2019年秋のお薦め映画(DVD)


- 2019年秋のお薦め -


<街ゼミ用のおすすめ映画>
 2019年10月第二回目の街ゼミ「あなたにお薦めの映画をご紹介」を実施しました。参加者は5名(40代から70代の女性)。(来年はあなたもどうぞ!)
 以下のリストは、参加者からのリクエストに合わせて選んだ作品集です。もちろん僕が最近見た中から厳選して選んでいるので絶対面白いはずです。
 なお参加者が後で見ることができないとだめなので、僕がいつも行っているTUTAYAさんに並んでいる中からおおよそ選びました。
 たぶんどこのTUTAYAさんなどレンタルの店で見つけやすい作品だと思います。
 それぞれ簡単な解説を書いているので参考にしていただければと思います。


<人生ドラマの名作>
 感動できる映画、人間ドラマの名作を教えてほしいというリクエストに答えたリストです。
 もちろん「お涙頂戴的」な映画は選んでいませんので、ご参考まで。
「リメンバー・ミー」
2017年
(監)リー・アンクリッチ(製)メキシコ(アメリカ)
アカデミー長編アニメ賞、歌曲賞受賞のアニメ映画
メキシコ(の霊界)を舞台に人生、死、家族について考えさせる感動作 
音楽も素敵です!
「人生はシネマティック!」
2016年
(監)ロネ・シェルフィグ(製) イギリス(デンマーク)
第二次大戦中、ダンケルクのエピソードを映画化しようと奮闘する映画人の物語
戦場とは別のところで行われたもうひとつの戦争
映画ファンにお薦めです!
あなたになら言える秘密のこと
2005年
(監)イザベル・コイシェ(製)スペイン
心に大きなトラウマを抱えた女性看護師と自殺未遂の男性の恋の物語
同じ監督の「死ぬまでにしたい10のこと」もお薦めの作品です。 
「アリー/スター誕生」
2018年
(監)ブラッドリー・クーパー(製)アメリカ
レディ・ガガの魅力全開ですが監督・主演のブラッドリー・クーパーも歌が上手い!
ジュディ・ガーランドの「スター誕生」のリメイクですが、下手なミュージカル以上に音楽映画です。
ベロニカとの記憶
2017年
(監)リテーシュ・バトラ(インド)(製)イギリス 
ジュリアン・バーンズのブッカー賞受賞作「終わりの感覚」を映画化
古いカメラ販売店を営む男性が別れた彼女との記憶を蘇らせ、その謎に迫ります。
謎解き映画としても楽しめます。
ルーム
2015年
(監)レニー・アブラハムソン(製)アイルランド /カナダ 
誘拐監禁された母親から生まれた少年、二人の脱走劇もスリリングですが、ドラマはそこから!
解放されてから家族が再生され、少年が成長する過程が感動的です。
 
わたしは、ダニエル・ブレイク
2016年
(監)ケン・ローチ(製)イギリス 
カンヌ・パルムドールを受賞した感動の人間ドラマです。ラストは泣けます。
シングルマザーと彼女を助ける失業中の高齢男性の心の交流を描いた感動作 
エデンより彼方に
2002年
(監)トッド・ヘインズ (製)アメリカ
50年代の巨匠ダグラス・サーク作品へのオマージュで差別問題も扱った名作 
最近では非常に珍しいノスタルジックで素敵な恋愛ドラマとしてもお薦めです。 
人生タクシー
2015年
(監)ジャファル・パナヒ(製)イラン 
タクシーの車載カメラを使ったドキュメンタリー風の人間ドラマ
映画を愛する人々へ、必見です! 
日本人には未知のイランという国に住む人々も見えてきます。 
「ドリーム」
2016年
(監)セオドア・メルフィ(製)アメリカ 
NASAの宇宙計画に関わった黒人女性たちの実録サクセス・ドラマ。
人種差別問題も扱いますが、爽やかな人間ドラマになっています。
「パターソン」
2016年
【監)ジム・ジャームッシュ(製)アメリカ
アメリカの古都パターソンの街とその街の詩人&バス・ドライバーの日常
幸せとは?詩とは?しみじみとしたいい映画です! 
「マイ・インターン」
2015年
(監)ナンシー・マイヤーズ(製)アメリカ  
シニア・インターン制度で偶然入社してきた場違いの社員(ロバート・デ・ニーロ)
しかし、彼の心配りは仕事とプライベート両方で問題を抱える女性社長(アン・ハサウェイ)を救うことに
女性監督らしい大人のための人生応援歌

