公民権運動の歴史

- 1942年~2020年 -


<人種差別との闘いの歴史年表>
 アメリカにおける人種差別との闘いである「公民権運動」の歴史を年表形式でまとめてみました。
 そこからそれぞれの事件について記したページへリンクしてあります。
 映画化されている事件も多いので、それらについても記しておきました。参考にして下さい!
1942年
3月 
人種平等会議(CORE)創立 
創設者はジェイムズ・ファーマー
1961年から始まる「フリーダム・ライド」の中心となった白人中心の社会運動組織
1947年
4月15日
黒人初のメジャーリーガー誕生 
ブルックリン・ドジャースからアフリカ系初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロンビンソンがデビュー。
彼の大活躍により、他の球団も積極的に黒人選手を獲得し始めることになります。 
映画「42 世界を変えた男」(2014年)
(監)ブライアン・ヘルゲランド(出)チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード 
1954年
5月17日
ブラウン判決
ブラウン対トピーカ教育委員会の裁判に決着。公民権運動の原点となった裁判です。
「我々は、公共教育の場における”分離すれども平等”の原則は成立しないものと結論する。
教育施設を分離させる別学自体が本質的に不平等だからである」
1955年
5月31日 
ブラウン二次裁判の判決 
8月28日  エメット・ティル少年殺害事件 
シカゴ在住の少年がミシシッピー州で白人女性に声をかけたとして、リンチされ殺された事件。
白人暴行殺人犯は無罪のなり、少年の母は殺された少年の顔を公開し、世界が衝撃を受けました。
1955年
12月~
1956年
12月 
モンゴメリー市バス・ボイコット運動 
アラバマ州モントゴメリー市で座席の人種による分離に抗議したローザ・パーマーが逮捕。
それに対する抗議のため、市民が市営バスをボイコットした事件。非暴力運動の成功例となった。
キング牧師がこの事件から全米の注目を集めることにもまります。
1957年
1月
南部キリスト教指導者会議(
が)設立 
モンゴメリーでのバス・ボイコット運動の成功を受けて、その中心のキング牧師が議長に就任した運動組織 
8月  リトルロック暴動 
アーカンソー州リトルロックのセントラル高校で人種統合の試みが実施。
9人の黒人生徒が入学。それに対し白人差別層が攻撃を行い、州軍が出動することになります。 
1959年
6月~
1963年
9月まで 
ヴァージニア州の人種統合に反対する公立高校の閉鎖続く 
人種統合の命令に反発し、ヴァージニア州プリンス・エドワード郡の公立高校が4年間閉鎖続く。 
1960年
2月 
「シット・イン運動」始まる 
ノースカロライナ州グリーンズボロで学生たちによる「黒人に食事を提供しない店」での座り込み始まる。 
4月  学生非暴力調整委員会(SNCC)創立 
「シット・イン運動」を組織化し全国に拡大するために設立された学生組織。
初代会長はマリオン・バリー。
ミシシッピー州で行われるフリーダム・サマーで中心的存在として活躍することになります。
1961年
5月
アメリカ南部への「フリーダム・ライド運動」始まる
人種差別による座席の分離などに抵抗するため白人と黒人が一緒にバスで旅をするデモ活動
連合組織評議会(COFO)設立 
ミシシッピー州で有権者登録運動を監督・推進するために設立された組織 
1961年
秋から
1962年夏まで
オルバニー運動 
ジョージア州オルバニーで行われた人種差別撤廃に向けた運動。
結果を残すことはできませんでしたが、この運動でSNCC、NAACP(黒人地位向上協会)は多くを学びました。 
1962年  有権者登録促進プログラム(VEP)発足 
9月30日  ジェイムズ・メレディスのミシシッピー大学入学 
黒人学生ジェイムズ・メレディスのミシシッピー大学入学に反対する白人暴動発生。
メレディスを守るため、州が軍隊を出動させることになりました。 
1963年
4月
バーミンガムで「プロジェクトC」開始
人種差別が激しい南部アラバマ州バーミンガムで行われた運動。
子供たちによるデモ行進、差別的な店での不買運動や座り込みの実施などが行われました。
6月 9日 ウィノナ・バスターミナル事件
ファニー・ルー・ヘルマー他公民権活動家たちが、ウィノナのバスターミナルで逮捕され、暴行を受ける。
彼らは、サウスカロライナ州での有権者登録のための研修会を開催した帰りだった。
6月12日 メドガ―・エヴァーズ殺害事件 
公民権運動活動家の中心人物が白人差別主義者により暗殺される。 
6月22日  公民権活動組織SCLCの分裂 
