SF映画の歴史をつくった傑作・話題作・掘り出し物


「月世界旅行」、「2001年宇宙の旅」、「ブレードランナー」、「トゥモロー・ワールド」、「インセプション」・・・
<SF映画の時代>
 2017年という年は、SF映画の歴史において、非常に重要な年になりました。過去89回のアカデミー賞の歴史上、初めてSF映画が最優秀作品賞を受賞したのです。これまで最優秀作品賞を受賞した作品を見て見ると、時代の変化と共に様々なジャンルの作品が受賞していることがわかります。
 戦争映画、歴史映画、西部劇、サスペンス映画、ミュージカル映画、コメディー映画、恋愛映画、恋愛映画、サイレント映画、スポーツ映画、ファンタジー映画、ギャング映画、LGBT映画、犯罪映画、伝記映画・・・しかし、その中にSF映画はこれまで1本もありませんでした。 
 しかし、SF映画の受賞に対し驚きの声は今回まったくありませんでした。それは、時代はすでにSF映画の受賞をいつでも受け入れられるように準備ができていたからです。このことは、過去の作品賞の候補作を調べるとよくわかります。
 最初にSF映画がアカデミー作品賞の候補になったのは、1964年の「博士の異常な愛情」です。監督は、「2001年宇宙の旅」の監督でもあるスタンリー・キューブリックです。皮肉なことに、「2001年宇宙の旅」は、映画史に残る名作にも関わらず作品賞の候補とはならず、1971年の「時計じかけのオレンジ」で再び作品賞の候補になっています。1970年代にはもう一本1977年の「スター・ウォーズ」だけが作品賞の候補となっています。
 1980年代に候補となったのは、1982年の「ET」のみで、1990年代には1本もありません。2000年代に入っても候補作はなかったのですが、2009年に以降、次々と候補作が現れます。2009年には「アバター」、「第9地区」の2作、2010年「インセプション」、2011年「ツリー・オブ・ライフ」、2013年「ゼロ・グラヴィティ」、「her/世界にひとつだけの彼女」、2015年「マッド・マックス/怒りのデスロード」、「オデッセイ」、2016年「メッセージ」と急激に増えてきていました。(候補作品の数自体も増えているのですが・・・)これだけ、候補作品が増えていれば、最優秀に選ばれたのも時代の流れから当然だったと言えると思います。逆に考えると、21世紀になって映画化するに値する観客を驚かせるような原作がSF以外になくなってきたせいもあるかもしれません。アニメの実写化や過去の名作のリメイクが増えているのもそのことを示しているといえそうです。そう考えると、今後もSF映画のアカデミー賞受賞は増えて行くと思います。

<SF映画の歴史>
 SF映画の歴史は、映画の歴史と共に始まり、映画の技術の進化と共に進化してきたといえます。最初のSF映画ともいえる「月世界旅行」の監督ジョルジュ・メリエスが元々奇術師だったのは、偶然ではありませんでした。彼の持っていた特殊効果の技術なくして、ロケットを月にまで飛ばす映像を生み出すことはできなかったのですから。
 しかし、特殊効果の技術はまだまだ誕生したばかりで、SF小説が想像力の翼を羽ばたかせた1950年代にはそれを映像化することはできずにいました。そのため、当時の映画を今見るとどうしてもリアリティ不足は免れません。(それでも、映画として十分に見ごたえはあるはずです)
 その意味では、SF映画はリメイクされることでそのクオリティーが向上し、より面白い作品になってゆく可能性があります。他のジャンルの映画の場合は、リメイク作品がオリジナル作品を越えることはなかなか困難なことですが、SFは例外的な存在なのです。
 ただし、ここまで特殊効果の技術が進化してしまうと、今後は映画の「ストーリー」、「演出」、「演技力」、「映像美」など映画の本質的な部分での勝負が必要になってくるでしょう。

<SF映画の定義>
 「SF小説」における「SF」の定義とはもともとは「サイエンス・フィクション」のことでした。しかし、映画界における「SF映画」は、そのほとんどが「サイエンス・ファンタジー」と呼ぶべき作品群のことで、「スター・ウォーズ」などのように「スペース・ファンタジー」と呼ぶべき作品もあります。それでも以下にまとめたSF映画の傑作選では、「サイエンス」に一応はこだわりました。そのため、マーベルのアベンジャーズ・シリーズやトランスフォーマー・シリーズ、X-MENシリーズなどは、基本的には選んでいません。(正直それをやるときりがないので・・・)
 ただし、科学的には証明されてはいなくても、「平行宇宙」や「ブラックホール」、「シンクロニシティ」など、今後解明される可能性がある科学理論をもとにした映画は「ファンタジー」ではなく「科学」に基づく「SF」のジャンルに入れています。
 「死後の世界」、「オカルト映画」、「ゾンビ映画」もNGとしているので、スティーブン・キングの小説が原作のものも除外しました。
 そして、もうひとつ重要なことは、「SF」は「サプライズ・フィクション」でもなければならないということです。そこには見る人を驚かせる何かが必要なのです。たとえ、映画の舞台が2050年の火星の基地だったとしても、そこで展開するドラマが今と変わらない恋愛ものだったり、犯罪ものだったとしたら、それをSF映画とは呼べません。そこには、2050年だからこそあり得る社会現象や火星だからこそ起こり得る事件が描かれてなければならないのです。
 そんな観点から作品を選んでみました。下のグラフはリストにあげた作品の年代別の数です。


<名監督の登竜門>
 SF映画は一度は撮って見たいジャンルのようで、多くの大物監督たちがSF映画を撮っています。ラース・フォン・トリアー「メランコリア」、ジャン=リュック・ゴダール「アルファビル」、フランソワ・トリュフォー「華氏451度」、ウォン・カーウェイ「2046」、ダーレン・アロノフスキー「ファウンテン」、デヴィッド・リンチ「砂の惑星」、スティーブン・ソダ―バーグの「ソラリス」、ライナー・V・ファスビンダー「あやつり糸の世界」、ジョージ・ロイ・ヒル「スローターハウス5」、アラン・レネ「ジュテーム・ジュテーム」、フリッツ・ラング「メトロポリス」、フランシス・フォード・コッポラ「ペギー・スーの結婚」・・・
 そして優れたアイデアがあれば低予算でも製作可能なSF映画、そしてヒット作が生まれるとシリーズ化されるSF映画は、新人、もしくは無名の監督が成功のチャンスを得ることができる貴重なジャンルでもあります。ジェームズ・キャメロンの「ターミネーター」、ジョージ・ルーカスの「THX-1138」、ジョン・セイルズの「ブラザー・フロム・アナザー・プラネット」、アレックス・コックスの「レポマン」、ダンカン・ジョーンズの「月に囚われた男」、ギャレス・エドワーズの「モンスターズ/地球外生命体」、ライアン・ジョンソンの「LOOPER/ルーパー」・・・
 新人監督が多いために、監督の名前だけで判断できないのが、このジャンル。したがって、どれを見ればいいのか?わかりずらいのもこのジャンルです。というわけで、過去のSF映画の代表作、名作、埋もれた快作をリストアップしてみました。きっとあなたが見逃している面白い作品があるはず。是非、参考にしてください!


