- ネルソン・マンデラ Nelson Mandela (後編) -

<刑務所生活の始まり>
 1962年8月5日、故国にもどった彼はすぐに逮捕され、ジャハネスバーグ刑務所に収監されます。しかし、家族だけでなく彼を支持する人々から引き離す必要性から、政府は彼をプレトリアの刑務所に移送します。
 すぐに彼に対する裁判が始まりますが、再び彼は自ら弁護を担当。判決を前にして、彼は次のような訴えをしています。

「・・・告発された罪に対し、裁判長がどんなに長い刑を申し渡されたとしても、その刑期が終了したとき、わたしはやはり、人間が常にそうであるように、自分の良心に従って行動するでしょう。出所したあとも、わが民衆に対する人種差別への憎しみにつき動かされて、そういう不正を取り除くための闘争に再び加わり、差別の根絶に向けて、力のかぎり闘うでしょう。・・・・・わたしは、わが民衆と南アフリカに対して、自分の義務を果たしてきました。自分が無罪であることを、そして、ほんとうにこの法廷に引き立てられるべき犯罪者は、政府の面々であると、いずれ立証されることを、わたしは疑いません。・・・・・」

 この裁判の判決は、執行猶予なしの懲役5年となり、ここから彼の長い長い刑務所での生活が始まることになります。

 1963年、政府の右傾化を象徴するようにこの年、司法大臣に極右の政治家ジョン・フォルスターが就任します。彼の元で政府は「九十日拘留法」を成立させ、これにより警官は逮捕状なしで怪しい人物を拘禁できるようになりました。しかし、この法律に対抗するように反政府組織によるテロ行為が多発するようになり、政府はマンデラ脱獄の可能性を恐れて、重要な人物たちを海に浮かぶロベン島にある刑務所へと移送します。そして、この間に政府はマンデラら反政府活動家たちを、政府転覆を企てた反逆者として再び告訴します。10月9日に始まったその裁判で、彼らがもし有罪となればいよいよ死刑の可能性も高いと予想されました。この裁判は後に「リヴォニア裁判」と呼ばれることになります。しかし、この自らの命がかかった裁判で、彼は自らの弁護をするのではなく、自分の見解を自由に述べることを選択します。そして、こう述べました。

「わたしたちは最初から、この裁判を、法律による裁きの場ではなく、信念を世に広く知らせる場として利用する方針を、明確に打ち出していた。例えば、破壊活動に携わったという容疑を否定しない。わたしたちの一部が非暴力路線に背を向けたことを否定しない。刑罰を逃れたり、軽くしたりすることに関心を向けず、ただ、この裁判によって、わたしたちの闘いの大儀を強固なものにするだけを、身を犠牲にしてやりとげるつもりだった。」

 1964年6月12日、「リヴォニア裁判」の判決が下ります。判決は終身刑でした。世界中の世論が、マンデラ側についたこともあり、裁判官は彼に死刑宣告をすることはできませんでした。しかし、この裁判でもし、彼に死刑判決が下っていたとしても、彼は控訴しないと決めていたといいます。それは、命惜しさに妥協するよりも、素直に死を受け入れて殉教者となることで、運動の盛り上がりを演出しようと彼が考えたからでした。こうして、彼は再び脱出不可能な監獄、ロベン島に戻されました。
 こうして始まった刑務所での生活について、彼はこう語っています。

「すべての囚人にとって、とくにすべての政治囚にとっての課題は、どうやって刑務所になじまずにいられるか、どうやって意欲の衰えない状態で出所するか、どうやって自分の信念を保ち、それを切り崩されないようにするか、戦略を立てなくてはならない。刑務所は、人間の意気をくじき、決心を打ち砕くように作られている。その目的を果たすため、当局はこちらのあらゆる弱みにつけ込み、あらゆる行動の芽を摘み取り、あらゆる個性の表れを打ち消そうとする。すべては、囚人ひとりひとりの人間性や自分らしさを踏みにじろうという発想にもとづいているのだ。・・・・・」

 こうした思いの持ちながら、彼は刑務所内の待遇改善を求め、様々な抗議運動を刑務所内でも展開します。しかし、そのどれもが上手くいったわけではありませんでした。そうした活動をする中で、彼は権力とその元で働く普通の人々との関係に気づいたといいます。どうすれば、権力側に所属する普通の人々の心をつかむことができるのか?こうした刑務所内での経験は、後の彼の政治家としての手法にも大きな影響を与えることになります。

