偶然見つけた20世紀の音楽に関するベストものを集めてみました。
 僕はFM小樽で30分の番組を長くやっていたので、その中でこのランキングをネタに番組を作ったことがあります。例えば、「ギター・リフ特集」の時は、ランキング入りしている曲をかけた後、ゲスト・ミュージシャンの方にリフ部分を弾いてもらったりしました。これはなかなか面白い企画でした。

 ロック好き、ソウル好きの方なら、このランキングを肴に一晩飲み明かせるのではないでしょうか?もちろん、レコード・コレクターズの評論家の方々の好みが色濃く出ているので、異論を感じる方も多いかもしれません。
 オヤジばっかりで、今のミュージシャンがいない!
 ジャズ系ミュージシャンが忘れられているのでは?
 スタジオ・ミュージシャンの評価はもっと高くていいのではないか。
 まあまあ、あくまでも酒の肴だと思ってお楽しみ下さい。

 ベーシストやドラマーの名前は、有名なバンドでも意外に知らないものです。このランキングを見た後、改めてここに出ているミュージシャンが参加している曲を聴くと、きっと新鮮に聞こえると思います。

(追記)2012年10月
 新たにサンプリング・ネタについてのランキングを追記しました。やはりR&B、ヒップ・ホップ系がほとんどというのは、サンプリングがリズムの借用が中心だからなのでしょう。それにしても、ザ・ウィンストンズという地味なバンドのこと知ってました?なかなか面白いランキングですが、やはりジェームス・ブラウンは凄いですね。
歴代サンプリング・ベスト10 サンプリング・ネタ専門のサイト「Who Sampled」(イギリス)によるサンプリング・ネタ・ベスト10
(1)アーティスト(2)曲
ベスト・ギタリスト100 雑誌「レコードコレクターズ」の執筆者による20世紀のベスト・ギタリスト100選
ベスト・ベーシスト100 雑誌「レコードコレクターズ」の執筆者による20世紀のベスト・ベーシスト100選
ベスト・ドラマー100 雑誌「レコードコレクターズ」の執筆者による20世紀のベスト・ドラマー100選
(1)ベスト・ギターリフ 50 雑誌「Music Radar」が選んだギター・リフ50
(2)ベスト・ギターリフ 50 雑誌「Spinner」が選んだギター・リフ50
<歴代サンプリング・ネタ・アーティスト・ベスト10>
 (1) ジェームス・ブラウン James Brown(サンプリングされている回数はトータルで1976)
 (2) パブリック・エネミー Public Enemy
 (3) ラン・DMC Run-DMC
 (4) ザ・ウィンストンズ The Winstons
 (5) ファブ・ファイヴ・フレディ Fab 5 Freddy
 (6) リン・コリンズ Lyn Colins
 (7) ザ・ノートリアスBIG The Notorious B.I.G.
 (8) スリック・リック Slick Lick
 (9) マイケル・ジャクソン Michael Jackson
(10) エリック・R・&ラキム Eric R. & Rakim

<歴代サンプリング・ネタ曲ベスト10>
 (1) 「Amen,Brothers」 by The Winstons
(俗に「Amen Break」とも呼ばれているドラム・ソロのフレーズ。シドニー・ポワチエがアカデミー賞を受賞した名画「野のユリ」のテーマ曲のファンキー・カバーです。トータルで663曲にサンプリングされているらしいです。ウィンストンズは白黒混合のファンク・バンドでこの曲の録音は1969年です)
 (2) 「Change the Beat ( Female Version )」 by Fab 5 Freddy
 (3) 「Funky Drummer」 by James Brown
 (4) 「Think ( About It )」 by Lyn Colins
 (5) 「La Di Da Di」 by Doug E. Fresh
 (6) 「Impeach the President」 by The Honny Drippers
 (7) 「Funky President」 by James Brown
 (8) 「Synthetic Substitution」 by Melvin Bliss
 (9) 「Here We Go ( Live at the Funhouse)」 by Run-DMC
(10) 「Bring the Noise」 by Public Enemy

