「戦場のピアニスト The Pianist」 2002年

- ロマン・ポランスキー Roman Polanski 、エイドリアン・ブロディ Adrien Brody -

<救いのある映画>
 ナチス・ドイツによるポーランド侵略とユダヤ人の虐殺(ホロコースト)を取り上げたこの映画は、暗い場面の連続ですが、けっして救いのない映画ではありません。音楽によって魂を救われたことで、戦乱の中を奇跡的に生き延びた男の物語は、たとえ暗い人生でもそこには必ず救いがあるはずだという、前向きな気持ちを与えてくれるものです。
 正直、僕も見る前はちょっと気が重かったことを憶えています。映画には、いろいろなジャンルがありますが、僕はスプラッタものとホロコーストものは、どちらも生理的に苦手です。単純に「血」を見るのが苦手ということがひとつ。それに「閉所」と「理不尽な暴力」も生理的に苦手なものですから、・・・。しかし、そんな臆病者の思いと、実際にホロコーストの現場を体験した人が受けたトラウマとは比較にならないでしょう。
 この映画の監督ロマン・ポランスキーは、実はあのスピルバーグのアカデミー賞受賞作(作品、監督、脚色、撮影など)「シンドラーのリスト」の監督を依頼されていました。しかし、それを断ってしまったそうです。彼には、この映画が傑作になることは予想できていたはずですが、それを受けられない理由があったのです。それは彼自身がホロコーストの犠牲となり、財産だけでなく家族、親類、青春をすべて奪われてしまっているからです。彼の心に刻まれたその深いトラウマは、ホロコーストを題材にした映画を撮ることを許さなかったのです。そのうえ、「シンドラーのリスト」の舞台となっていたクラクスの街は、ポランスキーがかつて住んでいた場所だったのです。その街を撮ることは、彼にとって重過ぎる課題だったのでしょう。
 ではなぜ、彼はこの映画を撮ったのでしょうか?もちろん、終戦から長い年月がたち21世紀に入ったこともあるでしょう。「悪夢」にとって、「時間」が最高の治療薬なのは間違いないでしょうから。しかし、最大の理由は、彼の頭の中にできあがりつつあった描くべき映画のヴィジョンにこの映画の原作がぴったりだったということのようです。
「・・・私が探し求めていた物語がそこにありました。ぞっとさせられてる反面、その文章には前向きなところもあり、希望に満ちていたからです。・・・」
ロマン・ポランスキー

 この映画には「ホロコースト」の恐怖がリアルに描かれていますが、音楽と友情から生まれる「希望」もも同時に描かれています。そして、この映画には「悪いドイツ人」だけではなく「良いドイツ人」も描かれており、それと同じように「良いユダヤ人」と「悪いユダヤ人」も平等に描かれています。あまりに強烈な思い出のために感情的になりそうな題材だからこそ、彼は原作(脚本)に冷静な視点を求めたのでしょう。
 さらに重要なのは彼自身がユダヤ人ゲットーで生活し、そこから脱走した経験があること、そしてワルシャワへの空爆の中を生き延びた数少ない生存者であることから、自分にしか描けないことがあるという自信と責任を感じていたのでしょう。

<ロマン・ポランスキー>
 この映画の運命的な出会いを果たした監督ロマン・ポランスキーは、1933年8月18日にパリで生まれました。両親がポーランド人だったことから第二次世界大戦が始まる2年前に祖国のクラクフに移住。しかし、両親はすぐにアウシュビッツの収容所に送られ、母親はそこで死んでしまいます。彼は父親と離れ、クラクフのゲットーを脱走。一人で地方の街を放浪し、カトリック教徒のいくつかの家庭にかくまわれてなんとか生き延びました。戦後、無事だった父親と再会。子供でありながら厳しい人生を生きた彼は14歳の頃から俳優として活動するようになり、アンジェイ・ワイダの「世代」(1954年)にも出演しています。
 その後、監督を志すようになりウッジ映画学校で学びながら短編映画「タンスと二人の男」(1958年)を監督。いきなりブリュッセル実験映画祭など、いくつかの映画祭で賞を獲得しました。長編映画の初監督作品「水の中のナイフ」(1962年)は、ヴェネチア映画祭で国際批評家連盟賞を受賞。アカデミー外国語映画賞にもノミネートされ、一気に世界中から注目される存在になりました。
 その後も、カトリーヌ・ドヌーブ主演の「Repulsion/反撥 」(1965年)でベルリン映画祭銀熊賞。フランソワーズ・ドルレアック主演の「袋小路」(1966年)で再びベルリン映画祭で金熊賞を受賞。シリアスな映画だけでなくホラー・コメディー映画「吸血鬼」(1967年)では、監督、脚本だけでなく主演もすなど多彩さを披露。娯楽映画を撮れることも証明した彼は、ハリウッド進出も果たし、1968年にはジョン・カサベテスとミア・ファロー主演の「ローズマリーの赤ちゃん」を撮りました。この作品はこの後、「エクソシスト」、「オーメン」などへと続くリアリズム・オカルト・ホラー映画の原点ともいえる傑作として高く評価されることになります。「ローズマリーの赤ちゃん」のアメリカ映画とは思えない不気味なムードはハリウッドの監督には絶対に撮れないものでした。こうして、いよいよハリウッドでの活躍が期待されるところまで来たものの、そこで彼を大きな不幸が襲います。彼の妻となっていた新進女優のシャロン・テートがチャールズ・マンソンを信じるカルト教団の一味によって惨殺されてしまいます。お腹の中にいた彼の子供までも殺されてしまった彼は大きな衝撃を受け、傷心のままアメリカを離れ、ヨーロッパに帰りました。