<史上最高のSF映画”ベスト10>
英国の映画誌TOTAL FILMが行った投票の結果です。

「一度鑑賞すれば、『ブレードランナー』のシーンの多くは永遠に頭に焼きつく。
最も暗く、最も素晴らしいSF映画だ」

編集者ジェイミー・グレアム

1位ブレードランナー』(1982年)
2位スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』(1980年)
3位2001年宇宙の旅』(1968年)
4位『エイリアン』(1979年)
5位スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(1977年)
6位『E.T.』(1982年)
7位『エイリアン2』(1986年)
8位インセプション』(2010年)
9位マトリックス』(1999年)
10位ターミネーター』(1984年)

11位『アバター」(2008年)

 
ローリングストーン誌が選んだ21世紀のSF映画ベスト20(2014年)
1位トゥモロー・ワールド」(2006年)
2位インセプション」(2010年)
3位アンダー・ザ・スキン 種の捕食」(2013年)
4位「WALL・E ウォーリー」(2008年)
5位ゼロ・グラヴィティ」(2013年)
6位「第9地区」(2009年)
7位「セレニティー」(未)(2005年)
8位「Looper/ルーパー」(2012年)
9位Her/世界でひとつの彼女」(2013年)
10位「グエムル 漢江の怪物」(2006年)
11位「ワールズエンド 酔払いが世界を救う!」(2013年)
12位「月に囚われた男」(2009年)
13位「マイノリティー・リポ-ト」(2002年)
14位「プライマー」(2004年)
15位「クローバーフィールド/HAKAISHA」(2008年)
16位「アタック・ザ・ブロック」(2011年)
17位「サラマンダー」(2002年)
18位「モンスターズ/地球外生命体」(2010年)
19位ドニー・ダーコ」(2001年)
20位「サンシャイン2057」(2007年) 
ちなみに「惑星ソラリス」、「攻殻機動隊」、「風の谷のナウシカ」、「ストーカー」、「ゼロ・グラビティ」、「メランコリア」、「トゥモロー・ワールド」、「インセプション」も入れたいです。
 
                    41+ 
                  37 
            35 35  
                28     
                   
                   
           16          
     6   10            
             
1900 1920 1930 1940  1950 1960 1970 1980 1990  2000 2010


僕なりに作品を評価して見ました(あくまでも個人の見解です)
SF映画は数が多いので何を見たらよいかわからないものです。
是非、参考にしてください!


サイト内にページがある作品 今でも見るべき名作 掘り出し物の快作 未見ですが面白そう! 未見orそれほどでも
         

1900年代
「月世界旅行」  1902年  ジョルジュ・メリエス H・G・ウェルズとジュール・ベルヌの宇宙旅行を映像で再現した元祖SF映画。
メリエスはもともと手品師で映画はその延長だった  
1920年代
「メトロポリス」  1927年 フリッツ・ラング 科学の進歩が生み出す反ユートピア社会を描いた近未来超大作 
1930年代
「月世界征服」 1930年 エドマンド・グールディング  ダグラス・フェアバンクス主演アーヴィング・バーリンが原案のミュージカルSF! 
「フランケンシュタイン」 1931年  ジェームズ・ホエール  ボリス・カーロフ主演の第一作、SF小説の原点最初の映画化作品 
「獣人島」  1932年 アール・C・ケントン  人間と動物を手術によって作り直す、人造人間ものの元祖
H・G・ウェルズ原作「ドクター・モローの島」の映画化 
「透明人間」 1933年  ジェームズ・ホエール  クロード・レインズ主演で原作はH・G・ウェルズ、最初の映画化で大ヒット作 
「モダンタイムス」  1936年  チャールズ・チャップリン  近未来(1930年代にとってはですが・・・)の工場を舞台にしたディストピアSF 
チャップリンの代表作
「来るべき世界」 1936年 ウィリアム・C・メンジーズ  H・G・ウェルズ原作の近未来SFですが、もう時代はすでに追い越してしまっているのでノスタルジックSF? 
1940年代
「素晴らしき哉、人生!」 1947年 フランク・キャプラ もうひとつの未来を描いた分岐世界型ファンタジー
1950年代
「地球が静止する日」  1951年  ロバート・ワイズ 原作はハリー・ベイツの短編小説「来訪者」
2008年にはキアヌ・リーブス主演でリメイクされた名作 
「遊星からの物体X」  1951年  クリスチャン・ナイビー   原作はジョン・キャンベル・Jrの短編小説「影が行く」、謎の異星人による侵略ものの名作 
「宇宙戦争」  1953年  バイロン・ハスキン  火星人の地球侵略と人類の戦いを描いたH・G・ウェルズ作品の映画化
「ゴジラ」  1954年  本多猪四郎  怪獣映画の先駆けは人類に放射能を恐ろしさを知らせるための本格SF映画でもありました 
「海底二万哩」  1954年  リチャード・フライシャー  ジュール・ベルヌの歴史的名作を映画化でジェームス・メイスン、ポール・ルーカス主演 
「大アマゾンの半魚人」 1954年  ジャック・アーノルド  フランシュタインやドラキュラに継ぐキャラクター半魚人のデビュー作品 
「ボディー・スナッチャー/
恐怖の街」
 