<レコード・コレクターズ(評論家)による20世紀ベスト・ギタリスト100>

 (1) ジミ・ヘンドリックス
 (2) ジェフ・ベック
 (3) チャック・ベリー
 (4) エリック・クラプトン
 (5) ジミー・ペイジ(レッドツェッペリン
 (6) キース・リチャーズ(ローリング・ストーンズ
 (7) ライ・クーダー
 (8) デュアン・オールマン(オールマン・ブラザースバンド
 (9) ロバート・ジョンソン(ブルース系)
(10) B・B・キング(ブルース系)

(11) ジェィムズ・バートン
(12) リッチー・ブラックモア(ディープ・パープル、レインボー)
(13) フランク・ザッパ
(14) デヴィッド・ギルモア(ピンク・フロイド
(15) リチャード・トンプソン(フェアポート・コンベンション
(16) ロリー・ギャラガー
(17) エイモス・ギャレット(ポール・バターフィールド、マリア・マルダー)
(18) T・ボーン・ウォーカー(エレクトリック・ギターをブルースに持ちこんだ元祖)
(19) ジェリー・ガルシア(グレイトフルデッド
(20) チェット・アトキンズ(エルヴィス・プレスリー、ジェリー・リードなどカントリー系)
(21) ピート・タウンゼンド(ザ・フー
(22) レス・ポール
(23) スティーブ・クロッパー(ブルース・ブラザースバンドオーティス・レディングブッカーT&MG’s・・・)
(24) カルロス・サンタナ(サンタナ
(25) エドワード・ヴァン・ヘイレン(ヴァン・ヘイレン)
(26) ローウェル・ジョージ(リトル・フィート
(27) クラレンス・ホワイト(ザ・バーズ
(28) ニール・ヤング
(29) デヴィッド・T・ウォーカー(マーヴィン・ゲイスティーヴィー・ワンダー、ジャクソン5、マリーナ・ショー)
(30) ポール・コソフ(フリー)

(31) コーネル・デュプリー(スタッフ、ダニー・ハサウェイ他)
(32) ジョージ・ハリスン(ビートルズ)
(33) スティーブ・ハウ(イエス
(34) マイク・ブルームフィールド
(35) エルモア・ジェイムズ(ブルース系)
(36) ノーキー・エドワーズ(ザ・ヴェンチャーズ)
(37) デレク・トラックス
(38) ロバート・フリップ(キングクリムゾン
(39) ハンク・マーヴィン(クリフ・リチャード)
(40) スティーブン・スティルス(C・S・N&Y他)
(41) デレク・ベイリー(インプロヴィゼーション・ギタリスト)
(42) マーク・ノップラー(ダイア・ストレイツ
(43) バート・ヤンシュ(フォーク・トラッド系)
(44) ウィルコ・ジョンソン(ドクター・フィールグッド
(45) クラレンス・ゲイトマウス・ブラウン(ブルース系)
(46) ブライアン・メイ(クイーン
(47) スティーヴィ・レイヴォーン
(48) ジミー・ノーラン(ジェームス・ブラウンのバック他)
(49) ジャンゴ・ラインハルト(ジャズ系)
(50) トーニー・アイオミ(ブラック・サバス)

(51) ロニー・ジョンスン(ルイ・アームストロングデューク・エリントンなどニューオーリンズ系)
(52) ジ・エッジ(U2
(53) ブラインド・ブレイク(ブルース系)
(54) デヴィッド・イダルゴ(ロス・ロボス
(55) リンク・レイ(アメリカのロック・ギターの可能性を広げた先駆者)
(56) カーティス・メイフィールド(ソウル系)
(57) ジェイムズ・テイラー
(58) ロジャー・マグィン(バーズ他)
(59) オリー・ハルソール(テンペスト)
(60) ディヴィ・グレアム(イギリスを代表するフォーク・エスニック系)
(61) トム・ヴァーライン(テレヴィジョン)
(62) ボー・ディドリー
(63) デヴィッド・リンドレー
(64) サニー・ランドレス(ジョン・ハイアット、マーク・ノップラーなどスライド・ギター)
(65) ジェシ・エド・デイヴィス
(66) ヒューバート・サムリン(ハウリン・ウルフ他)
(67) ズート・ホーン・ロロ(キャプテン・ビーフ・ハート
(68) ブライアン・セッツァー
(69) ロニー・ウッド(ローリング・ストーンズ、スモールフェイセス)
(70) ダニー・ガトン(カントリー・ロック系)