「・・・ロベン島に変革をもたらすのにいちばんいい方法は、公式にではなく、個人的に、職員たちを感化していくことだった。わたしはときどき、刑務所の職員たちと気安く接しすぎると非難されたが、待遇の改善と引き換えに、その非難を甘んじて受け入れた。」

 この年、マンデラらの大物活動家の裁判に続き、「小リヴォニア裁判」と呼ばれる裁判が行われ、有罪とされた数多くの政治犯が入所することになりました。その多くは彼よりも若いメンバーで、MKのメンバーでしたが、それ以外にもギャング団のメンバーだった若者たちも数多く入所。マンデラは、こうした若者たちとも関わりをもつようになります。

<「ソウェト蜂起」と混乱の南アフリカ>
 1967年、ノーベル平和賞も受賞したANCの元代表ルツーリ首長が死去。平和的な反政府活動の中心人物の死が時代の変化を象徴していたかのように、反政府活動はより過激さを増してゆきます。MKは南アフリカ国内だけではなく、同じように白人に支配され続けていた隣国のジンバブエでの反政府活動にも参加し、そこでの戦闘にも参加するようになります。
 同じ頃、ロベン島の刑務所内ではANCの内部組織が密かに設立されていました。そこでは獄中における政策だけが討議・決定され、囚人たちの不満を集め、ストライキやハンガーストライキの実施や食事の内容、郵便、面会などの改善についての要求が話し合われました。ただし、刑務所外の問題については、正確に問題点を把握することが困難なこともあり、外部のメンバーに判断をゆだねることに決められていました。

 1969年、それまで厳しかった刑務所内部の待遇が急激に改善され始めます。それは外部の社会状況が変化しつつあることを反映していたと考えられます。

 1971年、反逆罪で逮捕されたMKの若者たちが次々にロベン島に送られてきます。彼らの多くは、バンツー教育法のもとで、教育を受けることなく育ったきた子供たちでした。そのため、、マンデラらの首脳陣は若者たちのために教育機関を組織します。そこで若者たちが学んだのは、英語、アフリカーンス語、美術、地理、数学などの学問に加え、南アフリカにおける解放運動の歴史や「マルクス主義」、「インドの独立闘争史」などでした。
 彼が自伝の執筆を始めたのも、ちょうどこの頃でした。しかし、この当時最初に書かれた回想録は刑務所内から持ち出す前に発見されてしまい、一部が持ち出しに成功したものも結局失われてしまいました。

 1976年、国民党の閣僚シミー・クルーガーがロベン島を訪問。マンデラに対し、刑期を短くする代わりに、バンツースタン政策に協力するように懐柔策を提案します。しかし、マンデラはそれを拒否。この提案は、政府が追い込まれつつあることを自ら証明したことでもあり、ANC側にとって事態が変化しつつあることを示す事件でもありました。
 1976年6月16日、ジョハネスバーグの黒人居住区ソウェトで15000人の中学生が、学校でアフリカーンス語を強制されることに対し抗議の運動を起こしました。ところが、その抗議行動に対し警察が発砲。多くの子供たちが命を落としてしまいます。この事件は、後に「ソウェト蜂起」と呼ばれることになり、その後全国で暴動が発生し国内は大混乱になります。そして、この事件で逮捕された若者たちの多くもまたロベン島に送られてくることになりました。そして、彼らにもマンデラは彼らの知らないANCの歴史を伝えると同時に、テロ活動や戦闘だけでは問題が解決されないことを教えてゆくことになります。

<時代の変化>
 1977年、刑務所内での強制的な肉体労働が廃止されます。そのため、彼は独自に身体を鍛えるようと、様々な運動を始めます。(ロードワーク、テニス、畑を作っての農作業など)
 1979年、刑務所内でのアフリカ人、カラード、インド人の食事が同じ内容に統一されます。
        マンデラは、インド発の世界的な平和賞ジャクラル・ネール人権賞を受賞。
 1980年、刑務所内で新聞の購読が可能になりました。
 1980年3月、「ジョハネスバーグ・サンデー・ポスト紙」に「マンデラに自由を!」という見出しが登場。それまでは、絶対に掲載が許されなかったANCに関する記事が新聞に載ったことにより、一気にマスコミの論調が変わり、マンデラ釈放運動がマスコミを通じて広がりをみせ始めることになります。ANCはこの状況を利用し、「Free Mandela ! フリー・マンデラ!」キャンペーンを世界規模で展開してゆきます。日本人の多くはこの時期に彼の名前を知ったといえます。

