映画の中のヒット曲リスト

PART 2
「カセットテープ・ダイアリーズ Blinded By The Light」 2019年 
(監)(製)(脚)グリンダ・チャーダ(イギリス/パキスタン)
(製)ジェーン・ベークレイ、ジャマル・ダニエル
(原)(脚)サルフラズ・マンズール
(脚)ポール・マエダ・バージェス(撮)ベン・スミサード(PD)ニック・エリス(編)ジャスティン・クリシュ
(衣)アニー・ハーディング(音)A・R・ラフマーン
(出)ヴィヴェイク・カルラ、クルヴィンダー・ギール、ミーラ・ガナトラ、ネル・ウィリアムズ、アーロン・ファグラ、ヘイリー・アトウェル
<あらすじ>
1987年イギリスの田舎町に住むパキスタン移民の子ジャベドは日記と詩を書き、作家を目指していた。
街ではパキスタン移民への差別があり、父親はリストラで失業し、彼は大学進学をあきらめようとしていた。
そんなある日、彼のインド系の友人がブルース・スプリングスティーンのカセットを貸してくれます。
労働者、貧しき人々への熱い思いに満ちたブルースの曲に感動した彼はその虜になります。 
ブルースの曲・歌詞を上手く使いミュージカルのように作り上げています。
ブルース・スプリングスティーンの曲の素晴らしさを再認識しました。80年代~90年代のボブ・ディラン。
パキスタン移民の父親の頭の固さと最後に彼が家族との関係を切れないくだりは、ちょっと甘すぎる気も?
ブルース・スプリングスティーンのファンなら最高の贈り物!
代々木第一体育館でのライブを思い出しました!凄かった。 
中盤にある「ボーン・トゥ・ラン」のミュージカル場面の噴水の前のダンスの背景に主役本人が映っていると思います。
曲名  演奏  作曲  コメント 
「It's A Sin」  ペット・ショップ・ボーイズ
Pet Shop Boys 
Christopher Lowe
Neil Tennant
 
「The Sun Always Shines On TV」  a.ha  Pal Waakaar   
「Lessons In Love」  Level 42 Rowland Gould
Mark King
Wally Badarou 
 
「(I Just) Died In Your Arms」  Cutting Crew  Nick Eede   
「Pump Up The Volume」  M/A/R/R/S Steven Biggs
Martyn Young 
 
「Live It Up」  Mental As Any Thing  Andrew Smith   
「Dancing In The Dark」  Bruce Springsteen  Bruce Springsteen  
「The Promised Land」  Bruce Springsteen  Bruce Springsteen   
「Back Streets」  Bruce Springsteen  Bruce Springsteen   
「Badlands」  Bruce Springsteen  Bruce Springsteen   
「Cover Me」  Bruce Springsteen  Bruce Springsteen   
「Thunder Road」  Bruce Springsteen  Bruce Springsteen   
「Thunder Road」(LIVE)  Bruce Springsteen and
E Street Band
Bruce Springsteen  Live at ROXY Theatre 1975年 
「Darkness On The Edge of Town」  Bruce Springsteen  Bruce Springsteen   
「Mary's Prayer」  Danny Wilson  Gary Clark   
「Get Out My Way Fascist(Pigs)」  Amer Chalha Patel  Amer Chalha Patel  
「Prove It All Night」  Bruce Springsteen   Bruce Springsteen    
「I Think We're Alone Now」  Tiffany  Ritchele Cordell   
「O Duniya Ke Rakhwale」  Mohammed Rafl  Shakeel Baduyani   
「Born To Run」  Bruce Springsteen  Bruce Springsteen   
「For You My Love」  Viveik Kalra  A.R.Rahman   
「Hungry Heart」  Bruce Springsteen  Bruce Springsteen    
「Because The Night」  Bruce Springsteen   Bruce Springsteen 
Patti Smith
 
「Maar Chhadapa」  Neera  Jasvinder Kumar Raull   
「Jungleland」  Bruce Springsteen  Bruce Springsteen    
「Blinded By The Light」  Bruce Springsteen   Bruce Springsteen   
「Independence Day」  Bruce Springsteen  Bruce Springsteen Live In Houston '78 
「The River」  Bruce Springsteen Bruce Springsteen  
「I'll Stand By You Always」  Bruce Springsteen Bruce Springsteen  
「For You My Love」  Hriday Gattani
Parag Chabra
A.R.Rahman  


