物理学関連
「イリヤ・プリゴジーヌ」現代思想1986年12号 イリヤ・プリゴジーヌ、浅田彰、北原和夫ほか 青土社
「カオスの自然学」(水、大気、音、生命、言語から) テオドール・シュベンク 工作舎
「ガリレオ・ガリレイ」 青木靖三 岩波新書
「還元主義を超えて」 アーサー・ケストラー 工作舎
「空像としての世界」 ケン・ウィルバー(編・著) 青土社
「混沌からの秩序」 イリヤ・プリゴジン&イザベル・スタンジュール みすず書房
「タオ自然学」 フリッチョフ・カプラ 工作舎
「断片と全体」 デヴィッド・ボーム 工作舎
「ニールス・ボーア」 ルース・ムーア 河出書房
「複雑系- 科学革命の震源地 -」 M・ミッチェル・ワールドロップ 新潮文庫
「物理と認識」 ウォルフガング・パウリ 講談社
「物理法則はいかにして発見されたか」 リチャード・P・ファインマン ダイヤモンド社
「物質の究極」 H・R・パージェル 地人選書
「部分と全体」 ウェルナー・ハイゼンベルク みすず書房
「ホロン革命」 ア−サー・ケストラー 工作舎
「量子の世界」 H・R・パージェル 地人選書
数学
「素数の音楽」  マーカス・デュ・ソートイ 新潮文庫 
天文物理関連
「宇宙誌」 松井孝典 徳間書店
「宇宙は無数にあるのか」 佐藤勝彦 集英社新書
「コスモス」 カール・セーガン 朝日文庫
「ホーキングの宇宙論」(ブラック・ホールからベビーニバースユへ) スティーブン・ホーキング 日本放送出版局
「ホーキング、宇宙を語る」(ビッグバンからブラックホールまで) スティーブン・ホーキング 早川書房
科学全般
「エチカル・アニマル」 C・H・ウォディントン 工作舎
「科学革命の構造」 トーマス・クーン みすず書房
「科学思想の歴史」(ガリレオからアインシュタインまで) チャールズ・C・ギリスピー みすず書房
「科学的方法とは何か」 浅田彰、黒田末寿、佐和隆光ほか 中公新書
「科学技術人名事典」 アイザック・アシモフ(編・著) 共立出版
「かくれた次元」 エドワード・ホール みすず書房
「偶然の本質」 アーサー・ケストラー 蒼樹書房
「時間の矢、生命の矢」 ピーター・コブニー、ロジャー・ハイフィールド 草思社
「時空は踊る」(関係としての世界) B・トーベン、F・A・ウルフ 青土社
「シンクロニシティ」 F・デヴィッド・ピート 朝日出版社
「生命潮流」 ライアル・ワトソン 工作舎
「ニューサイエンス」現代思想1984年1号 M・セール、D・ロイ、J・ウェルウッドほか 青土社
精神、脳、心理学
「意識のスペクトル」 ケン・ウィルバー 春秋社
「エデンから(超意識への道)」 ケン・ウィルバー 講談社
「心の科学」 ナイジェル・コールダー みすず書房
「精神の生態学」 グレゴリー・ベイトソン 思索社
「生命と場所」(意味を創出する関係科学) 清水博 NTT出版
「人間と象徴」(無意識の世界) C・G・ユング 河出書房新社
「人間はどこまで動物か」- 新しい人間像のために - アドルフ・ポルトマン 岩波新書
「人間機械論」(人間の人間的な利用) ノーバート・ウィーナー みすず書房
「脳の話」 時実利彦 岩波新書
「マインズ・アイ」 D・R・ホフスタッター、D・C・デネット TBSブリタニカ
生物学、進化論
「海・呼吸・古代形象」 三木成夫 うぶすな書院
「偶然と必然」 ジャック・モノー みすず書房
「攻撃」(悪の自然誌) コンラート・ローレンツ みすず書房
「個体発生と系統発生」(進化の観念史と発生学の最前線) スティーブン・J・グールド 工作舎
「植物が出現し、気候を変えた」 デヴィッド・ビアリング  みすず書房
「進化と精神」 ジュリアン・ハックスリー 思索社
「人体に秘められた動」 香原志勢 NHKブックス
「森林がサルを生んだ」(原罪の自然誌) 河合雅雄 平凡社