(71) ミック・テイラー(ブルース・ブレイカーズ、ローリング・ストーンズ)
(72) ロビー・ロバートソン(ザ・バンド
(73) レズリー・ウェスト(マウンテン)
(74) ロバート・ジュニア・ロックウッド(ブルース系)
(75) クリス・スペディング(ジョン・ケイル、ロキシー・ミュージックなどイギリスを代表するセッション・ギタリスト)
(76) ミック・ロンソン(ルー・リード他)
(77) ゲイリー・ムーア(シン・リジィ)
(78) ラリー・カールトン(フュージョン系)
(79) イングヴェイ・J・マルムスティーン
(80) ポール・マッカートニー(ビートルズ、ウィングス)
(81) ジョニー・マー(ザ・スミス
(82) ジム・ホール(ジャズ系)
(83) スティーヴ・ヴァイ(フランク・ザッパ、デヴィッド・リー・ロス他)
(84) ジョニー・ミッチェル
(85) ドック・ワトソン(フォーク系)
(86) ディック・デイル(デルトーンズ)
(87) ジョニー・ウィンター
(88) オーティス・ラッシュ(ブルース系)
(89) ジェイムズ・ブラッド・ウルマー(ジャズ・ファンク系)
(90) ロバート・クワイン(リチャード・ヘル、ルー・リード他)
(91) ドゥウェイン・エディー(エレキギター・インストの先駆者)
(92) エディ・ヘイゼル(ファンカデリック)
(93) デイヴ・メイスン
(94) トム・モレロ(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
(95) リンジー・バッキンガム(フリートウッド・マック
(96) ピーター・グリーン(フリートウッド・マック
(97) ジョン・フォガティ(CCR
(98) ジョン・マクラフリン(マイルス・デイヴィス、パコ・デ・ルシア、カルロス・サンタナ、アル・ディ・メオラ)
(99) アラン・ホールズワース(ソフトマシーン、ゴング他)
(100)ロイ・ブキャナン

<レコード・コレクターズ(評論家)が選んだ20世紀ベスト・ベーシスト100>
 (1) ポール・マッカートニー(ザ・ビートルズ、ウィングス)
 (2) ジェイムズ・ジェマーソン(モータウン黄金時代のハウス・バンド)
 (3) チャック・レイニー(NYのスタジオ・ミュージシャンとしてアレサ・フランクリン、サム・クックなどのバック・アップ。1970年代はLAでスティーリーダンのバックなど)
 (4) ジョン・エントウィスル(ザ・フー
 (5) ジャック・ブルース(クリームなど)
 (6) ドナルド”ダック”ダン(ブッカーT&ザ・MGズブルース・ブラザース・バンド
 (7) ジャコ・パストリアス(ウェザー・リポートなど)
 (8) ジョン・ポール・ジョーンズ(レッドツェッペリン
 (9) リーランド・スクラー(ザ・セクション、ジェームス・テイラーらのバック)
(10) アンディ・フレイザー(フリーなど)

(11) クリス・スクワイア(イエス
(12) ウィリー・ウィークス(ダニー・ハサウェイ、ジョージ・ハリスン、エリック・クラプトンなど)
(13) ジャック・キャサディ(ホット・ツナなど)
(14) フランシス・ロッコ・プレスティア(タワー・オブ・パワー
(15) ビル・ワイマン(ローリング・ストーンズ)
(16) ジョージ・ポーター・Jr(ミーターズなどニューオーリンズ系ファンク)
(17) リック・ダンコ(ザ・バンド)(ソロでの来日コンサートを中野サンプラザで見ました。渋かった)
(18) バーナード・エドワーズ(シック)
(19) ラリー・グレアム(スライ&ザ・ファミリーストーン、グラハム・セントラル・ステーションなど元祖チョッパー・ベース)
(20) ジェリー・ジェモット(キング・カーティス、B・B・キング、ラスカルズなどのバック)