「黒い司法 0%からの奇跡 Just Mercy 2019年 
(監)(脚)デスティン・ダニエル・クレットン(米)
(製)ギル・ネッター、マイケル・B・ジョーダン他(製総)マイク・ドレイク、ガブリエル&ダニエル・ハモンド他
(原)ブライアン・スティーブンソン(脚)アンドリュー・ラナム(撮)ブレット・ポウラク(PD)シャロン・シーモア
(編)ナット・サンダーズ(音)ジョエル・P・ウエスト(音監)ケイブ・ヒルファー
(出)マイケル・B・ジョンソン、ジェイミー・フォックス、ブリー・ラーソン、ロブ・モーガン、ティム・ブレイク・ネルソン、レイフ・スポール 
1987年アラバマ州で起きた殺人事件で死刑囚となった黒人男性
北部から来た新人黒人弁護士は彼の無罪を信じ再審請求を行いますが・・・
裁判における人種差別の問題に抗議する内容 
曲名  演奏  作曲  コメント 
「Ode To Billie Joe」 マーサ・リーブス&ザ・ヴァンデラス
Martha Reeves & The Vandellas 
Bobbie Gently 1967年カントリー歌手ボビー・ジェントリーの曲
「Dream Come True」  Hilton Felton  Hilton Felton  ワシントンで活躍したジャズ・ファンク・ピアニスト
「Don't Wanna Fight」  Alabama Shakes  Zachary Cockrell
Stoven Johnson他 
2015年のアルバム「Sound & Color」収録 
「Blessed Be The Name of the Lord」  Sister Emily Brawn  (編)Jack Landerdale  ゴスペル 
「Jesus Is With Me」 
(イエスは私と共にいる)
The Mighty Indiana Travelers  Sam Blain他 マヘリア・ジャクソンらが歌ったゴスペル
「Save Their Souls」  Bahannon  Hamilton Bahannon 1973年のアルバム「Stop & Go」収録
「Trouble of the World」  Brother Samuel Cheatam (編)Brother Samuel Cheatam マヘリア・ジャクソンなどにカバーされたゴスペル
「Masterpiece」 Atlantic Starr Kenny Nolan 1991年のアルバム「Love Crazy」収録 
「The Old Rugged Cross」  エラ・フィッツジェラルド
Ella Fitzgerald 
ジョージ・ベナード
George Bennard
白人作曲家によるゴスペル・カントリー曲 
「No More Auction Block」 
(もう競売台なんてやめてくれ)
Sweet Honey In The Rock  (編)Dr.Bernice Johnson Reagon  オデッタの歌で有名
「風に吹かれて」の元歌とも言われるゴスペル
「I'm Gonna Lay Down My Life For The Lord」  Bessie Jones
with George Sea Island Singers 
Bessie Jones
Alan Lomax
ベッシ―・ジョーンズはゴスペルの大御所
アラン・ローマックスと多くの曲を記録 
「The Old Rugged Cross」  Karriem Riggons,Cynette Williams
Thomas Drayton,Justus West 
George Bennard   


「サウンド・オブ・メタル~聞えるということ~ SOUND OF METAL 2019年 
(監)(原案)(脚)ダリウス・マーダー(米)
(製)ベルト・ハーメリンク、キャシー・ベンツ他(製総)リズ・アーメッド、マイケル・サゴル他
(原案)デレク・シアンフランス(脚)(音)エイブラハム・マーダー(撮)ダニエル・バウケット
(PD)ジェレミー・ウッドワード(編)ミッケル・E・G・ニルソン(音)ニコラス・ベッカー
(出)リズ・アーメッド、オリヴィア・クック、ポール・レイシー、マチュー・アマルリック、ローレン・リドロフ 
ヘヴィ・メタのドラマーが急性難聴で音が聞こえなくなり、恋人の薦めで聾者のグループホームに入所。
彼は薬物依存だった過去がありますが、施設でなんとか手話をマスターし、その場になじみ出します。
しかし、恋人とのバンド活動を忘れられない彼は、手術によって聴力を復活させます。
ところが機械によって得た聴力は、それまでのものとは違い、違和感が彼を苦しめます。
彼女に会いに行った彼は、自分が彼女によって救われたことを思い出し、もう別れるべきと・・・。
彼の聞え具合によって、映画の音も変化し、その変化が観客に「聞えること」の意味を考えさせます。 
曲名  演奏  作曲 コメント
「Purify」  Riz Ahmed,Olivia Cooke 
(Dr)Harry Cantwell
Olivia Cooke
Margaret Chardiet
ド迫力の演奏です!
「Braves as the Wind」  エイブラハム・マーダー
Abraham Marder 
Abraham Marder  
「Cet Amour Me Tue」  Mathieu Amalric、Olivia Cooke Arthur Higelin  
「This Love」  ザ・コモドアーズ
The Commodores 
  「In The Pocket」(1981年)収録
70年代を代表するファンクバンド
「Careless Love」  ベッシ―・スミス
Bessie Smith 
   
「Green」  Abraham Marder  Abraham Marder   
「Sweet Rhodes」  Jeremy Emery  Jeremy Emery  
「Rejoice Beelzebub !」  Elan Sicroff  George Gurdieff
Thomas Hartmann
 

