- 伊丹十三 Juzo Itami -

<異能の映画監督>
 伊丹十三は、1933年5月15日に京都で生まれています。本名は池内義弘。父親は戦前の日本映画界を代表する名監督、伊丹万作。(後に結婚するのが女優の宮本信子で、ノーベル文学賞作家、大江健三郎は彼の義理の弟にあたります)
 京都で学生時代を過ごした彼は、高校卒業後しばらくは商業デザイナーとして働き、1960年に俳優として大映に入社します。この時、大映の社長、永田雅一に芸名「伊丹一三」をもらいますが、翌年には大映を退社。退社後に、日本人俳優として「北京の55日」(1963年)や「ロード・ジム」(1965年)などのハリウッド映画に出演。その時の海外生活を中心に旅日記「ヨーロッパ退屈日記」を執筆。これが大きな話題となり、俳優としてよりも作家として注目される存在となります。
 1969年に芸名を伊丹十三(マイナスをプラスにした)と改め、その後は俳優だけでなく、エッセイスト、雑誌の編集者、CMやドキュメンタリー映像の制作など、様々な顔をもつマルチ・タレントとして大活躍するようになります。そうした様々な経歴の後、彼が映画監督として本格的なスタートを切るのは、1984年51歳の時でした。(1960年、彼は自主制作の短編映画「ゴム・デッポウ」を監督しています)

「お葬式」 1984年
(監)(脚)伊丹十三
(製)玉置泰、岡田裕
(撮)前田米造
(音)湯浅譲二
(出)山崎努、宮本信子、菅井きん、江戸屋猫八、財津一郎、大滝秀治

 デビュー作でありながら、その高い完成度はすでにベテラン監督作品レベルに達しており、キネマ旬報の年間べスト1や日本アカデミー賞最優秀監督賞など様々な賞を獲得。この映画の脚本は、彼が義理の父親(宮本信子の父)の葬式で喪主を務めた際に体験した様々な出来事を元に自らが書いたものでした。こうした実体験を基にした彼の脚本は、この後の彼の作品の多くにも共通するものでした。ちなみに、この映画の予想外の大ヒットにより多額の税金を支払うことになった彼はこの時の体験を基にして「マルサの女」の脚本を書くことになります。
 この映画の製作費の半分は、彼がコマーシャル制作に彼が関わっていたお菓子メーカー「十六舗」(高知県松山市)が出資してくれました。その会社の社長、玉置泰は、その後も彼の作品に製作者として参加し続けることになりました。

「タンポポ」 1985年
(監)(脚)伊丹十三
(製)玉置泰、細越省吾
(撮)田村正毅
(音)村井邦彦
(出)山崎努、宮本信子、役所広司、渡辺謙、安岡力也、桜金造、池内万作(伊丹監督の長男)

 第二作は、グルメとエロスに関する短編映画のオムニバスのような内容の作品でした。そのため、作品としての評価は低くいのですが、面白さと伊丹監督らしさはピカ一だと思います。グルメ・タレントとしての有名だった彼ならではの、「食」へのこだわりは、単なる「美食」としての「食」ではなく「生きるため」の「食」であり、B級グルメへのこだわりも表明する先駆的な作品でもありました。
 この映画のアメリカ(ほぼニューヨークなど都市部だけのことですが・・・)での大ヒットは有名ですが、アメリカでの日本食ブームが、寿司やてんぷらだけでなく、B級グルメのジャンルにまで広がって行くことになる背景には、間違いなくこの映画のヒットが関係しているのではないかと思います。

「マルサの女」 1987年
(監)(脚)伊丹十三
(製)玉置泰、細越省吾
(撮)前田米造
(音)本多俊之
(出)宮本信子、山崎努、津川雅彦、大地康雄、桜金造、室田日出男、松居一代、伊東四朗、大滝秀治

 やり手のヒロイン(宮本信子)を男中心の「業界」に潜入させ、その「業界」のウンチクを披露しつつ、正義の戦士として活躍させ、巨悪を倒させる。ある意味、分かりやすい「勧善懲悪」時代劇の現代版ともいえる新たなスタイルを確立したともいえるのが、この作品です。この映画の大ヒットは、ちょっとした社会現象ともいえるものでした。
 この映画以降、伊丹組ともいえるスタッフ&キャストたちの顔ぶれが固まり、その後も長くそのメンバーでの映画製作が続くことになります。あとは、そのテーマとなる異業種のターゲットを絞るだけだったといえます。