「生態学」(概念と理論の歴史) ロバート・P・マッキントッシュ 思索社
「生物=生存機械論」(利己主義と利他主義の生物学) リチャード・ドーキンス 紀伊国屋書店
「生物進化を考える」 木村資生 岩波新書
「生命の起源を解く七つの鍵」 A・G・ケアンズ=スミス 岩波書店
「生命論パラダイムの時代」 イリヤ・プリゴジン、浅田彰、立花隆ほか ダイヤモンド社
「創造的進化」 アンリ・L・ベルグソン 岩波文庫
「ダーウィン以来」(進化論への招待) スティーブン・J・グールド 早川書房
「地球の海と生命」(海洋生物地理学序説) 西村三郎 海鳴社
「チャーチルの昼寝」(人間の体内時計の探求) ジェレミー・キャンベル 青土社
「動物にとって社会とはなにか」 日高敏隆 講談社学術文庫
「動物の体はどのようにしてできるか」- 発生生物学入門 - 岡田節人 岩波新書
「ドーキンスvsグールド」 キム・ステルレルニー ちくま学芸文庫
破壊する創造者 ウイルスが人を進化させた」 フランク・ライアン 早川書房
「裸のサル」(動物学的人間像) デズモント・モリス 角川文庫
「パンダの親指」(進化論再考) スティーブン・J・グールド 早川書房
「蜜蜂の生活」 モーリス・メーテルリンク 工作舎
眼の誕生 カンブリア紀大進化の謎を解く アンドリュー・パーカー 草思社 
「猛獣はなぜ数が少ないか」(生態学への招待状) ポール・コリンヴォー 早川書房
「野生の思考」 クロード・レヴィ・ストロース みすず書房
形態、デザイン
「形の全自然学」(自然と芸術の形態をめぐるシンポジウム) ランスロット・L・ホワイト(編) 工作舎
「形の冒険」 ランスロット・L・ホワイト 工作舎
「自然界における左と右」 マルティン・ガードナー 紀伊国屋書店
「自然のパターン」(形の生成原理) ピーター・スティーブンズ 白揚社
「生命形態学序説」- 根源形象とメタモルフォーゼ - 三木成夫 うぶすな書院
「生命のニューサイエンス」(形態形成場と行動の進化) ルパート・シェルドレイク 工作舎
自然、海、気候
「新しい気候の科学」 トマス・レヴェンソン 晶文社
「海辺」(生命のふるさと) レイチェル・カーソン 平河出版社
「風の博物誌」 ライアル・ワトソン 河出書房新社
「7/10 海の自然誌」 ジェームス・ハミルトン=パターソン 工作舎
スノーボールアース Snowdall Earth - 生命大進化をもたらした全地球凍結 -」 ガブリエル・ウォーカー  早川書房
「センス・オブ・ワンダー」 レイチェル・カーソン 新潮社
「地球生命圏」(ガイアの科学) ジム・E・ラブロック 工作舎
「沈黙の春」 レイチェル・カーソン 新潮文庫
「未知の贈りもの」 ライアル・ワトソン 工作舎
超常現象、オカルト
「オカルト」 コリン・ウィルソン 平河出版社
「至高体験」自己実現のための心理学 コリン・ウィルソン 河出書房新社
「世界不思議百科」 コリン・ウィルソン 青土社
「超オカルト」 コリン・ウィルソン ペヨトル工房
その他のノンフィクション(伝記、博物学など)
「宇宙からの帰還」 立花隆 中公文庫
「大博物学者」 - 南方熊楠の生涯 - 平野威馬雄 リブロポート
「大博物学時代」(進化と超進化の夢) 荒俣宏 工作舎
「科学文明に未来はあるか」 野坂昭如(編、著) 岩波新書
知られざる天才二コラ・テスラ エジソンが恐れた発明家」 新戸雅章 平凡社新書 
「人間にとって科学とはなにか」 湯川秀樹、梅棹忠夫 中公新書
「未知の生物を求めて」(探検博物学に輝く三つの星) 西村三郎 平凡社
「目玉と脳の大冒険」(博物学者たちの時代) 荒俣宏 筑摩書房
ライトスタッフ(七人の宇宙飛行士) トム・ウルフ 中公文庫
「理科系の文学誌」 荒俣宏 工作舎
レイチェル・カーソン ポール・ブルックス 新潮出版

20世紀科学史へ   トップページへ