<ニューヨーク&パリの映画>
 ニューヨーク、パリに言った気分になれる映画ということでお薦めしました。
ニューヨーク、アイ・ラブ・ユー
2008年
(監)ブレット・ラトナー他(製)アメリカ 
ニューヨークの街を背景に様々な愛の物語が展開するオムニバス作品
街の観光もでき、豪華な俳優陣も楽しめます。 
パリ、ジュテーム
2006年
(監)ガス・ヴァン・サント他(製)フランス 
パリを舞台にした恋の物語のオムニバス作品。
監督、俳優ともに豪華です。 
パリの街のいろいろな顔が見られます。

<家族ドラマの名作>
 最近めったに見られない「家族」が主役の映画のお薦めはないですか?というリクエストに答えました。
「ありがとう、トニ・エルドマン」
2016年
(監)マーレン・アデ(製)ドイツ  
人生に疲れたやり手のキャリア・ウーマンの娘
彼女が心配な悪ふざけ好きの父親はそんな娘を助けようとしますが・・・
感動のドイツ製人情コメディ映画  
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」
2005年
(監)ジョン・マッデン(製)アメリカ
天才数学者の娘が父の机から取り出したノート、そこに書かれていた数式の証明者は?
父と娘、家族の感動ドラマです。 
「レディ・バード」 
2017年
(監)グレタ・ガーウィグ(製)アメリカ 
サクラメントを舞台にした普通の少女の普通の家庭の物語
監督は「20センチュリー・ウーマン」のアビー役の女性!こちらもお薦めです!  
「ラースと、その彼女」
2007年
(監)クレイグ・ギレスピー(製)アメリカ 
アメリカ映画なのに、犯罪も悪者も出てこない異色の映画
人形を恋人と信じる青年と心優しき家族と街の人々の心の交流を描いた感動作 
シェフ 三ツ星フードトラック始めました
2014年
(監)ジョン・ファブロー(製)アメリカ 
アベンジャーズ・シリーズの俳優・監督によるハートフル・コメディ
料理は美味しそうですが、音楽がまた良い! 
父と子の心温まるロード・ムービーです。
マンチェスター・バイ・ザシー
2016年
(監)ケネス・ロナーガン(製)アメリカ 
小樽のような港町を舞台にしたアメリカ映画には珍しいホームドラマ
山田太一のドラマを見ているような素晴らしい家族の感動作品です。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
2011年
(監)スティーブン・ダルドリー(製)アメリカ 
ニューヨークの街が舞台の感動的な人間ドラマ
9・11同時多発テロ事件で父親を失った少年がその死を受け入れるまでの心の旅
 
「国際市場で逢いましょう」
2014年
(監)ユン・ジェギュン(製)韓国 
朝鮮戦争から現代への韓国の歴史を背景にした大河ドラマ
史実を織り交ぜながら家族の歴史を描いた実によくできた作品です! 
韓国版の「ALWAYS三丁目の夕日」
ガンジスに還る
2016年
(監)シュバシシュ・ブティアニ(製)インド 
ガンジス河のほとりバラナシにある「解脱の家」を舞台にした父と息子の物語
「人生」とは?「死」とは?を考えさせますが、重過ぎないのでお勧めです。
インド映画ですがミュージカルではありません。 