(21) トニー・レヴィン(キング・クリムゾン
(22) キャロル・ケイ(ビーチボーイズ、モータウンのセッション)
(23) フィル・レッシュ(グレイトフル・デッド
(24) ブーツィー・コリンズ(ジェームス・ブラウンのバック、P−ファンク
(25) デヴィッド・フッド(トラフィック、ステイプル・シンガーズなどのバック、マッスル・ショールズのスタジオ・ミュージシャン)
(26) ジョン・ウェットン(キング・クリムゾン
(27) ギーザー・バトラー(ブラック・サバス)
(28) ダニー・トンプスン(ペンタングル、アイリッシュ・トラッド)
(29) チャールズ・ミンガスジョン・コルトレーンマイルス・デイヴィスジョニ・ミッチェル、ジャズ界の大御所)
(30) ウィリー・ディクソン(マジック・サム、マディ・ウォーターズなど、チェス・レコードの屋台骨的存在)

(31) ミック・カーン(ジャパン)
(32) グレッグ・レイク(エマーソン・レイク&パーマーキング・クリムゾン
(33) ビリー・シーン(デヴィッド・リー・ロス)
(34) ティム・ボガート(ヴァニラ・ファッジ、ベック・ボガート&アピス)
(35) ジョー・オズボーン(モンキーズ、ママス&パパスフィフス・ディメンションカーペンターズ、ダンヒル・リズム・セクション)
(36) レミー・キルミスター(モーターヘッド)
(37) ジャン・ジャック・バーネル(ストラングラーズ)
(38) アンソニー・ジャクソン(スティーヴ・カーン、矢野顕子など)
(39) アストン・バレット(アップセッターズ、ウェイラーズ、レゲエ・リズムの完成者、バレット兄弟)
(40) ピーノ・パラディーノ(ザ・フー、ジュリア・フォーダム)

(41) スティング(ポリス
(42) スティーヴ・ハリス(アイアン・メイデン)
(43) ジャー・ウォブル(パブリック・イメージ・リミテッド)
(44) クラウス・フォアマン(ジョン・レノン、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、ヨーコ・オノ)
(45) ゲディ・リー(ラッシュ)
(46) クリス・ヒルマン(ザ・バーズ
(47) チャーリー・ヘイデン(オーネット・コールマン、リヴェレーション・オーケストラなど、ジャズ界の大御所)
(48) パーシー・ジョーンズ(ブランドX、トンネルズ)
(49) フェリックス・パパラルディ(マウンテン)
(50) ブライアン・ウィルソン(ビーチボーイズ

(51) ノーマン・ワットロイ(イアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズ)
(52) ノーバート・パットナム(エリアコード615、エルヴィス・プレスリー、J・J・ケイルなど、カントリー系)
(53) カール・レイドル(デラニー&ボニー、デレク&ザ・ドミノス、レオン・ラッセルなどスワンプ・ロック系)
(54) ロン・カーター(ジャズ界のあらゆるアーティストからヒップ・ホップ界のトライブ・コールド・クウェストまで、大御所中の大御所)
(55) ウィルトン・フェルダー(クルセダーズ、スティーリー・ダン、マイケル・フランクス、ジョニ・ミッチェルなどフュージョン系)
(56) ヒュー・ホッパー(ソフト・マシーン
(57) ジョーイ・スパンピナート(NRBQ、キース・リチャーズなど)
(58) フリー(レッド・ホット・チリ・ペパーズ
(59) ケニー・グラッドニー(リトル・フィート
(60) ロジャー・ウォーターズ(ピンク・フロイド

(61) ポール・チェンバース(ジャズ系)
(62) ゴードン・エドワーズ(スタッフのメンバー、キング・カーティス、ジョー・コッカーなど)
(63) ヤニック・トップ(マグマ、プログレ・ジャズ系ロック)
(64) フェルナンド・ソーンダース(マハビシュヌ・オーケストラ、ルー・リードなどジャズ系)
(65) ハービー・フラワーズ(デヴィッド・ボウィなど)
(66) デイヴ・ホランド(ハービー・ハンコック、パット・メセニー、マイケル・ブレッカーなどイギリスのジャズ系)
(67) ジャマラディーン・タクーマ(オーネット・コールマン、ジェイムス・ブラッド・ウルマーなどジャズ・ファンク系)
(68) ジョン・ディーコン(クイーン
(69) ランディ・マイズナー(ポコ、イーグルス
(70) ロニー・ウッド(フェイセズ、ローリング・ストーンズ