1956年  ドン・シーゲル  原作はジャック・フィニーの「盗まれた街」、共同脚本はサム・ペキンパー
人類と入れ替わり侵略を進める植物系宇宙人と医師との戦い。 
「禁断の惑星」  1956年  フレッド・M・ウィルコックス  惑星探査の途中に着陸した謎の惑星で宇宙飛行士が巻き込まれるトラブル
「蠅男の恐怖」  1958年  カート・ ニューマン 物質転送装置の開発中に人間と蠅を一緒に送り合体させてしまったために誕生した「蠅男」の悲劇
原作はジョルジュ・ランジュランの「蠅」 
「渚にて」  1959年 スタンリー・クレイマー  ネヴィル・シュートの原作の終末SFの名作
核戦争後、生き残った南半球に住む人類の静かな終末の日々
1960年代
「タイムマシン」  1960年  ジョージ・パル  原作はもちろんH・G・ウェルズ。元祖タイムマシン映画 
「光る眼」  1960年 ウルフ・リーラ ジョン・ウィンダムの原作小説を映画化
異星人による地球侵略(入れ替わり)SFの代表作 
「呪われた者たち」  1963年  ジョゼフ・ロージー  赤狩りで亡命したジョゼフ・ロージーがハマー・フィルムで撮ったSF 
「博士の異常な愛情」」  1964年  スタンリー・キューブリック  ピーター・セラーズ主演の近未来核戦争を描いたブラック・ユーモアSFの歴史的傑作
「アルファビル」  1965年  ジャン=リュック・ゴダール  フランス映画を代表する巨匠が挑んだSF!人工知能によって支配される近未来が舞台 
「華氏451度」  1966年  フランソワ・トリュフォー  焚書により文明を否定する管理社会を描いた古典的名作の映画化
「ミクロの決死圏」  1966年  リチャード・フライシャー  人間の体内に治療のためミクロサイズになって侵入するという異色の傑作SF映画
当時としては画期的な特殊効果による映像でしたが、今見ても充分楽しめます
「セコンド/
アーサー・ハミルトンからトニー・ウィルソンへの転身」
1966年 ジョン・フランケンハイマー 手術によって、もう一つ別の人生を歩み出した主人公が、二人の人物の間で混沌とした状態に・・・
「バーバレラ」  1967年  ロジェ・バディム  ジェーン・フォンダ、ジャン・フィリップ・ロー主演のエロチック・SFの先駆作 
「プレイタイム」  1967年  ジャック・タチ  1200万ドルを賭けて作られた近未来都市を舞台にした不思議なコメディ映画 
ジャック・タチの映画生命を終わらせた偉大なる失敗作
「火星人地球大襲撃」  1967年  ロイ・ウォード・ベーカー  ロンドンの地下鉄工事現場で発見された宇宙船、それは昆虫型火星人のものだった
「猿の惑星」  1968年  フランクリン・J・シャフナー ピエール・ブール原作の小説を映画化した大ヒット・シリーズの第一作
全部でひとつのお話なので5作全部見ることをお薦めします!
「2001年宇宙の旅」  1968年  スタンリー・キューブリック アーサー・クラーク原作の人類進化SFの傑作中編小説「前哨」を映画化 
神のごとき進化した人類の誕生、それを仕掛けたモノリスの存在とは?
「ナイト・オン・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生」 1968年  ジョージ・A・ロメロ ゾンビ映画の原点でロメロが脚本・撮影も担当した伝説的作品
SFじゃないのですが、もとはブードゥーの薬物による仮死状態からの復活のこと 
「まごころを君に」   1968年  ラルフ・ネルソン  泣かせるSF小説の最高傑作「アルジャーノンに花束を」の映画化
クリフ・ロバートソンがアカデミー主演男優賞受賞 
「ジュテーム・ジュテーム」  1968年  アラン・レネ  フランスを代表する巨匠によるタイムトラベルものらしいのですが、あったんですね 
1970年代 
「続・猿の惑星」  1970年  テッド・ポスト  「猿の惑星」第一作の続きで地球が爆発し、猿が過去へと向かうことになります 
「時計じかけのオレンジ」  1971年 スタンリー・キューブリック  暴力性を精神的な治療によって強制する近未来の管理社会を描いたSF 
主演はマルコム・マクドウェル
「アンドロメダ・・・」  1971年  ロバート・ワイズ  マイケル・クライトン「アンドロメダ病原体」の映画化。著者の医学的知識が生かされた近未来SF
隕石の落下によって多くの人命が失われた中、ある種の人々だけが生き残った!(少年と糖尿病患者)
それはなぜなのか? 
「THK-1138」  1971年  ジョージ・ルーカス  ルーカスが大学時代に作った作品のリメイクであり、デビュー作
主演は若かりしロバート・デュバルとドナルド・プリーゼンス
「新・猿の惑星」  1971年  ドン・テイラー  過去に戻り現在に現れた猿たちが人間に迫害され危機に追い込まれる物語 
「惑星ソラリス」  1972年  アンドレイ・タルコフスキー  人間の意識を再現する能力をもつ巨大な惑星の海に迷い込んだ宇宙飛行士たちの物語
原作はスタニフワフ・レム
「スローターハウス5」  1972年  ジョージ・ロイ・ヒル  カート・ヴォネガットJrの時空スリップSF小説の映画化でカンヌ国際映画祭審査員賞
ジョージ・ロイ・ヒルの隠れた傑作
「猿の惑星・征服」  1972年  J・リー・トンプソン  人間から逃れた猿の子供が人間に改良された猿たちを率いて反乱を開始 
「サイレント・ランニング」  1972年  ダグラス・トランブル  生命が存在できなくなった地球から旅立った宇宙船で植物たちを管理する男とロボットの友情物語
特殊効果の巨匠によるエコロジーSF映画の原点 
「赤ちゃんよ永遠に」  1972年  マイケル・キャンパス  食料危機のため赤ちゃんを産むことが許されなくなった未来社会で禁断の赤ちゃんを育てる夫婦
オリバー・リード、ジェラルディン・チャップリン主演 
「ミツバチのささやき」  1973年  ビクトル・エリセ  フランコ時代を舞台にした「フランケンシュタイン」と少女の物語 
「ウエストワールド」 1973年  マイケル・クライトン  西部劇の世界を再現したハイテク遊園地で起きたロボットたちの反乱
原作者のマイケル・クライトンが自ら監督、主演はユル・ブリンナー
「最後の猿の惑星」  1973年  J・リー・トンプソン  猿たちは核兵器により崩壊した地球で、このままでは地球が壊滅することを知ります
彼らは対立をやめ人類も含めた新たな世界の構築を目指しますが、それは可能なのか? 
「ソイレント・グリーン」  1973年  リチャード・フライシャー  食糧不足が深刻化した地球で究極の食料となったのは、人間だった・・・舞台となったのは2022年!
原作は、ハリー・ハリソンの「人間がいっぱい」で主演は、チャールトン・ヘストン
「日本沈没」  1973年  森谷司郎  小松左京の大ベストセラー小説の映画化で映画も大ヒット 
リメイクもされましたが・・・筒井康隆「日本以外全部沈没」もお忘れなく(これも映画化されています!)
「イルカの日」  1973年  マイク・ニコルズ ロバート・メルル原作の小説を映画化。イルカを軍事利用しようとする軍と科学者との対立を描いた感動作
主演はジョージ・C・スコット 
「ファンタスティック・プラネット」 1973年 ルネ・ラル―  フランス製のアニメーションSF作品
原作はステファン・ウルの「オム族がいっぱい」 
「あやつり糸の世界」  1973年  ライナー・V・ファスビンダー 仮想世界により未来社会を予測するプロジェクト「未来研究所」で起きた研究者の謎の死
ドイツの巨匠がSFを撮っていた!原作はダニエル・F・ガロイの「模造世界」
「ダークスター」  1974年 ジョン・カーペンター  カーペンターとダン・オバノンが学生時代に撮った作品のリメイク
「エイリアン」の原型となった伝説的でサイケデリックなSF映画 
「スリーパー」  1974年  ウディ・アレン  200年間の冷凍睡眠から目覚めた男を主人公にしたアンチ・ユートピア・パロディSF作品
ウディ・アレンはSFやタイムスリップものが意外に多い監督です
「未来惑星ザルドス」  1974年  ジョン・ブアマン  ザルドスはマルクスを真似たのか?核戦争によって荒廃した未来の地球を舞台にした近未来SF作品 
主演は、脱007を目指していたショーン・コネリー
