歴史上最も偉大なヴォーカリスト100人
<2008年版>
「歴史上最も偉大なヴォーカリスト100人」Greatest Singer Of All Time
 ローリング・ストーン誌が2008年に発表した結果です。
 100位から書き出したので、上位を予想しながらみて下さい!
 名前の背景がピンク色のアーティストについては、サイト内にページがあります。
 黒人シンガー(順位が緑色)は、100人中40人。(R&B、ソウル、ブルースなど)ベスト10のうちなんと7人!
 女性シンガー(名前が赤字)は23人で、ベスト10にはたった一人。知名度的にはそうなるかな?
 エルヴィスの3位も凄いけど、ボブ・ディランが7位!これが最も予想外かも?
 アメリカ(カナダ含む)とイギリス(アイルランド含む)以外のシンガーは、ほとんどランクインせず。その意味では偏りがかなりあり。
 ボブ・マーリーとトゥーツ・ヒバートがジャマイカ。ビヨークがアイスランド。これだけが例外。
100位 メアリ―・J・ブライジ ラップとR&Bの融合を完成させた黒人女性シンガー
「リアル・ラブ」など
 99位 スティーブン・タイラー エアロスミスのヴォーカル 
「ドリーム・オン」「ウォーク・ディス・ウェイ」など
 98位 スティーヴィー・ニックス フリートウッド・マックのヴォーカル 
「ドリームス」「ゴー・ユア・オウン・ウェイ」など
 97位 ジョー・コッカー  独特の潰れた声が味のシンガー
「愛と青春の旅立ち」「With A Little Help From My Friend」
 96位 B・B・キング  シティ・ブルースの大御所
「スリル・イズ・ゴーン」など
映画「ブルース・ブラザース2000」「ソウル・パワー」 
 95位 パティ・ラベル  女性ソウル・コーラス・トリオ、ラベルのメイン・ヴォーカル
「レディ・マーマレード」は全米ナンバー1 
 94位 カレン・カーペンター  ザ・カーペンターズのヴォーカル&ドラムス
「スーパースター」「イエスタデイ・ワンス・モア」「シング・ア・ソング」など
 93位 アニー・レノックス  ユーリズミックスのヴォーカル
「スィート・ドリーム」「ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル」 
 92位 モリッシー  ザ・スミスのヴォーカル 
アルバム「ミート・イズ・マーダー」「クイーン・イズ・デッド」など
映画「イングランド・イズ・マイン」 
 91位 レヴォン・ヘルム  ザ・バンドのヴォーカル&ドラムス 
アルバム「ロック・オブ・エイジズ」「南十字星」など
映画「ラスト・ワルツ
 90位 エヴァリー・ブラザース  ドン&フィルのエヴァリー兄弟による優れたコーラス・ワーク 
「バイ・バイ・ラブ」
 89位 ソロモン・バーク  ゴスペル出身のソウル界の大御所
「Get You Off My Mind」「Cry To Me」 
 88位 ウィリー・ネルソン  レッドネック・カントリーの大御所
「雨の別離」、映画にも多く出演している 
 87位 ドン・ヘンリー  ザ・イーグルスのヴォーカル&ドラムス 
「ホテル・カリフォルニア」「テイク・イット・イージー」など
 86位 アート・ガーファンクル  サイモン&ガーファンクルのヴォーカル 
「明日にかける橋」「ミセス・ロビンソン」など
 85位 サム・ムーア  ソウル・デュオ、サム&デイヴ
「ソウルマン」「ホールド・オン・アイム・カミング」 
映画「ブルース・ブラザース2000」 
 84位 ダーレン・ラブ  フィル・スペクター・サウンドの中心的ヴォーカル
「He's A Revel」
ドキュメンタリー映画「バック・コーラスの歌姫たち」 
 83位 パティ・スミス  「パンクの女王」「ビート詩人の継承者」
「ホーセス」「ピープル・オブ・ザ・パワー」など
