懐かしき昭和歌謡の名曲たち


- 昭和歌謡の名曲誕生秘話 -


 昭和歌謡の名曲、大ヒット曲の誕生秘話。その歌詞の意味、時代との関係などについて、調べてみました。
下記の一覧表からそれぞれの曲へどうぞ!

曲名  著者による副題 発表年  歌手(オリジナル)  作詞  作曲 
「あゝ上野駅」 「昭和日本の原風景」 1964年 井沢八郎  関口義明 荒井英一 
「あゝモンテンルパの夜は更けて」 「109人の命を救った元祖エイド歌謡」 1952年 渡辺はま子  代田銀太郎  伊藤正康 
「青い背広で」 「お洒落に憧れる人々の思い」 1937年  藤山一郎  佐藤惣之助  古賀政男 
「あなた」 「少女の夢を共有した200万人の歌」 1973年  小坂明子 小坂明子 小坂明子
い 
「異国の丘」 「シベリアの空に」 1948年 竹山逸郎  増田幸治  吉田正 
「居酒屋」 「もうひとつのカラオケ定番曲」  1982年 五木ひろし&木の実ナナ  阿久悠  大野克夫 
「一杯のコーヒーから」 「戦中に生まれた奇跡の名曲」 1939年  霧島昇&ミス・コロンビア  藤浦洗  服部良一
お 
「王将」 「伝説の棋士と昭和の男道」 1961年 村田英雄  西條八十 船村徹 
「贈る言葉」 「歌い継がれる別れの歌」 1979年 海援隊 武田鉄矢  千葉和臣 
「小樽のひとよ」 「究極のご当地ソング誕生秘話」 1967年 鶴岡雅義と東京ロマンチカ 池田充男 鶴岡雅義
「お富さん」 「歌舞伎から生まれたリズム歌謡」 1954年  春日八郎 山崎正  渡久地政信 
「俺は待ってるぜ」  「ファン手作りの太陽族主題歌」 1957年 石原裕次郎 石崎正美 上原賢六 
「女のみち」 「真面目に理想の女を歌うギャグ演歌」 1972年 宮史郎とぴんからトリオ  宮史郎  並木ひろし 
「学生街の喫茶店」 「さらば熱き60年代の青春」  1972年 ガロ  山上路夫  すぎやまこういち 
「学生時代」 「60年代版学園青春ソング」 1964年 ペギー葉山 平岡精二 平岡精二
「影を慕いて」 「生きる苦しみが生んだ名曲」 1930年 佐藤千夜子、藤山一郎  古賀政男  古賀政男 
「カスバの女」 「異色の無国籍ソング」 1955年 エト邦枝  大高ひさを  久我山明 
「勝手にしやがれ」 「キザな男の強がりの世界」 1977年 沢田研二  阿久悠  大野克夫 
「唐獅子牡丹」  「昭和残侠伝説の主題歌」 1965年 高倉健 水城一狼  水城一狼
「岸壁の母」 「子を待ち続ける親の悲劇は続く」 1954年 菊地章子、二葉百合子  藤田まさと  平川浪竜 
 
「黄色いサクランボ」 「元祖アイドル・スキャンダル・ソング」 1959年  スリー・キャッツ  星野哲郎  浜口庫之助 
「傷だらけの人生」 「傷だらけの時代へのオマージュ」  1971年 鶴田浩二  藤田まさと  吉田正 
「君恋し」 「大正歌謡のリバイバル・ヒット」 1928年 二村定一、フランク永井 時雨音羽 佐々紅華 
「君の名は」 「伝説のドラマのテーマ曲」 1953年 織井茂子  菊田一夫  古関裕而 
「銀座カンカン娘」  「昭和日本の新たな女性像誕生」 1949年 高峰秀子  佐伯孝夫  服部良一 
「銀座の恋の物語」 「昭和のデュエット曲ナンバー1」 1961年  石原裕次郎&牧村旬子  大高ひさを  鏑木創 
 
「黒い花びら」 「初代レコード大賞受賞曲」 1959年 水原弘  永六輔  中村八大 
こ 
「恋の奴隷」 「究極のセクハラソング?」 1969年 奥村チヨ なかにし礼  鈴木邦彦 
「恋のバカンス」 「元祖無国籍ポップス」  1963年  ザ・ピーナッツ  岩谷時子  宮川泰
「高校三年生」 「憧れの高校生活に捧ぐ」  1963年 舟木一夫  丘灯至夫  遠藤実 
「ざんげの値打ちもない」 「実録・不良少女物語」 1970年 北原ミレイ  阿久悠 村井邦彦 
「昭和枯れすすき」 「昭和を象徴するデュエット演歌」 1974年 さくらと一郎  山田孝雄  むつ・ひろし 
「人生劇場」 「これぞ男の生きる道だった」 1938年 楠木繁夫、村田英雄  佐藤惣之助  古賀政男 
「蘇州夜曲」 「中国生まれの昭和の名曲」 1940年 李香蘭ほか  西條八十 服部良一 
「そして神戸」 「それで神戸?」 1972年 内山田洋とクール・ファイブ 千家和也 浜圭介 
「旅の夜風」 「映画が生んだ大ヒット曲」 1938年 霧島昇&ミス・コロンビア 西條八十 万城目正 
「誰もいない海」 「夏の終わりのセンチメント」 1970年 トワ・エ・モア、越路吹雪  山口洋子  内藤法美 
「チャンチキおけさ」 「居酒屋ファンキー演歌」 1957年 三波春夫  門井八郎 長津義司
「月の法善寺横丁」 「夫婦善哉歌謡版」 1960年  藤島桓夫 十二村哲 飯田景応 
「東京行進曲」 「東京シティが生んだ最初のテーマ曲」 1929年 佐藤千夜子  西條八十  中山晋平 
「東京五輪音頭」 「競作合戦を征した音頭の神様」 1963年 三波春夫 宮田隆  古賀政男 
「東京ブギウギ」 「ブギの力で心ウキウキ」  1948年 笠置シヅ子  鈴木勝  服部良一 
「東京ラプソディ」 「東京シティのテーマ曲第二弾」 1936年 藤山一郎  門田ゆたか  古賀政男 
「遠くへ行きたい」 「日本式旅情ソングの定番」  1962年 ジェリー藤尾 永六輔 中村八大
「時には娼婦のように」 「究極のセクハラ・ソング2?」 1978年 黒沢年男  なかにし礼  なかにし礼 
「時の流れに身をまかせ」 「悲劇の歌姫最大のヒット」  1986年  テレサ・テン  荒木とよひさ  三木たかし 
「啼くな小鳩よ」 「別れも明るい新たな戦後歌謡」 1947年 岡晴夫  高橋掬太郎 飯田三郎 
「長崎の鐘」 「被爆者の願いを込めた悲劇の歌」 1949年 藤山一郎 サトウハチロー  古関裕而
「夏の思い出」 「遥かなる昭和の原風景」 1949年 石井好子  江間章子  中田喜直 
「夏の感情」 「脱アイドルへの挑戦」 1974年 南沙織 有馬三恵子 筒美京平
「なみだの操」 「大ヒットした二匹目のドジョウ」 1973年 殿様キングス  千家和也  彩木雅夫 
「星の流れに」 「タブーに挑んだ悲劇の歌」 1947年 菊地章子  清水みのる  利根一郎 
「星は何でも知っている」 「ロカビリーの星、次なる時代へ」 1958年 平尾昌晃  水島哲  津々美洋 
「芭蕉布」 「元祖琉球クロスオーバー・ポップ」 1965年 夏川りみ他  吉川安一 普久原恒男
「見上げてごらん夜の星を」 「若者たちの見上げた星はどこに」 1963年  坂本九  永六輔 いずみたく 
「港が見える丘」 「海を見下ろす名曲の原点」 1947年  平野愛子  東辰三  東辰三
「雪の降る街を」 「トラブルが生んだ雪の名曲」 1953年  高英男  内村直也  中田喜直 
「与作」 「国民的カントリー歌謡演歌」 1978年 七澤公典 七澤公典 北島三郎 
「夜のプラットホーム」 「時代を越えた別れの歌」  1947年  奥野椰子夫  服部良一(R・ハッター)  二葉あき子 
「リンゴ追分」 「天才少女のブレイクヒット」 1952年 美空ひばり 小沢不二夫  米山正夫 
「リンゴの唄」 「戦後日本の国民的愛唱歌」 1946年 サトウハチロー  万城目正  並木路子 
 
「ルビーの指輪」 「昭和の歴史的大ヒット曲の何故?」 1981年  松本隆  寺尾聰  寺尾聰 
「連絡船の歌」 「懐かしき船旅のノスタルジー」 1951年 菅原都々子 大高ひさを 長津義司
「浪曲子守唄」  「和製ハウリン・ウルフ唯一のヒット」 1963年 一節太郎 越純平  越純平 
「若者たち」 「若者たちと世界のクロサワ」 1966年 ブロードサイド・フォー」  藤田敏雄  佐藤勝 
「別れの一本杉」 「田舎から都会への思いをこめて」 1955年 春日八郎  高野公男  船村徹 
「別れのブルース」 「和製ブルースの原点」 1937年  淡谷のり子  藤浦洸  服部良一 


「あゝ上野駅」
1964年(詞)関口義明(曲)荒井英一(歌)井沢八郎
どこかに故郷の 香りを乗せて 入る列車のなつかしさ
上野はおいらの 心の駅だ くじけちゃならない人生が
あの日ここから 始まった
就職列車に揺られて着いた 遠いあの夜を思い出す
上野はおいらの心の駅だ 配達帰りの自転車を
止めて聞いてる国訛り
  歌謡曲ほど時代を映し出す鏡はないことを証明する曲。1960年代高度経済成長期の日本を象徴する映像として映画「オールウェイズ三丁目んも夕日」にも登場した上野駅のにぎわいをテーマにしているこの曲を歌ったのは、井沢八郎。彼もまた青森から家出して上野駅に降りたった過去を持つ若者でした。
 歌手になるために東京に住む作曲家大沢浄二の家に転がり込み、弟子入りした彼は、3年間の修行の後、「男船」でデビュー。井沢八郎の名前は、この曲の作詞者、松井由利夫の「井」、作曲者、大沢の「沢」、先輩歌手である春日八郎の「八郎」からきています。
 この曲の作詞者である関口は、埼玉の春日部に住んでいてそこから東京に通うたびに上野駅を利用していました。そこで上野駅にやって来たばかりの中卒の若者たちを見ていて、彼ら「金の卵」についての詞を書き、雑誌「家の光」が企画した作詞コンテストに応募。見事に1等に入選したその詞が東芝レコードのディレクターの目に留まり、レコード化されることになりました。
 東北地方から東京に集団就職で出た中卒の若者たちが、この後、東京オリンピック以降、日本の高度経済成長を支えて行くことになります。昭和日本の原風景を歌った貴重な歌ともいえます。
「あゝモンテンルパの夜は更けて」
1952年(詞)代田銀太郎(曲)伊藤正康(歌)渡辺はま子
モンテンルパの夜は更けて つのる思いにやるせない
遠い故郷しのびつつ 涙に曇る月影に
優しい母の 夢を見る
 「音楽は世界を変えられる」かつてそう信じられていた時代がありました。(実際それは可能だと僕も思いますが・・・)ボブ・マーリーの「ワン・ラブ・ピース・コンサート」や「ライブ・エイド」などは、それを具体化したイベントでした。その意味で、この曲はより具体的に政治的・人道的問題に挑んだ作品でした。
 1951年、日本は太平洋戦争の相手国のほとんどと講和条約を結び、やっと独立国としての地位を復活させました。しかし、日本軍の元兵士の一部はソ連などに抑留されたままで、フィリピンのモンテンルパの収容所にも死刑囚59名を含む109名が収監されていました。彼の心の支えとなっていた教誨師(きょうかいし)加賀尾秀忍は、なんとか彼らを釈放してもらえないかと奔走していましたが、多くの国民を殺されたフィリピン国民の世論を変えることはできずにいました。そこで彼は「異国の丘」のエピソードを思い出します。このモンテンルパでも同じような歌を作り、その歌によってフィリピン国民の心を動かせないか、と考えたのです。
 そして、彼は死刑囚の一人、代田銀太郎に詞を作れるよう心をかけます。こうして書かれた詞を最古参の死刑囚、伊藤正康に見せて、彼に曲を作らせます。しかし、彼は独学でオルガンを学んだだけの素人でした。できあがった曲を加賀尾は、渡辺はま子に持ち込みました。彼女は戦時中、何度も戦場へ慰問に訪れていた歌手だっただけにすぐに加賀尾の依頼を引き受けます。
 この曲は日本でヒットした後、オルゴールとなってフィリピンのキリノ大統領に届けられました。その曲ができるまでの経緯を聞いた大統領は心を動かされ、109人の戦犯たちの減刑が実現。彼らは無事に故国へ帰ることができました。
「青い背広で」
1937年(詞)佐藤惣之助(曲)古賀政男(歌)藤山一郎
青い背広で 心も軽く
街へあの娘と 行こうじゃないか
紅い椿で ひとみも濡れる
若い僕らは 生命の春よ
お茶を飲んでも ニュースを見ても
純なあの娘は フランス人形
夢を見るよな 泣きたいような
長いまつげの 可愛い乙女
 「東京ラプソディー」のコンビ、古賀政男と藤山一郎のヒット曲。暗い時代にも関わらずお洒落して街へ出ようというポップソング。あえて背広を色ものにしたセンスは、戦後日本に訪れるお洒落な消費文化を先取りするものでした。ただし、あくまでも主役は男性で恋人の女性は「フランス人形」としてしか描かれていません。女性が主役となるような恋の歌は戦後しばらくしてやっと現れることになります。元々この曲のイメージはある時、この曲を歌うことになるお洒落で有名だった藤山一郎がダーク・グリーンの背広を着ているのを見た作詞家の佐藤が色モノの背広に感心して、曲にしてみようと思いついたことで生まれました。ゴロの問題から青い背広になったものの、当時は色モノの背広は今のラメのスーツ並みに珍しかったはずです。暗い時代ではあっても、「青い背広」に憧れるお洒落に対する欲求は人々の心にあったことの証明なのでしょう。
「あなた」
1973年(詞)(曲)(歌)小坂明子
もしも 私が家を建てたなら 小さな家を建てたでしょう
大きな窓と小さなドアーと 部屋には古い暖炉があるのよ
真赤なバラと白いパンジー 小犬の横には
あなた あなた あなたがいてほしい
それが私の夢だったのよ いとしいあなたは 今どこに
 この曲は当時16歳の少女によって作られ歌われた曲でした。ヤマハ・ポピュラー・コンテストでグランプリを獲得しただけでなく、同じ年の世界歌謡祭でもグランプリを受賞。社会現象といえるほどのブームとなり200万枚を越えるセールスを記録しました。改めて、この曲の歌詞を見ていると本当に16才の少女なのか?という趣味の良さに驚かされます。歌詞の中に登場する言葉を並べてみると・・・
「古い暖炉」「真赤なバラと白いパンジー」「レースを編む」「ブルーのじゅうたん」「小犬」・・・アンティークな家具があってガーデニングや手芸も得意で犬も飼っている。今ではそれほど珍しくない家庭かもしれません。しかし、1970年代初めに、そんなセンスの良さと経済力のある家はごくごく珍しい存在だったはずです。それは1980年代以降、多くの女性が求めるようになる生き方の先駆だったのではないでしょうか?そう考えると、16歳の少女だからこそ、この曲の歌詞がかけたのだと思います。
 彼女が夢見た未来は、200万人を越える人々に共有され、その後、少しずつ実現されてゆくことになりました。この曲のメロディーは「マイ・ウェイ」に似ているとも言われています。大御所フランク・シナトラが人生を振り返った「過去の歌」だった「マイ・ウェイ」に対して、この曲は16歳の少女が歌った「未来の歌」でした。大ヒットした曲にはそれなりの理由があり、この曲は大衆と未来を共有することで大ヒットに結びついたのでしょう。
「異国の丘」
1948年(詞)増田幸治(曲)吉田正(歌)竹山逸郎
今日も暮れ行く 異国の丘に
友よ辛かろ 切なかろ
我慢だ待ってろ 嵐が過ぎりゃ
帰る日もくる 春がくる
 映画史に残る名作「ショーシャンクの空に」の中で主人公が放送室に閉じこもってオペラ「フィガロの結婚」を大音響でかける名場面があります。刑務所の中で、一瞬とはいえ「自由」を感じさてくれた音楽の力に感動させられました。ところが、現実にそうした状況で人々の生きる勇気を与える曲を作った人がいました。その後、昭和を代表する作曲家と呼ばれることになる吉田正です。
 戦時中、ソ連軍の捕虜となりシベリアに抑留されていた彼は、収容所で仲間たちのために、この曲を作りました。すると、いつの間にか曲は一人歩きを始め、多くの人に様々な歌詞で歌われるようになり、多くの復員兵が帰国後も歌い続けます。そして、その中の一人だった中村耕造が1948年8月にNHKの大人気番組「素人のど自慢」でこの曲を歌い注目を集めます。ビクター・レコードの佐伯孝夫はこの歌をレコード化するために、中村に2番を歌わせ、1番をプロ歌手の竹山逸郎に歌わせて録音を行います。
 「異国の丘」は、この後何度もラジオで放送されることになり、不明のままだった作曲者探しが本格化。先ず先に作詞者の増田幸治が判明し、その後、作曲家の米山正夫により、この曲の作曲者が吉田正という人物であることが明かされます。まったく無名の存在だった吉田は作曲家として活躍するチャンスをつかみ、数多くのヒット曲を書く、昭和の歌謡史を代表する作曲家になって行きます。「有楽町で逢いましょう」「東京ナイトクラブ」「潮来笠」「誰よりも君を愛す」「いつでも夢を」「美しい十代」・・・
