されてしまいます。
娘はどこにいるのか?彼らはムンバイの夜、町中を探し回ります。 
実によく出来た脚本。見事にできているお話です。
結末が予想できない展開が新鮮です!
ただし、理論的に納得はできるものの、どう考えてもアヌラーグが可哀想。彼が復讐を誓うのも当然。 
「オクトパスの神秘 海の賢者は語る」 My Octopus Teacher (N)ドキュメンタリー  
 ピッパ・エアリック、ジェームズ・リード(南アフリカ)
(出)クレイグ・フォスター、タコ(名前なし) 
アカデミー長編ドキュメンタリー賞候補作
ドキュメンタリーのカメラマンとタコとの関係をほぼ1年間追いかけた海洋ドキュメンタリー
いつしか人とタコとのラブ・ストーリーになるところがこの作品もミソ!
サメとタコの追いかけっこのシーンは奇想天外、スリリングで最高に面白い!
海が懐かしい・・・  
「オールド・ガード」The Old Guard(N) 
(監)ジーナ・プリンス=バイスウッド(米)
(製)デヴィッド・エリソン、シャーリーズ・セロン、マーク・エヴァンス(原)(脚)グレッグ・ルッカ
(撮)タミー・レイカー、バリー・アクロイド(編)テリン・A・テロップシャー(音)ハウシュカ、ダスティン・オハロラン
(出)シャーリーズ・セロン、キキ・レイン、マティアス・スーナールツ、マーワン・ケンザリ、ルカ・マリネッリ
キウェテル・イジョフォー、ベロニカ・グゥ、ハリー・メリング 
歴史の影で正義のために戦い続けてきた傭兵軍団。そのメンバーは不死で老いることがない。
そのリーダーを演じ製作も担当するのがシャーリーズ・セロン。しかし、彼女には寿命が近いようです。
そのうえ、彼らのその不老不死の能力を解明、医学に利用しようとする医薬品メーカーの傭兵部隊が彼らを襲います。
ちょうどその頃、もう一人新たな能力者が現れます。
久々の新人を加えたチームが戦闘を開始しますが、予想もしなかった敵が身近に迫っていました。
十字軍や様々な事件の記録や写真に残された彼らの証拠が興味深い!そこから様々なスピンオフが製作できそう。
不老不死の彼らが最も恐れるのが生きたまま監禁されること・・・確かにそうなったら怖いかも!
それぞれのキャラクターは戦い方に「空手」「ムエタイ」「ボクシング」など、こだわりの設定があります。
次作のラスボスはどうやらベロニカ・グゥのようです。これは期待大のシリーズになりそうです。
この作品もまた女性監督・製作・主演など女性スタッフ中心の作品になっています! 
 カ
「狩りの時間」Time To Hunt(N) 
(監)(脚)(編)ユン・スンヒョン(韓国)
(製)ダンダエ・リー(撮)リム・ウォン・ジウン(編)ワン・スンイク
(出)イ・ジェフン、チェ・ウシク、アン・ジェホン、ユン・サンヒョン、パク・ヘス 
韓国が経済破綻しウォンの価値が失われた近未来。
4人の若者が南の島での再出発を目指して、カジノ強盗を実行し、見事に成功。
しかし、怖ろしい殺し屋に終われ始めることになります。次々に関係者を突き止めて、迫り来る殺し屋。
若者たちが能力不足だし、ラストはちょっと読めちゃいましたが、テンションの高さはなかなかのもの。 
どう考えても続編がありそうなラストですが、あれだけ撃たれてハンが生きている? 
GIVING VOICE 内なる声が語ることGIVING VOICE (N)ドキュメンタリー 
(監)ジェームズ・D・スターン、フェルナンド・ヴィレラ(アメリカ)
(製)カレン・ドーヴ、ショーン・スミス他(製総)ニコラス・カプリオ、ヴィオラ・デイヴィス他(撮)ジョナサン・ナルドゥッチ
(編)ロス・コール、アレクサンダー・ヘイデン、ウェス・リップマン(音)ブライアン・センティ
(出)オーガスト・ウィルソン、ヴィオラ・デイヴィス、デンゼル・ワシントン 
「フェンス」、「マ・レイニーのブラックボトム」などの戯曲を書いたオーガスト・ウィルソンの芝居をモノローグで演じるコンテスト。
ブロードウェイで開催されるその決勝大会に進出した高校生たちの密着ドキュメント作品
「芝居とは?」「アフリカ系アメリカ人とは?」「人は何にでもなれる」
芝居をする中で様々なことを学ぶ高校生たちが実にうらやましい!さすがはアメリカ。これぞアメリカン・ドリームの世界  
「漁村の片隅で」Fisherman's Diary (N) 
(監)エナ・ジョンスコット(カメルーン)
(製)カング・クイントゥス(撮)レネ・エッタ(PD)フォクバ・バビラ
(出)カング・クイントゥス、フェイス・フィデル、ウダモ・ダマリセ、コソン・チノポー 
<あらすじ>
カメルーンの小さな漁村の学校。多くの漁師たちは子供を学校にやる必要はないと考えていました。
ソロモンの娘エカは母親が学校に行ったにも関わらず、家を出てしまい父親は娘を学校にやる気はありませんでした。
頭のいいエカは、母親が残したマララ・エルザイの言葉の意味を知ろうと学校を訪れます。
学校の教師ビビは彼女の素質に気づきますが、ソロモンは彼女が学校に行ったことを知りたい罰を与えます。
そのうえ借金を抱えた彼女の伯父は、彼女を使って借金をチャラにしようと企てます。 
女性に対しての扱いがひどすぎるのは家族だけでなく村人みんななので、なんとも救いが無さ過ぎます。
幸なことに彼女には並外れた数学の才能がありましたが、それは彼女だけのこと。
この映画が実話なことはわかっても、その背後で多くの女性たちが人間以下の扱いを受けている事を考えると・・・
まったくハッピーエンドに思えません。 それだけに、この作品のリアリズムは素晴らしい!とも言えます。 
「恐怖のアンソロジー」 Ghost Storyies (N) 2020年 
(監)(脚)ゾーヤ・アクタル(「ガリ―・ボーイ」の監督)(出)ジャンビ・カプーア、ヴィジェイ・バルマ 
(監)(脚)アヌラーグ・カシャップ(出)ソーヴィタ・ドゥリワラ
(監)ディバーカル・バナージー (出)スカント・ゴエル 
(監)カラン・ジョーヘル(出)マルナル・タークル 
4人のインドの監督によるオムニバス・ホラー・映画集 
(1)<あらすじ>
介護士の女性が訪れた謎のお婆さんの家。うごけないはずのお婆さんの家で夜中に誰かが動いていました。
お婆さんは息子が家にいると言ってききません。 
(2)<あらすじ>
甥っ子を預かるネーラは生んだ女の子が出産直後に死んでしまいショックから立ち直れずにいました。
甥っ子のアンシュはそんな叔母を愛していて、次の子供が生まれることを密かに嫌がっています。 
「バード」「シャイニング」など不気味な映画の要素がモノクロっぽい画面で描かれます。  
<あらすじ>
田舎の村に視察に来た男。夜、村に着くと少年に家に招かれます。
ところが自分の父親も含め、皆が食べられ、村は全滅だといいます。
実は村は猿のような謎の生き物により、村人がゾンビにされていたのでした。
明らかに政治的な街と町(村?)の支配関係をゾンビものとして描いた作品。
途中からはコメディのようになりますが、けっして夢落ちのラストではないような・・・
<あらすじ>
理想の資産家男性と出会い結婚したアイラ。ところが夫は夜、死んだはずのお婆ちゃんと話していてびっくり。
義理の父、母、お手伝いさんも祖母は死んでいないと言い張ります。
彼女もまた夜中に祖母の存在を感じます。 
けっして幽霊に出てこいなどと言わないこと。
そんなこと言っちゃダメなことは日本人ならわかるはず?国民性の違いか主人公が愚かすぎたのか?
「金日成の子どもたち」 KIM IL SUNG'S CHILDREN(D) 
(監)(撮)(脚)(編)キム・ドクヨン金徳榮(製)イム・スヨン(音)アン・ジファン 
1950年代に起きた朝鮮戦争で10万人の子供たちが親を失いました。
そうした孤児たちをどうするか?北朝鮮は彼らを「委託教育」という名目で東欧へと送り出します。
ソ連からの指示によりチェコ、ハンガリー、ルーマニア・ブルガリアなどの国々が5千名(一説には1万)の子供を私設で育てました。
ほぼ7年に渡り、現地の教師や子供たちと交流を深めた子供たちは、それぞれの土地になじみます。
ところがスターリンの死後、北朝鮮国内は親ソ派、親中派、親金派の争いとなり、東欧各地で民主化運動が起きます。
北朝鮮政府は、彼らが欧州の影響を持ち帰ることを恐れ、一斉に彼らを呼び戻すことにします。
帰国後も、彼らの影響が広がらないよう、彼らはバラバラにされたようです。
ルーマニアで現地の女性と結婚した男性も強制的に離婚させられ、二人は二度と会うことはなかった。
現地での温かい歓迎と帰国後の非情な扱いとのギャップが悲しすぎます。
12年かけて自費で撮影を続けた作者の努力に頭が下がります。渾身のドキュメンタリー作品です。 
「KCIA 南山の部長たち」The Man Standing Next  
(監)(脚)ウ・ミンホ(韓国)
(原)キム・チュンシク「実録KCIA 南山と呼ばれた男たち」(脚)イ・ジミン(撮)コ・ラクソン(音)チョ・ヨンウク
(出)イ・ビョンホン、イ・ソンミン(朴大統領)、クァク・ドウォン(パク)、イ・ヒジュン、キム・ソジン 
1979年に起きた中央情報局長官による朴正煕暗殺事件の内幕に迫った実録映画。
「わたしはいつも君のそばにいる」「君の好きなようにしろ」大統領を演じるイ・ソンミンが素晴らしい!
それにしても韓国の政治サスペンス映画は面白いのは、起きていることそのものが面白いからかもしれません。
日本の政治サスペンスは、それ自体が面白くないのかもしれません。
この暗殺事件から民主化運動が勢いを増し、「光州事件」が起きることになります。 
「獣の棲む家」His House (N)
(監)(脚)レミ・ウィークス(イギリス)
(撮)ジョー・ウィレムズ(音)ロケ・バニョス
(出)ショペ・ディリス、ウンミ・モサク、マット・スミス、ハビエル・ボテット 
内戦の南スーダンから命がけで逃げてきた夫婦が移民局から家を与えられた家に住み出します。
しかし、その家には何かが潜んでいることがわかってきます。それは二人の娘の亡霊と魔術師のようでした。
なぜ、彼らの家に亡霊が現れたのか?その理由が少しづつ明らかになります。
移民問題、アフリカの紛争、人種問題がオカルト映画と合体。
アフリカを舞台にした亡霊の映画「アトランティック」も良かったですが、これもなかなか良い! 
「この茫漠たる荒野で」News of The World  
(監)(脚)ポール・グリーングラス(アメリカ)
(製)ゲイリー・ゴーツマン、ゲイル・マトラックス他(製総)トール・シュミット、グレゴリー・グッドマン他
(原)ポーレット・ジルズ「News of the World」(脚)ルーク・デイヴィス(撮)ダリウス・ウォルスキー
(編)ウィリアム・ゴールデンバーグ(PD)デヴィッド・クランク(音)ジェームズ・ニュートン・ハワード
(出)トム・ハンクス、ヘレナ・ゼンゲル、マイケル・コヴィーノ、フレッド・ヘッキンジャー、ニール・サンディランズ 
<あらすじ>
街を回り、10セントで最新の新聞記事を読み聞かせるジェファーソン・キッド大佐は道で孤児の少女を助けます。
彼女はドイツ系の農民の娘でしたがインディアンに襲われ家族を殺され、誘拐されて育てられていました。
会話もできないうえ逃げ出そうとする少女を伯父夫婦の元に届けるように頼まれた彼は南部の故郷への旅に出発します。 
南北戦争終了後のアメリカ南部が舞台。まだアメリカは分断されたままで戦争の傷跡が深く残っています。
これは今のアメリカと同じ状態では!
まるで世界が崩壊した後の世界を旅する終末SF映画のような展開です。「ザ・ロード」を思わせます。  
「ザ・コール」Call (N) 
(監)(脚)イ・チョンヒョン(韓国)
(脚)カン・ソンチュ 
(出)パク・シネ、チョン・ジョンソ、キム・ソンリョン、イ・エル、パク・ホサン、オ・ジョンセ、イ・ドンフィ 
過去と電話でつながったことで、父親の命を救ってもらったことから始まる連続殺人鬼とのバトル。
韓国得意の残虐系サスペンス映画の傑作がまた誕生。
過去を改変してはいけません!この教訓を学びましょう。
過去を変えると現在も変わるが、どこまで変わるか?
よく出来たお話ですが、いろいろと疑問も。そして、続編、改変版の可能性も感じさせる最後でした。  
「ザ・コールデスト・ゲーム」The Coldest Game  
(監)(脚)ウーカシュ・コシミツキ(ポーランド)
(製)クシュシュトフ・テレ、ダニエル・バウアー他(脚)マルセル・サヴィツキ(撮)パヴァウ・エデルマン(PD)アラン・スタルスキ
(編)ロベルト・グリッカ、ヴォルフガング・ヴァイグル他(音)ウカシュ・タルゴシュ
(出)ビル・プルマン、ロッテ・ファービーク、ジェイムス・ブルーア、ニコレス・ファレル、アレクセイ・セレブリャコフ  
<あらすじ>
キューバ危機が始まり、ソ連の武器輸送船がキューバに向かう中、ポーランドでチェスの米ソ対決が実現。
アメリカ代表の天才数学者ジュシュア・マンスキーは出場予定の選手が殺害されたための代理出場。
彼はその試合中にソ連内部に潜む情報源と接触し、核兵器に関する秘密情報を入手することになります。
しかし、アメリカ側にもスパイがいるらしくチームのメンバーが毒殺されます。いったい誰を信じればよいのか?  
「キューバ危機」の裏側で起きていたかもしれないというスパイ合戦をチェスとからめて描いたなかなかの快作。
ラストまで緊張感もあります。キューバ危機について歴史を知っていないと難しいかもしれません。
第二次大戦終戦時、ドイツに破壊されるポーランドを見殺しにしたソ連に支配されるポーランドの状況。
チェスの米ソ対決を見る人々の視線もまた、裏があり怖ろしい。「これぞコールデスト・ゲーム!」
歴史を知ると映画は倍面白くなる。そんな作品でもあります。  
「これからの人生」La Vita Dvanti A Se (N)
(監)(脚)エドアルド・ポンティ(スイス)(イタリア映画)
(製)カルロ・デグリ・エスポスティ、ニコラ・セラ他(製総)ジェラリン・W・ドレファス、パチリシア・マッサ他
(原)ロマン・ギャリー(脚)ウーゴ・キーティ(撮)アンガス・ハドソン(編)ヤーコプ・クアドリ(音)ガブリエル・ヤレド
(出)ソフィア・ローレン、イヴラヒマ・ゲイェ、レナート・カルペンティエリ、イオシク・ピルヴ、ガブリル・サモラ、マッシミリアーノ・ロッシ 
同じタイトルの映画見たことあるなあ?と思ったら1977年にシモーヌ・シニョレ主演でフランスで映画化された作品のリメイク!
エジプト出身のモーシェ・ミズラヒ監督による旧作も良い映画で高い評価を受けましたが、地味な作品。
ソフィア・ローレンが11年ぶりの主演ということですが、時代を越えて良い作品になりました!
ソフィア・ローレンももちろん良いのですが、セネガル移民の子供を演じる子役が素晴らしい。見事に顔が優しく大人になりました。
イタリア映画っぽいセンチメンタルな音楽も泣かせます。性転換したローラ、絨毯を売る伯父さんなどの脇役も味わい深い。
こういう王道の感動人間ドラマもないといけない。人は優しくなきゃだめだよ、とカート・ボネガット風に思いました。 
 
「サンドラの小さな家」 Herself 
(監)(製総)フィリダ・ロイド(アイルランド)
(製)ロリー・ギルマーティン他(製総)アンドリュー・ロウ、ローズ・ガーネット他(脚)(原案)クレア・ダン(脚)マルコム・キャンベル
(撮)トム・コマーフォード(PD)タマラ・コンボイ(編)レベッカ・ロイド(音)ナタリー・ホルト
(出)クレア・ダン、 ハリエット・ウォルター、コンリース・ヒル、イアン・ロイド・アンダーソン、ルビー・ローズ・オハラ、モリー・マキャン
DV夫と離婚したものの、しつこく復縁を迫られるサンドラは二人の女の子を育てながら、自力で家を建てようと思い立ちます。
家政婦として働く女医や職場の同僚、ママ友らの協力を得ながら、家が完成間近となります。
ところが元夫が娘の養育権を求めて、訴訟を興します。家が建っても娘を奪われては何の意味もない・・・
主演女優が書いた脚本をもとに製作された女性監督による女性のための女性の映画。
衝撃的な事件も起き、そこまでやらなくても!と思わせますが、それで良かったのかもしれません。
自力で建てた家ですが、いい家でした。建てる家庭も楽しそうだし面白いです。
「シカゴ7裁判」The Trial of the Chicago 7 (N) 
(監)(脚)アーロン・ソーキン(米)
(製)スチュアート・M・ベッサー、マーク・E・プラット他(製総)マーク・バタン、ドル―・デイヴィス他
(撮)フェドン・パパマイケル(編)アラン・ボームガーデン(PD)シェーン・バレンティーノ(音)ダニエル・ペンバートン
(出)サシャ・バロン・コーエン、エディ・レッドメイン、フランク・ランジェラ、ヤーヤ・アブドゥル、ジェレミー・ストロング
ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ジョン・キャロル・リンチ、マイケル・キートン、アレックス・シャープ、マーク・ライランス、ケルヴィン・ハリソンJr 
1968年シカゴ暴動に関わった8人の裁判を描いたドキュメンタリータッチの作品。
エンターテイメントには難しい題材を上手く処理し、最後には感動的なシーンもあり!
監督・脚本のアーロン・ソーキンは、経済ものを得意とする人。当初はスピルバーグのはずだった。
ただし、事件がどんな事件でどんな影響があったのか、などはある程度知って見ないと、面白さや感動は半減するかも? 
60年代末のカウンターカルチャーに興味のある方は必見!映画化まで17年かかった題材。 
「17歳の瞳に映る世界」Never Rarely Sometimes Always  
(監)(脚)イライザ・ヒットマン(アメリカ)
(製)アデル・ロマンスキー、サラ・マーフィー(製総)バリー・ジェンキンス、ローズ・ガーネット他(撮)エレーヌ・ルヴァール
(PD)メレディス・リッピンコット(衣)オルガ・ミル(編)スコット・カミングス(音)ジュリア・ホルター
(出)シドニー・フラニガン、タリア・ライダー、テオドール・ペルラン、ライアン・エッゴールト、シャロン・ヴァン・エッテン 
ベルリン国際映画祭銀熊賞・審査員特別賞
17歳の高校生が妊娠してしまい中絶するためにペンシルバニアの田舎からニューヨークに従妹と行く物語。
とにかくリアルに彼女の体験だけを描きます。そこが素晴らしい。
ニューヨークの街が他の映画とは違って見えます。そして主人公二人が美しく魅力的! 
シルヴィ 恋のメロディSylvie's Love(A) 
(監)(脚)(製)ユージン・アッシュ(米)
(製)ウナムディ・アサマア、ジョナサン・ベイカー他(撮)デクラン・クイン(編)ディナ・コンドン(音)ファブリス・ルコント
(出)テッサ・トンプソン、ウナムディ・アサマア、エヴァ・ロンゴリア、アヤ・ナオミ・キング 
ジャズ・サックス奏者とテレビ・プロデューサーを目指す黒人男女の恋のすれ違いドラマ。
1960年代の雰囲気が素晴らしい!音楽がゴージャスで映像もレトロでいい感じ!まさに大人の恋の物語。
人種差別問題をあまりきつく描かず、恋愛ドラマに徹しているのも良い。現実よりも恋のドラマに浸れる映画。 
「新 感染半島 ファイナル・ステージ」Peninsura  
(監)(脚)ヨン・サンホ(韓国)
(撮)トン・ギウォン、イ・ヒョンドク(音)モグ
(出)カン・ドンウォン、イ・ジョンヒョン、イ・レ、クォン・ヘヒョ、キム・ミンジェ、ク・ギョファン、キム・ドユン、イ・イェウォン 
<あらすじ>
韓国がゾンビに占領されて4年後。トラックごと置き去りになっていた大金を持ち出すために4人の韓国人が香港から出発。
インチョンの港までトラックで運べば、一人250万ドルが手に入ることになります。
トラックを無事に見つけた4人でしたが、彼らの前にゾンビとは別の敵が現れます。631部隊という軍隊組織とは何か? 
「新感染 ファイナル・エクスプレス」の続編 
わらわらと登場するゾンビの数の多さは圧倒的で楽しめます。それにしても、この後、韓国のゾンビはどうなるのか?
ゾンビは泳げないのでしょうか?そのうち、日本にも泳いで来たりしないのか?心配です。
ということで、次なる続編は「新感染列島 ジャパン篇」でどうでしょう! 
「スタント・ウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち」Stuntwomen : The Untoled Holliwood Story (N)(ドキュメンタリー) 
(監)エイプリル・ライト(アメリカ)
(製)ステファニー・オースチン他(製総)ミシェル・ロドリゲス他(原)モリー・グレゴリー(撮)スベトラーナ・スベトゥコ
(編)ジョナサン・P・ショウ(音)ノラ・クロール=ローゼンバウム
(出)ミシェル・ロドリゲス、エイミー・ジョンソン、アリマ・ドーシー、シャーリーン・ロイヤー、ジニー・エッパー、ジェイディ・デヴィッド 
サイレント映画の時代、女性スタント、女性監督は今より多かった!
しかし、ハリウッドが生まれビジネスが拡大し、女性は追い出された!
「バイオニック・ジェミー」「ワンダー・ウーマン」の頃から女性アクションが増え、女性スタントの仕事が増えだした。
初の女性アクション監督は「チャーリーズ・エンジェル」から誕生した。 
「スタントマン協会」には女性も黒人も入会できなかったため、「女性スタント協会」「黒人スタント協会」が誕生した。
演技がイメージできないなら、そこには心理的、条件的な何か問題がある。すぐに演技をストップせよ! 
