「戦争の親玉」
おい 戦争の親玉たち
すべての大砲をつくるあんたがた
死の飛行機をつくるあんたがた
大きな爆弾をつくるあんたがた
壁のうしろにかくれるあんたがた
デスクのうしろにかくれるあんたがた
あんたがたにいっておきたい
あんたがたの正体はまる見えだよ
こわすこと以外
なにもしたことのない あんた
あんたは おもちゃのように
俺の世界をもてあそぶ
俺の手に鉄砲をもたせ
俺の目からかくれるが
弾丸がとびはじめたら
まわり右して一目散

昔のユダのように
あんたはうそつきだます
世界大戦は勝つと
俺に信じこまそうとする
が あんたの目も
あんたの脳味噌も
俺の配水管の水のように
すけて見えるぜ

あんたが引き金をセットし
他人に引かせておいて
身をひいて見ている
死者の数がふえてくると
あんたは邸宅にかくれるが
若者の血は
体から流れ出し
泥に埋められてゆく

あんたは最悪の恐怖をふりまいた
この世に
子供を産むことの恐怖
まだ産まれず まだ名前のない
俺の赤ん坊をおびやかしている
あんたはあんたの血管の中の
血にも値しない

どこまでわかっているのか
支離滅裂にしゃべるくせにと
あんたはいうだろう お前は若い
あんたはいうだろう お前は学問がないと
だがたったひとつ俺にわかっっていることは
俺はあんたより若いけど
イエスさえぜったいに
あんたのやることを許しはしない

ひとつききたいことがある
あんたのお金はそんなにいいものか?
それがあれば許してもらえるのとでも
あんたは思っているのか
やがてわかるだろうよ
あんたの死が精算する時
あんたのもうけた金ぜんぶ積んでも
あんたの魂を買い戻せっこない

あんたが死ぬといい
あんたの死は近いぞ
そうしたらあんたの棺桶について行き
うすぐらい午後に
あんたが墓穴におろされ
死の床につくのを見とどける
そうしたらあんたの墓の上に立って
あんたが死んだことを確かめる

By Bob Dylan

    My Opinionのページへ   ボブ・ディランのページへ