(71) ウィル・リー(ロック、ポップ、ソウル、歌謡曲などあらゆるアーティストのバックを勤めたセッション)
(72) ジョン・マクヴィー(フリートウッド・マック
(73) チャールズ・ラーキー(キャロル・キングのザ・シティ、ジョー・ママなどポップ系セッション)
(74) フランク・フィールズ(リトル・フィートなどニューオーリンズ系)
(75) コリン・ホジキンスン(ホワイトスネイク、スペンサー・デイヴィス・グループ)
(76) ビル・マコーミック(クワイエット・サン、マッチング・モール)
(77) ジミー・ブラントン(デューク・エリントン、モダン・ジャズ・ベースの元祖)
(78) ロニー・レイン(スモール・フェイセス、フェイセズ)
(79) ジョウィ・ディマイオ(ブラック・サバス、ヘビー・メタル系)
(80) トム・ファウラー(フランク・ザッパ

(81) クライヴ・チャーマン(ジェフ・ベック
(82) フィル・チェン(ジェフ・ベック、ロッド・スチュアート
(83) フィル・ライノット(シン・リジー、ゲイリー・ムーア、リッチー・ブラックモア、スキッド・ロウ)
(84) ティミ・ハンセン(マーシフル・フェイト、キング・ダイヤモンド)
(85) ビル・ラズウェル(マテリアルのメンバー、ハービー・ハンコック、アート・リンゼイ、スライ&ロビー、ファンク、ロック、レゲエ、オールジャンル!)
(86) ノエル・レディング(ジミ・ヘンドリックス
(87) トミー・コグビル(エルヴィス・プレスリー、チャック・バリー、アレサ・フランクリン)
(88) ギャリー・セイン(ユーライア・ヒープ)
(89) ジーン・シモンズ(キッス)
(90) ジャック・マイヤーズ(バディ・ガイなどシカゴ・ブルース系)

(91) トミー・マクルーア(デラニー&ボニー、リタ・クーリッジ、アレサ・フランクリン)
(92) スコット・ラファロ(ビル・エヴァンス、スタン・ゲッツなどジャズ系)
(93) ロジャー・サトン(マーク=アーモンド)
(94) リチャード・ボナ(パット・メセニー、カメルーン出身のジャズ・フュージョン系)
(95) ロジャー・グローヴァー(ディープ・パープル、レインボー)
(96) レス・クレイプール(プライマス)
(97) ロイ・エストラーダ(マザーズリトル・フィート
(98) レイ・ブラウン(オスカー・ピーターソンソニー・ロリンズなどジャズ系)
(99) ボブ・ボーグル(ザ・ベンチャーズ)
(100)ロビー・シェイクスピア(ブラック・ウフルー、スライ&ロビー、レゲエから様々なジャンルへ進出)

<レコード・コレクターズ(評論家)が選んだ20世紀ベスト・ドラマー100>

 (1) ジョン・ボーナム(レッド・ツェッペリン
 (2) リンゴ・スター(ザ・ビートルズ)
 (3) キース・ムーン(ザ・フー
 (4) アル・ジャクソンJr.(ブッカーT&ザ・MG’sオーティス・レディング、サム&デイヴ、アル・グリーン、ウィルソン・ピケット)
 (5) アール・パーマー(ロイド・プライス、リトル・リチャード、ニューオーリンズ系)
 (6) ハル・ブレイン(ビーチボーイズエルヴィス・プレスリーママス&パパス、アソシェーション、フィフス・ディメンション、西海岸ポップスの大御所)
 (7) ビル・ブルーフォード(イエス
 (8) チャーリー・ワッツ(ローリング・ストーンズ)
 (9) ジンジャー・ベイカー(クリーム
(10) ジム・ケルトナー(デイヴ・メイスン、ジョージ・ハリスンジョン・レノン、ジョー・コッカー、ライ・クーダー、アティチューズ)

(11) バーナード・パーディー(アレサ・フランクリン、キング・カーティス)
(12) リヴォン・ヘルム(ザ・バンド
(13) テリー・ボージオ(フランク・ザッパ
(14) ジョーゼフ”ジガブー”モデリスト(ミーターズ、ニューオーリンズ系)
(15) ラス・カンクル(ジェームス・テイラー、ザ・セクションのメンバー)
(16) スティーヴ・ガッド(ステーィー・ダン、スタッフのメンバー)
(17) コージー・パウエル(ジェフ・ベック・グループ、レインボウ)
(18) ベニー・ベンジャミン(ジェームス・ジェマーソンとファンク・ブラザースとしてモータウンを支えた伝説的ドラマー)
(19) クライド・スタブルフィールド(ジェームス・ブラウン、60年代後半JB’sの中心メンバー)
(20) フレッド・ビロウ(エイセス、ブルース系)