 社会と時代を映し出す鏡としての流行歌の意味を証明する曲として、この曲と「星の流れに」は戦後最も重要な曲といえそうです。
「居酒屋」
1982年(詞)阿久悠(曲)大野克夫(歌)五木ひろし&木の実ナナ
もしもきらいでなかったら 何か一杯 のんでくれ
そうねダブルのバーボンを 遠慮しないで いただくわ
名前きくほど 野暮じゃない まして身の上話しなど
そうよ たまたま居酒屋で 横にすわっただけだもの
絵もない 花もない 歌もない 飾る言葉も 洒落もない そんな居酒屋で
 1980年代以降、ヒット曲の条件のひとつとして、カラオケで歌って受けることも重要な要素となりました。そんな中、2013年に発表された日本音楽著作権協会(JASRAC)の楽曲使用ランキング(過去30年)の第2位にこの曲は入っているのです。(第一位は「世界に一つだけの花」です)男女デュエットによるこの曲は、宴会においてカラオケの定番曲の一つになっているようです。(居酒屋の人気が続く限りは、歌われ続けるでしょう)
 この曲は、五木ひろしのために阿久悠が詞をすべて書き下ろしたアルバム「激涙・ロードショー」(1982年)の中の一曲でした。作曲は元スパイダースの大野克夫。五木ひろしとの初タッグによるアルバムということで、気合を込めて歌詞を書いた阿久悠に対して、ディレクターが一曲だけ肩の力が抜ける曲を入れて欲しいと依頼。そこで、じゃやあデュエット曲を入れようと作られたのがこの曲でした。
 デュエットの相手には、あえて演歌歌手ではなくミュージカルで活躍する木の実ナナを抜擢。そのおかげで、この曲はカラッとした明るいポップス演歌となり、宴会で歌うのにちょうどよい曲になりました。思えば、「二人のカラオケ・ボックス」とか「お部屋を出たらお別れね」とか、カラオケ・ボックスを舞台にしたヒット曲もありだと思うのですが・・・。
「一杯のコーヒーから」
1939年(詞)藤浦洗(曲)服部良一(歌)霧島昇&ミス・コロンビア
一杯のコーヒーから 夢の花咲くこともある
街のテラスの夕暮れに 二人の胸の灯が ちらりほらりとつきました
一杯のコーヒーから モカの姫君 ジャバ娘
歌は南のセレナーデ あなたと二人朗らかに 肩を並べて歌いましょ 
 この曲は、霧島昇とその妻、松原操(ミス・コロンビア)によるデュエット・ソングとして1939年後半に発表されています。
ロマンチックな歌詞と美しいメロディーをもつ名曲ですが、僕は最近まで知りませんでした。
知ったのは、雪村いづみの名盤「スーパージェネレーション」の中の一曲としてでした。
 夜中に雪村いずみバージョンのこの曲を聴いているとノスタルジックな気分に胸が熱くなってしまいます。僕としてはアルバムの中で、最も好きでした。
 この曲の作者は、淡谷のり子の出世作「別れのブルース」のコンビ、服部良一と藤浦洗です。いち早くジャズを歌謡曲に持ち込んだ服部良一だからこその作品です。しかし、白米が食卓から消え、砂糖も貴重品となり、代用コーヒーしかなかった時期に、なぜブラック・ユーモアとしか思えない歌詞がつけられ、それが軍に許可されたのでしょうか?ちょっと不思議です。(4番の歌詞には「コーヒーに角砂糖二つ入れましょうか」という部分もあるくらいです)
 服部は、この曲の歌詞を最初に見せられた時、「一杯のビールから」の方がいいのでは?と言ったといいます。たぶんコーヒーよりは、ビールの方が時節にはあっていたはずです。
 実は、この曲にクレームがつかなかったわけではありません。最初のこの曲の歌詞の冒頭部分のフレーズ「夢の花咲くこともある」は、当初「恋の花咲くこともある」だったそうです。しかし、「恋」は時局に相応しくないとされ、太平洋戦争末期に「夢」に替えられたのでした。
「王将」
1961年(詞)西條八十(曲)船村徹(歌)村田英雄
吹けば飛ぶよな 将棋の駒に
賭けた命を 笑わば笑え
うまれ浪花の 八百八橋
月も知ってる 俺らの意気地
 この曲のテーマは関西の偉大な棋士、坂田三吉です。坂東妻三郎や三船敏郎の主演で何度も映画化された伝説の英雄の歌は、村田英雄の代表曲となりました。ただし、この曲のレコードを出した当時、彼は元浪曲師の演歌歌手として32枚もレコードを出しながらまだヒットがでていませんでした。
 彼の師匠だった古賀政男はなんとか彼をブレイクさせようとするもののヒット曲を出せなかったのです。彼が所属するコロムビアのプロデューサー、斉藤昇はなんとか状況を打破しようと彼を大御所作詞家西條八十の家に連れて行き、詞を書いてくれるよう依頼します。ところが西條は男性歌手向けの詞は書きたくないと断ります。しかし、村田は西條のもとに通い続け、1か月後ついに詞の提供を約束してもらいます。20日後に歌詞は完成しますが、その作曲者には師匠の古賀ではなく新人の船村徹を選択します。これまでの作品とは違うものにしたいという期待からでした。古賀との関係を壊しかねない大きな賭けでしたが、あそれは見事に成功したわけです。
「贈る言葉」
1979年(詞)武田鉄矢(曲)千葉和臣(歌)海援隊
暮れなずむ町の 光と影の中 去りゆくあなたへ 贈る言葉
悲しみこらえて 微笑むよりも 涙かれるまで 泣くほうがいい
人は悲しみが 多いほど人には優しく できるのだから
さよならだけでは さびしすぎるから
愛するあなたへ 贈る言葉
 文句なしに名曲です。でも、最近は海援隊のオリジナルよりも、大橋トリオのバージョンのバージョンが気に入っていて、またこの曲のファンになりました。熱苦しい昭和の「贈る言葉」とは違い、平成の「贈る言葉」はクールそのものです。逆に考えると、この曲は歌い方しだいで時代を越えて通用する数少ない曲のひとつだということです。
 武田鉄矢は学生時代に司馬遼太郎の「竜馬はゆく」を読んで「俺も竜馬のように生きたい」という熱い思いでフォーク・グループ「海援隊」を結成。(かくいう僕も学生時代「竜馬がゆく」に熱中しました)1972年に故郷の博多から東京に出て、翌年あの大ヒット曲「母に捧げるバラード」を発表。ところが、この大ヒット曲の後、まったくヒットが出ず、典型的な一発屋になろうとしていました。幸い彼は俳優として出演した「幸福の黄色いハンカチ」の演技で高い評価を得て、その後活躍の場を映画、テレビに移すことに成功します。そして彼が出演することになったのが、1979年10月から始まった学園ドラマ「3年B組金八先生」でした。彼は出演のオファーと同時に主題歌も依頼され、「贈る言葉」が生まれることになりました。ドラマの大ヒットと共に主題歌も大ヒットとなり、その後、この曲は卒業シーズンの定番曲となりました。
「小樽のひとよ」
1967年(詞)池田充男(曲)鶴岡雅義(歌)鶴岡雅義と東京ロマンチカ
逢いたい気持ちが ままならぬ
北国の町は つめたく遠い
粉雪まいちる 小樽の駅に
ああひとり残して 来たけれど
忘れはしない 愛する人よ 
 この曲は、当初「粉雪のラブレター」として発売される予定でした。歌詞の中には「古代文字」(小樽市手宮にある洞窟内にある縄文時代の文字)や「塩谷の浜辺」(小樽郊外の砂浜の海岸線)などの単語はなかったといいます。それどころか、この歌のもとになった体験は東京ロマンチカのメンバーが小樽ではなく釧路で体験したものという説もあります。要するに、この曲は小樽ではなく、普遍的な北海道の冬の町をイメージして作られた曲だったわけです。その方が、誰にでも受け入れられると考えられます。しかし、たぶんそれでは150万枚を越える大ヒットにはならなかったでしょう。
 この曲はあえて「小樽」という御当地名をタイトルにまで入れたことで、かえって聴く者にロマンチックなイメージを与えることに成功しました。1967年、小樽は斜陽と呼ばれつつある街でしたが、まだまだ勢いのある北海道の都市でした。(ちなみに小樽運河が有名になり観光都市となるのは、1980年代に入ってからのことになります)北海道の大企業の多くは、まだ小樽に本社があり、その中の一つにレコード販売で道内トップの企業「玉光堂」もありました。(道内シェア20%)当然、北海道の町をテーマにした曲を発売するにあたって、テイチク・レコードの営業担当が小樽本社にいる八木伸三社長を訪問。曲についての感想を求めました。すると、八木社長は「もっと小樽らしさを盛り込んで、タイトルにも小樽を入れるべきだ」と提言します。(単に小樽が好きだからの発言だったのかもしれませんが・・・)
 偶然、作詞の池田充男の妻が小樽出身だったことから、歌詞に小樽の地名などを入れることができ、タイトルも「小樽のひとよ」に変更。池田は小樽に行ったことはなく、今と違い小樽は北の果てにあるロマンチックな異国のような土地だったのです。まだ見ぬ土地だからこその魅力が、この曲を大ヒットさせたのでしょう。思えば、「古代文字」や「塩谷の浜辺」は、別にロマンチックな存在でもなんでもないのですが・・・知らない人が聞けば結構魅力的に聞こえるかもそれません。
 こうして、究極の御当地ソングが誕生することになりました。
「お富さん」
1954年(詞)山崎正(曲)渡久地政信(歌)春日八郎
粋な黒塀 見越しの松に
仇な姿の 洗い髪
死んだ筈だよ お富さん
生きていたとは お釈迦様でも知らぬ仏の お富さん
エーサオー 玄冶店(げんやだな) 
 ゴロはいいし、一度歌えば忘れられない曲ではあったも、何のことを歌っているのかは、さっぱりわかりません。だからといって、江戸時代の民謡とは思えないし・・・と思っていたら、どうやら「歌舞伎歌謡」という切り口で作られた昭和歌謡のひとつでした。作詞家の山崎が歌舞伎「与話情浮名横櫛」(切られ与三郎)をもとに書いた詞に、渡久地政信が曲をつけたものですが渡久地は歌舞伎のことなど知らず、「お富さん」が誰かも知らずに作曲したそうです。そのせいもあり、この曲は彼の出身地である沖縄民謡の影響を受けた不思議なブギウギ調歌謡になったようです。
 当初、この曲は「憧れのハワイ航路」など、リズミカルで明るい曲を得意とする人気歌手の岡晴夫が歌う予定でした。ところが、岡がレコード会社を移籍してしまったため、デビューして間もない春日八郎にチャンスが巡ってきました。ところが作曲家同様、歌舞伎の知識がなかった春日は、意味不明の歌を渡されて困惑。作曲の渡久地も岡をイメージして作った曲が新人歌手に変わったことに不満だったようです。予定が狂いっぱなしの中で完成したレコードでしたが、発売後この曲は125万枚という予想外の大ヒットとなりました。
 シンプルな二拍子の曲に手拍子も加えられたダンサブルなこの曲は、お座敷ソングの定番となり、パチンコ店が景気づけに店頭でかけまくったことも大きな宣伝になったと言われます。(連発式の台が弾くテンポにぴったりだったとか・・・)
 狙ってヒット曲を生み出すことは難しいのに、この曲は逆のパターンとなった数少ない例かもしれません。

「・・・このくらい世の中が暗いと、このくらい明るいものでないと闊歩できないだろうと、という思いである。アナーキーである。どこか自棄的にも思える。しかし、春日八郎は、これ以上はない生真面目な歌唱法で歌っている。手拍子が似合わない律儀な歌い方なのである。それがよかった。・・・」
阿久悠
「俺は待ってるぜ」
1957年(詞)石崎正美(曲)上原賢六(歌)石原裕次郎
霧が流れてむせぶよな波止場 思い出させてヨー
また泣ける海を渡って これきり逢えぬ
昔なじみのこころと心 帰り来る日を ただそれだけ
俺は待ってるぜ
 昭和の歌謡界ではアマチュア作家による作詞コンテストが多く、そうでなくとも歌手のファンがその歌手に自分の詞を送ることはよくあったようです。(ちなみにGSの大ヒット曲「花の首かざり」もコンテストで選ばれた素人の作品でした)この詞もそんなファンから贈られた作品がもとになっていました。
 当時、裕次郎は「太陽の季節」でデビューした後、「狂った果実」では自ら主題歌も歌い歌手デビューも果たしていました。そこでテイチク・レコードの文芸部長、萩原四朗は送られてきていた数多くのファンからの詞の中から「俺は待ってるぜ」というフレーズを見つけます。当初、社内では無名の作者の詞を使うことに反対意見も多かったのですが、萩原は強引に自分の意見を通し、作曲もまだ新人に近かったシベリアから帰ったばかりの上野賢六に任せます。
 結局「俺は待ってるぜ」という不良っぽい歌詞は、裕次郎のイメージに見事にはまり、この曲は大ヒットします。思えば、プロの作詞家は、けっして不良っぽい台詞を選ぶことはなかったでしょう。「太陽族」という時代を象徴する若者たちの言葉を書くのは、やはり同世代でなければならなかったということかもしれません。
「女のみち」
1972年(詞)宮史郎(曲)並木ひろし(歌)宮史郎とぴんからトリオ
私がささげた その人に
あなただけよと すがって泣いた
うぶな私が いけないの
二度としないわ 恋なんか
これが女のみちならば
 昭和の時代、お笑いの世界には音楽漫談、音楽コントがジャンルとして存在していました。(今でもありますが・・・)ソロでギター弾き語りのギター漫談やウクレレ漫談もありましたが、バンドとしてしっかりとした演奏ができるコミックバンドもかなりありました。ちなみにクレージー・キャッツとドリフターズは、もとは本格的ジャズ・バンドで、エンターテナーとしてギャグをネタに取り入れているうちに、いつの間にか本業が変わってしまったバンドです。
 それに対して、ぴんからトリオはあくまでお笑い芸人が音楽ギャグを見せていただけでした。しかし、コミックバンドで食べているとはいえ、ちゃんとした歌も歌いたいという思いは強く、その実力を証明しようと結成10周年を記念してプロモーション用に作ったのがこの曲でした。コロムビア・レコードが作ったこの曲は当初300枚だけで、それも無料で配られたオマケでした。元々売ろうとすら考えていなかったのです。
 時代錯誤丸出しの歌詞のもつ「ド演歌」をだみ声のお笑い芸人が真面目に歌う曲。姫路の有線放送で最初に取り上げた時は、笑える演歌として受けたのかもしれません。1972年と言えば、フォークソングの人気がいよいよピークに達しようとしていた頃です。そんな時代にこんな古臭い演歌が売れるわけがない。この曲のレコード発売に対して、発売元のコロムビア社内には反対意見が多かったようです。
 ところが発売後、レコードは売れに売れてプレスが追いつかない事態となります。総売り上げは結局320万枚を突破し、史上最高を記録します。(この記録は「およげたい焼きくん」に抜かれるまで続きます)
 過去の遺物のような「いい女」を描いたこの曲は、昭和歌謡のヒット曲に多い、男が描く理想の女を歌った究極の作品だったといえます。その曲を歌っていたのが、森進一ではなくお笑い芸人だったことで「男ってバカだねえ・・」で許されたからかもしれません。
「学生街の喫茶店」
1972年(詞)山上路夫(曲)すぎやまこういち(編)大野克夫(歌)ガロ
君とよくこも店に来たものさ 訳もなくお茶を飲み話したよ
学生でにぎやかなこの店の 片隅で聴いていたボブ・ディラン
あの時の歌は聴こえない 人の姿も変わったよ
時は流れた
あの頃は愛だとは知らないで サヨナラも言わないで 別れたよ 君と
 僕が初めて買ったフォークのシングル・レコードでした。ラジオでも、レコードでも何度となく聴いたにも関わらず、今聞いても新鮮さを失わない名曲です。この曲は、もともと1960年代の学園ソング「学生時代」(ペギー葉山)の1970年代版を意識して作られたともいわれます。ただし、この曲はもともとシングル盤のB面として録音されていて、発売後、半年以上たってからジワジワと人気が出て、改めてA面として発売されてから、1973年にかけて大ヒットすることになりました。(売り上げ枚数はトータルで100万枚を突破しています)吉田拓郎の「結婚しようよ」「旅の宿」など、フォーク・ソングが歌謡曲に混じってヒット・チャートに顔を出すようになった時期でした。
 この曲は、時代の変わり目に、変わってしまった学生たちの生き方を歌った曲として有名ですが、歌詞を書いた山上路夫はそんな学生時代をまったく経験していませんでした。山上は、戦後を代表する作曲家、作詞家の東辰三(平野愛子の「港の見える丘」は特に有名)の息子でしたが、幼いころから喘息に苦しみ、大学どころか高校にも通っていませんでした。
 そのことを知って、この曲を改めて聞いてみると、この曲の主人公は学生だったとは限らず、たまたま彼は学生街の喫茶店からその変化を見ていただけのようにもとれます。この時、すでに熱い時代は客観的に引いて見られる存在となっていたわけです。だからこそ、100万枚を越えるポピュラーなヒット曲として大衆に受け入れられたのでしょう。