 82位 トム・ウェイツ  ロック界ナンバー1の潰れた声の持ち主&個性派俳優
アルバム「クロージング・タイム」「レイン・ドッグス」など
映画「コットンクラブ」「ダウン・バイ・ロー」など 
 81位 ジョン・リー・フッカー  ファンキーなブルースを得意とするギター一本の大御所
「ブギー・チレン」
映画「ブルース・ブラザース
 80位 フランキー・ヴァリ  ザ・フォーシーズンズのメイン・ヴォーカル 
「君の瞳に恋してる」「Who Loves You」など
映画「ジャージー・ボーイズ
 79位 マライア・キャリー  1990年代を代表するソウル&ポップの歌姫 
「恋人たちのクリスマス」は永遠のクリスマスソング
 78位 スライ・ストーン  スライ&ザ・ファミリーストーンのヴォーカル&リーダー 
「ダンス・トゥ・ザ・ミュージック」「ファミリー・アフェア」など
 77位 マール・ハガード  刑務所でジョニー・キャッシュの歌を聞いて歌手に。
カントリー界の大御所になったシンガー
 76位 スティーヴ・ペリー  アメリカのロックバンド、ジャーニーのヴォーカル
「ドント・ストップ・ビリービング」
 75位 イギー・ポップ  元祖パンクとも言われるロンク・シンガー
デヴィッド・ボウィの盟友でもあった。
アルバム「ラスト・フォー・ライフ」「ブラー・ブラー・ブラー」など 
 74位 ジェームズ・テイラー  アメリカを代表するシンガー・ソングライター 
「ファイヤー・アンド・レイン」「君の友だち」など
 73位 ドリー・パートン  カントリー界の大御所女性シンガー、俳優としても活躍
「オールウェイズ・ラブ・ユー」「9to5」「ジョリーン」
 72位  ジョン・フォガティ  クリーデンス・クオーター・リバイバルのヴォーカル
その後はソロでも活躍
「雨を見たかい」「プラウド・メアリー」など
 71位  トゥーツ・ヒバート  トゥーツ&ザ・メイタルズのヴォーカル
レゲエ・ブームの先駆として活躍した大御所 
 70位  グレッグ・オールマン  オールマン・ブラザース・バンドのヴォーカル 
アルバム「フィルモア・ライブ」「イート・ア・ピーチ」など
 69位 ロニー・スペクター フィル・スペクターのプロデユースでブレイク
ザ・ロネッツのメイン・ヴォーカル「ビー・マイ・ベイビー」 
 68位  ウィルソン・ピケット サザン・ソウルを代表するシンガー
「In The Midnight Hour」「ダンス天国」など
映画「ブルース・ブラザース2000」  
 67位  ジェリー・リー・ルイス  ピアノ弾き歌いのロックン・ローラー
「Whole Lotta Shakin' Goin' on」「火の玉ロック」など 
映画「グレート・ボールズ・オブ・ファイヤー」 
 66位  トム・ヨーク  英国のロックバンド、レディオヘッドのヴォーカル&ライター
アルバム「キッドA」など 
 65位  デヴィッド・ラフィン  ザ・テンプテーションズのメイン・ヴォーカル
モータウンを代表するヴォーカス・グループ
「パパ・ワズ・ア・ローリングストーン」「マイ・ガール」など
 64位 アクセル・ローズ  ガンズ&ローゼズのヴォーカル
「Sweet Child of Mine」「Welcome to the Jungle」など 
 63位 ディオン  イタリア系アメリカ人、ポップ系シンガー・ソングライター
「浮気なスー」「ワンダラー」など 
 62位  ルー・リード  ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのヴォーカル
アルバム「トランス・フォーマー」「ベルリン」など
 61位  ロジャー・ダルトリー  ザ・フーのヴォーカル 
「マイ・ジェネレーション」、アルバム「トミー」「四重人格」など
映画「トミー」
 60位  ビヨーク  アイスランド出身のシンガー・ソングライター