<歴史・戦争映画の名作>
 ダンナさんが歴史好きなので歴史・事件を扱った映画を紹介してほしいというリクエストに答えて選びました。
「ダンケルク」
2017年
(監)クリストファー・ノーラン(製)英米仏 
第二次世界大戦の行方を決めた撤退作戦を描いた歴史大作
リアルな戦場描写が迫力満点で、その背後のドラマも同時進行で実に丹念に描かれています。 
ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
2017年
(監)スティーブン・スピルバーグ(製)アメリカ 
ランド研究所から持ち出された政府の機密文書がアメリカの政界を揺るがした事件
政府からの圧力に負けずその暴露を実行したワシントン・ポストの戦い 
ベトナム戦争を終わらせたもう一つの闘い
グローリー/明日への行進
2014年 
(監)エヴァ・デュヴァネイ(製)アメリカ 
平等な選挙権を求めてアラバマ州セルマから州都モンゴメリーへのデモ行進を行う黒人たち
有名なキング牧師を主役とした実録映画ですが、控えめな演出が素晴らしい感動作です! 
「ブリッジ・オブ・スパイ」
2015年
(監)スティーブン・スピルバーグ(製)アメリカ 
アメリカ人弁護士がソ連のスパイとして逮捕された男の弁護をすることに。
スパイを死刑にすることが常識だった中、同じ人間として公平に対処する彼は批判を受けます。
そんな中、米軍偵察機がソ連上空で撃墜され、捕虜となったパイロットとスパイの交換交渉が始まります。
地味ながら社会派サスペンスの名作です。 
「スポットライト 世紀のスクープ
2015年
(監)トム・マッカーシー(製)アメリカ
アカデミー作品賞、監督賞受賞作
歴史ある街、ボストンのカトリック教会で長年行われていた性的虐待
その事実を暴露したボストン・グローブ紙の記者たちの戦いを描いた社会派映画の傑作 
トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」 
2015年
(監)ジェイ・ローチ(製)アメリカ
ダルトン・トランボの伝記映画であり、彼が犠牲となった「赤狩り」の悲劇を描いています。
しかし、映画は彼の戦いを前向きに明るく描いていて、予想外に楽しめます。
あの名作「ローマの休日」誕生秘話でもあり、映画ファンは必見です。 
「アルゴ」
2012年
(監)ベン・アフレック(製)アメリカ 
アカデミー賞作品賞、脚色賞、編集賞
1980年イラン米国大使館人質事件の裏話のリアルな映画化
架空の映画の撮影隊を送り込んで救出作戦を行うという嘘のような展開。 
「ウィンストン・チャーチル/
ヒトラーから世界を救った男」
2017年
(監)ジョー・ライト(製)イギリス  
アカデミー主演男優賞(ゲイリー・オールドマン)・メイクアップ賞
「ダンケルク」の裏話でもあるもう一つの第二次世界大戦
戦争で英雄となった英国首相チャーチルの伝記映画 
タクシー運転手~約束は海を越えて」 
2018年
(監)チャン・フン(製)韓国
光州事件を取材するドイツ人記者を乗せ、世界的スクープを運ぶことになったタクシー運転手
彼が光州で目にした軍による虐殺とそこからの脱出を迫力の映像で見せてくれます。
事実に基づく社会派娯楽アクション映画の傑作です! 
1987、ある闘いの真実
2017年
(監)チャン・ジュナン(製)韓国 
韓国における民主化運動が最も盛り上がった年。
警察による大学生の拷問死。それをもみ消そうとする国と明らかにしようとする人々。
韓国の歴史を変えた日々を見事に再現した社会派サスペンスの傑作です! 


<2000年代の日本映画>
 参加者の方からのリクエストは、2000年代前半の日本映画からお薦めを教えてほしいというものでした。
 アクション映画、スリラー映画以外からということでこんな感じで選びました。