 それと、もうひとつこの曲の裏方として、作曲家のすぎやまこういち、編曲の大野克夫(元スパイダース)というグループ・サウンズの曲を作ってきた二人の人物の存在も重要でした。
「学生時代」
1964年(詞)(曲)平岡精二(歌)ペギー葉山
蔦のからまるチャペルで 祈りを捧げた日
夢多かりしあの頃の 想い出をたどれば
なつかしい友の顔が 一人一人浮かぶ
重いカバンをかかえて かよったあの道
秋の日の図書館のノートとインクのにおい
枯葉の散る窓辺 学生時代
 改めて聞いてみると、この曲は「卒業写真」(荒井由美)の1960年代版かもしれません。さらにいうとこの曲の男子校バージョンが森田公一の「青春時代」です。
 この曲の作者、平岡精二は、蔦のからまるチャペルと歌われているベリー・ホール礼拝堂のある母校、青山学院大学をイメージしながらこの曲を作りました。青山学院を卒業した彼は、戦後米軍キャンプを中心に音楽的を始めていて、同じようにペギー葉山も和製ドリス・デイといわれる歌手として活躍していました。しかし、彼女が歌うことになっていたのは民謡調の歌謡曲で、「南国土佐を後にして」はその代表曲でした。そんな彼女のアルバムを制作する際、「大学生時代」というタイトルだったこの曲はアルバムの雰囲気に合わないとされはずされそうになりました。しかし、この曲こそ自分が歌いたい歌と思っていた彼女は曲名を「学生時代」改めて、アルバムに収めます。まして、その曲は自分が通っていた学校の先輩の曲ですからなおさらでした。こうして生まれた「学生時代」は、彼女の思いをのせて多くの若者の心に届き、青春時代を象徴する曲として長く聞かれ続けることになります。
「影を慕いて」
1930年(詞)(曲)古賀政男(歌)佐藤千夜子、藤山一郎
まぼろしの影を慕いて 雨の日に
月にやるせぬ 我が想い
つつめば燃ゆる 胸の火に
身は焦がれつつ 忍び泣
わびしさよ せめて痛みのなぐさめに ギターを取りて爪弾けば
どこまで時雨行く秋ぞ トレモロ寂し身は悲し
 1930年12月、このレコードは当時大人気だった歌手、佐藤千夜子の歌で発表されました。作詞・作曲の古賀政男は昭和を代表する作曲家として5000曲もの作曲を行うことになりますが、この時はまったく無名でした。彼が指揮者を務めていた明大マンドリン倶楽部のコンサートにゲスト出演した佐藤千夜子に彼が楽譜を見てもらわなければ昭和の歌謡史は変わっていたかもしれません。
 佐藤が、「是非私に歌わせてほしい」と言ったことで、彼の曲がビクターから世に出ることになりました。当時、彼は音楽教室で教えるアルバイトでかろうじて食べている状態で、社会は大恐慌で音楽の仕事も少なかったため、作曲家の仕事をあきらめかけ、宮城県に旅行して際には自殺未遂事件を起こしていました。
 愛する人との別れや将来への不安、それに世界的なギタリスト、アンドレ・セゴビアの演奏を聴いた感動。これらの熱い思いがこの曲には詰めこまれています。名曲と言われる曲は、やはり様々な意味や思いがこめられることで奥の深い作品になるのです。ところで、この曲は佐藤千夜子のレコードの後、クルーナー唱法によって、囁くように歌うことでヒットすることになりました。この曲の魅力は囁くようにうたこところにあるのかもしれません。
「カスバの女」
1955年(詞)大高ひさを(曲)久我山明(歌)エト邦枝
涙じゃないのよ 浮気な雨に ちょっぴりこの頬 濡らしただけさ
ここは地の果てアルジェリア どうせカスバの夜に咲く 酒場女のうす情
唄ってあげましょ わたしでよけりゃ セーヌのたそがれ 瞼の都
花はマロニエ シャンゼリゼ 赤い風車の踊り子の
今更かえらぬ 身の上を
 レコード・ジャケットの写真は日本人離れした歌手エト邦枝ですが、「エト」は本名ながら混血でもなんでもないようです。彼女のこのレコードのオリジナル初回売り上げは、なんと1766枚!彼女自身もその後芸能界を去り、この曲は完全に忘れられてしまいます。ところが、そのエキゾチックな歌詞とブルース調のメロディが、その後注目されるようになり、カバー曲が次々に登場し始めます。
 田端義夫、高峰文子から始まり、1967年の緑アコのバージョンがヒット。さらに竹原ひろ子、沢たまき、扇ひろ子などもカバー。結局この曲のレコードは、カバーを含めると100万枚を越えたと言われます。
 この歌を作曲した久我山明は、朝鮮半島出身の在日朝鮮人で本名を孫朴人といいます。彼は日本支配下の朝鮮で育ったため、日本語で教育を受けていました。そのため、戦後の恐慌期に日本に密入国し、久我山明だけでなく、末吉賢次、司潤吉などのペンネームを使い多くの曲を発表していました。
 当初、この曲を聞かされた作詞家の大高はこの曲が戦前の大ヒット曲「東京ブルース」(歌は淡谷のり子)に似ていることに気づき、舞台を日本から海外に変えることを提案。そこで日本から遥かに離れた北アフリカの地を地を選んだのでした。歌詞のモチーフは、1936年公開のフランス映画の傑作「望郷」(ジャン・ギャバン主演)でした。さらに1955年という年を振り返ると、この年はフランスからの独立を求めるマグレブ3国での暴動が世界的ニュースとなっている時代でした。そんな世界的な政治状況もこの曲に影響を与えていたのでしょう。
 歌詞の中に登場する単語を見てみると、エキゾチック心をくすぐる言葉が見事に使用されています。
「アルジェリア」(当時フランス領だった北アフリカ国名)「カスバ」(アルジェリアの首都アルジェの旧市街地の地名)、「セーヌ」「シャンゼリゼ」(当時人々の憧れだったパリの地名)、「赤い風車」(ジョン・ヒューストン監督によるロートレックを題材にした映画タイトル)「踊り子」(ロートレックが得意とした題材)、「モロッコ」「外人部隊」(いずれも北アフリカを舞台にした映画のタイトル) 
「勝手にしやがれ」
1977年(詞)阿久悠(曲)大野克夫(歌)沢田研二 
壁際に寝返り打って 背中できいている
やっぱりお前は 出て行くんだな
悪いことばかりじゃないと 想い出かき集め
鞄につめこむ 気配がしている
行ったきりなら しあわせになるがいい
戻る気になりゃ いつでもおいでよ
 阿久悠によって、昭和歌謡はまったく新たな世界を次々と歌詞の中で展開させるようになります。彼は意識的にそれまでの演歌の世界観とは異なる物語を生み出す挑戦を続けていました。この曲もそんな彼が生み出した当時としては全く新しいタイプの曲でした。
 フランス映画の名作「勝手にしやがれ」が気に入っていた彼は、そのタイトルから女性との別れの場で格好つけて、自らの弱さを隠す男の歌を書き始めました。そして、主人公のジャン=ポール・ベルモンドの代わりになる人物として、ジュリーを指名したのでした。
 俳優としても活躍することになるジュリーは、この曲のキザな主人公を見事に演じてみせました。歌詞の2番に登場するのは「バーボン」。ここで「日本酒」ではなく「ウイスキー」でも「ビール」でもない「バーボン」を用いたことで、この曲はそれまでの歌謡曲にはない世界を描き出すことに成功しています。こうして言葉一つの一つの選び方にも、阿久悠のセンスが感じられます。
 そして、もう一つ、この曲は男が女に捨てられる歌だということも重要です。捨てられた女性が忘れられない男性のことを歌ってきた「怨み節」から、「捨てられた男の強がりの歌」へ、これもまた大きな転換だったのです。 
「唐獅子牡丹」
1965年(詞)(曲)水城一狼(歌)高倉健(映画「昭和残侠伝」主題歌)
義理と人情を秤にかけりゃ 義理が重たい 男の世界
幼なじみの観音様にゃ 俺の心はお見通し 背中で吠えてる 唐獅子牡丹
親の意見を承知ですねて 曲がりくねった六区の風よ
つもり重ねた不幸のかずを なんと詫びよか おふくろに
背中で泣いてる 唐獅子牡丹
 映画ですら数年に一本、テレビにはドラマどころかインタビュー番組にすら出演することのない日本の俳優は健さんぐらいでしょう。(渥美清さん亡き後、もう彼に匹敵る存在はいません)
 そう考えると、彼がけっして上手とは言えない歌を映画の主題歌とはいえ、披露していたことは意外なことです。もちろん自らが主演する映画の主題歌だということはありますが、他にも彼が歌ったのには理由があったようです。
 ひとつには、当時妻だった歌手の江利チエミが彼に歌ってみるよう説得したと言われています。(彼女は当時、このレコードを発売することになっていたキング・レコードに所属していました)それと、この曲の作者が健さんの作品に切られ役として何度となく出演していた水城一狼だったためでもあるようです。義理と人情を秤にかけて、健さんが仲間の為にひと肌脱ぐのは当然だったかもしれません。
 この曲の歌詞のイメージは、健さんのイメージそのものでもありました。そして、この時期急速に盛り上がりをみせていた学生運動において、健さんは左翼の学生たちのアイドルとなってゆきます。2番の歌詞を見ると、学生運動に明け暮れていた当時の大学生の気分にも、ぴったりです。
 この曲のタイトルにもなっている背中の刺青の柄「唐獅子牡丹」もまた任侠ものの映画やドラマを象徴するデザインとなりました。その後、健さんは江利チエミと離婚し、二度と結婚しませんでした。男の友情にこだわる男は、もしかして同性愛ではないのか?そう疑われるのもしかたないかもしれません。ロバート・デニーロだって、そうらしいし、どうでもいいじゃないですか。
「岸壁の母」
1954年(詞)藤田まさと(曲)平川浪竜(歌)菊地章子、二葉百合子
母は来ました 今日も来た
この岸壁に 今日も来た
とどかぬ願いと 知りながら
もしやもしやに もしやもしやに ひかされて
 二葉百合子の代表曲として有名なこの曲は、作られた当初、作者は「ニュース歌謡」と呼んでいました。実際、この曲は作詞家の藤田まさとがNHKラジオで放送されたニュースを聞いていた出来事をもとに書かれています。
 主人公は東京大田区に住む端野いせという女性で、彼女は中国に出征してもどらない息子の帰りを待ち続け、舞鶴港(福井県)に復員船が入るたびに東京から迎えに行くことを8年も続けていました。昭和29年の春、またも息子に会えなかった彼女にNHKがインタビュー。それをラジオで偶然聴いた藤田は、すぐに詞を書き始めたといいます。そして、ニュース歌謡は早く出さなければ意味がないと考えた彼は、すぐに曲を依頼。作曲家の平川は一晩で曲を書き上げて、さっそく次の日、自らピアノの弾き語りでテイチクの重役たちを前に披露。ところが、歌い終わっても、拍手も何もないために、不思議に思いながら顔をあげると全員が涙を流していたのでした。歌を任された菊地章子もまた録音の際、涙で歌えなくなり、苦労したといいます。
 この曲は、その後1972年に二葉百合子によってリバイバルヒット。なんと1976年にかけて売れ続け300万枚を越える大ヒットとなります。岸壁に立ち続けた端野いせは、ついに息子と出会うことはかなわず、1981年に81歳でこの世を去りました。そして、ちょうどその頃、同じ日本海側の海岸では北朝鮮による拉致誘拐が連続して起きています。「岸壁の母」は、過去の歌ではなく今もなお続いているのです。
「黄色いサクランボ」
1959年(詞)星野哲郎(曲)浜口庫之助(歌)スリー・キャッツ
若い娘が お色気ありそで なさそで ありそで
ほらほら黄色いサクランボ
つまんでごらんよ ワン しゃぶってごらんよ ツー
甘くてしぶいよ スリー ワン・ツー・スリー ウーン
黄色いサクランボ
 後に青江美奈が吹き込んだ色っぽ過ぎる「アーン、アーン」に比べればカワイイものとはいえ、この曲の「ウッフーン」は発表当時どれだけ多くの人を驚かせ、赤面させたことか・・・。今では考えられない衝撃だったのではないでしょうか。
 作詞をしたのは当時まだ新人だった星野哲郎。彼はある日コロンビア・レコードのディレクターから明日の午後までに浜口庫之助と二人で一曲作ってもってきてほしいと依頼を受けます。その時、今年の流行色は「黄色」らしいから、「黄色い~」で作ってみてくれ!と言われたとか。さらに当時、仲間たちと集まって飲んでいる時に、仲間のひとりが近頃の若い女の子は何を考えているのか、まったくわからん!とぼやいていたのを思い出し、「黄色」と「近頃の女の子」というキーワードから一晩かけて「詞」と「曲」を同時進行で作り上げました。
 3人組の混血女性トリオ、スリー・キャッツが歌ったこの曲は25万枚のヒットとなり、日本レコード大賞にもノミネートされました。さすがに「ウッフーン」では選ばれず、水原ひろしの「黒い花びら」に賞は渡りました。ちなみにこの曲のヒットから映画「体当たりすれすれの娘」が製作されました。タイトルもすれすれの作品でした。
 ちなみに、僕も含め多くの人は、このオリジナル・バージョンよりもドリフターズの人気番組「8時だョ!全員集合」に出演していたゴールデンハーフのデビュー曲として覚えている人も多いのではないでしょうか?その後、このタイプの曲は時代と共に過激さを増してゆきます。「セーラー服をぬがさないで」もその系譜の大ヒット曲となりました。
「傷だらけの人生」
1971年(詞)藤田まさと(曲)吉田正(歌)鶴田浩二
「古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ新しいものを欲しがるもんでございます。今の世の中、どこに新しいものがございましょう。生まれた土地は荒れ放題、今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか」
何から何まで 真っ暗闇よ
すじの通らぬ ことばかり
右を向いても 左を見ても
ばかと阿呆の からみあい
どこに男の 夢がある
 1番と2番の間に語りが入る曲は数多くありますが、頭から語りが入る曲は非常に珍しいのですが、この曲は逆にそれがヒットの原因でした。それは俳優、鶴田浩二の魅力を頭に置いて一気に聞く人を引き込むことに成功しているからです。多くの人は、この曲を歌えなくても語りの部分は覚えているのではないでしょうか?当然、この曲は初めに鶴田浩二ありきで、歌詞が先につくられています。「街のサンドイッチマン」(1933年)でデビューして、「赤と黒のブルース」(1955年)、「好きだった」(1956年)などをヒットさせてきた鶴田浩二は、1960年代以降ヒット曲はなく、久々にヒット曲を出させたい。そこでビクター・レコードは、藤田まさとに詞を依頼。「ニュース歌謡」とも呼ばれた「岸壁の母」の作者でもある藤田は、鶴田浩二という戦中派の役者・歌手に変わりゆく時代への自らの思いを歌わせ、語らせています。
 1971年は、大阪万国博覧会が人類の未来を提示する中、、三島由紀夫はそんな日本の変化に異を唱えて割腹自殺。60年安保をピークに「熱い時代」は終わりを迎えつつあり、社会は「シラケの時代」に移り変わろうとしていました。日本全体が「傷だらけ」だったといえます。高度経済成長によって先進国の仲間入りを果たしつつあった日本は、過去を切り捨てつつありました。そんな時代の分岐点にこの歌はピタリとはまったのかもしれません。地味な歌でありながら、この曲がレコード大賞の大衆賞を受賞しいたのもそのせいでしょう。この当時、鶴田浩二は古き良き日本の象徴的存在だったのです。(21世紀に入り、その役割は高倉健にゆだねられています)
「君恋し」
1928年(詞)時雨音羽(曲)佐々紅華(歌)二村定一、フランク永井
宵闇せまれば 悩みは涯なし
みだるる心に うつるは誰が影
君恋し 唇あせねど
涙はあふれて 今宵も更け行く
 この曲は、1961年にフランク永井が歌ってレコード大賞を受賞した曲ですが、それよりはるか昔に発表された昭和3年に作られています。(最初に録音されたのは1922年だったといわれています。ただし、レコードが存在していないため未発売だったとも言われています)そのオリジナルの歌い手は、浅草オペラの人気歌手、二村定一でした。そして、この曲がもつもうひとつの歴史的価値は、この曲は創業したばかりの日本ビクターが初めて自ら企画制作したレコードのひとつだったということです。
 作詞を依頼された時雨音羽は、当時の人気職業だったカフェーで働く女給を題材にするため神田のカフェーに通い、その店で見た出来事をリアルに描写。当時日本は不況下にあったため、歌にもその暗い時代の雰囲気が現れていました。33年もたって、カバーする際、フランク永井は楽譜を見て、あえてオリジナルの歌唱を聞かずに自分の得意とするジャズのフィーリングを生かしてカバー。寺岡真三によるジャズ風アレンジもはまったことで、まったく新しい歌として復活してと言えそうです。