「ローラー・ボール」  1975年  ノーマン・ジェイソン  ジェームス・カーン主演の近未来スポーツSFアクション、2001年にはリメイクされています 
「ロッキー・ホラー・ショー」  1975年  ジム・シャーマン  フランケンシュタインなどB級SFホラーのパロディ的ミュージカル
カルト映画の先駆となった歴史的おバカ作品(これはSFじゃないか?)
「地球に落ちてきた男」  1976年  ニコラス・ローグ  原作はウォルター・デイヴィスの同名小説。デヴィッド・ボウイ主演で映画化された異色のSF映画
ニコラス・ローグ監督による異星人との交流SF
「2300未来への旅」  1976年 マイケル・アンダーソン  30歳で生涯を終えなければならない未来を描いたディストピアSF 
主演はマイケル・ヨーク
「スター・ウォーズ」  1977年  ジョージ・ルーカス  SFといっても「スペース・ファンタジー」、この映画のヒットから数多くのSF映画が生まれた
シリーズ3部作の裏方、裏話、その影響について 
「未知との遭遇」  1977年  スティーヴン・スピルバーグ 異星人とのファースト・コンタクトを描いた超大作SF 
スピルバーグの子供時代からの夢を実現した集大成
「カプリコン1」 1977年  ピーター・ハイアムズ  アメリカの月面着陸はインチキだった?過去を描いた近未来SF? 
エリオット・グールド、ジェームズ・ブローリン主演
「合衆国最後の日」  1977年  ロバート・アルドリッチ  アメリカの核兵器を奪った犯罪者がソ連への攻撃を予告し、要求した条件とは近未来SFの快作
バート・ランカスター、リチャード・ウィドマーク主演、ただしすでに舞台は過去です 
「未来世界」  1977年  リチャード・T・ヘフロン  「ウエスト・ワールド」の続編。ピーター・フォンダ主演のB級近未来SF 
「ドクター・モローの島」  1977年 ドン・テイラー  H・G・ウェルズの同名小説2度目の映画化 
改造人間ものの元祖であると同時に「人間とは何か?」を描いた哲学的面もあるSF
「SFボディ・スナッチャー」  1978年  フィリップ・カウフマン  宇宙人による地球乗っ取り計画とそれを防ごうとする人間との闘い 
1956年ドン・シーゲル作品のリメイク
「スーパーマン」  1978年 リチャード・ドナー  これをSFに入れることには、さすがに?ですが・・・ 
主演はクリストファー・リーブ
「エイリアン」  1979年  リドリー・スコット  SFサスペンス映画の傑作であり、リアリティを重視するセットによるSF映画の先駆作品 
原作はダン・オバノン、主演は女性マッチョの元祖となったシガニ―・ウィーバー
「ストーカー」  1979年  アンドレイ・タルコフスキー  ソ連が生んだアルカジイ&ボリス・ストルガツキー原作「路傍のピクニック」の映画化
「惑星ソラリス」を撮った巨匠タルコフスキーのもう一つの傑作
「アルタード・ステーツ/未知への挑戦」  1979年  ケン・ラッセル  内宇宙SFアドヴェンチャー、モデルはジョン.C.リリー というドラッグ・カルチャー界のカリスマ博士
「2001年宇宙の旅」の精神世界版?主演はウィリアム・ハート
1980年代
「スター・ウォーズ/帝国の逆襲  1980年  アーヴィン・カーシュナー  「スター・ウォーズ」の続編で、シリーズ中の最高作とも言われる作品
「西部戦線異状なし」を思わせる戦闘シーンやメカが充実 
「ある日どこかで」  1980年 ジュノー・シュウォーツ  究極のタイムトラベル恋愛映画!ラベル風の美しい音楽も魅力的です!
精神力で時間を旅するという設定はSFか?と言えばそれまでですが、愛は時空の壁も越えるのです!
主演はクリストファー・リーブ、ジェーン・セイモア
「復活の日」  1980年  深作欣二  ウィルスによる人類滅亡の危機を描いた小松左京の小説を映画化した大作映画
角川映画が世界に向けて作った超大作でしたが・・・惜しい
「フラッシュ・ゴードン」  1980年  マイク・ホッジス  映画よりもクイーンのテーマ曲の方が有名かもしれません・・・ 
「マッドマックス2」  1981年  ジョージ・ミラー  低予算の前作に比べ、スケールの大きなバトルSF巨編となったシリーズ第二作
「ターミネーター」と同様、予算アップで2が1を越えた作品
「バカル―・バンザイの8次元ギャラクシー」 1981年  W・D・リクター  実験中8次元世界に飛ばされてしまった主人公がそこで凶悪な宇宙人と世界を守るために戦うことに・・・
ピーター・ウェラー、ジョン・リスゴー、エレン・バーキン、ジェフ・ゴールドブラムと意外に豪華
「ニューヨーク1997」  1981年  ジョン・カーペンター  カーペンターお得意の閉鎖空間(監獄になったマンハッタン島)を舞台にしたサスペンス作品 
カート・ラッセル、リー・ヴァン・クリーフ主演で1996年には続編「エスケープ・フロム・L.A.」も製作
「ブレードランナー」  1982年  リドリー・スコット  人間とアンドロイドの境界線は?SF映画の流れを変えた歴史的傑作
原作は、SF界の鬼才フィリップ・K・ディック 
「ET」 1982年  ステーヴン・スピルバーグ  スピルバーグによる異星人との交流ファンタジーSFの傑作 
「ビデオドローム」  1982年  デヴィッド・クローネンバーグ ビデオと人間の融合という異常な状況を描いた不気味なSFスプラッタ 
主演はジェームス・ウッズ、デボラ・ハリー
「スター・ウォーズ/ジェダイの復讐」  1983年  リチャード・マーカンド  シリーズ3部作の完結篇 
「遊星からの物体X」  1982年  ジョン・カーペンター  1951年同名作品のリメイク、南極で謎の異星人に襲われる探検隊の悲劇 
「トロン」  1982年  スティーヴン・リズバーガー  世界初のCG採用の長編映画
「カメレオンマン」  1983年 ウディ・アレン  珍しくウディの政治的主張が打ち出されたSF的作品(ヴェネチア映画祭イタリア批評家賞)
カメレオンのように時代と状況に合わせて変身を行う不思議な主人公の物語 
「時をかける少女」 1983年 大林宣彦  タイムトラベルものの傑作であるだけでなく数多くのリメイクを生んだ青春映画の傑作
筒井康隆原作の映画化 (1997年、2010年にもリメイク、2006年にはアニメ化)
原田知世、高柳良一、尾美としのり主演
「ターミネーター」  1984年  ジェームズ・キャメロン  「ターミネーター」シリーズの第一作で低予算作品として製作され大ヒットした出世作
主演はもちろんアーノルド・シュワルツネガー 
「ブラザー・フロム・アナザー・プラネット」  1984年  ジョン・セイルズ  ニューヨークを舞台にした異星人と人類のファースト・コンタクトSF、究極の低予算SF
ジョー・モートンの出世作
「1984」  1984年  マイケル・ラドフォード スターリンのソ連をモデルに描かれたジョージ・オーウェルの反共SF小説の映画化 
主演はジョン・ハート、リチャード・バートン
「デューン/砂の惑星」  1984年  デヴィッド・リンチ  エコロジーについて本格的に扱った最初の傑作大河SF小説を映画化
主演はカイル・マクラクラン、スティング
「レポマン」  1984年  アレックス・コックス  借金の代わりに車を取り立てる主人公が車の中から宇宙人の死体を発見
鬼才アレックス・コックスの映像、音楽の趣味全開の快作
主演はエミリオ・エステべス、ハリー・ディーン・スタントン
「スタートレック2/カーンの逆襲」  1984年  ニコラス・メイヤー  名作SFテレビ・シリーズの映画化作品の続編
主演はテレビ・シリーズと同じくウィリアム・シャトナー、レオナード・ニモイ 
「ゴーストバスターズ」  1984年  アイヴァン・ライトマン  幽霊退治のチームを描いたドタバタコメディ、でもSFじゃないですよね? 
主演はビル・マーレイ、ダン・エイクロイド
「2010年」 1984年  ピーター・ハイアムズ  映画史に残る名作「2001年宇宙の旅」の続編。よくぞ挑んだ! 
主演はロイ・シャイダー、ジョン・リスゴー
「風の谷のナウシカ」  1984年  宮崎駿  エコロジーと平和をテーマとして壮大なスケールのSFアニメ の名作
「うる星やつら
/ビューティフル・ドリーマー」
 