幸せへのまわり道 A Beautiful Day in the Neighborhood 2019年 
(監)マリエル・ヘラー(アメリカ)
(製)ユーリー・ヘンリー、ピーター・サラフ他(製総)バーゲン・スワンソン、エドワード・チェン他
(原)トム・ジュノー(脚)(製総)ミカ・フィッツァーマン=ブルー、ノア・ハープスター(撮)ジュディー・リー・ライプス
(PD)ジェイド・ヒーリー(編)アン・マッケイブ(衣)アージュン・バーシン(音)ハワード・パー
(出)トム・ハンクス、マシュー・リス、クリス・クーパー、スーザン・ケレチ・ワトソン 
久しぶりに優しさに満ち溢れた映画を見て心が温まりました。
良い人には必ず裏がある・・・と思い人を信じられなくなっている人に見てもらいたい。
見ている途中で何度もため息をつきました。良い映画だなあ・・・と。
トム・ハンクスの素晴らしい演技。もう実在の人物であるフレッド・ロジャーそのものでした。(知らないのに!)
50年代ジャズっぽい音楽も素敵です。スヌーピーのアニメの世界観にも近い。
多くの人に見てもらいたい「赦し」の映画です。もっともっと作られるべき映画。  
「ミスタ―・ロジャースのご近所さんになろう」Won't You Be My Neighbor?(ドキュメンタリー映画)
(監)モーガン・ネヴィル(アメリカ)
(製)カリン・カポトスト、ニコラス・マ(撮)グレアム・ウィロビー(出)フレッド・ロジャーズ 
インデペンデント・スピリット賞ドキュメンタリー作品賞
ピッツバーグのTV局で始まった子供番組「ミスタ―・ロジャースのご近所さんになろう」
その脚本、製作、主演、人形使いを一人でやる続けたフレッド・ロジャースのドキュメンタリー。
あまりにも心優しすぎ多くの人に誤解され、疑われた謎多き人物の生い立ちから死までを記録。
トム・ハンクス主演「幸せへのまわり道」で映画化された彼の人生がより克明に描かれます。
本物だけにより彼の心が見えてくるため、泣けちゃいます。感動です。
もちろん生涯、共和党支持で牧師でもあっただけに、保守的な考えの部分もあったかもしれません。
でも同性愛者を認め、いち早く人種差別を否定した姿勢は間違いないようです。
「君が生きているだけで 僕まで幸せになる。君の心が豊かだと 僕までうれしくなる。
君の準備ができたなら 新しい一日を一緒に作ろう。 うれしい気分 楽しい気分 君と友だちで幸せだな。
そのままの君でいるだけで 今日という日は特別になる。
この世界に君と同じ人は、一人もいないんだ。そのままの君がみんな好きなんだよ。
君は特別なんだから」

テーマ曲「It's You I Like」より
曲名  演奏 作曲  コメント 
「Won't You Be My Neighbor」  トム・ハンクス  Fred Rogers   
「Northern Sky」  ニック・ドレイク
Nick Drake 
Nick Drake  
「Am I A Mistake ?」  トム・ハンクス  Fred Rogers   
「パッヘルベルのカノン」  Lumiere String Quartet Johann Pachelbel  
「Things To Do With Our Hands That Don't Hurt」  Johnny Costa Johnny Costa  
「Down By The Bay」  Rafti  Trad.   
「Shadow Lane」  Alex McCabe  Alex McCabe  
「Neighborhood Trolley Music」  Johnny Costa  Johnny Costa  
「Springlike」  Alex McCabe  Alex McCabe   
「On The Road To Find Out」 キャット・スティーブンス
Cat Stevens
Cat Stevens 1970年の名盤「Tear for the Tillerman」収録
「You Are Spacial」  The Uptown String Quartet Fred Rogers   
「MIDO MOUNTAIN」  Yo-Yo Ma  Chinese Trad.   
「The Promise」  トレイシー・チャップマン
Tracy Chapman 
Tracy Chapman  
「You've Got To Do It」  Fred Rogers  Fred Rogers  


シルヴィ 恋のメロディSylvie's Love 2020年
(監)(脚)(製)ユージン・アッシュ(米)
(製)ウナムディ・アサマア、ジョナサン・ベイカー他(撮)デクラン・クイン(編)ディナ・コンドン(音)ファブリス・ルコント
(出)テッサ・トンプソン、ウナムディ・アサマア、エヴァ・ロンゴリア、アヤ・ナオミ・キング 
ジャズ・サックス奏者とテレビ・プロデューサーを目指す黒人男女の恋のすれ違いドラマ。
1960年代の雰囲気が素晴らしい!音楽がゴージャスで映像もレトロでいい感じ!まさに大人の恋の物語。
人種差別問題をあまりきつく描かず、恋愛ドラマに徹しているのも良い。現実よりも恋のドラマに浸れる映画。  
曲名  演奏  作曲 コメント
「Fools Fall in Love」  ザ・ドリフターズ
The Drifters
Jerry Leiber
Mike Stiller 
 