「君の名は」
1953年(詞)菊田一夫(曲)古関裕而(歌)織井茂子
君の名はと たずねし人あり その人の名も知らず
今日砂山に ただひとり来て 浜昼顔にきいてみる
夜霧の街 思い出の橋よ すぎた日のあの夜が
ただなんとなく胸にしみじみ 東京恋しや忘れられぬ
 放送時間中に銭湯が空になったといわれる伝説的ラジオドラマのテーマ曲です。番組の放送開始は、1952年の4月NHKラジオで、ドラマのテーマ曲を歌ったのはクラシック歌手の高柳二葉でした。この時、あえてクラシックの歌手を選んだのは、作曲家である古関の提案で、そのおかげでこのドラマは単なるメロドラマとは異なる風格をもつことになりました。ただし、1953年に発売されたレコードで歌ったのは、戦前、少女童謡歌手として活躍していた織井茂子。レコード版では、あえてポップな歌手に歌わせるという戦略に成功し、こちらもヒットし、織井は大人の歌手としても成功することになりました。この曲のヒットにより、彼女は映画の第二部、第三部の歌も担当することになりました。
 この曲は3番までありますが、歌の舞台は1番が佐渡、2番が東京、3番が志摩となっています。ドラマでも当初は場面によって、1番、2番、3番を使いわけていたそうです。このドラマは戦争中に出会い、離れ離れになったカップルが様々な場所ですれ違い、なかなか出会えないというドラマです。歌詞では、そうしたすれ違いの場所のことを歌っています。
 フジテレビの「月9」得意の「すれ違い」と松竹の十八番「男はつらいよ」や「釣りバカ日誌」の「全国観光地巡り」という二つの要素を兼ね備えた最強ドラマの原点が、このドラマだったのです。
「銀座カンカン娘」
1949年(詞)佐伯孝夫(曲)服部良一(歌)高峰秀子
あの娘可愛いや カンカン娘
赤いブラウス サンダルはいて
誰を待つやら 銀座の街角
時計ながめて ソワソワニヤニヤ
これが銀座のカンカン娘 これが銀座のカンカン娘
 カンカン娘とは、フランスのキャバレー「ムーランルージュ」で有名なダンスのフレンチ・カンカンから来たダンサーの女の子だと思っていたのですが、どうやら違ったみたいです。(映画「フレンチ・カンカン」の公開は1954年ですから、まだ先のこと)どうやら「カンカン娘」が何なのかは不明のようです。しかし、この曲が描いている元気一杯の女性像は戦後最初に登場した「自立する女性像」としても注目すべき存在です。「赤いブラウス」を着てサンダル履きで銀座でデート。人つのグラスからカルピスを2本のストローで恋人と飲む。高度経済成長期に一世を風靡した「レナウン娘」とかユーミンが描くバブル期の女性像とか・・・ヒット曲が描いてきたファッショナブルな女性像の原点がこの曲のカンカン娘かもしれません。思えば、これ以前の女性たちは、男性につくすか裏切られるか死なれるかのどれかだったのですから・・・。
 元々この曲は同名タイトルの映画「銀座カンカン娘」(島耕二)の主題歌として、主演俳優の高峰秀子が歌っていました。俳優としてはすでにトップクラスだった高峰は この曲で初めて歌手としても高い評価を得ることになりました。
 意味は不明でも、服部良一による曲と「カンカン」のゴロはぴったりで、一度歌うと忘れられない魅力をもっていました。そのため、日本人たちだけでなく日本語がわからない占領軍の兵士たちにも歌われることになりました。
「銀座の恋の物語」
1961年(詞)大高ひさを(曲)鏑木創(歌)石原裕次郎&牧村旬子
心の底まで しびれるような 吐息が切ない 囁きだから
泪が思わず 湧いてきて 泣きたくなるのさ この俺も
東京でひとつ 銀座でひとつ 若い二人が 初めて逢った
真実(ほんと)の恋の物語
 昭和歌謡における男女のデュエット曲人気ナンバー1はやはりこの曲でしょう。この曲を作曲した鏑木は、クラシック音楽を学んだ後、映画音楽の作曲家になった人物で歌謡曲を作ったことは、この時、まだなかったようです。たまたま彼が石原裕次郎主演の映画「街から街へつむじ風」の音楽を担当した際、裕次郎に歌わせる主題歌も依頼されました。当然、彼はその依頼に困惑。その上、その曲は主演女優とのデュエット曲にしてほしいと言われたのです。困り果てた鏑木にテイチクレコードのディレクターが、ヒントを与えます。当時、大ヒットしていたフランク永井と松尾和子の「東京ナイトクラブ」を聴かせたのです。
 こうして曲は作られましたが、作詞を依頼された大高ひさをには、もう5日しか時間が残されていませんでした。実は、この時、裕次郎は北原三枝との結婚式をひかえていて、それまでに録音を終えなければスケジュール上映画に間に合わなくなることがわかっていたのです。
 なんとか完成した曲の録音に使える時間は、さらに短くなっていました。しかたなく、二人がそろう日活撮影所で10分間だけリハーサルをして、すぐに録音が行われます。この曲の女性パートを歌った牧村は、当時まだ17歳。しかし、7歳の頃から米軍キャンプでジャズを歌っていたというベテラン歌手でもありました。とはいえ、歌手としては全く無名だったために当初彼女の起用には反対意見も多かったといいます。ところが、物おじしない彼女の個性はこの曲にぴったりでした。この曲には、デュエット曲としては珍しい特徴があります。それは、男性ではなく女性のパートから歌が始まっていることです。ある意味、女性を主役に持ってきた最初のデュエット曲ともいえるわけです。
 実は、この曲が長く歌われているのは、その平等意識の存在にあるのかもしれないというのです。なるほどねえ・・・。
「黒い花びら」
1959年(詞)永六輔(曲)中村八大(歌)水原弘
黒い花びら 静かに散った
あの人は 帰らぬ遠い夢
俺は知ってる
恋の悲しさ 恋の苦しさ
だからだから もう恋なんか
したくない したくないのさ
 この曲には、様々な歴史的価値があります。先ず第一に日本作曲家協会が判定した日本レコード大賞第一回の大賞受賞曲であること。ただし、当時はレコード大賞の知名度はほぼゼロで、受賞を知らされた水原も「レコード大賞って何?」と言ったとか。
 そして、この曲は戦後ジャズを歌謡曲に持ち込んで一時代を築いた中村八大と永六輔が初めてコンビを組んで作った記念すべき第一作でした。当時、ロカビリーが日本では大ブームとなっていて、東宝はそのブームに乗ったロカビリー映画「青春を賭けろ」を製作しようとしていました。そこで音楽担当に中村八大が選ばれたものの、曲作りの時間がなく、〆切りの前日、彼は偶然出会ったばかりの放送作家、永六輔に協力を依頼。二人がかりでたった一晩で、映画の挿入歌10曲を完成させました。先ず永六輔が詞を書き、それに中村が曲をつけることの繰り返しで、その中の一曲に「黒い花びら」があったわけです。その後、「黒い花びら」をシングルとして発売することになりましたが、ロカビリー調とはいってもバラードの暗い歌だったことから、初回のプレスはわずか2000枚だけでした。ところが、この曲がレコード大賞を受賞し、100万枚を突破する大ヒットになってしまいます。
 どうやらこの曲はプロの間では高く評価されたようですが、「初のエイトビート歌謡」だったこと「黒」というタブーともいえる色を用いたことなど、新鮮さが受けたようです。でも、この曲がエイトビートのロカビリーナンバーに聴こえますか?どうでしょう?
「恋の奴隷」
1969年(詞)なかにし礼(曲)鈴木邦彦(歌)奥村チヨ
あなたと逢ったその日から 恋の奴隷になりました
あなたの膝にからみつく 小犬のように
だからいつも そばにおいてね 邪魔しないから
悪い時はどうぞぶってね あなた好みのあなた好みの 女になりたい
 今この曲を宴会の席で歌ったら、ドン引きされること間違いなしです。どう考えても「究極のセクハラ・ソング」です。しかし、少なくとも、1960年代末、この曲は男を愛するがゆえに奴隷になることも受け入れる男にとって最高の女性の歌として受け入れられていました。
 とはいえ、歌い手である奥村チヨ本人は、その歌詞に大いに不満だったともいわれます。彼女は小学生の頃から歌の勉強を続け、高校卒業後、その甘い声を生かして「和製シルヴィ・バルタン」というふれこみでデビューしたばかりでした。当然、彼女の自分の歌う曲を選ぶ選択権などなく、与えられた曲を歌うしかなかったのです。(そう考えるとこの曲は、「パワハラ・ソング」でもあったことになります)
 そんな疑問も持ちながら歌った曲にも関わらずこの曲は100万枚を超える大ヒットとなりました。当時それだけのヒットになったということは、日本の社会において「女性は奴隷である」という共通認識があったのだということです。まあ、21世紀に入っても、2014年の都議会セクハラ事件で明らかになったように、ある世代以上の人の意識は一生変わることはないのでしょうが・・・。
 当時、彼女はこの歌をシースルーのゆったりしたブラウスとロングスカートという流行のファッションとは逆のスタイルで歌っています。それはあえて、その曲が「昔の女の歌」であるということを示したかったからだとか・・・。それがかえって色っぽく見えたかもしれませんが・・・。
 思えば、この曲は女性の地位が向上した今、歌詞の中の「女」を「男」に替えても成り立つはずです。そう考えると、この曲はSM的感性による「究極のラブ・ソング」として、「あり」になったのかもしれません。
「恋のバカンス」
1963年(詞)岩谷時子(曲)宮川泰(歌)ザ・ピーナッツ
ため息の出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢見る 乙女ごころよ
金色に輝く 熱い砂の上で ささやいた約束は 二人だけの秘めごと
ため息が出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ
はじめて あなたを見た 恋のバカンス
「これは後からの感想だが、この『恋のバカンス』は、アメリカン・ポップスと日本の歌謡曲の間に橋を架けた、画期的な歌だと思っている。グループサウンズのメロディーのスタイルもこれより発する」
阿久悠「愛すべき名歌たち」より
 「恋のバカンス」はそれまで洋楽ポップスの日本語カバーを歌い続けてきたザ・ピーナッツが初めて挑んだオリジナル曲であり、作曲家、宮川泰にとっても初めての日本語オリジナル曲でした。しかし、ジャズ・ピアニストとして活躍し、欧米のポップスを編曲し、日本向けに作り直してきた彼にとっては、それが洋楽風のポップスになるのは当然でした。だからこそ、阿久悠も含め、ほとんどの日本人はこの曲も日本語のカバー曲だと思っていたようです。ただし、この曲には無意識のうちにジャズの名曲「素敵なあなた」が影響を与えていたようです。(冒頭部分のメロディーはそっくりです)7000曲ものアレンジを行っていたという彼に完全オリジナル曲を書けということは無理だと思いますが・・・。
 ロカビリーのブームを生み出した渡辺プロは、ザ・ピーナッツにより洋楽ポップスの時代を切り開き、さらにGSの時代を演出します。渡辺プロの黄金時代がいよいよ始まろうとしていました。
「高校三年生」
1963年(詞)丘灯至夫(曲)遠藤実(歌)舟木一夫
赤い夕日が校舎をそめて ニレの木陰に弾む声
ああ高校三年生 ぼくら離れ離れになろうとも
クラス仲間は いつまでも
泣いた日もある 怨んだことも 思いだすだろ なつかしく
ああ高校三年生 ぼくら フォークダンスの手をとれば
甘く匂うよ 黒髪が
 今では大学生になることは、もう憧れではないかもしれません。しかし、かつては高校に通うことが憧れだった時代もありました。この曲の作詞者である丘灯は病弱だったために高校を卒業できませんでした。それでも彼は毎日新聞社のグラフ雑誌の編集部で働いていて、ある時、高校の体育祭を取材。男女共学の学校で生徒たちがフォークダンスを踊る様子を見て感動。男女共学だけでなくダンスを踊る時代がきたことに時代の変化を感じ、この時にこの曲の2番の歌詞「フォークダンス・・・」の部分が誕生しました。
 この曲を書いた遠藤実は、家が貧しかったために尋常小学校卒業後、すぐに工場や農家で働き始め、高校入学など夢のまた夢でした。
 この曲の歌を任されたのは、当時遠藤実の元でレッスンを受けていた高校三年生の歌手志望、舟木一夫でした。彼はレコード発売時にはすでに高校を卒業していましたが、その後も学園ものの歌を歌うため、詰襟の学生服をステージ衣装として着続けることになります。するとなんとこの曲は1年かけて延々と売れ続け100万枚を売り上げることになります。そして、彼は、橋幸男、西郷輝彦とともに青春アイドル歌手の元祖として「御三家」と呼ばれることになります。
 高校生への憧れを歌詞にこめた丘灯はこの曲により、見事レコード大賞の作詞賞を受賞しました。 
「ざんげの値打ちもない」
1970年(詞)阿久悠(曲)村井邦彦(歌)北原ミレイ
あれは2月の寒い夜 やっと14になった頃
窓にちらちら雪が降り 部屋はひえびえ暗かった
愛というのじゃないけれど 私は抱かれてみたかった
(以下は、レコード化さっれなかった完全版の歌詞)
あれは何月、風の夜 とらに二十も過ぎた頃
鉄の格子の空を見て 月の姿がさみしくて
愛と云うのじゃないけれど 私は誰が ほしかった
 ある時、阿久悠は銀座のクラブで歌っている南玲子という歌手のために歌を作ってほしいと依頼されます。見た目の花もなく歌唱力が凄いというわけでもない彼女にどんな曲を用意すればよいのか?そこで彼はダメもとで歌謡界のタブーに挑戦をする話題性のある歌で勝負しようと考えました。そのために考えたのは、曲の中に衝撃的な物語を盛り込むことでした。
 ただし、そのためにはいくつかの問題がありました。その一つは、楽曲の長さでした。ヒット曲を生み出そうとするには、とにかくテレビに露出させる必要があります。そのために必要なのが、曲の長さを3分程度に収めることは常識です。 それに対して、彼はあえて曲を4分以上に伸ばし、それが途中で切られなくなるよう物語の結末を最後まで聞かなければわからないようにしました。
 歌詞の3番にはナイフが登場。主人公がナイフによる傷害事件を起こし、刑務所に入る設定になっています。これは、それまでの歌謡曲にはなかったし、その後もないかもしれません。こうした過激な歌詞の曲は、その後、自主規制の対象として様々な論議を呼ぶことになります。(「放送禁止歌」参照)
 
「昭和枯れすすき」
1974年(詞)山田孝雄(曲)むつ・ひろし(歌)さくろと一郎
貧しさに負けた いえ世間に負けた
この街も追われた いっそきれいに死のうか
力の限り生きたから 未練などないわ
花さえ咲かぬ 二人は枯れすすき
踏まれても耐えた そう傷つきながら
淋しさをかみしめ 夢を持とうと話した
幸せなんて望まぬが 人並みでいたい
流れ星見つめ 二人は枯れすすき
 関東大震災の後、不況に襲われていた日本で大ヒットしたのが「おれは河原の枯れすすき」と歌った「船頭小唄」でした。そして、この曲が大ヒットした1974年の日本では、オイルショックと田中角栄の「日本列島改造論」から始まった地価の高騰とインフレによる不況が広がっていました。そんな厳しい社会状況にはまったことが、この曲がブームとなった最大の原因だったのかもしれません。ただし、歌詞と時代とのマッチングだけがヒットの原因ではありません。まして、この曲を歌った徳川一郎と河野さくらのコンビは、それまでまったくヒット曲を出せずにいました。
 この曲がヒットしたもう一つの理由は、男女が交互にワンフレーズづつを交互に歌い人気が、さらに二人でハモルというそれまでの演歌にはなかったデュエット・ソングになっていたことです。歌うには難しかったかもしれませんが、それだけに歌いこなせば受けるということから、忘年会で挑戦する人が増えたことで有線放送を中心に広がることになりました。さらにこの曲は、TBSドラマの「時間ですよ」の中で何度も歌われることで、知名度が上がって行きます。そして、松竹が巨匠、野村芳太郎監督により、この曲をモチーフにした映画「昭和枯れすすき」として映画化。(脚本は今村昌平)
 思わぬ援軍が次々に現れたことで、この曲はいつしか昭和演歌の象徴的存在のひとつにまでなってしまったのでした。
「人生劇場」
1938年(詞)佐藤惣之助(曲)古賀政男(歌)楠木繁夫、村田英雄 
やると思えば どこまでやうるさ
それが男の 魂じゃないか
義理がすたれば この世は闇だ
なまじとめるな 夜の雨