1984年 押井守  高橋留美子原作の大ヒットマンガの映画化で押井守の出世作
夢の中の世界という平行宇宙ものであると同時にノスタルジックな世界観も魅力の名作 
「未来世紀ブラジル」  1985年  テリー・ギリアム  不気味な管理国家を描いた近未来ディストピア・ブラック・ユーモアSF 
主演はジョナサン・プライス、ロバート・デニーロ
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」  1985年  ロバート・ゼメキス  ゼメキスの出世作であり、タイムトラベルもの、タイム・ループものの名作 
3作そろって完結というパターンの先駆作
「エイリアン2」  1986年  ジェームズ・キャメロン  「エイリアン」シリーズの2作品目だが、キャメロン色全開の傑作軍事バトルSF 
この後、エイリアン・シリーズは名監督の登竜門となります
「ザ・フライ」  1986年  デヴィッド・クローネンバーグ 「蠅男の恐怖」のリメイクだが、クローネンバーグとなると、やはり恐いグロい作品になっていました
ジェフ・ゴールドブラム、ジーナ・デイヴィス主演 
「ペギー・スーの結婚」  1986年  フランシス・F・コッポラ  これは一応タイムスリップ・ラブ・ストーリーですね。物理の天才がタイムトラベルについて説明してます。
キャサリン・ターナー、ニコラス・ケイジ主演(今や巨匠のソフィア・コッポラの出演しています!)
「ロボコップ」 1987年  ポール・ヴァーホーベン  ロボット化された警察官(ポール・ウェラー)の犯罪者たちとの戦いを描いた近未来SFシリーズ第一作
残虐描写はヴァーホーベンならではのエグさです 
「プレデター」  1987年 ジョン・マクティアナン  闘うために進化した迷彩宇宙人と最強人類との戦闘を描いたSFバトル・アクション 
アーノルド・シュワルツェネッガー、カール・ウェザース主演
「AKIRA」  1988年 大友克洋  世界中でブレイクしジャパニメーション・ブームの先駆となったSFアニメの傑作 
「ゼイ・リブ」  1988年 ジョン・カーペンター  宇宙人による地球侵略SF
ロディ・パイパー、メグ・フォスター主演
「汚れた血」  1988年  レオス・カラックス  未来のパリを舞台に謎の病が広まる中展開するSF恋愛ドラマ 
ドニ・ラヴァン、ジュリエット・ピノシュ主演
1990年代
「トータル・リコール」  1990年  ポール・ヴァーホーベン 火星移民と支配する人類との搾取と対立の構図は「ブレードランナー」とも共通
原作はP・K・ディックの「追憶売ります」。アーノルド・シュワルツネガー主演のヒット作
「アビス」  1990年  ジェームズ・キャメロン  深海に住む異星人と海底作業員との交流をい描いたファーストコンタクトもの
エド・ハリス、メアリ―・エリザベス・マストラントニオ主演
「ターミネーター2」  1991年  ジェームズ・キャメロン 高度なロボットによる人類絶滅の危機を救う戦いを描いたタイムトラベル&分岐型SF
第一作の大ヒットのおかげで、本当に撮りたかったクオリティーでリメイクされ大ヒット 
「エイリアン3」  1992年  デヴィッド・フィンチャー  刑務所惑星でのエイリアンとの新たなバトルSF、デヴィッド・フィンチャーのデビュー作
主演はシガニ―・ウィーバー、チャールズ・S・ダットン 
「ジュラシック・パーク」  1993年  スティーヴン・スピルバーグ  遺伝子を使って恐竜を復活させ恐竜の動物園を作ったら、という夢を実現
原作はマイケル・クライトン 
「トリコロール/赤の愛」  1994年  クシシュトフ・キェシロフスキ  これってSFなんですか?
ジャン=ルイ・トランティニャン、イレーヌ・ジャコブ主演 
攻殻機動隊 Ghost In The Shell」 1995年  押井守  海外でも大ヒットしたブレードランナーの進化系ともいえるハイブリッド・SFアニメの傑作 
「12モンキーズ」  1995年  テリー・ギリアム  タイムトラベルもものであり、地球滅亡からの改変SFの大傑作! 
ブルース・ウィリス、ブラッド・ピット、マデリーン・ストウ主演
「ウォーター・ワールド」 1995年  ケヴィン・レイノルズ  陸地が消えた近未来の地球を舞台にした冒険SFは、巨額の赤字を生みましたが偉大なる失敗作です
ケヴィン・コスナー、デニス・ホッパー主演
「クラッシュ」  1996年  デヴィッド・クローネンバーグ J・G・バラード原作の同名小説の映画化
 交通事故による臨死の瞬間に快感を憶える主人公の不気味な物語
ジェイムズ・スペイダー、ホリー・ハンター主演
「マーズ・アタック」  1996年  ティム・バートン  ティム・バートン趣味満載「宇宙戦争」のブラックなパロディ・リメイク 
ジャック・ニコルソン、グレン・クローズ、ピース・ブロスナン主演
「D.N.A.」  1996年  ジョン・フランケンハイマー  H・G・ウェルズ「ドクター・モローの島」3度目の映画化 
ヴァル・キルマー、マーロン・ブランド主演
「ロスト・ワールド」  1996年  スティーヴン・スピルバーグ  大ヒットした「ジュラシック・パーク」の続編 
ジェフ・ゴールドブラム、ジュリアン・ムーア、リチャード・アッテンボロー
「スクリーマーズ」  1996年  クリスチャン・デュゲイ ピーター・ウェラー主演、ダン・オバノン脚本の掘り出し物のB級SFの快作
原作はフィリップ・K・ディックの短編「変種第二号」
「インデペンデンス・デイ」  1996年  ローランド・エメリッヒ 地球を侵略してきた宇宙人と闘うアメリカ空軍パイロットたちの戦いを描いたSFバトル・アクション大作 
「フィフス・エレメント」  1997年  リュック・ベッソン  2214年地球の滅亡を救うタクシー運転手と歌手の活躍を描いたSF冒険ファンタジー
ブルース・ウィリス、ミラ・ジョボビッチ、ゲイリー・オールドマン主演
「ガタカ」  1997年  アンドリュー・ニコル  遺伝子操作によって生み出された完璧な人間たちは幸福なのか? 
イーサン・ホーク、ユマ・サーマン主演
「コンタクト」  1997年 ロバート・ゼメキス  宇宙人との交信を描いたSF映画の快作
主演はジョディ・フォスター 
「スターシップ・トゥルーパーズ」  1997年  ポール・バーホーベン 異なる惑星の昆虫のような異星人という敵を相手に戦闘を行う戦場バトル映画 
ソ連もドイツも見方になったため、この時代アメリカの戦争相手は異星人ぐらいになっていました
しかし、21世紀に入り、テロリストという新たな敵が現れて流れが変わることになりました
「新世紀エヴァンゲリオン
/まごころを、君に」
1997年 庵野秀明  大ヒットして一大ブームを巻き起こした「新世紀エヴァンゲリオン」TVシリーズの完結篇 
