- チャーリー&エディー・パルミエリ Charlie & Eddie Palmieri -

<サルサ史における二大山脈>
 サルサというラテン音楽最大のジャンルが成立した1960年代末、そこにはそのために必要とされた膨大な進化のエネルギーの源となる二つの巨大な山脈が存在しました。ひとつは、ご存じファニア・オールスターズに代表される「ファニア・レーベル」のスターたちからなる山脈。(彼らについては、ファニア・オールスターズのページをご参照下さい)
 そして、もうひとつがファニア・レーベルよりも、ずっと古くからラテン・サウンドを引っ張ってきた老舗ティコ・レーベルとその傘下のアレグレ・レーベルのスターたちです。そこには、ティト・プエンテウィリー・ロサリオジョー・クーバカチャーオ、移籍前のジョニー・パチェーコなど、ファニア・レーベルにひけをとらないメンバーが揃っていましたが、その中心となっていたのが、チャーリーとエディーのパルミェーリ兄弟でした。

<兄チャーリー・パルミェーリ>
 ニューヨーク生まれのプエルトリカンである兄弟の兄、チャーリーは1940年代からピアニストとして活躍を始め、ティト・プエンテティト・ロドリゲスマチートらの大物バンドで腕を磨きました。50年代末に、キューバからやって来た新しいバンド・スタイル、チャランガをいち早く取り入れ、自らのバンド、ドゥボネイを結成しました。フルートをフィーチャーした軽やかなスタイルは、当時大流行となったパチャンガのリズムとともにニューヨークでも大ヒットし、彼のバンドは一躍シーンの中心的存在になりました。(なお、このバンドには、後にファニア・オールスターズのリーダー兼ファニア・レーベル副社長となる前述のジョニー・パチェーコも在籍していました)

<デスカルガの仕掛け人>
 デスカルガとは、ジャズで言うジャム・セッションのことです。60年代の半ば頃、後のサルサ・シーンを担うことになるアーティストたちは、夜な夜なクラブに集まっては、新たなサウンドを追求すべくデスカルガを繰り返していました。この様子は、レーベルの枠を越えて作られたティコ・オールスターズアレグレ・オールスターズ、サルサ・オールスターズなどのアルバムに収められ、サルサ創世記の熱気を今に伝えてくれています。そして、これらのデスカルガの仕掛け人として活躍したのが、チャーリー・パルミェーリだったのです。その意味で、彼こそ、サルサを生みだしたニューヨークのラテン・ムーブメントの最重要人物だったと言えるかもしれません。

<弟エディー・パルミェーリ>
 弟のエディーは、兄チャーリーの紹介で多くのバンドにピアニストとして雇われた後、自らのバンド、ペルフェクタを結成しました。弟が結成したこのバンドもまた、まったく新しいスタイルを取り入れたバンドでした。それは、トロンバンガと呼ばれるスタイルで、従来、ラテンのリズムには合わないとされてきたトロンボーンをホーンの中心とし、切れが悪い音を逆に利用、パワーのあるサウンドを生み出すことに成功したのです。(この手法をまねたのが、ウィリー・コロンの「エル・マロ」です!)このバンドは、折からのブーガルー・ブームとともに大ヒットしました。

<時代とともにサルサを超越した男>
 しかし、エディーは60年代末には、このスタイルをやめ、再び新しいスタイルへの挑戦を始めました。世界中がロックの影響を受け、どんどん変化をとげている時代、彼のバンドは、より複雑なグルーブ、より前衛的なサウンドを目指しバンドを大型化して行きました。それは、まるでラテン・サウンド版グレイトフル・デッド、もしくはP−ファンクといった感じで、サルサを超越した独自のグルーブ・ミュージックを作り上げていました。この頃の、エディーの何かに取り憑かれたかのようなエレクトリック・ピアノとうねるようなリズムの洪水は、今や絶対に再現不可能な境地に達していました。(この頃の録音は「プエルトリコ大学ライブ」「シンシン刑務所ライブ」で聴くことができますが、凄いです!)このサウンドは、マイルス・デイヴィスが「ビッチズ・ブリュー」で到達したジャズ・ファンクの世界に近い凄さがある!

<自ら進化し、進化のお膳立てをした功労者>
 その後チャーリーは、サルサ界の縁の下の力持ちとして活躍をした後、1988年にこの世を去りました。(彼のソロ作としては、「ジャイアント・ステップ」などがあります)
 エディーは、サルサの枠を超越するあまりに強力な作品を、時代の流れに乗って作り上げてしまった反動か、その後アルバムの発表は、ぐっと控えめになってしまいます。しかし、相変わらず、サルサ界最高のピアニストとしての活躍を続けています。

<締めのお言葉>
「新しい思想体制(信仰系、価値体系、イデオロギーなど)は、新しい進化のビジョンのもとで成長し発展しなければならない。先ずそのためには、もちろん新しい思想体制そのものが「進化的」でなければならない」 
J.ハックスリー「進化と精神」

ジャンル別索引へ   アーティスト名索引へ   トップページへ