 戦前の青春小説として大ベストセラーとなっていた尾崎士郎の「人生劇場」を映画化した「人生劇場(青春編)」(1936年内田吐夢)を見た作詞家の佐藤惣之助はあまりに感動して、すぐにそのイメージから男らしさや義理人情をテーマに詞を書き、それを古賀政男に見せました。当時の古賀政男は新興レコード会社のテイチクで専務取締役として活躍していましたが、急成長した会社のやり方に反発。ついには自分が育てたともいえる社員たちによって、会社を追い出されることになりました。そんな彼のがっくりきた気持ちと、この曲の歌詞はピタリと一致。それに曲を付けることは簡単なことだったといいます。その後、この曲は10作品以上作られることになる「人生劇場」に何度もこの曲は主題歌として使われることになります。
 最初にこの曲を歌ったのは楠木繁夫ですが、その後1950年代に任侠映画のブームが始まった頃、村田英雄が歌ってリバイバル・ヒットとなります。多くの人はこの村田英雄バージョンの方が印象深いでしょう。なにせ、彼の代表曲と言えば、「王将」とこの曲。彼はこの曲を2回紅白歌合戦で歌っています。 
「蘇州夜曲」
1940年(詞)西條八十(曲)服部良一(歌)李香蘭ほか
君がみ胸に 抱かれて開くは 夢の船唄 島の唄
水の蘇州の 花散る春を 惜しむか柳が すすり泣く
 昭和の歌謡界を代表する服部良一は、3000以上の曲を残しましたが、彼が自ら生涯の最高傑作と語っていたと言われるのがこの曲。遺言により、この曲は彼の葬儀でも演奏されたといいます。彼の曲の多くは敵性音楽のジャズやブルースだったことから、戦時中、ほとんどが発売禁止となりました。そのために思うように曲を作れずにいる中、彼は日本を離れると占領下の中国大陸の各地、上海や蘇州などを旅しながら各地の音楽を聴いて回りました。そのおかげで、彼の中には、新たに中国の民族音楽のイメージが注入され、再び作曲活動のモチベーションが上がることになりました。ちょうどそこへ東宝から長谷川一夫、李香蘭主演の映画「支那の夜」(監督は伏水修)のための主題歌の依頼がきます。
 美しい中国人女性が故郷の景色を思い浮かべながら歌うラブソング。この時、李香蘭が実は日本人の山口淑子であることを知らなかった服部は、素直に彼女を中国人であると曲を作ったといいます。しかし、そのことがこの曲にノスタルジックな中国風歌謡曲というクロスオーバーを成功させたのかもしれません。それまで彼は常に歌う歌手の音域や技量、雰囲気に合わせた曲作りをしていましたが、映画のための音楽として歌い手を意識せずに作ったことも、この曲にそれまでにないスケール感やノスタルジックな雰囲気をもたらしたのでしょう。
 この曲も雪村いずみの名盤「スーパー・ジェネレーション」に収録されています。こちらのも素晴らしいです。この曲のカバーはとにかく多い。まさに昭和を代表する名曲です。
「そして神戸」
1972年(詞)千家和也(曲)浜圭介(歌)内山田洋とクール・ファイブ
神戸 泣いてどうなるのか
捨てられた我が身が みじめになるだけ
神戸 船の灯りうつす 濁り水の中に 靴を投げ落とす
そして ひとつが終わり そして ひとつが生まれ
夢の続き見せてくれる 相手捜すのよ
 ビクター・レコードからの依頼による作詞家と作曲家が分担して日本各地のご当地ソングを作るという企画が、この曲が生まれるきっかけでした。その中でたまたま作詞家、千家和也には名古屋と神戸の二か所が担当地としてまわってきました。名古屋も神戸も、タイトルになっている曲は多くなくヒット曲も少ないので、千家は悩んだようです。この企画の場合、曲が先にあり、作詞家はその曲に合わせて街を選び詞を書くことになっていました。
 港を舞台にした別れの歌として、歌詞ができてきたため、千家は神戸を選択して、歌詞を当てはめてゆきました。ただし、当時千家は神戸に一度しか行ったことがなく、ほとんどは「港」というイメージだけで歌詞を作ってしまったとか。僕は「靴を投げ落とす」という歌詞は神戸がケミカル・シューズの生産地として有名だからかと思っていましたが・・確かにこの曲には、御当地情報はほとんど込められていません。その方が、長く生き残れそうな気もしますが・・・
 それにしても、神戸はお洒落な街のイメージがあるのに、何故、神戸の歌は少ないのでしょうか?不思議です。
「旅の夜風」
1938年(詞)西條八十(曲)万城目正(歌)霧島昇&ミス・コロンビア
花も嵐も踏み越えて 行くが男の生きる途
泣いてくれるな ほろほろ鳥よ
月の比叡を独り行く
・・・
愛の山河雲幾重 心ごころを隔てても
待てば来る来る愛染かつら 
やがて芽をふく春が来る
 元々は松竹映画「愛染かつら」の主題歌だったこの曲は、1938年~1939年にかけて、最大のヒット曲となり当時としては異例の80万枚を売りあげています。この曲の冒頭部分は、1960年生まれの僕ですら忘れられないフレーズです。「愛染かつら」の原作者である川口松太郎は、西條八十のある詩からインスピレーションを得てその小説を書いていたことから、主題歌の作詞は西條に依頼。映画の公開が迫っていたこともあり、作詞をせかされた西條は避暑のために訪れていた軽井沢で二時間ほどで、その詞を書き上げたと言われます。そのヒントになったのは、当時の人気作詞家、佐藤惣之助の作詞法だったといいます。
「・・・彼の唄は、たぶん例の一杯機嫌で書くのであろう、どれもきわめてナンセンスで、意味を辿るとおおむね支離滅裂だが、要するに大衆の心を捉えそうな文句を、調子よく綴ってゆくことにあるのを知った。いったいレコードの歌詞というものは、作曲と相まって聴く者の耳に訴えるので、聴者には、厳密な連結を持った意味などというのは、要らないのであった」
西條八十「唄の自叙伝」

 日本にはいない「ほろほろ鳥」、3番に登場する「男柳」とは何を表すのか?(柳のようになよっとした男?)ゴロの良さから言葉が選ばれたのでしょうか?意味よりも、音楽性を重視した歌詞は、1980年代に登場するサザンオールスターズの先駆だったのかもしれません。1930年代にそれを意識的にやっていた作詞家、西條八十はやはり凄かった。 
「誰もいない海」
1970年(詞)山口洋子(曲)内藤法美(歌)トワ・エ・モア、越路吹雪
今はもう秋 誰もいない海
知らん顔して 人がゆきすぎても
わたしは忘れない 海に約束したから
つらくても つらくても 死にはしないと
 秋になるとというより、誰もいない海を見るたびに思い浮かぶ夏の終わりの名曲です。作詞は、あの有名な作詞家と同姓同名の詩人です。そして、作曲家の内藤法美というのは、女性ではなく男性で越路吹雪の夫。NHK交響楽団のピアニストだった内藤が書いたこの曲は、当初シャンソン歌手の大木康子が歌っていましたが、ほとんど無名の曲でした。(1968年ごろ)有名になったのは、1970年にフォーク・デュオのトワ・エ・モア(芥川澄夫と山室英美子)がカバーしてからでした。しかし、この曲を有名にした歌手はもう一人います。作曲者である内藤の妻、越路吹雪です。彼女はこの曲をステージの定番曲として歌い、少しずつこの曲を広めてゆくことになりました。この曲は、大ヒットこそしていないものの静かに夏の終わりの定番曲として定着することになりました。
「チャンチキおけさ」
1957年(詞)門井八郎(曲)長津義司(歌)三波春夫
月がわびしい 露地裏の
屋台の酒の ほろ苦さ
知らぬ同士が 小皿叩いて
チャンチキおけさ おけさ切なや やるせなや
 三波春夫は新潟生まれで7歳の頃から父親から民謡を教えられ、16歳で浪曲界入りし、南條文若という芸名で旅回りをするようになりました。しかし、戦争が始まると召集され満州に行き、そこで敗戦を迎えました。ところがそれから4年間、彼はシベリアで抑留生活を送ることになります。
 やっと日本へもどり、再び浪曲師として活動を始めますが、戦後、浪曲は一気に時代遅れになってしまい、彼は流行歌の歌手を目指すことにします。「歌」「芸」「人生」という三つの「波」を乗り越ええう「若い男」という意味を込めて、彼は三波春夫という芸名で再デビューします。といっても、この時彼はすでに34歳になっていました。デビュー曲の「メノコ船頭さん」は売れなかったものの「チャンチキおけさ」が大ヒットして一躍スターの仲間入りをすることになりました。
 この曲は、ヒットメーカーの作曲家、長津義司がレコード会社に送られてきた詞の何辺かを新宿の焼き鳥屋で読んでいた時に生まれたといわれています。居酒屋の雰囲気が生まれたのも、その店の雰囲気のおかげでした。紙ナプキンにあわてて楽譜を書いたとか・・・。ところがこの曲は、完成後半年の間、高音部が多いことや節回しが難しいことからお蔵入りになっていましたが、民謡歌手として実力があった三波春夫はそれを見事に歌いこなし作者を喜ばせたといいます。
 この年は「鍋底不況」といわれた時代で、多くの人が安い居酒屋で憂さを晴らしていたといいます。なるほど、銀座を舞台にした服部良一のジャズっぽい曲よりも、この曲にはぴったりの曲だったのでしょう。今でも通用する居酒屋のテーマ曲です。
「月の法善寺横丁」
1960年(詞)十二村哲(曲)飯田景応(歌)藤島桓夫
包丁一本 晒(さらし)にまいて
旅へでるのも 板場の修業
待ってて こいさん 哀しいだろが
あっ若い二人の想い出にじむ 法善寺
月も未練な十三夜
 映画と主題歌は日本映画の場合、切っても切れない関係にあります。「東京行進曲」以降、ヒット映画にはヒット主題歌があり、ヒット曲からはそれを映画化した作品も生まれています。「月の法善寺横丁」は、そんな映画の主題歌のように物語性のある歌詞をもつ大ヒット曲ですが、映画向けに作られた曲ではありませんでした。
 映画史に残る名作のひとつ森繁久弥、淡島千景主演の「夫婦善哉」(原作は織田作之助)と丹羽文雄の小説「包丁」という2作品へのオマージュ作品だったようです。(いやパクリ?)3番の歌詞には、しっかり「夫婦善哉」という言葉も使われていたので、映画のヒットに乗っかるという意図はあったのでしょう。(「夫婦善哉」の場合は良いところのボンボンが包丁人になる話なので、この歌とはちょっと違うかも)
 当時、大阪を舞台にした曲はヒットしないというジンクスがあり、おまけにポップスが強い東芝としては珍しい演歌ということで、当初このレコードはたった2500枚しかプレスされませんでした。ところが、藤島が歌謡ショーでセリフ入りのこの曲を情感たっぷりに歌うと大阪で大ヒットとなり、それが全国に広がって大ヒットとなりました。
 和食の料理人にとっては、まさにテーマ曲ともいえるこの曲の歌い出しは、あまりにも有名で、昭和に生きた人なら誰もが知ることになります。
「東京行進曲」
1929年(詞)西條八十(曲)中山晋平(歌)佐藤千夜子
昔恋しい 銀座の柳
仇(あだ)な年増を だれが知ろ
ジャズで踊って リキュルで更けて
明けりゃダンサーの涙雨

シネマ見ましょか お茶のみましょか
いっそ小田急で 逃げましょか
かわる新宿 あの武蔵野の
月もデパートの 屋根に出る
 20世紀は映画の登場とレコードの普及によって、大衆娯楽文化を花開かせたのですが、映画の主題歌はその両方が関わる大衆文化の代表的存在です。そして、この「東京行進曲」は映画の主題歌として最初に大ヒットした作品と言われています。この曲の大ヒット以降、映画には主題歌が欠かせない存在となり、逆にヒット曲が生まれるとそれを元にした映画が作られることにもなります。
 「東京行進曲」は、文学界の大御所である菊地寛の連載小説で、連載されていた講談社の雑誌「キング」は百万部を売るベストセラーでした。その中の人気小説ということで、日活が映画化権を獲得し、その主題歌の作詞には、菊地寛の盟友でもあった西條八十が選ばれます。しかし、当時まだ西條は早稲田大学で仏文学を教える大学教授で、作詞家になろうという気も当初はありませんでした。ところが、関東大震災の時、被災地の混乱した状況で一人の少年がハーモニカを吹いて人々の心を和ませている場面に遭遇した彼は、大衆音楽の意義に気づき興味を持つようになっていました。さらに詩人でもあった彼は、歌謡曲に自分の詩を用いることでどんな作品になりうるかも試したかったのでしょう。
 この曲における彼の詞には、「ジャズ」「リキュル」「ダンサー」「シネマ」「デパート」「地下鉄」「丸ビル」など、東京の流行を示す用語が多様されています。さらには、「銀座」「東京」「浅草」「新宿」「武蔵野」などの地名も使われていて、タイトルに相応しい「東京賛歌」となっていました。
 その後、ジャパニーズ・カルチャーを代表する世界的都市となる「東京」が生んだ最初のテーマ曲となったともいえるでしょう。ちなみにこの曲は日本にまだ蓄音器が台湾、朝鮮も含めて20万台しかなかった時代に25万枚を売ったと言われています。
「東京五輪音頭」
1963年(詞)宮田隆(曲)古賀政男(歌)三波春夫 
ハアー あの日ローマでながめた月が ソレトトントネ
きょうは都の空照らす ア チョイトネ
四年たったら また会いましょと かたい約束 夢じゃない
ヨイショ コーリャ 夢じゃない オリンピックの顔と顔 ソレトトントトトント 顔と顔
 1964年開催の東京オリンピックに向けて、NHKが歌詞を募集して約2000通の中なら選ばれた歌詞に大御所、古賀政男が曲をつけたオリンピック公式応援歌です。(ちなみに古賀政男は当時日本作曲家協会会長でした)古賀政男は、東京オリンピックのための視察旅行としてローマ・オリンピックを視察。その時、市内観光のガイドの女性から「お次は日本ですね」と言われたことが忘れられず、この曲の歌詞を大いに気に入っていたといいます。
 1961年6月23日オリンピック・デーに合わせてこの曲は三橋美智也の歌によって発表されました。当時、古賀はコロンビア専属の作曲家でしたが、この曲に関しては録音権が解放され、どのレコード会社もこの曲をレコード化できるようになっていました。(当時、こうした出版物、デザインの権利はどれもフリーになっていました。誰もが自由に使用できることで、それを世界に広めることに成功しています。これは東京オリンピックが成功した重要な要素のひとつです)
 こうして、この曲はキングの三橋美智也、テイチクの三波春夫、コロンビアの北島三郎、畠山みどり、東芝の坂本九など、スターが競い合うことになりました。しかし、その競作合戦に圧倒的な勝利を収めたのは、三波春夫でした。オリンピックの年1964年の紅白歌合戦でも、彼がフィナーレでこの曲を歌い、完全にこの曲は三波春夫の代表曲となりました。さらには、「音頭=三波春夫」というイメージもこの頃から定着。日本中に三波春夫が歌うご当地音頭が誕生することにもなります。(ちなみに小樽最大の夏祭り「潮祭り」でも彼が歌う「潮音頭」が使われています)
「東京ブギウギ」
1948年(詞)鈴木勝(曲)服部良一(歌)笠置シヅ子
東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク
海を渡り響くは 東京ブギウギ
ブギの踊りは 世界の踊り 二人の夢のあのうた
口笛吹こう 恋とブギのメロディ
燃ゆる心のうた 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ
今宵も月の下で 東京ブギウギ
 戦前の昭和10年代、「別れのブルース」「雨のブルース」(淡谷のり子)などでブルース音階を用いた新しいスタイルを日本に持ち込んだ服部良一は、亡命ロシア人メッテルから直接、ジャズの作曲や編曲について学んだ本格派のジャズマンでした。しかし、彼が作ったブルースは、戦時中、敵国の音楽であるとして発売禁止となっていました。戦時中も彼は曲を書き貯めていて、戦後、彼は次々に曲を発表して行きました。1946年にはエノケン一座の新春公演「踊る竜宮城」、エノケンと笠置シヅ子による「舞台は回る」の音楽を担当。1947年には笠置シヅ子をカルメン役に「ジャズ・カルメン」を発表。そうした彼の活動は戦後の日本人を元気づけるものとして高く評価されていました。
 次は笠置シヅ子にブギを歌わせたい、そう思っていた彼はある日、中央線の満員電車に揺られながら、繰り返すリズムを聞くうちにふと「東京ブギウギ」の頭のメロディーを思いついたといいます。彼はあわてて西荻窪で電車を降りると駅前の喫茶店に飛び込み紙ナプキンに音符を書き込んだそうです。こうして作った曲にピッタリと歌詞を合わせるためには、ジャズを理解している作詞家でなかければ・・・と彼が依頼したのが無名ではあるもののアメリカ人の血が混じった鈴木勝でした。(なんとこの人、あんも有名な禅の研究者、鈴木大拙の息子です!)