EUREKA ユリイカ(2000年)
(監)(脚)(編)(音)青山真治(出)役所広司、宮崎あおい 
バスジャック事件の被害者がバスの旅に・・・
何のための旅なのか?長くて重い映画ですが、素晴らしい! 
「ピンポン」(2002年)
(監)曽利文彦(原)松本大洋(脚)宮藤官九郎(出)窪塚洋介、中村獅童、ARATA
日本の卓球が復活したのはこの映画と愛ちゃんのおかげ
原作、脚本、俳優どれもよく出来たスポーツ映画の傑作です!
「壬生義士伝」(2003年)
(監)滝田洋二郎(脚)中島丈博(出)中井貴一、三宅祐司、夏川結衣、佐藤浩市
現代的な視点から描いた幕末を舞台にした人間群像劇の最初の傑作。
中井貴一のまじめさがぴったりはまった異色の時代劇 
「ジョゼと虎と魚たち」(2003年)
(監)犬童一心(原)田辺聖子(脚)渡辺あや
(出)妻夫木聡、池脇千鶴、上野樹里
障害者役の池脇千鶴が最高の演技。どの俳優も輝いています。
悲しく美しい青春ラブ・ストーリーの傑作!
「茶の味」(2003年)
(監)(原)(脚)(脚)石井克人(ナレ)(出)和久井映見
(出)佐藤貴広、浅野忠信、手塚理美、三浦友和、樹木希林 
今見ると物凄いオールスター作品です。楽しく不思議な家族の物語
若かりし高橋一生、菊地凛子などを探すだけでも楽しい! 
、加瀬亮、庵野秀明、寺島進、岡田義徳、武田真治、草彅剛、
相武紗季、尾野真千子、松山ケンイチ、土屋アンナ、中嶋朋子・・・
「下妻物語」(2004年)
(監)(脚)中島哲也(原)嶽本野ばら
(出)深田恭子、土屋アンナ、宮迫博之、篠原涼子、樹木希林 
ジャパ二メーション風ゴスロリ耽美主義コメディ映画?の傑作。
中島ワールドはここですでに完成していました。 
「父と暮らせば」(2004年)
(監)(脚)黒木和雄(原)井上ひさし
(出)原田芳雄、宮沢りえ、浅野忠信
黒木監督による「原爆映画」の傑作。
原田芳雄と宮沢りえの魅力全開の作品。
浅野忠信の静かな魅力も印象的です。 
「花とアリス」(2004年)
(監)(プ)(脚)(編)(音)岩井俊二(撮)角田真一
(出)蒼井優、鈴木杏、木村多江、阿部寛、広末涼子、大沢たかお 
ラストの蒼井優のバレエの場面を観ていて、涙が出ました。
奇跡のような瞬間をとらえた最高の映像に感動。
映像と俳優と音楽と・・・すべての一体感は岩井作品ならではです。
「メゾン・ド・ヒミコ」(2005年)
(監)犬童一心(脚)渡辺あや(撮)蔦井孝洋(音)細野晴臣
(出)オダギリ・ジョー、柴咲コウ、田中眠 
田中眠の迫力とオダギリの魅力だけでも最高の作品です。
ちろん柴崎コウちゃんの魅力も全開です!
謎の男たちが住む家のお手伝いさんの奮闘記。
「紙屋悦子の青春」(2006年)
(監)(脚)黒木和雄(脚)山田英樹(原)松田正隆(撮)川上皓市(音)松村禎三
(出)原田知世、永瀬正敏、松岡俊介、本上まなみ、小林薫
黒木監督による戦争3部作はどれも素晴しい!(3作目)
原田知世がいよいよ大人の女性として名優の域に到達した作品です。
「嫌われ松子の一生」(2006年)
(監)(脚)中島哲也(原)山田宗樹(撮)阿藤正一(音)金橋豊彦
(出)中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之 
毒満載のミュージカル?、コメディ?人生賛歌?犯罪映画?
まあ見てからのお楽しみ・・・
「ゆれる」(2006年)
(監)(脚)西川美和(企)是枝裕和(撮)高瀬比呂志(音)カリフラワーズ
(出)オダギリ・ジョー、香川照之、伊武雅刀、真木よう子 
才色兼備の西川監督による毒満載のサスペンス心理ファミリー映画の傑作。
是枝監督にはできない世界はやはり女性ならではか?
「サイドカーに犬」(2007年)
(監)根岸吉太郎(原)長嶋有(脚)田中晶子、真辺克彦(撮)猪本雅三(音)大熊ワタル
(出)竹内結子、古田新太、鈴木砂羽、ミムラ、トミーズ雅 
竹内結子の魅力全開です!生意気な女子をやらせると本当に素敵です。
主人公の女の子も上手かったし、かわいかった。
「たみおのしあわせ」(2007年)
(監)(脚)(出)岩松了(撮)山崎裕(音)勝手にしやがれ
(出)オダギリ・ジョー、原田芳雄、麻生久美子、大竹しのぶ、小林薫、忌野清志郎 
家族ドラマなのにスリリングで予想不能な展開が面白い作品。
常連の「ふせえり」が出てこないと思ったらラストに石田えりが登場!
おまけにラストはあの名作映画のパロディー! 
「アフタースクール」(2008年)