(21) ジム・ゴードン(ジョニー・リヴァース、西海岸を代表するセッション・ドラマー)
(22) アンディ・ニューマーク(スライ&ザ・ファミリーストーン、ロン・ウッド、ロキシー・ミュージック
(23) イアン・ペイス(ディープ・パープル
(24) ロジャー・ホーキンス(ウィルソン・ピケット、トラフィック、ポール・サイモン、アレサ・フランクリン、マッシュショールズ系)
(25) カール・パーマー(エマーソン・レイク&パーマー
(26) スチュワート・コープランド(ザ・ポリス
(27) フィル・コリンズ(ジェネシス、ブランドX)
(28) ミッチ・ミッチェル(ジミ・ヘンドリックス、ジョージー・フェイム&ザ・ブルー・フレイムス)
(29) チェスター・トンプスン(マザーズ、ウェザー・リポート、ジェネシス)
(30) ジョン”ドランボ”フレンチ(キャプテン・ビーフハート

(31) サイモン・カーク(フリー、バッド・カンパニー)
(32) ジェフ・ポーカロ(スティーリー・ダンボズ・スキャッグス、TOTOのメンバー)
(33) デイヴィッド・ガリバルディ(タワー・オブ・パワー
(34) ロバート・ワイアット(ソフト・マシーン
(35) ハワード・グライムス(ハイ・リズム、ブルース系)
(36) バディ・リッチ(ジャズ系)
(37) リチー・ヘイワード(リトル・フィート
(38) デイヴ・マタックス(フェアポート・コンヴェンション
(39) ヤキ・リーベツァイト(カン)
(40) カーマイン・アピス(ベック・ボガート&アピス、ヴァニラ・ファッジ)

(41) トニー・ウィリアムズ(マイルス・デイヴィス、VSOP、ジャズ系)
(42) カールトン・バレット(ボブ・マーリーを支えたウェイラーズのリズムの要、バレット兄弟の弟)
(43) ケニー・バトリー(ボブ・ディランニール・ヤング、エリア・コード615のメンバー、カントリー系)
(44) ミキー・ハート(グレイトフル・デッド
(45) トム・アルドリーノ(NRBQ)
(46) マイケル・ジャイルズ(キング・クリムゾン
(47) エルヴィン・ジョーンズ(ジョン・コルトレーン、ジャズ系)
(48) オラシオ”エル・ネグロ”エルナンデス(サンタナ、ラテン系)
(49) デイヴ・グロール(ニルヴァーナ
(50) カルロス・ヴェガ(オリビア・ニュートン・ジョン、カリズマ、カントリー、ポップ、フュージョンなど)

(51) ニック・メイスン(ピンク・フロイド
(52) ニール・ピアート(ラッシュ)
(53) ケニー・アロノフ(ジョン・クーガー、1980年代以降のアメリカのセッション・ドラマー)
(54) ハーヴィー・メイスン(リー・リトナー、ハービー・ハンコック、フュージョン系)
(55) ジェイムズ・ギャドスン(マーヴィン・ゲイ、ビル・ウィザース、西海岸で活躍したモータウン系)
(56) スライ・ダンバー(ブラック・ウフルー、スライ&ロビー、1970年代から80年代にレゲエからロックまで活躍)
(57) ロジャー・テイラー(クイーン
(58) マックス・ワインバーグ(ブルース・スプリングスティーン
(59) ブライアン・ベネット(ザ・シャドウズ、クリフ・リチャーズ)
(60) ブライアン・ブレイド(エミール・ハリス、ジャズ系だがポップスにも進出)