 二人は共同でリズムにはまる言葉を生み出してゆきました。こうして、「リズムウキウキ」「心ズキズキ ワクワク」などのフレーズが誕生したのです。そして、この曲を天性のリズム感によって見事に歌いこなした笠置シヅ子は、この後「ブギの女王」として一時代を築くことになります。
「東京ラプソディ」
1936年(詞)門田ゆたか(曲)古賀政男(歌)藤山一郎
花咲き花散る宵も 銀座の柳の下で
待つは君ひとり 君ひとり
逢えば行くティールーム
楽し都 恋の都
夢のパラダイスよ 花の東京
・・・
明けても暮れても歌う
ジャズの浅草行けば
恋の踊り子の踊り子の
ほくろさえ忘れられぬ
楽し都 恋の都
夢のパラダイスよ 花の東京
 東京を歌った大ヒット曲「東京行進曲」を越えたいという野望のもとで作られたのがこの曲です。「東京行進曲」から7年たって変化した東京の姿を新たに描くため、古賀政男は買ったばかりのフォードに乗って東京都内をドライブしながらサビのメロディを考えたといいます。その後、出来上がった曲を西條八十の教え子の一人早稲田大学仏文科の門田ゆたかに渡し、詞を書かせました。「東京行進曲」同様、この曲には様々な東京の地名が登場します。「銀座」「神田」「浅草」「新宿」…その他「ティールーム」「ニコライ堂」なども登場。
 この曲を歌ったのは古賀とは盟友の藤山一郎。実は、この頃、古賀は新興のテイチクレコードに専務として迎えられていたため、ビクターの藤山を使うことができませんでした。そこで、藤山の契約切れを待って、巨額の移籍金を払ってテイチクに迎え入れました。こうして、再び黄金コンビが復活。この曲のヒットを皮切りに次々とヒットを飛ばしてゆくことになります。
 こうして、東京シティーのテーマ曲第二弾が生まれました。
「遠くへ行きたい」
1962年(詞)永六輔(曲)中村八大(歌)ジェリー藤尾
知らない街を 歩いてみたい
どこか遠くへ行きたい
知らない海を ながめてみたい
どこか遠くへ行きたい
遠い街 遠い海 夢はるか一人旅
 この曲は同名タイトルの旅番組の主題歌として使われた曲です。当然、番組内の旅のイメージと結びつくことでヒットに結びついたのですが、元々はそれより前NHKのバラエティー番組「夢で逢いましょう」の中の曲でオリジナルはデューク・エイセスによって歌われていました。
 作詞、作曲は「黒い花びら」や「上を向いて歩こう」の黄金コンビ、永六輔と中村八大です。歌は、その後、俳優、タレントとして活躍することになるジェリー藤尾でした。ロカビリー出身でハーフの歌手として活躍していた彼のバージョンの後、この曲は数多くのアーティストにカバーされることで、旅をイメージさせるスタンダード曲として定番化することになります。(小林旭、上条恒彦、森田公一、ダ・カーポ、渡辺真知子、石川さゆり、さだまさし、森山良子・・・)
 永六輔は当初、作詞にあたって「普段の言葉使い」にこだわりながら「旅」と「別れ」について40行に及ぶ長い詞を書いていました。たまたま良いメロディーが頭に浮かんでいた中村は、さっそく永六輔のその詞を使って曲作りを始めます。しかし、曲がゆったりとしてバラードだったことから、40行の詞はほとんどがカットされ残ったのはわずか10行でした。永六輔はそれを知って激怒したといいますが、そのおかげでこの曲は「旅」と「別れ」についての普遍的な曲として様々なイメージを持つ曲となったともいえます。
「人は別れたら旅に出るものである」そんな日本的?な考え方はこの曲によって一般的になったのかもしれません。その意味でも、この曲は日本人の旅に大きな影響を与えたといえます。
「時には娼婦のように」
1978年(詞)(曲)なかにし礼(歌)黒沢年男
時には娼婦のように 淫らな女になりな
真赤な口紅つけて 黒い靴下をはいて 大きく脚を広げて 片目をつぶってみせる
人さし指で手まねき 私を誘っておくれ
バカバカしい人生より バカバカしいひとときがうれしい
時には娼婦のように たっぷり汗をながしな
愛する私のために 悲しむ私のために
 奥村チヨの歌う「恋の奴隷」の作者なかにし礼による「究極のセクハラ・ソング」第二弾がこの曲です。この曲は珍しいことに作曲もなかにし礼による作品です。というのも、彼は兄の作った借金3億円を返済するために、曲を書くまくらなければならず、お金になるなら作曲だってやることにしていたからです。もちろん、この時期は自ら歌うことまでしています。
 この曲の企画はフォーライフ・レコードに所属していた俳優、黒沢年男のためのものでした。しかし、歌詞の内容の過激さから彼のイメージを変える恐れがあるとして、スタッフのほとんどが反対。そんな中、唯一、OKを出したのが、社長の吉田拓郎だったとか・・・。この曲までくると、もうSMソングとしかいえなくなってしまいます。バカバカしい人生に固執するよりも、バカバカしいひとときを楽しみたい。人生はアリよりもキリギリスだ!
「時の流れに身をまかせ」
1986年(詞)荒木とよひさ(曲)三木たかし(歌)テレサ・テン
もしも あなたと逢えずにいたら わたしは何をしてたでしょうか
平凡だけど 誰かを愛し 普通の暮らししてたでしょうか
時の流れに身をまかせ あなたの色に染められ
一度の人生それさえ 捨てることもかまわない
だからお願い そばに置いてね
いまはあなたしか愛せない 
 荒木とよひさと三木たかしコンビは、テレサ・テンと3部作ともいえる曲を連続して大ヒットさせました。「空港」、「愛人」がともに150万枚をこえる大ヒットとなり、この曲ではついに200万枚を突破しています。
 「つぐない」のヒットから始まった3人によるヒットはこの曲で頂点を極めたといえます。これらの曲の主人公は同一人物として想定されていて、荒木は三木が作る曲に合わせて詞を乗せて行ったといいます。この曲の魅力ともいえるサビの部分に三木はあえて今までにない高い音程を使用しています。そのためにテレサはいつもより切なげに声を発することになりました。
 この曲がカラオケで定番曲となったのも、この部分に挑戦することで上級者であることを証明できるせいかもしれません。
 曲の歌詞とは異なり、彼女は「時の流れに身をまかせる」女性ではありませんでした。中国における天安門事件の際は、香港で反中国のデモにも積極的に参加。闘う女性としての存在感もみせていたのです。そのため、1995年に42歳の若さで彼女が突如この世を去った際、様々な死因の噂が流れ、中には中国による暗殺説も流れることになります。
「啼くな小鳩よ」
1947年(詞)高橋掬太郎(曲)飯田三郎(歌)岡晴夫
啼くな小鳩よ 心の妻よ
なまじ啼かれりゃ 未練がからむ
たとえ別りょと 互いの胸に
抱いていようよ 面影を
 カップル(夫婦?)がお互いの幸福を祈りながら、それぞれの道を歩み出そうと別れの思いを告げる歌ということになるのでしょうか。別れの歌ではあっても、前向きで明るくテンポの良い歌い方をする岡晴夫の好感度もあり大ヒット。子供たちまでもが、学校でこの歌を歌い出したため、教育関係者の間で問題視されることになったともいいます。
 実は、この歌は有名な「ラバウル小唄」を下敷きにして、行進曲調の軽快なリズムとメロディーをもとに作り直した曲だったといいます。太平洋末期に戦地で多くの兵士たちに歌われていた「ラバウル小唄」は、戦後ほとんどの軍歌が忘れられる中、明るい曲調が受けたのか、歌い継がれる曲になっていました。そこで、キング・レコードのディレクターが、作詞家の高橋掬太郎に「ラバウル小唄」を意識して一曲作ってみてほしいと依頼したわけです。こうして、勇ましい軍歌調の別れの歌が誕生することになったわけです。
 戦後の日本は大衆が前向きになれる歌を求めていたため、別れの歌もまた明るい明るい曲が受けることになったのでしょう。「さらば ラバウルよ!」と歌われていた曲が、「さらば 恋人よ!」と変化した時代、確かに日本は前向きになりつつありました。
「長崎の鐘」
1949年(詞)サトウハチロー(曲)古関裕而(歌)藤山一郎
こよなく晴れた 青空を 悲しいと思うせつなさよ
うねりの波の人の世に はかなく生きる野の花よ
なぐさめはげまし 長崎のああ長崎の鐘が鳴る
召されて妻は天国へ 別れてひとり旅立ちぬ
かたみに残るロザリオの鎖に白き わが涙
なぐさめはげまし 長崎のああ長崎の鐘が鳴る
 戦争の悲劇を歌った曲は、戦後数多く作られましたが、この曲は原爆の被害を受けた長崎の悲劇を歌っています。歌詞を書いたのは、この後は童謡作家として有名になるサトウハチロー。彼は映画「長崎の鐘」の主題歌として、この曲の詞を書きました。映画「長崎の鐘」は、長崎で被爆した長崎医大教授、永井隆が書いた記録文学と彼の人生をもとにした作品です。妻を原爆で失った彼は自らも白血病に苦しみながら原爆体験を作品として発表し続けていました。
 古関裕而は、そんな永井の人生だけでなく被爆者すべての思いを代表する曲を作り上げます。
 この歌を録音することに決まった藤山一郎は、録音当日、風邪をひいて高熱に苦しんでいて、スタジオに来て録音の延期を申し出るつもりでした。ところが、やる気満々の楽団のメンバーを見て、延期を言い出せなかった彼は、結局録音を行うことに・・・。すると、彼の歌い方はいつになく悲壮感にあふれたものになり、一発OKとなったといいます。
 残念ながら永井教授は、この曲の完成から2年後の1951年にこの世を去りました。
「夏の思い出」 
1949年(詞)江間章子(曲)中田喜直(歌)石井好子
夏がくれば 思い出す はるかな尾瀬 遠い空
霧のなかに浮かびくる やさしい影 野の小径
水芭蕉の花が咲いている 夢見て咲いている水の辺り
 この曲が誕生したのは、当時様々な曲を世に送り出していたNHKラジオ歌謡曲でした。21世紀になっても「NHKみんなのうた」からは様々なヒット曲が生まれていますが、その伝統は戦後の荒廃した日本を少しでも明るくしようという当時から現在まで続いているのです。
 戦後の焼け野原から立ち上がったばかりの国民に夢と希望を与える歌を作ってほしい。そんな依頼を受けた作詞家、江間章子は自らの故郷でもある東北での疎開からもどったばかりでした。彼女はそこで故郷の岩手山の麓に広がる湿地帯に咲く白い水芭蕉の花のことを思い出しながら詞を書き始めました。ただ自分の故郷の名は誰も知らないと思った彼女は、日光国立公園内の尾瀬ヶ原を舞台にします。その詞を受け取ったNHKのディレクターは曲を中田喜直に依頼します。そして、完成した曲を歌う歌手に中田は、当時、進駐軍相手のクラブでジャズを歌っていた石井好子を指名します。元々、ジャズ歌手になりたいわけではなかった彼女は、自分が歌いたい曲を探していました。(後に彼女は日本シャンソン界の大御所となります)
 1949年6月13日からこの曲は一週間「ラジオ歌謡」で放送されると、誰もが口ずさむスタンダードとなります。ただし、この時彼女が歌った歌はレコード化されていません。最初に出されたレコードは藤山一郎のものだったそうです。
「夏の感情」
1974年(詞)有馬三恵子(曲)筒美京平(歌)南沙織
みな許してみたいの 過ぎた日々の出来事
みな私のどこかを 通り抜けた人たち
制服着た胸で 愛した人いたけど
皆小さなことなの 私 いつも自由なの
お日様の真下で お日様の真下で
受け入れてもいい ア・ア・ア・ア
愛し合う二人は 愛し合う二人は
美しいはずよ ア・アー
誰かに出会うために また真夏が訪れたの
 バック・バンドにキャラメル・ママを迎えた南沙織新時代のヒット。日本語のニューロックとして世に出た先駆的作品だが、オリコン・チャートでは最高位16位。
もともと単なるアイドル歌手であることに否定的な大人の女性だった南沙織は、そのために芸能界で事件を連発。「恋愛スキャンダル」「事務所移籍騒動」「引退宣言」の後、大幅な路線変更を目指し、「純潔」、「傷つく世代」そしてこの曲を発表しました。
「篠山紀信は化粧をしていくと、撮影の際にそれを拭き取らせたという。似合わない化粧をする必要はない、と自覚しそれを実行すること。南沙織はそれを成し遂げた日本で最初のアイドル歌手である。それは人気稼業の中での”自立”だった。」
湯浅学「音楽が降ってくる」より
「なみだの操」
1973年(詞)千家和(曲)彩木雅夫(歌)殿様キングス
あなたのために 守り通した女の操
今さら人に 捧げられないわ
あなたの決して お邪魔はしないから
おそばに置いてほしいのよ
お別れするより 死にたいわ 女だから
 この笑っちゃうほど時代錯誤な歌詞の曲が200万枚を越える大ヒットになったのですから、世の中は不思議です。(そうそうマルコとお父さんが大好きな曲です!)2014年の世論調査で日本人男性の40%以上が「女性は家庭を守るべき」と考えていることが発表され、男女平等などまだまだであることを証明してみせました。そう考えれば、今でもこの曲が受ける可能性はあるのかもしれません。(「ちびマル子ちゃん」でマル子がよく歌っているので、ご存じの方も多いでしょう)
 お笑いグループが歌うヒット曲といえば、この曲の直前に大ヒットしたぴんからトリオの「女のみち」があります。こちらはなんと300万ごえのメガヒットでした。そして、この曲はその「女のみち」に対抗して、関東から発信された究極の2匹目のドジョウ狙いの作品でした。「女のみち」が手配り用の非売品レコード300枚からのスタートだったのに対し、この曲はぴんからトリオと同じように音楽で勝負したかった宮地オサムと二匹目のドジョウを狙うテイチク・レコードが手を組んだプロジェクトだったのです。
 作詞は、それまで演歌の詞を書いていなかった作詞家の千家和也に依頼し、新鮮さを期待。当初、この曲のタイトルは「女の貞操」でしたが、それは直球すぎると「女の操」に変更。されにそれもまた「女のみち」のパクリみたいとなり、結局「なみだの操」になったとか。どっちにしてもトホホなタイトルでしたが、それでもなおこの曲は250万枚を越える大ヒットとなりました。やれやれ買う人も買う人、トホホな時代だったということなのでしょうか?