(監)(脚)内田けんじ(撮)柴崎幸三(音)羽岡恵
(出)大泉洋、佐々木蔵之助、堺雅人、常盤貴子、田畑智子 
「内田ムービー」全開で楽しめます!
仕掛け満載で大どんでん返しが待ってます。
文句なしに楽しく、最低2回は見て細部まで楽しみたい作品です。  
「クライマーズ・ハイ」(2008年)
(監)(脚)原田眞人(原)横山秀夫(脚)加藤正人、成島出(撮)小林元(音)松村崇雄
(出)堤真一、堺雅人、尾野真千子、高島政宏、山崎努、田口トモロヲ  
気合の入った本格的な犯罪サスペンス映画。
娯楽映画であり、社会派映画でもあるバランスがとれた名作です。
やはり原作がいいのでしょう。 
ぐるりのこと。(2008年)
(監)(原)(脚)(編)橋口亮輔(音)Akeboshi
(出)木村多江、リリー・フランキー、倍賞美津子、寺島進、柄本明、安藤玉恵、加瀬亮  
裁判所で被告の似顔絵を書く専門画家と奥さんの物語。
様々な事件が起き、時代を映し出します。
長めの映画ですが、味わいのある名作です。 
「悪人」(2010年)
(監)(脚)李相日(原)(脚)吉田修一(撮)笠松則通(音)久石譲
(出)妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、塩見三省、樹木希林、柄本明  
俳優陣は皆名演技ばかりでした!
暗く悲しい犯罪映画、でもそこには生きる力が詰め込まれている、そんな映画です。
「本物の映画」を見たという気がしました。 
「モテキ」(2011年)
(監)(脚)大根仁(原)久保ミチロウ(撮)宮本亘
(出)森山未來、長澤まさみ、麻生久美子、真木よう子、仲里依紗、リリィ、満島ひかり  
文句なしに面白い!森山未来はいいなあ。
斬新なラブ・ミュージカル・コメディの傑作です。
それと四人の女子の魅力も全開!(長澤まさみ、真木よう子、仲里依紗、麻生久美子) 
桐島、部活やめるってよ(2012年)
(監)(脚)吉田大八(原)朝井リョウ(出)神木隆之介、橋本愛、東出昌大、大後寿々花  
朝井リョウのベストセラーを映画化
2010年代の高校生活を描いた青春映画の名作 
「横道世之介」(2012年)
(監)(脚)沖田修一(原)吉田修一(脚)前田司郎(撮)近藤龍人(音)高田漣
(出)高良健吾、吉高由里子、池松壮亮、伊藤歩、綾野剛、柄本佑、井浦新、江口のり子 
1980年代の東京を舞台にした青春ドラマ。
様々な人物が未来から振り返るかたちで「横道世之介」の人物像を浮かび上がらせます。
その後、活躍することになる役者の顔ぶれだけでも楽しい作品。ラストも見事です!
「ペコロスの母に会いに行く」(2013年)
(監)森崎東(原)岡野雄一(脚)阿久根知昭(撮)浜田毅(音)星勝、林有三
(出)岩松了、赤木春恵、原田貴和子、加瀬亮、竹中直人、原田知世、温水洋一  
 認知症の母親の介護をする漫画家・ミュージシャンの日々を追った実録映画。
重いテーマでありながら、けっして暗くならず、前向きにとらえているところが素敵です。
原作者の生き方がそのまま作品に現れ、監督の人間への信頼と愛が感じられる名作。 
「ニシノユキヒコの恋と冒険」(2014年)
(監)(脚)井口正己(原)川上弘美(撮)鈴木昭彦(美)清水剛(音)ゲイリー芦屋(歌)七尾旅人
(出)竹野内豊、麻生久美子、中村ゆりか、尾野真千子、木村文乃、成海璃子、本田翼 
いきなり主人公が死んでしまう展開。葬式に集まる元カノたち。その顔ぶれが実に豪華!
そんな女性たちに愛された主人公を演じるイケメン竹野内豊がさすがの存在感。
女性たちが夢見る理想の男性像を女性監督、女性原作者が描いた女性のための映画? 
バンクーバーの朝日」(2014年)
(監)石井裕也(脚)奥寺佐渡子(撮)近藤龍人(音)渡邉崇
(出)妻夫木聡、亀梨和也、高畑充希、佐藤浩市、石田えり、池松壮亮、宮崎あおい、鶴見辰吾 
バンクーバーの街を再現したオープンセットと美しい映像が素晴らしい!
さらに高畑充希、妻夫木らの演技がさらに素晴らしい。
悲劇の物語ではあっても、野球をやっている彼らの喜びがあれば救われる! 
きみはいい子」(2015年)
(監)呉美保(製)川村英巳(原)中脇初枝(撮)月永雄太(音)田中拓人
(出)高良健吾、尾野真千子、池脇千鶴、高橋和也、富田靖子、喜多道枝
我が街、小樽市を舞台に教育、児童虐待問題を描いた感動作。
喜多道枝さん他、子供たちも含めて素晴らしい存在感です。
厳しいお話が、途中からノンフィクションに変わり、救われ始めますが・・・。

トップページヘ