小樽の商店街の移動と変遷100年史
<小樽の商店街の変遷>
 今年、小樽駅前の都通り商店街は、誕生100周年を迎えました。(現在の「都通り商店街」という名前は、1931年にアンケート投票によって選ばれました)
 今から100年前の1921年(大正10年)、小樽駅前の(現在の都通り地域)商店街に正式に「稲穂電気館通り商店街(稲電会)」と言う名前が付けられました。そして、それが「都通り商店街」の公式なスタートと考えられます。もちろん、それ以前にもすでに通りにはお店が一杯あったはずですが・・・。
 名前にある「電気館」というのは、1914年にオープンした映画館の名前です。(ちなみに1903年、浅草に出来た日本初の映画館の名前も「電気館」です)道内最大級のエンターテイメント施設としてオープンした「電気館」は小樽の娯楽の殿堂として、多くの観客を集め、その周辺に飲食店などの店が集まることになりました。電気館はその後、規模を縮小しますが、1982年まで営業を続けることになります。電気館の建物は、今も「ギンザ」が店舗として利用しています。
 それでは、ここから小樽の歴史をさかのぼり、商店街の変遷を振り返ろうと思います。
 小樽の街の歴史は、まるで生き物のように繁華街の中心が西から東へと少しづつ移動する歴史でもありました。

<小樽最初の繁華街>
 小樽の最初の繁華街は、さらに昔に別の場所に誕生していました。1880年、北海道初の鉄道が、手宮と幌内の間に開通。その始発駅となった手宮は、石炭の積み出し港の中心となり、そこに最初の繁華街が誕生することになりました。この時代の小樽は、石炭の積み出し港として「エネルギー産業」の中心地となって繁栄していたと言えます。

<小樽駅の誕生>
 1904年小樽駅が誕生します。最初にできた手宮線は石炭の運搬に使用され、それと平行する函館線は、小樽と道庁所在地、札幌とを結び、人の往来の中心は小樽駅になります。
 そうなると街の中心は、手宮から移動し初め、手宮から小樽駅寄りの色内が街の中心になります。そして、手宮、色内と駅を結ぶ通り、梁川通りが、新たな繁華街になって行きました。
 1909年には、日本銀行に小樽支店が開業し、北海道の金融の中心が色内に誕生することになります。
 1914年にヨーロッパで第一次世界大戦が始まり、その食糧難に対し、北海道からは大量の穀物が送られることになり、小樽の繁栄は膨大な富を生み出しました。その影響で色内の金融街は発展を続け、「アジア最大の金融街」となります。
 1924年、小樽に運河が誕生したのは、まさにそうした経済的絶頂期のことでした。

 前述のとおり、1931年にアンケート投票により、「都通り商店街」という名前となり、現在に至ります。その名前がつけられた頃には、すでに小樽駅の前に位置する商店街として街の顔になっていたようです。しかし、この後、商店街の発展にストップがかかります。第二次世界大戦へと続く戦争の始まりです。1941年に太平洋戦争が始まると、小樽は港があったこともあり、連合軍による攻撃の対象となります。
 1945年、小樽駅前の商店街に対し、爆撃による火災が全市に広がらないため、店舗に対し取り壊し命令が出されることになりました。幸い取り壊しを前に終戦となり、商店街は取り壊しを免れました。
 当時、すでに梁川通りに店を出していた鈴木洋品店も、戦況の悪化により、商売が続けられなくなり、爆撃を避けるためもあり、蘭越町に疎開していました。