俳優としては「ダンサー・インザ・ダーク」で主演 
アルバム「デビュー」「ポスト」「ホモジェニック」など
 59位  ロッド・スチュアート  フェイセスのヴォーカルからソロとなったロック・シンガー 
「マギー・メイ」「トゥナイト・ザ・ナイト」など
 58位  クリスティーナ・アギレラ  アメリカの女性ポップ・シンガー
「Genie In A Bottle」「Lady Marmalade」など 
 57位  エリック・バードン  イギリス出身のブルース・ロック・ヴォーカル
ジ・アニマルズ、ザ・ウォーなどのバンドのヴォーカル 
 56位  メイヴィス・ステイプルズ  家族で構成されたゴスペル・ソウルのグループ
ザ・ステイプル・シンガーズの中心メンバー 
映画「ラスト・ワルツ」 
 55位  ポール・ロジャーズ  イギリスのブルース・ロック・ヴォーカリスト
フリー、バッドカンパニー、新クイーンなどでヴォーカル 
 54位  ルーサー・ヴァンドロス  ニューヨーク出身のソウル・シンガー
「Never Too Much」「Dance With My Father」 など
 53位 マディ・ウォーターズ ミシシッピー出身のでチェス・レコードを代表するブルースマン
「( I 'm Your) Hoochie Coochie Man」
映画「ラスト・ワルツ」 
 52位  ブライアン・ウィルソン  ザ・ビーチボーイズのヴォーカル&ソングライター 
アルバム「ペット・サウンズ」「オレンジ・クレイト・アート」など
映画「ラブ&マーシ 終わらないメロディー
 51位 グラディス・ナイト  グラディス・ナイト&ザ・ピップスのヴォーカル
「夜汽車よジョージアへ」など 
 50位  ボニー・レイット  ブルース・ロック界を代表するシンガー・ソングライター
映画への出演も多い白人ブルースの大御所的存在
アルバム「ギブ・イット・アップ」「ニック・オブ・タイム」など 
 49位  ダニー・ハサウェイ  70年代ニューソウルを代表するシンガー 
アルバム「ソウルの新しき光と道」「ダニー・ハサウェイ ライブ」など
 48位  バディ・ホリー  悲劇の死を遂げたロックン・ロール最期のスター 
「ペギー・スー」「ザットル・ビー・ザ・デイ」「メイ・ビー・ベイビー」など
 47位  ジム・モリソン  ザ・ドアーズのヴォーカル
ロックの歴史を変えたカリスマの短き人生
「ジ・エンド」「ライト・マイ・ファイヤー」など
映画「ドアーズ」、「ドアーズ まぼろしの世界」
 46位 パッツィ・クライン  30歳で事故死した人気女性カントリー歌手
「スウィート・ドリームス」など
映画「スウィート・ドリームス」
 45位  カート・コバーン  ニルバーナのヴォーカル
90年代グランジ・ロックの時代を作ったカリスマ 
アルバム「ネバー・マインド」など
 44位  ボビー・ブルー・ブランド  マダムキラーのイケメンヴォイス・ソウル・シンガー
「Farther on up the Road」など
 43位  ジョージ・ジョーンズ  トラブル・メーカーとしても有名なカントリーシンガー
「White Lightning」「Tender Years」など 
 42位 ジョニ・ミッチェル  多彩な顔を持つ女性シンガー・ソングライター
「ビッグ・イエロー・タクシー」「青春の光と影」 など
映画「ラスト・ワルツ」 
 40位  カーティス・メイフィールド ゴスペル・コーラス・グループのインプレッションズ出身
「スーパー・フライ」「ムーブ・オン・アップ」など 
 41位  チャック・ベリー  ロックン・ロールの生みの親の1人
「ロール・オーヴァー・ベートーベン」「ゴー・ジョニー・ゴー」など
ドキュメンタリー映画「ヘイル・ヘイル・ロックンロール」 
 39位  ジェフ・バックリー  若くして命を失ったカリスマ的シンガー・ソングライター
「ハレルヤ」のカバーは歴史的名唱! 