<再び大きな事件>
 ヨーロッパで彼は「マクベス」(1971年)やマルチェロ・マストロヤンニ主演の「ポランスキーの欲望の館」(1972年)などを撮るものの満足のゆく結果は得られず、再びハリウッドに戻る決意を固めました。そうして彼がハリウッドで撮った久々の作品こそ、ジャック・ニコルソンの代表作ともなったハードボイルドものの傑作「チャイナタウン」(1974年)です。この作品はゴールデン・グローブ賞では作品、監督、主演男優、脚本賞を受賞、アカデミー賞でもオリジナル脚本賞を受賞しています。彼にとって、一つの頂点となる作品となりました。しかし、再び彼は大きな事件に巻き込まれてしまいます。ロサンゼルスに滞在していた彼は、アンジェリカ・ヒューストンの家で13歳のモデルの少女をレイプしたとして逮捕されてしまったのです。彼はこの事件の裁判で有罪となり、強姦罪で実刑50年の判決を受けます。しかし、彼はなんと服役が確定する前にヨーロッパでの映画撮影を理由にアメリカを出国、そのままヨーロッパでの逃亡生活を始めました。彼は二度とアメリカの土を踏めないことを覚悟してヨーロッパで映画を撮り続けます。(2009年9月彼はスイスでアメリカからの依頼を受けたスイス警察によって逮捕されました。その後、被害者の少女は彼を許すと話し、もう彼が逮捕されることはないと考えられていただけに、この逮捕は驚きでした。今さらという感じですが・・・)
 そうした状況下に撮影されたにも関わらず、次作イザベル・アジャーニ主演のフランス映画「テス」(1979年)は実録ものの歴史文芸作品として高い評価を得て、彼の健在ぶりを知らしめました。(この作品はアカデミー撮影賞、美術監督賞、衣裳賞を受賞しています)ヨーロッパでしか活動できなくなった彼は、その後映画の仕事もするようになります。
 イタリアではアルバン・ベルクの「ルル」、ドイツではヴェルディの「リゴレット」、フランスではオッフェンバックの「ホフマン物語」など、オペラの演出を行いました。1981年には映画化もされているピーター・シェイファーの「アマデウス」も演出しました。しかし、その後1986年にウォルター・マッソー主演のコメディー映画「ポランスキーのパイレーツ」を撮って以降は、再び順調に映画を撮りだします。
 ハリソン・フォード主演のヒッチコック風サスペンス「フランティック」(1988年)、ヒュー・グラント主演の「赤い航路」(1992年)、シガニー・ウィーバー主演のサスペンス映画「死と乙女」(1994年)、ジョニー・デップ主演の「ナインス・ゲイト」(1999年)と着実に作品を発表。ただし、どの作品も凡作との評価で、彼の時代はもう終ったとも言われました。
 そして、2002年彼はこの映画の原作と出会い復活を遂げることになったのです。