「B-Bop」  Mark Turner,Uri Caine 
Matt Peuman,Ben Perowsky
Fabrice Leconte  
「A Kiss to Builed A Deam On」  ルイ・アームストロング
Louis Armstrong and The All Stars
Bert Kalmar
Harry Ruby
Oscar Hammerstein Ⅱ
 
「You Send Me」  サム・クック
Sam Cooke 
Sam Cooke   
「Waltz for Debby」  Smantha Sidley  ビル・エヴァンス Bill Evans
Gene Lees 
 
「See You Later, Alligator」  ビル・ヘイリーと彼のコメッツ
Bill Haley and His Comets 
Robert L. Guidry  
「B-Blue」  Mark Turner,Uri Caine 
Matt Peuman,Ben Perowsky 
Fabrice Leconte   
「B-Loved」 Mark Turner,Uri Caine 
Matt Peuman,Ben Perowsky  
Fabrice Leconte   
「Why Must I Love You」  The Esquires Bill Baines
Edward Paul Jordan 
 
「My Little Suede Shoes」  チャーリー・パーカー
Charlie Paker 
Charles Christopher Paker Jr.   
「Tears On My Pillow」  Little Anthony & The Imperials  Sylvester Bradford
Al Lewis 
 
「ABC's Of Love」  Frankie Lymon  Morris Levy
Richard Barret 
 
「She Is My Dream」  The Tads  Willie Williams   
「To Be Loved」  ジャッキー・ウィルソン
Jackie Wilson 
Berry Gordy Jr.
Gwendolyn G. Fuqua他 
初期モータウンのスター 
「Summertime」
from 「Porgy and Bess」 
サム・クック
Sam Cooke 
ジョージ・ガーシュウィン
George Gershiwin
Du Bose, Ira Gershwin他 
ジャニスなど多くのカバー有
スタンダードの名曲
「Sincerely」  The McGuire Ssters Alan Freed
Harvey Fuqua
 
「Mr. Lee」  The Bobbettes  Reather E. Dixon
Helen Gathers他 
 
「Your Little Toy」  The Hearts   Zelma Sanders  
「All My Tomorrow」  Nancy Williams Sammy Cahn
James V. Heusen 
 
「Auld Lang Syne」  Smooth Jazz All Stars  Trad.   
「Quizas , Quizas , Quizas」  Eve Longoria Osvaldo Farres  
「One Mint Julep」  サラ・ヴォーン
Sarah Vaughan 
Rudolph Toombs   
「It's Love I Need」  Kitty Lane  Alphonso Higdon   
「Fly Me To The Moon
(In Other Words)」 
ドリス・デイ Doris Day  Bart Howard  
「Come and Got These Memories」 マーサ・リーヴス&ザ・ヴァンデラス
Marthe Reeves and The Vandellas
Brian & Edward Holland
Lamont Dozier
 
「The Shadow of Your Smile」  アストラッド・ジルベルト
Astrud Gilbert 
Paul Webster
Johnny Mandel
 
「Spinng Top Part 1&2」  Piano Slim  Willard Burton   
「Do You Love Me」  The Contours  ベリー・ゴーディー
Berry Gordy Jr. 
 
「Determination」  ザ・ミラクルズ
The Miracles 
William Robinson Jr. 
(スモーキー・ロビンソン)
 
「Nothing Can Change This Love」  サム・クック
Sam Cooke 
Sam Cooke  
「B-Loved」(French Version)  Cecile McLolin Salvant Fabrice Leconte (詞)Cecile McLolin Salvant

「ストックホルム・ケース STOCHOLM」 2018年
(監)(脚)(製)ロバート・バドロー(カナダ/スウェーデン)
(製)ニコラス・タバロク、ジョナサン・ブロンフマン他(製総)スコット・アヴァーサノ、ジェイソン・ブラム他
(原)ダニエル・ラング(撮)ブレンダン・スティーシー(PD)エイダン・ルルー(衣)リア・カールソン
(編)リチャード・コモー(音)スティーブ・ロンドン
(出)イーサン・ホーク、ナオミ・ラパス、マーク・アーモンド、クリストファー・ハイアーダール 
「ストックホルム症候群」の元になった事件(人質をとっての立てこもり犯と人質の共犯関係)
1970年代らしい時代の雰囲気がよく出ています。世界はまだ平和でのどかだった!
立てこもり事件までもが、なんだか心温まる物語になってしまう時代だったのです。
アメリカを舞台にしたアル・パチーノの最高傑作「狼たちの午後」も、そんな時代を描いた作品でした。
「ブルーに生まれついて」のイーサン・ホーク&ロバート・バドローのコンビ作
ボブ・ディランの曲が多用されている珍しい作品。  
曲名  演奏  作曲  コメント 
「New Morning」  ボブ・ディラン
Bob Dylan 
Bob Dylan  
「Get Back To The Westside」  The Stream Machine Arthur MX  
「Tonight I'll Be Stayng Here With You」  ボブ・ディラン
Bob Dylan 
Bob Dylan  
「Goin' Home」  Sebastian Norman Andrew Roth   
「Get What You Need」  Target  Dane Earnest   
「Function Underground」  We The People Leonard Michael Lenaburg  
「Tommorow Is A Long Time」  ボブ・ディラン
Bob Dylan  
Bob Dylan  
「To Be Alon With You」  ボブ・ディラン
Bob Dylan  
Bob Dylan  
「I'll Take Care of You」  ボブ・ディラン
Bob Dylan  
Broox Benton  