すべてをかけて:民主主義を守る戦いAll in : The Fight For Democracy (A) 
(監)(製)リズ・ガーバス、リサ・コルテス(アメリカ)
(脚)ジャック・ヤンゲルソン(編)ナンシー・ノバック(音)ウォルフガング・ヘルド
(出)ステイシー・エイブラムス、キャロル・アンダーソン、シン・J・ヤン、マイケル・ワルドマン 
ジョージア州知事選挙で僅かの差で敗れたステイシー・エイブラムスの闘いを記録したドキュメンタリー映画。
黒人たちによる投票権獲得の歴史を振り返る歴史ドキュメントが並行した描かれます。
様々な手法により黒人票を奪おうとする保守層、共和党系のやり方の悪質さ、狡猾さに怒り。
しかし、ステイシーのこの体験が2020年の大統領選挙に生かされたと考えれば、意味ある敗北だったとも思えます。
セルマの橋での悲劇を体験した人々の犠牲があり、ステイシーの敗北があり、今回の大統領選挙の勝利があった。
この映画を見れば、バイデンの勝利は奇跡的だったと思えてきます。
民主主義の国、アメリカはもう完全に幻想ですね。残念ながら。 
「セルジオ 世界を救うために戦った男」Serujio (N) 
(監)グレッグ・バーカー(米)
(製)チアゴ・ダ・コスタ、ダニエル・メルク・ドレフュス他(脚)クレイグ・ボーテン(原)サマンサ・パワー
(撮)エイドリアン・テイジード(音)フェルナンド・ベラスケス
(出)ワグネル・モウラ、アナ・デ・アルマス、ブライアン・F・オバーン、ブラッドリー・ウィットフォード 
「As Rosas Nao Falam」(歌)カルト―ラ Cartola(曲・詞)Angenor De Oliveira
「Oracao Apo Tempo(A Prayer to Time)」(曲)(歌)カエターノ・ヴェローゾ Caetano Veloso  
忘れないでほしい
国連に務める真のやりがいと報いは
現場にあることを忘れないでほしい
君と必要とするのは窮地に立つ人々だ

セルジオ・ヴィエラ・デメオ 
世界平和のために世界各地で国連高等弁務官として働いたブラジル人セルジオ・ヴィエラ・デメロ
イラクで爆弾テロに巻き込まれた彼の危機から、過去の記憶へと遡り、その仕事を振り返ります。
国連が占領国アメリカと支配される国の政府の間に立ち、いかに苦労しているかがわかります。
理想どおりにゆかず厳しい現実に直面する国連という組織が具体的にどんな仕事をしているのか?
大いに勉強になりました!アナ・デ・アルマスは確かに美しい・・・でもラブシーンは要らない気もしました。
監督のグレッグ・バーカーはドキュメンタリー映画の出身なので、政治的な問題がわかりやすく作られています。 
ソウルフル・ワールドSoulful World (アニメ)(ディズニー) 
(監)(脚)ピート・ドクター(アメリカ)
(共監)(脚)ケンプ・パワーズ(製)デイナ・マリー(脚)マイク・ジョーンズ(音)トレント・レズナー、アッティカス・ロス
(声)ジェイミー・フォックス、ティナ・フェイ、グレアム・ノートン、アンジェラ・バセット、アリシー・ブラガ 
ジャズ・ピアニストを目指しながら上手く行かず、音楽教師になりかけの黒人青年がついにチャンスをつかみます。
ところが、その直前に事故死。彼の魂は天国へと向かいますが、死にきれない彼はそこから脱出を試みます。
この世に生まれることができない彷徨える魂と共に街に戻るものの、入る身体を間違えてしまいます。
彼は無事に自分の体に戻れるのか?
ジャズのアドリブ演奏シーンが素晴らしい!そして素晴らしき世界に乾杯したくなる素敵な作品です。  
「続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢物計画」BORAT SUBSQUENT MOVIEFILM  
(監)ジェイソン・ウォリナー(アメリカ)
(製)(原)(脚)サシャ・バロン・コーエン(製)(原)(脚)アンソニー・ハインズ(製総)(脚)(原)ダン・メイザー
(原)ニーナ・ペドラド(脚)ピーター・ベイナム他(撮)ルーク・ガイスビューラー(編)ジェームズ・トーマス他
(音)エラン・バロン・コーエン(出)サシャ・バロン・コーエン、マリア・バカローヴァ、ルディ・ジュリアーニ、トム・ハンクス 
<あらすじ>
カザフスタンで無期懲役刑になっていたボラットに大統領から司令が出ます。
アメリカにポルノスターのサルを連れて行き、副大統領のペンスに貢ぎ、トランプとの関係を気づけという内容でした。
しかし、アメリカについたサルのコンテナから出てきたのはボラットの娘でした。仕方なく彼は娘を貢ぐことに。 
ペンスの集会、ジュリアーニへのインタビューなど、本物のトランプ関係の集会に参加しながら撮影。
出てこないのはトランプぐらい。そこまでやるか!というモキュメント映画。
日本のコメディにこれをやれとは言わないけれど、ここまで本気で危険を冒して映画を作れるとは思えない。
少なくとも最近のテレビを見ればそれは明らか。
下品でおバカで感染の危険大の撮影ですが、本気度が凄い!それだけで笑えなくても納得させる力があります。
「独裁者」をチャップリンが撮った時も、そんな笑えない作品と思われたはず。
「シカゴ7裁判」とこの作品。サシャ・バロン・コーエン恐るべし!  
 
タイガーテール - ある家族の記憶 -Tiger tail(N) 
(監)(製)(脚)アラン・ヤン(米・台)
(製)キム・ロス、チャールズ・D・キング他(撮)ナイジェル・ブラック(編)マイケル・ブルック(音)ダニエル・ハワース
(出)ツィ・マー&リー・ホンチー、フィオナ・ヒュー&リ・クンジュン、クリスティン・コー、ジョアン・チェン&ユー・シンファン  
台湾からアメリカに渡った移民青年と妻、彼が台湾に残した母と恋人たちの過去から現在までの記憶をたどる物語
1時間半という枠に長きに渡る家族の歴史を見事にまとめています。音楽と映像に多くを語らせる手法も実に有効です。
テーブルに向かい同じ方向を向く父と娘のカット。ラストの窓枠から父と娘をとらえカメラがひいてゆくカット。
テーブルに一人寂しく向かう父と娘のカット。短いカットで多くを語らせる手腕も良し!
なぜかロバート・レッドフォードの「普通の人々」を思い出してしまいました。
良くも悪くもハリウッド的な台湾映画の良作です。地味ながら俳優陣が素晴らしい。 
「タイラー・レイク-命の奪還-」Extraction (N) 
(監)サム・ハーグレイブ(米)
(製)アンソニー&ジョー・ルッソ、クリス・ヘムズワース(原)アンデ・パークス、フェルナンド・レオン・ゴンザレス
(脚)(原)ジョー・ルッソ(撮)ニュートン・トーマス・サイジェル(音)ヘンリー・ジャックマン、アレックス・ベルチャー
(出)クリス・ヘムズワース、ルドラクシャ・ジェイスワル、パンカジ・トリパティ、デヴィッド・ハーバー 
「キャプテンアメリカ シビル・ウォー」のスタント監督の映画デヴュー作品
オープニング、バングラディッシュ、ダッカの空撮映像からすでにいい感じでした。
中盤のワンカットでの人質奪回作戦シーンは期待以上のなかなかの出来映えです。 
久々に無駄のない文句なしにカッコイイアクション映画でした!
思わせぶりなラストも良かったですが、どうやら続編も決定しているようですね。 
「だましだまされアート界: 贋作をめぐる物語」Made You Look :A True Story of About Fake Art(ドキュメンタリー) 
(監)(製)(脚)パリ―・アヴリッチ(カナダ)
(製)ケイトリン・チェディー(製総)ジェイ・ヘニック(編)ティファニー・ボーディン
(出)アン・フリードマン(ノードラー・ギャラリー代表) 
60以上の作品で8000万ドルを売り上げた165年の歴史を持つ画廊が突如、閉店。それはどれもが贋作だったから!
アメリカ史上最大の贋作事件を追ったドキュメンタリー。(マーク・ロスコジャクソン・ポロックなど)
「カタログ・レゾネ」という画家の全作品集に載るか載らないか。
国際美術研究財団(IFAR)が調査して本物と認定するか。( 来歴、画風など、インクなどの科学的鑑定)
そうした真贋確認を通れば本物となるが、そこまで調べたくないのが売りたい画廊と買いたいお金持ちたち
騙されるのは、お金を使って趣味の良さをアピールしたいお金持ち。だったら騙してもいいんじゃない!
ある意味、無責任に楽しめるドキュメンタリー。犯罪ですが、悪を感じないジャンル。だから贋作物は魅力的なんです。
贋作の作者が中国人のアメリカ在住数学教授というもの面白い。中国では絵画をそっくりに真似ることは高く評価される!
中国には贋作専門の工場もあるという。凄い。そして、主犯のアン・フリードマンは、和解により有罪とならずNYでギャラリーを始めている!
やっぱり腹が立つ。別の自分が騙されたわけじゃないけど、本家に失礼ですよね。 
「ダンス・オブ・41」Dance of the 41  
(監)ダビド・パブロス(メキシコ)
(製)パブロ・クルス(脚)モニカ・レビージャ(撮)カロリーナ・コスタ
(出)アルフォンソ・エレーラ、エミリアーノ・スリタ、ミッチ・メーブル・カディナ、フェルナン・ベスミル、アルバロ・ゲレロ  
1901年メキシコで実際に会った事件。ゲイ・パーティーに集まる42人が逮捕され、大統領の娘と結婚していた議員だけが許された悲劇。
今までのLGBTものの作品はいろいろありましたが、これだけ大人数のラブシーンは圧巻です。
ただし、悲劇の恋人たちのはずが、クラブのメンバーたちが金持ちの道楽に見え、妻の方が可哀想に思えます。
登場人物たちがもう少し描かれないと感情移入が難しかった。惜しい。 
「デイヴィッド・フォスター:名曲の裏にのぞく素顔」 David Foster: Off The Record
(監)(製)(脚)バリー・アブリッチ(カナダ)
(製)ランディ・レノックス(編)ユージン・ヴェイス(撮)ケンNG
(出)デイヴィッド・フォスター、バーブラ・ストライサンド、クインシー・ジョーンズ、セリーヌ・ディオン、キャロル・ベイヤー・セイガー、ポール・アンカ
ビル・クリントン、ピーター・セテラ、ロバート・ラム、クライヴ・デイヴィス、マイケル・ブーブレ、アンドレア・ボッティチェリ、デイヴィッドの娘たち 
「「素直になれなくて」シカゴ「アフター・ザ・ラブ・ハズ・ゴーン」E,W&F「アンフォアゲッタブル」ナタリー&ナット・キング・コールなどの生みの親
作曲家、ピアニスト、製作者デヴィッド・フォスターの名曲たちの制作秘話と彼の人生に迫ったドキュメンタリー
「テスラ エジソンが恐れた天才」TESLA  
(監)(製)(脚)マイケル・アルメレイダ(アメリカ)
(製)ユーリ・シンガー、クリスタ・キャンベル他(製総)アヴィ・ラーナー他(撮)ショーン・ウィリアムズ(PD)カール・スプレイグ
(衣)ソフィヤ・メシチェク(編)キャスリン・J・シューバート(音)ジョン・パエザーノ
(出)イーサン・ホーク、イヴ・ヒューソン、エヴォン・モス=バクラック、ジム・ガフィガン、カイル・マクラクラン(エジソン役似てます) 
エジソンとの電気システム戦争に勝利した20世紀を代表する発明家ニコラ・テスラの伝記映画決定版!
やっとテスラの魅力をちゃんと描いた作品が登場しました。
ドキュメンタリー映像のような解説が異色ですが、科学史初心者にはわかりやすくて良いと思います。
Tears For Fearsの大ヒット曲「Everybody Wants to Rule The World」が聴けるとは!? 
TENET テネットTENET  
(監)(製)(脚)クリストファー・ノーラン(英)
(製)エマ・トーマス(製総)トーマス・ヘイスリップ(撮)ホイテ・ヴァン・ホイテマ(PD)ネイサン・クロウリー
(衣)ジェフリー・カーランド(編)ジェニファー・レイム(音)ルートヴィッヒ・ヨーランソン
(出)ジョン・デヴィッド・ワシントン、ロバート・パティンソン、エリザベス・デヴェッキ、ケネス・ブラナー、マイケル・ケイン
ディンプル・カパディア、アーロン・テイラー=ジョンソン、ヒメ―シュ・パテル、クレマンス・ポエジー 
「007」シリーズとタイムトラベルSFの融合ですが、時間の逆行と順行を同時に描くという驚くべき映像!
科学的にはあり得ないかもしれないシーンの連続ですが想像力の素晴らしさに感動!
逆転映像が必ず後に回収される見事な展開がまた凄い!脚本だけでなくシュミレーション映像による確認を行ったそうです。
逆転部隊と順行部隊が同時に戦闘に突入するなんて!凄すぎですよ。
音楽というよりも音響と呼ぶべき究極の映画音楽ヨーランソンは「ブラック・パンサー」などライアン・クーグラー作品の作曲家。 
「電気工事士」ELECTRICIAN  
(監)(製総)(脚)(撮)(編)スティーヴ・コンウェイ(イギリス)
(音)ハナ・ホランド(出)ローリー・ファレリー、ピーター・クラーク、エドワード・サバスタノ、イアン・テイラー 
過去に事件を起こし妻と子を失った男が電気工事士として働きながら子供との再開を願い元妻に連絡を取ろうとしますが・・・
低予算のイギリス映画で様々な映画祭で高い評価を得た作品。 
ほとんどセリフなし。印象的なカットの連続で絵で語り、説明もほとんどなし、何が起きるか?緊張感が続き目が離せません。
次回作に期待します。 
「同級生マイナス」  
(監)(脚)ホアン・シンヤオ(台湾)
(製)チョン・モンホン、イエ・ルーフェン
(出)リウ・グアンティン、チェン・レンシュ、オナードゥ、シー・ミンシュアイ、リウ・グアンティン、ワン・サイファー、リン・ユージー、加藤鷹 
<あらすじ>
再会した同級生4人組。映画監督を目指していながら国会議員に立候補する男
役所の請負で戸口調査を行っていた憧れの女の子が娼婦になっていたことを知った男。 
吃音と病の祖母の世話で未婚だった紙細工職人の男。
不動産業者で働き、マンガ喫茶で知り合った女性と出来ちゃった結婚をして男。
40代となった男たちのそれぞれの人生の悲哀を描いたコメディですが、それを撮るのはもう一人の友人である監督自身! 
監督が自分の同級生4人を撮影したドキュメンタリー・タッチの不思議な人生コメディ。 
映画内映画ですが、ラストのライブ演奏もなんとも味わいが深い・・・
加藤鷹、富士山、スカジャンと日本ネタも楽しい。 
「透明人間」The Invisible Man  
(監)(製総)(原案)(脚)ジョー・ワネル(米)
(製)ジェイソン・ブラム、ケイリー・デュ・フレズネ(製総)クーパー・サミュエルソン他(撮)ステファン・ダスキオ
(編)アンディ・キャニー(音)ベンジャミン・ウォルフィッシュ(出)エリザベス・モス、オルディス・ホッジ、オリバー・ジャクソン=コーエン 
過去の「透明人間」とは全く違う作品。新鮮で見ごたえ十分のサイコ・ホラー・ストーカー映画。
今までは「透明人間」目線で作られていたが、主人公は「透明人間」ではなく襲われる女性の方で彼女の成長物語。
悪役は「透明人間」ではなく普通の人間のストーカーでもありうる内容。そこがミソ。
低予算でヒット作を作る見本のような作品。アイデアの勝利!おまけに続編も可能性あり!次作は「The Invisible Woman」かな?
「ソウ」シリーズのようなスプラッタではないので安心してみて下さい。 
「トランスジェンダーとハリウッド: 過去、現在、そしてDisclosureドキュメンタリー(N) 
(監)(製)サム・フェダー(米)
(製)エイミー・ショルダー(編)ステイシー・ゴルデイト(編)アブラム・フィンクレスティン、ソフィア・ミドン
(音)フランシスコ・ル・メートル(出)ラヴァーン・コックス、スーザン・ストライカー、リリー・ウォシャウスキー
ジェン・リチャーズ、ジャズムン、アレクサンドラ・グレイ、キャンディス・ケイン、サンドラ・コールドウェル
ドレヴェル・アンダーソン、ジェイミー・クレイトン、ホリー・デミータ  
ハリウッド映画に中でトランスジェンダーはどう描かれてきたのか?「異常な殺人犯」「連続殺人のターゲット」・・・
誰が演じてきたのか?その変化の歴史。ストレートの俳優から本物のトランス俳優の登場へ
少数者、差別される人々にとって、映画やテレビによる描かれ方は、どんなに愚かで残酷だったのか!
様々なことがわかりました。この問題は、トランスジェンダーだけではなくあらゆる差別問題に共通するのでしょう。 
「ナイル殺人事件」 Death on the Nile
(監)(製)ケネス・ブラナー(アメリカ/北アイルランド)
(製)リドリー・スコット他(製総)マーク・ゴードン、サイモン・キンバーグ他(原)アガサ・クリスティー(脚)マイケル・グリーン(撮)ハリス・ザンバーラウコス
(PD)ジム・クレイ(衣)パコ・デルガド(編)ウナ・ニ・ドンガイル(音)パトリック・ドイル
(出)ケネス・ブラナー、ガル・ガドット、アーミー・ハマー、アネット・ベニング 、レティ―シャ・ライト、ソフィー・オコネドー、アリ・ファザール
<あらすじ>
資産家令嬢リネットは友人の恋人サイモンと略奪婚。新婚旅行と結婚式にはなぜかポワロも招待されていました。
ナイル川を旅する新婚旅行に、恋人を奪われた元カノが乱入し、 サイモンを狙撃し怪我を負わせます。
そして、その夜、何者かにリネットが射殺されます。犯人は船の乗客の中にいるはずですが、その後も乗客が殺されることに・・・
第一次世界大戦でのポワロの青春時代。トレードマークの髭に隠された秘密が明かされ、ポワロの悲劇的人生がテーマでもあります。
最後までヒーローであるはずのポワロが憎まれ役で、殺人も止められず、犯人も逮捕できないダメっぷり。
相棒もいないし、恋人もいないし、っていうか、ポワロこそ同性愛者だったと思うのですが・・・
そして、彼が最後に心の拠り所にしたのが、「ブルース」だったとは・・・。
ひっかかったのは、1937年の時点でサロメ・オッタボーンのようなエレクトリック・ブルースはあったのか?それもロンドンで?
ノマドランド」 NOMADLAND  
(監)(製)(脚)(編)クロエ・ジャオ(中国系アメリカ)
(製)ピーター・スピアーズ、モリー・アッシャー、ダン・ジャンビー(原)ジェシカ・ブルーダー「ノマド:漂流する高齢労働者たち」
(撮)ジョシュア・ジェームズ・リチャーズ(音)ルドウィコ・レイナウディ
(出)(製)フランシス・マクドーマンド(出)デヴィッド・ストラザーン、リンダ・メイ(本人)、ボブ・ウェルズ(本人) 
<あらすじ>
ネバダ州の企業城下町で夫と暮らしていたファーン。夫の死後、街は工場の閉鎖と共に消滅。
職も住居も失った彼女は自分で改造したキャンピングカーに乗り、非正規労働者として移動を続けます。
途中で出会った女性リンダに誘われた彼女は、ノマド生活をする仲間たちが集まるアリゾナの砂漠での集会に参加。 
そこで知り合ったデイヴとその後、再会。二人は魅かれあい、デイヴは自分が住む息子の家に来るよう誘います。 
アカデミー作品・監督・主演女優賞、ヴェネチア国際映画祭金獅子賞、ゴールデン・グローブ作品・監督賞
新たなるロード・ムービーの傑作誕生。これぞアメリカ。究極の自己責任生活だけど、それが普通でもある。
アメリカの原点、西部開拓史への回帰、「イージーライダー」「ハリーとトント」「イントゥ・ザ・ワイルド」 「怒りの葡萄」が融合
自然の美しさ満載。人の優しさも満載。社会の厳しさも満載。これぞ、アメリカ!
そんな映画を独裁国家中国から逃げてきた監督が製作するのもまたアメリカ!
いろんな意味でアメリカの真実であり、未来でもある映画がアカデミー賞を獲ったのも歴史の流れかもしれない。 
 ハ
ハーフ・オブ・イット 面白いのはこれから」The Half of It (N)
(監)(製)(脚)アリス・ウー(米)
(製)アンソニー・ブレグマン、M・ブレア・ブレアード(製総)エリカ・マトリン、グレゴリー・ズック(撮)グレタ・ゾズラ
(編)イアン・ブラム、リー・パーシー(音)アントン・サンコー
(出)リーア・ルイス、ダニエル・ディーマー、アレクシス・レミール、コリン・チョウ、エンリケ・ムルシアーノ、キャサリン・カーティン 
アメフト選手のポールにラブレターの代筆を頼まれた中国系の女子高生エリー。
しかし、その相手は同性でありながら自分が好きな同級生のアスターでした。
映画や文学好きのエリーの手紙はアスターの心をつかみ、二人のデートも実現します。しかし、二人の恋は上手く行くのか?
映画・文学好きにはたまらない作品です!ちょっとありがちな物語ですが、現代的で可笑しくてそして何より優しい物語に感動。
こんな作品が見たかった。「アメリカングラフィティ」のようなラスト、それも駅での別れの場面は可笑しくて悲しくて・・・素敵です。
エリーは可愛く、アスターは美しく、ポールは優しく、それぞれのキャラクターが実に生き生きと描かれています。
お父さん役のコリン・チョウは「マトリックス・シリーズ」に出演しています!  
「ハミルトン」 Hamilton 
(監)トーマス・ケイル(アメリカ)
(脚)(音)(出)リン=マヌエル・ミランダ(出)ダヴィ―ド・ディグス、レネー・エリス・ゴールドベリー、ジョナサン・グロフ(英国王)、クリストファー・ジャクソン
ジャスミン・セファス・ジョーンズ、アンソニー・ラモス、フィリッパー・スー、アリアナ・デヴォーズ
ミュージカル界の天才、リン=マヌエル・ミランダのまさに独り舞台!とも言える作品。
ワシントン初代大統領の副官として独立戦争を率いたアレクサンダー・ハミルトンの伝記ミュージカルの舞台を映像化。
あえて多人種で独立の英雄たちを描いたダーバーシティ・ミュージカル作品。
アメリカの独立史の物語をラップで展開するので歴史的事件がてんこ盛りに詰め込まれています。
字幕の読みとりが大変ですし、2時間半越えと長いのですが、見応えは十分の傑作です。
「ウエストサイド・ストーリー」でアカデミー助演女優賞を受賞するアリアナ・デヴォーズも出ています!
「パーム・スプリングス」Palm Springs  
(監)マックス・バーバコウ(アメリカ)
(製)アンディ・サムバーグ、アキヴァ・シェイファー他(製総)アレックス・トン、ガブリエラ・エビリャ・ルゴ
(脚)アンディ・シアラ(撮)クゥイエン・トラン(PD)ジェイソン・キスヴァーディ(編)マシュー・フリードマン、アンドリュー・ディックラー
(音)マシュー・コンプトン(音監)ロビン・アーダング
(出)アンディ・サムバーグ、クリスティン・ミリオティ、J・K・シモンズ、ピーター・ギャラガー、メレディス・ハグラー 
<あらすじ>
砂漠の真ん中、パーム・スプリングスで行われた結婚式に参列した男女が、タイム・ループに巻き込まれます。
同じ一日を繰り返す中、様々なことをしても変わらないことに諦めるナイルズと量子力学を勉強するサラ。
サラとの毎日に幸福を感じ、そのままで良いと思うナイルズに対し、脱出しようとするサラ。
二人の運命は?  