 38位  エルトン・ジョン シンガー・ソングライティング・ピアノマンの最高峰
「僕の歌は君の歌」「Goodbye Yellow Brick Road」など
映画「ロケットマン」、「トミー」
 37位  ニール・ヤング  クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングのメンバー
ロック界最後の闘うシンガー・ソングライター
アルバム「ライブ・イン・ザ・フリーワールド」「ハーヴェスト」など
映画「パラドックス」、「ラスト・ワルツ
 36位 ブルース・スプリングスティーン ボブ・ディランの後継者となるべき偉大なるロック詩人
「明日なき暴走」「Boarn In The USA」など 
映画「カセットテープ・ダイアリーズ」 
 35位 ダスティ・スプリングフィールド 60年代に活躍した女性ブルー・アイド・ソウルシンガー
「この胸のときめきを」「二人だけのデート」など 
 34位 ホイットニー・ヒューストン  80年代から90年代を代表する女性ソウル・シンガー
「I Will Always Love You 」「Greatest Love of All」など
映画「ボディ・ガード」
 33位  スティーブ・ウィンウッド スペンサー・デイヴィス・グループのヴォーカルからスタート
ブルー・アイド・ソウルを代表するシンガー
「ハイヤー・ラブ」「ロール・ウィズ・イット」など
 32位 ボノ  アイルランドを代表するロック・バンド、U2のヴォーカル 
アルバム「ヨシュア・トゥリー」「アクトン・ベイビー」など
映画「魂の叫び」
 31位 ハウリン・ウルフ  独特のダミ声で有名なブルース・シンガー
アルバム「モーニン・イン・ザ・ムーンライト」など 
 30位 プリンス ソウル、ロックの枠を超えたスーパースター
「サイン・オブ・ザ・タイムス」「1999」など 
映画「パープル・レイン」
 29位 ニーナ・シモン 公民権運動の象徴となった黒人女性ソウル・シンガー
アルバム「リトル・ガール・ブルー」「ソウルの世界」など
ドキュメンタリー映画「ニーナ・シモン 魂の歌」 
 28位 ジャニス・ジョプリン  白人版ビリー・ホリディとも言われたブルース・ロック・シンガー
「ジャニスの祈り」「サマー・タイム」など 
ドキュメンタリー映画「JANIS」 
 27位  ハンク・ウィリアムズ  カントリー界最高のヒットメイカーは私生活は最悪
「ジャンバラヤ」「ユア・チーティング・ハート」など 
映画「アイ・ソー・ザ・ライト」 
 26位  ジャッキー・ウィルソン  ムーン・ウォークの元祖でもある黒人R&Bシンガー
「ロンリー・ティア・ドロップス」「ハイヤー・アンド・ハイヤー」など
 25位 マイケル・ジャクソン  世界最高の黒人ダンサー&シンガー&ライター
アルバム「オフ・ザ・ウォール」「スリラー」「バッド」など 
映画「ウィズ」、「THIS IS IT」、「ネバーランドでさよならを」 
 24位  ヴァン・モリソン  アイルランドが生んだブルー・アイド・ソウルの最高峰
「ムーン・ダンス」「ポエティック・チャンピオンズ・コンポーズ」など
 23位  デヴィッド・ボウィ  グラム・ロックからブルー・アイド・ソウルへ
「ヒーローズ」「ロウ」「ステイション・トゥ・ステイション」など 
映画「ジギー・スターダスト」、「地球に落ちてきた男」など
 22位  エタ・ジェイムズ 60年代に活躍した 黒人女性R&Bシンガー
「テル・ママ」「アット・ラスト」など
映画「キャデラック・レコード」
 21位  ジョニー・キャッシュ  トラブルから復活し傑作を生み出し続けたカントリー界の大御所 
「クライ・クライ・クライ」「ゲット・リズム」など
映画「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」 
 20位 スモーキー・ロビンソン スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズのヴォーカル&ライター
「ショップ・アラウンド」「トラック・オブ・マイ・ティアーズ」など
 19位  ボブ・マーリー  ザ・ウェイラーズをバックに世界にレゲエを広めたカリスマ
「アイ・ショット・ザ・シェリフ」「リデンプション・ソング」など