(61) メル・テイラー(ザ・ベンチャーズ)
(62) バディ・ハーマン(エルヴィス・プレスリー
(63) サイモン・フィリップス(TOTO、マイケル・シェンカー・グループ、ジェフ・ベック、ホワイトスネイク、ザ・フー、ジェフ・ベックのバックで来日した時、見ました!)
(64) ジャック・ディジョネット(ビル・エヴァンスマイルス・デイヴィス、キース・ジャレット、チャールズ・ロイド、ジャズ系)
(65) サンディ・ネルスン(1960年代アメリカのドラマー)
(66) ロバート・ウィリアムズ
(67) ジョン・デンズモア(ザ・ドアーズ
(68) チャールズ・ヘイワード(クワイエット・サン、イギリス、カンタベリー派)
(70) ジョエル・オブライエン(キャロル・キングジェームス・テイラー

(71) スティーヴ・フェローニ(アヴェレイジ・ホワイト・バンドにも参加した黒人セッション・ドラマー)
(72) ビル・ウォード(ブラック・サバス)
(73) ジョン・ハイズマン(グレアム・ボンド、ジョン・メイオール、テンペストなどジャズ・ロック系)
(74) フィル”フィルシー・アニマル”テイラー(モーターヘッド)
(75) リキー・ファター(ザ・ビーチボーイズ)
(76) ジーン・クリスマン(エルヴィス・プレスリー、アーサー・アレクサンダー、アメリカン・スタジオのドラマー)
(77) デイヴ・ロンバード(スレイヤー、ファントマスなど、スラッシュ・メタル系)
(78) スモーキー・ジョンスン(ニューオーリンズ系)
(79) トリム
(80) アート・トリップV(フランク・ザッパキャプテン・ビーフハート

(81) バディ・サルツマン(フォーシーズンズ
(82) クリスチャン・ヴァンデ(マグマ、ジャズ・ファンク・プログレ系)
(83) フィリー・ジョー・ジョーンズ(マイルス・デイヴィスビル・エヴァンス、ウィントン・ケリーなどジャズ系)
(84) ジェリー・アリスン(バディ・ホリー
(85) ブッチ・トラックス(オールマン・ブラザースバンド
(86) トニー”サンダー”スミス(ルー・リード
(87) エド・グリーン(西海岸モータウン系)
(88) トパー・ヒドン(ザ・クラッシュ
(89) クリス・カトラー(ヘンリー・カウ)
(90) スコット・ロッケンフィールド(クイーンズ・ライクもしくはクイーンズ・ライチ)

(91) ジミー・カール・ブラック(マザーズ)
(92) リー・カースレイク(ユーライア・ヒープ、オジー・オズボーン)
(93) ビリー・コブハム(マイルス・デイヴィス、マハヴィシュヌ・オーケストラ、ジャズ・フュージョン系)
(94) ポール・ハンフリー(レス・マッキャンなどジャズ・フュージョン系)
(95) スタントン・ムア(ニューオーリンズ系)
(96) レオナルド・ヘイズ(Y&T)
(97) アート・ブレイキー(ジャズ系)
(98) マックス・ローチ(ジャズ系)
(99) ジャボー・スタークス(ジェイムス・ブラウン
(100)ピエール・ムーラン(ゴング)
Music Radarの読者が選んだ、ベスト・ギター・リフ・トップ50>
「Music Radar」はイギリスの音楽雑誌

 1 Jimi Hendrix "Voodoo Child"
 2 Guns N' Roses "Sweet Child O' Mine"
 3 Led Zeppelin "Whole Lotta Love"
 4 Deep Purple "Smoke On The Water"
 5 Derek And The Dominos "Layla"
 6 AC/DC "Back In Black"
 7 Metallica "Enter Sandman"
 8 The Beatles "Day Tripper"
 9 Nirvana "Smells Like Teen Spirit"
10 The Rolling Stones "(I Can't Get No)Satisfaction"

11 Black Sabbath "Paranoid"
12 Muse "Plug In Baby"
13 Van Halen "Ain't Talkin' 'Bout Love"
14 The Kinks "You Really Got Me"
15 White Stripes "Seven Nation Army"
16 AC/DC "Highway To Hell"
17 Led Zeppelin "Heartbreaker"
18 Black Sabbath "Iron Man"
19 Led Zeppelin "Black Dog"
20 Michael Jackson "Beat It"

21 The Beatles "Paperback Writer"
22 Jimi Hendrix "Purple Haze"
23 AC/DC "Whole Lotta Rosie"
24 Chuck Berry "Johnnny B Goode"
25 Metallica "Sad But True"
26 Led Zeppelin "Rock And Roll"
27 Guns N' Roses "Welcome To The Jungle"
28 Rage Against The Machine "Killing In The Name"
29 Ozzy Osbourne "Crazy Train"
30 Pantera "Walk"

