- 山田洋次 Yoji Yamada -

<エリート監督>
 山田洋次は、1931年9月13日大阪に生まれています。しかし、関西で育ったわけではなく2歳の時、家族とともに満州に渡り、中国各地を転々としながら戦乱を逃れ、終戦後の1946年に帰国し、山口に住むことになりました。高校を卒業後、彼は東大に入学。そこで映画研究会に入り、映画の製作を始めます。
 1954年、彼は松竹の入社試験を受け、補欠ながら見事に狭き門をくぐりました。この時の同期入社には、大島渚もいました。助監督として野村芳太郎につきながら脚本も書くようになります。
 1961年、新人テスト枠で中編映画を撮るチャンスを与えられた彼は「二階の他人」で監督デビューを飾りました。初の長編監督作となった「下野の太陽」(1963年)の評価はいまひとつでしたが、クレージーキャッツのリーダー、ハナ肇主演の「馬鹿まるだし」(1964年)は興行的に大成功となりました。その後、彼は「馬鹿」シリーズや「なつかしい風来坊」(1966年)などハナ肇とコンビを組んだ作品のヒットにより、松竹の喜劇映画を代表する監督になりました。

<「男はつらいよ」>
 1969年、渥美清主演の「男はつらいよ」の大ヒットにより、「男はつらいよ」シリーズの監督として、全48作中46作を監督することになります。正月映画の「男はつらいよ」を毎年撮りながら、残りの期間でそれとは異なるシリアスな作品を撮るという忙しい監督生活を送ることになります。ヒット・シリーズのおかげで彼は常に仕事には恵まれ、半年は一本新作を撮ることができましたが、そのスケジュールを帰ることは絶対にできませんでした。もし、「男はつらいよ」がなくて、一年間新作にかけることができていたら、彼はもっと多くの傑作を生み出せていたかもしれません。おまけに1980年代までは、寅さんシリーズは年間2本製作されていたので、それ以外の仕事はまったくできませんでした。

「男はつらいよ」 1969年
(監)(脚)山田洋次
(脚)森崎東
(撮)高羽哲夫
(音)山本直純
(出)渥美清、倍賞千恵子、前田吟、笠智衆、光本幸子
 大人気テレビ・シリーズの映画化作品。第一作では、妹桜の結婚までを描きました。当初、山田洋次はそれほどこの作品にこだわっていたわけではなく、第3作「新・男はつらいよ」では小林俊一が、第4作の「男はつらいよ フーテンの寅」では森崎東が監督と勤めています。

 「男はつらいよ」と平行して撮っていた時代の彼の代表作としては、「家族」(1970年)、「幸福の黄色いハンカチ」(1977年)、「遥かなる山の呼び声」(1980年)、「キネマの天地」(1986年)、「ダウンタウン・ヒーローズ」(1988年)、「息子」(1991年)「学校」シリーズがあります。

「家族」 1970年
(監)(脚)山田洋次
(脚)宮崎晃
(撮)高羽哲夫
(音)佐藤勝
(出)倍賞千恵子、井川比佐志、笠智衆、前田吟、渥美清
 九州の炭鉱で働いていた一家が、北海道へ移動するあtめに家族で北海道へと向かう旅をドキュメンタリー・タッチで追った作品。高度経済成長に取り残された人々の苦労を描いたこの作品は「故郷」(1972年)「同胞」(1975年)へとつながってゆきます。実際にそのモデルとなった家族があっただけに、けっして物語はハッピー・エンドではなく厳しい現実を描いた問題作となりました。

 さらに彼は松竹の大船調喜劇映画の伝統を受け継いだ唯一の監督として、その屋台骨的な存在となったがゆえに、彼自身が新たなジャンルに挑めなくなっただけでなく、松竹映画の企業体質をも保守的なものにしてしまった感もあります。(世代交代も含めて) 「男はつらいよ」の延長戦上にあったシリーズ「釣りバカ日誌」でも彼は脚本を担当しているので松竹を背負い込む形になってしまったのは、気の毒なことでした。これは同じく「男はつらいよ」によって人生を変えられた俳優、渥美清についてもいえることです。

<「男はつらいよ」以降>
 1995年の「男はつらいよ 寅次郎紅の花」を最後に渥美清亡き後、彼は松竹の映画を背負いながらも、独自の新たな路線へと少しずつ歩みだし、海外でも高い評価を受けるようになってゆきました。
「たそがれ清兵衛」(2000年)、「隠し剣鬼の爪」(2004年)、「武士の一分」(2006年)と続いた藤澤周平原作の宮仕えの武士を主人公にした時代劇シリーズは、現代のサラリーマン社会にも通じる社会派のドラマは、チャンバラ劇とは異なるリアルな時代劇として国内外で高い評価を得ることになりました。

 不器用で真面目で純粋な人物の生き様は、古きよき日本人像でもあります。国民的映画監督として、日本人に幸福を与え続けてくれたことに改めて感謝します。「男はつらいよ」は昭和日本を知るために、これ以上ない映画として永遠の存在になると思います。

「男はつらいよ お帰り寅さん」 2019年 
(監)(原)(脚)山田洋次(製)大谷信義(脚)朝原雄三(撮)近森眞史(美)牧亜矢美、松田和夫(編)石井巌、石島一秀(音)山本直純、山本純之介
(出)渥美清、倍賞千恵子、吉岡秀隆、前田吟、後藤久美子、美保純、池脇千鶴、浅丘ルリ子、夏木マリ、橋爪功、笹野高志、佐藤蛾次郎、カンニング竹山 
寅さん亡き後、小説家になった満男は妻を6年前に失くしていました。作家として有名になってきた彼はある日、書店でサイン会を開催。
するとそこに偶然帰国していた泉が現れます。高校時代の初恋と悲しい別れの二人の再開あ恋に発展するのか?
オープニングに桑田佳祐が登場し、口上を語り主題歌を歌います!
次々に登場するマドンナの顔ぶれにも感動。でも現役で女優業やっているのは、本当に少なくなりました。池脇千鶴も出演出来、大物の仲間入りできて良かった! 


<追記>
 日本の家族を描き続けた山田洋次監督が選んだ「家族の映画傑作選100」がNHKのBSで放映されています。(2011年春より)どれを見てもさすがに良い映画ばかりです。すっかりはまってしまい、欠かさず見てはその映画について調べて、このサイトにアップしています。

20世紀邦画史へ   20世紀名画劇場へ   トップページへ