「エイリアン4」  1997年  ジャン=ピエール・ジュネ この作品の後ジュネ監督は「アメリ」を撮ることになります
主演はシガニ―・ウィーバー、ウィノナ・ライダー
「トゥルーマン・ショー」  1998年  ピーター・ウィアー  テレビ・ショー「トゥルーマン・ショー」の中の人工の世界を生きる男の物語 
ジム・キャリー、エド・ハリス主演
「ダークシティー」  1998年  アレックス・プロヤス  太陽の昇らない街を舞台としたディストピアSF 
ルーファス・シーウェル、キーファー・サザーランド、ジェニファー・コネリー主演
「アルマゲドン」  1998年  マイケル・ベイ  エアロスミスのテーマ曲を背景に人類の存亡をかけた巨大彗星破壊作戦が展開
ブルース・ウィリス、ベン・アフレック主演
「マトリックス」  1999年  ウォシャウスキー兄弟  宗教的世界観が難解な人類の意識と仮想空間が融合したゲーム感覚のSF映画
キアヌ・リーヴス、キャリー・アン・モス、ローレンス・フィッシュバーン主演
「イグジステンス」  1999年  デヴィッド・クローネンバーグ ビデオ・ゲームの世界をテーマに巨匠が名作「ビデオドローム」を復活させた作品?
ジェニファー・ジェイソン・リー、ジュード・ロウ主演 
「ギャラクシー★クエスト」  1999年  ディーン・パリソット  SF映画の名作「スタートレック」へのオマージュ・パロディ作品
ティム・アレン、シガニ―・ウィーバー、アラン・リックマン主演
「アイアン・ジャイアント」  1999年  ブラッド・バード  謎のロボットと少年の友情を描いたアニメ 
2000年代
「ジュブナイル」  2000年  山崎貴  良くできたタイムトラベル映画であり、少年のための素晴らしい冒険物語としても傑作
香取慎吾、鈴木杏、酒井美紀主演 
「ピッチブラック」 2000年  デヴィッド・トゥーヒー  無人の惑星で夜になると襲ってくる生物と闘うSFサバイバル・バトル 
ラダ・ミッチェル、ヴィン・ディーゼル主演
「ミッション・トゥ・マーズ」  2000年 ブライアン・デ・パルマ  火星で遭遇した異星人の古代文明、その目的は?
ゲイリー・シニーズ、ティム・ロビンス主演 
「ドニー・ダーコ」  2001年  リチャード・ケリー サンダンス映画祭で話題になったタイム・リバース青春SF、主演はジェイク・ギレンホール 
「A.I.」  2001年  スティーヴン・スピルバーグ  「ピノキオ」のロボット版ともいえる超大作
ハーレイ・ジョエル・オスメント主演で原案はスタンリー・キューブリック
「アメリカン・アストロノーツ」  2001年  コリー・マクビー  宇宙の運び屋が主人公のカルト的人気作品とのことですが・・・? 
「クローン」  2001年 ゲイリー・フレダー  フィリップ・K・ディックの短編「にせもの」の映画化
ゲイリー・シニーズ主演で地味ながらB級の良作 
「めぐりあう時間たち」 2002年  スティーヴン・ダルドリー  文学による時を越える旅、奥の深い名作です。映画も小説もどちらも傑作です 
ジュリアン・ムーア、ニコール・キッドマン、メリル・ストリープ主演
「マイノリティ・リポート」  2002年  スティーヴン・スピルバーグ  フィリップ・K・ディックの短編を映画化
犯罪を予知する超能力者により犯罪を犯すと指摘された捜査官トム・クルーズの逃走と逆襲の物語
トム・クルーズ、コリン・ファレル、サマンサ・モートン主演
「ソラリス」  2002年  スティーヴン・ソダーバーグ  タルコフスキーの名作「惑星ソラリス」のリメイク
ジョージ・クルーニー、ナターシャ・マケルホーン主演
「変身」  2002年  ワレーリイ・フォーキン  フランツ・カフカの名作をロシア演劇界の鬼才が映画化 
エブゲーニイ・ミローノフ主演
「サラマンダー」 2002年  ロブ・ボウマン  古代の竜サラマンダーが現代によみがえり、人類を絶滅の危機に追いやります。
人間はサラマンダーを倒せるか?クリスチャン・ベイル、マシュー・マコノヒー主演
「スターウォーズ」の舞台劇のくだりなど、世界観は良かった。(その分後半がもったいない)
「白鯨」+「マッドマックス2」
「ペイ・チェック/消された記憶」  2003年  ジョン・ウー  フィリップ・K・ディック原作でベン・アフレック主演の近未来SF映画 
「エターナル・サンシャイン」 2004年  ミシェル・ゴンドリー  時間を越えた素晴らしい愛の物語ですが、SFかどうかは? でも傑作です!
ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット主演
「プライマー」  2004年  シェーン・カルース  タイムマシーンもののSF
監督・製作・脚本・主演・撮影・編集・音楽すべてシェーン・ルーカス、サンダンス映画祭で審査員大賞受賞!
「2046」  2004年  ウォン・カーウァイ  名作「花様年華」のSF版ともいえる美しい映画 
トニー・レオン、木村拓哉、コン・リー、チャン・ツィイー主演
「CODE46」 2004年  マイケル・ウィンターボトム  演出によって作られた管理された未来社会を背景にした悲しいラブストーリー
インディス・ワールド」の監督によるSF作品 
サマンサ・モートン、ティム・ロビンス主演
「銀河ヒッチハイク・ガイド」  2005年  ガース・ジェニングス  元はイギリスBBC製作のラジオ番組で、そのノベライゼーション。
実写のテレビドラマもありDVD化もされている伝説のぶっ飛びSFアドベンチャー 
「セレニティー」  2005年  ジェス・ウェドン  TVシリーズ「Firefly」の映画版でカルト的な人気の冒険アドベンチャーSF
ネイサン・フィリオン、ジーナ・トーレス主演 
「宇宙戦争」 2005年 スティーヴン・スピルバーグ  H・G・ウェルズ原作の映画化をリメイク 
トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス主演
「バタフライ・エフェクト」  2005年  エレック・ブレス
J・マッキー・グルーバー 
「バタフライ効果」をテーマにした過去改変SFサスペンス映画
アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート主演
僕的には思い上がったアメリカ人的主人公に感情移入できないためイライラ。続編も出来たヒット作
「サマータイム・マシン・ブルース」  2005年 本広克之  タイムトラベルものの傑作、上田誠によるヨーロッパ企画の舞台劇がもとになっている青春映画の名作
瑛太、上野樹里、ムロツヨシ、本田力主演