<悲劇の国ポーランドの歴史>
 この映画を見る時、第二次世界大戦下のポーランドの歴史を知っておくとその内容がより深く理解できるでしょう(作品の中ではそのあたりはほとんど説明されていません)
 1939年に始まった第二次世界大戦で最初にナチス・ドイツの占領下に堕ちたのがポーランドでした。9月1日に侵略を開始したドイツ軍は8月には首都ワルシャワを包囲。ポーランド軍だけでなく市民も参加した抵抗も長くはもたず、28日には全面降伏に追い込まれます。ここから、ワルシャワに住む36万人のユダヤ人住民に対するナチス・ドイツによるホロコーストが始まることになります。
 青い星(ダヴィデの星)のついた腕章を義務づけられたユダヤ人たちは財産をすべて没収され、1940年の4月には周囲を壁で囲まれたユダヤ人居住区(ゲットー)に強制的に移住させられます。その後はワルシャワ以外の地域からもユダヤ人が連行され一時は46万人が収容されますが、ナチス親衛隊による無差別殺人や飢餓、伝染病などにより10万人のユダヤ人が死亡。さらに1942年からはユダヤ人をこの世から消し去るため、絶滅収容所で殺戮を行うための移送が始まります。そして、ゲットーから30万万人以上が家畜運搬用の列車に乗せられ死への旅へに向かうことになったのです。そんな中、1943年4月ゲットーに住むユダヤ人はこのままでは死を待つだけと知り、ついにドイツ軍に対し反乱を起こします。しかし、3万もしくは4万人のユダヤ人のうち武器をもつものはわずか200人だったといわれ、一ヶ月に渡る決死の闘いを繰り広げるものの、戦車を使い最後には毒ガスまで使用したドイル軍によって壊滅状態となります。
 1944年8月1日、今度はワルシャワの街全体がドイツ軍に対して反乱を起こします。(ワルシャワ蜂起)この戦争もまたドイツ軍による徹底的な攻撃により悲劇的な結末を迎えます。死者は20万人、街の80%が破壊されてしまいます。ちなみにクラクフのゲットーを脱走したポランスキーは、その後各地を転々とした後、ワルシャワの街に逃げこんでいました。そのため、彼はこの徹底的な破壊の中を生き延びたユダヤ人の一人でもあったのです。
 1945年の1月に敗走を始めたドイツ軍が去った後、ワルシャワに残っていたユダヤ人はわずか20人だったといわれています。

<ワルシャワの街>
 破壊されつくしたワルシャワの街を主人公が歩くシーンのリアルさは、この映画の見所のひとつです。このシーンのバックとなっている瓦礫の建物は、実はCGではなくベルリンにあった旧ソ連の兵舎を撮影のために破壊したものだったそうです。どうりでリアルだったはずです。当然のごとく、当時のワルシャワの街並みは今ではまったく残っていませんでした。そのため、ゲットーのシーンはすべて当時の映像などを元にしてセットを作り再現されたものでした。

<エイドリアン・ブロディ>
 この映画で見事アカデミー主演男優賞を受賞したエイドリアン・ブロディー Adrien Brodyにとって、この映画を越える作品と出会うことはそう簡単にはないでしょう。それほど彼はこの映画の主人公になりきっていました。しかし、彼にとってシュピルマンの役はけっしてやりやすいものではありませんでした。先ず、ピアニストである主人公を演じるため、彼は徹底的にピアノを練習しなければなりませんでした。撮影中もホテルの部屋にピアノを置き、映画の中ではすべてピアノの演奏は彼が行ったそうです。さらに彼はもともと細身にも関わらず映画のためにダイエットしなければなりませんでした。厳しい減量作戦によって彼は本格的に飢餓状態を体験することになりました。そのため、彼は撮影中、精神的にも肉体的にもシュピルマンに近づき、撮影後もしばらく彼はシュピルマンの精神状態から抜け出すことができなかったといいます。
 ちなみに僕はこの映画で彼を見るまでエイドリアン・ブロディーの名を知りませんでした。(見てはいたのでしたが・・・)それもそのはず、彼の俳優歴は意外に長いのですがインディーズ系の監督作品がほとんどでハリウッドの娯楽映画にはまったく出演していなかったのです。
1989年「ニューヨーク・ストーリー」の中のコッポラ作品。1993年スティーブン・ソダーバーグの「わが街セントルイス」。1994年ジュリアン・テンプルの「ハード・ブレット」。1998年テレンス・マリックの「シン・レッド・ライン」、バリー・レヴィンソンの「Liberty Heights」(日本未公開)。1999年スパイク・リーの「サマー・オブ・サム」。2000年ケン・ローチの「ブレッド&ローズ」とどれも渋い監督たちばかりです。そのうえ、彼は13歳でテレビ・ドラマの主役を演じたという彼には15年の役者歴があり、ある意味業界のことは充分に知っているのかもしれません。だからこそ、彼は今後もハリウッドのヒット映画に出るよりも、小粒でも質の高い映画に出演し続ける道を選択してゆくのかもしれません。