「’76」 2016年 
(監)(製)(原案)イジュ・オジュクブ Izu Ojukwu(ナイジェリア)
(製)アドニジャ・オウィリワ(脚)エマニュエル・オコマニ(撮)インカ・エドワルド
(美)パット・ネボ(音)ヒシェント・オグブ(出)ラムゼイ・ノア(デュバ)、リタ・ドミニク(スージー)
チバ・モケメ(ゴモス)、イビナボ・フィベレシマ、デボ・オグンズ、メムリー・サヴァニュ  
<あらすじ>
1976年ナイジェリアで生きたクーデターに巻き込まれ無実の罪で逮捕されたデュバ。
彼の妻は逮捕直後に女の子を出産。夫の無実を証明しようとしますが・・・。  
ハリウッド、ボリウッドに続く映画の都ノリウッドの作品。
実話に基づいたサスペンス映画で、最初から最後まで緊張感が途切れません。
70年代の風俗・ファッション・音楽・映画などが満載!特に音楽がリンガラ中心に楽しめます!
曲名 演奏 作曲 コメント
「Jollu Papa」  Rex Lawson   
「Cock Crow At Dawn」  Bongos Ikwue  1979年 
「Igiodo Giodo」 Victor Uwaito  ←   
「Baby Jowo」  Victor Olaiya ← 
「Love Nwantinti」  Nelly Uchendu  1976年 
「Buy Africa」  フェラ・アニクラポ・クティ
Fela Anikulapo Kuti 
←  1971年 
反体制派のフェラ・クティの活躍はこの頃から
「Sweet Mother」  プリンス・ニコ
Prince Nico Mbanga
and the Rocafils
Prince Nico Mbanga 1976年
「Naughty Little Flea」  Miriam Makeba Morman Byfield Thomas 1960年 
「AKI」  Prince Nico Mbanga
and the Rocafils 
Prince Nico Mbanga  1976年


「ブックスマート 卒業前夜のパーティー・デビュー BOOKSMART」 2019年 
(監)オリヴィア・ワイルド(米)
(製)ミーガン・エリソン、チェルシー・バーナード他(製総)ウィル・フェレル、アダム・マッケイ他
(脚)エミリー・ハルパーン、セーラ・ハスキンズ、スザンナ・フォーゲル、ケイティ・スルバーマン
(撮)ジェイソン・マコーミック(PD)ケイティ・バイロン(衣)エイプリル・ネイピア
(編)ブレント・ホワイト、ジェイミー・グロス(音)ダン・ジ・オートメイター(音監)ブライアン・リング
(出)ケイトリン・デヴァー、ビーニー・フェルドスタイン、ジェシカ・ウィリアムズ、リサ・クドロー
これはまさに掘り出し物の逸品!「アメリカン・グラフィティ」の2019年版です。
真面目一辺倒で高校に通ってきて名門大学イエールへの進学が決まっている主人公と親友。
このままでは高校生活に何の思い出も残らないと気づき慌てて記念パーティーに向かいますが・・・
音楽、編集、キャラクターが魅力的。女優のオリヴィア・ワイルド初監督で一躍次作への期待大です!  
曲名  演奏 作曲 コメント 
「To What It May Concern」  Sam Spiegel
feat. Ceelo Green,The Ophilius London
Alex Ebert
Sam Spiegel
Alex Ebert
 
「Unchained Melody」  Leikeli47 Alex North
Hy Zaret
 
「Money」  Leikeli47 Donnie R. Lewis他  
「Con You Discover ?」  Discovery  Rostam Batmanglis
Wesley Miles
 
「Throw It Down」  Dominique Young Unique  Dom.L.Clark
Adebenga Adejumo他 
 
「Double Rum CoLa」  Fata Boom  Martijn Groeneveld
Diede Claesen
 
「Oaska Loop Lien」  Discovery  Rostam Batmanglis
Wesley Miles他 
 
「I've Seen Footage」  Death Grips  Stefan Burnett
Zachary Hill他 
 
「Holy Calamity(Bear Witness Ⅱ)」  Handsome Boy Modelling School
feat. DJ Quest,DJ Shadow
Josh Davis
Paul Huston他
 