タイム・リープ・ラブ・コメディの掘り出し物!
時間の繰り返しに開き直りやりたい放題の二人も楽しい。夜のキャンプ地に現れる恐竜がまた魅力的。
S・E・ロジー、ホール&オーツなどの使用曲もいい選曲!J・K・シモンズもいい味で、主役もいい!
永遠の幸福を繰り返すか、人生を片道切符で再開するか?
初監督作品ですが、今後も期待したい。  
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey 
(監)キャシー・ヤン(米)
(製)マーゴット・ロビー、ブライアン・アンケレス、スー・クロール(製総)ウォルター・ハマダ、ゲイレン・ヴェイスマン他
(脚)クリスティーナ・ホドソン(撮)マシュー・リバティーク(PD)K・K・バレット(編)ジェイ・キャシディ、エヴァン・シフ
(音)ダニエル・パンバートン(音監)シーズン・ケント、ゲイブ・ヒルファー
(出)マーゴット・ロビー、メアリ―・エリザベス・ウィンステッド、ジャーニー・スモレット=ベル、ロージー・ぺレス
ユアン・マクレガー、エラ・ジェイ・バスコ  
DCコミックから「ジョーカー」の元カノ、ハーレイ・クインが女性4人でブラックマスクの一味とバトル開始! 
コメディ・タッチのアクション映画としてまずまずの出来映えです。ヒット曲満載の音楽も楽しい!
メジャー初監督の中国系女性監督キャシー・ヤンは前作「Dead Pigs」がサンダンス映画祭など注目されて大抜擢。
製作、脚本、監督、俳優と女性中心の映画となっています。 
ハンディキャップ・キャンプ:障害者運動の夜明け」Crip Camp ドキュメンタリー(N) 
(監)(脚)ニコル・ニューナム、ジム・レブレヒト(アメリカ)
(製総)バラク&ミシェル・オバマ、トーニャ・デイヴィス、プリヤ・スワミナサン他
(撮)ジャスティン・シャイン(編)アイリーン・メイヤー、アンドリュー・ガーシュ(音)ベアー・マクレアリー
(出)ジュディ・ヒューマン、ジム・レブレヒト、デニース・シェラー・コブソン 
感動間違いなしのドキュメンタリー作品です!これぞ、自由の国アメリカ。
障害者の人権を保障する公民権法504条への調印を求めた運動の中心となった障害者たち。
その多くが青春時代を過ごした障害者たちの自由平等なキャンプ「ジェネド・キャンプ」(1951~1977)の出身。
「障害のあるアメリカ人法」の設立までのさらなる戦い(1990年調印) 
彼らの人生と運動を追った障害者運動の歴史ドキュメンタリーです。
差別と闘った黒人、LGBTの人々と同じ平等を求めた闘いが同じ時期に展開していたとは!
やっぱり民主主義の国アメリカは凄い。それなのになぜ2020年のアメリカはこんなことになったしまったのか? 
「ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!」Bill & Tedd Face the Music
(監)ディーン・パリソット(アメリカ)
(製)スコット・クルーフ、デヴィッド・ハリング他(製総)スティーブン・ソダ―バーグ他(脚)クリス・マシスン、エド・ソロモン
(撮)シェリー・ジョンソン(PD)メラニー・ペイジズ=ジョーンズ(編)ドン・ジマーマン(衣)ジェニファー・スタージク
(音)マーク・アイシャム(音監)ジョナサン・レイヒー
(出)キアヌ・リーヴス、アレックス・ウィンター、クリステン・シャール、ジェイマ・メイズ、サマラ・ウィービング、ウィリアム・サドラー 
ビル&テッド・シリーズ29年目の第三作
今回は、宇宙を救うための曲を演奏するためのバンド集めも行われます。ジミ・ヘン、ルイ・アームストロング、モーツァルトなどが集結。
おバカな展開は理屈抜きに楽しめます。前作、前々作は見ていなくてもとりあえず大丈夫です! 
「ヒルビリー・エレジー郷愁の哀歌」Hillbilly Elegy (N) 
(監)(製)ロン・ハワード(アメリカ)
(製)ブライアン・グレイザー(原)J・D・ヴァンス(脚)ヴァネッサ・テイラー(撮)マリス・アリベルティ(編)ジェームス・ウィルコックス
(PD)モリー・ヒューズ(音)デヴィッド・フレミングス、ハンス・ジマー
(出)ガブリエル・バッソ、エイミー・アダムス、グレン・クローズ、ヘイリー・ベネット、フリーダ・ピント、ボー・ホプキンス 
原作はノンフィクションで「ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち」
大学に行きたくても行けず、貧しい生活から一生抜け出すことができない暮らしを余儀なくされた人々の物語。
そこから唯一抜け出す方法は、家族が支え合い努力を続けること。戦争に行き、生き延びて、大学に行く権利を得る事が必要です。
そのチャンスをつかみかけた主人公が、残してきた母親のために帰郷し、過去を思い出しながら、家族のことを思います。
久々に泣けました。グレン・クローズもエイミー・アダムスもまさに体当たりの演技でアカデミー賞行けるのでは?
ロン・ハワードは本当にいい監督になりました。直系ではないもののイーストウッドの後継者ですね。 
ザ・ファイブ・ブラッズ Da 5 Bloods(N) 
(監)(製)(脚)スパイク・リー(米)
(製)ジョン・キリク、ベアトリス・レヴィン、ロイド・レヴィン(製総)バリー・レヴィン、マイク・バンドリー、ジョナサン・フィレイ
(脚)ダニー・ビルソン、ポール・デ・メオ、ケヴィン・ウィルモット(撮)ニュートン・トーマス・サイジェル(編)アダム・ガフ
(音)テレンス・ブランチャード(出)デルロイ・リンドー、ノーム・ルイス、クラーク・ピータース、イザイア・ウィットロック・Jr
チャドウィック・ボーズマン、ジョナサン・メジャーズ、ポール・ウォルター・ハウザー、ジャン・レノ、メラニー・ティアニー
ヤスペル・ペーコネン、ヴェロニカ・グゥ、ジャンカルロ・エスポジート、ジョニー・グェン  
これは素晴らしい!スパイク・リーの集大成ともいえる作品。アカデミー作品賞いけるのでは?
公民権運動、ベトナム戦争からブラック・ライブズ・マターまでのアメリカン・ブラックの歴史をふり返りつつ
戦争によるPTSD、残された地雷の問題、帰国後の苦しみ、家族との不和、変わらない差別、戦争が生んだ子供・・・
様々な問題を2時間半に凝縮して描くその手際の良さは、これまで培ってきた経験のおかげでしょう。
最後には、愛と憎しみと赦しへと見事に昇華させ、感動を与えてくれます。
16mmフィルムの映像はかつてのニュース映像のように観客をベトナム戦争へと連れて行ってくれます。
ベトナム奥地への旅と同時に戦場での記憶を遡る「地獄の黙示録」のパロディでもあります。
ポールが後半に精神が破綻して行くところは、マーロン・ブランドが演じたカーツ大佐のように鬼気迫る演技です。 
「ファーザー」The Father  
(監)(原戯)(脚)フロリアン・ゼレール(フランス/イギリス)
(製)フィリップ・カルカソンヌ、デヴィッド・パーフィット他(製総)エロイーズ・スパドーネ他(脚)クリストファー・ハンプトン
(撮)ベン・スミサード(PD)ピーター・フランシス(編)ヨルゴス・ランプリノス(音)ロゴヴィコ・エイナウディ
(出)アンソニー・ホプキンス、オリヴィア・コールマン、マーク・ゲイティス、ルーファス・シーウェル、イモージェン・プーツ 
アカデミー主演男優賞、脚色賞
認知症の父親と介護に苦労する娘を客観的な視点ではなく父親の視点から描いた画期的な作品。
ファンタジーのような展開は映画的に面白く、飽きさせない工夫とも言えるし、もし自分がそうなったら?考えることになります。
それにしても、アンソニー・ホプキンスの演技は凄い、時に憎らしく、時に子供の様で、時に哀れで・・・アカデミー賞当然かも。
なんだか「羊たちの沈黙」のハンニバル・レクターを思い出しました。 
「ブーブル」Bulbblu(N) 
(監)(脚)アンヴィタ・ダット・グプタン(インド)
(製)アヌシュカ・シャルマ、カルネシュ・シャルマ(撮)シダース・ディバン(音)アミット・トリヴェディ
(出)トリプティ・ディムリ、アビナッシュ・ティワリー、ラーフル・ボース、パラムブラト・チャテルジー、パオリ・ダム 
12歳で結婚させられた女性が、家族や夫から受ける体罰、暴力により、魔女へと変貌してしまうオカルト風心理サスペンス
音楽が良い、主人公が美人!インドにおける幼児婚についての問題提起であり、女性への差別・暴力への抵抗の映画
ネットフリックスらしい社会派の娯楽映画で、ミュージカル・シーンもなく2時間も超えない見やす過ぎる?作品 
「フランクおじさん」UNCLE FRANK (A) 
(監)(脚)(製)アラン・ボール(米)
(製)ビル・ブロック、マイケル・コスティガン他(製総)ボブ・オシャー、アンドリュー・ゴロヴ他
(撮)カリッド・モタセヴ(PD)ダーシー・スキャンリン(衣)メーガン・スターク・エヴァンズ
(編)ジョナサン・アルバーツ(音)ネイサン・バー(音監)ゲイリー・カラマル
(出)ポール・ベタニー、ソフィア・リリス、ピーター・マクディッシ、ジュディ・グリア、スティーヴ・ザーン、ロイス・スミス 
ゲイの伯父さんと姪っ子のひと夏の経験と故郷への素晴らしい感動の旅。LGBTの新たなる傑作誕生です。
1973年という時代設定も懐かしい。
ポール・ベタニーの代表作ですが、ソフィア・リリスも頑張りました。
ラストの裏庭での幸福感は本当に素敵です!早くコロナが終息してあんな気持ちのいい風を感じたいものです。  
「フリー・ガイ」Free Guy  
(監)(製)ショーン・レヴィ(アメリカ)
(製)サラ・シェクター、ライアン・レイノルズ他(製総)メアリー・マクラグレン他(原案)(脚)マット・リーバーマン(脚)ザック・ペン
(撮)ジョージ・リッチモンド(PD)イーサン・トーマン(編)ディーン・ジマーマン(音)クリストフ・ベック
(出)ライアン・レイノルズ、ジョディ・カマー、ジョー・キーリー、タイカ・ワイティティ、リル・レル・ハウリー、ウトカルシュ・アンブドゥカル 
<あらすじ>
ゲーム「フリーガイ」の中のモブキャラ銀行員がなぜかゲーム内で自身の感情・判断で行動を開始。
開発者の二人が作ったAIシステムが自立することに成功した結果でした。
しかし、ガイはそのことを知らず、そのおかげでゲームの続編への以降が困難になり、経営者アントワンは激怒。
ガイの抹殺を支持しますが・・・ 
ゲーム内キャラが意志を持ち行動する作品はこれまでもありましたが、今回はモブキャラにしたのが味噌。
恋がきっかけで自立し始めるという設定もポイントです。
様々な過去作品の小道具やキャラクターが散りばめられているのも楽しい!  
「プリズン・エスケープ脱出への10の鍵」Escape from Pretoria 
(監)(脚)フランシス・アナン(英国/南アフリカ)
(製)マーク・ブレイニー、ジャッキー・シェパード他(原)ティム・ジェンキン(脚)L・H・アダムズ(撮)ジェフリー・ホール
(PD)スコット・バード(衣)マリオット・カー(編)ニック・フェントン(音)デヴィッド・ハーシュフェルダー
(出)ダニエル・ラドクリフ、ダニエル・ウェバー、イアン・ハート、マーク・レナード・ウィンター、スティーブ・ハンター 
<あらすじ>
南アフリカでアフリカ民族会議のメンバーとしてアパルトヘイトへの反対運動に参加していた白人青年ティム・ジェンキン。
逮捕されて懲役12年の刑を受けることになった彼は、プレトリアの刑務所からの脱走をしようと計画を立てます。
脱獄のために彼は選んだ方法は、刑務所内の鍵を全て作るという作戦でした。  
最近珍しくなったシンプルな作戦をシンプルに描いた正調脱獄映画。 
実話なので成功するとわかってはいても十分ハラハラさせてくれます。
犯罪者がアパルトヘイトに反対する解放運動の英雄というのがポイント。 
「プロジェクト・パワー」Project Power(N) 
(監)アリエル・シュルマン、ヘンリー・ジュースト(米)
(製)エリック・ニューマン、ブライアン・アンケレス(脚)マットソン・トムリン(撮)マイケル・シモンズ(音)ジョセフ・トラパネーゼ
(出)ジェイミー・フォックス、ジョセフ・ゴードン=レビット、ドミニク・フィシュバック、マシンガン・ケリー、ロドリゴ・サントロ
エイミー・ランデッカー、タイット・フレッチャー 
5分間だけ超能力を発揮できる薬がニューオーリンズの街に広がり、事件が多発。
捜査を行う警官がその売人を追跡するが彼はさらわれて実験台になっている娘を探していた。
人により能力が違うが、バラバラで何かの動物の遺伝子が元になっているらしい・・・。
この手のスーパーパワーものはいろいろあるので、それを超えるにはちょっと物足りない。  
「プロミシング・ヤング・ウーマン」Promising Young Woman  
(監)(製)(脚)エメラルド・フェネル(イギリス/アメリカ)
(製)マーゴット・ロビー、ジョニー・マクナマラ他(製総)グレン・バスナー、キャリー・マリガン(撮)ベンジャミン・クラカン
(PD)マイケル・T・ペリー(編)フレデリック・トラバル(衣)ナンシー・スタイナー(音)アンソニー・ウィリス(音監)スーザン・ジェイコブズ
(出)キャリー・マリガン、ボー・バーナム、アリソン・ブリー、クランシー・ブラウン、ラヴァーン・コックス、コニー・ブリットン 
<あらすじ>
コーヒーハウスで働くキャシーは、友人を失い医学部を中退していました。
彼女は夜な夜な街で酔いつぶれたふりをして男に襲われるギリギリまで行っていました。
彼女は医学部の男たちに暴行されたことが原因で自殺した友人の復讐を始めます。  
アカデミー脚本賞見事な脚本です。
主人公がクールでカッコいい。事件の過去映像を見せず、復讐を淡々と進めていく演出も好感大!
マーゴット・ロビー、キャリー・マリガンら女性たちの映画に拍手!  
「ザ・プロム」THE PROM (N) 
(監)(製)(音総)ライアン・マーフィー(米)
(製)アダム・アンダース他(製総)エリック・コブタン他(脚)ボブ・マーティン(脚)(原)チャド・ベゲリン(撮)マシュー・リバティーク
(PD)ジェイミー・ウォーカー・マッコール(衣)ルー・アイリック(振)ケイシー・ニコロウ(音)マシュー・スクラー
(出)メリル・ストリープ、ジェームズ・コーデン、ニコール・キッドマン、キーガン=マイケル・キー、アンドリュー・ラネルズ
ジョー・エレン・ペルマン(エマ)、ケリー・ワシントン 
「glee」の監督による本格的なミュージカル映画。
セレブと大衆の溝の大きさ。それを修復しようという身勝手なスターたち。始まりが不安でした。
プロムってそんなにやりたいこと?という基本的な疑問もありました。
話が上手く行きすぎなのはミュージカルだからありなのか? 
主演のジョー・エレン・ペルマンの笑顔は素敵です!今後に期待したいです。
ダンスも歌も素晴らしいのですけど。「glee」を見ているので、ちょっと期待はずれかも・・・ 
「ヘイター」Sala Samobojcow.Hejter  
(監)ヤン・コマサ(ポーランド)
(脚)マテウシュ・パツェビチュ(撮)ラデック・ラドチュック(美)カタジーナ・ソバンスカ、マルセル・スラビンスキ
(音)ミハウ・ヤツァシェク
(出)マチェイ・ムシャウォフスキ、アガタ・クレシャ、ダヌカ・ステンカ、バネッサ・アレクサンダー 
論文の盗用で大学を退学させられたトマシュはSNSを使い様々な手法で敵対企業や個人を攻撃する企業に就職
フェイクニュース等を使いこなし、その才能でのし上がります。そして、別れた恋人が関わる政治家を倒す作戦に参加。
政治家のスキャンダルを暴露しますが、作戦はしだいにエスカレートし、ついにはテロ事件へと発展します。
実は、この作品には前編もあったようです。
「ヘイト&フェイク総登場!」といった感じの典型的な胸糞が悪くなる映画です。
でも、ここまで主人公が悪で作戦を見事に成功させると、逆に映画だからいいかって気になるから不思議。
怖い映画ですが、見入ってしまいます。これが世界の真実なのか?挑戦するべきか?
この監督、次の作品「聖なる犯罪者」はアカデミー外国語映画賞にノミネートされます。 
「隔たる世界の二人」Two Distant Strangers(N)(短編) 
(監)(脚)トラヴォン・フリー、マーティン・デズモンド・ロー(アメリカ)
(製)ローレンス・ベンダー、ショーン・コムズ、クリス・ウィットウィラー、ジュシ・ウィリアムズ
(撮)ジャシカ・ヤング(編)アレックス・オデスミス(音)ジェームズ・ポイザー
(出)ジョエイ・バダ$$、アンドリュー・ハワード、ザリア  
<あらすじ>
初めて泊まった彼女の部屋で目覚めた主人公は、彼女の別れを告げ、外に出るとすぐ、白人男性とぶつかってしまいます。
そこへ近くにいた白人警察官が現れ、彼に職務質問をし始めます。何もしていない彼はその対応に怒り、暴れ始めます。
すると近くにいた警官がやってきて、彼を押さえつけ、首を締めあげると彼は窒息死してしまいます。
はっと気が付くと彼は、彼女の部屋のベッドにいました。どうやら夢だったようです。しかし、あまりに現実的な・・・
こうして、彼の新たな一日が始まりますが、再び彼の目の前にはあの白人警察官が現れます。  
ジョージ・フロイドに捧げられた作品であることは、すぐにわかりました。
しかし、ラストには彼以外にも同じような目に遭った人々の名前が紹介されます。 
<使用曲>
「Home」(演)Uhmeer(曲)James Poyser,Karriem Riggins他
「The Way It Is」(演)Bruce Hornsby & The Rango(曲)ブルース・ホンズビイ
「God's Child」(演)Jill Scott(曲)Jill Scott, James Poyser
「Two Distant Strangers」(演)Joey Bada$$(曲)Jo Vaughn Virginie,Erick Elliott,Chris McClenney,Dominic Makerm,Romeo Testa 
 
「マクマホン・ファイル」The Last Thing He Wanted (N) 
(監)(製)(脚)ディー・リース(米)  
(脚)マルコ・ヴィラロボス(原)ジョーン・ディディオン(撮)ボビー・ブコウスキー(音)タマール=カリ
(出)アン・ハサウェイ、ベン・アフレック、ウィレム・デフォー、ロージー・ペレス、エディ―・ガテギ  
女性記者が父親に代わり武器密輸に関与、そこから見えてきた米軍兵器の中米への密輸。
ハードボイルド・スタイルの展開はクールですが、難解過ぎ。もう少し面白くできなかったか? 
マ・レイニーのブラックボトムMa Rainey's Black Bottom (N) 
(監)ジョージ・C・ウルフ(米)
(製)デンゼル・ワシントン、トッド・ブラック他(原戯)オーガスト・ウィルソン(脚)ブーベン・サンチャゴ=ウィルソン
(撮)トビアス・A・シュリッスラー(PD)マーク・リッカー(編)アンドリュー・モンドシェイン(衣)アン・ロス(音)ブランフォード・マルサリス
(出)ヴィオラ・デイヴィス、チャドウィック・ボーズマン、コールマン・ドミンゴ、グリン・ターマン、マイケル・ポッツ、ジェレミー・シャーモス 
「ブルースの母」と呼ばれたマ・レイニーが地元の南部コロンバスからシカゴへレコーディングに来た際の一日を追った作品。
チャドウィック・ボーズマンの遺作となった「黒い底辺」の物語。
1927年が舞台だが、これもまた現在のアメリカ黒人社会を描いた作品となっています。 
デンゼル・ワシントン主演の「フェンス」と同じオーガスト・ウィルソンの戯曲(1982年作)が元になった作品。 
「ミッドナイト・スカイ」The Midnight Sky(N) 
(監)(製)ジョージ・クルーニー(米)
(製)グラント・ヘスロヴ、キース・レドモン他(製総)バーバラ・A・ホール、トッド・シュスター他
(原)リリー・ブルックス=ダルトン「世界の終わりの天文台」(脚)マーク・L・スミス(撮)マーティン・ルーエ
(PD)ジム・ビゼル(編)スティーブン・ミリオン(衣)ジェニー・イーガン(音)アレクサンドル・デスプラ
(出)ジョージ・クルーニー、フェリシティ・ジョーンズ、デヴィッド・オイェロウォ、ティファニー・ブーン(カワイイ!)
デミアン・ビチル、カイル・チャンドラー、ケイリン・スプリンゴールド  
人類が滅亡した地球、生き残った北極の天文台からK23(木星の衛星)から帰還する宇宙船に連絡が・・・。
地球に戻らずK23で生き延びよ!しかし、期間中の宇宙船もまた危機に追い込まれていました。
「ゼロ・グラビティ」「惑星ソラリス」「ユピテルとイオ 地球最後の少女」「パッセンジャー」・・・いろいろ入っています。
ハードSFタッチの地球滅亡作品の快作。
ただし、予想の範囲を越えるほどのワンダーはなかったかも。 
Mank/マンクMANK (N) 
(監)デイヴィッド・フォンチャー(米)
(製)セアン・チャフィン、エリック・ロス、ダグラス・アーバンスキー(脚)ジャック・フィンチャー(撮)エリク・メッサーシュミット
(PD)ドナルド・グレアム・バート(衣)トリッシュ・サマーヴィル(編)カーク・バクスター(音)トレント・レズナー、アッティカス・ロス
(出)ゲイリー・オールドマン、サマンサ・セイフライド、チャールズ・ダンス、リリー・コリンズ、アーリス・ハワード  
永遠の名作「市民ケーン」の脚本が書かれる過程とそのもとになった体験を描いた内幕もの。
脚本の作者は監督デヴィッドの父親。30年代ハリウッドの大物が次々に登場する歴史大作でもあります。
ただし、この作品はそうしたメイキング映画とは別の側面も持っています。
アプトン・シンクレアという社会主義政治家というもう一人の登場人物を登場させ、アメリカの現状とリンクさせてゆきます。
フェイク・ニュースならぬフェイク・ムービーによる共和党の勝利。それがまた再現することがなかったことを喜びたいと思います。  
「水を抱く女」UNDINE  
(監)(脚)クリスチャン・ペッツォルト(ドイツ)
(製)フロリアン・コールナー・フォン・グストルフ、ミヒャエル・ヴェッバー(撮)ハンス・フロム(編)ベッティナ・ボーラー
(出)パウラ・ベーア(ウンディーネ)、フランツ・ログフスキ、マリアム・ザリー、ヤコブ・マッチェンツ、アネ・ラテ=ポレ 
ベルリン国際映画祭銀熊賞(パウラ・ベーア)
「水の精」のギリシャ神話がもとになったドイツの小説「ウンディーネ」を現代のベルリンに移し換えた異色のファンタジー映画
水の精を愛してしまった男の悲劇が美しく悲しくサスペンス・タッチで描かれます。
シンプルなストーリーのようで伏線もあり、回収もあり、予想外の展開で最後までハラハラさせられるラブ・ストーリー!
