- サザンオールスターズ Southern All Sars -

<サザンオールスターズの誕生>
 「好きこそものの上手なれ」
使い古された言葉ですが、この言葉はサザンオールスターズにぴったりです。
 青山学院のサークル活動から生まれた人気者のアマチュア・バンドが、ヤマハが主催するイースト・ウェスト・コンテスト(1977年)に出場。けっして上手くはないはずのヴォーカリストが、そのパフォーマンスの素晴らしさを買われて、最優秀ヴォーカリストに選ばれてしまいました。そして、その勢いで1978年には華々しくレコード・デビューを飾ります。
 桑田佳祐(Vo、G)、原由子(Key)、大森隆志(G)、関口和之(B)、松田弘(D)、野沢秀行(Perc.)バンドである以前に音楽仲間として、スタートした彼らは、まさに不動のメンバーでした。

<いきなりのブレイク>
 デビュー曲のタイトルは「勝手にシンドバッド」でした。それが、当時大ヒットした二つの曲、沢田研二の「勝手にしやがれ」とピンク・レディーの「渚のシンドバッド」のタイトルをくっつけたものだったとは、今や知る人も少なくなってしまったかもしれません。そして、その当時の彼らのハチャメチャなライブ・パフォーマンスを見た多くの人が、彼らは毎年現れる一発屋のひとつに違いないと思ったことも、今やもう過去のものとなりました。(それにしても、あの久米さん、黒柳さん司会の番組での生ライブは衝撃的でした)まさか、彼らが日本のロックどころか、日本のポップス(J−ポップという言葉はもちろんまだありませんでした)を代表する国民的バンドになろうとは、失礼ながら僕も思っていませんでした。(でも、最初から好きでした!)
 そして、もうひとつ重要なのは、彼らがロック・バンドでありながら、歌謡曲のタイトルを用いたことは、この時すでに彼らがこの後成し遂げることになる「歌謡曲とロックの融合」という方向性を示していたということです。

<ロックだけではない音楽フリークのバンド>
 彼らは、元々ロックだけではなくあらゆる音楽に興味を持つ「音楽フリーク集団」でもありました。それは、今でも変わらないようです。だからこそ、彼らは好きな音楽からどんどんそのパワーを吸収し、成長を続けてきたのでしょう。もちろん、彼らの場合、そんなパクリとも言える行為も、けっしてヒット狙いの計算された泥棒行為ではありませんでした。あくまでそれは、大好きだからマネてみたい、という純粋な行為であり、だからこそ、そこから、次々に新鮮で魅力的な曲が生まれることになったのです。

<リスペクト・ソングの数々>
 大好きなリトル・フィートに捧げた「いとしのフィート」、いち早くレゲエを取り入れた「恋するマンスリーデイ」、なつかしの大陸歌謡を甦らせた「流れる雲を追いかけて」、グループ・サウンズの世界に捧げた「そんなヒロシに騙されて」、そのまんま、リスペクトである「吉田拓郎の唄」「星空のビリー・ホリディ」、懐かしのアメリカン・ポップに捧げた「いなせなロコモーション」、80年代絶好調だったフィル・コリンズ節に挑んだ「怪物君の唄」などなど。彼らのサウンドは世界中の素晴らしい音楽へのリスペクト・ソング集でもありました。

<湘南の海とサザン>
 彼らは、デビュー当時、ユーミンと同じように地域限定のアイドル・バンドでした。彼らには湘南の海という素晴らしい舞台があり、地域文化のサーフィンと同じような存在として彼らの歌がありました。そして、その当時僕は湘南ボーイではなかったのですが、一応神奈川県民で、サーファーではなかったのですが、月に二回はスキューバ・ダイビングに通う「海大好き人間」でした。だからこそ、サザンには思い入れがたっぷりあります。(ちなみに、ダイバーにとっては、ちょっと古いけど加山雄三の「光進丸」もまた大切な曲です)我が青春のサザン!

<全国区の存在へ>
 しかし、そんな地域限定、期間限定と思われていたサザンに、転機が訪れます。それが、1979年の「いとしのエリー」の大ヒットでした。これで彼らは本格的なアーティストの仲間入りを果たし、いよいよその大活躍が始まります。
 いっきにたまっていたエネルギーを噴出させた3枚のアルバム「熱い胸騒ぎ」「Ten・ナンバーズ・からっと」「タイニイ・バブルス」
 しっかりと自分たちのスタイルを築きだした4枚のアルバム「ステレオ太陽族」「Nude Man」「綺麗」「人気者で行こう」
 そして、その完成型を示した素晴らしい2枚組アルバム「KAMAKURA」へと、よくぞネタがつきないと思わせるほどに、彼らは次々と素晴らしい作品を発表し続け、その勢いはその後、それぞれのソロ活動へも向けられてゆきました。

<衰えぬそのパワー>
 90年代にはいってからは、よりじっくりと作品を発表するようになったものの、新しいサウンドへの飛びつき具合や彼らお得意のエッチな歌(1998年発表の「Sakura」の中の「マイ・フェラ・レディ」なんて、よくやるよ)など、そのセンスは、まったく衰えをみせていません。ただ残念ながら、僕自身が北海道の人間になったぶん、ちょっぴり彼らとの距離ができてしまったかもしれません。それでも、桑田さん応援してますよ!
 この後、桑田佳祐はよりアーティスティックでシンガーソングライター的な曲をソロ・アーティストとして追及してゆくようになり、しだいにミュージシャンとしての活動の中心はソロへと移ってゆくことになります。そこから新たな傑作が生まれることになります。
桑田佳祐のソロ活動へ

<アクト・アゲインスト・エイズ・コンサートにて>
 2000年のアクト・アゲインスト・エイズ・コンサートで、桑田佳祐が歌いまくった20世紀を代表する歌の数々は、最高でした。彼のセンスが見事に活かされていただけでなく、彼がデビュー以来ずっと目指してきたものが「心に残る歌」であることが実に良くわかる選曲でした。
 特に、彼が「僕が1番目か2番目に好きな曲です」と言って歌った喜納昌吉「花−すべての人の心に花を」には、ひさびさグッときました。

<締めのお言葉>
「歌うことと、笑うことを知る者は、いかなる困難にも挫けない」
ダグ・ボイド著「ローリング・サンダー」より

桑田佳祐のソロ活動へ   ジャンル別索引へ   アーティスト名索引へ   トップページへ