「トゥモロー・ワールド」  2006年  アルフォンソ・キュアロン  子供が消えた近未来のイギリスを描いた近未来SF映画 
クライブ・オーウェン、ジュリアン・ムーア主演
「グエムル 漢江の怪物」  2006年  ボン・ジュノ  韓国版リアリズム怪獣映画
怪獣に連れ去られた娘を助けようと奮闘する家族のドラマでもあり、世界的な大ヒットとなった作品
「ファウンテン 永遠につづく愛」  2006年 ダーレン・アロノフスキー  ヒュー・ジャックマン、レイチェル・ワイズによる不思議で異様な愛の物語 
これもアロノフスキー・ワールド全開のようです
「プレステージ」 2006年  クリストファー・ノーラン  19世紀末のロンドンを舞台に2大マジシャンが戦いを繰り広げるSF? 
ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベイル主演
「NEXT ネクスト」  2007年  リー・タマホリ  フィリップ・K・ディックの短編小説「ゴールデンマン」の映画化
2分先の未来を予知できる男のお話。ニコラス・ケイジは主演だけでなく製作も担当
「サンシャイン2057」  2007年  ダニー・ボイル  死滅寸前の太陽を復活させるために核爆弾を打ち込もうとする宇宙飛行士たちの物語 
キリアン・マーフィ、真田広之、ミシェル・ヨー主演
「アバター」  2008年  ジェームズ・キャメロン  CG技術の進化が生んだ新たな時代の電脳世界 
サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ主演
「WALL・E ウォーリー」  2008年  アンドリュー・スタントン  アカデミー長編アニメ賞受賞 ロボットアニメの代表作 
「クローバー・フィールド/HAKAISHA」  2008年  マット・リーヴス  主観カメラの撮影により怪獣ものの新たなスタイルを生み出した21世紀的な作品
「アイアンマン」 2008年  ジョン・ファブロー  マーベル・シリーズでもこれはまあSF作品といえるかな? 
ロバート・ダウニーJr、ジェフ・ブリッジス主演
「ザ・ロード」  2009年  ジョン・ヒルコート  終末戦争後のアメリカ、文明が失われた社会を生きる父と子のリアルなサバイバル
原作はコーマック・マッカーシー、主演はヴィゴ・モーテンセン、コディ・スミット=マクフィー
「第九地区」  2009年  ニール・ブロムカンプ  南アフリカ出身監督による宇宙人差別問題を描いた異色の社会派SF作品 
シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ主演
「月に囚われた男」  2009年  ダンカン・ジョーンズ  サム・ロックウェル主演、月面で一人作業をする男におこる異常事態を描いたサスペンスSF
「スター・トレック」  2009年  J・J・エイブラムス  カルト的人気を誇るテレビ・シリーズのリメイク映画 
クリス・パイン、ザカリー・クイント、ウィノナ・ライダー主演
「サマーウォーズ」 2009年 細田守  細田守の人気を決定づけた仮想空間ゲームと現実を融合させた新たな時代のSF
2010年代
「インセプション」  2010年  クリストファー・ノーラン  脳内記憶を探る冒険SF、CGの進化なしには映像化不可能だった作品 
レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演
「モンスターズ/地球外生命体」 2010年  ギャレス・エドワーズ  後に「ゴジラ」、「ローグワン」を撮ることになる監督の出世作
地球外生命体によって危機に陥った人々をドキュメンタリータッチで描いた作品 
「わたしを離さないで」  2011年  マーク・ロマネスク 人間とは?生きるとは?を問いかけるSFのスタイルをもつ傑作
原作はカズオ・イシグロ(2017年ノーベル文学賞受賞)
キャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイ主演
「メランコリア」  2011年  ラース・フォン・トリアー  彗星の衝突による地球崩壊、その日を迎える人々は・・・ 
キルステン・ダンスト、シャルロット・ゲンズブール、キーファー・サザーランド、シャーロット・ランプリング主演
「ツリー・オブ・ライフ」  2011年  テレンス・マリック  内宇宙版「2001年宇宙の旅」(カンヌ国際映画祭パルムドール受賞) 
ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン主演
「ミッション:8ミニッツ」  2011年 ダンカン・ジョーンズ 8分間だけ過去に戻り、テロ事件の犯人を操作するSF推理並行宇宙ドラマ
ダルトン・トランボの名作「ジョニーは戦場へ行った」をプラス 
主演はジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン
「アジャストメント」  2011年 ジョージ・ノルフィ マット・デイモン、エミリー・ブラント主演の運命調整ものSF
原作はフィリップ・K・ディック
「アタック・ザ・ブロック」  2011年 ジョー・コーニッシュ  英国製SF、エイリアンとストリート・キッズの戦いを描いた社会派青春アクションSF
これは確かに掘り出し物。主演は新「スター・ウォーズ」のフィン(ジョン・ボイエガ)です!
「トータル・リコール」  2012年  レン・ワイズマン  ポール・ヴァーホーベン監督の同名映画(1990年)のリメイク。主演はコリン・ファレル
原作はフィリップ・K・ディック
「LOOPER/ルーパー」  2012年  ライアン・ジョンソン  ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ブルース・ウィリス主演
タイムマシンに乗って送られてきた未来の自分を殺す指令を受けた殺し屋の物語 
「ハンガー・ゲーム」 2012年 ゲイリー・ロス  近未来の管理社会、殺し合いをするために集められた若者たちの逃亡と闘い 
ジェニファー・ローレンス主演の「バトルロワイヤル」のSF版?
「宇宙戦艦ヤマト2199」  2012年  出渕裕  「宇宙戦艦ヤマト」(1974年)のリメイク版(原)西崎義展
オリジナルを見てアニメ界に入ったアニメーターたちによる入魂の作品
「クラウド・アトラス」  2012年  ウォシャウスキー兄弟  1970年代から未来へ壮大なスケールのSF歴史ファンタジー
3時間の大作ですが、全体の流れがわかるとわかりやすい作品です。
原作はデヴィッド・ミッチェルで主演はトム・ハンクス、ハル・ベリー(一人6役)
「アンダー・ザ・スキン/種の捕食」  2013年  ジョナサン・グレイザー  人間を捕食する美しき異星人が繰り広げる謎の捕食行動をドキュメンタリー・タッチで追います