古い神話とベルリンの都市開発の解説という対比もいいし、ビージーズの「ステイン・アライブ」の使い方も洒落ている。
小説とは異なる結末は、お腹にいる赤ちゃんがウンディーネに語りかけたおかげだと思います! 
MINAMATA - ミナマタ - MINAMATA 
(監)(製)(脚)アンドリュー・レヴィタス(アメリカ)
(製)サム・サルカル、ビル・ジョンソン、ガブリエル・ターナ、ジョニー・デップ他(原案)ユージン・スミス、アイリーン・美緒子・スミス
(脚)(製)デヴィッド・K・ケスラー(脚)ジェイソン・フォルマン、スティーブン・ドイターズ(撮)ブノワ・ドゥローム(PD)トム・フォーデン
(衣)モミルカ・バイロヴィチ(編)ネイサン・ヌーゲント(音)坂本龍一
(出)ジョニー・デップ、ビル・ナイー、美波、真田広之、國村隼、浅野忠信、加瀬亮、岩瀬晶子 
1971年、チッソ水俣工場からの汚染排水によって起きた水俣病の取材に訪れたユージン・スミスはアルコール依存のカメラマン。
かつて雑誌「TIME」のスタッフ・カメラマンとして活躍していた彼は、引退を意識しスランプに陥っていました。
そんな状況にいた彼に水俣を取材してほしいと依頼されての来日でしたが、彼は沖縄戦を取材した際のトラウマも抱えていました。 
思っていた以上に素晴らしい作品でした。ジョニー・デップのDV問題が起きていなければもっと高い評価を得られたのに残念です。
水俣の美しい海の風景が欲しかった!「苦海浄土」が素晴らしいのは石牟礼道子さんが海の魅力にこだわっているからです。
日本で撮影できなかったのも惜しかった。(セルビアなどが中心)
ジョニー・デップの演技は素晴らしく、水俣病問題よりも報道カメラマンが自分の魂を削る苦しみから立ち上がる人間ドラマとなっています。
ラストの母子の入浴写真も素晴らしかった!泣けました。そこには家族だけではなく、「愛」「人類」「地球」「宇宙」が見えます!
日本の俳優陣もみなさん素晴らしかった。
チッソの社長も単なる悪者として描かない姿勢も好感がもてました。病院への潜入シーンはスパイ映画的で少々やりすぎですが・・・・  
「ミナリ」MINARI  
(監)リー・アイザック・チョン(韓国系アメリカ)
(製)デデ・ガードナー他(製総)ブラッド・ピット、スティーブン・ユァン(撮)ラクラン・ミルン(編)ハリー・ユーン(音)エミール・モッセ
(出)スティーブン・ユァン、ハン・イェリ、ユン・ヨジョン(アカデミー助演女優賞)、ウィル・パットン、アラン・キム 
朝鮮戦争の後、アメリカに移民した韓国人とその家族の苦難の物語。
1980年代カリフォルニアで鶏の選別で稼いでいた夫婦がアーカンソーの田舎に土地を購入して移住。
そこで農業を始め韓国の野菜を育て始めます。しかし、水不足や売り先の不足などのトラブルで夫婦の間に亀裂が・・・。
けっしてハッピーエンドでなはいリアリズム作品であっても、ラストには救いがありホッとしました。
この後、家族がどうなったのか?気になるラストです。 
もう終わりにしようI'm Thinking of Ending Things (N) 
(監)(脚)チャーリー・カウフマン(製)ステファニー・アズピアズー、アソニー・ブレグマン他(製総)グレゴリー・ズック
(原)イアン・リード(撮)ウカシュ・ジャル(編)ロバート・フレイゼン(音)ジェイ・ワドリー
(出)ジェシー・プレモンス、ジェシー・バックリー、デヴィッド・シューリス、トニ・コレット 
「脳内ニューヨーク」のチャーリー・カウフマンが謎に満ちたサスペンス小説を映画化。
ほとんどがカップルの会話劇で展開しますが、いつしかそれが妄想の世界であることがわかってきます。
これほど居心地の悪い映画はめったにない!
たぶん高校の用務員として暮らすおじいさんによる最後の妄想なのでしょうが・・・
何を「もう終わりしよう」なのかは見る人次第なのかもしれません。
映画の中、ジョン・カサベテスの名作「こわれゆく女」がボロクソに言われ、アンナ・カヴァンの「氷」の話も出てきます。 
ヤ~ワ
「ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償」JUDAS AND THE BLACK MESSIAH 
(監)(脚)(原案)(製)シャカ・キング(アメリカ)
(製)ライアン・クーグラー、チャールズ・D・キング(原案)ケニー・ルーカス、キース・ルーカス(原案)(脚)ウィル・バーソン
(撮)ショーン・ボビット(編)クリスタン・スプレイグ(音)マーク・アイシャム、クレイグ・ハリス(主歌)H.E.R.「Fight For You」
(出)ダニエル・カルーヤ、レイキース・スタンフィールド、ジェシー・プレモンス、マーティン・シーン(フーバー長官
ドミニク・フィッシュバック、アシュトン・サンダーズ、アルジー・スミス、ダレル・ブリット=ギブソン、リル・レル・ハウリー 
<あらすじ>
20歳にてブラック・パンサーの副議長となったフレッド・ハンプトンはシカゴの街をまとめる存在になっていました。
社会活動と同時に黒人ギャング団だけでなく 白人貧困層にも仲間を増やすなど優秀な指導者でした。
FBIのミッチェル捜査官はパンサー党の壊滅を目指し、盗みで逮捕されたオニールをパンサーのスパイとして潜入させます。 
アカデミー助演男優賞(ダニエル・カルーヤ)主題歌賞(H.E.R.) 
事実に基づいたブラック・パンサー壊滅作戦とその犠牲となったメンバーを追った社会派作品。
21世紀に入りやっと映画化が可能になった題材。
1990年にテレビのインタビューで自らの役割について初めて証言したオニールは、その日に自殺したとのこと!
イエス・キリストとユダの関係を思わせる二人だからこそのタイトルも見事です。 
「夢追い人」The Disciple (N) 
(監)(脚)(編)チャイタニヤ・タームハネー(インド)
(製)ヴィベック・ゴムベル(製総)アルフォンソ・キュアロン(撮)マイケル・ソボチンスキー(音)アニーシュ・プラドハン
(出)アディティア・モダック、アルン・ドラビド、スミトラ・バーベ、ディーピカ・ビーデ 
<あらすじ>
インドの古典音楽「ラーガ」の師匠について40歳を前にして未だ修行中のミュージシャンの苦悩と訓練と再生の物語。
師匠の元で鍛錬を続けてきたが、なかなか認めてもらえず、大会でも勝てず、高齢の師匠の体調もすぐれず、収入もない。
それでも彼は師匠の師匠マアイの講義を毎日聞きながら、その鍛錬を続けます。それはある種宗教のような存在でした。  
ヴェネチア国際映画祭脚本賞 
「夢追い人」という邦題で良いのか?と思えるほど宗教的で地味な音楽映画。
もちろん主人公は成功したいとも思っていますが、世俗的な成功とは別のことろを目指しているつもりなのです。
そのあたるの葛藤が見事に描かれています。
ラーガの良し悪しは難しいところですが、ラスト近くの彼の歌は宇宙的な世界へと羽ばたいているようにも聞こえました。
プログレ的でジャジーで演奏も素晴らしい!歌のテクニックもなんとなくわかった気がしました。
ジョージ・ハリソンに見せたかった! 
「弱くて強い女たち」弧味 Little Big Woman  
(監)(脚)シュー・チェンチエ許承傑(台湾)
(製総)ビビアン・スー、リャオ・チンソン(脚)ホアン・イークイ
(出)チェン・シューファン(祖母)、ディン・ニン(愛人)、シェ・インシュアン(長女)、ビビアン・スー(次女)、ソン・カーファン(三女)
チェン・イェンフェイ(孫娘)、チャン・チュンニン(実の三女) 
<あらすじ>
家庭を捨て20年以上行方不明になっていた夫が入院し、愛人の看護を受ける中、そのまま亡くなります。
離婚していなかった正妻は、葬儀を三人の娘たちと行うため準備を始めます。するとそこに愛人が友人と現れます。
なぜ父親は家庭を捨てたのか?その理由を知らない三女は、その謎を訪ねますが、姉たちは教えてくれません。 
台湾版「海街ダイアリー」というか是枝家族映画を見ているような雰囲気の作品で大好きです。
台湾と日本のメンタルの近さを感じてしまいました。
広瀬すず、夏川結衣、真木よう子、樹木希林・・・そんな顔ぶれを見ている気になります。
お葬式って本当に何もかも許せる場なのかもしれません。悲しいけれどいい思い出になるのもお葬式です。  
「40歳の解釈:ラダの場合」The Forty-Year-Old Version (N) 
(監)(製)(脚)ラダ・ブランク(アメリカ)
(製)レナ・ウェイス、ジョーダン・ファッジ他(撮)エリック・ブランコ(編)ロバート・G・ウィルソン(音)ガイ・C・ルート
(出)ラダ・ブランク、ピーター・キム、オズウィン・ベンジャミン、イマニ・ルイス 
芸術家の家庭に生まれ、戯曲作家として活動する40歳目前の黒人女性ラダは、演劇教室で教える日々が続き作品を発表していない。
そんなある日、友人の韓国系エージェントが舞台で彼女の戯曲を発表する機会を見つけてくれます。
ただし、製作者も演出家も白人で、内容を変更するよう求められます。不満を持ちながらも準備に追われる日々。
彼女はラップに目覚め、トラック・メーカーのDを尋ねます。そこで彼女はラッパーとして開眼しますが・・・・
NYを舞台にした音楽、演劇のアンダーグラウンドが楽しめます。そして、欺瞞に満ちた演劇への反抗が爆発!楽しい!
自分のことを親の代まで見せてしまっ彼女が次にどんな作品を撮るのか?楽しみです! 
「ラブバード」The Lovebirds(N) 
(監)マイケル・ショウォルター(米)
(製)(脚)(原)アーロン・エイブラムス(製)(脚)(原)ブレンダン・ゴール(製)マーティン・ゲーロ(撮)ブライアン・バーゴイン
(編)ロバート・ナッソー(音)マイケル・アンドリュース(出)クメイル・ナンジアニ、イッサ・レイ、アンナ・キャンプ
ポール・スパークス、ベッツィ―・ボレゴ  
イスラム系男性ジブランと黒人女性レイラニの関係は崩壊寸前。そんな二人が殺人事件の容疑者に。
逃げながら自分で犯人を突き止めようとするが、素人の二人は逆に犯人たちに捕まることに。二人の運命は?
パトカーに乗る警官ににらまれるが、そのままスルーされた時の主人公の台詞が笑えます。
「なんだただの人種差別主義者だったのか!」  
「LUDO 四つの物語」LUDO  
(監)(脚)アヌラーグ・バス(インド)
(出)アンビシェーク・バッチャン、アーディティヤ・ローイ・カプール、ラージクマール・ラーオ、サーニャ・マルホートラ 
<あらすじ>
刑務所から出ると妻と子供に去られていた男。殺人を目撃後、爆発事故に巻き込まれ偶然、大金を手にした男。
盗撮され流出させられた画像を消そうとする男。片思いの女性に頼まれ殺人罪で逮捕された男を脱獄させることになった男。
4人の男とその彼女たちが一人の極悪人の犯罪に巻き込まれ、ラストに大集合し大銃撃戦になります! 
実によくできた(できすぎた)脚本で、ラストのハッピーエンドもできすぎですが・・・文句なしに楽しい映画です。
これは、実によくできたコーエン兄弟、タランティーノ作品のインド版! 思わず拍手したくなりました。 
「ロスト・ガールズ」Lost Girls(N) 
(監)(製総)リズ・ガーバス(米)
(製)アン・ケアリー、ケヴィン・マコーミック(製総)ロリー・コスロー他(脚)マイケル・ワーウィー(原)ロバート・コルカー
(撮)イゴール・マルティノヴィッチ(PD)リサ・マイヤーズ(編)カミーラ・トニオロ(音)アン・ニキティン
(出)エイミー・ライアン、トーマシン・マッケンジー、ゲブリエル・バーン、ローラ・カーク、ウーナ・ローレンス 
(エンドテーマ)「Lost Girls」(歌)(曲)ルシンダ・ウィリアムス 
ロングアイランド連続殺人事件は15~16人の女性が殺害され遺棄されていた事件。
その被害者の一人が警察のずさんな捜査を指摘し、娼婦であるがゆえの差別を批判し続けました。
ついには自分の力で解決しようとしますが、犯人は捕まらず、行方不明の自分の娘も・・・ 
実話だからこそのリアリティーと説得力。アメリカの格差社会の現状、女性への差別が重く描かれています。
監督はこれまでニーナ・シモン、マリリン・モンロー、ボビー・フィッシャーらのドキュメンタリー映画を撮って来た女性です。
そして、主演のエイミー・ライアンの演技も圧巻です! 
ROMA/ローマ 完成への道(ドキュメンタリー)(N) 
(監)アンドレス・フラオンド、ガブリエル・ナシミオ(メキシコ)  
(製)アレハンドロ・デュラン、ガブリエル・ナシミオ(撮)マルセロ・ガラン、ファン・パブロ・ラミレス
(編)ペドロ・G・ガルシア(音)エステバン・アルドルテ(出)アルフォンソ・キュアロン  
傑作「ROMA/ローマ」の製作ドキュメンタリーを監督自身の解説で見られます。
監督の様々なこだわりと映画のテーマが実に明確に明らかにされます。
これを見たら、もう一度見直さないわけにはゆかないでしょう。
これぞキュアロン作品の真髄です!
監督自身、これが初めて自分が撮りたいテーマを撮りたいように撮れた作品と言ってます。
そんなわがままが実現したのも、ネットフリックスのおかげですね。  
「私というパズル」Pieces of a woman  
(監)コルネル・ムンドルッツォ(ハンガリー)(カナダ映画)
(製)アシュリー・レビンソン、アーロン・ライダー他(製総)ジェイソン・クロース、マーティン・スコセッシ、サム・レヴィンソン他
(脚)カタ・ヴェーベル(撮)ベンジャミン・ローブ(編)ダーヴィド・ヤンチョ(音)ハワード・ショア
(出)ヴァネッサ・カービー、シャイア・ラブーフ、エレン・バースティン、モリー・パーカー、セーラ・スヌーク、ベニー・サフディ 
「ホワイトゴッド」でカンヌ「ある視点賞」を受賞したハンガリー出身監督の世界デビュー作。
オープニングから出産シーンの長回しで観客を釘付けにします。出産シーンがまるでサスペンス映画のようにスリリングに展開。
死産となってしまった子供のためにと助産師を訴える父親と祖母、しかし、母親は悲しみに暮れそれどころではない・・・
夫との関係も崩れ、仕事も祖母との関係も駄目になって行きます。そんな彼女の唯一の救いは赤ん坊の匂いに近いリンゴ。
彼女がリンゴの種を育て、発芽させようとそます。そして、夫が関わる橋の工事も進みます。
どこの家庭でもあり得る出産トラブルをじっくりとリアルに描き出す手腕に感心!
我が家でも一度これに近い出来事があったので、男の側で身につまされました。旦那は本当にしっかりしないと・・・
(思えば自分もおろおろするばかりでしたが・・・)出産経験のある女性なら本当に重い映画でしょう。
でも、それだけ母親にとっての子供は何物にも代えがたいのです。(たぶん夫よりも大切・・・)
ヴェネチア国際映画祭女優賞(ヴァネッサ・カービー)も納得です!母親役エレン・バースティンもさすがの名演技です。
橋が出来るまで、リンゴの種が発芽するまで、そこまでがんばれば・・・とわかってはいるのですが・・・
シャイア・ラブーフの事件がなければ・・・残念です。 
「我らが民の代弁者」The Spokeswoonan  
(監)ルシアナ・カプラン(メキシコ)
(製)カロリーナ・コッペル、モニカ・ロサーノ、エイモン・オファリル 
メキシコの先住民が作った団体「全国先住民議会CNI」から大統領に立候補した女性候補マリア・デ・ジェズス・パトリシオ
正式に候補者となるには、90万の署名を集める必要があるため、全国を巡りキャンペーンを展開。
女性と先住民と自然を守るための闘いの日々を記録したドキュメンタリー映画 
「ワンダーウーマン 1984」Wonder Woman 1984  
(監)(製)(原)(脚)パティ・ジェンキンス(アメリカ)
(製)チャールズ・ローヴェン、ガル・ガドット他(製総)リチャード・サックル他(原)(脚)ジェフ・ジョンズ(脚)デイブ・キャラハム
(撮)マシュー・ジェンセン(PD)アリーヌ・ボネット(編)リチャード・ピアソン(衣)リンディ・ヘミング(音)ハンス・ジマー
(出)ガル・ガドット、クリス・パイン、ペドロ・パスカル、ロビン・ライト 
敵役があまりにおバカで、まさかのコメディ?!途中からシリアスになりますが、最後まで突っ込みどころだらけ。
これは残念ながら失敗ですね。もしかして「1984年」というおバカな時代のせいなのでしょうか?
最後の最後のオマケシーンのアリスタ役はリンダ・カーターですよね。(元祖テレビシリーズ「ワンダーウーマン」)  
2021年
愛すべき夫妻の秘密Being The Ricardos  
(監)(脚)アーロン・ソーキン(アメリカ)
(撮)ジェフ・クローネンウェス(編)アラン・ボームガーテン(音)ダニエル・ペンバートン
(出)ニコール・キッドマン、ハビエル・バルデム、J・K・シモンズ、ニナ・アリアンダ、アリア・ショウカット、トニー・ヘイル、クラーク・グレッグ 
<あらすじ>
全米ナンバー1の人気テレビ番組「ルーシー・ショー」の主役夫妻ルシル・ボールとデジ・アーナス。
二人の間には夫の不倫疑惑が持ち上がり、彼女が共産党のシンパとして疑われる疑惑が持ち上がっていました。
このままでは番組が打ち切りになるかもしれない。そんな危機に追い込まれた1週間を描いた伝記映画。
二人はそこをどう乗り切ったのか?  
シカゴ7裁判」のアーロン・ソーキンが、再び同じ赤狩り時代の知られざる事件を描きました。
離婚危機にあった二人。お腹に赤ちゃんがいた妻と共産党嫌いのキューバ系アメリカ人の微妙な関係。
全米のアイドルであっても共産党シンパならば一気に業界から追い出される時代が背景。
二人の成功までの道のりも回想されます。
「ルーシー・ショー」を知らないと面白くないかもしれないし、時代背景など微妙な部分も多くちょっと難しい。
時代を見事に描き出した興味深い作品ではあります。 
ニコール・キッドマンがゴールデン・グローブ主演女優賞 
「アーミー・オブ・ザ・デッド」Army of the Dead(N) 
(監)(製)(原)(脚)(撮)ザック・スナイダー(アメリカ)
(製)デボラ・スナイダー、ウェズリー・コラー(脚)シェイハッテン、ジョビ―・ハロルド(編)ドディ・ドーン(音)ジャンキーXL
(出)デイヴ・バウティスタ、エラ・パーネル、アナ・デ・ラ・レゲラ、ギャレット・ディラハント、ノラ・アルデゼネール、テオ・ロッシ
真田広之、マティアス・シュバイク・ホファー 
<あらすじ>
ゾンビによって占領されたラスベガスの街をアメリカ政府は、核攻撃によって破壊しようと攻撃準備を開始。
ラスベガスの地下金庫に眠る巨額の金を回収するチームが時間制限のある中で街に侵入します。
しかし、街には今までとは異なる進化したゾンビが現れ、軍隊を持つに至っていました。
チームは、お金を回収し、脱出を図ろうとしますが、実はチームの目的は別の所に・・・  
ゾンビ版の「ジュラシック・-パーク」を見るような、新鮮味やワクワク感がありました。さすがはザック・スナイダー。
ただし、おバカな娘の登場で何人もの人が死ぬ展開には少々興ざめ。
正義のつもりが多くの犠牲者を出すことになる、彼女の存在は内戦下の国に侵攻したアメリカ軍の存在を思わせる事に気づきました。
良かれと思って参戦しても、結果はより多くの犠牲者を出し、そこで嫌われることになる・・・。アメリカは何度でも繰り返します。
知名度が低い俳優ばかりですが、個性的でいい味の役者ばかりでした。コヨーテ役はフランスの俳優さんで良い感じでした。
ラストは、そこまで重くしなくても良かったのでは?続編を意識した?
お話はシンプルでわかりやすく展開もスピーディーで迫力満点!見ごたえあります。
<使用曲>
「Suspicious Minds」エルヴィス・プレスリー、「The End」The Rareonetts(ドアーズのカバー)、「Night Life」エルヴィス・プレスリー
「Do You Really Want To Hurt Me」カルチャー・クラブ、「Zombie(Acoustic)」ザ・クランベリーズ 
「アーミー・オブ・シーヴズ」Army of Thieves(N) 
(監)マティアス・シュバイクホファー(ドイツ/アメリカ)
(製)ザック・シュナイダー、デボラ・シュナイダー(脚)シェイ・ハッタン(撮)ベルンハルト・ヤスパー(編)アレクサンダー・バーナー
(音)ハンス・ジマー、スティーブ・マッツァーロ
(出)マティアス・シュバイクホファー、ナタリー・エマニュエル、ルビー・O・フィー、スチュアート・マーテイン、グズ・カーン
ジョナタン・コエン、中井ノエミ 
「アーミー・オブ・ザ・デッド」の前日譚と言っても、ゾンビは一切登場しない!