ケネディ大統領、司法長官らがキング牧師に対し、共産主義者のメンバーとの絶縁を要求。
ジャック・オデルらのメンバーがSCLC執行部を辞任し、運動の分裂が始まります。
8月28日 ワシントン大行進開催 
今や伝説的イベントとなったワシントン大行進。あのキング牧師の演説もこの日のことです。 
9月15日  バーミンガム教会爆破事件 
アラバマ州バーミンガムの16番街教会で爆破事件発生。
日曜学校に出席するため教会にいた少女4人が死亡。 
11月 2日~  「自由のための投票」実施 
ミシシッピー州の知事選挙に合わせ、COFOが模擬選挙を実施。
投票権を得られない人がどれだけいるか?その影響を明らかにする試みでした。 
11月22日 ジョン・F・ケネディ暗殺事件 
アメリカ大統領ケネディがダラスで狙撃され死亡。
彼が牽引していた公民権法の成立が危ぶまれる事態となる。
しかし、後任のリンドン・B・ジョンソンが意志を受け継ぎ、翌年に成立。
映画「LBJ ケネディの意志を継いだ男」(2016年)
(監)ロブ・ライナー(出)ウディ・ハレルソン 
1964年
1月 8日 
リンドン・B・ジョンソン大統領就任 
リンドン・B・ジョンソン大統領は「一般教書演説」において「貧困との戦い」を提唱。
人種問題と貧困問題に積極的に望むことを宣言した。 
2月25日 マルコムX、カシアス・クレイ、サム・クック、ジム・ブラウンがマイアミにて一晩を過ごす。
映画「あの夜、マイアミで」(2020年)
(監)レジーナ・キング(出)キングスレイ・ベン=アディル、イーライ・ゴリー  
4月  ミシシッピー自由民主党(MFDP)設立
黒人の代議員を選出しないミシシッピー州の民主党に対抗。
COFOが黒人の代議員を選出させるために設立した組織。
5月26日~
6月30日 
SCLCが中心となりフロリダ州セント・オーガスティンで抗議行動を大規模に展開。
運動に協力した多くのユダヤ教のラビが逮捕される事態となった。 
6月 ミシシッピー・フリーダム・サマー計画開始
「長く暑い夏 ロング・ホット・サマー」が始まる 
アメリカ南部の貧しい白人労働者たちを描いたウィルアム・フォークナーの小説「村」(1940年)。
それを原作にマーティン・リット監督が製作した映画の題名「The Long Hot Summer」(1958年)が元。
フリーダム・サマー参加メンバー3人が行くへ不明となる
ジェイムズ・チェイニー、アンドルー・グッドマン、マイケル・シュワーナー
7月 2日  公民権法成立 
これにより人種差別は憲法違反となったものの、法律の改正はまだこれからでした。
しかし、これが解決策とはならなかったことが、この後のアメリカの歴史で明らかになります。
8月 4日 3人のフリーダム・ライド活動家の遺体発見され、白人21名が犯人として逮捕される。
 映画「ミシシッピー・バーニング」(1988年)
(監)アラン・パーカー(出)ジーン・ハックマン、ウィレム・デフォー
8月 6日 ミシシッピー自由民主党の州大会開催 
8月24日~27日  アトランティック・シティで民主党全国大会開催 
10月31日~
11月 2日 
「自由のための投票」実施 
大統領選挙の直前3日前にCOFOが模擬選挙として実施。
11月 3日 アメリカ大統領選挙実施 
公民権法を成立させたジョンソンが大統領に当選し、ヒューバート・ハンフリーが副大統領に就任。
12月  マーティン・ルーサー・キング牧師がノーベル平和賞を受賞 
非暴力による人種差別撤廃運動の成功を称えての受賞。 
1965年
2月21日 
マルコムX暗殺される 
3月 7日  モンゴメリーへの平和行進 
最も人種差別が厳しい土地アラバマ州セルマからモンゴメリーへの平和行進開催。
警察による暴力による激しい妨害を乗り越えて成功。 
映画「グローリー 明日への行進」(2014年)
(監)(製)(脚)エヴァ・デュヴァネイ(出)デヴィッド・オイェロウォ、トム・ウィルキンソン 
6月~8月 有権者登録運動(SCOP計画)実際 
SCLCによる有権者登録を増やすための作戦。
白人大学生が中心となり、ミシシッピー州以外の南部6州で実施されました。
8月 6日  投票権法が成立 
8月11日  「ワッツ暴動」発生 
ロサンゼルス市のワッツ地区で人種暴動が発生。34名が死亡する大惨事となった。 
1966年
1月
マーティン・ルーサー・キング牧師が中心となり「シカゴ自由運動」始まる 
3月~夏  マリオン・バリーが主導する「DCに自由を運動」実施 
6月 5日  「恐怖に抗する行進」始まる 
テネシー州メンフィスからミシシッピー州ジャクソンまで。
しかし、翌日、運動の中心メンバーだったジェイムズ・メレディスが狙撃される。