スカーレット・ヨハンソンの魅力爆発! 
「ゼロ・グラヴィティ」  2013年  アルフォンソ・キュアロン 「無重力」の宇宙空間からの脱出と人間性の回復を描いた近未来SF映画の傑作。
SF映画の名作へのオマージュもたっぷり(アカデミー賞7部門受賞) 
サンドラ・ブロック主演
「her 世界でひとつの彼女」  2013年  スパイク・ジョーンズ  人工知能のサマンサに恋をしてしまった男の運命は? 
ホアキン・フェニックス、エイミー・アダムス、スカーレット・ヨハンソン(声)主演
「コングレス未来学会議」  2013年 アリ・フォルマン  アニメと実写の融合、俳優を3D化する時代の新しい映画の世界がさらに進化、俳優もいらない未来の娯楽とは?ついに来た未来映画。原作はスタニスワフ・レム
ロビン・ライト、ハーベイ・カイテルが実写部分の主演
「ワールズエンド 酔払いが世界を救う!」  2013年  エドガー・ライト  宇宙人侵略SF映画へのオマージュ・パロディ映画
サイモン・ペッグ、ニック・フロスト主演の英国らしいブラック・コメディー 
「ゼロの未来」  2013年  テリー・ギリアム  「ゼロ」についての研究を行う天才技術者とコンピューターに支配された社会の混沌
クリストフ・ヴァルツ、デヴィッド・シューリス主演 
「パシフィック・リム」  2013年  ギレルモ・デル・トロ  怪獣映画とロボット・アニメの融合でもあるSF・バトル・アクション 
チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ主演
「ランダム 存在の確率」  2013年  ジェームズ・W・バーキット  「シュレディンガーの猫」の理論をもとに、彗星の影響かで起きた不思議な事件を描いたSFサスペンス
エミリー・フォクスラー、モーリー・スターリング主演 
「エリジウム」 2013年  ニール・ブロムカンプ  貧困層と富裕層に二極化した未来を舞台にしたSFサスペンス・アクション 
マット・デイモン、ジョディ・フォスター主演
「ALL YOU NEED IS KILL」  2014年 ダグ・ライマン  人生を何度でもやり直せるなら、あなたはどんな生き方を選びますか?異星人との戦場バトル・ムービー 
トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン主演
「インターステラー」  2014年  クリストファー・ノーラン  地球を救うために宇宙に旅立った宇宙飛行士と家族との愛情の物語
マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ主演 
「プリデスティネーション」  2014年  マイケル・スピエリッグ
ピーター・スピエリッグ 
タイムトラベルによる犯罪抑止SFでイーサン・ホークが主演 
原作はロバート・A・ハインラインの短編「輪廻の蛇」
「モンスターズ/新種襲来」  2014年  トム・グリーン 「モンスターズ/地球外生命体」の続編で「ディア・ハンター」「地獄の黙示録」「プライベート・ライアン」「風の谷のナウシカ」「マッド・マックス」「アメリカン・スナイパー」「ブラック・ホーク・ダウン」「トレマーズ」・・・様々な映画の要素を持ち込み、人間が地球外生命体より怖いことを描いた異色作 
「ダイバー・ジェント」  2014年 ニール・バーガー  「ハンガー・ゲーム」的SFバトル&恋愛ドラマ 
シェイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ主演
「オデッセイ」 2015年  リドリー・スコット  火星に取り残された宇宙飛行士が生き延びるためにサバイバル生活を開始
マット・デイモン、ジェシカ・チャスティン主演 
「エクスマキナ」  2015年 アレックス・ガーランド  AIと開発者、その間に入った観察者、三者の間の心理ドラマ 
ドーナル・グリーソン、アリシア・ヴィカンダー、オスカー・アイザック主演
「マッドマックス/怒りのデスロード」  2015年  ジョージ・ミラー  30年ぶりに製作された続編であり、シリーズ最高傑作! 
トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト主演
「チャッピー」 2015年 ニール・ブロムカンプ  進化型ロボット(コンピューター)を主人公にしたSF人間ドラマ
シャールト・コプリー、デブ・パテル主演
「アイアムアヒーロー」  2015年  佐藤信介  大泉洋主演のゾンビならぬゾキューンもの、笑いと残虐さとスリルを兼ね備えた掘り出し物 
有村架純、長澤まさみ主演
「ローグワン/スターウォーズ・ストーリー」  2016年  ギャレス・エドワーズ  「スター・ウォーズ」シリーズから生まれた40年ぶりの傑作! 
フェリシティ・ジョーンズ、ディエゴ・ルナ主演 
「メッセージ」 2016年  ドゥニ・ヴィルヌーブ  ファーストコンタクトものの新たな傑作
原作はテッド・チャンの「あなたの人生の物語」 
エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー主演 
「シン・ゴジラ」  2016年  庵野秀明  日本が生んだ怪獣映画の傑作「ゴジラ」の21世紀バージョン
長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾主演
「ゴーストバスターズ」 2016年 ポール・フェイグ  正直、リメイクの本作の方が面白いと思います
主演はメリッサ・マッカーシー、クリスティン・フィグ、ケイト・マッキノン 
「ブレードランナー2049」  2017年  ドュニ・ヴィルヌーブ  ブレード・ランナー」の続編  
ライアン・ゴスリング、ハリソン・フォード、アナ・デ・アルミス主演
「スターウォーズ/最後のジェダイ」  2017年  ライアン・ジョンソン シリーズの8にあたる作品
前作上回る予想外の展開はライアン・ジョンソンの脚本のおかげか? 
「虐殺器官」  2017年  村瀬修功  世界中でテロを生み出しているという言語学者の暗殺を依頼された兵士の戦い
原作は、若くしてこの世を去った伝説的SF作家の伊藤計劃
「散歩する侵略者」  2017年  黒沢清  地球侵略は戦争だけで行われるわけではない。ウルトラセブン的な展開か? 
長澤まさみ、松田龍平主演
「シェイプ・オブ・ウォーター」 2017年  ギレルモ・デル・トロ  SF映画のアカデミー作品賞受賞は初の快挙!「イルカの日」に似ている?
サリー・ホーキンス、マイケル・シャノン主演

SFの歴史へ   現代映画史と代表作へ   トップページヘ