「Bad Shit」  Sofi Tukker Jon Hume
Sophie Hawley-Weld他
 
「Speaking In Tungs」  Cam'Ron & Vado  Jason H. Turnbull他  
「Give Up The Funk」
(Tear The Roof off The Sucker) 
パーラメント
Paliament   
Jerome Bailey
George Clinton Jr.
William Collins  
 
「Libiamo Ne'Leti Calici」
from.「La Traviata」 
東京フィルハーモニック・オーケストラ
藤原オペラ・コーラス 
ジュゼッペ・ベルディ
Giuseppe Verdi 
 
「Push It」  Salt-N-Pepa Herby Azor
Raymond Davies
 
「Attitude」  Leikeli47 Hasben Jones
Michael Barney
 
「Come Down」  Anderson , Paak  Brandon Paak Anderson
Tony Cottrell 
 
「What's Golden」  Jurassic 5 Carlton Ridehour
James Boxley Ⅲ他
 
「Look At These Hoes」  Santigold  Santi White
Thomas Pentz他 
 
「You Ought Know」  Aranis Morissette  Aranis Morissette
Glen Ballard
 
「Boys」  Lizzo  Melissa L. Jefferson   
「High On You Love」  King Go Forth  Jesse Davis
Andrew J. Noble
 
「Slip Away」  Perfume Genius  Michael Hadreas   
「Freeway」  Scapegiat Wax  John Zunino
Marty James Garton Jr. 
 
「Cold War」  Cautious Clay  Joshua Karpeh   
「Brace」
feat. Rainsford 
Twin Shadow  Ethan Silverman
Wynne Bennett他 
 
「Oh Baby」  LCD Soundsystem  James Murphy   
「Woman」  Rhye  Robin Braun
Michael Molish 
 
「Nobody Speak」  DJ Shadow
feat. Run the Jewels 
Joshua Davis
Michael Render他 
 
「Piano Sonata No.14」  ルドウィヒ・ヴァン・ベートーベン  Iatvan Szekely  
「Hoe We Are」  Lia Ices  Leah & Eliot Kessel   
「Carries On」  Edward Sharpe
& the Magnetic Zeros
Alexander Ebert   

フランシスコの2人の息子 2 Filhos de Francisco 2005年 
(監)(製)ブレノ・シルヴェイラ(ブラジル)
(製)ルシアーノ・マカマルゴ他(脚)パトリシア・アンドラーデ、カロリーナ・コトショ
(撮)アンドレ・オルタ、パウロ・ソウザ(音)カエターノ・ヴェローゾ、ゼゼ・ヂ・カマルゴ
(出)アンジョロ・アントニオ、ジラ・パエス、ダブリオ・コレイラ(子)、ヴィゴル・リマ(子) 
ブラジルのカントリー音楽(セルタネージョ)の人気デュオ、ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルチアーノ 
彼らを育てた変わり者の父親フランシスコと子供達の物語
確かにカントリー音楽で、日本で言うと歌謡曲もしくは演歌に近い存在のようで田舎臭いとも言える。
でもいい曲なのは確か。カエターノ・ヴェローゾが参加し、彼の歌声もエンディングで聞けます!
ブラジル音楽の奥の深さがわかる作品でもあります。
サッカーがダメなら音楽があるさ!がブラジリアン・ドリームの基本なのです。
本国ブラジルでは映画の興行収入記録を塗り替える9週連続1位の大ヒットになりました。 
曲名  演奏  作曲  コメント 
「Luar do Sertao」  ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルチアーノ
Zeze Di Camargo & Luciano
Catulo da Paixao Cearense  
「O Homem Mau」  Leo Canhote e Robertinho Leo Canhote   
「Colheita do Milho」  ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルチアーノ
Zeze Di Camargo & Luciano 
Hamilton Carneiro e Andrade   
「Beijinho Doce」  Tinoco  Joao Alves dos Santos...   
「Eu Tiro O Leite」  Bob Nelson  Sebastiao Lima e Neison Perez
Bob Nelson
 
「Do Jeito Que a Mocada Gosta」  ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルチアーノ
Zeze Di Camargo & Luciano  
Zeze Di Camargo   
「No Dia Que Sai De Casa」  ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルチアーノ
Zeze Di Camargo & Luciano  
Joel Marques  
「Poeira」  Pena Branca e Xavantinho Luiz Bonan e Serafim C. Gomes  
「Tristeza do Jeca」  ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルチアーノ
Zeze Di Camargo & Luciano 
Anglino de Oliveira  
「Calix Bento」  ネイ・マットグロッソ
Ney Matgrosso 
Tavinho Moura   
「Teneladas de Paixao」  ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルチアーノ
Zeze Di Camargo & Luciano 
Darci Rossi
Serginho Sol, Alexandrez
 