 18位  フレディ・マーキュリー  クイーンのヴォーカル 
「キラー・クイーン」「ボヘミアン・ラプソディ」など
映画「ボヘミアン・ラプソディ」
 17位 ティナ・ターナー  アイク&ティナ・ターナーとしてデビューし、ソロへ転身
「プラウド・メアリー」「プライベイト・ダンサー」など 
映画「トミー」 
 16位  ミック・ジャガー  世界最強のロックバンド、 ザ・ローリング・ストーンズのヴォーカル
「サティスファクション」「悪魔を憐れむ歌」など
映画「ワン・プラス・ワン」「レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー」など
 15位 ロバート・プラント  元祖&最高峰ヘヴィーメタルバンド、レッドツェッペリンのヴォーカル
「ブラック・ドッグ」「天国への階段」「カシミール」など
映画「レッドツェッペリン 狂熱のライブ」
 14位  アル・グリーン  最高のスウィート・ヴォイスを持つソウル界の伝道師 
「レッツ・ステイ・トゥゲザー」「テイク・ミー・トゥ・ザ・リバー」など
 13位  ロイ・オービソン  ファルセットを得意とするロック・シンガー
トラヴェリング・ウェルベリーズ(G・ハリソン、ジェフ・リンと結成)
「オンリー・ザ・ロンリー」「オー・プリティ・ウーマン」など
 12位  リトル・リチャード  ロックン・ロールのブームを牽引した黒人シンガー&ライター
「トゥッティ・フルッティ」「のっぽのサリー」「ルシール」など 
 11位  ポール・マッカートニー  ザ・ビートルズのヴォーカルからソロでも活躍
「マイ・ラブ」「バンド・オン・ザ・ラン」「リブ・アンド・レット・ダイ」など
映画「ビートルズがやって来るヤアヤアヤ」、「レット・イット・ビー」など
 10位  ジェームス・ブラウン  「ファンクの父」「ソウル・ブラザーNo1」
「パパズ・ガット・ア・ブラン・ニュー・バッグ」「ライブ・アット・アポロ」など
映画「ブルース・ブラザース2000」「ソウル・パワー」  
映画「ジェームズ・ブラウン 最高の魂を持つ男
  9位  スティービー・ワンダー  盲目の天才シンガー&ソング・ライター
アルバム「トーキングブック」「インナービジョンズ」など
  8位  オーティス・レディング  「ソウルの聖書」を生み出したレジェンド・シンガー
「Try A Liittle Tenderness」「The Dock of the Bay」など
  7位  ボブ・ディラン  ノーベル賞受賞の偉大な詩人は歌もうまかった!
「風に吹かれて」「Like A Roliing Stone」など 
映画「ラスト・ワルツ」 「ノーディレクション・ホーム
ドント・ルック・バック」「ローリングサンダー・レビュー
  6位  マーヴィン・ゲイ  ソウル界最高のセクシャル・ヒーリング・ヴォーカリスト
「What's Goin' On」「悲しいうわさ」「セクシャル・ヒーリング」など 
  5位  ジョン・レノン  ザ・ビートルズのヴォーカルからソロで活躍したロック界の伝説
「イマジン」「ラブ」「スターティング・オーバー」など 
映画「ビートルズがやって来るヤアヤアヤ」、「レット・イット・ビー」など 
  4位  サム・クック  ソウル界の貴公子は公民権運動の闘志でもあった!
「ワンダフル・ワールド」「A Change Is Gonna Come」など
映画「あの夜、マイアミで
  3位  エルヴィス・プレスリー  R&Bを白人層にまで広めたカリスマ・シンガーは永遠なり!
「ハウンド・ドッグ」「ハート・ブレイク・ホテル」など
映画「ブルー・ハワイ」「エルヴィス・オン・ツアー」など
  2位  レイ・チャールズ  誰にも負けない声とソウルをもつ盲目のシンガー・ソングライター
「What'd I Say」「我が心のジョージア」「I Can't Stop Lovin' You 」など
映画「ブルース・ブラザース」、「Ray / レイ」 
  1位 アレサ・フランクリン 世界最最強の女性ソウル・シンガーは心優しき女性だった!
「貴方だけ愛して」「シンク」など
映画「ブルース・ブラザース」「ブルース・ブラザース2000」 
映画「アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン」 

音楽に関するランキング   トップページヘ