「芭蕉布」
1965年(詞)吉川安一(曲)普久原恒男(歌)夏川りみ他
海の青さに空の青 南の風に緑葉の
芭蕉布は情に手を招く 常夏の国 我した島沖縄(ウチナー)
首里の古城の 石だたみ 昔をしのぶ かたほとり
実れる芭蕉 熟れていた 緑葉の下 我した島沖縄
 独特の沖縄音階を用いた美しい曲ですが、沖縄民謡ではない感じがします。それもそのはず、この曲は1960年代に沖縄の若者向けに新しい沖縄の歌を作ろうと書かれた曲なのです。作者は沖縄新民謡の父と呼ばれた普久原朝喜の養子、恒勇です。彼は今までの沖縄民謡とは違う曲に仕上がるため、沖縄的なアップテンポなリズムを用いず、あえてゆったりとしたワルツのリズムでこの曲を作りました。多くの昭和歌謡と異なるのは、先にメロディーありきだったことですが、これだけ美しいメロディーとなると歌詞もイメージしやすかったかもしれません。中学校の教師で歌人でもあった吉川安一はメロディーにほれ込み、すぐに歌詞を書き始めました。それが、彼の故郷、鳩間島で母親が夜なべして織っていた芭蕉布の思い出だったのです。
 芭蕉布とは、糸芭蕉という植物から採った繊維を使って織ったさらっとして風通しのよい琉球伝統の織物のことです。吉川は、この曲の美しいメロディーを縦糸にし、首里城や芭蕉布、沖縄の夏の風景を横糸として織り込むことで素晴らしい歌の織物を完成させました。
 ところが当初、この曲は地元沖縄ではゆったりし過ぎ暗すぎるとほとんど歌われませんでした。しかし、本土では沖縄民謡と歌謡曲のクロスオーバーは受け入れられやすく、少しずつ広がってゆきました。そして発表から10年以上たった頃、NHKの「名曲アルバム」でこの曲が取り上げられると、問い合わせが殺到。テレビの「のど自慢」で歌われる沖縄の曲第一位がこの曲となりました。そこで日本航空の沖縄便が到着時の機内音楽としてこの曲を流し始めたことから、いよいよこの曲は沖縄を代表する曲の仲間入りを果たすことになります。沖縄民謡ではないものの、多くの本土の人々の心をつかんだこの曲は、喜納昌吉など琉球ポップの先駆者にとっての重要な試金石ともなります。
「星の流れに」
1947年(詞)清水みのる(曲)利根一郎(歌)菊地章子
星の流れに 身をうらなって
どこをねぐらの 今日の宿
荒む心で いるのじゃないが
泣けて涙も かれ果てた
こんな女に 誰がした
煙ふかして 口笛ふいて
あてもない夜の さすらいの
人は見返る わが身は細る
町の灯影の わびしさよ
こんな女に 誰がした
 タイトルは、ロマンチックな恋の歌を思わせますが、中身はまったく正反対のリアルな悲劇の歌です。この過激ともいえる歌が戦後すぐに歌われヒットしたことに驚かされます。それは街角に立つ娼婦の歌なのですから。
 この歌が生まれたのは、1946年8月に毎日新聞に掲載されたある投書がきっかけでした。
「私はこの3月中旬、奉天から引き揚げて来ました。着の身着のままで、それこそ何一つ持ってこられなかったのです。私は21歳です。・・・」
 身寄りのない彼女はその後、上野駅の地下道に寝泊まりしながら仕事を探しますが終戦後の不況下に仕事はなく、ついに娼婦に身を落とすしかなかったという内容でした。
 この衝撃的な投書を読んだ作詞家の清水みのるは、そうした不幸な現実に憐れみと怒りを憶え、すぐに詞を書き始め、それをテイチク・レコードに持ち込みました。この曲の作曲を担当したのは、当時テイチクのディレクターだった利根一郎。衝撃的な歌詞だったことから、当初歌を依頼された淡谷のり子は、夜の女の歌は歌えないと拒否。そこで、当時テイチクに移籍してきたばかりの菊地章子に回ってきました。しかし、この曲のレコードが発売され、話題になり始めると、各地の教育委員会から「パンパンの歌をレコードにするとは何事だ!」と批判の声があいついだため、このレコードの宣伝活動は一切行えなかったといいます。しかし、歌詞の過激さだけでなく曲の美しさもあって、この曲の人気は静かに高まり、ついに1949年には「こんな女に誰がした」というタイトルで映画化までされることになります。
 当時、娼婦は東京都内だけで4万人はいたといいます。そんな不幸な女性たちの人生をリアルに描いたということで、この曲の存在は一つの事件であり、音楽によるジャーナリズムの先駆的作品だったともいえます。
NHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」では、キャバレーの経営者のお妾さんになるため、梅ちゃんの兄(小出)と別れる歌手が最後にステージ上で歌たのがこの曲でした。見事な選曲ですが気づかれましたか?
「星は何でも知っている」
1958年(詞)水島哲(曲)津々美洋(平尾のペンネーム)(歌)平尾昌晃 
星は何でも知っている ゆうべのあの娘が泣いたのも
かわいいあの娘のつぶらな その目に光る露のあと
生まれて初めての 甘いキッスに
胸がふるえて 泣いたのを
 60年安保と皇太子の結婚が大きな話題となった1958年は、「週刊新潮」などの週刊誌が次々に創刊された年でもありました。そうした週刊誌が「ミッチ―・ブーム」と並んで大きく取り上げた中に「ロカビリー・ブーム」もありました。ブームをけん引した3人、山下敬二郎、平尾昌晃、ミッキー・カーチスは、様々な意味で後のJ-ポップの先駆となりました。
 彼らはエルヴィスやポール・アンカなどロックンロール・スターの曲を日本にもたらしました。さらに、彼らはジャニーズへとつながるヤング・アイドルの先駆です。その前に、彼らが活躍した日劇ウエスタン・カーニバルの舞台からはグループ・サウンズのスターたちが誕生しています。そして、この曲を自ら作った平尾昌晃については、シンガーソング・ライターの先駆だったといえます。この曲は作詞についても新人を起用しています。読売新聞の音楽記者、阿部亮一が作詞を担当。彼も本職ではないことからペンネーム「水島哲」を使用しました。
 新しいアーティストにオリジナルの新しい曲を歌わせようという試みを行ったのは、渡辺プロダクションでした。(日劇ウエスタン・カーニバルんも仕掛け人も渡辺プロ)平尾はこの後、ロカビリー・ブームの終わりと共に作曲家に転向。昭和歌謡を代表する作曲家として、数多くのヒット曲を生み出すことになります。
「見上げてごらん夜の星を」
1963年(詞)永六輔(曲)いずみたく(歌)坂本九
見上げてごらん 夜の星を
小さな星の小さな光が
ささやかな幸せを うたってる
見上げてごらん 夜の星を
ボクらのように名もない星が
ささやかな幸せを祈ってる
 平井堅のカバーバージョンも素晴らしかったと思いますが、坂本九のオリジナルをきくと毎回泣きそうな気分になります。シンプルな歌詞と憶えやすく美しいメロディーは、「上を向いて歩こう」に匹敵する曲だと思います。この曲が定時制高校をテーマにしたミュージカルの主題歌だということを僕は知りませんでした。なるほど、そう思って聴くとより具体的に情景が浮かんでくる気がします。そのミュージカルの初演はレコード発売よりもずっと前、1960年7月20日で、当時この歌を歌った坂本九はまだ無名に近いニキビ顔の青年でした。労音が主催する(勤労者音楽評議会)が主催する例会の公演がその舞台でした。労音は今でも存在しますが、1949年に働く人々が良い音楽を安く聞けるようにと組織された会員組織で当時は60万人の会員がいたといいます。その公演の日も、3000人の働く若者たちで会場は満員状態で終演後、多くの観客がこの歌を口づさんでいたといいます。この後、ミュージカルは大好評となり、1963年にはレコード化され、さらに松竹によって坂本九主演で映画化もされました。
 それにしても、この曲は素敵な曲です。
「港が見える丘」
1947年(詞)(曲)東辰三(歌)平野愛子
あなたと二人で来た丘は 港が見える丘
色あせた桜唯一 淋しく咲いていた
船の汽笛むせび泣けば チラリホラリと花びら
あなたと私に降りかかる 春の午後でした
 ユーミンの初期の名曲「海を見ていた午後」はこの曲へのオマージュではないのか?そんな気がします。横浜港を見下ろす場所を舞台にした作品の原点であり、中島みゆきの「もう桟橋に明かりはともらない」をも思い起こさせる名曲です。戦後すぐとは思えないブルース調の美しい曲を作ったのは東辰三。(彼の息子は作詞家として、「瀬戸の花嫁」など多くのヒット曲の作詞家として知られることになる山上路夫です)
 横浜市はこの曲のヒットに合わせて「港が見える丘」を地名として採用しました。日本はまだ戦後復興が始まったばかりで、この曲のレコードを発売したビクターは社運を賭けてこの曲を発売するために、新人歌手のコンテストを実施。その出場者2000名の中から選ばれた平野愛子にこの曲を託しました。そして、ヒットさせるための秘策を実施します。
 NHKの人気ラジオ番組「のど自慢素人演芸会」をキャンペーンに利用したのです。そのために毎回のように「港が見える丘」を歌う素人を出場させることでこの曲の知名度アップを計ったのです。「さくら」によって、まるで番組の主題歌のようにこの曲が歌われたわけです。当時この番組は文句なしに国民的人気番組でした。(現在の人気番組とは桁が違います)ただし、東と平野のコンビは、この後も「君待てども」んまどの大ヒットを生み出しているように、仕込まで使わなくてもこの曲は充分にヒットしたように思えます。横浜はこの後もヒット曲の舞台として、歌謡界の人気を集めてゆくことになります。
「雪の降る街を」
1951年(詞)内村直也(曲)中田喜直(歌)高英男
雪の降る街を 雪の降る街を
思い出だけが 通り過ぎてゆく
雪の降る街を 遠い国から落ちてくる
この思い出を この思い出を いつの日にか包まん
あたたかき幸せのほほえみ
 この曲は歌謡曲というよりも「大人のための童謡」というべき曲かもしれません。北海道生まれの僕にとって、この曲は本当に何度聞いてもぐっとくるノスタルジックな曲です。この名曲が実は時間を埋めるために作られた即興の曲だったとは驚きです。
 1949年から1952年まで放送されたNHKのラジオ連続放送劇「えり子とともに」。毎週水曜日に生放送されていた30分枠のその番組の挿入歌として作られたのがこの曲でした。ただし、作られたのは第144回の放送においてでした。番組の放送前に行われるリハーサルにおいて、脚本の不備でドラマが30分に足りず、残り時間を急遽、挿入歌で埋めることになりました。そこで台本の作者、内村直也は、年末に近かったことから冬の街の雰囲気を思い浮かべて、「雪の降る街を」という歌詞を書き上げました。そして、音楽担当の中田が即興で曲をつけ、それを主役の阿里道子と南美江が歌い、無事に放送が終わりました。
 ところが、このやっつけ仕事だったはずの曲が大評判となったため、NHKからの依頼で2番と3番が追加されることになり、レコード録音もされることになりました。歌い手に指名されたのは、フランス帰りの男性歌手、高英男。彼の録音したレコードが大ヒットしますが、その後、多くの歌手がカバーしただけでなく合唱曲としても多くの人々に歌われることで、この曲は長く歌い継がれることになりました。
「与作」
1978年(詞)(曲)七澤公典(歌)北島三郎
与作は木をきる ヘイヘイホー ヘイヘイホー
こだまはかえるよ ヘイヘイホー ヘイヘイホー
女房ははたを織る トントントン トントントン
気だてのいい嫁だよ トントントン トントントン
与作 与作 もう日が暮れる
与作 与作 女房が呼んでいる ホーホーホー
 昭和の歌はなぜ、世紀を越えてなお歌い継がれている曲が多いのか?最大の理由は、詞とメロディーがシンプルで覚えやすいからだと思います。昭和は素人が詞や曲を作って応募するコンテストが多く、そこから生まれたヒット曲も数多くありました。素人が考える曲だからこそ、シンプルでキャッチ―な歌になるのも当然です。「与作」もまたそうしたコンテストから生まれた曲でした。「NHKあなたのメロディー」における1977年度年間最優秀作品が、この曲でした。それにしても、この曲の歌詞「ヘイヘイホー」「トントントン」はどうやって生まれたのでしょうか?