「マルサの女2」 1988年
(監)(脚)伊丹十三
(製)玉置泰、細越省吾
(撮)前田米造
(音)本多俊之
(出)宮本信子、津川雅彦、丹波哲郎、大地康雄、桜金造、益岡徹、マッハ文朱、三國連太郎、加藤治子、小松方正

 シリーズ第二作では、前作のラブ・ホテル経営者よりも手ごわい新興宗教の教祖や地上げ屋を相手に国税局査察官がやり合うことになります。敵が巨大になったことで、続編ではあっても、けっしてそのクオリティーは落ちなかったと言えます。

「ミンボーの女」 1992年
(監)(脚)伊丹十三
(製)玉置泰
(撮)前田米造
(音)本多俊之
(出)宮本信子、宝田明、大地康雄、村田雄浩、大滝秀治、三谷昇、伊東四朗、小松方正、中尾彬、矢崎滋、柳場敏郎、きたろう、ガッツ石松、三宅裕司

 当時、法改正により厳しい対応が行われるようになり注目を集めていたミンボー(民事介入暴力)を専門にあつかう弁護士(井上まひる)を主人公としたシリーズ第一作。ヤクザの排除に乗り出した名門ホテルのアドバイザーとなった主人公とホテルマンたちのヤクザとの攻防戦を描いた痛快娯楽作品。ラストにホテルマン全員がヤクザたちに立ち向かう姿は、黒沢明の「七人の侍」を思い出させます。娯楽作であると同時に感動の作品にも仕上がっていましたが、この映画が原因となり、彼は実際に暴力団員に襲われることになりました。しかし、闇の部分を刺激することの恐ろしさを社会に知らしめたこの事件をネタに彼は再び立ち上がります。
 日本の映画界は、もともと興行の世界がヤクザ社会と強く結び付いていました。そのうえ映画の世界では、長い間「ヤクザ」はヒーローとして扱われてきました。法律による規制が厳しくなったとはいえ、そうした過去の関係を一気に断ち切ろうとしている社会の動きへの見せしめとして彼は選ばれたのかもしれません。

「静かな生活」 1995年
(監)(脚)伊丹十三
(原)大江健三郎
(撮)前田米造
(音)本多俊之
(出)佐伯日菜子、渡部篤郎、今井雅之
 大江健三郎とその息子、光君との生活を描いた異色作。それまで彼が撮ってきた作品とはまったく異なるタイトルどうり「静かな生活」を描いた作品。襲撃事件のことを忘れるために作ったわけではないのでしょうが、・・・。僕は見逃しているのですが、彼がまだまだやり残していたことがあったことを証明している作品なのかもしれません。

「マルタイの女」 1997年
(監)(脚)伊丹十三
(製)玉置泰
(撮)前田米造ほか
(音)本多俊之
(出)宮本信子、西村雅彦、村田雄浩、江守徹、津川雅彦、高橋和也、名古屋章、山本太郎、益岡徹、三谷昇、宝田明、あき竹城、近藤芳正、隆大介
 「ミンボーの女」公開後にヤクザの襲撃をうけてケガを負った彼の実体験をもとにした作品。この映画の公開から3ヶ月後、彼は謎の死をとげます。その死には様々な疑惑があり、現在もなおいろいろな説が語られています。

 特に「ミンボーの女」公開後に彼を襲った山口組系暴力団の存在は、不気味です。さらに「マルサの女」のモデルになたとも言われる創価学会について、彼はその後も調査を続けていて、新たな作品の構想があったという話もあるようです。
 「マルサの女」でけでなく彼の死について語ること自体タブー視されている感じもあり、彼の死の裏には謀略、暗殺説が未だに囁かれ続けています。彼の死の瞬間、、もっとも彼が悔しかったこと、それは自らの死の真相を暴くサスペンス映画を撮り逃したことだったかもしれません。彼の作品についての評価はどうも低いし、はっきりしないそんな気がしてなりません。
 問題意識がある識者は、彼の作品は追及が中途半端だと不満を覚え、娯楽に徹することを求める多くの大衆にも中途半端に思えていたのだとすれば、非常に残念です。

映画関連のスタッフ   20世紀邦画劇場へ   トップページへ