金庫破り担当がラスベガスの金庫「神々の黄昏」に挑戦することになる前のお話。
金庫破りのヨーロッパでの連続強盗作戦を展開するグループと彼らを追うインターポールの刑事たちの勝負。  
「UNTOLD 勝利の拳とその代償」 ドキュメンタリー(N) 
(監)ローラ・ブラウンソン(アメリカ)
(出)クリス・マーティン 
ボクシングの殿堂入りをした初の女子ボクサー、クリス・マーティンの栄光と悲劇と再生の記録。
まだ知名度が低かった女子ボクシング。突如現れた新星ボクサーが、そのパンチ力を武器に連勝を続け、ドン・キングの傘下入り。
マイク・タイソンの世界戦の前座に大抜擢されます。そこで素晴らしい熱戦を展開し、一躍女子ボクシングのスターとなります。
しかし、モハメド・アリの娘に破れた彼女は、連勝記録も途切れ、精神的にボロボロとなり、薬物依存状態になります。
そんな彼女の夫となったトレーナーは、彼女を支配し、試合を続けさせます。
逃げ場を失ったクリスは、高校時代の恋人だった女性に連絡を取り、彼女の元へ向かいます。
そのことを知った夫は、彼女が同性愛者であることを暴露。そして彼女を監禁そして悲劇が起きます。 
前半は、女子ボクシングの枠を超えたスポーツものドキュメンタリーとして楽しめます。
後半は、同性愛者であることを隠した苦悩と夫からの支配と虐待に怯える女性の自由への戦いが描かれます。
映画よりも、ドラマチックな展開に驚かされ、ラストのハッピーエンドにすっきりともしました。
これぞアメリカン・ドキュメンタリー! 
「ウエスト・サイド・ストーリー」 West Side Sory
(監)(製)スティーブン・スピルバーグ(アメリカ)
(製)クリスティ・M・クリーガー他(製総)リタ・モレノ、ダニエル・ルピ他(製総)(脚)トニー・クシュナー(撮)ヤヌス・カミンスキー(PD)アダム・ストックハウゼン
(衣)ポール・タゼウェル(編)セーラ・ブロシャー、マイケル・カーン(振)ジャスティン・ペック
(出)アンセル・レルゴート、レイチェル・ゼグラー、アリアナ・デヴォーズ、マイク・フェイスト、デヴィッド・アルヴァレス、リタ・モレノ 
なぜ、リメイクを同じ時代、同じ舞台を背景に撮ったのか?
よりリアルに撮り直す必要があると考える人もいたから。そこが重要なポイントでしょう。
製作総指揮でもあるリタ・モレノは、シャーク団のメンバーがプエルトリコ系ではなかったと証言。
顔の色の黒く塗るのもおかしく、歌詞にもプエルトリコへの偏見があったなど問題点がありました。
トニーがオリジナルで働いていた店の店主をその未亡人に代えることでリタ・モレノの出演を実現。
彼女はオリジナルへの出演までプエルトリコ人の役ではなくアジア人、黒人など異なる人種ばかりを演じさせられ、精神的に追い詰められていたそうです。
その意味で、彼女が唯一そうしたストレスを感じながら出演していたプエルトリコ人として次なる世代への橋渡しとなりました。
彼女が出演することで出演者全員に高いモチベーションが生み出されることにもなりましたし、オリジナルへのリスペクトも表現できました。
撮影時点ではスティーブン・ソンドハイムが生きていたことも撮影のモチベーションになったでしょう。 
この作品は、リタ・モレノに代表されるプエルトリコへのオマージュであり、ソンドハイムへの追悼の作品になりました。
「ヴェノム : レット・ゼア・ビー・カーネイジ」 VENOM : Let There Be Carnage
(監)アンディ・サーキス(アメリカ/イギリス)
(製)(原案)トム・ハーディ(製)アディ・アラッド他(原案)(脚)ケリー・マーセル(撮)ロバート・リチャードソン
(編)メリアン・ブランドン、スタン・サルファス(音)マルコ・ベルトラミ
(出)トム・ハーディ、ウディ・ハレルソン、ミシェル・フィリップス、ナオミ・ハリス、リード・スコット、スティーブン・グレアム
連続殺人犯クレタス・キャサディを取材することになったエディは、体内同居人ベノムの血を吸われます。
死刑になるはずのキャサディは、赤いヴェノムに変身し、幼馴染の恋人で超能力者のシュリークを助け出し結婚式に望みます。
そこで式の同伴者にエディ、ベノム、そしてシュリークを撃った刑事を招く計画を立てます。
そのためにエディの元カノ、アンを誘拐し、刑事も誘拐。ベノムと仲たがいしていたエディも協力することになります。
「ヴェノム」の続編。ヴェノムのデザインがやはり圧倒的。グロと笑いのバランスが見ごたえありの1時間半。
善悪がはっきりで見やすい作りですが、もう少し二人の敵役に同情させる部分があってよかった気がします。
監督アンディ・サーキスは、アベンジャーズの敵ユリシーズ・クロウ、 「指輪物語」のゴラム、「猿の惑星」のシーザーなどの俳優。
「ウォーデン 消えた死刑囚」The Warden 
(監)(脚)ニマ・ジャヴィディ(イラン)
(撮)フーマン・ベーマネシュ(音)ラミン・コーシャ
(出)ナヴィド・モハマドサデー、パリナズ・イザディアール、セタレ・ペシャニ 
<あらすじ>
刑務所長ヤヘド少佐は、昇進を告げられ喜んでいました。しかし、刑務所の移転準備の途中、死刑囚がいなくなります。
消えた死刑囚は、刑務所から出ていないはずと考えた所長は、建物内の捜索を始めますが、誰も発見できません。
いったい彼は何処に消えたのか?  
これぞ掘り出し物です!
主人公でもある死刑囚を最後まで出さない手法。伏線が次々に張られ、怪しい証言者も続々登場しスキなしの展開でたまりません!
「ショーシャンクの空に」のイラン版のような展開の見事なストーリー!脱獄映画の傑作がまた登場しました。
所長目線のドラマから、社会福祉士の女性目線への転換。ラストには死刑囚目線からに転換します!お見事!
この監督、今後も期待大です。  
「ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ」Woman In The Window  
(監)ジョー・ライト(イギリス)
(製)イーライ・ブッシュ、スコット・ルーディン他(原)A・J・フィン(脚)トレイシー・レッツ(撮)ブリュノ・デルボネル
(編)ヴァレリノ・ボネッリ(音)ダニー・エルフマン
(出)エイミー・アダムス、ゲイリー・オールドマン、ジュリアン・ムーア、ジェニファー・ジェイソン・リー、アンソニー・マッキー 
ヒッチコックの名作「裏窓」の主人公を広場恐怖症の女性に代えた小説の映画化。
主人公があまりにダメダメなのがどうも好きじゃない。どうしても犯人の方に感情移入したくなるのです。
ヒッチコック作品は、それで観客を引き込むのですが、昔からモヤモヤするんです。この作品はまさにその典型的なタイプ。
ジョー・ライトだから、長回しの面白いカットなどあるかと思いきや、特に目新しさがなかったのが残念です。 
エターナルズETERNALS  
(監)(脚)クロエ・ジャオ(中国系アメリカ)
(製)ケヴィン・ファイギ、ネイト・ムーア(製総)ルイス・デスポジート他(原案)ライアン・フィルポ、マシュー・K・フィルポ
(脚)パリトリック・バーリー(撮)ベン・デイヴィス(PD)イヴ・スチュワート(視効)ステファン・セレッティ
(編)クレイグ・ウッド、ディラン・ティチェナー(衣)サミー・シェルドン・ディファー(音)ラミン・ジャバディ(音監)デイヴ・ジョーダン
(出)ジェンマ・チャン、リチャード・マッデン、アンジェリーナ・ジョリー、マ・ドンソク、クメイル・ナンジアニ、リア・マクヒュー
ブライアン・タイリー・ヘンリー、ローレン・リドロフ、バリー・キオガン、デイン・キットマン、ハーリシュ・パテル、サルマ・ハエック 
<あらすじ>
人類の進化を守るためにセレスティアルズにより、7000年前に地球に送り込まれた「エターナルズ」
彼らは永遠の命を保ちつつ、現在までディビアンツの攻撃から人類を守り続けてきた。
しかし、彼らが送り込まれた最大の理由である大きな事件が起きようとしていました。
その事態に立ち向かうため、彼らは再結集することになりますが、リーダーだったエイジャックが殺されてしまいます。 
宇宙を想像した神のごとき存在「セレスティアルズ」が地球でしようとしていたのは、 何だったのか?
その事実を知った時、エターナルズが選んだ道は? 
「炎上する大地」 BURNIG (ドキュメンタリー)(A)
(監)(製)エバ・オーナー(オーストラリア)
(製)ジェイソン・バーン、ジョナサン・シャーフ(製総)ベン・シルバーマン、ハワード・T・オーウェンズ(撮)グレッグ・ハリントン
(編)フォレスト・ボリー、デイヴ・シェルマン他(音)コーネル・ウィルチェック、パスカル・バベル、トーマス・ラウチ
2019年にオーストラリアを襲った「黒い夏」と呼ばれる大森林火災の緊迫の映像。
てっきり僕は元々乾燥しているオーストラリアの草原で火事が起きたのかと思っていましたが違いました!
何百年と存在し続けてきた熱帯雨林が温暖化によって、少しづつ乾燥し、ついに燃え始めたのでした!
これは重要な勘違いでした。オーストラリアは地球全体の平均気温よりも早いテンポで気温が上昇しているとのこと。
ある意味、オーストラリアは未来の地球なわけです。J・G・バラードの「燃える世界」が現実に展開しています。。
二酸化炭素の増大による気候変動を認めず、クリーンエネルギーへの転換を進めない保守派政治家の責任追求ドキュメンタリー。
映画「ドント・ルック・アップ」で巨大隕石の衝突を認めようとしない政治家たちを思い出させます。これはまったく似た構図です。
彼らは永遠に温室効果ガスの存在を認めないでしょう。世代が代わるまでは、何もできないが、それで間に合うのか?
確かにこれを見たらモリソン首相を殴りたくなるでしょう。 最近見た映画の中でも断然ナンバー1の悪役です!
「オキシジェン」OXYGEN 
(監)(製)アレクサンドル・アジャ(フランス)
(製)ブラヒムシウア他(脚)クリスティ・ルブラン(撮)マキシム・アレクサンドル(音)ロバン・クーデル
(出)メラニー・ロラン、マチュー・アマルリック、マリック・ジディ 
<あらすじ>
医療用ポッドの中で目覚めた女性。彼女は自分が誰かも思い出せず、なぜそこにいるのかもわからない。
内臓のAIの助けで外部との連絡は可能になったが、自分の居場所もわからず酸素がなくなると告げられます。
やっと夫の住所を知り連絡しますが、夫ではない女性が彼女にそこから出てはいけないと告げます。
そしてそこから出るためになぜ目覚めたのかを調べるよう支持します。
なぜ彼女はそこにいるのか?そこはどこなのか?  
なかなかよくできたSF。低予算の映画と思いきや、そうでもなくなってきます。
小さなポッドから巨大な宇宙へ・・・  
「キングスマン:ファースト・エージェント」The Kings Man  
(監)(脚)(製)(原案)マシュー・ヴォーン(アメリカ)
(脚)カール・ガイダシェク(撮)ベン・デイヴィス(PD)ダーレン・ギルフォード(衣)ミシェル・クラプトン
(出)レイフ・ファインズ、ハリス・ディキンソン、ジェイモン・フンスー、ジェマ・アタートン、リス・エヴァンス、トム・ホランダー(3役)
チャールズ・ダンス、マシュー・グード、バレリー・パフナー、アーロン・テイラー=ジョンソン、スタンリー・トゥッチ 
<あらすじ>
ボーア戦争で母親を失ったコンラッドは父に守られて育ちますが、世界は未曽有の危機に襲われようとしていました。
セルビアのフェルディナンド侯爵暗殺事件により、第一次世界大戦が始まると彼は戦場に向かいます。
しかし、謎の人物に操られたラスプーチンがロシア皇帝を操っていることがわかり、彼は父と共に暗殺に向かいます。
アメリカではマタ・ハリが大統領に接近し、アメリカの参戦を止める作戦を展開していました。 
英国の秘密スパイ組織「キングスマン」誕生秘話を歴史的な大事件と共に描きます。
フェルディナンド暗殺、ラスプーチン暗殺、ロシア革命、ボーア戦争などが歴史教科書のように再現されます。
そうした史実を上手く組み合わせることで、実に面白い映画になりました! 
「刑事グロムVS粛清の疫病ドクター」(N) 
(監)オレグ・トロフィム(ロシア)
(製)(原)(脚)アルテョム・ガブレリャノフ(原)エフゲニー・フェドトフ
(製)ミハイル・キタエフ他(脚)ロマン・コトコフ、エフゲニー・エロニン他(撮)マクシーム・ジューコフ(音)ロマン・セテヴェルストフ
(出)ティーホン・ジズネーフスキ、リュボーフィ・アクショノヴァ、セルゲイ・ゴロシュコ、アレクセイ・マクラコフ 
明らかに「バットマン」「トゥーフェイス」そして「ジョーカー」を一本にした感じで、よくまとまっています。
ただし、バットマンの街がゴッサムシティなのに対し、サンクトペテルブルグが舞台でロシアの現状が70年代アメリカのよう!
違和感なく今のロシアだというのが皮肉です。 
「ゴジラVSコング」GODZILLA VS KONG 
(監)アダム・ウィンガード(アメリカ)
(製)メアリー・ペアレント他(製総)ジェイ・アシェンフェルター、坂野義光他(原)テリー・ロッシオ、マイケル・ドハティ、ザック・シールズ
(脚)エリック・ピアソン、マックス・ボレンスタイン(撮)ベン・セレシン(PD)オーウゥン・パターソン(視効監)ジョン・デジャルダン
(編)ジュシュ・シェファー(音)トム・ホルケンボルフ
(出)アレキサンダー・スカルスガルド、ミリー・ボビー・ブラウン、レベッカ・ホール、ブライアン・T・ヘンリー、小栗旬 
ゴジラ対キングコングかと思ったら、最終的にはゴジラ&コング対メカゴジラでした。
ゴジラシリーズの究極王座統一戦が実現。これ以上やりようがない戦いが完結!文句なしに楽しい。
いろいろな登場人物がいるけれど、小栗旬も含めて、ほとんど必要ないキャラクター!怪獣だけで十分です。
あとは地下世界がすばらしい!そこをもっと描けば、それだけで一本映画ができたはずで、もったいなかった。
謎の生物、謎の風景だけでワクワクしてしまいました。
レベッカ・ホールは、「PASSING 白い黒人」の監督! 
「コーダ あいのうた」 CODA
(監)(脚)シアン・ヘダー(アメリカ)
(製)フィリップ・ルスレ、ファビリス・ジャンフェルミ他(オリ脚)ヴィクトリア・ベドス、スタニスラス・キャリ・ドゥ・マルベリ、エリック・ラルティゴ、トマ・ビデガン
(撮)パウラ・ウイドブロ(PD)ダイアン・リーダーマン(編)ジェロード・ブリッソン(音)マリウス・デ・ブリーズ(音P)ニック・バクスター
(出)エミリア・ジョーンズ、エウヘニオ・デルベス、トロイ・コッツァー、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、ダニエル・デュラント、マーリー・マトリン 
アカデミー作品・助演男優・脚色賞
両親と兄が聾者の家族に生まれたルビーは健常者で高校で合唱部に入り、教師から音楽大を目指すよう勧められます。
しかし、家族は代々漁師で健常者の彼女がいなければ船を出すことも許されなくなります。
大学を諦めて、家族と一緒に働くと決断した彼女でしたが・・・
フランス映画「エール!」のアメリカ版リメイク。
想像を越える展開はなく、新しさはない作品なので正直「ドライブ・マイ・カー」の方が好きです。
しかし、音楽映画であることを生かし、楽曲と歌声の魅力により成功作になっています。ラスト近くの手話を使った歌のシーンもです。
ジョニ・ミッチェルの「青春の光と影」が歌詞と共に素晴らしい役目を果たしています。
 サ
「ザ・ビートルズ: GET BACK」THE BEATLES : GET BACK  
(監)(製)ピーター・ジャクソン(ニュージーランド/イギリス)
(製)ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、オリビア・ハリソン、ヨーコ・オノ・レノン
(編)ジャベス・オルセン(音監)ジレス・マーティン
(出)ジョン・レノン、ポール・マッカトニー、ジョージ・ハリソン、リンゴ・スター、ビリー・プレストン、ジョージ・マーティン 
1969年ビートルズ最後のライブとなったアップル屋上での伝説的演奏とそこに至るまでの2週間を記録した奇跡のドキュメント。
ビートルズが解散する直前の混沌とした中で、彼らは何を考え、何を争い、何を歌ったのか?
20世紀の音楽史に燦然と輝く歴史的な8時間を目撃することができる夢のような映像作品です! 
「最後の決闘裁判」The Last Duel 
(監)(製)リドリー・スコット(イギリス)
(製)ケヴィン・J・ウォルシュ他(製総)ケヴィン・ハロラン他(原)エリック・ジェイガー「決闘裁判」(脚)ニコール・ホロフセナー
(脚)(製)(出)ベン・アフレック、マット・デイモン(撮)ダリウス・ウォルスキー(PD)アーサー・マックス(衣)ジャンティ・イエーツ
(編)クレア・シンプソン(音)ハリー・グレッグソン=ウィリアムス
(出)アダム・ドライバー、ジョディ・カマー、マイケル・マケルハットン、アレックス・ロウザー、マートン・ソーカス 
14世紀フランスで富と名誉を争う関係のライバルに妻を強姦された騎士が決闘を挑んだ顛末。
黒澤明の「羅生門」を基にした物語ですが、物語に意外性がなくダメ男同士の決闘ということで感情移入が今一つ。
リアリズム、時代の再現、決闘や戦闘の迫力はさすがリドリー・スコットです!
それにしても、リドリー・スコットはデビュー作からずっと男の決闘を描き続けるのが好きな監督なんですね。
でもそのマッチョな感覚が古く感じられてしまうのかもしれません。  
サマー・オブ・ソウル(あるいは革命がテレビ放映されなかった時)
Summer of Soul(...or ,When The Revolution Could Not Be Televised) 
(監)アミール”クエストラブ”トンプソン(アメリカ)
(製)ジョセフ・パテル、ロバート・フィヴォレント、デヴィッド・ダイナースタイン(撮)ショーン・ピーターズ(編)ジョシュア・L・ピアソン
(出)スライ&ザ・ファミリー・ストーン、ニーナ・シモン、スティーヴィー・ワンダー、ザ・フィフス・ディメンション、デヴィッド・ラフィン
B・B・キング、ヒュー・マセケラ、レイ・バレット、モンゴ・サンタマリア、ステイプル・シンガーズ、マヘリア・ジャクソン・・・ 
1969年の夏、ニューヨーク市ハーレムで6週間にわたり開催された音楽フェスの記録映像
50年間行方不明になっていたフィルムが発見され、ついのその幻の映画が初公開!
町中の公園に30万人が訪れた黒人だけのイベントは時代の変化を映し出すイベントだった。 
「シャンチー」SHANG-CHI and The Legend of the Ten Rings  
(監)(脚)デスティン・ダニエル・クレットン(アメリカ)
(製)ケヴィン・ファイギ、ジョナサン・シュワルツ(脚)デイヴ・キャラハム、アンドリュー・ラナム(撮)ビル・ポープ
(PD)スー・チャン(衣)キム・バレット(編)ナット・サンダーズ、エリザベス・ロナルズドッティル、ハリー・ユーン
(音)ジョエル・P・ウエスト(出)シム・リウ、オークワフィナ、メンガー・チャン、ファラ・チェン、トニー・レオン、ミシェル・ヨー
ベネディクト・ウォン、ベン・キングスレー、マーク・ラファロ、ブリー・ラーソン 
ダンスのように美しいカンフーシーンと「グリーン・デスティニー」を思わせる竹林。
もっとカンフー・ファイトが見たかった気がします。ラストは怪獣映画になっちゃったし、・・・
トニー・レオン、ミシェル・ヨーは年取ったなあ。でもまだまだ元気そうで良かった。
ベン・キングスラーの使い方がもったいない!
マーベルの新キャラクター作品は、十分の楽しめます。  
「ザ・スーサイド・スクワッド”極悪”党、集結」The Suicide Squad 
(監)(脚)ジェームズ・ガン(アメリカ)
(製)チャールズ・オーヴェン、ピーター・サフラン(撮)ヘンリー・ブラハム(PD)ベス・ミックル(衣)ジュディアナ・マコフスキー
(編)フレッド・ラスキン、クリスチャン・ワグナー(音)ジョン・マーフィ
(出)イドリス・エルバ、マーゴット・ロビー、ヴィオラ・デイヴィス、ジョン・シナ、ジョエル・キナマン、ピーター・キャパルディ
ダニエラ・メルキオール、アリシー・ブラガ、シルベスター・スタローン(声のみ)、タイカ・ワイティティ、マイケル・ルーカ― 
<あらすじ>
カリブの島国で起きたクーデター。その島で行われていたスターフィッシュ計画の抹消を指示されたブラッド・スポートらのチーム。
異なる能力を持つチームは、上陸の際待ち伏せにあい多くのメンバーが殺されます。
生き残ったメンバーにより作戦は継続されますが、その裏にはアメリカによる軍事開発計画があたことが明らかになります。 
多くのキャラクターが登場し、次々と無駄にくだらなく死んでゆきます。そのくだらなさが楽しい。
音楽、カメラ、キャラクター、会話・・どれもセンスが良く、実に楽しい作品です。 
「スパイダーマン: ノー・ウェイ・ホーム」Spider-man : No Way Home 
(監)ジョン・ワッツ(アメリカ)
(製)ケヴィン・ファイギ、エイミー・パスカル(製総)アヴィ・アラッド、ルイス・デスポジート、レイチェル・オコナー他
(原)スタン・リー、スティーヴ・ディッコ(脚)クリス・マッケナ、エリック・ソマーズ(撮)マウロ・フィオーレ
(PD)ダレン・ギルフォード(衣)サーニャ・ヘイズ(編)ジェフ・フォード他(視効)ライナー・メイナーディング(音)マイケル・ジアッキノ
(出)トム・ホランド、ゼンデイヤ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジョン・ファブロー、アンドリュー・ガーフィールド
トビー・マグワイヤ、ジェイコブ・バタロン、マリサ・トメイ、アルフレッド・モリーナ、J・K・シモンズ、ウィレム・デフォー
ジェイミー・フォックス、ベネディクト・ウォン 
<あらすじ>
ミステリオとの戦いの後、正体がピーター・パーカーであると暴露されたスパイダーマン。
そのために周囲に迷惑がかかり、目標だったMITにも入学もできなくなったピーターは、ドクター・ストレンジに助けを求めます。
彼がスパイダーマンであるという記憶を消してもらうことになりますが、ピーターの余計な注文から魔法に失敗。
マルチバースの混乱が起き、別ユニバースからドクター・オクトパスやエレクトロなどが復活してしまいます。
なんとかして彼らを捕まえ、元の場所に戻そうとしますが・・・ 
マルチバースが開いたことで物語の重度が一気に増大する中で実に見事に物語を作り上げました!