 この曲の作者、七澤公典は、もともとジャズ・ギタリストになりたくてアメリカに渡り、プロを目指していたという人物でした。しかし、夢はかなわずに帰国した彼は、音楽にかけた夢をあきらめきれずに、このNHKのコンクールに応募しようとこの曲を作ったのでした。モチーフになったのは、彼が幼い頃に過ごした福井県武生市の田舎の風景とテレビで見ていたアニメ「日本昔ばなし」だったといいます。しかし、アメリカに住んでいた時に身につけたカントリー調の旋律もまたこの曲に影響を与えていたようです。民謡のようでありながら明るい曲調、そこがこの曲の魅力となりました。
 この曲は、何人かの歌手によって歌われましたが、北島三郎のバージョンが圧倒的にヒット、彼の代表曲になっただけでなくパロディーやゲームなどにも取り上げられることで一大ブームとなりました。
「夜のプラットホーム」
1947年(詞)奥野椰子夫(曲)服部良一(R・ハッター)(歌)二葉あき子
星はまたたき 夜ふかく なりわたる なりわたる
プラットホームの別れのベルよ さよならさよなら 君いつ帰る
ひとりはちりはて ただひとり いつまでもいつまでも
柱に寄りそい たたずむわたし さよならさよなら 君いつ帰る
 駅のホームで展開する別れを描いた名曲のひとつとしてヒットしたブルース・ナンバーですが、この曲が描いているのは戦地に向かう夫を見送りに来た妻がプラットホームのかげで密かに悲しみにくれている姿です。それは戦時中に作詞家の奥野が偶然、駅で見た風景でした。誰もが万歳三唱をしながらいさましく見送りをしなければならなかった時代。本当は泣きながら別れを惜しみたいはずの妻がその思い禁じられ仕方なくその場を離れていく姿は奥野の心を強くうったようです。
 悲しみに満ちたその詞に曲をつけたのは服部良一です。彼は蒸気機関車の動きと音に別れのベルの音を加えた美しい曲をつくりあげて、「ブルースの女王」淡谷のり子に歌わせました。ところが、ちょうどその頃、日本は太平洋戦争に突入しようとしていました。そんな状況で夫との別れを惜しむ歌など許されませんでした。結局この曲は発売できないままお蔵入りとなりました。ブルースの先駆者である服部の曲はどれも発禁処分になっていたため、彼はなんとかその曲を世に出そうと作曲者名を「R・ハッター」という偽名を使い、歌詞も英訳。「待ちわびて I'll be waitting for you」というタイトルに変えて、洋楽として発表しました。しかし、1943年、ドイツ、イタリア以外の国のレコードはすべて発禁処分となってしまいます。
 1947年、終戦後、ついに彼はこの曲を発表するチャンスを得ます。ただし、歌い手は淡谷のり子が服部の所属するコロムビアから移籍していたため、二葉あき子に替えざるをえませんでした。しかし、淡谷とは異なる美しいアルトによって、この曲は新たなバージョンとして大ヒットします。この曲を吹き込むチャンスを逃したことを淡谷のり子は生涯悔やんでいたといいます。
「リンゴ追分」
1952年(詞)小沢不二夫(曲)米山正夫(歌)美空ひばり
リンゴの花びらが、風に散ったよな
月夜に月夜に そっと えええ
つがる娘は ないたとさ
つらい別れを ないたとさ
リンゴの花びらが 風に散ったよな あああ
(セリフ)
お岩木山のてっぺんを 綿みてえな白い雲が、ポッカリポッカリながれてゆき、桃の花が咲き、桜が咲き、そいから早咲きのリンゴの花ッコが咲くころは、・・・
 日本文化を代表する伝統芸能である歌舞伎公演のために建てられた歌舞伎座は、オペラにおけるスカラ座のようなものです。当然、その舞台に上がることができるのは限られた芸能人だけでした。そこに上がった最初の流行歌の歌手が美空ひばりでした。それも1952年ですから、まだ彼女は15歳だったことになります。当時はそんな少女歌手が歌舞伎の聖地に立つことに対して反対意見も多かったようです。
 当時、彼女は正月には浅草国際劇場で単独公演を行い、ラジオでは連続放送劇「リンゴ園の少女」も始っていて、すでに大スターの仲間入りを果たしていました。そんな人気アイドルに対するやっかみもあったのでしょう。1952年4月28日29日の二日間行われた「ひばり独唱会」は、大盛況となりますが、そこで発表された新曲4曲のうち1曲が前述の放送劇「リンゴ園の少女」の主題歌だったこの曲でした。
 初期の美空ひばりを代表する曲となったこの曲もまた多くのアーティストにカバーされていますが、僕はサンディーのカバーを断然お勧めします。最高にカッコいいダンスナンバーになっています。(アルバム「マーシー」収録)
「リンゴの唄」
1946年(詞)サトウハチロー(曲)万城目正(歌)並木路子
赤いリンゴに 唇よせて だまってみている 青い空
リンゴはなんにも いわないけれど
リンゴの気持ちは よくわかる
リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ
 この曲は松竹映画の戦後第一作「そよかぜ」の主題歌として作られました。誰もが知るこの曲を歌った並木路子はその映画の主演女優でもありました。その物語は、リンゴ農家を舞台にした家族のドラマではありません。劇場の照明係だった少女(並木)が歌手としてデビューしてスターになって行くという典型的な「スター誕生」物語です。
 当初、この曲は彼女と戦前から活躍していた大物歌手霧島昇とのデュエット曲として作られています。ところが、霧島にはすでに「旅の夜風」や「誰か故郷を想わざる」などの大ヒット曲があったことから歌番組ではそれらの曲を歌うことが多く、持ち歌が一曲しかなかった並木がいつの間にかひとりで歌うようになり、彼女の歌として認知されるようになったといいます。
 映画の封切りはレコードの発売より早く1945年の11月。なんと敗戦から2か月という期間で撮り上げた作品ということになります。驚くのは、この映画に主演もした並木路子は、その年の3月あの東京大空襲の中で、母親とともに川に飛び込み、自分だけが助かるという悲劇を味わったばかりだったことです。
 映画の中の主人公よりも、ドラマチックな人生を数か月の間に体験した少女。しかし、そうしたドラマは当時、日本中の誰もが体験していたのかもしれません。だからこそ、「リンゴの唄」は日本中の共感を集める国民的ヒットになりえたのかもしれません。
「ルビーの指輪」
1981年(詞)松本隆(曲)(歌)寺尾聰
くもり硝子の向こうは 風の街
問わず語りの心が 切ないね
枯葉ひとつの重さもない命
貴女を失ってから
背中を丸めながら 指のリング抜き取ったね
俺に返すつもりならば 捨ててくれ
 この曲が大ヒットしていた頃、僕はなんでこの曲が社会現象とまで言われるほどのヒットになったのか不思議に思っていました。実は、このレコードが発売される前、寺尾が所属していた石原プロの社長である石原裕次郎ら経営陣は、この曲のデモ版を聞かされて、「こんな山場のないお経みたいな曲が売れるはずはないだろう」と言ったといいます。ただ、懐の深い裕次郎は、まあやってみたらとい発売を許可。こうして、1981年2月にこの曲は発売されました。当初はヒットの気配はなく一か月ぐらいしてから少しずつチャートが上昇。2か月後、3月の終わりにはオリコンの1位まで登りつめていました。テレビの「ザ・ベストテン」でもこの曲は1位となり、12週連続1位という番組の最長記録を樹立しています。(この記録は番組終了時まで破られませんでした)
 その他にも、この曲は日本レコード大賞で大賞、作詞賞、作曲賞の3部門を独占。もちろんオリコンの年間チャートも1位。さらには甲子園の入場行進曲やCMにも使用され、年間で最も聞かれる曲になりました。でもなぜそこまでこの曲はヒットしたのでしょうか?
 思えば、「泳げタイ焼き君」、「ダンゴ三兄弟」、「踊るポンポコリン」のようなメガヒットの多くは子供向けの曲から国民全体に広がっています。これらの曲が、どれも誰もが口ずさめる曲なのは偶然ではないでしょう。
「連絡船の歌」
1951年(詞)大高ひさを(曲)長津義司(歌)菅原都々子
思い切れない未練のテープ 切れてせつない女の恋ごころ
汽笛ひと声 汽笛ひと声 涙の波止場にわたし一人を
捨ててゆく・・・連絡船
 青函連絡船に乗った経験はなくても、沖縄や伊豆諸島などの船旅をしたことがある方なら、船の旅の切なく気分はわかってもらえるのではないでしょうか。僕も何度かテープを投げた経験がありますが、飛行場や駅での別れとは違う映画のような別れの気分になるものです。
 この曲の歌詞は今はもうない青函連絡船を意識して書かれた曲ですが、オリジナルは朝鮮を舞台に書かれたものでした。(詞)朴英鎬(曲)金海奎
 戦前、日本の植民地だった時代の朝鮮で「連絡船は出て行く」というタイトルで朝鮮の人気歌手、張世貞が歌ってヒットした曲。そのレコードを1951年にテイチク・レコードの本社倉庫で見つけた菅原都々子は、作詞を大高ひさをに依頼。曲も日本の歌謡曲風に編曲し直して録音。連絡船を青函連絡船に変えたのは、戦後、日本と朝鮮の間に連絡船はなくなっていたからでした。作曲者の名が長津義司となっているのは、同じ人物のこと。本名は金海奎(金海松)で、後に正しく変更されています。
 この曲のヒットの後。、「涙の連絡船」や「津軽海峡・冬景色」など、海峡を題材にした名曲が数多く生まれることになります。ただし、この曲のオリジナルが描いていたのは、日本へと強制連行されて行く人々への別れの思いであり、日本に対する怨念が込められてことを忘れてはいけないでしょう。それでも名曲は、時代によって、土地によって、その顔を変えながら歌い継がれて行くものなのです。
「浪曲子守唄」
1963年(詞)(曲)越順平(歌)一節太郎
逃げた女房にゃ未練はないが お乳ほしがるこの子が可愛い
子守唄などにがてなおれだが 馬鹿な男の浪花節
一つ聞かそかねんころり
 この曲が1963年の曲だったとは驚きでした。てっきり古い浪曲の一節かと思っていたのです。なにせ昭和のオヤジたちの多くが、ドラマの中でこの曲の頭の部分をうなっていて、浪曲と言えばこの曲というイメージが僕の中にあったからです。1960年以前に生まれた方なら皆、この曲をわざと声をからして歌うことができるはず・・・。
 改めて、この曲をきくと日雇い労働者のパパがママに逃げられてしまい、シングルファーザーとして生きてゆくという意外に現代的な歌です。この曲の作詞・作曲はクラウン・レコードの専属だった越順平。彼はあの大御所、遠藤実の愛弟子のひとりでした。そして、この歌を歌った一節太郎もまた遠藤実の弟子でした。彼は遠藤のもとで長くデビューのチャンスを伺っていましたが、歌唱力も個性も今ひとつでチャンスを与えられずにいました。そこで遠藤は彼のデビューにあたり、あえて声をつぶし、それを売りにしようと考えます。(ブルース界の大物ハウリン・ウルフを意識したかどうかはわかりませんが・・・)
 こうして、彼は遠藤の指示のもと普段からダミ声を出し続け、その声を売りにデビューする準備をさせ、弟子の越に預けます。こうして、異色の和製ブルース「浪曲子守唄」が誕生しますが、発売直後はまったく売れませんでした。売れ始めたのは、1年半後のこと。大阪から火がついた後、人気が全国に広がりました。残念なのは、声が個性的になり過ぎたため、彼はその後まったくヒットに恵まれず、典型的な一発屋で終わってしまったことです。やはりハウリン・ウルフは日本向けではなかったようです。
「若者たち」
1966年(詞)藤田敏雄(曲)佐藤勝(歌)ブロードサイド・フォー
君の行く道は はてしなく遠い だのになぜ 歯をくいしばり 君は行くのか そんなにしてまで
君のあの人は 今はもういない だのになぜ なにを探して 君はいくのか あてもないのに
 2014年この曲をテーマにしたテレビ・ドラマがリメイクされ、再びこの曲は脚光を浴びました。森山直太郎が歌うカバーもまた話題になりましたが、彼の母親はあの「カレッジフォークの女神」森山良子です。そして、この原曲を歌い大ヒットさせたのも、カレッジフォークの人気グループ、ブロードサイド・フォーでした。そして、このグループの中心だった黒澤久雄は、当時、「世界のクロサワ」と呼ばれていた巨匠黒澤明でした。ブロードサイド・フォーは、成城学園大学の学生4人からなるお坊ちゃんフォーク・グループでしたが、その「世界のクロサワ」からビックリするような援助を受けていました。
 なんとコンサートのために来日していたブラザース・フォーやピーター・ポール&マリーを、黒澤明は自宅に招き、彼らに息子のバンドの指導をしてもらっていたというのです。今なら、U2のエッジを自宅に招いてギターを教えてもらうようなものでしょうか?「世界のクロサワ」は親バカとしての「世界クラス」だったようです。
 さらにいうと、この曲の作曲をした佐藤勝は、早坂文雄の後継者として黒澤映画の音楽を担当していた映画音楽界の巨匠です。(この後は、黒澤作品だけでなく岡本喜八や山田洋二など、日本映画を代表する監督の音楽を生み出してゆきます)彼はほとんど歌謡曲やポップスの作曲をしていないだけに、黒澤明から依頼を受けたことは確かでしょう。
 結局、ブロードサイド・フォーは、この曲一発で終わり、彼の留学によってバンドは解散。黒澤久雄は「クロパン」の愛称でタレントとして活動するようになります。そして、黒澤映画を管理する黒澤プロの社長として活動。正直、クイズ番組ぐらいでしか、その才能を発揮することはなかった気がします。あまりにも偉大な父親をもつのもつらいモノかもしれません。なんだかこの曲にケチをつけるような後日談でした。
「別れの一本杉」
1955年(詞)高野公男(曲)船村徹(歌)春日八郎
泣けた泣けた こらえきれずに 泣けたっけ
あの娘と別れた かなしさに
山のかけすも 啼いていた
一本杉の 石の地蔵さんのョ 村はずれ
 高野公男、船村徹コンビが、歌謡界で活躍するきっかけとなった曲。東洋音楽学校の同級生だった高野と船村はコンビで曲作りを行い、それを持って学校の近くにあったキング・レコードにもぐりこんでは、歌手やディレクターに手当たりしだいに声をかけ、詞や曲を聴いてもらっていました。
 なんとか自分たちのい曲をレコードにしてもらおうと、二人の押し売り作戦が続いたある日、二人は「赤いランプの終列車」や「お富さん」を大ヒットさせていた春日八郎と出くわします。ちょうどその頃、春日はスランプに苦しみ出していて、ヒットしそうな曲を必要としていました。そこで二人組が目の前で歌うのを黙って聞いてみたのだといいます。福島県の会津出身だった春日は都会が舞台の歌ではなく田舎を舞台にした歌を探していて、そのイメージにピッタリだったことで彼はすぐにこの歌を歌いたいと思ったようです。
 彼の狙いは見事に当たり、この曲は彼の新たな代表作となりました。作詞家の高野は早くにこの世を去ってしまいますが、残された船村徹は、その後昭和の歌謡史を代表する作曲家として活躍することになります。
「東京だョおっ母さん」(島倉千代子)、「兄弟船」(鳥羽一郎)、「王将」(村田英雄)、「矢切の渡し」(細川たかし、ちあきなおみ
「別れのブルース」
1937年(詞)藤浦洸(曲)服部良一(歌)淡谷のり子
窓を開ければ 湊が見える
メリケン波止場の灯が見える
夜風 汐風 恋風のせて
今日の出船は 何処へ行く
むせぶ心よ はかない恋よ
踊るブルースの切なさよ
 この曲は当初「本牧ブルース」というタイトルでした。それはこの曲の作詞家が作曲の服部良一からポケットマネーの30円を渡されて、本牧のチャブ屋(外国人船員用の赤線)を訪れたことで生まれた曲だったからです。なかなかヒット曲がでない服部にとって、この曲は勝負に出る重要な曲でした。そのため彼は日本初の本格的ブルース・ナンバーを作ろうと考えます。そして、ブルース・フィーリングを体感させるために作詞家の藤浦を最もアメリカ的だった横浜の本牧に送り込んだのです。こうして、あの有名なフレーズ「窓を開ければ、港が見える・・・」のフレーズが誕生しました。
 曲を書き上げた服部は当時クラシックのソプラノ歌手だった淡谷のり子に歌を任せます。しかし、自分の音域とは異なる低音域のブルースと知った彼女は低すぎて歌えないと反発しました。しかし、服部は曲のイメージからソプラノで歌う曲ではないと説得。そこで彼女は吹き込みの前日、深酒と煙草によって喉をわざと荒くし、マイクに近づいて低く囁くように歌うことで服部の期待に応えてみせました。
 その後この曲はタイトルを「別れのブルース」に改めて発売されましたが、さっぱり売れませんでした。火がついたのは、中国大連のダンスホールでした。そこから日本に飛び火して、長崎、神戸、大阪、横浜と港町を経由しながら東へ東へと広がって行きました。こうして日本初のブルース・ナンバーは、ジャズやブルースの

<参考>
「昭和歌謡 100名曲」
「昭和歌謡 100名曲 Part2」
「昭和歌謡 100名曲 Part3」
「昭和歌謡 100名曲 Part4」 2013年
(著)塩澤実信
北辰堂出版

昭和歌謡からJ-ポップへ   トップページへ