31 Cream "Sunshine Of Your Love"
32 The Beatles "I Feel Fine"
33 Led Zeppelin "The Ocean"
34 Radiohead "Airbag"
35 Neil Young "Hey Hey, My My(Into The Black)"
36 Pink Floyd "Money"
37 The Rolling Stones "Start Me Up"
38 Megadeth "Symphony Of Destruction"
39 The Stooges "I Wanna Be Your Dog"
40 The Sonics "Have Love, Will Travel"

41 Muse "New Born"
42 Motley Crue "Dr. Feelgood"
43 Living Colour "Cult Of Personarlity"
44 Clutch "Profits Of Doom"
45 Queen "Tie Your Mother Down"
46 Red Hot Chili Peppers "Under The Bridge"
47 Jimi Hendrix "Foxy Lady"
48 Iron Maiden "The Trooper"
49 Manic Street Preachers "Motorcycle Emptiness"
50 The Beatles "Ticket To Ride"

<Spinner誌によるロック史における最も偉大な「ギター・リフ」ランキング>
「Spinner」はアメリカの音楽雑誌

 1 '(I Can't Get No) Satisfaction' Rolling Stones (1965)
 2 'Voodoo Child (Slight Return)' Jimi Hendrix (1968)
 3 'Iron Man' Black Sabbath (1970)
 4 'Heartbreaker' Led Zeppelin (1969)
 5 'Johnny B. Goode' Chuck Berry (1958)
 6 'You Really Got Me' The Kinks (1964)
 7 'Sweet Child o' Mine' Guns N' Roses (1987)
 8 'Back in Black' AC/DC (1981)
 9 'Money for Nothing' Dire Straits (1985)
10 'Enter Sandman' Metallica (1991)
11 'Day Tripper' The Beatles (1965)
12 'Sunshine of Your Love' Cream (1968)
13 'Rebel Rebel' David Bowie (1974)
14 'Hit It and Quit It' Funkadelic (1971)
15 'This Charming Man' The Smiths (1983)
16 '20th Century Boy' T. Rex (1973)
17 'Smoke on the Water' Deep Purple (1972)
18 'Layla' Derek and the Dominoes (1970)
19 'Look-ka Py Py' The Meters (1969)
20 'Funk 49' James Gang (1970)
21 'I Wanna Be Your Dog' The Stooges (1969)
22 'Boom Boom' John Lee Hooker (1961)
23 'Jessica' The Allman Brothers (1973)
24 'Walk This Way' Aerosmith (1975)
25 'Sing a Simple Song' Sly and the Family Stone (1968)
26 'Ain't Talkin' 'Bout Love' Van Halen (1978)
27 'Crazy Train' Ozzy Osbourne (1980)
28 'Seven Nation Army' The White Stripes (2003)
29 'House of the Rising Sun' The Animals (1964)
30 'Killing in the Name' Rage Against the Machine (1992)
31 'Le Freak' Chic (1978)
32 'Raining Blood' Slayer (1986)
33 'Smells Like Teen Spirit' Nirvana (1991)
34 'Mr. Tambourine Man' The Byrds (1965)
35 'Sharp Dressed Man' ZZ Top (1982)
36 'Ace of Spades' Motorhead (1980)
37 'Oh, Pretty Woman' Roy Orbison (1964)
38 'Life in the Fast Lane' The Eagles (1976)
39 'Teen Age Riot' Sonic Youth (1988)
40 'Sweet Home Alabama' Lynyrd Skynyrd (1974)
41 'Cinnamon Girl' Neil Young (1969)
42 'Beat It' Michael Jackson (1983)
43 'In-a-Gadda-da-Vida' Iron Butterfly (1968)
44 'The Trooper' Iron Maiden (1983)
45 'Feel the Pain' Dinosaur Jr (1994)
46 'Plug In Baby' Muse (2001)
47 'My Girl' The Temptations (1965)
48 'Dig Me Out' Sleater Kinney (1997)
49 'Girl U Want' Devo (1980)
50 'Alive' Pearl Jam (1991)

トップページへ