まさかの1,2,3体制!3人の対談だけでももっと見たかった!
ネッドが魔法を使いだしてことで、物語は「ハリー・ポッター」っぽくなってきました。
ドク・オク、トビー・マグワイアが若いのにもびっくり!
3人のヒーロー役俳優が、真面目で優しすぎるタイプでよく似ているのもいい感じです。
オープニング曲はトーキングヘッズの「I Zimbra」でした!思えば、トーキングヘッズもニューヨークらしいバンドです。 
「タミ―・フェイの瞳」 The Eyes of Tammy Faye
(監)マイケル・ショウォルター(アメリカ)
(製)ジェシカ・チャスティン、ケリー・カーマイケル他(原)フェントン・ベイリー、ランディ・バルバート(脚)エイブ・シルヴィア
(撮)マイケル・ジオラキス(編)メアリー・ジョー・マーキー、アンドリュー・ワイスブラム(音)セオドア・シャピロ
(出)ジェシカ・チャスティン、アンドリュー・ガーフィールド、ビンセント・ドノフリオ、チェリー・ジョーンズ
アメリカのナンバー1テレビ伝道師夫妻の伝記映画。資金流用事件によって逮捕された夫とその妻タミ―。
黒柳徹子のようなタミ―を演じたジェシカ・チャスティンがアカデミー主演女優賞候補になりました。
厚化粧だけでも十分なのに誰だかわからないメイクで大変身しています。彼女は製作にも関わっています。
「tick,tick...BOOM !チック、チック...ブーン!」  
(監)(製)リン=マヌエル・ミランダ(アメリカ)
(製)ブライアン・グレイザー、ロン・ハワード他(原)(音)ジョナサン・ラーソン(脚)スティーブン・レヴェンソン(撮)アリス・ブルックス
(出)アンドリュー・ガーフィールド、アレクサンドラ・シップ、ヴァネッサ・ハジェンズ、ロビン・デ・ヘスス、ブラッドリー・ウィットフォード 
<あらすじ>
30歳を前に8年かけて書き上げたミュージカルの視聴会を目前にしたジョンは、最後の曲がかけず悩んでいました。
友人がエイズで入院したり、恋人がダンスの教師として働くためNYを離れると言い出したり、 収入がなかったり・・・
それでも彼は当日までになんとか曲を書き上げ、観衆の前で無事に視聴会を成功させますが・・・ 
大ヒットしたミュージカル「RENT」の公演初日前日に35歳の若さで病によりこの世を去ったジョナサン・ラーソンの伝記映画。
「RENT」の登場人物がどうやって生まれたのかがわかるメイキング・ムービー&ミュージカル作品。
1990年いかにエイズがニューヨークで猛威を振るっていて、大きな影響を与えていたのかがわかります。
アレン・ガーフィールドが熱演!  
「トゥモロー・ウォー」The Tommorow War (Amazon) 
(監)クリス・マッケイ(アメリカ)
(製)デヴィッド・エリソン他(製総)クリス・プラット他(脚)ザック・ディーン、ビル・ドゥビューク(撮)ラリー・フォング
(編)ロジャー・バートン、ギャレット・エルキンス(PD)ピーター・ベナム(音)ローン・バルフェ
(出)クリス・プラット、J・K・シモンズ、イヴォンヌ・ストラホフスキー、ベティ・ギルピン、エドウィン・ホッジ、サム・リチャードソン 
<あらすじ>
未来の2051年から来た兵士が人類がエイリアンの攻撃により絶滅の危機に瀕していると告げます。 
そこで人類はタイムワープにより未来へ兵士を送り込み始めますが、作戦は上手く行かず、多くの死者が出ます。
科学者のダン・フォレスターも徴兵により未来へ向かいますが、そこで自分の娘と再会します。
彼女はエイリアンを倒すための毒薬の開発を行っていて、それがついに完成しようとしていました。
彼はそれを持って過去へと戻り、エイリアンが繁殖する前に殲滅するよう娘に説得されます。 
「エイリアン」「ターミネーター」「遊星からの物体X」「フランケンシュタイン」「クリフハンガー」「ワールド・ウォーZ」など
様々な作品の要素を持ち込んでのSF大作。コロナによりAmazonでの公開になった作品です。
久々の王道人類滅亡危機回避SFですが、なかなかおの完成度!よく出来ています!
ホワイトスパイクと呼ばれるエイリアンの造形もなかなか。 
監督は「レゴ」ムービーなどの監督で実写は初監督。 
「時の面影」The Dig (N) 
(監)サイモン・ストーン(イギリス)
(製)ガブリエル・ターナ、キャロライン・マークス、マーレイ・ファーガソン他
(原)ジョン・プレストン(脚)モイラ・バフィーニ(撮)マイク・イーレイ(編)ジョン・ハリス(音)ステファン・グレゴリー
(出)キャリー・マリガン、レイフ・ファインズ、リリー・ジェームズ、ジョニー・フィン、ベン・チャプリン、ケン・スコット
アーチ―・バーンズ、モニカ・ドラン 
<あらすじ>
1939年第二次世界大戦直前のイングランド、サフォーク州イプスウィッチにあるサットン・フーで村に住む未亡人が遺跡の調査を依頼。
依頼されたのは地元の発掘の専門家でアマチュアながら叩き上げの専門家でした。
彼は、そこには古い墓があるかもしれないと言い、発掘調査を開始。するとそこからバイキング時代以前の船を発見します。
それは埋葬する人物を天国へと送るための船で、一緒に宝物も収められている事が明らかになります。
情報を知った大英博物館は大物の研究者を送り込み、その調査を引き継ぐと宣言します。
未亡人は、それを拒否しようとしますが、彼女は心臓に病を抱える見でした。
発掘調査の行方は?発掘された宝は誰のものになるのか?未亡人の病は?  
6世紀以前のアングロサクソン人の墓を発見・発掘した人々の物語。実際にあった発掘事件の記録が元になっています。
戦争、病、死、墓、宇宙、船・・・様々なイメージが結びつき地味な遺跡発掘のドラマが壮大な宇宙へと展開します。
想像力の翼の魅力を感じさせてくれる素晴らしい作品です。
キャリー・マリガン、リリー・ジェームズと僕が大好きな英国女優が出ているだけでも最高!
舞台は、これまた大好きなBBCのTVドラマ「刑事フォイル」の舞台と近いはず。 
「ドント・ルック・アップ」Don't Look Up  
(監)(製)(原案)(脚)アダム・マッケイ(アメリカ)
(製)ケヴィン・J・メシック(原案)デヴィッド・シロタ(撮)リヌス・サンドグレン(音)ニコラス・ブリテル
(出)レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・ローレンス、メリル・ストリープ、ケイト・ブランシェット、ロブ・モーガン、ジョナ・ヒル
ティモシー・シャラメ、マーク・ライランス、ロン・パールマン、ヒメーシュ・パテル、アリアナ・グランデ、タイラー・ペリー 
<あらすじ>
天文台で「オールトの雲」周辺の天体観測をしていた大学教授と助手が巨大な彗星が地球に向かって飛んできていることを発見。
その彗星が半年後には地球に激突し、人類が絶滅することを知ります。
そこで彼らはNASAの専門家に連絡し、直接大統領に報告します。
ところが政界のスキャンダル問題で危機的状態の大統領は、それを無視。そこで二人はテレビの情報番組に出演しますが・・・ 
コメディ映画なのに泣けてきたし、考えさせる2021年だからこその作品です。
ハリウッドの映画人が今描きたかった内容が詰め込まれた作品です。
「コロナ禍の分断」「フェイク・ニュース」「見たいことしか見ない症候群」「地球温暖化」・・・ 
バッシュ社CEO役のマーク・ライランスが怪演!ロン・パールマンも久々の適役!メリル・ストリープは貫禄の名演。
ほんのわずかでも地球最後の瞬間を感じることができました。その時、あなたなら何をする?
最後に食べたいものは?最後に会いたい人は?最後にしたいことは?
では今できることは? 
DUNE/デューン 砂の惑星DUNE  
(監)(製)(脚)ドゥニ・ヴィルヌーヴ(アメリカ/カナダ)
(製)メアリー・ペアレント、ケイル・ボイター他(製総)ターニャ・ラポワント、ジョシュア・グロード他(原)フランク・ハーバート
(脚)ジョン・スペイツ、エリック・ロス(撮)グレイグ・フレイザー(視効)ポール・ランバート(PD)パトリス・ヴァーネット
(衣)ジャクリーン・ウエスト(編)ジョー・ウォーカー(音)ハンス・ジマー
(出)ティモシー・シャラメ、レベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザック、ジョシュ・ブローリン 
「砂の惑星」での冒険を圧倒的な映像・音響・音楽により体験することができます。
1965年に出版されて56年。ついにその映像化に成功したと言えそうです。
映画館で体感することをお勧めします!  
「ナイトメア・アリー」 Nightmale Alley
(監)(製)(脚)ギレルモ・デル・トロ(アメリカ/メキシコ)
(製)J・マイルズ・デイル、ブラッドリー・クーパー(原)ウィリアム・リンゼイ・グレシャム(脚)キム・モーガン(撮)ダン・ローストセン(PD)タマラ・デヴェレル
(PD)ルイス・セケイラ(編)キャム・マクラクリン(音)ネイサン・ジョンソン
(出)ブラッドリー・クーパー、ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、トニ・コレット、ウィレム・デフォー、リチャード・ジェンキンス、デヴィッド・ストラザーン
ロン・パールマン、メアリー・スティーンバージェン、ホルト・マッキャラニー
<あらすじ>
1939年アメリカのカーニバルに逃げ込んだスタントンは、そこで読唇術を学び、それを使った出し物で人気を獲得。
カーニバルのモリーと独立して、都会で読唇術を使って、詐欺師まがいの行為で大金を稼ぎ始めます。
心理学博士のリリスと共謀し、資産家の間でも有名な交霊術師になって行きますが・・・
前半は、デル・トロ趣味が怪しく楽しいカーニバルの裏側を見せながらの群像劇。 後半は、詐欺がらみのダークな要素満載のノワール・ドラマ。
強面の俳優陣が見事な配役で登場!ルーニー・マーラとデヴィッド・ストラザーン以外みな怖い!
騙してゆくうちに、自分が騙していることも忘れてのめり込んでしまうというのは、フェイク・ニュースで国民を操る独裁者のことでもあります。
PASSING - 白い黒人 -PASSING   
(監)(脚)レベッカ・ホール(イギリス/アメリカ)
(原)ネラ・ラーセン「白い黒人」(撮)エドゥアルド・グラウ(音)デヴォンテ・ハインズ
(出)テッサ・トンプソン、ルース・ネッガ、アンドレ・ホランド、ビル・キャンプ、ベンガ・アキナベ  
<あらすじ>
1920年代のニューヨーク、黒人女性アイリーンは街で偶然友人クレアと再会します。
すると、彼女は白人として生き、白人と偽って白人男性と結婚していました。
その後、家を訪ねたクレアは、アイリーンが主催するパーティーにも参加し始めます。
しかし、白人にしか見えない彼女が現れたことで、彼女の私生活はしだいに影響を受け始めます。  
イギリスの女優レベッカ・ホールの初監督作品ですが、素晴らしい仕上がり!
モノクロ映像の完璧な構図に光と影、ピアノによる繰り返されるメロディ、二人の女性の対比・・・
真実を明らかにしないラストも、「藪の中」のようで新鮮。
これはなかなかの傑作です。  
パワー・オブ・ザ・ドッグThe Power of the Dog  
(監)(脚)(製)ジェーン・カンピオン(ニュージーランド/アメリカ)
(製)エミール・シャーマン、イアン・カニング他(原)トーマス・サヴェージ(撮)アリ・ワグナー(編)ピーター・シベラス
(音)ジョニー・グリーンウッド
(出)ベネディクト・カンバーバッチ、キルステン・ダンスト、コディ・スミット=マクフィー、ジェシー・プレモンス、キース・キャラダイン
フランセス・コンロイ、トーマシン・マッケンジー 
<あらすじ>
1925年モンタナ州でバーバンク兄弟が経営する牧場が舞台。弟ジョージがレストランを経営する未亡人ローズと結婚。
しかし、弟のフィルはローズと息子のピーターをいじめ、ローズはアルコールに手を出し始めます。
ところがピーターはある日男っぽいカウボーイのフィルが裸で泳ぐ姿を目撃。彼には秘密がありました。
その後、フィルはピーターを一人前のカウボーイに育てようとし始め、ピーターも素直になってゆきますが・・・ 
ヴェネチア国際映画祭監督賞(銀獅子賞)
最低の男フィルによりバーバンク家はとんでもない緊張状態になります。
驚くほど美しい景色(実はニュージーランド)の中、最初から最後まで緊張感マックスで展開も読めません。
単なるLGBTQの映画ではなく、家庭内殺人映画というのでもなく、もちろん西部劇でもありません。
定義づけ不能な心理サスペンス&完全犯罪映画&LGBTQ映画
巨匠ジェーン・カンピオンはやはり凄い!  
「Hand Of God 神の手が触れた日」The Hands of God  
(監)(脚)(製)パオロ・ソレンティーノ(イタリア)
(製)ロレンツォ・ミエーリ(製総)リカルド・ネリ、エレナ・レッキア(撮)ダリオ・ダントニオ(編)クリスティアーノ・トラバリョーリ
(音)レーレ・マルキテッリ(出)フィリッポ・スコッティ、トニ・セルヴィッロ、テラーザ・サポナンジェロ、マーロン・ジュベール 
ヴァネチア国際映画祭審査員大賞
ナポリで過ごしたパオロ・ソレンティーノ監督の青春時代を描いた半自伝的作品。
マラドーナがナポリに来て大活躍した時代が背景で主人公は「神の手」によって命を救われることに!?
「フェリーニのアマルコルド」のような涙と懐かしさ。イタリア映画得意の笑いとお色気と少々のサスペンス。
とにかく個性的な登場人物ばかりの実に楽しい青春コメディ。 
「ヒヤシンスの血」 HIYACYNT
(監)ピョートル・ドマレフスキ(ポーランド)
(脚)マルチン・チャストン(撮)ピョートル・ソボチンスキ
(出)トマシュ・ジェンテク、フベルト・ミウコフスキ、マレク・カリタ、アドリアンナ・フレビツカ、トマシュ・シューハルト 
1980年代共産主義政権下ポーランドで行われた同性愛者への迫害作戦「ヒヤシンス作戦」
秘密警察によってリストアップされ、脅迫され、密告させられ、殺害され、社会から抹殺された人々の悲劇
主人公は資産家の同性愛者殺害事件の捜査を行ううちに、その背後に秘密警察がいることに気付きます。
男娼を別荘に集めて行われたパーティーにいた人物を探すために潜入した彼はアレクという同性愛者と親しくなりますが・・・
主人公が情けなさすぎて・・少々イライラ。もう少しちゃんとして欲しかった。
最後はなんとかなったけど、そこから先もどうなったことやら?
重すぎ暗すぎ解決が見えなさすぎ・・・それが事実なんですけど。
そして同じことが今でも世界中の多くの国で行われているのも事実。だからこその映画化。
少なくともこの映画を作った国、公開された国は大丈夫ということなのかな?
「フランンチ・ディスパッチ  ザ・リバティ、カンザス・イブニング・サン別冊」
The French Dispatch of the Liberty, Kansas Evening Sun 
(監)(製)(脚)(原案)ウェス・アンダーソン(アメリカ)
(製)スティーヴン・レイルズ、ジェレミー・ドーソン(原案)ロマン・コッポラ、ヒューゴ・ギネス、ジェーソン・シュワルツマン
(撮)ロバート・イェーマン(PD)アダム・ストックハウゼン(衣)ミレーナ・カノネロ(編)アンドリュー・ワイスブラム(音)アレクサンドラ・デスプラ
(出)(ナレーション)アンジェリカ・ヒューストン
「確固たる名作」
ベニチオ・デル・トロ、エイドリアン・ブロディ、ティルダ・スウィントン、レア・セドゥ、ボブ・バラバン
「宣言書の改訂」
ティモシー・シャラメ、フランシス・マクドーマンド、リナ・クードリ、セシル・ドゥ・フランス
「警察署長の食事室」
ジェフリー・ライト、リーヴ・シュライバー、クリストフ・ヴァルツ、マシュー・アマルリック、ステフェン・パーク
エドワード・ノートン、シアーシャ・ローナン、ウィレム・デフォー
<編集部>
ビル・マーレイ、オーウェン・ウィルソン、エリザベス・モス
「ザ・ニューヨーカー」がモデルでその記者や執筆者に捧げられています。
ハロルド・ロス(創設者・編集長)、ウィリアム・ショウン(編集長)メーヴィス・ガラント、リリアン・ロス、ジョセフ・ミッチェル、E・B・ホワイト・・・
絵画、アニメ、建築、衣装、グルメ・・・豪華すぎる動く雑誌「フレンチ・ディスパッチ」の最終号 
画面構成、登場人物、俳優、衣装、部屋の配置、カメラの移動など
画面ごとの情報量が多すぎて見る方も大変です。(作る方も大変でしょうが・・・)
「僕を育ててくれたテンダー・バー」THE TENDER BAR  
(監)(製)ジョージ・クルーニー(アメリカ)
(製)グラント・ヘスロヴ、テッド・ホープ(製総)バーバラ・A・ホール(原)(製総)J・R・モーリンガー(脚)ウィリアム・モナハン
(撮)マーティン・ルーエ(音)ダラ・テイラー
(出)ベン・アフレック、タイ・シェリダン、リリー・レーブ、クリストファー・ロイド、ダニエル・ラニエリ 
<あらすじ>
ロングアイランドでバーを経営する叔父さんと同居することになった母一人子一人の少年。
彼の父親はDJだったがアルコール依存症だったことから、実家に帰ってきていた。
貧しい家で叔父さんも大学を諦めていたが、自分で勉強しバーには本がぎっしり置いてあった。
彼はその叔父さんから様々なことを学びながら成長し、作家を目指してイエール大学に奨学金付きで合格します。  
選曲が実によい!ご機嫌な音楽!ラストの「Do It Again」、中盤のジャクソン・ブラウン、「彼女と別れる50の方法」など!
さすがの演出!シンプルながら実に素敵な作品です。
「グッドウィル・ハンティング」の続編のような作品。ベン・アフレックはまたしても送り出す側を演じています! 
ジョージ・クルーニーはハズレがない! 
「ザ・ホワイトタイガー」The White Tiger   
(監)(脚)(製)ラミン・バーラニ(インド)
(製)プリヤンカー・チョープラー、ムクル・デオラ(製総)アダシュ・グーラブ他
(原)アラヴィンド・アディガ(撮)パオロ・カルネラ(音)ダニー・ベンシ、サウデル・ジュリアンズ(編)ティム・ストリート、ラミン・バーラニ
(出)アダシュ・グーラブ 、プリヤンカ・チョープラー、ラージクマール・ラーオ  
<あらすじ>
カーストの最下層から資産家の運転手になった青年。召使根性が抜けないまま、交通事故の責任を負わされます。
罪には問われないものの、自分の立場を理解した青年は主人を騙し始めます。
そして、主人が政治家への巨額献金を行うことを知り、その金を強奪しようと考えます。   
インドのカースト制と政治の腐敗の中、下層民が成功を収めるには犯罪か政治家に取り入るしかない。
その2択を両方実行したホワイトタイガーの人生をテンポよく描きます。
主人公が最後までまったく反省していないのは逆に清々しい!   
「日々は、うたかたに」Kagittan Hayatlar 
(監)カン・ウルカイ
(脚)エルジャン・メフメット・エルデム
(出)チャガイ・ウルソイ、アミール・アリ・ドールウ、エルシン・アリジ、トュルガイ・タニュルキュ 
<あらすじ>
イスタンブールの街で廃品回収をしながら暮らすメーメットは腎臓病を患いこのまままでは命は短いことがわかっていました。
ある日彼は回収した廃品の中から少年を見つけます。DVの父親から守るため母親が彼は隠したようでした。
彼は少年を助け、自分で育てようとします。友人のゴンジはそんな彼を助ける良き相棒です。  
<あらすじ>
イスタンブールの街で廃品回収をしながら暮らすメーメットは腎臓病を患いこのまままでは命は短いことがわかっていました。
ある日彼は回収した廃品の中から少年を見つけます。DVの父親から守るため母親が彼は隠したようでした。
彼は少年を助け、自分で育てようとします。友人のゴンジはそんな彼を助ける良き相棒です。  
「シックス・センス」のような展開は予想できましたが、悲しすぎる展開です。
一見近代化したように見えるイスタンブールの街も一歩はずれると貧困層が多く、彼らには未来がまったく見えない。
美しいイスタンブールの夜景など、街並みが懐かしい! 
「ブラック・ウィドウ」Black Widow  
(監)ケイト・ショートランド(オーストラリア)
(製)ケヴィン・ファイギ(脚)エリック・ピアソン(撮)ガブリエル・ベリスタイン(PD)チャールズ・ウッド(衣)ジャニー・ティマイム
(編)レイ・フォルソム=ボイド、マシュー・シュミット(特監)ジェフ・バウマン(音)ローン・バルフェ
(出)スカーレット・ヨハンソン、フローレンス・ピュー、デヴィッド・ハーバー、O・T・ファグベルン、レイチェル・ワイズ
オルガ・キュリレンコ、ウィリアム・ハート、レイ・ウィンストン 
<あらすじ>
「シビル・ウォー」でアベンジャーズが分裂し犯罪者として追われることになったブラック・ウィドウ。
彼女に少女時代に別れたままの妹から謎の薬品が送られてきます。それはレッド・ルームが生み出した人間を捜査を解く薬物。
それを狙って謎の改造人間が表れます。姉妹はその薬物でレッド・ルームに操られている仲間を救おうと動き出します。  
ドン・マクリーン「アメリカン・パイ」(1971年)が重要な役割。
ロックンロールの人気スター、バディ・ホリー、リッチー・バレンスの墜落事故を歌った8分36秒の大ヒット曲
アメリカン・ヒーローの死を歌った曲とされています。
オープニングには、ニルヴァーナの「スメルズ・ライク・ティーンズ・スピリット」のカバー。
親子4人の何とも言えない会話が楽しい!アクションは空中での戦いが凄い!
美しき女性殺人軍団の方がなんとも魅力的!彼女たちはたとえマインドコントロールが解けてもまたスリルを求めて戻る気がします。 
「ブラッド・レッド・スカイ」Blood Red Sky  
(監)(脚)ペーター・トゥアバルト(ドイツ)
(製)クリスチャン・ベッカー、ベンジャミン・ムンツ(脚)シュテファン・ホルツ(撮)ヨシ・ハイルマート
(出)ペリ・バウマイスター、アレクサンダー・シェーア、カイス・セッティ、カール・コッホ、ゴードン・ブラウン、ローランド・ムーラー 
<あらすじ>
病気の治療のためNYへ向かう母親と息子。ところが、その飛行機がハイジャックされ、母親は息子を守ろうとして射殺されます。
ところが、母親は蘇ります。彼女は病ではなく、バンパイアだったのです。
彼女はハイジャック犯たちに立ち向かいますが、多勢に無勢で次々にトラブルが発生します。  
母親がバンパイヤという設定以外に馬鹿げた展開はなく、ちゃんと辻褄が合い、主人公も犯人もちゃんと動くのでシラケません。
実によく出来たストーリー展開です。うまくいきかけると、必ず破綻が起きてしまい、悲劇的なラストへと向かいます。
これはなかなかの掘り出し物!バンパイヤ映画に外れなし!またも面白い作品ができました! 