 1981年、ロンドン大学で行われた名誉学長選挙においてマンデラが候補となり、エリザベス女王と争った末、僅差で敗れる。

 1982年、マンデラは、ロベン島の刑務所からポールスムーア刑務所へと移送されます。そこはケープタウン近郊で面会の便もよく、環境もさらに改善されました。しかし、同じ頃、MKの武装闘争はさらに活発化しており、南アフリカの軍隊との衝突事件も起き、事態は最後の危機的状況となりつつありました。

 1984年、刑務所で21年ぶりに妻のウィニーと同じ部屋で面会。21年ぶりに、二人はお互いの体に触れることができました。
 1984年、ANCも含めた様々な団体からなる反アパルトヘイト組織「統一民主戦線 UDF」が誕生。(労働組合、地域団体、教会団体、学生連盟などが所属)その中心人物の一人、デズモンド・ツツ主教がノーベル平和賞を受賞しています。

 1985年、当時の大統領P・W・ボタからANCに対して、以下のような提案がなされました。
「政治的な道具として暴力を用いることを無条件に放棄するなら、マンデラを釈放する」
 それに対し、彼は自らのメッセージを送り、UDFの集会において娘のジンジに代読させました。

「・・・・・民衆の組織が活動を封じられたままだというのに、わたしがどんな自由を受け取れるというのでしょう?・・・・・愛する妻がブランフォードへ流刑になったままだというのに、わたしがどんな自由を受け取れるというのでしょう?・・・・・自由な人間だけが、交渉をすることができます。囚人は契約を結ぶことができません。・・・・・わたしと皆さんが、すべての民衆が自由でないのなら、わたしはなんの約束もできませんし、するつもりもありません。皆さんの自由とわたしの自由は切り離せないのです。わたしはかならず、皆さんのもとに帰ります。」

<釈放へ>
 1986年、元オーストラリア首相マルコム・フレイザー、ナイジェリアの元指導者オルセグン・オバサンジェラなど国際的な賢人たち7人が調査のために南アフリカを訪問。彼ら「賢人グループ」とマンデラの面接も実現。そこで彼は、いよいよANCと政府が直接交渉を行う時期が訪れたと彼らに訴えました。
 1986年、アメリカで反アパルトヘイト法が成立。
 1987年、北欧3国が対南ア貿易禁止法を制定。これらの制裁措置は世界中に広がりをみせることになり、南アフリカから次々に外資系企業が撤退することになります。こうして、南アフリカの企業に出資していたイギリス系の金融機関や南アフリカに基盤を置く企業は株価の下落や経済制裁の影響により危機的状況に陥りました。そこで、それらの企業は、南アフリカ政府に対してアパルトヘイトを廃止するよう働きかけ始めます。そうした企業の中、南アフリカの鉱山会社を経営するイギリス系の大企業は、自社の社員を送り込み、UDFと政府との交渉のコーディネートを担当させます。そして、彼らが縁の下の力持ちとして、交渉において大きな役割を演じることになりました。まさか、アパルトヘイト廃止の立役者が経済界の人々だったというのは驚きであり、皮肉なことです。この交渉のやり取りについては、イギリスのテレビ局が制作した「エンドゲーム(アパルトヘイト撤廃への攻防)」(制作は2009年)に詳しく描かれています。監督は映画「ヴァンテージ・ポイント」のピート・トラヴィス。非常に面白い作品です!日本でも2010年にBSNHKで放映されました)
 こうして、司法大臣コビー・クツィエとの本格的な交渉が始まります。そこで高官レベルの委員会の設置が提案され、メンバーとして国際情報局長ニール・バーナードなどの名前があがりました。
 1988年5月、第一回の公式会合が開催されます。メンバーには、矯正局長官のファニー・ファン・デル・メルヴェも参加。この会合にはマンデラも参加しています。彼は先ずANCについて設立からの歴史を説明することから始めました。それは会合に参加した政府側のメンバーが、ANCという組織について持っている多くの誤解を解かなければ信頼を得ることができないと感じていたからでした。そして、彼はANCが南アフリカを共産主義国にするつもりではないのか?という疑問に対してこう答えました。