6月16日 「ブラック・パワー宣言」 
ミシシッピー州グリーンウッドの集会でスト―クリー・カーマイケルが宣言。
ここから一部公民権運動の過激化が始まることになります。 
10月15日 ブラック・パンサー党誕生 
カリフォルニア州オークランドで暴力の使用を認める過激な運動組織が誕生。
1967年
4月4日 
マーティン・ルーサー・キング牧師、初めてヴェトナム戦争への批判を名言。
6月12日   ラヴィングVSヴァージニア州判決 
ヴァージニア州の異人種間結婚禁止法が違憲であるの決定下る。
映画「ラヴィング愛という名前のふたり」(2016年)
(監)ジェフ・ニコルズ(出)ジョエル・エガートン、ルース・ネッガ  
7月12日~17日  ニュージャージー州ニューアークで暴動発生 
7月23日~27日  「デトロイト暴動」発生 
ミシガン州デトロイトで警察官による黒人容疑者の殺害事件から大規模暴動が発生 
映画「デトロイト」(2017年)
(監)(製)キャスリン・ビグロー(出)ジョン・ボイエガ、ポール・オースター 
10月 サーグッド・マーシャルが黒人初の連邦最高裁判事就任
映画「マーシャル 法廷を変えた男」(2014年)
(監)レジナルド・ハドリン(出)チャドウィック・ボーズマン
1968年
2月29日
カーナー委員会報告
「我が国は、分離した不平等な二つの社会に分裂しつつある」と発表される。
4月 4日 キング牧師暗殺事件
マーティン・ルーサー・キング牧師が宿泊先のモーテルで射殺される。
全国125か所で暴動が発生。 
4月11日  公正住宅取引法成立 
住宅の取引における人種差別が禁止となった。
6月 5日  ロバート・ケネディ上院議員暗殺事件 
1969年
12月 
ブラックパンサー党フレッド・ハンプトンが就寝中に警察により襲撃・銃殺される。 
1971年
5月1日~3日
ワシントンDCでのメーデーに開催されたヴェトナム反戦の行進
アメリカ史上最多1万2000以上が逮捕される。
1973年  コロンビア特別区自治法が成立し、住民の選挙によって市長や市議会議員が選出されることになった。
1978年
6月28日 
バッキVSカリフォルニア州立大事件 
アファーマティブ・アクションに関する初の連邦最高裁判決下る。
100人中16人をマイノリティ枠とする入試選抜制度を違憲とした。 
1979年  アフリカ系のマリオン・バリーがワシントンDC市長に当選。
1991年まで務めた後、1995年から1999年にも市長として働いています。 
1981年  共和党のロナルド・レーガンが大統領に就任。アメリカの急速な保守化を進めます。
1986年
10月 
2期目のレーガン政権下、包括的なアパルトヘイト法が大統領の拒否権を乗り越えて可決。 
1991年
3月 3日 
ロドニー・キング暴行事件 
飲酒運転で逮捕された黒人男性ロドニー・キングが4人の警官に暴行を受けて事件。
事件を偶然撮影した人物が映像を公開し、全米に衝撃を与えた。
1992年
4月29日 
ロサンゼルス暴動
ロドニー・キングに暴行を加えた警察官の裁判が無罪判決となり、そこから暴動が発生。
58人が死亡し、1万1000人が逮捕される最悪の暴動に発展しました。 
映画「ロドニー・キング」(2017年)
(監)スパイク・リー(脚)(製)(出)ロジャー・グーンヴァ―・スミス 
ドキュメンタリー映画「LA92」(2017年)
(監)(編)ダニエル・リンゼイ、T・J・マーティン
2005年
6月21日 
3人のフリーダム・ライダーズ、チェイニー、グッドマン、シュワーナーを殺害した首謀者エドガー・キレン
長い裁判が結審し、80歳の被告に60年の有罪判決が下る。
8月  ハリケーン「カトリーナ」により、ニューオーリンズの黒人地区が大きな被害を受けました。 
2008年
11月 
バラク・オバマが黒人初のアメリカ大統領に当選。
しかし、これにより人種差別の撤廃が進むのではなく逆の動きが起きます。
ドキュメンタリー映画「13th 憲法修正第13条」(2016年)
(監)(製)(脚)エヴァ・デユバネイ(出)バラク・オバマ、ビル・クリントン 
2015年
6月15日 
エマニュエル教会銃乱射事件 
サウスカロライナ州チャールストンの教会で白人青年が黒人信者9人を射殺。
その裁判を前に被害者の一部が犯人を赦すと発言し、世界中を驚かせ、感動させた事件。 
2020年
5月25日 
ジョージ・フロイド殺害事件
「Black Lives Matter」運動始まる


<参考>
「平和の下で」
The Hands of Peace(2015年)
(著)マリオン・イングラム Marione Ingram
(訳)北美幸、袴田真理子、寺田由美、村岡美奈
小鳥遊書房

黒人解放運動の英雄と歴史へ   トップページヘ