「ブラッド・ブラザーズ:マルコムXモハメド・アリBlood Brothers :MalcolmX & Muhmmad Ali ドキュメンタリー(N) 
(監)マーカス・クラーク(アメリカ)
(原)ランディ・ロバーツ、ジェニー・スミス(製)アンドリュー・マイアット(P)ジェイソン・ペリッツ、ケニア・バリス(編)ジャコブ・フィッシャー
(出)マルコムX、モハメド・アリ他 
マルコムXとカシアス・クレイとの出会い。
それぞれの生い立ちを駆け足で描き、「マイアミ」での二人の共闘から別れ、マルコムの死までの記録。
マルコムが教祖イライジャの批判を行ったために、アリもまたマルコムを批判し、ついにはその暗殺に。
その死によって、アリはマルコムについに謝罪することができなかった。
そのことを生涯悔いていたことを彼の家族が証言します。  
「ブルーズド~打ちのめされても~」
(監)(製)ハル・ベリー(アメリカ)
(製)ベイジル・イバニク、ブラッド・ファインスタイン他(脚)ミシェル・ローゼンファーブ(撮)フランコ・G・デマルコ、ジョシュア・ライス
(美)エリザベス・ジョーンズ(編)ジェイコブ・クレイクロフト、テリリン・A・シュロプシャー(音)アスカ・マツミヤ
(出)ハル・ベリー、エイダン・カント、アドリアーニ・レノックス、シーラ・アティム、ヴァレンティ―ナ・シェフチェンコ、
リーラ・ローレン、スティーブン・マッキンリー・ヘンダーソン 
<あらすじ>
4年前に11試合目でタイトルに挑戦。リングから逃げ出して敗れたジャッキー。アルコールにおぼれ職もない彼女のもとに息子が。
別れた夫が亡くなり、彼女のもとにやってきましたのでした。そんな彼女に復帰のチャンスが巡ってきます。
息子のためにも立ち直るためにももう一度リングに上がり、勝利をおせめようと彼女は練習を始めます。 
ハル・ベリー初監督作品ですが、上出来だと思います。
ボクシングではなく総合格闘技ということでかなりの訓練を要したはずだし、肉体の鍛錬も凄い!
女性トレーナー、ブッダガンがカッコいい!ただし、LGBTまで盛り込む必要はなかった。ちょっと盛り込みすぎの内容。 
デビュー作ということで張り切り過ぎたかも?彼女の肉体のようにもっと絞ってよかったのかもしれません。
でも僕は好きな作品です! 
「ペレ・レジェンド 栄光のサッカー人生」PELE ドキュメンタリー(N) 
(監)ベン・ニコラス、デヴィッド・トライホーン(ブラジル)
(製総)ケヴィン・マクドナルド
(出)ペレ、マリオ・ザガロ、ジルベルト・ジル、リベリーノ、ジュカ・クフォーリ  
1958年ワールドカップ・スウェーデン大会に17歳でデヴューし、いきなりチームの柱となって優勝。
1962年チリ大会では怪我で決勝は欠場するも、ガリンシャ、ザガロらの活躍で優勝。 
1966年イングランド大会は相手チームの徹底的にマークされたことで、ブラジルは予選敗退。
1970年メキシコ大会では29歳最後の大会として出場し、他の選手を活かしながら、見事に3度目の優勝。
この間のブラジルの社会状況と独裁政権とペレの関係にも注目したドキュメンタリー映画
17歳でスーパースターになりながら自分を見失わなかったペレは本当に真面目な人間でした。
その反面、独裁者に逆らうという発想は難しかった。当時、そのことへの批判もあったようですが、それも吹っ飛ばしたのが最後の優勝! 
「マルコム&マリー」Malcolm & Marie  
(監)(製)(脚)サム・レヴィンソン(アメリカ)バリー・レヴィンソンの息子!
(製)ゼンデイヤ、ジョン・デヴィッド・ワシントン、アシュレイ・レヴィンソン他(撮)マーセル・レヴ(編)ジュリオ・C・ペレス
(PD)ミカエル・グレイスリー(音)ラブリンス
(出)ゼンデイヤ、ジョン・デヴィッド・ワシントン 
<あらすじ>
初監督作品のプレミア上映で成功を収めた黒人監督マルコムは、ガールフレンドのマリーとマリブの豪邸に帰宅。
しかし、マリーは上映挨拶に自分の名前が忘れられていたことに腹を立てていました。ケンカを始める二人。
薬物依存だった彼女がモデルになっていたのに、自分のおかげでできた作品のに・・・と怒るマリーに逆切れしたマルコムも反撃。  
新型コロナ禍の真っ最中に撮影された二人だけの芝居はセリフも多く、感情の爆発の連続という芝居合戦。
映画論、夫婦論、男性・女性論、人種差別問題など様々な問題が語られますが、音楽が良いこともあり、飽きさせません。
撮影も工夫しているし、怒涛の台詞も圧巻。ゼンデイヤはもちろんながら、ジョン・デヴィッド・ワシントンもベテラン俳優の貫禄!
少々大人向け、映画ファン向けですが充分に楽しめる作品です! 
「ミーシャと狼」MISHA AND THE WOLVES ドキュメンタリー(N) 
(監)(脚)サム・ホブキンソン(アメリカ)
(製)ユルゲン・ブエッツ他(撮)ウィル・プー(編)ピーター・ノーリー(音)ニック・フォスター
(出)ミーシャ・デフォンセカ他 
フランス映画「ミーシャ/ホロコーストと白い狼」(2007年)の原作となったベストセラーノンフィクションは実は嘘だった!
彼女の両親は、ホロコーストによって殺され、彼女はその両親を探して森に入り、そこで狼たちと生活を
著者は、ホロコーストを生き延びたユダヤ人ではなく、ベルギーの軍人の娘でカトリック教徒だった。
その事実を見つけ出したのは、彼女の本を出版しながら、彼女と印税支払い問題などで訴訟となったジェーンとその依頼者たち。
なぜ、彼女は壮大なホラ話を作り上げたのか?それは、その話を真実としたかった人々の思惑のせいでした。
そして、彼女の父親がナチスに仲間を売った裏切者だったという事実を消したかった記憶の改変だったのか?
それにしても、彼女と狼の関係も嘘だった?彼女が狼と親しい関係を作れたのはなぜだった?
様々な疑問が残り、まだ続編が作れそうな感じです。どこまでが妄想で、どこまでが事実なのか?
映画よりも面白いドキュメンタリー映画です! 
「ミッチェル家とマシンの反乱」The Mitchell vs, The Machines (アニメ)(N) 
(監)(脚)(声)マイク・リアンダ(アメリカ)
(製)フィル・ロード、クリストファー・ミラー、カート・アルブレヒト(脚)ジェフ・ロウ(編)グレッグ・レビタン(音)マーク・マザースバーグ
(声)アビ・ジェイコブソン、ダニー・マクブライド、マーヤ・ルドルフ、オリヴィア・コールマン 
<あらすじ>
新たに開発されたスマホをロボット化したPal Maxが、旧型Palに乗っ取られて暴走し、人類を宇宙に飛ばそうとします。
なぜか逃れることに成功したミッチェル家は壊れた2体のロボと共に反撃を試みます。  
「スパイダーマン/スパイダー・バース」のチームによる作品だけあり、さすがに見ごたえ十分です。
本当は劇場公開予定がコロナの影響でネットフリックスで公開。 
「ミランダと魔法だらけの家」 ENCANTO(アニメ)
(監)バイロン・ハワード、ジャレド・ブッシュ(アメリカ/コロンビア) 
(脚)シャリース・カストロ・スミス、ジャレド・ブッシュ(歌)リン=マルエル・ミランダ(音)ジャーメイン・フランコ(編)ジェレミー・ミルトン
(声)斎藤瑠希、中井和哉、中尾ミエ、平野綾、ゆめっち、関智一、藤田朋子(歌)ナオト・イン・ティライミ
<あらすじ>
コロンビアの田舎にある魔法の村。その村を作ったマドリガル家にはそれぞれが魔法の力を持っています。
しかし、ミランダだけはその力を受け継いでいませんでした。そんなある日、村に危機が訪れます。
魔法の力が弱まりつつあったのです。なぜ、そうなってしまったのか?どうすれば魔法は戻るのか? 
「イン・ザ・ハイツ」などのミュージカル作者リン=マルエル・ミランダがミュージカル部分を担当。
コロンビアならではのアフリカっぽいリズミカルなサルサが楽しい曲が印象的です。
テンポも良いコロンビアを舞台にした家族愛の物語。
「モンタナの目撃者」Those Who Wish Me Dead  
(監)(脚)(製)テイラー・シェリダン(アメリカ)
(製)スティーブン・ザイリアン他(原)(脚)マイクル・コリータ(脚)チャールズ・リーヴィット(撮)ベン・リチャードソン
(PD)ニール・スピサック(衣)カリ・パーキンス(編)チャド・ガルスター(音)ブライアン・タイラー
(出)アンジェリーナ・ジョリー、ニコラス・ホルト、フィン・リトル、エイダン・ギレン、ジョン・バーンサル、ジェイク・ウェバー 
<あらすじ>
政界の汚職を暴こうとしたため狙われた計理士が子供と逃避行中、殺し屋に襲われます。
生き残った少年は偶然出会った消防隊の女性と共に殺し屋に追われますが・・・  
消防士、保安官、サバイバル教室の先生、殺し屋と少年による逃走&バトルが展開するシェリダン・ワールドが展開します!
それぞれが一流のプロフェッショナルなのがこの監督の作風。それぞれミスなく戦うので気持ちいい!
ただし、今回は妊婦さんと子供という絶対に死なないキャラクターがいたため、スリリングさは少々薄まったかも?
それにしてもアンジェリーナ・ジョリーはボロボロの戦いで顔までボロボロ。役者魂を感じました。
ニコラス・ホルトがちょっと迫力不足なのは顔のせいか?
メイキングによると、本物の森に火をつけるわけにはいかないため、人工の森を作って火をつけたとのことです。 
ラストナイト・イン・ソーホーLast Night In Soho  
(監)(製)(原案)(脚)エドガー・ライト(イギリス)
(製)ニラ・パーク、ティム・ビーヴァン他(製総)ジェームズ・ビドル他(脚)クリスティ・ウィルソン=ケアンズ
(撮)チョン・ジョンフン(PD)マーカス・ローランド(衣)オディール・ディックス=ミロー(編)ポール・マクリス(音)スティーブン・プライス
(出)トーマス・マッケンジー、アニャ・テイラー=ジョイ、マット・スミス、テレンス・スタンプ、マイケル・アジャオ、ダイアナ・リグ 
<あらすじ>
服飾の専門学校に入学するためロンドンに出たエロイーズは、古い下宿の部屋でサンディという女性の夢を見ます。
60年代を生きるサンディは歌手志望で、ある日ジャックという男の紹介でオーディションを受けて合格します。
エロイーズは彼女に憧れて、新しいデザインの着想を得ることができましたが、その夢がある日から悪夢へと変わり始めます。
悪夢の世界からしだいに抜け出せなくなる彼女は、精神的に起こしくなり、ついには事件を起こします。 
タイムリープにより現代と60年代を結びつけてしまった古い下宿に刻まれた呪われた記憶とは?
ヒッチコック&ブライアン・デ・パルマと60年代ロンドンサブカルチャーをタイムリープによって融合させたサイコ・ホラーサスペンス!
音楽が今回も見事!  
「リスペクト」 Respect 
(監)リーズル・トミー(アメリカ)
(製)スコット・バーンスタイン、ジョナサン・グリックマン、ハーヴィー・メイソンJr、ステイシー・シェア(原案)カーリー・ワーリ(原案)(脚)トレイシー・スコット・ウィルソン
(撮)クレイマー・モーゲンソン(編)アヴリル・ボークス(PD)アイナ・メイヒュー(美)マーク・ディロン(衣)クリント・ロマス(音)クリス・バワーズ
(出)ジェニファー・ハドソン、スカイ・ダコタ・パーマー(アレサ・フランクリン)、フォレスト・ウィテカー(C・L・フランクリン)、タイタス・バージェス(ジェームス・クリーブランド
マーロン・ウェイランド(テッド・ホワイト)、マーク・マロン(ジェリー・ウェクスラー)、オードラ・マクドナルド(バーバラ)、ヘザー・へドリー(クララ・ウォード
キンバリー・スコット(アレサの祖母)、ヘイリー・キルゴア(キャロリン・フランクリン)、セイゴン・セングロー(エルマ・フランクリン)、リロイ・フランクリン(セシル・フランクリン)
アルバート・ジョーンズ(二人目の夫)、テイト・ドノバン(ジョン・ハモンド)、ミック・ワトフォード(リック・ホール)、スカイ・ダコタ・ターナー(アレサの幼少期)
ギルバート・グレン・ブラウン(マーティン・ルーサー・キング牧師)、メアリー・J・ブライジ(ダイナ・ワシントン)、ジョー・ネゼヴィッチ(トム・ダウド
ジョン・ジョルジオ(チップス・モーマン)、デヴィッド・シンプソン(スプーナー・オールダム)、ボー・シェイア(ジョー・アーノルド)、ロドリック・D・コリンズ(スモーキー・ロビンソン
ヴァンス・テイラー(アート・テイタム)、ケルヴィン・ヘアー(サム・クック)、デリック・ジェームス(キング・カーティス)、M・ジェール・ヴィノット(シドニー・ポラック
ジェームズ・ハモンド(アーメット・アーティガン)、セルマ・R・ミッチェル(エラ・フィッツジェラルド) 
「クイーン・オブ・ソウル」アレサ・フランクリンの伝記映画。数あるアーティストの伝記映画の中でも傑作と言える出来栄えです。初監督とは思えません。
特にスタジオでの名曲誕生シーンは見所!曲(歌詞)が彼女の人生を語るのも魅力。
「リバー・ランナー 奔流をゆく者」The River Runner ドキュメンタリー(N) 
(監)ラッシュ・スタージェス(アメリカ)
(脚)コリーナ・ハロラン、セイヤー・ウォーカー(出)スコット・リンドグレン 
チベットのカイラス山から流れ出す4本の急流を制覇するために20年の人生を捧げたカヤッカーを追ったドキュメンタリー。
川との闘いの前半。病に侵されそのおかげで自分に向き合えるようになった人間性回復の後半。
アウトドア―の記録から、心の中の闘いの記録へと転換することで、この作品は人間ドラマとしての映画になりました。 
前半の川の乱流の凄さは半端ない。それも延々と急流が続く中を下るのだからそりゃ凄いわ!
プールのような場所でカヤックに乗ってターンするだけでも大変なのは経験しています。海も凄いけどその比ではない。 
「レッド・ノーティス」Red Notice(N)  
(監)(脚)ローション・マーシャル・サーバー(アメリカ)
(撮)マルクス・フェーデラー(編)マイケル・L・セール(音)スティーブ・ジャブロンスキー
(出)ドウェイン・ジョンソン、ライアン・レイノルズ、ガル・ガドット、リトゥ・アリヤ、クリス・ディアマントポロス、(エド・シーラン) 
クレオパトラが残した3つの金の卵を巡る世界巡る泥棒対決。どんでん返し連発の痛快アクション・サスペンス・コメディ。
でも結局、最も凄かったのはインターポールのダス捜査官だったことに気づかされました。それも楽しい。
それにしてもガル・ガドットの美しさ凛々しさは圧倒的なのでどんでん返しには納得です。
素晴らしいトリオに自作では最強の敵を用意しないと・・・誰がいいかな? 
エド・シーランにも感謝です! 
ロスト・ドーターThe Lost Daughter  
(監)(脚)マギー・ギレンホール(アメリカ)
(原)エレナ・フェッランテ(撮)エレーヌ・ルヴァール(音)ディコン・ハインクリフェ
(出)オリヴィア・コールマン、ジェシー・バックリー、ダコタ・ジョンソン、エド・ハリス、ピーター・サースガード
オリバー・ジャクソン=コーエン、ポール・メスカル 
<あらすじ>
夏休みに海岸の避暑地に来た大学教授。彼女は海辺で出会った少女とその母親を見るうちに自分の過去を思い出します。
二人の女の子を育てながら、そのストレスに耐えきれず、不倫に走り、ついには家を出た過去。
その心も痛みを思い出しながら、彼女は少女が大切にしていた人形を盗み、家に隠してしまいます。 
ヴェネチア国際映画祭脚本賞
いきなり主人公が海辺で倒れるシーンから始まり、そこに向かいドラマが始まります。
なぜ彼女は海辺で倒れるのか?なぜ彼女は娘を捨てたのか?なぜ彼女は人形を盗んだのか?
物語はどう終わるのか?様々な?が見るものを緊張させ続けます。
アップ気味のカメラは主人公の表情の変化を追い続けます。しかし、主人公にはどうしても感情移入できません。
嫌悪感すら感じながら見る苦痛がまたたまりません。この感情は男には理解できないのかも?そう思うながら見ました。
女性作家の原作を女性監督(俳優)が映画化したからこその新しい視点の映画です。  
わたしの名はパウリ・マレーMy Name Is Pauli Murray(ドキュメンタリー) 
(監)(脚)ジュリー・コーエン、ベッツィー・ウエスト(アメリカ)
(製)タリー・ブリッジス・マクマホン(撮)クラウディア・ラシュク(編)チンクェ・ノーザン
(出)パウリ・マレ―、ルイス・ベーダ―・ギンズバーグ他 
マーシャル判事やルイス・ベーダ―・ギンズバーグの先駆者として人種差別を戦った黒人女性弁護士がいた!
彼女の論文が、ブラウン判決や2020年のLGBTQ裁判での根拠となった!
なぜパウリは時代の先を行く理論を生み出したのか?そこには秘密と努力と才能がありました。
偉大な先駆者の人生に迫ったドキュメンタリー映画  
2022年
「アダム&アダム」 The Adam Project (N)
(監)(製)ショーン・レヴィ(アメリカ)
(製)デヴィッド・エリソン、ダナ・ゴールドバーグ他(脚)ジョナサン・トロッパー、T・S・ノーリン、マーク・レヴィン、ジェニファー・フラケット
(撮)トビアス・シュッリッスラー(美)クロード・パレ(編)ディーン・ジマーマン、ジョナサン・コーン(音)ロブ・シモンセン
(出)(製)ライアン・レイノルズ(出)マーク・ラファロ、ジーン・シモンセン、ゾーイ・サルダナ、キャスリン・キーナー、ウォーカー・スコーベル
<あらすじ>
タイム・トラベルの技術を生み出したことで未来が悲惨な状況になった2050年。そこから消えた妻を追ってきたアダム。
彼は妻が消えた2018年に来るはずが、2022年に不時着し少年時代の自分と出会います。
妻と再会した彼は、少年と共に2018年に向かい、そこで発明者の父と出会い、3人でその技術を消すことにしますが・・・
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「スターウォーズ」「ターミネーター」の要素が詰めこまれた「タイム・トラベルSF」
親子のノスタルジックな再会と別れはかなり感動的で、4人がかりの脚本もよくできています。
「アポロ10号1/2 宇宙時代のアドベンチャー」 Apollo 10 1/2 : A Space Age Childhood(N)(アニメ) 
(監)(製)(脚)リチャード・リンクレイター(アメリカ)
(製)マイク・ブリザード、トミー・パロッタ他(製総)ジョン・スロス(撮)シェーン・ケリー(美)ブルース・カーティス(衣)カリ・パーキンス
(編)サンドラ・エイデアー(音監)ランドール・ポスター(声)マイロ・コイ、リー・エディ、ジャック・ブラック、ビル・ワイズ、グレン・パウエル 
1960年生まれの主人公(リンクレーター自身)がある日アポロ計画に参加することに。
設計ミスでできたアポロ10号に乗って、月に行ってほしいという依頼。
ヒューストンで育った彼とその家族の1969年の体験をアニメによって再現した不思議な映画。
実写で撮影した映像を加工してアニメにした作品のようです。自動車や食べ物はリアルな実写映像!
音楽、映画、テレビ、宇宙計画、子供たちの遊びなど、1960生まれとしてはたまらない懐かしさです!
「雨あられ」 GRANIZO 
(監)マルコス・カルネヴァーレ(アルゼンチン)
(脚)ニコラス・ヒアコボーネ、フェルナンド・バルマヨール
(出)ギレルモ・フランセーヤ、ペト・メナエム、ロミーナ・フェルナンデス、マルティン・ジーフェルト 
<あらすじ>
アルゼンチン初のお天気バラエティー番組の司会者で気象予報士ミゲールは嵐の到来を予報できずに人気を一気に失い番組を休養させられます。
故郷のコルドバに帰り、娘げ住む実家に隠れますが、娘からも煙たがられます。
ところがある夜、謎の男が翌日朝の雨を時間までピタリとあてたことに驚かされます。ミゲールは男のもとを訪ねます。
「謎の男」が出て急に話が謎めいて面白くなります。不気味なタクシー運転手の存在といい、予想が困難になります。
でもラストはどうなのかな?謎の男が謎でなくなってはまずいのでは?アルゼンチン人のメンタルが理解できないだけか?
パニック映画のようなラストはネットフリックスだけあってお金をかけてます!まあ、とにかく面白かった! 
