逆境を越え、イラン映画を世界に発信した巨匠


- アッバス・キアロスタミ Abbas Kiarostami -
<イランから世界へ>
 アッバス・キアロスタミ Abbas Kiarostami は、1940年6月22日イランの首都テヘランに生まれています。家が裕福ではなかったこともあり、交番の交通課で働きながらテヘラン大学の美術学部に通って勉強しています。
 1960年、広告会社に就職し、CMの映像やグラフィック・デザインを担当。
 1968年、友人に誘われて共同で児童青少年知育協会に映画の製作部門を創設。そこから多くの質の高い映画が生み出されることになり、イラン映画の質を向上させることになります。(1994年に活動は終了しています)
 1970年、彼自身も短編映画「パンと裏通り」で監督としてデビューし、その後は子供向けの教育映画を中心に撮りながら、一般向けの長編映画を撮り始めます。
 1979年に起きた「イラン革命」により、イランは急激な保守化が進みます。そのため、映像表現への検閲が厳しくなり、その対象とはなりにくい子供向けの映画を撮ることでなんとか映画を撮り続けます。こうして「友だちのうちはどこ?」(1987年)や「ホームワーク」(1989年)が生み出されることになりました。これらの作品では、子供役以外でも素人を採用し、演技なしの自然な演技を引き出すことに成功しています。それはある意味イラン版のネオ・リアリズモともいえる試みだったといえます。
 1987年、日本で初めて公開されたイラン映画ともなった「友だちのうちはどこ?」は、世界各国で高い評価を受け、彼の名前は世界中に知られることになりました。政治、宗教的に厳しい状況だったイランにおいて、彼は国内だけでは公開が困難だったような実験的な作品でも海外での高い評価のおかげで可能になっていました。これは実に幸いなことだったといえます。
 
「クローズ・アップ」 1990年
(監)(脚)アッバス・キアロスタミ
(撮)アリ・レザ・ザリンダスト
(出)ホセイン・サブジアン、ハッサン・ファラズマンド、モフセン・マフマルバフ
 実際に起きた監督詐称事件を再現映像とドキュメンタリー部分を区別せずにまとめた実験的な作品。登場人物も実際の人物が演じていて、犯人になりすました監督はモフセ・マクマルバルが演じています。様々人々の映画への愛にあふれた作品。

「そして人生はつづく」 1992年
(監)(脚)アッバス・キアロスタミ
(撮)ホマユン・パイヴァール
(出)ファルハッド・ケラドマン、プーヤ・パイヴァール
 1987年に「友だちのうちはどこ?」でロケを行った地域が1990年に起きた大地震で大きな被害を受けました。地震の後、キアロスタミ監督はカメラと共にロケ地を再訪。当時の出演者たちの消息を訪ね歩きます。こうして被災地を巡りながらドキュメンタリータッチの映画を完成させました。
 カンヌ国際映画祭でロッセリーニ賞を受賞しています。

「オリーブの林をぬけて」 1994年

「桜桃の味」 1997年
(監)(脚)アッバス・キアロスタミ
(撮)ホマユン・パイヴァール
(出)ホマユン・エルジディ、アブドルホセイン・バゲリ、アフシン・バクタリ
カンヌ国際映画祭パルムドール受賞

 1995年、彼が書いた脚本の「白い風船」(1995年)はジャファール・パナヒ監督によって映画化され、カンヌ国際映画祭で新人賞、国際批評家連盟賞をもたらしています。
 1999年、「風がふくまま」でヴェネチア国際映画祭審査員賞受賞。
 2003年、小津安二郎へのオマージュ作品「5five- 小津安二郎に捧げる-」

 彼は世界各国で映画作家のためのワークショップを開催するなど、次世代の作家育成のためにも貢献しています。 

現代映画史と代表作へ   トップページへ