「皆さんは、自分たちが頭がいいと思っているでしょう?自分たちには強制力も説得力もあると思っているでしょう?ところが、囚人であるわたしひとりを相手にして、わたしを従わせることも、わたしの考えを変えさせることもできないじゃありませんか。あなたがたにできないことが、どうして共産主義者たちにできると思うんです?」

 1988年、彼はケープタウンの北東50キロにある町パールへ、そこにあるヴィクター・フェルスター刑務所へと再び移送されます。そこに用意された彼のための施設は、なんとプールがついていて、白人シェフもいる豪華な一軒家でした。しだいに自由になれる日が見えてきた中、交渉は続けられますが、お互いに不信感を拭い去ることができないまま時間が過ぎていました。問題点はしだいに絞られてきます。それは以下のように集約できます。

「ふたつの政治的な論点に目を向けるべきでしょう。第一に、統一国家における多数決原理への要求、第二に、この要求に対する白人層の懸念と、多数決原理のなかでなおかつ黒人に支配されない構造的な保障が欲しいという白人側の主張です。政府とANCに課せられる最も重大な責務は、このふたつは立場を上手く融和させることです。」

 1989年7月5日、ボタ大統領とマンデラとの初会見が行われました。しかし、その後、すぐにボタ大統領は辞任。後継としてF・W・デクラークが就任します。実績的には未知数の存在だったデクラークにいよいよ南アフリカの運命はゆだねられることになります。
 1990年2月2日、ANC、PAC、共産党などの非合法組織への活動禁止処分が解除されます。
 2月11日、27年ぶりにネルソン・マンデラ釈放される。

<アパルトヘイト撤廃への苦闘>
 1990年5月、アパルトヘイト撤廃に向けた新しい南アフリカの体制を決めるための会議が始まります。先ずはお互いに交渉を平和的に進めることを約束。それに合わせて、非常事態宣言が解除されました。しかし、暴動はまだ頻発しており、死者が前年を越える数に達していたのもまた事実でした。。
 8月6日、ANCと政府は武装闘争の停止を宣言。治安維持法の見直しも約束されました。しかし、暴力はさらにエスカレートし、ANCと対立するアフリカ人の右派グループ「インカタ党」に政府が密かに資金を供与することで、ANCに対するテロ行為が頻発。一般市民から毎月何百人もの死者が出たため、内戦の危機が訪れます。

 1991年、合法的な組織となったANCは7月に年次総会を開催。ここで新たに70万人もの会員が加わり、組織の再構築が始まります。
 12月20日、民主南アフリカ会議CODESAが開催され、政府とANCそれに国内他組織との正式交渉が行われました。さらにそこにはヨーロッパ共同体、英国連邦、アフリカ統一機構などがオブザーバーとして参加しています。

 1992年8月、ANCの交渉を支持し、政府の暴力に抗議するための大規模なゼネストが実施されます。全国で400万人の労働者が参加し、プレトリアの合同庁舎へは10万人のデモが行われました。
 9月、ビショでの7万人デモが当初のコースをはずれたことから兵士が発砲。29人の市民が命を落としました。(「ビショの悲劇」)この事件をきっかけに暴力事件を二度と起こさないための協定「和解の記録」に両陣営が署名を行いました。その中に書かれていたのは、「警察行動を監視する独立機関の設置」、「選挙による一院制憲議会の発足」などでした。この中で、両陣営にとって重要な具体的な内容が決められました。(以下に記すのは一部)
(1)選挙の日時(1993年終わり)
(2)議会決議に必要な最低得票の設定
(3)五年間有効の国民統一政府を選ぶ(次回選挙は1999年)
(4)5%以上の得票を得た政党は、得票率に応じて内閣に参加
(5)多数決ではなく閣僚の総意によって政策を決定する(票数の少ない白人層への配慮)
「いかなる形の人種主義も破滅の公式である。国民の政治、経済、文化の諸権利を、ときの多数者の手の届かないところに置いておかなければならない」