「アンディ・ウォーホル・ダイアリーズ」 The Andy Warhol Diaries(N)
1-1「狼煙」1-2「SHADOWS アンディとジェド」1 - 3「2つの顔 アンディとジョン」 1 - 4「共同制作 : アンディとバスキア」
1-5「15分」 1-6「ラヴィング・ジ・エイリアン」
(監)(脚)(製総)アンドリュー・ロッシ(アメリカ)
(製)マーヤ・E・ランドルフ他(製総)アレックス・M・ウーダル他(撮)ウルフガング・ヘルド、メイス・アルベルティ(編)スティーヴン・ロス
(原編)パット・ハケット「アンディ・ウォーホル日記」(音)ブラッド・オベルホッファー(ナレーション・アンディの声)ビル・アーウィン&AI
1989年発表のアンディの日記を基にしたドキュメンタリー・シリーズ 
「狼煙」
アンディの生い立ちからブレイク。ポートレイトでセレブ入り。ファクトリーを設立しアート界だけでなく時代の寵児として活躍。
しかし、活躍の裏側では、自らの容姿への不満、ゲイであることの負い目を背負い続けます。
そんな中、彼はヴァレリー・ソラナスによって狙撃されて死にかけます。
「SHADOWS アンディとジェド」
暗殺されることを恐れるアンディはファクトリーを閉鎖し、AWEを設立し、アート・ビジネスでの活躍を開始。
自らをブランド化しますが、ポートレイトでセレブを描くだけの活動はアート界で批判されます。
そんな中、彼はジェド・ジョンソンと出会い、二人の生活が始まります。
しかし、アンディがスタジオ54で遊び、ドラッグにはまる姿にジェドは幻滅。
彼がゲイ・ヌード写真にのめり込んでいることを知って激怒。そんな中開催された個展「SHADOWS」(1979年)
自殺未遂を繰り返したジェドは、ついにアンディのもとを去ります。
「2つの顔 アンディとジョン」
ジェドと別れてすぐに出会ったジョン・グールド。パラマウント映画の重役で典型的WASPエリートとの関係。
共にゲイであることを認めない微妙な関係だがお互いを支え合う理想の関係となり、同居を開始。
1981年「オルタード・イメージ」展とためにアンディは女装し、もう一つの顔を作品化。
それは1975年「レディース&ジェントルメン」の自分自身による再現となった。
NYのドラッグ・クイーンのポートレイト作品は、当時は理解されなかった。しかし、それはファクトリー時代に回帰した作品だった。
「共同制作:アンディとバスキア」
NYからグラフィティが登場。彼らはポップ・アートに憧れていて、アンディも彼らの作品に憧れていました。
特にキース・へリングやケニー・シャーフは、アンディに影響を与えました。
画商にバスキアに紹介されたアンディは、彼を路上で見て知っていて40ドル貸していた。
そこからアンディとバスキアの共同制作が始まります。
「15分」
テレビ番組「アンディ・ウォーホルの15分」のスタート。
1985年「バスキアVSアンディ」展開催。エイズの蔓延とジョン・グールドの死。
「ラヴィング・ジ・エイリアン」
「アメリカ」の出版サイン会でのカツラ事件。
アンディ最後の個展となった「最後の晩餐」シリーズ展ミラノで開催。
胆のう炎の発症と手術からの合併症による速すぎる死。
「運命のイタズラ」 Windfall (N)
(監)(製)(原案)チャーリー・マックダウェル(アメリカ)
(製)ジャック・セルビー他(脚)ジャスティン・レイダー、アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー(音)ダニー・ベンジー他
(出)(製)ジェイソン・シーゲル、ジェシー・プレモンズ、リリー・コリンズ
カリフォルニアの資産家別荘に泥棒に入った男が偶然、その家の持主夫妻と遭遇。
2人と共に身代金の到着を待つ羽目になります。しかし、偶然そこに庭師がやってきて、夫妻の危機を通報しようとします。
しだいに犯人は大事に巻き込まれて行きます。
ラストは想定内だったなあ。
面白い展開だったのですが、もうひとひねり欲しかった。
ジェシー・プレモンズは良い人ばかりかと思ったら、ここまで悪い奴もできるんだ!素晴らしい。
 
「回帰」 Pipa
(監)(脚)アレハンドロ・モンティエル(アルゼンチン)
(脚)フロレンシア・エチュベス、ミリ・ロケ・ピット(出)ルイサナ・ラピラト、マウリシオ・パニアグア、イネス・エステベス
凶悪犯罪担当の警官だったピパは、不祥事により警察をやめ、田舎の村でボランティア活動をしている叔母の元で暮らします。
しかし、その村で原住民と鉱山会社の間で鉱山の土地をめぐるトラブルが起きていました。
さらに村長の家で行われた婚約パーティーで働いていた少女が翌日焼死体で発見されるという事件が起きます。
いくつかの事件が重なってきますが、上手く一つにならないのが残念。
主人公がもう少ししっかりしてほしかった。腐敗警察の方がカッコよくみえるのも残念。
もっと面白くできた気がします。 
「グレイマン」 The Grey Man(N)
(監)(製)アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ(アメリカ)
(製)クリス・カスタルディ、ジョー・ロス他(原)マーク・グリーに―「暗殺者グエイマン」(脚)ジョー・ルッソ(撮)スティーブン・F・ウィンドン(PD)デニス・ガスナー
(編)ジェフ・グロス、ピエトロ・スカリア(音)ヘンリー・ジャックマン
(出)ライアン・ゴスリング、クリス・エヴァンス、アナ・デ・アルマス、ビリー・ボブ・ソーントン、ジェシカ・ヘンウィック、レゲ=ジャン・ペイジ、ダヌーシュ
<あらすじ>
CIAに工作員として雇われた殺人犯のシエラ・シックスは、殺人を指示された男を殺す時、俺は同じ組織のメンバーだと告げられます。
お前も殺されるから、そうなる前にこの証拠で上司をつぶせとペンダントを渡されます。
すぐに彼もまた命を狙われることになり、彼の元上司もまた姪っ子を誘拐され、捕虜になってしまいます。
そして、彼の命を狙うためにCIAの上司は、最凶の殺し屋ロイドに仕事を依頼します。
ルッソ兄弟による「ミッション・インポッシブル」的な王道スパイアクション映画。
ウイーンの街中、トラムを使った銃撃戦アンド追跡シーンは圧巻。ネットフリックスが巨費を投じただけの作品ではあります。
これといった新鮮さはないももの、それぞれのシーンがしっかりと作られています。 
「知られざるマリリン・モンロー: 残されたテープ」
The Myatery of Marilyn Monroe : The Unheared Tapes (D)(N) 
(監)(製)エマ・クーパー(アメリカ)
(製)クリス・スミス(共製)エロイーズ・ヴァンストン(撮)ジョフリー・センタム(編)グレゴール・リオン(音)アン・ニキティン 
マリリン・モンローの死の真相に迫ったドキュメンタリー。
マリリン・モンローについて知らない人には、衝撃かもしれません。でも今まですでにわかっていた内容でした。
ケネディ兄弟とピーター・ローフォードのワルぶりは最低なのに話題にならないのは当時の映画界はそれを当然と思っていたからでしょう。
そっちの方がひどい話です。幼少期から男にもてあそばれてきたマリリンがとにかく可哀想。
「静寂の彼方に:アイスダイビングの世界」 Hold Your Breath : The Ice Dive(D)(N)
(監)イアン・デリー(フィンランド/イギリス)
(撮)スティーブ・ジャミソン(水撮)ジャン=チャールズ・グランジョン(編)ジュリアン・クアントリル(音)ガリア・ビセンガリエヴァ
(出)ヨハンナ・ノードブラッド、キャスパー・ノードブラッド、アリナ・マニネン、ベン・メセル
氷の下を横に泳いで移動する距離の世界記録に挑戦したフィンランドの女性フリーダイバーの記録。
氷の厚さは30cm以上で水着のみの着用で自力で泳いでの移動でフィンもなし。水温は2℃くらい。
50mの女子記録保持者が男子の記録103mに挑戦して見事に成功!
二人の子持ちのお母さん。姉妹で挑戦。マウンテンバイクの事故で痛みが取れずに冷水治療を開始。足を冷やす治療からダイビングへ!
気持ちいいから泳ぎ出したそうです。 
「スパイダーヘッド」 Spiderhead (N)
(監)ジョセフ・コシンスキー(アメリカ)
(脚)レット・リース、ポール・ワーニック(原) ジョージ・ソーンダーズ
(出)クリス・ヘムズワース、マイルズ・テラー、ジャニー・スモレット・ベル、テス・ハウブリック、チャールズ・パーネル
犯罪者を孤島の私設で心操る薬物の治験に参加させる私設が舞台。
「愛情」、「恐れ」、「笑い」などを操る試験で利用されるうちに実験に疑問を感じ出した主人公は実験の裏に気づき始めます。
「恐怖」を感じさせる実験でついに自殺者が出たことでいよいよ状況は悪化しますが、治験は続くことに・・・ 
総てを薬物を操る考え方はアメリカらしいし、そもそもの設定に失笑なので今一つ感情移入できません。
いっそコメディ映画の方がよかった気がします。もっと面白くできた気がします。残念。 
「素晴らしき眺め」 Nice View
(監)(脚)ウェン・ムーイエ(中国)
(撮)ワン・ボーシュエ(音)ファン・チャオ
(出)イー・ヤ・チェンシー(ジャクソン・イー)、ティエン・ユー、チェン・ハーリン(タンタン役)、チー・シー、コン・レイ 
ティエン・チュアンチュアン(巨匠田壯壯が守衛役!映画学校での監督の師匠でもあります)
<あらすじ>
中国南部の都市、深圳が舞台。スマホの修理をする店を経営するハオは妹のタンタンと二人暮らし。
シカシ、タンタンは心臓に障害があり、早くに亡くなった母親と同じで手術する必要があります。そのためには50万元の大金が必要です。
そんなある日、彼に友人から不良品として返品されたスマホがあるが直して売れないかと相談があります。
しかし、再生品を勝手に販売することが違法とされたため、その行き先に困ったハオは、その製造元に出向き、新品として販売したいと提案。 
「薬の神じゃない!」を大ヒットさせた監督による新たなヒット作。(まだ長編第2作)
前作の出演俳優がまったく違うイメージで今回も出演しています。要注意!
主役の兄妹はどっちも初登場。松山ケンイチ風のハオ、抜けた歯が可愛いタンタン役も見事!
今回も登場人物たちのキャラクターが皆立っています。この監督作品も魅力はそこにあるかもしれません。
ただし、気になるのは広東省、深圳で働く人々への応援歌ですが、美化しすぎなのがどうも政治的な意図が見え見えでなこと。
「新時代に懸命に努力しているあなたに敬意を表します 我々誰もが奇跡の創造者です
今回は前作より、新鮮味がないのは題材のせいかもしれませんが、次回作がいよいよ勝負かもしれません。
「ソー:ラブ&サンダー」 THOR : LOVE & TUNDER
(監)(脚)(原案)(声)タイカ・ワイティティ(アメリカ)
(製)ケヴィン・ファイギ、ブラッド・ヴィンダーバウム(原案)ジェニファー・ケイティン・ロビンソン(撮)バリー・イドワーヌ(PD)ナイジェル・フェルプス
(視効)ジェイク・モリソン(編)マシュー・シュミット、ピーター・S・エリオット(音)マイケル・ジアッキノ(音監)デイヴ・ジョーダン
(出)クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、クリスチャン・ベイル、テッサ・トンプソン、ラッセル・クロウ、クリス・プラット、ジェーン・アレキサンダー
デイヴ・バウティスタ、カレン・ギラン、ポム・クレマンティエフ、マット・デイモン、ステラン・スカルスガルド
(声)ヴィン・ディーゼル、ブラッドリー・クーパー
<あらすじ>
ソーと別れたジェーン・フォスターは癌ステージ4の告知を受け、藁をもつかむ気持ちでアスガルドに向かいます。
その頃、ガーディアンズと共に宇宙を旅していたソーは、神を殺しまわっているゴアがアスガルドに向かったことを知ります。
ソーがアスガルドに着くとゴアの攻撃が始まり、そこにジェーンが彼がかつて所有していたムジョルニアを手にソーとして現れます。
マイティ・ソーのシリーズ第4弾
タイトルの通り、今回は恋人同士の愛と父と娘の愛というラブ・ストーリーになっています。
とはいえ、ヘビメタ(ガンズ&ローゼス「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」)がドはまりするアクション・アドベンチャー・コメディ大作。
文句なしに面白いです!さすがはタイカ・ワィティティです。
ジェーン・フォスターの名前は、女性活動家の先駆でもある「ジェーン・フォンダ」と同性愛をカミングアウトしている女性監督「ジョディ・フォスター」から?
「神々との決戦」が次回作になるのか?それともスピンオフで「ワルハラの休日」とかを作るのか?楽しみです。
「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」 Doctor Strange In The Murtiverse of Madness 
(監)サム・ライミ(アメリカ)
(製)ケヴィン・ファイギ(脚)マイケル・ウォルドロン(撮)ジョン・マシソン(PD)チャールズ・ウッド(編)ボブ・ムラウスキー、ティア・ノーラン
(視効)ジェネク・サーズ(衣)グレアム・チャーチヤード(音)ダニー・エルフマン
(出)ベネディクト・カンバーバッチ、エリザベス・オルセン、ベネディクト・ウォン、キュウェテル・イジョフォー、ソーチー・ゴメス、レイチェル・マクアダム
パトリック・スチュワート、シャーリーズ・セロン、ブルース・キャンベル、アシェイラ・アティム
「マルチ・バース」は物語を何でもありにする危険な概念です。同じように映画をも危険にする可能性があります。
登場人物の死や悲劇の価値が減ってしまい、別の宇宙で救われればいいか?ということにもなりかねません。
旧スパイダーマンの監督がここで監督したり、「X-メン」や「ファンタスティック4」のメンバーが登場したりしちゃいます。
「掟破り」の手法を今回は上手く利用しましたが、封印しておいた方が良いかもしれません。 
スカーレット・ウィッチについては、ディズニー・シリーズドラマの「ワンダ・ヴィジョン」は見ておいた方が良いと思います。
イルミナティについても、ディズニー・シリーズドラマ「イフ」を見ると参考になります。
「HUTSLE ハッスル」 Hutsle
(監)ジェレマイア・ザガー(アメリカ)
(製)レブロン・ジェームス、マーベリック・カーター他(脚)テイラー・マターン、ウィル・フェッターズ(撮)ザック・マリガン(衣)ジョネッタ・ブーン
(美)ペリー・アンデリン・ブレイク(編)トム・コステイン、ブライアン・M・ロビンソン(音)ダン・ディーコン
(出)アダム・サンドラー、ファンチョ・エルナンゴメス、クイーン・ラティファ、ベン・フォスター、ロバート・デュバル、アンソニー・エドワード、NBAプレイヤー
<あらすじ>
フィラデルフィア・シクサーズのスカウトマンがスペインで見つけた逸材を連れ帰りますが、オーナーは彼を嫌っていて契約を断られます。
スカウトのための公式イベント「コンバイン」への参加も許されず、彼らはSNSで話題を作りなんとか参加権利の獲得します。
ところが本番で彼は敵の選手からの挑発に乗り、失敗してしまいます。帰国を覚悟した彼に最後のチャンスが巡ってきます。 
王道のスポーツ根性ものですが、「コンバイン」への参加を可能にしたのは路上バスケでの1ON1での対戦でした。
リングに当てれば50ドル、入れば1000ドルという賞金での勝負が話題になり、最後にはNBA選手まで挑戦に来ました。
このアイデアがグッド!久々のスポーツ映画の快作。
さらに映画に出てくる選手たちがほとんどNBA選手というのも試合を見ごたえのあるものにしています。
バスケットファンにはたまらない作品のはずです。 
「ビッグバグ」 BIGBUG
(監)(脚)ジャン=ピエール・ジュネ(フランス)
(製)フレドリック・ドニギアン、リシャ―ル・グランピエール(脚)ギョーム・ローラン( 撮)トマス・ハードマイヤー
(編)エルヴェ・シェネイ(音)ラファエル・ボー
(出)エルザ・ジルベルスタイン、イザベル・ナンティ、ステファン・ドゥ・グルート、クロード・ペロン、ユーセフ・ハイディ 
<あらすじ>
未来都市を管理するAIが突如ある一家を家に閉じ込めてしまいます。
なんとか家から出ようとしますが、外が危険すぎると出してくれません。
そんな中、古いパソコンで外部に助けを求めたことから管理ロボットが家に現れます。
そして、家宅捜索を開始し、違反品を発見、家族を逮捕すると宣言します。 
未来世界に残されたキッチュな遺物や本が楽しい!ブラックなユーモアも楽しい!
でも新しさがなかったなあ。 
「フォトコピー」PHOTOKOPIER (N) 
(監)(脚)レガス・バヌテジャ(インドネシア)
(撮)グンナル・ニンプノ(出)シェニア・シナモン、チック・クルニアワン、ジェローム・クルニア、ジュリオ・パレングアン 
<あらすじ>
演劇祭で優勝し京都でのアジア演劇祭に出場することになった劇団マタハリのパーティー。
そこに参加したウェブ担当の女子大生が酔っぱらった写真が流出したことで奨学金を取り消されることに。
なぜそんな写真が流出したのか?なぜ意識を失うまで酔ってしまったのか?
その原因を調べ始めますが・・・  
主人公にいまいち感情移入できないだけでなく悪役の方が魅力的なのが難点!
芸術のためなら、少々おかしなこともするでしょ?とは言わないまでもどうも説得力が足りない。
たぶんそれはこの作品がインドネシア映画(イスラム圏)だからなのかもしれません。
見ている日本人の価値観との違いが原因の可能性もあり、どちらが正しいという問題ではないかも? 
「プレデター ザ・プレイ」 PREY
(監)ダン・トレクテンバーグ(アメリカ)
(キャラ創)ジェームズ・E・トーマス、ジョン・C・トーマス(脚)パトリック・アイソン(撮)ジェフ・カッター(音)セーラ・シャクナー
(出)アンバー・ミッドサンダー、ダコタ・ビーヴァーズ、デイアン・ディリーグロ、ミシェル・スラッシュ
18世紀のアメリカ・グレートプレーンズに住むコマンチ族、バッファロー狩りの白人たち、そしてプレデター。
かなりストイックな戦闘バトルが展開します。背景となる大自然も美しい。
予想を超える展開はないものの、なかなか見ごたえのあるバトル・アクション映画にはなっています。
「平和の木々」 Trees of Peace(N)
(監)(脚)アラナ・ブラウン(アメリカ)
(出)エリアンヌ・ウムヒレ、シャーメイン・ビングワ、エラ・キャノン、トンガイ・キリサ 
1994年ルワンダで起きたフツ族によるツチ族の大虐殺は100万人の命を奪いました。
この事件で虐殺を逃れた4人の女性は、80日に渡り、地下の食糧庫に隠れていました。
ボランティアのアメリカ人、ツチ族の修道士、ツチ族のヤギをを育てる農家の娘、フツ族の穏健派で教師の妻。
それぞれのキャラクターが上手く描かれています。
オープニングから最後まで地下の狭い空間でドラマが展開する閉所ドラマの名作。 
「ホール~スタンドアップの偉大な先達たち~」 The Hall : Hororing the Greats of Standing-Up(ドキュメンタリー)(N)
(監)マーティ・コーナー Marty Callner(アメリカ)
(ホスト)Pete Davidson(プレゼンター)Dave Chappelle, Chalsea Handler, John Mulaney, Jeff Ross, Jo Stewart
(脚)Chuck Sklar, Jeff Ross(撮)Jay Lafayette(編)Michael D. Mike(PD)Joe Celli(音)Mix Master Mike(ビ―スティー・ボーイズ)
スタンドアップ・コメディアンの殿堂入りした4人への表彰イベント番組
ジョージ・カーリン George Carllin、ロビン・ウィリアムス Robin Williams、ジョーン・リバース Joan Rivers, リチャード・プライヤー Richard Pryor
ジョージ・カーリンの名言(レニー・ブルースと共にこの言葉のおかげで警察に逮捕された)
「クソ! Shit」「ションベン Piss」「ファック Fuck」「オマンコ Cunt」「コックサッカー Cocksucker」「マザーファッカー Motherucker」「オッパイ Tits」
「マーサ・ミッチェル - 誰も信じなかった告発 -」Martha Mitchell(ドキュメンタリー)(N)
(監)(編)アン・アルベルグ(アメリカ)
(P)ベス・レヴィンソン、ジュディス・ミズラヒ(EP)ジャミー・ウルフ(音)ネイサン・ハルペルン他(出)マーサ・ミッチェル
ニクソン政権の司法長官ジョン・ミッチェルの妻マーサ。彼女は他のお飾りの妻たちと違い歯に衣着せない発言でマスコミの人気者になります。
ニクソン政権の再選に向けた選挙運動の最中に民主党本部に侵入したニクソン再選運動の顧問が逮捕されます。
その犯人がミッチェルの名前を出したことで、夫がスケープゴートにされるを思った彼女は大統領こそが主犯と発言。
しかし、彼女の精神状態はおかしいとの情報が流出し、彼女の看病のために夫が政界を離れます。
彼女の発言は嘘とマスコミも判断することとになりますが・・・ 
「マン・フロム・トロント」 The Man From Toronto(N)
(監)パトリック・ヒューズ(アメリカ)
(脚)ロビー・フォックス、クリス・ブレムナー(撮)ロブ・ハーディ(音)ラミン・ジャバディ
(出)ケヴィン・ハート、ウディ・ハレルソン、ケイリー・クオコ、エレン・ナーキン、山下智久(マン・フロム・トーキョー) 
<あらすじ>
最強の殺し屋「マン・フロム・トロントMFT」が仕事の現場に来るはずが、先に現れたのはスポーツ・ジムの営業マン。
彼はなぜかMFTと間違えられてしまいます。そこに突入したFBIに彼は逮捕されます。
このまま間違えられたまま仕事を続けるようにFBIに指示されたところへ、本物のMFTが現れます。 
ウディ・ハレルソンだからこその役どころ。昔ならデニス・ホッパーでも良かったけど、おバカすぎて断ったかな。
まあ、おバカでご都合主義ではありますが、ここまでやれば楽しめます。 
「私ときどきレッサーパンダ」 Turning Red (アニメ)(D)ピクサー
(監)(脚)ドミー・シー(アメリカ/中国)
(製)リンジー・コリンズ(製総)ダン・スキャンロン、ピート・ドクター(脚)ジュリア・チョー(PD)ローナ・リウ(編)ニコラス・C・スミス
(音)ルートヴィッヒ・ヨーランソン(オリジナル曲)ビリー・アイリッシュ、フィニアス・オコンネル
(声)ロザリー・シアン、サンドラ・オー、エヴァ・モース、マイトレイ・ラマクリシュナン、ヘイン・パク
大人になりかけの中国系少女の変化をレッサーパンダへの変身として描いたアニメ・ファンタジー。
大人になる中で自分の中の「野獣」を飼いならすか?なかなか深い作品。 
「我らの罪を赦したまえ」 Forgiven Us Our Trespasses(短編)(N)
(監)(脚)アシュレイ・エーキン Ashley Eakin(アメリカ) 
(製総)ジェレミー・キップ・ウォーカー、フレア・ブルックス(製)アーロン・バーネット(脚)ショーン・ラバリング(撮)マイケル・ガルブレイス
(PD)オルグ・サヴィツキー(編)エリック・デック(衣)アン・ディクソン(音)アレックス・ウェストン
(出)ノックス・ギブソン、ハネケ・タルボット、ジャスティン・マダー
<エンディング>
1939年ヒトラーの指示によりT4作戦開始。これによりナチスにより、障害者30万人が殺害され、40万人が断種された。
その死は、ユダヤ人の虐殺に使われた「ガス室」の実験台ともなった。犠牲者の多くは子供たちで、その事実は忘れられつつある。
「その国のモラルは子供たちをどう扱うかでわかる」 とはドイツの哲学者、宗教家のボン・ヘッファーの言葉です。(映画冒頭より)
わずか14分の映画ですが、その重みは超大作並み!ずっしりと心に響くはずです。