<戦後、高度経済成長期へ>
 1945年に戦争が終わると、すぐに経済の復興が始まり、駅前の商店街は現在の梁川商店街側も都通り側も、共に賑やかさを取り戻します。この後は、高度経済成長の波に乗り、商店街は大きな発展を遂げます
 1966年には道内で二番目となるアーケードが完成。都通りは小樽市内一番の中心商店街となります。
 当時は、都通りに大国屋デパート、その隣のサンモール一番街には、丸井今井とニューギンザ、二つのデパートがありました。その後、現在のドン・キホーテの場所にスーパー長崎屋がオープンすると駅から札幌寄り、都通り商店街側が完全に街の商業の中心となりました。
 その間、石炭の重要性は失われ手宮線の重要性も失われます。それにより、小樽は石炭積み出し港から道内商業の中心地へと役割が変わることになります。この間、南小樽駅周辺には多くの問屋が集中することになりました。
 ただし、商業都市としての小樽の発展は道庁が札幌にでき、そこに多くの企業本社が集中するようになり、終りを迎えることになります。1960年代以降、少しづつ小樽は斜陽の道を歩むことになりました。そして急激な斜陽化は、、街に大きな遺産となる小樽運河や倉庫群などの歴史的建造物を残してくれました。
 1980年代以降、少しづつ小樽の街は、観光都市として注目されることになります。

<マイカル小樽開業と観光都市小樽>
 観光都市として新たな姿を見せ始めた小樽の街に大きな変化が訪れます。
 1999年、JRの車両倉庫や積み出し港だった場所、小樽築港に巨大商業施設マイカル小樽が誕生。(現在のポスフール小樽)
 小樽市内の商店街の売り上げは半減。多くの店がその後、閉店を余儀なくされます。
 この時期、小樽の繁華街の中心は小樽の東に位置する築港地区に移動していたと言えます。

 ただし、この頃、小樽の観光は栄町通りと寿司屋通りを中心に海外からも観光客が訪れる時代に突入。その影響で、小樽市内全体に観光スポットが誕生し、その波及効果で一般の商店も利益を生み出せるようになります。こうして、小樽の新たな商業の中心として、栄町通りと寿司屋通り周辺が登場することになりました。
 観光の発展によって、小樽の繁華街は町全域に広がることになったとも言えます。これは街にとって、理想的な展開だったかもしれません。

<日本近代史の縮図>
 こうして、小樽街の歴史を振り返ると、その流れは日本全体の近代史を象徴していることに気づかされます。
 エネルギーの変化、モータリゼーションの発展、社会の年齢構造の変化、工業から観光への産業の変化などは、日本全体と共通する変化です。小樽市民は、100年かけてそうした変化を体験してきたわけです。
 小樽の港もまた同じように時代と共に変化を遂げています。
 エネルギー輸出港、ニシン漁の漁港、穀物輸出港、ロシアとの貿易港などの役目を果たした小樽港は、一時は役割を終えたかに見えましたが、観光都市小樽の表玄関として再びクルーズ船が訪れる港になりました

<新型コロナ以後は?>
 2020年、新型コロナ・ウィルスの影響で観光客の流入がストップ。これにより、観光小樽の経済は一気に崩壊の危機に陥りました。
 観光依存が強かった地域、店舗ほどその影響は大きく、栄町商店街は特に大きな売り上げダウンとなり、一時はほとんどの店が休業状態となりました。
 そんな中、都通り商店街は観光への依存度が低かったこともあり、閉店に追い込まれる店も少なく、なんとか危機を回避することができました。
 実は以前から、都通りには観光の店が少ないことを指摘する人は多く、もっと誘致をしては?と言われてきました。(寿司屋、ガラス工房も、土産物店もない)
 しかし、その点については、都通りの店主の多くには、狙いもありました。
 1990年代にマイカル小樽がオープンした時期から、都通り商店街は近隣の後志管内と小樽市民をお客様のターゲットし、それプラス札幌などの道央圏の主婦層に狙いを定めようと話し合ってきました。観光への偏りは、いつどうなるかわからないという思いは共通認識としてありました。
 実は、それ以前にも小樽では、ロシアから来る船員、漁業関係者が爆買いをする「ロシア・ブーム」もありましたが、それは一時的なものでした。海外からのお客さんに頼っても、それはいつどうなるかわからないと考えていました。
 その意味では、今回の新型コロナ禍の現状もまた良き教訓になりそうです。
 今後、小樽の人口は減り続けることになり、車を持たない高齢者が増え、街の中心部に自然に人口が集中することになりはずです。商店街はそうした変化にも対応して行く必要があります。その対応ができる商店街になることで、また新たな街の歴史が生まれると思います。

トップページヘ