<シュピルマンの人生>
 この映画の原作者であり主人公でもあるピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマン Wladelisulaw Szpilmanは、1911年ポーランド南部ソスノヴィッツという町で生まれました。ショパン音楽院でピアノを学んだ彼は、1931年ドイツのベルリンに留学。この頃からピアニストとしてだけでなく作曲家としても活躍。1935年ワルシャワにある国営ラジオ局で演奏を披露するようになりました。映画の頭の部分、彼が演奏中にドイツ軍による爆撃を受けたのはこのラジオ番組のための演奏中でした。(1939年のこと)
 この後、映画で描かれている体験をへて奇跡的に生き残った彼は1946年にその回想録を出版します。しかし、ドイツ人によって徹底的に破壊されたポーランドでは彼がドイツ軍将校によって救われたという真実を明かすことは許されない状況でした。そのため彼はそのドイツ軍将校をオーストラリア人将校と書き換えましたが、それでも当時の共産党政権は彼の回想録を発禁処分にしてしまいました。彼の作品がもつ人種的、政治的に平等な視点が反政府的と考えられたのです。
 その後、彼はラジオ番組での演奏や作曲家としての活動を再開。彼は自分を救ったドイツ人将校ヴィルヘルム・ホーゼンフェルトがソ連軍の捕虜となりスターリングラードの戦犯収容所にいることを知り、救出するためにポーランド政府に協力を求めました。しかし、その努力もむなしく1952年ローゼンフェルトは、そのままソ連で帰らぬ人となったのでした。
 1998年、彼の息子アンジェイ・シュピルマンが彼の回想録の草稿を発見。真実に基づいて書き直されて再出版されると世界中で話題となり映画化の企画がすぐに浮上することになりました。しかし、シュピルマン自身はこの映画の完成版を見ることなく2000年7月6日88歳でこの世を去りました。

<ショパン「夜想曲」>
 この映画は、ポーランドが生んだクラシック界の巨匠、ショパンに捧げられた映画と見ることもできます。
 映画の冒頭、ラジオ局で主人公が演奏しているのが、ショパンの「夜想曲第20番」です。この曲は、オープニングで使われた後、再び終戦後に彼が弾いており、この映画のテーマ曲ともいえます。
 もう一曲、重要な意味をもつのが瓦礫の中、彼がドイツ人将校の前で弾いた同じくショパンの「バラード第一番ト短調」です。この曲のおかげで彼は命を救われることになりました。

「戦場のピアニスト The Pianist」 2002年公開
(監)(製)(脚)ロマン・ポランスキー
(製)ロベール・ベンムッサ、アラン・サルド、ジーン・グトウスキー
(製総)ティモシー・バーリル、ルー・ライウィン、ヘニング・モルフェンター
(原)ウワディスワフ・シュピルマン
(脚)ロラルド・ハ−ウッド
(撮)パヴェル・エデルマン
(音)ヴォイチェフ・キラール
(出)エイドリアン・ブロディ、トーマス・クレッチマン、エミリア・フォックス、ミハウ・ジェブロフスキー

<あらすじ>
 1939年9月ドイツ軍がポーランドに侵攻。ワルシャワへの爆撃が始まり、ラジオ局でピアノを弾いていたピアニストのシュピルマン(エイドリアン・ブロディ)もその場を逃れます。家族とともに家を追い出されゲットーに移住させられた彼は、ゲットー内のカフェでピアノを弾く仕事を得て何とか生計をたてます。しかし、その間もゲシュタポによるユダヤ人の無差別殺人や人間狩りが目の前で起き、状況はどんどん悪化してゆきます。1942年ついにユダヤ人を収容所へと移送し、そこで抹殺するためゲットーの住民が駅に集められます。そのまま列車に乗れば彼もう生きては帰れないと薄々感じてはいても、誰もそれにさからうことはできませんでした。しかし、彼はその時、ナチス・ドイツのために働く友人のヘラーによってその場を助け出されます。彼のおかげでゲットーの壁を壊す仕事を与えられた彼ですが、その仕事を彼にはきつ過ぎました。このままでは収容所に送られると感じた彼は知人のポーランド人歌手ヤニナ(ルース・プラット)の助けによりゲットーを脱走します。
 彼の孤独な隠れ家生活が始まります。家の中から彼はゲットー蜂起と街が破壊されてゆく様子を覗き見ますが、その間にもヤニナが逮捕されてしまい、いよいよ彼は助ける人もなく別の隠れ家へと逃げ込みます。その頃、ついにワルシャワ蜂起が起き、街全体が瓦礫と化してしまいました。食べる物もなく、生きる望みも失いかけた彼は想像上のピアノを弾くことでかろうじて精神のバランスを保ち続けました。しかし、彼はある日ついにドイツ軍の将校(トーマス・クレッチマン)に見つかってしまいます。しかし、彼はシュピルマンがピアニストであるというとピアノを導くように命じます。・・・

20世紀映画劇場へ   トップページへ