「Dou A Vida Por Um Beijo」  ↑  Antonio Luiz
Lecilio Nea e Lalo Prado
 
「Como Vai Voce」  アントニオ・マルコスと
ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルチアーノ
Antonio Marcos e
Zeze Di Camargo & Luciano 
Antonio Marcos
Mario Marcos
 
「Quem Sou Eu Sem Ela」  ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルチアーノ
Zeze Di Camargo & Luciano 
Zeze Di Camargo   
「E O Amor」  ↑  Zeze Di Camargo    
「Saudade Brejeira」  カエターノ・ヴェローゾと
Caetano Veloso e
Zeze Di Camargo & Luciano
Jose Eduardo Morais
Nasr Chaul
カエターノ・ヴェローゾ
エンド曲に登場! 
「O Lavrador」  Wanessa Camargo e
Nando Reis 
Niceias Drumont
Cecillio Nena...
 
「Eu e Meu Pai」  ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルチアーノ
Zeze Di Camargo & Luciano
Vicente Dias e Cleide  
「Ta Faltando Alquem Aqui」  ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルチアーノ
Zeze Di Camargo & Luciano
Zeze Di Camargo
Henrique e Pescuma
 



「ブルータル・ジャスティス Dragged Across Concrete」 2018年 
(監)(脚)(音)スティーブン・クレイグ・ザラー(米)
(製)キース・キャルヴァル、ダラス・ソニアー他(製総)ウェイン・M・ゴッドフリー、ロバート・ジョーンズ他
(撮)ベンジ・バクシ
(PD)ブライアン・デイヴィー
(編)グレッグ・ダイリア
(音)ジェフ・ヘリオット
(出)メル・ギブソン、ヴィンス・ヴォーン、トリー・キトルズ、ドン・ヘンリー、ジェニファー・カーペンター、ウド・キア
これこそ日本未公開の掘り出し物犯罪アクション・サスペンスの傑作
久々のタランティーノ&北野武スタイルの本格派がうれしい!70年代のフィルムノワール世界が再現。
面白いに決まっている「悪者3スクミ状態」がたまりません!最後までハラハラ・ドキドキの展開が2時間半。
様々な仕掛けや小道具に注目して見ましょう!ちゃんと回収されています。
「張り込みで楽しいのは、終わった時と食べてるとき」 名言です! 
<音楽>
70年代ソウルの名曲を掘り起こしたのか?と思ったら監督のオリジナル曲?凄い!
監督は1973年1月23日マイアミ生まれのユダヤ系。映画監督だけでな脚本、小説、作曲も手がける才人!
曲名 演奏  作曲 コメント
「A Better Place for Us」  S.Craig Zhler  S.Craig Zhler
Jeff Herriott
監督が歌ってます!
「Don't Close The Drive In」  Butch Tavares  S.Craig Zhler
Jeff Herriott 
 
「Gilded Life of the Rich Man」  The O'Jays
feat.Eddie Levert,Walter Williams
S.Craig Zhler
Jeff Herriott 
 
「My Magic Tricks」  Adi Armour  S.Craig Zhler
Jeff Herriott 
 
「She's My Ice Cream Sundae」  Butch Tavares S.Craig Zhler
Jeff Herriott 
 
「Shotgun Safari」  The O'Jays
feat.Eddie Levert,Walter Williams 
S.Craig Zhler
Jeff Herriott 
ライオン狩りのゲーム 
「Sneaking Around At Night」    S.Craig Zhler
Jeff Herriott 
 
「Street Corner Felines」  The O'Jays
feat.Eddie Levert,Walter Williams 
S.Craig Zhler
Jeff Herriott 
 