 1993年、デクラークとともにノーベル平和賞を受賞(白人大統領デクラークの存在もまたこの奇跡には不可欠な存在でした。もし、彼がマンデラの言葉を信じなければ南アフリカは分裂し、内戦になっていたかもしれません。昨日までの敵を信じるという、最も困難なことを彼は実行したのです。信頼なきところに平和なしです!)
 1994年2月12日、総選挙の党派登録の期限(インカタ党、保守党、アフリカーナー民族戦線は未参加)
 しかし、インカタ党主導の暴動、市民の虐殺事件が続発し、危機は続いていました。
  4月、選挙結果発表される。得票率は、ANCが62.6%、国民党が33%。憲法制定において、2/3の議席があれば単独で決定できることになっていましたが、そこまでの得票は得られませんでした。しかし、マンデラはそうならなかったことに安堵したといいます。それはANC単独で決めてしまうことは、再び白人と黒人の対立の原因になりかねないからです。

「・・・・・わたしたちはついに、政治的な解放を実現しました。わたしたちは、なおも続く貧困や欠乏、苦悩、差別から、すべての同胞を解き放つことを誓います。絶対に、二度と再び、この美しい国で、人が人を抑圧するようなことが繰り返されてはなりません。・・・・・これほど輝かしい人間の業績の前には、太陽も沈みかねます。自由を王とせよ。アフリカに神の祝福を!」

「刑務所から出てきたとき、わたしの使命は、抑圧された人々と抑圧している人々の両方を抑圧から解き放つことだった。今、それは達成されたと言う者もいる。しかし、そうではないことをわたしは知っている。ほんとうの意味で、わたしたちはまだ自由ではない。わたしたちは、自由になる自由を、抑圧されない権利を手に入れたにすぎない。行程の最終段階に差しかかったのではなく、もっと長い、もっと険しい道に第一歩を印したところなのだ。自由になるということは、自分の鎖をはずすだけではなく、他人の自由を尊重し、支えるような生き方をするということでもある。自由に対するわたしたちの心構えの深さが、ほんとうに試されるのはこれからだ。わたしは自由への長い道のりを歩いてきた。ころばないように努めながら、途中、何度もつまづいた。しかし、わたしは、ひとつの大きな山を越えてわかるのは、行く手にもっともっとたくさんの越えるべき山があることだけだという真理を発見した。わたしはここで一息ついて、つかの間、周囲の素晴らしい景色を見渡し、来た道を振り返ってみた。けれど、休めるのは、ほんのひとときだけだ。自由には責任がともなう。のんびりしてはいられない。わたしの長い道のりは、、まだ終わっていないのだから」

<今後の南アフリカ>
「マンデラ、きみとなら話ができるが、きみの仲間たちとは無理だ。・・・・・」
ジミー・クルーガー(南アフリカの白人政治家)

 あまりにマンデラへの信頼は深いといえます。そのために、マンデラ亡き後の南アフリカは再び危険な状況とならないとも限りません。幸いにして、南アフリカには、他のアフリカ諸国にはない恵まれた鉱物資源があります。そのため、経済的に崩壊する心配が少ないでしょう。内乱による国の崩壊もありませんでした。しかし、昔から富の分配ほど困難な問題はありません。(多ければ多いほど・・・)そのために、いつまた国を二分するような混乱が起きないとも限りません。そのとき、再び人種問題が浮上しないように、人種の融和が急がれます。(2010年のワールドカップ・サッカー南アフリカ大会もまたそのために行われましたが、南アフリカは残念ながら活躍できませんでした)
 オランダ系、英国系、アフリカ系、インド系そのほかのカラードなど様々な人種間の対立。金やレアメタル、ダイヤモンドなど豊かな富をめぐる対立。共産主義と資本主義の対立。アフリカ人の中に存在する様々な部族間の対立。数ある対立の構図が混在する南アフリカが、それらの問題を解決できたことは20世紀最大の奇跡かもしれません。(幸いにしてそこにイスラム教とキリスト教の対立はないようですが・・・)
 大統領ネルソン・マンデラの誕生は、19世紀から20世紀にかけて続いた植民地時代の終焉であると同時に、アフリカが新たな発展の時代を迎える始まりだった。いつかそう言われることになるかもしれません。

インビクタス(ネルソン・マンデラ完結編)

20世紀異人伝へ   トップページへ