ベスト・オブ・エネミーズ 価値ある闘いThe Best of Enemies」 2019年  
(監)(製)(脚)ロビン・ビセル(アメリカ)
(製)マット・ベレンソン、トビー・マグワイア他(製総)リック・ジャクソン、ロバート・シモンズ他
(原)オシャ・グレー・デビッドソン(撮)デヴィッド・ランゼンバーグ(音)マーセロ・ザーヴォス
(出)タラジ・P・ヘンソン、サム・ロックウェル、ウェス・ベントリー、アン・ヘッシュ、ニック・サーシー
<あらすじ>
1971年ノースカロライナ州ダーラム、黒人の小学校が火事になり、人種統合が話し合われることに。
白人代表議長に選ばれたのはKKKの支部長CP。黒人活動家のアンが黒人側の代表。
二人は当初から対立しますが、それぞれ問題を抱え、それを話し合う仲でしだいに友情が芽生えます。
12人(白黒6人づつ)による投票が行われますが、その結果は?  
嘘のような本当の話が起きるのもまたアメリカならでは!さすがは民主主義の国です。(だった?) 
対立しても話し合うことで事態は解決へと向かう、と考えることの大切さを教えてくれます。
サム・ロックウェルがまたも名演!地味ながら素晴らしい映画だと思います。 
曲名 演奏 作曲  コメント 
「Blue Bayou」  ロイ・オービソン
Roy Orbison 
Roy Orbison
Joe Melson 
リンダ・ロンシュタットがカバー が有名
バイユーは南部の沼地
「Hand Clapping Song」  ザ・ミ―ターズ
The Meters 
Joseph Modeliste
Arthur Neville
Leo Nocentelli
George Porter Jr.
ニュー・オーリンズ・ファンクの大御所
ネヴィル・ブラザースの前身バンド
「Those Magic Moments」  Yvonne De Vaney   
「Cissy Strut」 ザ・ミ―ターズ
The Meters  
Joseph Modeliste
Arthur Neville
Leo Nocentelli
George Porter Jr. 
 
「Knock Three Times」  Billy Crash Craddock  L.Russell Brown
Irwin Levine 
 
「Queen Bitch」  デヴィッド・ボウィ
David Bowie 
この時期はちょうどグラム・ロックブーム 
「Grandma's Hands」  ビル・ウィザース
Bill Withers 
黒人シンガーソングライターの大物 
「We'll Meet Again」  Vera Lynn  Ross Parker
Hugh Charles 
 
「Hudy Gurdy Man」  ドノヴァン
Donovan
英国のシンガーソングライターの代表曲
「The Meaning of Living」  Yvonne De Vaney    
「Tired of Being Alone」  Michael Grimm  アル・グリーン
Al Green 
ソウル界のレジェンドの曲をカバー
「Preach」  ジョン・レジェンド
John Legend 
Sara Aarons
Greg Kurstin
John Legend
現代ソウル界のレジェンド
エンディング曲

「マルコム&マリー Malcolm & Marie」 2021年 
(監)(製)(脚)サム・レヴィンソン(アメリカ)バリー・レヴィンソンの息子!
(製)ゼンデイヤ、ジョン・デヴィッド・ワシントン、アシュレイ・レヴィンソン他(撮)マーセル・レヴ(編)ジュリオ・C・ペレス
(PD)ミカエル・グレイスリー(音)ラブリンス
(出)ゼンデイヤ、ジョン・デヴィッド・ワシントン  
<あらすじ>
初監督作品のプレミア上映で成功を収めた黒人監督マルコムは、ガールフレンドのマリーとマリブの豪邸に帰宅。
しかし、マリーは上映挨拶に自分の名前が忘れられていたことに腹を立てていました。ケンカを始める二人。
薬物依存だった彼女がモデルになっていたのに、自分のおかげでできた作品のに・・・と怒るマリーに逆切れしたマルコムも反撃。 
新型コロナ禍の真っ最中に撮影された二人だけの芝居はセリフも多く、感情の爆発の連続という芝居合戦。
映画論、夫婦論、男性・女性論、人種差別問題など様々な問題が語られますが、音楽が良いこともあり、飽きさせません。
撮影も工夫しているし、怒涛の台詞も圧巻。ゼンデイヤはもちろんながら、ジョン・デヴィッド・ワシントンもベテラン俳優の貫禄!
少々大人向け、映画ファン向けですが充分に楽しめる作品です! 
曲名 演奏 作曲  コメント 
「Down And Out In New York City」   ジェームズ・ブラウン
James Brown 
Bodie Chandler
Barry De Vorson 
 
「Selfish」  Little Simz ft. Cleo Sol  Simbiatu A.A. Ajikawo
Dean J. Cover
Cleopatra Nikolic
 
「Betaminus」  Zoot Sims
Jim Hall,Jimmy Raney 
Robert A. Shad   
「Yum Yum(Gimme Some)」  The Fatback Band  John Wylie King   
「In A Sentimental Mood」 デューク・エリントンDuke Ellington
ジョン・コルトレーンJohn Coltrane 
Duke Ellington   
「I Forgot To Be Your Lover」  William Bell  William Bell
Booker T.Jones Jr. 
 
「Flor de Azalea」  Frankie Reyes  Manuel E. Gonzalez
Zacarias Gomez 
 
「Boa」  Sam Gendel,Sam Wilkes  ←   
「Get Rid of Him」  Dionne Warwick  Howard Greenfield
Helen Miller 
 
「Wasted」  NNAMDi  Nnamdi Ogbennaya   
「Goin Home」  Archie Shepp & Horace Parlan  Antonio Dvorak   
「Liberation」  Outkast ft. Cee-Lo  Ruben Bailey
Andre Benjamin
Erica Wright... 
 

映画の中のヒット曲トップへ   トップページヘ